HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

管理人プロフィール。

管理人プロフィール。

HITEQJASMINE

アオシマ TT2 サンバー WRブルーリミテッド

1983年生まれの早生まれの牡羊座。A型。
関東在住。会社員ですが業界では隙間産業の産業機器メーカー勤務です。
職歴は多くはありませんが一時はブラブラしていた時期もありました。
収入は今時の小学生の方がお金持ち。独身。
普通自動車免許・大型免許所有。(運転の条件 眼鏡等)
ガス溶接取扱技能講習・アーク溶接特別講習・ボイラー取扱技能講習・有機溶剤取扱主任者講習
計算技術検定4級とか持ってますが現在はあんまり使っていません(笑)

趣味 

カーモデル製作&収集・車関係殆ど・ネットサーフィン・建物探訪・まずジュー研究・ラーメン食べ歩き等。
カーモデル趣味は幼い頃から治らないですし、治す気もない不治の病です。

プラモデルなんて作るなら実車でやればいいのに的な意見の方もいらっしゃいますが
それは私は違うべクトルの話をされているのと同じでカーモデラーへの最大の侮辱だと思ってます。
プラモデルで満足していないで実車を弄れば良いと言う意見もありますが
カーモデルを愛好するということは実車趣味と同じようで微妙に違います。
勿論同時に楽しめるのが理想ではあるのですが、私の場合順位がプラモデルのほうが上。ただそれだけのことです。
・・・でも、歴代愛車はどれも(変態)の称号を周りから頂いているのはお伝えしておきます。
本当のCAR-GUY(カーガイ)であれば自動車関係の趣味を冒涜するようなことはしませんし
HNだけで判断しカテゴライズして叩くなど執拗にけなす人は嫌いです。
嫌な言い方かもしれませんが、同じ穴の狢同士楽しくやりたいと思ってます。

HNの由来

HITEQJASMINEという言いづらい、語感の良くないHNは芸能ブログだった頃の名残です。
好きな女優さんのハマり役と愛車である日産車の整備手帳などに書いてあるHITEQをもじって付けましたが
決して模型スキルの事ではなく、たまたま付けたHNをそのまま使ってます。
今だから言える秘話としては、HNとブログの名前を変えようかなぁ~と思ってたのですが
ちょっと億劫でそのままなっていた時期にリンクのお誘いを受け変えていただくのも失礼かと思って今でも変えていません。

フジミ イプサム Eセレクション


私のプラモ趣味履歴書。

~プラモ想いの芽生え期~ミニカーとは違う世界。


幼稚園の年少時にビッグワンガムと出会う。初めて買っってもらったのは70スープラ。
本格的プラモ筆おろしは幼稚園年長時に買ってもらったフジミのGX61クレスタ(ハの字シャコタンシリーズ)
これ以降祖父の年金を惜しげも無く投入してもらう。
(ただ、節度はありましたし、祖父は戦中派で厳しかったので飴と鞭でした)
近所のOさんのおばさんに買ってもらったタミヤの910ブルに感動。
父親が通っていた模型店に連れてってもらうも当初は夢の様な世界と大人な空間にビビる。
よく遊んでくれた大学生のご兄弟のお兄さんにタイヤ屋さんが乗ってきていた
60カリーナサーフをフェラーリF30だと教えてもらう。


~プラモ趣味第一次成長期~
接着剤は別売りを使おう。

小学生の時はフジミインチアップ・軽カー・アオシマのニュートレンド・スリットマスクあたりを中心に購入し
お小遣い制スタートにより、小遣いイコールプラモデルという現在に至るスタイルを生み出す。
買い物のお釣りをごまかし貯めるも即効バレて母親に割りと本気で怒られること年間数十回。懲りない。
憧れのキットはアオシマの飛車角ナイトシーン25000円と言う値段に軽く目眩がした。
売れ残りだったL型パワーシリーズのアオシマのケンメリのスプリングサスにハマる。 
実車宜しくサスカットしてみるも着地。ノーサスになる。
初スプレーはフジミのハコスカ4枚にオレンジのスプレーで気分はサファリオレンジ。結局祖父が塗る。
リベンジはフジミのSR311。タミヤのイタリアンレッドは箱絵意識。結局父が塗る。
タミヤのセリカスープラマーシャルカーを買わなかったことを今でも後悔。以降25年出会えず。
年上のエアガン好きの従兄弟が模型店で働く。
バイト代で買ってやんよという激アツ展開にフジミのGX71マークⅡをリクエスト。
すると「たぶんナナイチのことだろうと思ったけど新型も出てたぞ」ということでGX81を持ってきてくれる。
出てると知らなかったので発狂。字光ナンバーのデカールに発狂。ボディ一体のサイドウインドウワイパーに発狂。
この時の経験から今時の女が好むサプライズなんてなんとチンケなことかと感じてしまう。
当時、近所の模型店にはマルイやエルエスなどのキットが大量に残っていたので買っとけば今ごろ家でも・・・・



~プラモ趣味第二次成長期~
思春期の模型店は大人への階段。

中学生の時にモデラーズの塗料に感動。
地元の模型店に週二で通う(買わない時がほとんどだったけど・・・・)
しかし、途中からシフトチェンジして改造車やスポーツカー等一番他ジャンルを作っていたのはこの頃。
人生で一番タミヤ率が高い時期。
この当時は少しだけ日本車と改造車を斜に構えてみていた時期。だけど忘れられないため
タミヤのシトロエン2CVとアオシマの走り屋シリーズのツアラーVどちらを買おうか迷うようなことばかり。
この頃は基本的に塗装は基本的に全部していましたが
ボディが成型色で行ければコンパウンドで磨いて窓枠などを筆塗りで仕上げてました。
模型店の常連に絡まれ下手くそ扱いされ一念発起。その人より上手くなろうと心に決める。
また、いきなり中学生にキレるようなクセのある人との出会いが今後の生き方の勉強となる。



~プラモ趣味飛翔編~
クルマ好き=プラモ好きの方程式。時々原チャ。

高校生の時に工業高校というまの領域に足を踏み入れたため車好きが多かったのが幸い。
VIPカー&湾岸仕様にハマる。この頃から色をちゃんと塗るようになる。
この頃、弁当の他に昼食代を貰うという画期的なシステムが誕生し
購買で一番でっかくて安いパン「スイートブール」を購入しレモンティーで膨らまして食べるという錬金術を覚える。
昼食代がアオシマ製品に変わるのには三週間を要す事がとても長く感じる。
携帯塗装とかの以来をよく受けていた。報酬は作ってないプラモなどを貰うこと(笑)
同級生、部活の仲間等カーモデルをやってる人が多かったのも良い思い出。
アリイからLS時代のC32ローレル再販。知らなかったので店頭で見てチビる。
金持ちの同級生がグンゼのプロスプレーをくれるも数週間後に返せと言われたので特定ジャンルに敵対心を感じる。
他にも遺恨があるが、まあそれは私の胸の中にしまっとくことにしましょう。
高校卒業記念にアオシマのジャンクションY31セドを理想仕様で作るも今の目で見るとアレな出来。




~プラモ趣味後戻りできないし、戻る気もない世界へ~進むべき道の模索。

就職後とにかく積むようになる。トラック・バスプラモにもハマる。
バンダイ熱風5000キロが久しぶりの再販。模型店のおばさんに閉店を待ってもらって購入。
しかし、とにかく実車にもお金をかけ始めたため忙しさも相まって模型趣味停滞。
その後、インターネットに出会い、カーモデル系のHPを多数拝見して一念発起。
復帰一作目はアオシマのUCF30セルシオ前期型。半年のブランクを経てプラモに復帰。
その後入院。退院した日にアオシマのセンチュリー発売。おばさんに入院してたと言ったらビビられる。
そして、プラモなんか買いに来てていいの?と心配されるも実は血が出ていたのは内緒。




~プラモ趣味、現在は・・・・
wWEBの凄さを実感。そして一番充実してます。

実はネットを始めたころ2000年代前半は別コンテンツに夢中になっていたため
プラモデル関係のHPを見たのはしばらく経ってからでした。
何気無くクリックした先で出会った当時有名だった国産車系モデラーさんのHPを拝見して
多くのHPや多くの作例を見たことで刺激を受け、一歩踏み出すという制作スタンスに変わりました。
また、当時通っていた模型店では「国産車・改造車・トラック系」は異端であったので
同士の方の多さにも驚き一気に夢中になっていった。そういう出会いの時期でありました。
しかし、まだ交流させてもらうほどの勇気はありませんでした。

・・・・それから・・・・・


多くの皆様の真似をしてブログを始めて皆さんに褒めてもらって調子に乗る。
デカールのクリアーコートが成功。割とカルチャーショック。

二十年通ったお店が閉店。
割と本気で失恋なんてレベルじゃなく凹む。
そのせいか他店に行くことが多くなり模型店ツアラー開始。
しかし、わずか数年で半数以上の店が閉店。時代の流れを感じて凹む。
中古店にも通うようになる。とにかく足で稼ぐがモットー。同乗者がいても店による位の勢いが大事。

一回だけ公式的なイベントで準GPの賞をいただく。

大量の積みプラに囲まれて模型制作を始めて20年以上経ってようやくエアブラシ導入。
一年間のMr.カラーのうすめ液(特大)の仕様量は約5本。スーパークリアの仕様量は約8本。
年間のキット購入の平均数はピー個。
高級マテリアルよりベタなマテリアルが好き。キット購入に使うというのもモットー。

平成27年11月
アオシマのタウンエースノア&ライトエースノアのキットほぼフルコンプリート。



ブログ開設時はカーモデルブログというのは少数派であったのですが
最近ではSNSが盛んな時代となりましたが、このブログが私のホームであるという考えもありまして
SNSや新サービスへの移行は考えておりません。
また、書き手がある程度謎な存在であるほうがブログの面白みが出るという考えから
出身地や勤務先・本名など自分の素性は内緒の存在でありたいと思ってます。

思う事もあり展示会の参加や積極的なオフ会等の活動はしておりませんが
お好きな方同士、御覧下さった方とはどこかの模型店でお会いしてるかもしれませんね。
模型店の棚で売れ残り舐めるように見ていたら私かもしれません(笑)
それか新製品を無言でバッと手に取って猛ダッシュでレジに向かってるのも私かもしれませんし
中古店で少し前のあんまりレアじゃ無いキットを買い込んでるのも私かも知れません。

何かのきっかけでお会いすることが出来ましたらその時はよろしくお願いいたします。

(2016 3月 編集)
スポンサーサイト

| このブログについて | 13:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT