HITEQJASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤は付いていません。 激情版TSUMIBAKO ©武蔵野積みプラネーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

すっきりが、いい。2021年とモデルカーのローレル。

さてさて、私の記憶が確かならばと鹿賀丈史が料理の鉄人で言ったかは解りませんが
ベストカーGT以来久しぶりの再販となるアオシマのC34ローレルがモデルカーシリーズで堂々のリニューアル!
ちょっと前やん・・・と思っていましたがベストカーGT版が出たのは2008年でしたので(再生産はあったかも)
地味に干支が一周りしてしまったことに自称「積みの鉄人」もアレ・キュイジーヌ!という感じです(笑)

アオシマ C34ローレル モデルカー

キットそのものはベストカーGT版とあまり違いが無いようで実はあるシリーズですね!
ベストカーGT版はメダリストにおまけのクラブSホイールとリアスポが付属して
Sパッケージ付属の純正エアロがセットされていて興奮したことを思い出しました。
今回は正式に選択式へと昇華した感じですね!


箱を開けてまず驚いたのが純正ホイール二種が純クロになっていて興奮(笑)
メダリストホイールは軽くツヤ消し系クリアを軽く吹くと純正の切削光輝ホイールっぽくなるかもです。

アオシマ C34ローレル モデルカー

クラブSホイールは180SXなどでもおなじみの形状です。
こちらも嬉しい純クロでメッキ大好きおじさんも思わず発狂(笑)
これフジミの180SX中期あたりと合わせると面白いかも。

アオシマ C34ローレル モデルカー

そういえばこのクラブSホイールがベストカーGTでおまけで付いた時は嬉しかったなぁ。
地味にニュートレンド時代のキットのクラブSがなかなか見つからず
友人宅の近くの玩具店でやっと見つけたものの、やっと見つけたキットなので開けるのが勿体なかったので
こうやって気軽に手に入るようになったのは本当に良い時代になったものです。
(15年くらい前まではニュートレンドのメダリストは結構残っていたのですけどクラブSは見かけなかったので)

あとはドリフトマシーンシリーズのR33スカイラインに付属していた砲弾マフラーがセットされています!

アオシマ C34ローレル モデルカー

これはR33スカイラインの再生産との兼ね合いかと思いますが地味に嬉しい(笑)
当時ドリフトマシーンシリーズでC34ローレルも出ないか期待していたのですが出なかったですね(´・ω・`)
これは変わりにオマージュ版を作れという事なのでしょうか!箱絵まで妄想してしまいました(笑)

デカールも保護紙に隠れていて恐縮ですがリニューアルされていていい感じ!

アオシマ C34ローレル モデルカー

ダッシュボードのアナログ時計と木目パネルにハァハァしております(笑)
真のレビューなら開けるべきでしょうけどまぁこんなやつなんでご勘弁ください・・・・

実車の思い出だとC34ローレルは個人的に印象な車でして「男は夢に遊ぶ子供~♪」と聞くと
パブロフの犬のごとく松方弘樹と本木雅弘が浮かぶのは私だけでしょうか・・・・
禁じられた遊びの替え歌のCMソングのロマンセの一節ですが当時は二人のCMや広告が印象的でした。
当時は景気の悪い時代で、それまで勢いがあった日産がやや低調になってきており
クルマ雑誌などではR33スカイラインと共に少し不遇な扱いを受けていた印象ですが
しかし実際は端正なスタイルにシンプルだけど上質な仕立てであの頃の日産らしい素晴らしい車だと思います。

・・・・というか率直にカッコいいと思うんですけどね(´・ω・`)

ということで復活したアオシマのC34ローレル。
ニュートレンド版もベストカー版も手元にありますがやはり最新のロットの良さがモデルカー版にはありますね!
なぜかSP品番なのが気になって夜も眠れないですが無事に手元にやってきました!
あの当時のアオシマらしいカッチりした感じが素晴らしい名キットだと思いますのでオススメです!
気になった方は模型店にてすっきり価格でお待ちしております!(意味がわからない)

おまけ。
昔作ったやつで恐縮ですがこれは昔ノーマルのクラブSが作りたすぎて頑張ったときの物です(笑)

アオシマ C34ローレル

ちなみにこれは白箱SパッケージのクラブSをあえてダークグリーンで作成して
上記したベストカーGT版のおまけについていたクラブSホイールを合わせたものです。
前も何度か載せましたがオプションのリアガーニッシュを自作したのが自慢です(笑)

アオシマ C34ローレル

なんかグラデーションが色褪せてきたような・・・・・(笑)
ちなみにエンブレムは当時売られていたアオシマ純正オプションのインレットエンブレムです。
一時は模型店で結構売れ残っていましたのですが今ではすっかりレアアイテムですねぇ(´・ω・`)
このリアスポとリアワイパーを見ているとクラブSのCMで走行してるシーンから
静止画に変わるときにリアワイパーが消えるのを思い出しました(笑)

余談ですが台座のエンブレムは車いじりの師匠の愛車だった
C33ローレルメダリスト・セレクションSのハンドルに付いてたエンブレムです!
C34ローレル用じゃないんだなぁこれが・・・・・(笑)
スポンサーサイト



| 車プラモレビュー | 20:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT