HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フジミレクサスLS600製作記。ボディカラー&デカール貼り。

お盆休みですねぇ・・・・
花火もお祭りもすっかり無縁ですが昨日の夜から引きこもって
ボディの下地製作・塗装・一部デカール貼りを行いました。

ボディ自体は基本的には不満はありませんが
バンパーとの接着に気を使いました。
今回はサクサク進めたいのでボディに極力パテを入れたくないのと
繊細なモールドを殺さないように塗装膜を薄めにしたいので接着剤のはみ出しはNGです。
よくボディとバンパーを合わせて裏側から瞬間接着剤を流し込みます。
その後ティッシュをFRP補修の要領で接着剤で貼り付けます。
これ、意外と強度出るんですよ。
ティッシュ

パーティングラインを処理してリアバンパーのラインがゆがんで見えたので
ペーパーで整えてボンネットのヒケをペーパーで削って終了。
ボディ

あとはクレオスのベースホワイトを薄く吹いて水研ぎ後にクレオスの1番ホワイトを塗装。
そして、クレオスの151番ホワイトパールをシューっと一吹き。
ホワイト

そして、ここでボディを彩るデコラインを貼り付け。
個人


これは・・・・
ライン

もしかして東個協の個人タクシーかな?(^ω^)

※追記です。なんとこのLS600hLのタクシーが存在するそうです。

おいおいHITEQの野郎!でんでん虫の行灯の東個協はスモークガラスを認めてないから
透明ガラスの設定の無いレクサスLSのタクシーはありえないんだぜ?」とか


※規制が始まる前に登録された車があるとのことです

デカールを貼っているうちに思ったんですが・・・・この組み合わせはかなり結構カッコイイ!
個人タクシー

アオシマの別売りパーツのタクシーパーツを使用していますが
ボディサイドのラインは長さがギリギリです。うまく貼らないと足らなくなります。
マークセッターを使用して、密着させました。
ラインはネット上の個人タクシーの画像を見て、位置決めしました。
ボディラインに合わせるのではなくラインが水平気味になるように貼ると良いようです。
実際のタクシーだとドアノブ部の窪みに合わせてラインをカットしてある車両が多いので
それに習ってこちらもカットしました。

あとはしっかり残りのデカールを貼って乾燥させて、クリアーを吹きます。
失敗しないようにしないとw


スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/390-dcb5213c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT