HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プリペイントモデルを使って初音ミク痛車を手軽に作ろう!(長文です)

さてさて、前からやろうと思っていた「お手軽に痛車を作ろう!」第2弾です。

アオシマのハルヒFD発売から急激に加速した痛車プラモですが
様々なメーカーも参入して今では非常に人気がありますよね。
これらをきっかけにプラモデルを始めた、カーモデルに興味を持ったという人も多いと思います。
しかしカーモデルはボディ塗装に細部の塗装など正直気合いを入れると
どうしても面倒な作業が多いですよね。

ちょっと発想を変えて肩肘はらずにお手軽に痛車を製作してみましょう。

まず在庫から白羽を立てたのはこちら。
アオシマのプリペイントモデルシリーズのS15シルビア(スパークリングシルバー)と
グッドスマイルレーシングの初音ミクデカールです。
プリペイント



プリペイントシリーズはボディ・内装が塗装済みのキットで
値段はやや高めですがボディは綺麗にペイントされておりお手軽に製作出切るのがウリです。
ボディ

難しい窓枠も御覧の通り♪
あの鬼門のガラスの黒枠や内装もバッチリ塗装されています。
 パーツ
 
プリペイントシリーズですがやや値段が高いですが新たに塗料や用具を揃えて・・・となると
場合によっては安くなる事もあると思います。
また、パーティングラインや細部の仕上げなど気になる点も有りますが
今回のような製作ではそれは二の次でしょうね。
あくまで初音ミクデカールを貼るということに意義がありますので・・・・

また、今回はデカールも貼りっぱなしです。クリアーコートは致しません。
「おいおいw劣化するだろ??クリアーコートしろよw」とか「作りこまないの?」
「そもそも塗装済みのキットを作る男の人って・・・・」等の突っ込みもございましょう。
でも今回のテーマはお手軽に痛車を製作する!という事ですので・・・・ 

私の持論なのですがサクッと作ってニヤニヤする。これもプラモの醍醐味だと思っています。
じっくり作りこむのも楽しいですがストレスが溜まることもありますしね。
きちんと貼ってケースに入れておけばすぐにデカールがダメになる訳ではないですし・・・
(あくまでここらへんは個人的な意見です。)

さて、偉そうな持論の展開はここまでにしてまずはデカールを貼りこみましょう!
おっと、その前に・・・・・ボディにスミ入れです。いつものタミヤエナメルを薄めた物をさっと塗ります。
スミイレ
はみ出したらエナメル溶剤で拭き取ります。
このシリーズの塗料はこの溶剤にも耐えてくれるのでありがたいです。(でも使いすぎは禁物です) 

ここでサイドステップも接着します。部品の接着はGクリアを使いましょう。
塗料のせいかも知れませんが通常のプラモ用接着剤や瞬間接着剤があまり効きません。
サイド
リアバンパーなど一部合いが悪い部品がありますが
ちょっと曲げてあげたりボディ側のダボ等を削って接着しました。

さあ、ボディの準備が整いました!早速デカールを貼りましょう!(^ω^)
まず大事な事ですがどこにデカールを貼るか脳内で悩みましょう。
実際に切り取ったデカールを合わせるのも良いかもしれません。

で、貼るデカールの配置が決ったら早速デカールを切ります。
本来ギリギリに切り出しますが私はキャラデカールの切り出しはあまり攻めません。
キャラが切れちゃったら切ないですしね。
このグッスマのデカールは比較的余白部分が小さいのでそこまで目立ちません。

デカール
で、ぬるま湯とマークセッターを用意します。
早速ぬるま湯にデカールを浸します。台紙とデカールがちょっと動く頃が頃合です。

で、ボディ側にマークセッターをさっと一塗り。台紙ごとボディに乗せます。
デカール
で、貼りたい位置にそっとデカールを貼りこみます。
デカールの中心部から外に向かって放射状に水と空気を押し出して行きます。
ここではまず一気に貼り付けたりせず徐々に合わせていきましょう。

まず下の大きな余白部分はカットします。
余白
この時サイドステップの段差等も馴染ませるように位置を決めるのがコツです。
セッターや綿棒を駆使して馴染ませましょう。
マークセッターは塗り過ぎは禁物ですよ~♪
グッスマのデカールは丈夫な部類だとは思いますが塗りすぎは禁物です。
古来からある手法ですが蒸しタオルも効果的です。

カットしても良いですが、ここでサイドステップの淵に沿ってデカールを折り込みます。
セッター駆使
デカールに切り込みを入れてボディ側にセッターを塗って折り込む様に重ね合わせます。
セッターでデカールが軟らかくなっていますので乾いたティッシュだと
デカールが引っ付いてしまう場合があるので湿った綿棒で優しく押し付けます。
しわが入ったり小さい気泡などが入る場合もありますが乾くと綺麗になります。
(物によっては空気抜きが必要)

このあとドアノブ部分を馴染ませて貼って
ドアの開口部のラインに沿ってカッターやデザインナイフ等で切れ込みを入れて馴染ませます。
完成!!
この後はみ出たセッターや水を綺麗に濡れティッシュ等で拭き取ります。
もちろん優しく・・・優しく・・・ですよ(´・ω・`)
セッターが乾くとシミやまだらになる場合もあります。

この調子で好きなデカールをじゃんじゃん貼りましょう!
デカール
重ねる場合は下のデカールがある程度乾いてから貼りましょうね。

ちなみにこの初音ミクデカールですがすっごい貼りやすいですね!
セッターにも耐えてくれるし薄いし透けも少ないです。
柄も多いし、2台分くらいはありますので余った方でもう一台製作しないと・・・・・

で、後はシャーシを組み立てます。
えー今回は男らしく無塗装ですw
シャーシ
今回お手軽に~と言ったくせにちゃっかりとホイールを交換してしまいましたw
キット付属のボルクレーシングTE37ですが19インチとやや大きめなので
手持ちの18インチのワークマイスターを付けました。

で、このキットですがスプリングサスが装備されていますが
キットのままだとやや車高が高いです。そこでスプリングをカットします。
カット
スプリング

設計的に元々リアサスががたつきますので
シャコタン大好きで気になる人はスプリングを抜いて接着してしまうのも手かと思います。
画像は後輪ですがフロントも調整しましょうね。
足回りの部品は通常の接着剤か瞬間接着剤が良いかもしれません。
ブレーキディスクのメッキは接着剤が付く部分は剥がしておきましょうね。

で、マフラーです。メッキの砲弾型がキットに付いていますがやや合わせ目が目立ちます。
そこで出口部分のみペーパーを軽く当てて削ってからメッキシートを貼りました。
マフりゃー

あとは内装です。大物は全て塗装済みですのでダッシュ周りの細部のみ塗装しました。
塗装
オーディオ周辺とドアノブあたりをエナメル塗料で筆塗りです。
まぁ見えなくなるのであくまで自己満足ですね(汗)
以前紹介した痛グッズを製作しておくとそれっぽさUPですw
今回は時間の都合&スタイリッシュ系を目指したのでそのまんまです。

あとはヘッドライトの反射板に色を指してテールランプの淵をエナメルの艶消し黒で塗って・・・・
サイドのウインカーをアクリルのクリアオレンジ塗装して
バンパーのダクトもエナメルの艶消し黒で塗っておきましょう。
お手軽に~ということですがちょっと手を入れるとピシッと引き締まります。
カラー成型テールでヘッドランプの反射板はメッキですので無塗装でも良いかもしれませんね。

あとは部品を組み立てて完成です!ここまで正味5~6時間くらいですね。
私はちょこちょこ製作しましたが腕に自信のある方なら半日くらいで出来ると思います。

完成品画像は明日にでも載せたいと思います。
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

この間スカイラインGT-R(R32)完成しました。今日ジョーシンでC34ローレルを購入しました。YouTubeで当時のCMを見ましたがやはりローレルはC34がいいです。ローレルは次のC35(これも好き)を最後に同クラスのセフィーロと統合してティアナになりましたが人に対するやさしさはセフィーロからラグジュアリーさはローレルから受け継がれていると思います。セフィーロ特にA32型も好きなので製品化したら買います、あと「クルマにモダンリビングの考え方」のJ31型、「OMOTENASHI」のJ32型両方のティアナも製品化したら買います。痛車はいまのところらき☆すたしか作りませんが今後もしたくさんのアニメキャラのテガールが増えたら私の場合、セーラームーンや林原めぐみの昔出ていたアニメですが魔法のプリンセスミンキーモモの痛車をやってみたいです。長くなりましたがこれで失礼します。

| 埼玉に住むトヨタ、日産ファン | 2009/04/04 19:34 | URL |

おぉ!
ミクとシルビアのコラボ、私と同じコラボだったので驚きです!(私はデカールを自作しましたが^^)

それと、今回シャナの痛車を作ってるときにも気になったのですが「マークセッター」とはなんの役割を果たすんですか?^^
今回の作成には使わなかったのですが、使ったほうがいいんでしょうか?^^

| hr. | 2009/04/04 19:37 | URL |

>埼玉に住むトヨタ、日産ファンさま

こんばんわ。
スカイライン製作お疲れ様でした!
私もC34ローレルは大好きです(^ω^)
アオシマのキットは個人的に名キットだと思いますので
頑張って完成させてくださいね。
そういえばティアナになってからミニカーは出ましたが
プラモデルにはなって無いですね・・・
個人的には東京でも個人タクシーでお馴染みですし
是非ともキット化して頂きたい一台ですね。
ミンキーモモとは懐かしいですねw
小学生の頃地元TV局で再放送していました。

>hr.さま
偶然ですねぇ~wというか私の方が製作したのが後なので
パクってしまったような気持ちが・・・・汗
個人的にはhr.さまが製作されたシルビアの方が
絵が大きくインパクトがあると思います♪
私はなぜか痛車=S15シルビアと勝手に思ってる所がありまして
手持ちのキットが塗装済みだったのでこれを選んでみました。

マークセッターは主に密着度を高める為の液ですが
正直言ってしまうと必ずしも使わなくてはいけないと言う物ではないですね。
今回のように曲面に馴染ませる為にはあると便利という感じですね。
クリア後のコンパウンド掛けの時にぺリッと剥がれないように
密着度を高めておく効果もあります。
ただ、デカールを軟らかくしてしまうので
破けてしまう場合もありますの注意が必要です(;^ω^)
それほど高い物ではないですが
大物を貼る前にいらないデカールで実験してみると良いかもです。

| HITEQJASMINE | 2009/04/04 23:50 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/527-fb71b557

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT