HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プラモを研究してみよう。ロットごとの微妙な仕様。

今週は作業という作業を全く行っていないと言う、やる気の無さ全開のHITEQです(笑)

前回の記事が好評で私も少々驚きと共に、共感してくださった方が多かったのも嬉しかったです。
これからはネタが無い時に思い出話なども少しは書いてみようかなと思いました。
記事でも触れた、フジミシャーシの件や、初めてのスプレーの話や
入ってるボディが違う事件やあのキット実は激レアだった事件に
ワゴンセールで400円のLSのブタ目マークⅡをリニューアル中に捨てられる事件など
ネタはたくさんあるので徐々に小出しにして行こうかなと思っています。


さてさて、今回はプラモデルの生産事の微妙な違いの研究でも・・・・・
日頃何気なく買っているキットですが、生産ごとに微妙に異なったりしている事に
気づかれた事がある方も多いのでは無いでしょうか。
例えば、車高とキャンバー調整可能で発売されたアオシマの30系セルシオのスプリング。
当初はかなりソフトなものがセットされていましたが
自重に耐えないということで、後のロット製品や
バリエーションキットは硬いスプリングがセットされていました。
アオシマやフジミのちょっと古いノーマル車のキットでは
タイヤがロットで違ったりというケースもありますね。
もちろん成型色違いや、箱替えなど大きく変更されない違いもありますし
初版ロットと再販ロットではランナーにパーツが追加されていたり
ボディの金型が弄られて変わっているケースもありますね。

さて、今回はそういう内容の違いではなく、ちょっとしたパッケージの違いや
梱包の仕方の微妙な違いを探してみたいと思います。

サンプルはこちらのアオシマのY32セドリックグランツーリスモアルティマです。

アオシマ Y32 セドリック

1991年デビューのY32型は先代のY31車型から一気に進化したという印象で
丸目四灯のヘッドライトになんとも言えぬ高級な雰囲気。
デビュー当時、小学校三年生だった私にはあまりにも衝撃的でした。

もちろんアオシマからプラモデルが発売された時に興奮したのは言うまでもありません。
ニュートレンド91シリーズとして発売されまして
実車のカタログを意識した箱絵に当時の私もとても感動したものです。
初版から18年以上経っていますが比較的現在でも模型店で見かけることがあるキットですね。
従来のY30系の汎用シャーシでは無く足回りがきっちりと再現されたシャーシになっており
このキットより数年前に発売された初代セルシオやインフィニティQ45の流れを組んだ
フルディスプレイモデルとなっています。

私が知る限り、成型色はグレイッシュブルーを意識した
青みがかったメタリックグレーと定番のホワイトの成形品があるようです。

アオシマ Y32セドリック

そういえばいつの間にかこの成型色表記のステッカーも過去のものになりましたね・・・

アオシマ Y32セドリック

このキット・エッチング付きで定価は1000円でシリーズ通し番号は83番です。
バーコード上のメーカー品番は618072-0001225-1000となっています。
成型色による品番の違いなどはありません。

このキットが発売されてしばらくしたあと、パッケージが白基調のイラストに変わって再登場します。

アオシマ Y32セドリック

シリーズは同じくニュートレンド91で、通し番号は同じく83番ですが
メーカー品番が618072-001302-1500と変化していますね。
ここで注目です。1500の数字で気づいた方も多いでしょうが
なんと一気に500円も価格がアップして1500円となっています!
キット内容に変化はなし、エッチングなども同じものです。
ですがボディ価格が100円アップ、エッチングの価格も250円から500円になっています。
同じなのに価格アップ?というのは冗談ですが、メーカーさんの都合があったのでしょう(笑)

アオシマ Y32セドリック

ですがここで面白いことに気づきました。
ボディの袋がきっちりと閉じられていた初版とは違い、この白箱ではホッチキス止めになっています。

アオシマ Y32セドリック

このあたりを境に、梱包の仕方を変える指示があったのかも知れません。
社内的になんかの事情があったのか・・・・それとも担当者の気分か・・・・
今となっては全くの謎ですが、袋詰めの方法が変わったのは事実です。
私の手持ちのベストカーシリーズのY32セドリックでは
少し長めの袋を折り返すという今と同じ梱包の仕方に変わっています。
ただ、他車では袋が止められているの物もあったりと
一概にこれが全てという事ではないと思うのですが・・・・

そして、私はこのパッケージ版を3個持ってるのですが
さらに謎のパッケージを見つけてしまいました。
ひとつだけシリーズ番号の色がグレーになっている物があるのです。

アオシマ Y32セドリック

品番は変更なしですが、なんと箱のホッチキス止めが省略されていました。
このあたりから、ホッチキス止めをやめて糊で箱が組まれ始めたのでしょうか?
下箱のみホッチキス止めになっていますので、あくまで上箱のみの変更と思われます。
ニュートレンドシリーズの手持ちのキットでホッチキス止めがないのはこのキットのみですし
これよりあとのノーマル車シリーズのベストカーシリーズなどでも箱は糊で止められています。
よってこのキットは恐らく過渡期に生産されたロットか後年に販売された物ではないかと思います。

そしてキット内容に変更はありませんが、このキットのみデカールとエッチングが
同じ内装のランナー袋に入っているのも、手持ちのキットとは違います。
(初版・白箱共にデカールとエッチングは内装・デカールはシャーシ側と分かれています。)

「おいおいキット内容に関係ないじゃん。だからHITEQは・・・・」とか
「なに?組むのに問題あるの??」というお声もあるでしょう。
でも、、私はこういう違いを捜すのも結構楽しいんですよね(笑)
コレクター気質かも知れませんし、キットを積まない人には共感を得ないかも知れません。
でも、私はこういう違いが気になってしょうがないんです・・・・

このキットも、一気に全て買ったというわけではなく
10年ほど掛けて集めた物だったりします。
Y32グランツーリスモを全色作りたいという思いがありまして
ついついこんなに集まってしまいました(笑)

そして、もうひとつ余計な情報を・・・・
実は今回はセドリックのキットですが、グロリアのキットももちろんあるわけです。
このキット・グリルやエッチングにはお互いの部品がありますので
極端なことを言うとどちらにも組めるのですが
一見同じようなダークグレイの成型色の場合、前述しましたが
セドリックは青みがかったグレイッシュブルー(BL0)風の成形色ですが
グロリアの場合は黒みがかったダークグレー(KK0)風になっているんですね。

アオシマ Y32セドリック

この違い、実はさっき気づいたのは内緒ですが、成型色にもこだわりを感じて
今に通じる当時のアオシマスピリットに再び触れられたような気さえしてしまいます。
でも、助手席の内張りにも給油口とトランクのオープナーのモールドがあるのは内緒です(笑)

今回もまた、とりとめのない内容になってしまいましたが
これもこのブログの味だと思って勘弁してください(;^ω^)


※今回の考証はあくまで手持ちのキットで確認したものですので
 生産ロットや生産時期、中古品流通の際に部品が入れ替わっている
 可能性などもあると思いますので、これが正しいという保証はありません。
スポンサーサイト

| プラモを研究してみよう。 | 12:12 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは。

プラモは研究するまで買ったことが無い自分ですが、フジミのR32系は自分の中で一番買ったキットで細かい違いがいろいろあって面白いですね。
手持ちの中だとホイールの成型色が白かったり黒かったりします。
(↑これはGT-RもV-SpecもGTSもそうでした)
HITEQさんも書かれていますがタイヤの違い。ついでに同封になっているポリキャップも一部違うようです。

そういえばキットの箱にある成型色表示を見て思い出したのですが、ハセガワ?のエボⅤだったかに「ボディカラーは限定カラーのイエローです」という風に書かれたキットが置いてあったような…
今度行ってみて現物確認してきますw

| 暇人。 | 2010/10/23 12:36 | URL | ≫ EDIT

そういえば成型色だけではなくて、金属部品の色も違うときがありますよね、例えばシャフトが黒染めだったり金属そのままだったり、スプリングも銀メッキだったり黒染めスプリングだったりしますよね。

| ぽるナズン | 2010/10/23 14:00 | URL | ≫ EDIT

隠れた所に・・・

こんにちは!

アオシマの初期トレンドのY32グランツは持っていましたねぇ~(^^) 確か、メタ・グレーでした。

他に147マジェたん、アリストも持っていました。
仰る通り、このキットたちは地元の模型店にもまだあると思います。

3箱うつっているのは、多分トレンド最終仕様のパケでしょうか?
価格は1500円に一気に上がりましたね。
確か、この間か、新シリーズで「ベストカー」がありましたが、
こっちは1300円だった気がします。
Y31や、130クラウンなど、純正ホイールが付属していたと思います。

ボディの袋と言えば、西部警察の再販物が、ホッチキス止めさえされていませんでした。

ここ最近再販されたベストカーGTシリーズではかなり細かい部分のデカール修正があったり、
昔他シリーズに付属していたOPパーツなどの追加など、
マニアには嬉しい内容ですね。

フジミの再販は・・・単に価格アップだけのような・・・?

この頃は、ハセガワ模型も自動車キットで伸び始めていた頃ですね。
暇人さんが仰っている、ランエボの限定イエロー、確かにありました。
このキットも多分、近くの模型店に残っていたと思います。

今は簡素化、合理化の関係で、シンプルな包装になっていますね、確かに・・

| キューブコロコロ | 2010/10/23 17:40 | URL |

こんばんは~

自分はこういうロットでの細かい違いに結構興味があるので勉強になります。
写真を見て思い出したんですが受験期に一番上の写真と同じ箱のY32をハードオフで見たことがあるんですが、まさか初版だったとは・・・。買っておけばよかったorz

| GSF | 2010/10/23 21:38 | URL |

凄すぎです。

テレ朝の松井アナのようですね。
観察眼が凄すぎです。
模型本出版できそうですね

| まっつん改 | 2010/10/23 22:37 | URL |

こんばんは

(自称)積みプラ同盟としてはほっておけない話題で(笑

仕様変更の話題はネタが尽きないですねー

地方の模型店に行くと思いもよらない箱違いや成型色違いが存在したりして、つい新たな積みプラが増えてしまうのもよくあ・・フジミ10ソアラの箱違いが6種類、バリエーション違いが3種類積まれてたりとか

あと田宮の海外、国内と限定ロットもつい収集したくなったりします。テスタロッサに成型色白のものが極小数存在したりとか、一部の海外輸出用にのみ同梱されている注意書きの紙が欲しくなったりとか・・
昔の田宮だと説明書自体、「日本語のみ」「外国語のみ」「2冊入ってる」「併記(再販)」と4種類あるものもあったり・・箱を開けてみるまでわからないことが多くて興奮しますね。こういうのは

「せっかくここまでバリエーション違い揃えたし組むのは新しいの買うか」→「これもちょっと違う!」というのもしょっちゅうなので最近は組むと決めたモデルは同時に2個買っています。これが積みプラを爆増させている原因ですね

積みプラ崩し頑張っていきましょう(笑

| アイカシア | 2010/10/24 00:42 | URL |

>暇人。さま。
こんにちは!

>プラモは研究するまで買ったことが無い自分ですが
>フジミのR32系は自分の中で一番買ったキットで
>細かい違いがいろいろあって面白いですね。
>手持ちの中だとホイールの成型色が白かったり
>黒かったりします。
>(↑これはGT-RもV-SpecもGTSもそうでした)
>HITEQさんも書かれていますがタイヤの違い。
>ついでに同封になっているポリキャップも一部違うようです。

おお~!それも立派な研究ですよ♪
確かに仰る通りの内容ですよね。
私が以前組んだ初版はシャーシがグレー
ボディ内装がホワイト・ホイールは艶消しメッキでした。
ホイールは後年ではガンメタ塗装になってますが
白のものは色が綺麗に乗ってないんですよね(笑)
ポリキャップも一時期から透明になっていますし
タイヤもポテンザからピレリになったり
ダンロップなったりとしていますよね( ^^)

>そういえばキットの箱にある
>成型色表示を見て思い出したのですが
>ハセガワ?のエボⅤだったかに
>「ボディカラーは限定カラーのイエローです」という風に
>書かれたキットが置いてあったような…
>今度行ってみて現物確認してきますw

限定キットありましたね♪
手持ちのハセガワランエボⅢは
ブラックの限定カラーの物だったりします。
ハセガワのものは箱自体が変わっていたり
ファーストロットとの記載もあったりして面白いです♪





>ぽるナズンさま。
こんにちは!

>そういえば成型色だけではなくて
>金属部品の色も違うときがありますよね
>例えばシャフトが黒染めだったり金属そのままだったり
>スプリングも銀メッキだったり黒染めスプリングだったりしますよね。
フジミのシャフトがまさにそうですよね!
丁度ポリキャップの色が透明になった頃でしょうか・・・
あの黒のシャフトは結構好きだったのですが(;^^)
金属部品も全て網羅したら大変な事になりそうですが
いつか調査してみたいところですね♪
ぽるナズンさんのように模型歴の長い方なら
初版から現行まで知っていらっしゃるキットがあると
思いますので特に気になるかも知れませんね~!

| HITEQJASMINE | 2010/10/24 15:05 | URL |

>キューブコロコロさま。
こんにちは!

>アオシマの初期トレンドのY32グランツは
>持っていましたねぇ~(^^) 確か、メタ・グレーでした。
>他に147マジェたん、アリストも持っていました。
>仰る通り、このキットたちは
>地元の模型店にもまだあると思います。
>3箱うつっているのは、多分トレンド最終仕様の
>パケでしょうか?
>価格は1500円に一気に上がりましたね。
>確か、この間か新シリーズで「ベストカー」がありましたが、
>こっちは1300円だった気がします。
>Y31や、130クラウンなど、純正ホイールが付属していたと思います。

このシリーズは名キットながら数多くの売れ残りが
今でも見ることができますよね(笑)
とあるお店ではニュートレンドのローレルが売れ残り
再販のベストカーGT物が早く売れていました(笑)
3箱映ってるのがニュートレンド91ですが
ベストカーより前のノーマルシリーズのはずです。
私の記憶では
チューニングカーニュートレンド→ニュートレンドHG→ニュートレンド91等の年号シリーズ→ベストカー→ベストカーGTだったと記憶しております(;^^)
結構ニュートレンドHG時代にノーマルホイールが」
追加されたキットが多かったと記憶しています♪

>ボディの袋と言えば、西部警察の再販物が
>ホッチキス止めさえされていませんでした。
>ここ最近再販されたベストカーGTシリーズでは
>かなり細かい部分のデカール修正があったり、
>昔他シリーズに付属していたOPパーツなどの追加など、
>マニアには嬉しい内容ですね。
>フジミの再販は・・・単に価格アップだけのような・・・?

アオシマキットは一時期からボディのホッチキス止めや
パウチが無くなりましたよね。
おかげで買ったあと躊躇なく袋から出して
チェック出来るのですが・・・・(笑)
アオシマさんのここ最近の再販はリニューアルやオマケパーツで殆ど買っているような気がします(;^ω^)
フジミのキットの場合はオマケがちょっと
物足りない気もしますね・・・・
でも、最近は結構ツボを抑えてきたような気もします(笑)

>この頃は、ハセガワ模型も
>自動車キットで伸び始めていた頃ですね。
>暇人さんが仰っている
>ランエボの限定イエロー確かにありました。
>このキットも多分、近くの模型店に残っていたと思います。
>今は簡素化、合理化の関係で
>シンプルな包装になっていますね、確かに・・

ハセガワも名キットが結構多いですよね♪
シビックフェリオ・初代レガシィ・ギャランVR-4などなど・・・
地味に101系レビンも好きだったりします(^^)
最近のキットはブリスターパックやキット用タグに
箱の完成品写真など、ワクワク要素が少ない気がしますね!
コスト削減が叫ばれる今だからこそ
あえてやってもらいたかったりします(笑)





>GSFさま。
こんばんは!

>自分はこういうロットでの細かい違いに
>結構興味があるので勉強になります。
>写真を見て思い出したんですが受験期に一番上の写真と
>同じ箱のY32をハードオフで見たことがあるんですが
>まさか初版だったとは・・・。買っておけばよかったorz

さすがGSFさんですね♪
こういう違いって結構楽しいんですよね!
例えばGSFさんが制作されたセフィーロ前期も
エンジン付きのあのキットで青白い白の成型色と
今風のスーパーホワイト風の成型色の物があったりします。
生産時期の微妙な違いですが奥が深いですよね( ^^)
このY32は比較的中古店でも安価に手に入りますので
待っていればいつか手に入ると思いますよ♪
逆に妙なプレミアが付いていると笑っちゃいます(笑)
いつか絶版店で5000円で売られていてびっくりしました。

| HITEQJASMINE | 2010/10/24 15:27 | URL |

>まっつん改さま。
こんばんは!

>凄すぎです。
>テレ朝の松井アナのようですね。
>観察眼が凄すぎです。
>模型本出版できそうですね

いえいえ・・・まだまだ勉強しなくてはと思ってます(笑)
作るときはバーっと作るのですが
こうやってキットを眺めている時もまた楽しいんです(^^)

松井アナはニュース番組のイメージが強かったので
タモリ倶楽部などでのはしゃぐ様子と
早口になる感じは模型好きのマニアの人のようで
どちらかというとプラモ好きモードの方が好きですね(笑)
製作ジャンルは違いますが憧れのモデラーさんの一人です♪



>アイカシアさま。
こんばんは!

>(自称)積みプラ同盟としてはほっておけない話題で(笑
>仕様変更の話題はネタが尽きないですねー
>地方の模型店に行くと思いもよらない箱違いや
>成型色違いが存在したりして
>つい新たな積みプラが増えてしまうのもよくあ・・
>フジミ10ソアラの箱違いが6種類、バリエーション違いが
>3種類積まれてたりとか

反応していただけて嬉しい積みプラ同盟3号です(笑)
私もこの車種は思い入れが強すぎて
思わずこれだけ集めてしまいました(;^ω^)
実はSパッケージ・VIPカー・湾岸シリーズ等を入れると
十数台あるのはナイショです(笑)
地方の模型屋さんなどだと、何も買わないと
失礼な時があるのでこの年代のアオシマキットを
つい、買ってしまいます・・・・

>あと田宮の海外、国内と限定ロットも
>つい収集したくなったりします。
>テスタロッサに成型色白のものが極小数存在したりとか
>一部の海外輸出用にのみ同梱されている注意書きの紙が
>欲しくなったりとか・・
>昔の田宮だと説明書自体、「日本語のみ」「外国語のみ」
>「2冊入ってる」「併記(再販)」と4種類あるものもあったり・・
>箱を開けてみるまでわからないことが多くて興奮しますね。

あ、これはお気持ちよく解かります♪
以前、中古店で手に入れたキットが英語表記の説明書のみで
箱にも謎のシールが貼られていて「あれ?」と思ったことがあります。
現在は手放してしまいましたがZ32でした。
白のテスタロッサは小鹿時代のものですよね♪
現在ではかなりの値段で取引されているとか・・・・

>「せっかくここまでバリエーション違い揃えたし
>組むのは新しいの買うか」→「これもちょっと違う!」
>というのもしょっちゅうなので
>最近は組むと決めたモデルは同時に2個買っています。
>これが積みプラを爆増させている原因ですね。

これ、凄い解かります!
私も基本的に組むために買うのですが
組んだあとにしばらく再販されなかったら・・・とか
初回限定キットなどがもし手に入らなかったら・・・とか思うと
制作後にまた入手してしまったりします(汗)

>積みプラ崩し頑張っていきましょう(笑
そうですね♪
アイカシアさんの製作台数を見習わなくてはと
ここ最近いつも思います(;^^)
ガルヒンジの記事も楽しみにしています!

| HITEQJASMINE | 2010/10/24 15:53 | URL |

こんばんは!前から拝見させて頂いてましたが、今回初めてコメントさせて頂きますm(_ _)m

この記事で初めて見ましたが初版のY32、今のボックスアートにはない高級感が漂ってますね~!それでいて1000円とは(笑
下の方の箱ですが、僅かな相違に気づかれるとは恐れいります…。

フジミの頭文字DのインテRですが、これも何故か箱絵が黄色ボディのと白ボディのがあるんですよね。。
謎ですw

| F-SEED | 2010/10/26 22:39 | URL |

>F-SEEDさま。
はじめましてこんばんは!
コメント頂き本当にありがとうございます!
拙いブログですが、見ていただいて嬉しいです( ^^)

>この記事で初めて見ましたが初版のY32
>今のボックスアートにはない高級感が漂ってますね~!
>それでいて1000円とは(笑
>下の方の箱ですが、僅かな相違に気づかれるとは恐れいります…。

あまり取り上げられることがないキットなので
パッケージを中心に構成してみました( ^^)
セドリックのカタログの柄をそのまま使ってるので
かなり雰囲気が出ていますよね!
惜しいのはグロリアで何故か、イラストになり黒バックになっています。
カタログは青基調のカッコいい柄なので
そちらの雰囲気ではないのが残念です(´・ω・`)

>フジミの頭文字DのインテRですが、
>これも何故か箱絵が黄色ボディのと白ボディのが
>あるんですよね。。
>謎ですw

これはですね、私も聞いた話なのですが
間違えて黄色で作ってしまって、その後漫画の設定の
白に戻されたという話を聞きました。
なにやらゲームなどにも影響があっという話も聞きます。
実際のところの真相は謎ですね(;^ω^)
私個人は黄色のほうが好きですね(笑)

| HITEQJASMINE | 2010/10/27 22:55 | URL |

こんばんは。

う~ん・・・これは興味深い考察ですね!
地道にY32のキットを集められたからこそ
追求できるのであって、大変素晴らしいと思います。
こうした「微妙な違いを探る」って面白いですね♪

私はアオシマのY32は、まさに最初のお写真のニュートレンドのセドリックで、
「ボディカラーはこの色です」シールつき(笑)を組みました。
当時はボディ塗装なんてまだまだでしたから、
素直に色つきボディが嬉しかったですね。
そういやこのキット、マフラーのタイコに貼る「日産マークのデカール」が
なぜか用意されていたような・・・(うろ覚えで自信なし)

Y32グランツーリスモ全色製作の企画があるのですか。
全9色ありますから大変ですね(笑)
個人的に、ブロアムのイメージカラー「ウォーターグリーンM #WK2」の
グランツーリスモをあまり見た記憶が無いので密かに期待しています♪

後はマフラーカッターを「丸のツイン」から「楕円」に変えて
ただの(VG30E)グランツーリスモを作るのも楽しそうですね。
(マニアックすぎて誰もわからないかな 笑)

| ながせ | 2010/10/28 22:02 | URL | ≫ EDIT

>ながせさま。
こんばんは!

>う~ん・・・これは興味深い考察ですね!
>地道にY32のキットを集められたからこそ
>追求できるのであって、大変素晴らしいと思います。
>こうした「微妙な違いを探る」って面白いですね♪

>私はアオシマのY32は、まさに最初のお写真の
>ニュートレンドのセドリックで、
>「ボディカラーはこの色です」シールつき(笑)を組みました。
>当時はボディ塗装なんてまだまだでしたから、
>素直に色つきボディが嬉しかったですね。
>そういやこのキット、マフラーのタイコに貼る
>「日産マークのデカール」が なぜか用意されていたような・・・
>(うろ覚えで自信なし) [/色]
ありがとうございます♪
一時期このキットがあまりにも不憫なくらい売れ残っていて
ちょっとずつ集めているうちにいつの間にか増えてしまいました。
この車とは何かと縁がありまして、特別な思いがあったりします( ^^)
私も初めて買ったキットはやはりこの色です付きでした(笑)
あの頃は塗料も買えなかったですから
このダークグレーの成型色は憧れでしたね。
マフラーのデカールありますね~!
実車ではプレスされていますのでモールドで再現して欲しかったですが
再現しようというアオシマさんの心意気を感じますね(;^^)

>Y32グランツーリスモ全色製作の企画があるのですか。
>全9色ありますから大変ですね(笑)
>個人的に、ブロアムのイメージカラー
>「ウォーターグリーンM #WK2」の
>グランツーリスモをあまり見た記憶が無いので
>密かに期待しています♪ [/色]
改造車が多い車種ですがノーマル車の雰囲気が好きで
純正色はどれも魅力的ですよね。
さすがながせさんですね!ウォーターグリーンの
グランツの話題が出るとは・・・流石ですね!
兄の友人のお父様が日産ディーラーに勤めておりまして
その絡みで下取り車の中古車に乗せてもらえる
機会がありまして、その時にまさにウォーターグリーンの
グランツーリスモアルテ
乗せてもらったことがあります。
日産系中古車店のスタッフさんでも
あの色のグランツのことは知らない方が多くて
ブロアムのみだと思ってらっしゃる方もいましたね・・・(汗)
地味に通常のグリーンメタリックもレアですよね。

フラーカッターを「丸のツイン」から「楕円」に変えて
>ただの(VG30E)グランツーリスモを作るのも楽しそうですね。
>(マニアックすぎて誰もわからないかな 笑)[/色]
あ、それ実は狙っていました(笑)
JフェリーのホイールでアルティマLV仕様ですとか
後期型になどやりたいことはたくさんあります(;^^)

| HITEQJASMINE | 2010/10/28 22:40 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/821-8448f1fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT