HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

自動車模型界隈雑記その2。前から欲しかったのだけど・・・・ちと追記。

いきなりなんですけど・・・・・・・

マンモスうれピーでいただきマンモス

ハセガワ のりピーシビック 

「この野郎とうとうイカれたんじぇねえか?」と思われたかもしれませんが探していたキットが手に入りました。
マニアの皆様ならご存知ハセガワの迷作?のりピーシビックです♪
ご存知のかたも多かったと思いますが箱が二種類ありこちらは比較的見たことのある方のバージョンです。
アクトハセガワ版のピンク基調で酒井法子の写真がもっと大きく載っているバージョンも有るようですが
どちらかというと今回ご紹介させていただくこちらのキットの方を見かけた印象です。
まぁこのキットが出たときはその後の事など思いもしませんでしたがそんなこんなで再販は出来なそうですねぇ。
ただ、キットとしてはハセガワのレース系シビックがほぼ踏襲されていて
エンケイのホイールくらいが珍しいってなもんで(RAZOシビックと同形状)
サードパーティからホイール含めてアフターパーツが出ていたのでそこまでレアという感じではないと思います。
ホイール自体もリムが浅くあまり似てないので正直今の目で見たらリム増しは必須でしょう。

まぁこのキットも当時は結構売れ残っ・・・・・ゲフンゲフンwwwww


このキット当時の担当者の方の熱心な働きかけで出来たという噂もありますが
まぁ確かに見れば見るほど気合が入っているような気がします。
のりピーという題材だけでもアクトハセガワシリーズで他社用のFD3SのアンフィニRX-7用のトランスキットや
ビッグスケールのFD3S用のおまけデカール。いい時代ですねぇ。
説明書はきっちりピンク基調になってるし・・・・でもこれは本当にシャレてるなぁ。
ちなみにこのキット、某中古系通販でタイムセールになっていたものです。
一時はかなり高騰してますけどまぁこんもんかなという印象の値段でした。
賞与の時期だったのでお偉いさんとの「ありがたいお話飲み会」の時に
「ボーナスで何買ったんだ?」と言われたんですけど「のりピーシビック買ったんスよwwww」とは言えませんでした。

ハセガワ のりピーシビック 

当時はあんまり気づかなかったのですけど要はタレントショップののりピーハウスがメインスポンサーという感じですね。
タレントショップと言うとマーシーズとかやまだかつてないショップが浮かびますけど
今でも残るタレントショップは梅宮辰夫のたっちゃん漬けくらいなものでしょうか。
あの人形は妙に顔色が悪かった覚えがありますが
子供の頃ああいう感じのおじさんが宵町で客引きをしてたのを思い出しますねぇ。
そう言えばマーシーズのTシャツがウエスに入ってたというのはまたの機会に・・・・・

ハセガワ のりピーシビック 

私もピンクの水玉のシビックというだけの印象で
まじまじと見て気づいたんですけどモデラーズやミスタークラフトなどのロゴがあり
そっち方面のつながりもあったのか!と驚きを隠せませんでした(;^ω^)
逆に言うと間接的に私ものリピーと知り合いくらいの勢いになりますかねぇ?・・・・ならねえか(笑)
実は今回ネタにする時にかすかな記憶で当時模型店でのりピーフィギュアみたいなものを見た記憶があるんですけど
ネットで調べたらどうやらモデラーズから出ていたようですね。画像を見て記憶と完全一致。
まだまだ知らない当時のサードパーティパーツがありますねぇ。
あの頃はああいうものを買う大人ってどういう人なんだろう?と思ってましたけど無事にそういう大人になった気がします(笑)
ハセガワのフィギュアも買ったけど塗る元気ないなぁ。コンプレッサーまた死んだし・・・・・

ハセガワ のりピーシビック 

実は私もこのキットを買ったもう一つの理由がフェンダーの平和島競艇のロゴだったんですけど・・・・・・

ハセガワ のりピーシビック 

これ・・・・平和島競艇のデカールには入っていないんですね(笑)

マンモスかなピー

サードパーティ製のデカールには入っていたので油断してました。
入っていないバージョンの画像もあったのでその頃取材されたんでしょうかねぇ。これはびびったなぁ。

上手く言えないのですけど・・・・あの頃は私もまだ初な小学生だったので
のりピーシビックはなんともこっぱずかしい感じがしましたが大人になった今見ると
競技用ベース仕様に白ピンクという組合わせがとてもかっこいいなぁ・・・なんて思っちゃいます(笑)
まぁ当時の人気はすごいものでしたし、アイドルという立場が今とは違う時代。
私も芸能ネタは一切興味がなくなりましたけどこの当時の空気感って今思うととても楽しかった気がします。
昔話をするノスタルジー親父になりかかってますが印象的だった事はいつまでも覚えているものです。
そして、いつも思うのがこういうキットが新鮮に見える世代の方に
こういうキットがあったんだよと紹介したいという思いもあるので私もこの手の古いキットを記事にしています。

そして最後に20年以上経ってしまいましたが、このキットを企画された担当者の方に感謝したいと思います。
このキットの素晴らしさが大人になって初めて解りました。
これこそ大人向けキットっていう感じだったんすねぇ・・・・・

版権関連さえクリアできればまた再販出来るのかなぁ・・・・
ローダウンパーツ付きでぜひともアクトハセガワ版で・・・・・・
スポンサーサイト



| このブログについて | 13:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT