HITEQJASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤は付いていません。 激情版TSUMIBAKO ©武蔵野積みプラネーション

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

発掘したフジミのワゴンRのロケットバニーのエアロいぢり

昨日の記事でちょろっと触れたネタになりますが
例のフジミのロケットバニーのレジンエアロの塗膜を剥離してみました(´・ω・`)

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ

発売は2000年!出てすぐに作りましたが20年経ってる塗膜は手強かったです。
厚塗り麗心愚時代の作なのでなかなか剥離できなくて手間取りましたがなんとか剥離完了。
あれこれ思い出したのですが足付け→グンゼ500番サフ→ベースホワイト→ナイトパープルマイカ→クリアという
今だったらもっと違う方法でやるなぁって感じの工程でやってました。

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ ワゴンR


結局エアロにティッシュを巻いて警察密着24時で良く出てくるようなビニールバッグに入れて
クレオスのラッカーシンナーを注いで落とてみました。(IPAもペイントリムーバーも無かったので)
塗膜を落として気づいたんですけど割としっかりしたモールドでフィンの部分とか結構シャープなんですよ。
この原型作った方は結構センスが良い方なんじゃないかなと思います。(偉そうですみません。)
なんとなくなんですけどモデラみたいなもので切削もしたのかなぁという
痕跡っぽい箇所もあるんですがそこら辺の事情は私には解りません(笑)
(レジン特有のウェルドじゃなくて切削目のようなものが見えるような気も・・・・・)

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ ワゴンR

そういえばエアロ自体はボディにエポキシボンドで固定してたの思い出しました。
リアの固定部に切れ目が入っているのは開口部が埋まらないように掘った覚えがあります。

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ ワゴンR

サイドステップは経年で反っちゃってますね・・・・・
今でもあるような固定方法でしたが当時としてはこのフジミ方式は結構驚きでした。
ボディ側のカットは思ったより簡単に出来たような気がしますが
結構サフも厚塗してあったので厚く塗って誤魔化す作戦になったような気もします(笑)

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ ワゴンR

オーバーフェンダーはボディと合わなくて、というかエアロと合わなくて裏を結構削った覚えがあります。
でも当時はレジンとはいえ経のカスタム車のキットが無かった時期なんで衝撃だったんですよね。
(軽のカスタム車が無いのは今でもですけど・・・・・)

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ ワゴンR

剥離していて思い出したんですけど欠損や気泡が出てきました(笑)
ホイールは四輪とも大きめの欠損が合ったので使いませんでしたがいつの間にか紛失・・・・・・
当時は穴をどうやって処理したかは今となっては忘れてしまいましたが
でもなんだかんだでエアロ自体はクオリティは高い方だと思いますね(`・ω・´)

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ ワゴンR

このレジン物のエアロですが当時としては面白いキットだったのではないかと思います。
今は良い内容の社外カスタム仕様のキットや海外物のレジントランスキットに
3Dプリント出力品等のアフターパーツも増えてきましたが
限定生産や上級者向けとしながらも模型店に普通に並ぶシリーズとしては
あの頃のフジミのレジンエアロシリーズは当時としては攻めたシリーズだったのではないかと思います。
今でもこういうキットってなんとなく需要があるような気がしますがどうでしょうか・・・・・
スポンサーサイト



| ちょっと古いキット探偵団 | 22:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT