HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アオシマ・一番星製作記。キャブ周りは一応終了・・・ですがまだまだ!

さてさて、前回の記事は改めて読むと自分でも不思議なくらい
くだけていましたので今回は真面目に行きます(笑)

一番星の方は爆走が始まってしばらくして雨が振ってきたあたりでしょうか・・・・
ぬかるみにハマって桃次郎が「一人じゃ無理だ!」と脱出に苦戦していると
結花が「やってみます」と言うと桃次郎が「おめぇには無理だよ!」と言う辺りでしょうか(笑)

まずはキャブの残りの飾りです。
省略されているバイザーは、プラ板で自作するも
メタルックを貼ると皺があちこちに発生するので、手持ちのジャンクの
アオシマの4tの汎用デコパーツのバイザーを加工して使用しました。

バイザー

もちろんそのままでは変なので角度調整や切断にうすうす加工でそれっぽくしました。
下地にスターブライトシルバーを吹いてからメタルックを表側に貼ってみました。
プラパーツなので厚みはありますが、逆に付いてる感が出たかなと(嘘)

塗り忘れていたミラーも塗装です。
艦底色にホワイトパールを吹いてからクリアをかけておきました。

ミラー

ミラーは伸ばしランナーなどに一度接着してから塗ってみました。
(このほうが一度に塗れるため)
鏡面にメタルックを貼ってから、一度ステーを接着して角度を調整しながら接着して
キャブから外してもう一度クリアを吹いてみました。特に深い意味はありません(笑)

ミラーとか

個人的にはバスミラー時代が好きなのですが、法改正でのアンダーミラー追加等の規制のため
9作目からこのノーマルタイプのミラーに変更されました。
角度等は実車の写真を見て、できるだけ近づけてみました。



そしてキャブ飾りの最後の大物であるフェンダーです。

このフェンダーが曲者でした!と言っても私が悪いんですけどね(笑)
まず、スリ傷だらけだったので、どうしようか悩んだのですが
まとりあえず誤魔化そうと、プライマーを吹いたらキスが目立つようになってしまいました(笑)
「よっしゃ!思い切ってパーツ請求じゃあ!」と意気込んだんですけどね・・・・

意気込んだんですよ・・・・「贅沢に新品パーツでも入れてやらぁ!」と説明書を見ると
フェンダー左右と泥除け左右のランナーがなんと1500円!!!高い!!!
重度のアオシマスキーの私でも一番星のパーツ価格はちょっと高いと思いますね。
一番星をパーツ請求だけで組もうとすると5万円オーバーになるのは頂けません(´・ω・`)

てなわけでミラーフィニッシュを2分割にして貼ってから
乗降部分のプロテクター部にシルバー吹いたらすげー汚くなってしまいました(笑)
ここで一休さんばりに悩んだ結果、先にプロテクター部のシルバーを吹いてから
ミラーフィニッシュを貼って切り出すという作戦に変更です!!!

成功!

これが大成功!丁度切り出す部分にシワが入るので綺麗に一枚で貼れました♪
ちなみに工程は
キッチンハイターでメッキ剥がし→メッキ下地塗料をシンナーで除去→クラックが入ったので瞬着で補強
パーペーがけ→サフ→スターブライトジュラルミン→ミラーフィニッシュ→カットです。
いやー・・・・時間がかかりました(笑)
普通車だとここまで大きいメッキパーツはなかなか無いですからね。
トラック系モデラーさんのテクニックは本当に憧れます(;^ω^)

フェンダーを付けてみました。

一番星フェンダー

本来はプロテクター部が凸になるんですが工程の関係で凹になってるのはご愛嬌です(笑)
そしてキットでは再現されていないキャブチルト用の把手を伸ばしランナーで作ってみました。
見づらいですが、プロテクター後端の下辺りです。

あと、これまた微妙ですが、荷台のマーカーの下の配線もこれまた伸ばしランナーで製作。
別の一番星ではフェンダーのところに太い線が這っている画像もあるのですが
手持ちの故郷特急便の資料だと確認出来ないので今回はこの線のみを再現しました。




せっかくですのでリア周りも組んでしまいましょう。
リアで大きく違うのは「男乃花道」のアンドンです。
映画撮影当時はここに専用のアンドンが入っていたのですが
模型では現存一番星に習ってアルナアンドンが入っています。

私の工程の失敗の一つで先走ってここのアンドンをアルナに貼ってしまいました。
その時は、「後で枠でもでっち上げれば良いべ~」だったのですがどうやらちょっと難しそうです・・・・

なので、アルナンドンのデカールを傷つけないように枠を削りとって
プラ板を細く切りだして角行灯にでっちあげました。

アンドン

うーん・・・・イマイチ(笑)メタルックを貼れば問題ないかな(;^ω^)
ちなみにバンパーの青い部分はデカールではなく塗装です。

ここで新たな問題発生。
キットのステーではバンパーの位置が下すぎるのとはみ出しすぎるので
シャシ側ステーの下をカット。バンパー裏削りこみ&アンドン裏側上部カットで
できるだけ実車に位置に合わせました。
龍のレリーフが付いた踏み板の下端がバンパーアンドンにぶつかるくらいまで上げて良いと思います。

カット例

そしてナンバーステーもかなり奥過ぎて位置関係がおかしいので
バンパー側にプラバンを貼ってナンバーを直に取り付けました。
実車の位置関係等、若干違いますがキット状態よりは良くなっていると思います。

リアバンパー

画像では分かりにくいですがサイドバンパー下端よりリアバンパーが若干上に来ています。
実車はサイドバンパーとの間がもうちょっと詰まっているんですけど
これ以上はいろいろと直す必要があるのでこの辺で(笑)


テールランプも苦労しました。

テールランプ スカG アローテール

メッキーパーツのスカGテールにアローテールにクリアオレンジとクリアレッドを塗りますが
はみ出さないようするのは至難の業で、アローテール(バンパー部)はなんとか塗り分け完了。
筆ムラが見えないように仕上げにアクリルのクリアでオーバーコートしています。
ちょっとオレンジが滲んでしまった・・・・・orz
画像のほうが目立つので後で細切りしたメタルックでも貼りましょうかね・・・・

ちなみに、かなり目立たないですが若干細いほうがウインカーですのでご注意を。
キットのままだと天地逆になるのでランプ側を加工しました。
めんどくさい方はバンパーを天地逆にすれば問題なしです(笑)

スカGテールはちょっと妥協です・・・・・

テールレンズ

枠を残して綺麗に丸く塗れず、何度もやり直してるうちに
見事にメッキが剥がれたので一度メッキを剥がして
スターブライトシルバー→クリアレッド→真ん中にシルバークリアオレンジと重ねて
フチをガンダムマーカーメッキシルバーで塗って完成としました。
つか、これを中だけ綺麗に赤く塗るのはかなり厳しいと思います(´・ω・`)


とりあえずキャブ周りの飾りとリア周りは完成です。
これ以外で作業が終わってるのは泥除けですが、次回の更新でお届けします。

残りはキャリアのアンテナと荷台マーカーとマーカー破損防止のステーと荷台のロックバーですね!
ですが、荷台のマーカーが・・・かなり大変な予感です・・・・

もう一回、いや二回くらいの更新で完成させられるかな?
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:11 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは

懐かしいワード続出ですねー
祖父の会社が三菱系だったので、よく送迎車のデボネアに乗せてもらいました。サイコロテールはこれが起源ですよね(自信がない

凄く古い上に乗り心地がふわふわしてすぐに酔うので嫌いでしたねー(笑
一時期実家が「都市工学」だったんですが、スカGテールはマル4個だろってずっとケンメリが羨ましかったです

改造箇所、トラックに明るくないので感心するばかりです。道楽息子っぷりが半端じゃなかったんですがトラックは「実車買ってみよう」ができないので実体験が少ないんですよね…
「この細かさでガルウィングとかされたら俺のアイデンティティ消失じゃね?」とかちょっと焦っていました(笑
でもいつか見てみたいなぁと思います

私も一度作り込んだモデルに手を付けてみようかなぁと思ったりしてます。完成まで頑張って下さい

| アイカシア | 2010/10/06 07:12 | URL |

>アイカシアさま。
こんばんは!

>懐かしいワード続出ですねー
>祖父の会社が三菱系だったので、
>よく送迎車のデボネアに乗せてもらいました。
>サイコロテールはこれが起源ですよね(自信がない
>凄く古い上に乗り心地がふわふわして
>すぐに酔うので嫌いでしたねー(笑

シーラカンスデボネアは長期生産されていたせいか
私も懐かしい車というよりは「とても見覚えのある車」です。
通り道にシルバーの個体があったことや
うちでお世話になってる三菱Dでも当時から見かけました♪
そう言えば大昔にプラモが出てたようですが
現代の技術で欲しい一台でもあります( ^^)


>一時期実家が「都市工学」だったんですが
>スカGテールはマル4個だろって
>ずっとケンメリが羨ましかったです

都市工学は私も最も好きなスカイラインです♪
ケンメリが憧れとなると角テールの方でしょうか。
私もセブンスが現役だったころ家の車はブタ目のマークⅡと
T130コロナでしたから、前期のGTパサージュは憧れでしたね♪

>改造箇所、トラックに明るくないので感心するばかりです。
>道楽息子っぷりが半端じゃなかったんですが
>トラックは「実車買ってみよう」ができないので
>実体験が少ないんですよね…
>「この細かさでガルウィングとかされたら
>俺のアイデンティティ消失じゃね?」とか
>ちょっと焦っていました(笑
>でもいつか見てみたいなぁと思います

私もこの車だけは別格なんで
どうしても手が入ってしまいますね♪
私は子供の頃にみたこの映画のおかげで
原体験というか刷り込みといいますか今でも好きな映画なので
なぜか不思議と手が進んでしまいます・・・
私もお金があれば一度自家用トラックを所有したいんですが
それだとトラックの意味が無いような気もして(笑)

いやいや、アイカシアさんのように綺麗に開閉させられる
テクニックは私もいつも感動させられていますよ♪
実はジャンクボディをカットしたまでは良かったのですが
やっぱりヒンジが難しいです(´・ω・`)

>私も一度作り込んだモデルに
>手を付けてみようかなぁと思ったりしてます。
>完成まで頑張って下さい

私もそろそろ普通車や痛車が恋しくなってきました(笑)
もう一息ですので頑張りたいと思います♪

| HITEQJASMINE | 2010/10/07 00:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/815-56075e63

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT