HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フジミ3代目プレリュード製作記。シャーシいぢり。

前回の記事でちょっと厳しめのキット紹介になりましたが
このフジミの3代目プレリュードですが、実は個人的には思い出たっぷりのキットです。

小学校低学年くらいの時にインチアップのキットを模型店で見て
4WSと書かれた黒い背景に赤いプレリュードのフロントが移っているカタログ写真を使った
パッケージに一目惚れしまして、じーちゃんにゴネて買ってもらいました(汗)

で、そのキットは4WSのギミックを再現するために例の板シャーシに
専用部品を用いているのですが、上手く組めずに結局シャフトを通して作った覚えが・・・w
しかもボディは赤いのにバンパー・内装は白だったので変な仕上がりに・・・

なんて事を思い出しながらキットを組んでいます。
まぁボディの予想外の状態にちょっとやられつつもじゃんじゃん手を動かします♪

さて、コレが例の4WSギミックのリアのナックル部分です。
sya-0si
本来プラ製のシャフトが入るところにホイールをそのまま挿して接着するようですw

これではアレなのでキット付属のスーパーボルクを仕様しないで
エアロバンパーのランナーに付いてるシャフト部品と押さえを使います。
足回り
そうするとポリキャップ式のホイールも装着出来ますし
一部のフジミキットやホイールに付属のブレンボのブレーキキットが装着できます♪

仮組してみたらホイールのセンターが前よりだったので固定用の
B19とB20番のピン部分を切って、シャーシに当たる部分を削って
後ろ側に1・5ミリほど後ろにずらしました。

それに伴いシャーシに固定するアッパーマウント部分をずらすため
シャーシ側の固定部分を削ってから接着します。
シャーシ

んで、左右で切れ角が違うのでシャーシやタイロッド部品のダボを削ったりしてみましたが
これはやってもあまり変わらないですね~

4WS

とりあえずちゃんと切れますw

んで前側。
こちらもセンターに来ないので若干の加工は必要です。
と言っても下側のロアアームの部品を加工して位置をずらして接着。
シャーシ
ダボを削って黄○部分を削ります。
シャシーもはみ出して見えるので青○部分をカットしておきます。
私は先に接着してしまったのですが
ホイールベースを短くする為の部品(B23)があるのですが
こちらの接着位置を調整しても良いかもしれませんね。

あと、これは個体差だ思うのですがシャーシが歪んでいて
フロントの車高が左右で違ったのでB23の受けを削って調整。

とまぁ長々と書きましたが一番手っ取り早いのは原物合わせする事だと思いますw
リアなどは4WSにこだわらなければシャフトを用意しても良いかもです・・・・

ぷれry~ど

Y31用ホイールはあくまで仮です。
現状では年代が合う大きすぎない社外ホイールを付けるのが良いかな~と思ってます。
個人的にこの型はホイールが変わってるイメージが強い物で・・・

とりあえずシャーシの調整と車高が決まったので
ボディの修正も本格的に進めたいと思います♪

ボディ
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/619-2876b5a6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT