HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アオシマ・一番星製作記。キャブデカール貼り&グリル

さてさて、関東地方では雪が降りましたねぇ。
北国の皆様からすればこの程度で・・・と思われると思いますが、やはりちょっとワクワクします。
今日は朝から病院の予約があったので「積もってたらやばいなぁ・・・」と思って
チェーンを引っ張り出しておいたのですが、朝にはすっかり雪が溶けていました・・・・w
 

てなわけで一番星の続きです。
今日はキャブにデカールを貼りましょう。・・・と言っても貼った後の画像ですw

一番星 キャブ

注意点は特にありませんがなぜか貼り付けに苦戦しまして
やたら時間がかかってしまいました(´・ω・`)
例によってセッターをたっぷり塗って貼り付けています。
寒いせいかなかなか溝や曲面に馴染まず蒸しタオルを使って馴染ませた部分もあります。
貼っていて気付いたのですが映画出演時と模様や位置が違いますね。
現存一番星に近いパターンとなっているようです。

ステップ部にも一部被りますのでマスキングテープなどで仮固定してからカットすると良いと思います。

ふそうFU ステップ

今回、「星桃次郎」「火の車マンション」「自家用」等のデカールは
実車ではプレートになっておりますのでプラ板に貼り付けて塗装後に貼り付けてみようと思ってます。
寝台パネル部の「280psV8」は台座を作るのが困難ですのでデカールを貼りました。
FUSOエンブレムも別パーツなのでここはバリエーション展開時にパーツ化して頂きたいですね。

で、飽きたわけではないのですが
最近ちょっと痛車や、普通車を作りたい病が発生しておりまして
若干モチベーションがダウンしております。
けいおんランエボVer2を弄りはじ・・・ゲフンゲフンw

えー・・・モチベーションアップの為に外装部品にも手を出してみました♪
そこでフロントグリルを弄る事にしました。
ひさし付きのヘッドライトべゼルを付けますが実車と同じくライト周辺はシルバーに塗っておきます。

ヘッドライトべゼル

別パーツのグリルメッシュ部にスミ入れして・・・・・

グリルの金網

今回はエナメルのフラットブラックを塗って半乾きの時に凸部をこすってメッシュ部を再現しました。
結構良い雰囲気になりまして、自分でも満足です(#・∀・)
ですが、この上に「御意見無用」アンドンが付いて見えなくなりますw
ついでにグリル上部のスリットにもスミ入れしておきます。
この時ヘッドライト上のスリットには入れないでおきましょうね。

レンズを入れると・・・・うお~カッチョイイですね!
ふそうFU グリル

これでやる気が出たので他の飾りや外装部品も手を付けていこうと思います♪
その前に内装も・・・あ、荷台も・・・

まだまだ先は長いですね~!
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:43 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

トラックは相当作り応えありそうですね(^^)

こんにちは!

まとめコメですみませんm(__)m

トラック野郎・一番星は、私が小学校このころのヒットシリーズでした。
地元がイナカで、しかもダンプカーなどが多く、友人などがみんなラック野郎に憧れていました。

トラック野郎のキットはバンダイ製が有名ですが、アオシマもビッグスケールでは負けていませんね。

記事を拝見させて頂いていて、ほんとに気の遠くなるようなキットで、
私にはまず無理なシロモノかもしれません(>_<)

でも、HITEQ JASMINEさんのテクなら、完璧な仕上がりが期待できますね。

細かいところにも手を抜かないあたりは、流石です。

| キューブコロコロ | 2010/02/03 16:50 | URL |

こんにちは!
コメントありがとうございます♪

>トラック野郎・一番星は、私が小学校このころのヒットシリーズでした。
邦画の王道を行くような作品で今でもファンが多いですよね♪
私は現役時代は生まれていませんでしたが再放送やビデオで
一気にファンになりました( ^ω^)

>ダンプカーなどが多く、友人などがみんなラック野郎に憧れていました。
私も従兄弟の家の隣が砂利や土砂置き場だったので
そこに来るちょっと飾ったダンプなどを良く見ていましたね~!

>トラック野郎のキットはバンダイ製が有名ですが、アオシマもビッグスケールでは負けていませんね。
バンダイのビッグスケールも凄いキットですよね。
私も以前何度か組みましたが完成後の迫力は素晴らしいです。
さすがに現代の目で見るとアレな部分もありますが
歴史に残る名作だと思います。

アオシマの物も非常に素晴らしいので長く生産される
ヒット作になってもらいたいですね( ^^)

>記事を拝見させて頂いていて、ほんとに気の遠くなるようなキット
実はその通りでして、私も非常に苦戦しております。
と言いますのも、パーツが多く処理に時間がかかりますし
細々とした塗装など手間がかかりますねぇ・・・・

これからも暖かく見守ってください・・・(汗)

| HITEQJASMINE | 2010/02/04 21:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/700-b98a10da

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT