HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TLVNのY32セドリックでMIND SHIFT。

自分に縁がある車でもう一度乗れるなら乗りたい車がある。
それはY32型のセドリックである
所有していた11年間は濃密でもあったし色々なことがあった。
ただ単に思い入れが強いということだろうと思うけれど、それでも自分には勿体無いくらいの車であった。
最近の再評価は嬉しいしマニア度が上がって来ているのは嬉しい半面複雑な思いもある。
でも、もちろん今乗ってるわけでもないし、複雑な思いをするのはただ単にそれはキモヲタの戯言だとも思う。
しかし、自分が感情移入できる思い入れがある車種というの皆様もあるのではないかと思う。
そんな車種のミニカー化。これはやはり本当に嬉しいしめでたい事もでもある。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック



今回TLVNで発売されたY32は前期型のトップグレードのV30ツインカムターボブロアムVIPである。
(バネサス等装備が違うCタイプもありますが)
シルキースノーパール意識のホワイトとウォーターグリーン意識の2色のリリースに思わず興奮してしまった。
実車の場合どちらも色番号がWK1・WK2と連番で設定されているのに注目である。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

セドリック・グロリア・の色という印象が強いが、シルキースノー自体はC33ローレル後期などに設定があるのだが
きっとセドリック・グロリアに似合う色として新たに設定された色なのではと私は勝手に思っている。
ミニカーの色味的にはまあまあ近いと思う。シルキーのパールは実際はちょっとパール成分が違うけれども
ココらへんはキモヲタの戯言なんで無視していただけると嬉しい。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

私は長いこと断然後期ブロアム派であり、実際に乗ってたのは後期グランツであったが
当時少し古く見えた前期ブロアム系のかっこよさに気づいたのは割と最近である。
というのも前期ブロアムフェイスに430HTや230HTの面影を感じるような気がするからだと思う。
ボンネットまでグランツ系と作り分けられていた前期型にはまだ日産黄金期の空気感を感じるのである。
個人的には後期ブロアムバンパーのデザインが好きなのだが前期の絞り込まれた
バンパーのデザインもグランツのどっしりとしたデザインと差別化されている気がして味わい深い。
ミニカーでもブロアム系の独特のバンパー下部の絞り込みをきちんと再現してるように感じる。
ウインカー&フォグランプの再現がタンポ印刷であるのが惜しいがこれは仕方ないと思う。
フロントフェイスはグリルのメッキが効果的で少しスモークで陰影を付けている雰囲気である。
グロリアのストレートな雰囲気も好きだが縦基調のセドリックグリルもたまらない。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

私も所有していて気づいたのだが、実車の後期はコストダウンの影をものすごく感じるのだ。
前期のフォグランプはグランツ系とブロアム系で配列が違うし
(ブロアムはウインカーとフォグでグランツはウインカーとクリアランスで後期はブロアム系と共通化)
リアのナンバープレート枠からバックランプが消えたのは
おそらくハーネスを削減するという意味合いが強いのではと思う。
後期のテールランプはバルブ数も減りバックランプが内蔵された。
私は後期テールの後期っぽさが好きだったのだが
今見ると前期のオレンジとレッド2色のレンズのほうが落ち着いていてとても好感を感じるのである。
ミニカーではややピン跡が目立つがこれは仕方ないのかなと感じる。
ピンが真ん中にある点やナンバー枠が別パーツになっているのでこのあたりは後期を踏まえているのであろう。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

グランツ系のサイドシル&リアバンパーのブラックアウト(厳密にはフロントも下を塗り分けてる)が
後期になってカラードとなっているが私はここのカラード化もコストダウンなのではと思っている。
後期の後期の所謂最終型ではブロアム系もカラードになっているが
そういう事情もあったのではないかなぁとこうやってミニカーを見ていると思うのである。
私は当時はカラードのほうがかっこよく見えたのだが今見るとブラックアウトしてる前期のほうが
ドア下のステンレスモールと相まってとても上品に見えるように思う。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

トレッドなども適正だと思う。ホイール中心にセドリックマークがあれば良かったが
ココらへんはしょうがないかなと思う。
タイヤハイトは薄目でやや大きめのホイール径ではあるがブロアムホイール特有の感じが出てるように思う。
車高のバランスも適正で佇まいも素晴らしいなぁと感じる。
ここらへんは出してくれた嬉しさみたいな物が勝っているのかなぁ?しかし全体的な出来が良いのは間違いないだろう。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

驚いたのが内装でウォーターグリーンの方は前期ブロアム系の一部カラーの特徴である
ソフトブラウン色のツートンのダッシュボードを再現するためか
グレーのダッシュボードを付けて見える範囲で最大限それっぽく見えるように工夫されていると思う。
こういうところは評価が分かれると思うが個人的にはニヤッとする技だと思う。
シルキースノーの方はメーカー純正の組み合わせどおりグレーで統一されているのもナイスである。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

相変わらず語りまくりで気持ち悪いと思われる方も多いと思う。
しかし、やっぱり好きなもんは好きなんで勘弁してほしい。
今回は前から楽しみにしていたので予約しておいたのだが
先程引き取りに行ったら通常売りの方は残り少なくなっていたので
今回は欲しい方は早めに行かれたほうが良いのででは無いかと思う。
元キモヲタ系Y32乗りとしてはウォーターグリーンの方をオススメしたいところではある。
近年再評価されているY32セドリック・グロリア。
どうか皆様もお手元において頂いてただのヤン車という評価を変えて頂きたくも思う。

・・・・・しかしそういう姿もまた似合うのがY32の魅力。
フルキットを組んだ所謂VIP仕様のY32やさらっと落としてインチアップしたりしてる個体も洒落てるし
フルスモでボコボコになっている地元の厄介な先輩系のY32も好きなのは内緒である。
当時結構いたちょっと怖そうなお姉さまがサラッと乗りこなしてる姿もまたカッコよかった・・・・・

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

こうやって眺めていると大好きだったCピラー周りの造形やエンジンを掛けた時のセルの音やドアの音。
間接照明の明かりやステアリングの感触などが非常に鮮明に思い出されるのである・・・・・
これで後期のグランツでシルキースノーパールが出ようものなら多分発狂するとだけ最後に書き起こしておこう。

TLVN Y32セドリック ブロアムVIP トミーテック

最後に・・・・・・

あひゃあああゃ!!!!
www前期ブロアム最高!!激エモ!!(*゚∀゚)=3ハァハァ
ウォーターグリーンだけにマジ卍草wwww
シルキースノー舐めたいぃいいいいwwww
Feel the Beat。日産ですwwwwあばっばばばば!!!!
よ~し今からダイヤペットかアオシマのY32を探しにハードオフいっちゃうぞ~wwwww


(´・ω・`)ちなみにこれの引き取りに行きたいがために半休取りました。
スポンサーサイト



| ミニカー | 13:49 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT