HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

プラモ製作記番外編 ニッパーよもやま話

模型制作に大事なのが工具類ですよね。
私は20年近くプラモデル製作を楽しんでるいますが道具にはそれほどこだわりません。
こだわらないというのは別に高いツールじゃなくても良いという意味です。
気に入った工具、手に馴染んだ工具というのが一番使いやすいわけです。

プラモを始めた頃は部品を切り離すのに爪切りを使ってました。
(最近のHOWTO本とかではすっかり紹介されませんねw)
父親にタミヤの工具セットを買ったもらったのが小学校1年生くらいの時です。

それから中学校3年生の時にタミヤの薄刃のニッパーを購入しました。
これを使って初めて部品を切り離した時の衝撃は今でも頭に残っています。
スッと面白いように切れるんですよね。
今年でちょうど購入から10年目。
歯をこぼしたり先端が欠けても砥石で研いでずっと使っていました。
スプリングが折れても、定期的に歯を研ぎながら。

ですがそのニッパーが見当たらないんです。
私の手に馴染んだあのニッパーが・・・・

プラモの空き箱に工具を入れてるのですがどこを探しても無い。
テレビの裏・トイレ・本棚・物陰・・・どこを探しても無い。
ゴミ箱をひっくり返すも影も形も無い。

だって昨日まで使ってたのに・・・・

うーん(;^ω^)私に握られるのが嫌で怒って出て行ったんでしょうか?
ミステリーですねぇ・・・・

そのうち出てくるべぇ・・・と思っていたのですが出てきません。
同じものを買うのも芸が無いかな?と思い、別のタイプのニッパーを購入!

が・・・・全然使い慣れません。切り口が最悪。

そこでホビーショップに行って薄刃タイプのものを購入。

nippa-
ミネシマのシャープコンパクトニッパーという物です。
購入価格は1000円ほど。
うーん・・・正直使い慣れたニッパーの方が良いのですが、まぁ慣れの問題かなと・・・
とりあえず頑張って使ってみます。このニッパーは私に馴染んでくれるでしょうか?


実はちょっと模型用具についてもうひとつ書きたい事があるのですがそれはまた明日。


ゼロクラパトカーはシートの本革モールド処理の続きをやっています。
結局パテを剥がして240番のペーパーでモールドを落とし
筋彫りを棒ヤスリで彫るという作戦に出ました。
画像は一発目の溶きパテなのでまだ綺麗にラインが出て無いですね・・・・
ペーパー掛けて溶きパテ盛って・・・とじっくりやりましょう。
zaseki
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/435-fe3212e9

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT