HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プリペイントモデルのF31前期レパード製作記。まずはボディとシャシ。

けいおん!エボは現在内装と小物類を制作しているのですが
材料の調達などの都合もあるので
ちょっとお先にプリペイントのF31レパード前期の製作記を進めましょう♪
目指せ、週末完成という所です( ^ω^)

作業のキモはなんと言っても塗装済みボディです。
サンルーフのヒケが気になるといえば気になりますので今回はここを開口してみる事にします。
初めにお断りしておきますとプリペイントモデルで塗装されている塗料は
若干硬めな様で、ちょっとボディを乱暴に扱うとクラックが入りますのでご注意を・・・・・・・

まずはラインに沿って鋭角刃やデザインナイフでスジを入れていきます。
無塗装ボディを加工するときのように一気に切ろうとせずに
とにかくやさしくやさしく何度も刃をすべらせましょう。
ボディカット
そうするとうっすらと切れ目が出てきます。でも焦りは禁物です。
何度も何度も刃を滑らせて・・・・・・カットしにくいコーナー部は特に丁寧に作業しましょうね。

で、無事にカット成功♪
切れました♪
何度も滑らせて切ったのでちょっとガタッていますね・・・・・
このままだと切ないのでカッターやヤスリで綺麗に整えます。
フヒヒ( ^ω^)
この時も塗装を傷つけないように作業します。
実車用の後付サンルーフの作業の気分ですねぇ~w

成型色はグレーで目立たないのですがカットした後は断面を艶消し黒で塗っておくと良いですね。
説明書にプリペイントの塗装は水性塗料を用いて、
塗装作業は自己責任でと記述がありますので塗料は水性アクリルが良いかも知れませんね。
私はタミヤのエナメル塗料を使用して問題はありませんでしたが
不安な方は目立たない部分で試してみた方が良いと思います。
(溶剤の合性もあってプラを侵してしまうこともありますので・・・・)

さらにスミ入れでボディにメリハリをつけましょう。
窓枠
サイドの窓枠は溝がないので綺麗にスミが入らなかったので
この後ガンダムマーカースミ入れペンでちょっとやり直しました。
塗装済みのマッドガードの黒部分も切れている部分をついでに塗装しておきました。

ここでボディの組み立て前の基本的な作業は終了です。
シャーシ部は無塗装なのでそのままでもアリだと思いますが車高のチェックをしておきましょう。
ローダウン状態とノーマル車高が選べますが今回はノーマルで行きます。
比較
(上)ローダウンのノーマルホイールでべったり車高もたまらないですね~!
(下)キットの標準状態のノーマルの車高もちょっと高いような・・・
この年代の日産セミトレの様に後ろを下げて急発進!仕様もアリかもですw
(その場合はキャンバ角を付けましょう。)
昔のプラモによくあった「ヒップアップにもなります。」「ホットロッドにもなります。」でも良いかもです。

えー・・・・それでこのキットは組みたてると内装とガラスが干渉して
前の車高が少し上がりますのでキット指示の21番のスペーサーではなく
22番を使用すると個人的に良いような気がしますね。
(もちろんシャーシとガラスの状態をチェックすると良いと思いますが)
リアも標準状態だとちょっと高めなので車高調整の25番の部品を接着後に
シャフト穴を長穴加工して好きな位置でスペーサーを瞬間接着剤で接着して好みの車高に変更です。
今回はキットのローダウンとノーマルの丁度中間という感じにしてあります。

また、ポリキャップ仕様のホイールですのでトレッドも調整しておきました。
私の場合は実車の雰囲気に合わせて調整します。
この辺は完成品画像お楽しみ下さい!・・・・・・実は撮り忘れただけです(´・ω・`)

そしてリアのタイヤ・ホイールが太いのでカットして幅を合わせます。
タイヤ
手持ちのP7の前側を履かせておきました。
メッキをキッチンハイターで落としてタミヤのシルバーリーフを塗装。
その後は軽くクリアを吹いてキットのデカールを貼っておきます。

足回り決まったらバリが多目のシャーシ全体をヤスリ掛け&ペーパー掛けします。
部品を組み立てておきますがシャーシが若干長いので後ろ側を少しだけカットしておきます。
ちなみにボディのシャーシ固定用の受けの穴がきつめなので穴を大きくしておくと良いかもです。
そして艶消し黒で塗装してマフラー・ミッション部を塗ってボルトに色指しをしておきます。
F31シャーシ
ちなみにスペアタイヤハウスと燃料タンクは例によって分離して
スペアタイヤハウスを外側に出しておきました。
キットのままだとえらい内側なのでえらいところにスペアタイヤが載る事になりますので・・・(´・ω・`)

とまぁ、いつもなら2~3週間かかる工程がアッと言う間に終わりましたw
やはり塗装済みはこういう点が良いですねぇ~!
さて、次回は外装小物取り付け&内装です♪

※くどいようですが説明書にあるように塗装・改造は自己責任でお願いしますね♪
  せっかくの塗装済みボディをダメにしてしまうと切ないですから・・・・・
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/649-42b1c434

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT