HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フジミ180SX後期型製作記。クリアコート編。

ノスヒロ誌にフジミ230ローレルの試作品が詳しく載っていました。
どうやらリアはハの字シャコタンと通常ローダウンが選べるようです。
ということはノーマル仕様は小加工でいけるかな?なんて妄想しておりました。
もちろんアオシマの330のホイールも用意済みですよ(笑)

さてさて、180SXもクリアコートと行きましょう。
まず、今回のように大判デカールを貼った場合のクリアコートは難しいですね。
一気に吹けばデカールは荒れるし浮いてきます。
所謂「砂吹き」が大事になってくるんですね。
他にもポイントはありますので書いてみようと思います。

①ボディ下ごしらえの段階でスジを深くしたりパーツのフィッティングを確認したり穴を大きくしておく。
 ※段差を消すときにクリアを厚めに吹くことがあるため。

②デカールはきちんと密着させること
 ※意外と忘れがちですが、気泡や浮きがあるとそこからデカールがめくれます。
  マークセッターなどでぴったりと貼ってあげること。   
  もちろんデカールの糊や薄めた木工用ボンドでも良いでしょう。
  ちなみにじっくり水分を抜くために自然乾燥の場合は最低でも一晩以上は乾燥させた方が良いです。
  出来れば数日は置いておきたいですね。
  その段階で密着してない部分などが浮いてきますから、修正できます。

③貼ったあと、きちんと洗剤を使い水洗いをする。 
 ※貼るときに付いた手の油やデカールの糊などゴミを取り除くのが大事。
  デカール剥がれちゃうじゃん!という意見もあるかもですが
  剥がれてしまうくらいでは、クリアコート時に浮く可能性大いにありです。
  マークセッターの跡が残る場合がありますが、クリアコートで消えます。

これで、下準備は完了です。
良く水気を飛ばしてからクリアコートと行きますが、その前に塗装前のちょっとしたコツです。

①缶スプレーは冷えていると圧力が下がりますので湯煎などをして圧力を上げておきましょう 
 ※もちろん煮込んだり、グラグラ煮えたぎったお湯に長いこと付けるなどは論外!危険です!
  私はマグカップに缶を入れてポットのお湯を掛けます。
  もちろん熱くなりますので、軽く振ったりシュッと軽く出して圧力を抜きます。
  あくまで私のやり方ですからくれぐれもお気をつけください。
  全て自己責任でお願い致します。


②この時期は寒いので、気温が低い時などは垂れやすいので気をつけましょう。  
※ブースが室内に無い人の場合、屋外で吹くと思いますがあまり低いと
 溶剤分が蒸発しづらいですから塗料が垂れやすくなります。
 意外と書かれていないですが、塗る物も冷えていると塗料のノリも悪くなり
 エッジなどが透けやすいように感じます。
 塗る前は温かい部屋に置いておくのもひとつの手かと思います。   


さてさて、ここでクリアを吹きつけますね。
砂吹きのコツですが、自身がなければかなり遠目にシュッシュッシュッと吹くことです。
どのくらいの距離で、どのくらいの量というのは文章や画像では難しいですね。
私の場合、だいたい30センチほど離して小刻みに吹き付けます。
クリアコート
砂吹きだけど、全体に一層クリアが載っている状態です。
今回は丈夫なデカールということで普段より冒険していますがそれでもザラザラになっていますね。
この段階でデカールの浮きを見つけたら乾燥後に気泡を抜いてセッターなどをしみこませると良いです。


数時間置いてから薄く一層吹きつけます。
この時は冒険せず、もう一層クリア層を作ってあげる感じですね。
気持ち離し気味にしてあげると良いと思いますね。
クリアコート
この段階ではまだ柚子肌ですし、段差も消えておりません。
まだ薄いので、ペーパーがけなどは埃の除去などにとどめたほうが良いですね。


そしてまた数時間乾燥させてから厚めにコートします。
タップリと垂れる寸前吹きというヤツです( ^ω^)
吹きつけ直後
これは吹きつけた直後です。かなりポッテリとクリアが載っています。
このまま硬化してくれたら言う事無しなのですが・・・・・・(笑)
しかし、ラッカー系塗料ですから溶剤分が抜けて硬化しますので乾燥していくと塗料が引けていきます。
クリアコート
デカールのニス部分との段差が出来ていますね。
とある科学の超電磁砲の所とonlymyrailgunの周りの部分です。ひび割れではありません(笑)
このままもう一度軽くホコリなどをペーパーで取り除いて同じ工程を行います。


ここでひと晩以上寝かしてきちんとクリアが硬化したら1500番のペーパーで段差を消していきます。
クリアコート
今回は結構厚く吹いたので段差消しはかなり楽でした。
じっくりと時間をかけてペーパーを当てて段差を中心に削っていきます。
デカール
蓄光部分がかなり独特の表面だったので乾燥後は結構ザラザラしますが
ペーパーを当てれば問題なしです( ^ω^)


その後、最終クリアを厚めに吹いて終了です。
乾燥後
乾燥後なので、デカール部分に若干段差が出来ていますが
コンパウンドで磨けば消えるレベルです♪これでクリアは終了です。
後は一週間ほど寝かせて磨くことにしましょう。
実際のクリア作業は先週末だったので、来週頭には磨けそうです。
ちなみに上で偉そうに語っていますが、溝の部分などのデカールが少々浮いていました。
じっくり見てみないと解らないレベルですが、あまり一気に吹いても要注意ですよ。
心配であれば薄く何度も重ねる方が良いと思います。


あ、例のウインドウもクリアコートしておきました。
クリアコート
工程的にはいきなりデカール、クリアコートでしたがこってりとマークセッターを塗ったので
今の所は浮きなどもなく貼れていますが、欲を言うとクリアコートしてからデカールの方が
デカールの密着という点では良かったかも知れませんね。
・・・・ドリフティングって言うのはドリフ大爆笑のOPのダンスの事でしょうか(笑)


あ、諸事情でホイールを変えるかも知れません(´・ω・`)
派手なグラフィックに合うには派手なホイールが似合うような気もしまして。
ホイール変更

スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2011) | 00:33 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

クリアーってこんなに奥深いものなんですね
キャラクターなどのデカールは使った経験が無いのでなんとも言えませんが、自分でやると失敗しそうで怖いです。
こういうのは経験がものをイウ感じですね。

最後の画像がコルベットに見えます。

この手の痛車には純正ホイールをキャップも一緒にオールペンしてラッピングする技があるようです(名前忘れたけど痛車の本に載ってました)
ほかには、ボディ色に合わせ、リム等に色を塗ったり
色々ありますネ

| 最高速自転車馬鹿 | 2011/01/31 02:34 | URL |

どうもですー

最後の画像カッコイイですね!気に入ってます(´・ω・`*)
自分もクリアーは色々実験してるので参考になります! ハイラックスはどうやら完全に乾燥していなかったようで艶がイマイチになってしまいましたorz
自分もこれぐらいキレイに塗れるように頑張りたいです。

| Virtual222 | 2011/01/31 15:23 | URL |

こんばんは

私も今Zのクリア掛けの真っ最中ですが、今回は慎重に慎重を重ねて一日1コートのペースです・・

話が変わるのですが、いつかHITEQさまがブログ記事にしていたこのシリーズ

http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m80944470

ホワァ・・まさか完品で出るとは思ってなかったのでこれはちょっと欲しい・・というどうでもいいことを言いたくてコメントさせてもらいました コメント汚しで申し訳ないです><

| アイカシア | 2011/01/31 21:12 | URL |

>最高速自転車馬鹿さま。
こんばんは!

>クリアーってこんなに奥深いものなんですね
>キャラクターなどのデカールは使った経験が無いので
>なんとも言えませんが、自分でやると失敗しそうで怖いです。
>こういうのは経験がものをイウ感じですね。
>最後の画像がコルベットに見えます。

そうですね~!クリアはやはり吹き付け方や
使う塗料によっても質感が変わって特に奥が深いと思います。
私も偉そうに書いていますがスプレー塗装は以前は苦手で
最後の最後に垂らせてなんとも言えない悲しい思いをしました(笑)
コルベットもロングノーズのガラスハッチですからね!
どっちかというとアメリカ風のイメージがあります。

>この手の痛車には純正ホイールをキャップも
>一緒にオールペンしてラッピングする技があるようです
>(名前忘れたけど痛車の本に載ってました)
>ほかには、ボディ色に合わせ、リム等に色を塗ったり
>色々ありますネ

私も一度キャラクターのイメージに合わせて
ホイールや内装も作りこんでみたいという願望があります。
以前製作したピンクのゼロクラウンが比較的
イメージには近いですかね・・・・
でもなかなか思い通りには行かないのが現状ですね(笑)







>Virtual222さま。
こんばんは!

>最後の画像カッコイイですね!気に入ってます(´・ω・`*)
>自分もクリアーは色々実験してるので参考になります! 
>ハイラックスはどうやら完全に乾燥していなかったようで
>艶がイマイチになってしまいましたorz
>自分もこれぐらいキレイに塗れるように頑張りたいです。

ありがとうございます♪
クリアーは確かに吹くのが難しくて
コツを掴むまでが大変ですよね・・・・・・
意外と車種によって吹きやすい車種と
そうでない車種があったりと臨機応変性求められますし・・・
今回の書き方はデカールは貼った場合
一番失敗がないような吹きつけ方かなと思います♪
がんばって見てくださいね(`・ω・´)

| HITEQJASMINE | 2011/02/01 00:00 | URL |

>アイカシアさま。
こんばんは!

>私も今Zのクリア掛けの真っ最中ですが、今回は慎重に慎重を
>重ねて一日1コートのペースです・・

クリアは攻めすぎないことも大事ですからね(^ω^)
私もアオシマデカールは
ややインターバルは明け気味で塗ります♪
今回は気温が低そうだったので吹けそうな日に
一気に吹きつけてしまいました。

>話が変わるのですが、いつかHITEQさまが
>ブログ記事にしていたこのシリーズ
>http://page10.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/m80944470
>ホワァ・・まさか完品で出るとは思ってなかったので
>これはちょっと欲しい・・というどうでもいいことを
>言いたくてコメントさせてもらいました
>コメント汚しで申し訳ないです><

おお~!これは壮観ですね!
単品では見かけることは多いですが、比較的きれいで
数が揃っているのはかなり珍しいかと思います♪
長年疑問だったディスク部分の成型色が何色かという疑問も
解決できたので個人的には良かったです♪
(全部赤だったのは驚きでしたが・・・・・)
インパルメッシュとSSRメッシュが
同じ物なのでは?疑惑も出来ましたし(笑)
メッシュ系ホイールのスモーク調のランナーが
何なのかという疑問も出てきてしまいました(;^ω^)

| HITEQJASMINE | 2011/02/01 00:16 | URL |

はじめまして、いつもブログ参考にさせて頂いております。

そしてひとつ質問なのですが、
私も、デカール多めのレースカーのクリアコートの際は、
今回HITEQJASMINE様が解説されていたのとほぼ同じ工程を踏んでおります。
そして、最終クリアを厚めに吹いて一週間ほど乾燥させた後に
コンパウンド数種で磨いてデカールの段差を消して完成、のはずなのですが
そこで消したはずの段差が、数日経つと何故か浮き上がって来てしまいます。

HITEQJASMINE様はそういった経験はありませんでしょうか?

| 気泡は恋の落とし穴 | 2011/02/01 03:32 | URL | ≫ EDIT

痛車のアニメキャラ

180SX、順調に進んでいますね。

僕も痛車からキャラクターを除いたグラフィックだけのものを
一度作らなければと思いつつ、
それらしい車種をいつも選ばないため実現できずにいます。

何故僕が痛車を作らないか・・・
簡単に言えば、今リリースされているキットのキャラには
あまり興味もないしキャラ自体知らないからなんですが、
あまりディープでない
週間少年漫画雑誌などでメジャーなところ
例えば「バトルスピリット」とか「ジャイアント・キリング」
「メジャー」などなら買ってしまいそうですね。
(上記3つは息子が見ているアニメだから、という理由も大有りですが(爆))
コアなファン向けの美少女キャラもいいですが、
こういう健全な(?)青少年向けのキャラクターも
出してみてもらいたいものです。
でも、多分版権も結構するんでしょうし、
第一美少女キャラと同じような商業ベースには乗らないんでしょうね・・・。

| 走り屋おやじ | 2011/02/01 10:00 | URL |

順調ですね

180SX順調に進んでおられるようですね。
クリヤーコート、奥が深いです。お恥ずかしいながら、私がクリヤーコートを始めたのは、台湾に来てからで、日本で作っていた時には、クリヤーなんて吹いた事も無く、ただ塗装して組んで完成でした。色んなサイトを参考にしてクリヤーコートをし始めました。初めてクリヤーコートを行った時の輝きは、驚きました。
何台か行ってきた時にデカールを溶かしたり、削りすぎたり失敗も多々ありましたねぇ。今でも失敗しますが・・・・。

気泡は恋の落とし穴様もコメントされていますが、デカールのコンパウンド後に段差が消せて、時間が経つと段差が浮き出る。キット付属のデカールでは、経験がありませんが、ミラクルデカールの自作デカールでは、経験があります。以前作のデリカやアコードワゴンでの自作デカールでは、時間が経つと消したはずの段差が浮き出てくるがありました。
デカールの材質の問題でしょうかねぇ。それともデカールがきちんと密着出来ていないのでしょうかねぇ。徐々にデカールが縮んで来ている様な錯覚も起こしていましたが。
この時は、段差を消す→クリヤーを段差の部分(デカール含む)に集めに吹く→段差を消す→段差が発生する→段差を消す→クリヤーを段差の部分(デカール含む)に集めに吹く→段差を消すを3回ほど繰り返して、うっすら段差が残る程度まで対処できました。
こんな経験ありますか?

| BLADE | 2011/02/01 11:05 | URL |

>気泡は恋の落とし穴さま。
はじめましてこんばんは!
管理人のHITEQJASMINEでございます♪
拙いブログですが、参考にして頂けているとの
お言葉、非常に嬉しく思います( ^^)

>そしてひとつ質問なのですが、
>私も、デカール多めのレースカーのクリアコートの際は、
>今回HITEQJASMINE様が解説されていたのと
>ほぼ同じ工程を踏んでおります。
>そして、最終クリアを厚めに吹いて一週間ほど乾燥させた後に
>コンパウンド数種で磨いてデカールの段差を消して
>完成、のはずなのですが
>そこで消したはずの段差が、
>数日経つと何故か浮き上がって来てしまいます。
>HITEQJASMINE様はそういった経験はありませんでしょうか?

私もほぼ同じ工程で作業しておりますが
2~3日では仰る症状は出ていないと言うが正直なところです。
完成後、時間が経っている物はデカールの境目に
段差が出ている物もありますが
不思議なもので、一台のキットでも
クリアのニス部が浮き出ている部分とそうでない部分があります・・・・
私も乾燥時間は短めでブースなどに入れず
最終クリア後約一週間で磨きはじめますが
数日で段差が復活と言うのは、もしかすると
クリアの乾燥不足などもあるのかも知れませんね・・・・
ラッカー塗料は溶剤分が揮発して硬化しますから
時間が経つに連れて徐々に痩せて行きますので
可能性的はあるかも知れません・・・・

参考にならないかもですが以前製作した物を
磨き直したときにニス部分の浮きが気になったので
もう一度軽くコンパウンドで磨いたら
段差が消えたことがあります・・・・・

ポイントがずれてしまったような返信ですみません(;^^)











>走り屋おやじさま。
こんばんは!
おかげさまで、順調に進んでいます♪

>僕も痛車からキャラクターを除いた
>グラフィックだけのものを
>一度作らなければと思いつつ、
>それらしい車種をいつも選ばないため実現できずにいます。

私も実を言うと、この手の作品に興味を持ったのが
痛車からという痛車のお好きな方と少々逆なところが
ありまして、キャラを貼らないかっこ良さ的なものは
いつも考えていたりしますが、それが一番難しいんですよね(笑)
キャラクターを色だけで表現したりしてみたいですね♪

>何故僕が痛車を作らないか・・・
>簡単に言えば、今リリースされているキットのキャラには
>あまり興味もないしキャラ自体知らないからなんですが、
>あまりディープでない
>週間少年漫画雑誌などでメジャーなところ
>例えば「バトルスピリット」とか「ジャイアント・キリング」
>「メジャー」などなら買ってしまいそうですね。
>(上記3つは息子が見ているアニメだから、という理由も大有りですが(爆))
>コアなファン向けの美少女キャラもいいですが、
>こういう健全な(?)青少年向けのキャラクターも
>出してみてもらいたいものです。
>でも、多分版権も結構するんでしょうし、
>第一美少女キャラと同じような商業ベースには乗らないんでしょうね・・・。

お子様が好きなアニメ作品だったら
確かにキットが発売されたら親子で楽しめそうですね♪

私もここ数年で詳しくなった気でいましたが
コアな方から言わせると「にわかファン」のレベルだそうで
少し悲しい所です(笑)
私も痛車は基本的に好きなキャラクターと作品を基本に
見た事があるものをメインにしていますね・・・・・
確かに所謂「萌キャラ」のほうがセールス的には良いそうで
キャラクターグッズ的に買われる方もいるので
どうしても売れる物をというのがあるみたいですね・・・
でも最近は痛車プラモに関連商品がいきなり売り切れると言う
状況にはならないみたいで、大変なようです(´・ω・`)

| HITEQJASMINE | 2011/02/02 00:44 | URL |

>BLADEさま。
こんばんは!
おかげさまで今回は順調です♪

>クリヤーコート、奥が深いです。お恥ずかしいながら、
>私がクリヤーコートを始めたのは、台湾に来てからで、日本で
>作っていた時には、クリヤーなんて吹いた事も無く、
>ただ塗装して組んで完成でした。色んなサイトを参考にして
>クリヤーコートをし始めました。
>初めてクリヤーコートを行った時の輝きは、驚きました。
>何台か行ってきた時にデカールを溶かしたり、
>削りすぎたり失敗も多々ありましたねぇ。今でも失敗しますが・・・・。

実は私もネットを始めるまでは光沢が出た場合は
クリアを吹かないのがほとんどでした(;^^)
ソリッドカラーは軽くコンパウンドをかけて
柚子肌を取るだけなど、自己満足で終わらせていましたね
・・・・
その後、国産車系モデラーさんのHPを毎晩眺めているうちに
研ぎ出し・コンパウンド掛け鏡面仕上げに挑戦しました。
初めは傷が取れませんでしたが、徐々に慣れて来て・・・という感じですね♪

>気泡は恋の落とし穴様もコメントされていますが、
>デカールのコンパウンド後に段差が消せて、
>時間が経つと段差が浮き出る。キット付属のデカールでは、
>経験がありませんが、ミラクルデカールの自作デカールでは、
>経験があります。以前作のデリカやアコードワゴンでの
>自作デカールでは、時間が経つと消したはずの
>段差が浮き出てくるがありました。
>デカールの材質の問題でしょうかねぇ。
>それともデカールがきちんと密着出来ていないのでしょうかねぇ。
>徐々にデカールが縮んで来ている様な錯覚も起こしていましたが。
>この時は、段差を消す→クリヤーを段差の部分
>(デカール含む)に集めに吹く→段差を消す→段差が発生する
>→段差を消す→クリヤーを段差の部分
>(デカール含む)に集めに吹く→段差を消すを3回ほど
>繰り返して、うっすら段差が残る程度まで対処できました。
>こんな経験ありますか?

私もミラクルデカールは私の場合
厚めに吹いても段差を完全に消せないケースが多いです・・・・・
後はやはり完成後に徐々に段差が復活していくケースが多いですね。
初めてラクルデカールを使用した2009年の夏に製作した
マジェスタ痛タクシーですが、ミラクルデカールを
使用した所は段差が思いっきり復活しております・・・・
また、たっぷり吹きつけるとやはり縮むようで
以前製作した痛車はその縮みを削って、
上からかなりオーバーコートして6コートくらい塗り重ねたケースもあります(笑)

やはり、印刷後にクリアコートすることで
デカールそのものに厚みができますし、ラッカークリアの痩せるという特性と
組み合わされると段差はしょうがないのかも知れませんね・・・・

| HITEQJASMINE | 2011/02/02 01:02 | URL |

こんにちわ!!

今回も上手く艶出しされてますね。
詳しい説明がありますが・・・
乾燥させながら研く前に厚さ変えながら3回程度吹き付けるんですね。
痛車出なくても同様なんでしょうか??

| ムル太郎 | 2011/02/08 19:18 | URL |

>ムル太郎さま。
こんばんは!
コメント返信遅れてしまい大変失礼致しました・・・・

>今回も上手く艶出しされてますね。
>詳しい説明がありますが・・・
>乾燥させながら研く前に厚さ変えながら
>3回程度吹き付けるんですね。
>痛車出なくても同様なんでしょうか??

お褒めいただいてありがとうございます♪
そうですね、今回は厚めのデカールでしたので
あえて三回ですが、ノーマル車の場合は

ボディ色塗装後薄く様子見クリア
      ↓
    普通に一回
      ↓
    厚めに一回
      ↓
   1500番で柚子肌&段差取り
      ↓
   最終クリア厚めに

という感じですね・・・・・・・
私は厚めに吹きつけてクリア層をある程度キープしたいので
こういう感じの工程ですね♪
もっと言ってしまえば様子見クリア後に
厚めに一回→1500番研磨→厚めに最終クリアという
ややお手軽パターンもあります( ^ω^)

| HITEQJASMINE | 2011/02/11 13:39 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/865-e04e3779

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT