HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ゼロクラウン警らパトカー製作記その1

えーGX81マークⅡもそこそこにwゼロクラウンパトカーを弄っています。
うーん・・・順番が逆だなぁw

さて、塗装済みということでサクッと組みたいですがせっかくなので
ちょこっとツボを押えて弄ってみようかと。

さーて、このゼロクラウンのシャーシは
アオシマの30セルシオから始まった車高&キャンバー調整出来るタイプですね。
例のシャーシ
まぁ一部では不評のようですが慣れると結構いじりがいがあるので面白いですね
初期のセルシオやセンチュリーでは付属のバネが柔らかく
ノーマル車高で組んでも組んでいるうちにあら不思議、天然ローダウンになってしまいました。
ある時期から太いバネになり以前のように自重でシャコタンになることもあまりなくなりました。
が・・・・今度はしっかり接着しないと吹っ飛んじゃうんですね。
自分は可動部分を瞬間接着剤で構成部品を接着して
しっかり接着してからスプリングを入れると良い感じです。まぁ入れるのめんどくさいですけどw
車高とキャンバー角が決まっちゃえば瞬間接着剤で固定しちゃうのも手ですね。
あとはスプリングの変わりに輪切りのポリキャップとかワッシャー入れると良い感じかと。

車高・キャンバーは良い感じに調整したのでこれで良し。今回は調整機能は生かしました。
ゼロパトホイール

キットそのままだとトレッドが広めではみ出してしまうのでピンを削って調整。
幅広
純正ホイールなので若干内側に入れました。
内側へ
※これは車高・キャンバーで変わるので注意してピンを削ってくださいね。



アオシマのゼロクラウンの内装はマルチ付きの本革仕様です。
ゼロクラウンのパトカーはマルチ無しでシートはビニールレザー・・・

それにパトカーは無線機やらパトカーならではの特別装備がたくさん。
無線機等はキットパーツに含まれていますそのままではちょっとイマイチですね。
特に無線機は形状は似ていますが実車はグローブボックスに
専用のマウントとカバーで固定されています。
結構内装では目立つのでここだけは再現したいかな~( ^ω^)

そこで・・・
穴あけて
実車の画像を見ながらダッシュボードに穴を開けて無線機を埋め込みます。
(実車の画像はネットでいくらでも見れます。)

無線機をセットして瞬間接着剤で隙間を埋めるように固定。
で、後でラッカーパテでそれっぽく成型する予定です。
現在パテが切れていまして・・・・

ついでにマルチ部分にプラ板を切って貼ってマルチ無し車っぽく加工する予定です。
これも後で溶きパテでも塗っておきます。
まぁこちらは雰囲気です・・・雰囲気。(要はやっつけw)
ダッシュボード

さて、シートの本革風のモールドはどうしようか・・・・
とりあえず目がショボショボしてきたので今日はこの辺で閉店ガラガラ・・・・
 
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/421-a5343f48

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT