HITEQ JASMINEの偏った日常。

自動車プラモ趣味の無駄づかい。 このブログに接着剤はついていません。 割りとアレなブログです。 

PREV | PAGE-SELECT |

≫ EDIT

アオシマ・430セドリックセダン個人タクシー製作記その3デカール~クリア編。

※8月6日に文章をちょっとだけ加筆しました。

今回はいきなり記事に入ります。

無事に個人タクシーのキットが入手出来ましたので
今回より正式に今まで制作していたスタンダードをセドリックの個人タクシー製作記としてスタートしたいと思います。
一応暫定製作記から数えて3番目なのでその3として記述させて頂いてます。

さてさて、勢いに乗ってるうちに430セドリックのセダンの個人タクシーを進めましょう♪
まずデカールなんですが、とニス部が非常に小さくて厚みは感じるものの貼りやすかったです。
クレオスのマークセッターで十分密着してくれましたし、細部などの折込も容易く出来ました。
青部分は発色もよくてラインも以前のタクシーのキットよりも鮮やかな色合いがいい感じです。

アオシマ 430 個人タクシー 東個協

しいて言うならドアノブの切り欠きや燈火類に合わせたカットラインが
ややギリギリのため、各部の断面にもう少しだけ回りこむ形状だと良かったですかね。
例えば開口部のラインを切ったあとに少しずらしたりするとちょっとずれたりしますので・・・・
ですが、セッターやソフターでデカールが伸びたりするので
位置が合わないということではないので個人的な好みの話です(;^ω^)

んで、せっかくなので、今風に左読みになってる運転席側のデカールを拘って当時風配列にしてみました。

アオシマ 430 個人タクシー 東個協

オオタキの箱絵を見ていただくと判るのですが、無線669は当時から左読みです。
どうやって配列を変更したかは各人に金一封で教えて差し上げますが、最低金壱拾万円からお願い致します。
と、言うのは冗談でございますが(そのうち本当に模型店でローリングソバットでも掛けられるかも・・・・)
早い話が今回はお大臣モード全開でもう一台購入してデカールを切り出して貼りました。

アオシマ 430 個人タクシー 東個協

やや大きめに切り出しておいたほうが良いですね。ちょっと小さめに切り出しすぎて文字位置に不満が・・・
(率直に言うと手元が狂いまくりだったのは内緒ですw)

デカール貼付け中の一コマです。

アオシマ 430 個人タクシー 東個協

CoCo壱では二辛派です・CoCoと言えば三浦理恵子・ここはどこですか?ココ山岡・・・・・

まあふざけた事ばかり書いているのでアレですが、切り出し方を荒くすると
断面が目立ってきてしまうので切り出し時は新品のデザインナイフの刃を使いましょう。
デカールはスパッとカットすればきれいな断面になるんですけど
そうでないとギザってしまったりして白い部分などが出てきてしまうので気をつけましょう♪
一番の難関は(ーシクタ見風)でした(笑)
文字も多いし、等間隔でそれっぽく並べるのは大変でした・・・・・

えー・・・・ここで正直に話すとですね・・・・なんでこういう作業をしたかといいますとね。
実際はお大臣モードで文字の配列を治すためにではなくて
久しぶりにデカールを貼るっていう作業をしたおかげである箇所で大失敗をしてしまい
塗装などでのリペアが困難と判断したため、パーツ請求しようと思ったんですが
やはり最近のキットということで、お値段がそれなりでして(1200円)だったので
貯めていたポイントを使って実費負担の痛みが少ない範囲で改めて追加で入手してきたわけです(笑)
通常予約一台・ネット通販で一台・不測の事態で購入した一台で計三台という失敗お大臣になりました・・・・

てなわけで、失敗箇所の補修をしたついでに今回の配置換えが出来たというわけです(;^ω^)
率直に言うと間違いとかではないのでキットのままでも全然おKだと思います。
冒頭で貼りやすいと書いておいて失敗してる時点でもうアレなんですが。
失敗箇所は内緒ですが、丸丸貼り直してるので私しか知らない秘密が出来ました。
だいたい女子の二人だけの秘密は嘘です。次の日には全校ネットです。恐ろしや恐ろしや・・・・


さて、これでクリアコートの準備が整いました(`・ω・´)
勢いに乗ってクリアコートまでしちゃいましょうかね。いつものクレオススーパークリア缶です!
どんな製品が出ようが私はこれが一番好きですね。

デカール貼りからクリアコートまでは最低でも一晩は開けたほうが良いので
(本来であれば数日から一週間くらいは置いても良いかも)
金曜の夜から作業スタートして、土曜日に再購入したデカールを貼ってその後一昼夜放置し
日曜日に早起きしてデカール納期やシルバリングがないかチェックしてゆっくりと作業開始です。

まずは「で・で・で・出た~イオンコート!」(←しつこい)で洗剤を使いマークセッターやデカールのノリを流します。

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

しつこいようですが、この段階で剥がれてしまうようではデカールのクリアコートには耐えてくれませんので・・・・
水洗い後、しっかり水分を飛ばしておきましょう。
もちろん、この段階で浮き等が発生したらマークセッターなどを染み込ませてリペアしましょう。
その際も完全乾燥のために一日は置きたいところですね。
多少の糊の跡はクレオスのマークセッターは消えてくれますのでご安心を。
以前GSRの軟着剤はノリが強くて塗膜に影響が出てしまいましたので・・・・
(そういやあ、最近モデラーズサポートシリーズって売って無いような?期待してただけに残念。)

んで、水分をよく飛ばしてデカールの浮きが無いかチェックして軽くエアブローして砂吹きです♪

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

砂吹きはシュッシュッと気持ち離し気味に吹くのがコツですね!
そして、とにかく貼り付けたデカール全体をコートするようにします。
こちらは砂吹き後に一時間ほどおいてから軽く吹きつけた時の画像です。
浮きやひび割れはが発生していなかったのでその後軽く一層吹き付けます。

この段階では切り貼りしたデカールはまだ段差が出まくりです。

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

消えないからといって焦って研いじゃダメですよ♪
その後、一時間ほどインターバルを開けながら気持ち厚めに二回ほどクリアコートして・・・・

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

まだまだ段差がありますが、大分デカールとの境界が埋まってきましたよ♪
ここでアクシデンツ発生(笑)
トランクに謎のブリスターが発生してしまいました・・・・・・(´・ω・`)

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

これ、スプレーのダマでもマークセッターの糊でもないんです・・・・・なんだろうこれ?
まあどうせ段差消しで削るからいいやと放置します。まあこれくらいはね。(内心消えるかドキドキ)
その後数時間乾燥させてから1500番のペーパーで段差消しを行いました。

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

やや光ってる所はニスの部分ですね!こういう所を丁寧にすると仕上がりが違いますよ。
欲を言うとこの段差研ぎも一晩以上置いたほうがいいんですけどね・・・・
今回は勢いに乗ってるので暑い所に置いていたおかげもあり結構サクサク削れました。
上手く言えないのですがペーパーを掛けた時にニチニチするような感触ではダメですよ!
削り粉がきちんと粉になるくらいが良いと思います。
(空研ぎで鼻くそみたいにペーパーに目詰りするようじゃダメ!)

そして運命の最終クリアです!

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

垂れる寸前かつ、まんべんなく光沢をを出すように最新の注意をはかって塗装します。
まぁなんというか今回はかなり厚塗してしまった事もあり、結構ポテっとしてます(笑)
ミニカーっぽいと言うかなんというか・・・・ラッカークリアですから少し痩せてくれるといいんですが・・・

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

画像だとフォトジェニックでいいんですけどねぇ・・・・(笑)
現物はブツ噛みやチリの混入や磨きで消えるようなデカールの境界のキワなどが残ってます(´・ω・`)

ちなみに車体右側のデカールを切り貼った所も磨きで消えてくれるくらいにはなりました!

アオシマ 430 セダン 個人タクシー 東個協

まぁなんというか窓枠とかモールのくぼみの所辺りがポテっとしてますね・・・・
ですので今回はいつもの私の工程とは若干違い、少しペーパーを当ててからボディ磨きをしたいと思います。
トランクのブリスター若干消えなかったし
角出しフラグ出まくりですが(笑)


さて、最後になりましたがちょっと書きたい事がありまして・・・・
以前、目にしたのですが430スタンダードの東個協の個タクは
珍しいというか殆どいなかったのでは?と言う意見があります。
この辺は実際はどうだったのでしょうかね?個人タクシーが今より特別な時代でしたから
ブロアムやSGLエクストラとは行かないまでも見栄えが上級グレードに近い
タクシー用のカスタムDX辺りが多かったのでしょうかね?
ですが、自分の場合はリアルタイムで都内で見ていなかった分
東個協ライン+430セダンという組みあわせだとオオタキのあのキットのイメージで
スタンダードにこの色っていうのが一番のイメージなんですよね。
地元にも430の個人タクシーが居ましたがどれも角目でサイドモール付きにウレタンバンパーでしたし・・・・
(時代もあってか地元では昭和末期~平成初頭には430は珍しい存在だったように記憶してます)

今回はスタンダード外装で仕上げる予定ですが手持ちのパーツと合体させて
樹脂ミラーにGLキャップにサイドモール追加とかで
グレード不明系個タクにしようかなとも妄想してるのは内緒です(;^ω^)
でも、オオタキ(アオシマ含む)の箱絵が頭から離れないですし・・・・悩ましいw

| 未分類 | 23:46 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・アオシマのプリペイントS15シルビア&製作記ダイジェスト。

本来であればもっと優先して組まないといけないものがあるんですけど
今回はちょっと寄り道の企画という事でご勘弁くださいませm(_ _)m

そんなわけで今回のネタはもうこのブログではおなじみの
アオシマのプリペイントモデルのS15シルビア(スパークリングシルバー)です(^ω^)

昨年、突然ノーマルホイール仕様のアナウンスが有りベストカーGT版で発売されましたが
今回紹介するこのキットはその後直ぐに発売がアナウンスされたプリペイントモデルです。
今回はノーマルホイール目当てと2013年最後の完成品水増し計画のために制作しました(笑)
結果的には年越してしまったというのがなんとも・・・・

さて、シルビアという車は不思議な物でなんだかんだ言ってカッコイイし常に車好きの注目の的だと思います。
私も歴代モデルどれも好きなのですが、S12以降が世代的に身近ですね。
S12はダイヤペットでお気に入りでしたし、S13は新車デビューから
今に至るまでなんだかんだ言って実車だけではなくプラモ屋モデルカーで目にするする機会が多いでですし
個人的に好きなのは「母ちゃん許して~♪」のS14前期だったりするんですが
それでもツリ目のS14後期にはハッとさせられましたし、S15の登場の時は日産がルノー傘下になる前の
ウイークポイントすら愛らしい最後の世代の日産車として私の心に刻まれてます。
(こういう所の価値観は人それぞれですがニュアンスは伝わるでしょうか・・・・)
CMソングで流れていたシェリル・クロウのEveryday Is A Winding Roadのもワクワク感を盛り上げてくれました。

実車が現役の時にフジミからキット化されましたのでカーモデル業界的には
二番煎じはないだろうと思ってた所にアオシマからの発売のアナウンスに当時は驚きました。

まぁちょっとツッコミどころはありますが四の五の言わずに完成です(笑)

※画像はすべてクリックで拡大します。
アオシマ プリペイント S15 シルビア
アオシマ プリペイント S15 シルビア
アオシマ プリペイント S15 シルビア
アオシマ プリペイント S15 シルビア
アオシマ プリペイント S15 シルビア
アオシマ プリペイント S15 シルビア

あまり画像は撮っておりませんが、雰囲気は伝わるでしょうか。

2013年度最後の完成品となるところでしたが
結果的に完成したのは新年明けてそろそろ成人式!というタイミングでしたけど・・・

さて、軽く流しで完成までの流れを触れますね。続きを読むで御覧ください。

≫ Read More

| 未分類 | 22:01 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も宜しくお願い致します。(出遅れ四拾萬)

今年一発目の更新から出遅れ気味で、何をやってるかよく解らないブログですが
旧年中は、多くの皆様に大変お世話になりました。拙いブログですが本年も宜しくお願いたします。

本来であれば皆様に個別に年末・年頭のご挨拶を皆様にしなくてはいけないのですが
出遅れてしまって本当にすみませんでした・・・
コメント返信の方も遅れてしまい大変申し訳ありませんでしたm(_ _)m


お正月休みはみなさんいかがでしたでしょうか?
すでにお正月モードも終わり日常に戻っておりますが皆様も2014年もモデリングを楽しんでくださいね!
ここからは本来昨日公開する予定で記事を書いておりましたので
ちょっと?と思う所があると思いますのでご勘弁ください。

2014年の抱負は・・・・「目指せ月1台完成。無駄に積まない」と毎年同じです(笑)
まぁ一番の趣味はやはり自動車プラモなんで頑張りたいと思います。
一昨年末~昨年のGW前くらいまでの模型倦怠期は私も歴代一位でしたが
やはりそれ打破してくれたのも他の趣味ではなく、やはり自動車プラモでしたね。
少々、皆様との交流という点では失礼をしてしまうことばかりでしたが
皆さんの完成品や製作記を拝見するというのが一番の刺激であると思っておりますしね。

昨年の完成台数はGW以降で6台でした・・・当初は月二台ペースだったのですが(笑)
1台は休眠時に製作記を書いておきながら、完成寸前であと部品をひとつ自作すれば完成する1台があるんですが
こちらも機会があったら公開させていただこうかなと思ってます。
(途中まで制作していた物なのですが最後の目立つ部品が上手く作れない。)
まぁなんだかんだでマイペースが一番ですか今年もマイペースでやろうと思ってます。
2013年の完成品水増しサプライズ企画として、年内最後の完成品!とこちらに手を出すも完成出来ず(笑)

アオシマプリペイント S15シルビア

今度じっくり書こうかと思いますが、今回は塗装が綺麗で前回のプリペイントエボの時のような
ブツやムラのような(´・ω・`)ショボーンは無かったですね。
各部のリタッチはしておりましたが中々の仕上がりでした。

元々、ノーマルホイール付きキットをまだ入手していなかったので
見てみたいという意味合いもあって今回は購入してみました。
大きいと思ったホイールはトレッド調整と車高調整を簡単に行ったら結構雰囲気が出ました。
お手軽に完成させられるプリペイントモデルは値段分のお買い得感はあると思います。
ちょっと気になったのはちょっと塗装済みを活かせたのでは?というところ。
例えば前回のエボの時はフォグランプレンズ内のリフレクターに銀が入ってましたがこちらはなし。
また、エンブレムもデカールがないので無塗装だとちょっと気になります。
シャーシ塗装済みは嬉しいですが、その分を個人的にはこういう方に回してもらっても良いような感じはします。

あと、金型の押し出しピンの不具合か、あちこちに棒状の物が出ていたこと・・・
(ヘッドライト裏や、サスアームなど)
この辺はビギナーの方向けという側面もあるプリペイントモデルでは惜しいかと思います。
(型の調整で直せないところだったら説明書に指示を書いておいても良かったかと・・・)


さて、2013年はこのシルビアで締めたわけですが、続いては恒例のこの企画を・・・・

HITEQプラモ・オブ・ザイヤー2013

さて、以前は大晦日に発表していたこの賞ですので完全に出遅れてますが
話題の新金型キットをメインに、再販やバリ展を含めて選ぶこの賞ですが
今年もおそらく多くの皆様と被るような気がしますね。
各方面から、これがないと年が越せないという(大嘘)ご意見を多数頂いておりますので
厳正なる抽選とメーカーさんからの接待と裏金を受けて決めました。嘘です。独断です。
裏金をもらえるなら毎日17回でもステマ記事を書きます。でもあまり売上に関係ないでしょうけど(;^ω^)

さて、いきなりですがオブ・ザ・イヤーから発表です!

HITEQプラモオブ・ザ・イヤー
アオシマ・TT2スバルサンバートラック
  
アオシマ TT2 サンバー WRブルーリミテッド
※シャーシ・オブ・ザ・イヤー・新規タイヤ・オブ・ザ・イヤーも同時受賞です。


HITEQプラモオブ・ザ・イヤー(次点)
アオシマ・430セドリック・グロリアセダン

アオシマ 430 セダン スタンダード レビュー
※ベンコラ・オブ・ザ・イヤー&テッチン・オブ・ザ・イヤー(スタンダード)も同時受賞です。



ベスト・オブ・再販(文法より語感重視なこの賞)
タミヤ・トヨタハイエースクイックデリバリー

タミヤ クイックデリバリー 再販 (;´Д`)
※入荷の知らせを聞いて模型店で受け取るまでの小躍りがハンパないオブ・ザ・イヤーも同時受賞です。


さて、いかがでしたでしょうか?もう個人的趣味全開ですが、お許し下さい(笑)
例によって極力購入したものを基準に専攻しておりますので
タミヤのラ・フェラーリとかフジミのマクラーレンF1とかアオシマのアヴェンタドールなども
業界的には話題になったキットですが、もし買っていたとしてもサンバーがオブザイヤーにふさわしいと思います。
でも、今回のサンバーは正直言って430セダンと僅差でした。
+評価としては、もはや執念に近いパーツ分けに、適当にされてもおかしくない軽トラというカテゴリに
あえてアオシマのトラックモデルの精密路線を踏襲した構成にもはや脱帽でした。
私もエンスージアスト軽トラと称してましたがライトフレイトシリーズと呼ぶべきか・・・・
正直パーツの合わせや、インストの指示ミスなど惜しい点もありその辺は今後の課題だと思います。
しかし、このキットの存在はカーモデラーにとっては一石を投じたものであり
多くのカーモデラーをワクワクさせてくれました。よって今年のオブザイヤーです。

次点の430セダンはもし、分割部の構成がもう少し上手かったらダブル受賞だったと思います。(上から目線)
しかし、ボディや内装の金型のコマの組み合わせの作り分けや、グレードの作り分け等は
私も感動した点であり組み易さとグレード構成の両立はマニアも納得させてくれました。
誤解を恐れずに言えば、こういう車種ってのは一部マニアだけではなく潜在的需要は多いと思うんですよね。
新製品でアナウンスされた時のインパクトはサンバーの時より驚きましたし
そして何より、オオタキのあのキット無き今、マニア人気もいまだに高い
430セドグロセダンという車種が出たこと。これに尽きると思います。
このキットはある意味ではこれからの展開を期待させてくれるものでもあり
これからもずっとラインナップに載ってる。そういうキットになって欲しいと思います。
他グレードに劇用車に働く車、後期ニッパチブロアムにワイヤーホイールとかの組み合わせもありかと(笑)
そうだアオシマさん!いっそのこと思い切って前期5ナンバーHTとか出しません?(笑)

ベストオブ再販は正直クイックデリバリー一択だったんですが
アオシマさんからの怒涛のキャリイラッシュ・TE71前期みたいな新規パーツの組合せ再販など
後半になってから一気に伸びたキットもあって私も揺らぎました。
しかし、それらのキットは別構成のキットとしては現行商品であったりして入手出来ましたので。
クイックデリバリーのように長らく再販されず高額レアとなっていたこのキットが再販され
いまだに品薄なようですが、欲しかった人のところへ収まったというのが嬉しいです。
私も長らく手にしたかったキットですから本当にワクワクしましたね!
箱を開けた時のあのキットが今手元に・・・!という嬉しさは今でも忘れられません。
欲を言えば、ラインナップに載っていて定期的に再販して欲しいキットだったりしますね。
昨年は未開催でしたがタミヤさんの再販ラッシュが個人的オブザイヤーでした。

その他受賞キットのご紹介。

パッケージ・オプ・ザ・イヤー
アオシマ・グレッディ&ロケットバニー86・ENKEIver
アオシマ ロケットバニー 86


ニュートレンドシリーズのロゴを入れたいオブ・ザ・イヤー
アオシマ・UZS151クラウンマジェスタ後期型ノーマル

アオシマ UZS151 マジェスタ ノーマル
※こちらはレビューを書いたもの公開していませんでしたのでリンクしておきます。
http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/blog-entry-1011.html

えっ?マジで金型残ってた?オブ・ザ・イヤー 
アオシマ移動販売車№1ゲームセンター
ゲームキャリィ(移動販売車№1ゲームセンター)

ココらへんはあえて多く語りませんが、他にも魅力的なキットがたくさん出ましたね!
もちろんすべてを購入してレビューできればいいのですが
私も興味が無いキットや・在庫がある物は購入していないキットも有りますので
どうしても偏りが出てしまうのはご了承いただければと思います。
正直アオシマさんのST165セリカラリーも上位だったんですが、まだ購入していないという点と
現物の中身を見ていないので、今回は入れておりません・・・
ただ、モデルアート誌での作例を見る限りは素晴らしいキットだと思います(^ω^)
何かのタイミングで購入してみようと思ってますがノーマルでも組める構成であれば私も即買いだったかも・・・・
(タミヤとの合体という手もありますが、結局特徴であるバンパーフォグとかのディティールは作リますからね)
あと、個人的にこれから期待したいのがアオシマさんのマジェスタや71カローラ前期のような
追加パーツを起こしての再販というのは正直モデラーとしてはグッと来ます。
Y31セドリックグランツ後期型もアナウンスされておりますが
こういう構成のキットは「要加工」の表示をしてマニアの方向けの素材として出すのも
私はとても意義があることだと思います♪

以外だったのが2013年はフジミさんの新製品キットを一個も買っていないこと・・・・・
これは私にとって有り得ないことであり、自分でも驚きました。(購入したのは中古と店頭在庫の旧キットのみ)
国産車路線が少し減速してしまったのが私としては非常に残念です。
輸入車やレーシングカーなどは意欲的に素晴らしいキットが出てるんですがね・・・
私もスーパーカーは嫌いじゃないんですが、やはり国産車欲しいですね(´・ω・`)


さて、本来はもっともっと色々語りたいですが、みなさんのオブザイヤーは何でしたしょうか?
早くも色々なキットがアナウンスされておりますので2014年度もご期待下さいね!
今年もあるのかよ・・・・
なお、受賞メーカーさん等へは何もありませんがお許し下さい・・・買って応援!と言い訳をします(笑)
それにしても・・・このブログのアオシマ信者ぶりが加速しているような・・・・


ここからは、ちょっと小ネタを・・・・・・お暇な方はお付き合いくださいませ。

≫ Read More

| 未分類 | 01:06 | comments:20 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つれづれ話&河合商会・・・・

なんやかんやと過ごしているともう10月も半ば・・・・・
「25歳超えると一年が早いよ」と良く言われておりましたが
「そうかなあ・・・」と思ってたら最近それをすごい実感しております。

そして恐ろしい事に気づきました。

今年、製作記を書きながら完成させたのはタミヤの86だけ・・・・・

やばい・・・・やばいですぞ!

そして、いつもこのブログで「ゲフンゲフン!」とか書いてるせいか咳が止まらず
しまいには熱っぽくなり胸が痛くなる始末・・・・
これは新しい恋かなと思っていたら気管支炎だそうで・・・・
おかげさまで今はすっかり良くなりましたがここ2週間ほどずっとゲフンゲフンしておりました。
人ごみや外作業は控えるようにと言われたので模型とか車いじりも殆どやってません。


てなわけでちょっと最近の話題を。

幕張ホビーショーも今年こそは!と思ってたんですが前述のとおりで行けず・・・・・
模型業界の気になる新製品等はありませんが、ハセガワの畜光フィニッシュが気になりますね!
カラーはブルーとグリーンが出るのですが
これってメーターとかエアコンの操作パネルの液晶とか
オーディオパネルに使ったらすごい雰囲気出そうですねぇ!
LED組み込みが難しいグリルエンブレムなどに使えば
GX81マークⅡ系や130クラウンでお馴染みのシャイニングエンブレムを再現出来そうですね。
私は子供の頃から光るエンブレムが好きなんでちょっと試してみたいです。

http://www.hasegawa-model.co.jp/hp/catalog/tf_series/tf908/index.html
http://www.hasegawa-model.co.jp/hp/catalog/tf_series/tf909/index.html

※リンク先ハセガワ新製品情報ページ




あと、どうやら河合商会が倒産してしまったようで・・・・・(´・ω・`)
カーモデラー的にはカワイというと180円のスーパーカーのキットとか
一時期フジミのミニをカワイブランドで売ってましたね。

でも、やはりカワイというと風物詩シリーズと箱庭ですね。

私自身、風物詩シリーズとか箱庭にお世話になったので非常にショックです。
もちろん、カワイから金型がどこかに移って生産して欲しいというのが本音ですが
こういう時代ですからどうなるかは判りません・・・・・

風物詩シリーズの駄菓子屋は私的にはある意味ではカーモデル以外での一番好きなキットであり
模型店で見かけると思わず手が伸びて眺めてしまうキットです。
今までで5つくらい買った覚えがありますが、もちろん風物詩シリーズで一番買ったキットであり
そして何より、これからもずっと店頭から絶対に無くならないと思っていたキットです。
畳を表現する紙の印刷物や三輪車・柳の木・・・・内容はどこか荒削りながらも
あの茶色の成型色とやや目が粗い緑と茶のカラーパウダー・・・・
小学生の頃、私はあの駄菓子屋のキットを少し改造して
自由帳で看板を作って模型屋にしていました(笑)
塀の位置をアレンジして車庫のようにしてトミカのスバル360を置いていました。
これも書いていてふと思い出したんですけどね。懐かしいです。

風物詩シリーズの屋台のキットなどはスケールが1/25?という事もあり
カーモデルと一緒に飾ったり、屋台パーツをフジミのミゼットⅡと合体させたり
紙芝居の自転車にアオシマのデコトラのパーツを合体させてデコチャリを作ったりと
カーモデルのカスタムベースとして買うこともありました。
他にも船宿のキットの水面を表現する紙に興奮したり
居酒屋のキットの重厚感と狸の置物にグッと来たりと
うなぎ屋では看板を見て「なんでうふぎ?」と思ったりと何かと懐かしいです。
あまり知られていないキットとしては、箱庭と風物詩シリーズが一緒にセットされている
農家と団子屋?がセットされていて発泡スチロールの段々畑のベースが付いていた
「山里の風景」というキットもあったのを覚えています。

もう一つ忘れられない思い出としては、箱庭シリーズの種ですね(笑)
同級生が「あれは絶対に草は生えない!」と
肝心な事は話さず野次を飛ばしまくる政治家のように熱く主張するので、
同級生プラモ連盟では箱庭の比較的経験値が高かった私が
「まぁ待っとけ!」と得意げになり農家のキットで芝を発芽させて同級生の度肝を抜いて
ほんの一時的にヒーローになった思い出のキットでもあります。

ほんの一時的にですが・・・・・ほんの・・・・



また、昔の話をしてしまいまいましたが、カワイの風物詩シリーズや箱庭は
プラモが小学生の趣味としてメジャーだった頃はガンプラやミニ四駆の次に
小学生に愛されていたシリーズだと言っても過言では無いと思います。
少なくとも20年ほど前、私が通っていた小学校では人気がありました。
風物詩シリーズは当時確か500円、ミニ四駆が600円でガンダムのBB戦士が確か300円~で
この辺の3つが我々の世代でのプラモデルの王道だったような気がします。

週末は時間が開いたら駄菓子屋でも探しに行こうかなぁ(´・ω・`)


ここまで書いておいてカワイ商品がないと怒られそうなので探していたら出てきました。
そういえば鉄道模型業界でもマニアックな商品が多かったようで・・・

ありがとうカワイ



言うのは簡単ですが、商品だけは他社で拾ってもらって再び発売される事を願いたいですね・・・・

| 未分類 | 22:58 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今週は週末まで更新をお休みします。※もう少しお待ちください

前回の86の記事にたくさんの拍手とコメントを頂き誠にありがとうございました!
私も注目度の高いキットだったので、驚きと嬉しさ両方があります♪


そして、ちょっと今週は少々多忙のため週末まで更新できなさそうです・・・・・
※御覧の皆様すみません。もう少しお待ちください

わざわざ足を運んでくださった皆様、本当に申し訳ありません。

といいながらもちゃっかりこういう物はゲット済みです(笑)

ハセガワ シビックフェリオ 

グレード考証にツッコミどころはありますが

まずは・・・・ありがとうハセガワ!再販嬉しいよハセガワ!

今月は出費が多いので他の三種類は持ってるので

スルーしてしまってごめんよハセガワ!



タヒチアングリーンパールでUS系カスタムにしようか・・・・・
トリノレッドパールの完璧ノーマルを作るか・・・・
積み棚のハセガワコーナーに積むか・・・

最後はなんだよ・・・・・(´・ω・`)


※今週はコメント返信等も遅れてしまう可能性大です・・・・申し訳ありません。

| 未分類 | 23:29 | comments:2 | trackbacks:1 | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT |