HITEQ JASMINEの偏った日常。

自動車プラモ趣味の無駄づかい。 このブログに接着剤はついていません。 割りとアレなブログです。 

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

平成を振り返って。(ちょっと文修正)

平成最後の更新となりそうなのでちょっとグダグダ文章でも書いてみます。
GWで何も予定が無い日などに見てやってください(笑)
(平成最後の日に書いておりますので元号改正後に見られた方はご考慮お願いいたします。)

平成。私にとって一番思い入れのある元号が終わります。
今上天皇陛下が下した生前退位をご決断されたことは様々な事を考えてのご決断だったでしょうから
私はこのご決断に心より敬意を抱かせて頂いた次第です。
平和を願い、国民目線で国民の生活を考えて皇位継承をを考えられた結果だと思います。
このあたりは様々な意見があるでしょうが私は今上天皇陛下は昭和天皇崩御の時のような
国全体の自粛ムードを懸念されたという所もあるような気がしてしまうのが本音です。
それこそセフィーロのCMのような自粛はご本意では無いでしょうから・・・・・

自分にとって平成はやはりひとつの思い出であります。
小学校に上がる歳に平成になり、昭和生まれだけど平成と共に生きてきました。
昭和の記憶はあるし、昭和天皇崩御のときの空気も鮮明に覚えています。
平成は災害に不況にと決して順風満帆ではありませんでした。
日本という国の現状を見ると令和はもっと辛い状況になるかもしれません。
私は令和は平成の歪みが無くなり、すべての国民が楽しく生活し趣味を満喫出来るような
今まで以上に豊かな国になって欲しいと願うばかりです。

まぁ偉そうに語りましたが・・・・・・・

・・・・・・要は令和もプラモやりたいぃいぃいいいいいwwwwww
ということです(´・ω・`)
あああ・・・・やっぱりプラモが一番好きだよぉおおおwww

アオシマ r34

↓長文で行きましょう!!!


このブログっぽいネタだとまずはプラモネタを書きたいのですがまず実車ネタを軽く・・・・
実車だと私がカー・オブ・ザ平成賞に選ぶ一台は
初代プリウス
下手したら荒れそうな意見ですけど、ハイブリッドカーを新たな車選びの基準にしたこと。
デビュー当時は凡庸なセダン型のコンセプトカー的なイメージが強くここまで普及するとは思っていませんでしたし
あの車がなければ今の自動車業界はまた違っていたような気がします。
これは好きな車や好みとは違います。あくまで一番平成らしい車を私が選ぶならいう意味です。
好みを入れるなら初代セルシオを選びますが、いろいろな視点で考えるとやはりプリウスかなと。
もちろん初代NSXにBNR32やユーノスロードスターなどの名車とはまた違う視点で見ての一台ですね。
平成時代で一番好きなのは自分が乗ってたY32セドリックですし二代目パジェロも平成を感じる一台。
初代ワゴンRを始めとする背高軽自動車の一般化やタントやN-BOXの躍進も平成後期を代表するといえる車種でしょう。
あくまで大人数が煮るための車だったワンボックスの延長線上のミニバンだって市民権を得ましたし
それまでの車型の定番であったクーペやセダンが衰退ししてしまったのも平成。
しかし平成は景気の影響もあってかジャンルを超えた名車が数多く産まれた年代でもありますね。

プラモデルはいっぱいありすぎて語れないのですがここで本チャン企画登場!!!

「私的プラモネタ関連オブ・ザ・平成」

ま~たはじまったクソ企画(笑)
平成最後の日に「あのバカはこういうことをやるんでは?」と思ってたあなた!鋭い!
一日前倒しでしたがそれもまた私らしいでしょう(´・ω・`)

平成は私にとってズバリ、プラモデルと共に歩んだ時代。
ちょうど平成になる前の昭和末期にプラモデルを初めてからは
度々1~2年のブランクはあったものの模型店に行って気になるキットは買っていたので
なんだかんだで他の趣味と並行してずっと続けていたんですよね。
それだけ私の中でのウェイトが大きい趣味だったのです。
プラモデルの名作が数多く産まれたのも平成という時代もあったかも知れません。
最近で印象的だったのはアオシマのサンバーなどの一歩ひねった
アオシマリアル路線キットやマニアックさを出した430セダンなどのようならしさ全開のキットもありますし
暗黒時代を乗り越えたフジミの鷹目インプレッサも驚きましたし
FFジェミニにEP71スターレットなんて出るとは思わなかったハセガワのネオクラ路線に驚いたし・・・・・

アオシマのシリーズは特に印象的でドリフトマシンにSパッケージ・・・・アーバンカスタムやビッグカスタム・・・・・
いか天やストリートの走りが競技にまでなったD1シリーズに痛車にヘビーフレイト等のリアル路線のトラックモデル。
塗装済みの概念を打ち崩したプリペイントモデルなど流行り物をきちんと押える流れでした印象ですね。
個人的にはオオタキのオマージュとも言える430セダンは衝撃でした。
ざっくり数えたのですが私の手持ちのキットの比率はアオシマのキットが5割位ですね(笑)

フジミはお金がなかった学生時代には助けてもらったフジミの峠シリーズやインチアップシリーズ。
業界の流れを変えた颯シリーズからのトラックモデルや
ローレルやブタ目などの旧車路線やに九十年代をの流行を押さえたジャストチューニングに
ビッグスケールのR32GT-Rを数多く出していたAXES。
エンスー系から組みやすさを意識したリアルスポーツ系になった輸入車系キット。
345チューンにスーパーインチアップ。組み立て済みシャーシで走行可能なパジェロやビッグホーン。
きっと色々なことがあったのだろうけど私としては愛すべきキットを出してくれてるブランドです。
フジミの頭文字Dシリーズ等の漫画原作物にも楽しませてもらいました。

タミヤは定番のスポーツカーシリーズのスープラGTO。
とにかくリアル路線だったランクルやパジェロにチェロキー。
カルソニックスカイラインなどのグループA物やセリカやエスコートなどのラリーカー。
JTCCのプリメーラにエクシブやアコードはとにかくかっこよく感じたし
クラシックカーも名作が多いし、金型技術の格段の進化だけではなく新たな試みも多く王者の貫禄を見せたタミヤ。
流石タミヤは伊達ではありませんでした。個人的にはS-MXのキットが平成ベストですかね。

ハセガワは九十年代辺りから積極的なカーモデルをリリースし
国産車キットのようにラリーカーと市販車を作り分けたフロアにカーペットを貼ったりする構成にも感動したし
カルトグラフデカールや後のトソウ済み系キットに一石を投じたワンナイトモデル。
バブル期のZ32やFD3Sのビッグスケールのキットも憧れましたね。
兎にも角にも平成最後の数年のネオクラ路線は逆に心配になるレベル(笑)
はっきり言って業界へのカンフル剤になったような気がします。
ジェミニのキット化は小学生の頃の自分に言っても信じないでしょうね・・・・・

童友社やアリイ(マイクロエース)も名作を再販し続けてくれたし
あっという間に走り去っていったロッソやマテリアルの進化を感じさせてくれたモデラーズ。
エブロやプラッツにトミーテックのカーモデル参入もあれば
イマイやLSやニチモが無くなったのも平成だったし趣味の世界でも色々な流れがあったと思います。
ガイアカラーなどの登場でクレオスやタミヤも新しい塗料を出すなどマテリアルも進化し続けました。
様々なマテリアルが登場したのも平成の特徴でしょうか。
また、大手のホビーショップというものが増え、家電量販店などが模型を取扱い
街の模型屋さんが減ってしまったのも平成の流れな気がします。
私自身もずっと通っていた近所のお店が相次いで無くなってしまいましたし・・・・・
お宝系中古店というものが出来、オフ系の大きめの中古店も増え
レアキットなどを手軽の入手できてしまう時代にもなりました。
個人買収というスタイルはヤフオクやメルカリへと形を変えネットでの繋がりから入手できるようになりました。
(もちろん昭和時代からも個人買収というスタイルやマニアの繋がりはありましたが)
平成当初にあった十件以上の近所にあったプラモデルが買えるお店も今や数件。というか個人店は皆無。
しかし家にいながら世界中で買い物ができてしまうというのもこれまた時代。
平成になってからの30年間で子どもたちの流行や我々マニアの変化もあったのでしょう。
ここまで王道ではあるもののニッチな趣味になるとは思いませんでした。

とまぁいろ色々な事があったのも平成!それではオブ・ザ・平成の発表といきましょう。

「HITEQプラモオブ・ザ・平成賞グランプリ」
アオシマのVIPCARシリーズ

オブ・ザ・平成

プリペイントモデルや痛車あたりも個人的には上位だったのですがこれはもう完全に好みです(笑)
VIPカーと言うカスタムの流れは平成になってからですし、アオシマのシリーズも
平成中期から始まり平成後期で終了と無印→アメリカン→スーパー→極とVIP系シリーズ自体でロングセラーでもあり
改造車のプラモは数あれど楽しませてもらったという意味ではこのシリーズに
敬意と愛情を持ってグランプリを送りたいと思います。
勿論これは完全に独断です。私にもあった青春時代を共にしたシリーズですから・・・・・
私は平成初期の90年代中半から後半の方が印象的ですね。
バブリーギャルよりコギャル世代というかなんというか(笑)
そういう事もあってかカルチャーとしてみた改造車文化としてみて一番印象的だったのがVIPカーという事でしょう。
もちろん最高速仕様に和製アメリカンなどなど色々なジャンルの改造がありますが私的には印象的でしたねぇ・・・・・

オブ・ザ・平成

スーパーVIPカーシリーズも衝撃だったですねぇ。
もちろん実在のパーツメーカー仕様のキットも以前からありましたが
このシリーズの衝撃はムーブメントを体験した世代なら解っていただけるかと・・・・
極シリーズも足回り等を時代に合わせて進化していったという内容で
シリーズこそモデルカーシリーズに統合されましたが今でもそのDNAは受け継がれていると思います。
私はノーマル車のプラモデルがあるからこそ改造車のキットが光ると思いますし
改造車のプラモがあるからこそノーマルも光ると思っておりますので・・・・・


「これからへ期待オブ・ザ・平成」
フジミのカーモデルNEXTシリーズ

フジミ FJクルーザー

これは率直にこれからのカーモデルの新たな可能性を感じたからです。
無塗装でもOKな構成にパーツの分割等で上手く考えられた内容等
他ジャンルのプラモデルに追いついたというかカーモデル従来の構成を覆してくれた内容に一票です。
あと、現行車が多かったのも非常に好印象。
FJは仮完成状態ですが窓枠別パーツというチャレンジングな内容には感動しました。

フジミ FJクルーザー

私はこれからの新規のカーモデルは少しずつ枝分かれしていくと思います。
タミヤの王道路線。アオシマやハセガワの従来の構成を基準にしながらもマニアックな車種路線。
フジミのように組み立てやすさを追求して行く路線。
まぁ今でも十分別れていますけれども組みやすさの追求が進化していくのかなと思います。


これはちょっと不本意な選出ですが・・・・
「なんだかんだで賛否あったプラモ・オブ・平成」
フジミのRX-8の初版
(これはいろんな思いもありますし、フジミさんやRX-8その物への批判ではありません)

フジミ RX-8
※画像はバリ展のタイプEですが基本的な構成は同じ。

当時を覚えてる方には解っていただけると思いますが
様々なことが重なった結果でしょうか・・・・キットそのものはやる気を感じられたものの
いろいろなものが伴っていなかった・・・・・そういう感想です。
初版を買いましたしバリ展もあれこれ買ったので言わせてもらうのですそりゃもうがびっくりしましたよ。
それでいて価格が高かった・・・・・ネット上では侃々諤々喧々囂々。
セフィーロワゴンのセドグロ内装流用にも驚いたけど
その当時と違いRX-8登場時はネットというメディアが台頭していてストレートな意見が見れるようになった時代です。
ネットでの議論も時代の流れを感じた一台です。

フジミ RX-8

しかし、その後金型改修を行い、内容を修正させて再発売したフジミさんの心意気を感じた一台でもあります。
私はフジミさんはある意味では一番真面目なメーカーさんなように思うところもあると感じてます。
正直1990年代後半からのキットは色々と思う所もありますがその頃から比べると
現在のフジミさんは本当に素晴らしいキットをコンスタントに出されるようになったと思います。
(不快に感じる方もういるかも知れませんがごめんなさい。好きだからこその想いもありますので・・・・・)


「手に入れるまで苦労したオブ・ザ・平成」
アオシマのタウンエース&ライトエースノアシリーズ

オブ・ザ・平成

これは今まで探したキットの中で一番時間とお金を使いました。
詳しくはアオシマのノアのキット探し結願の記事を見てください。
ただ、最近ちょっと強気な価格で売られているのを見るとちょっと疑問に思うこともありますが
決してキットそのものは高額を出すほどのレアさとは言えないと思います(笑)
オルティアやレグナムなども一部でかなり高騰してきておりますが
ノアやオルティアはあるところにはありますし、中古相場などでも一部社外エアロキットを覗いたらそれほどでもないですし
絶版キットでも比較的手に入れやすいという意味では良いキットなのかもしれません。
でも、たまに行く模型屋さんでノーマルの二種類のデッドストックが出てきた時は驚きましたけどね(;^ω^)
欲しかったのは事実ですが今思うとなにか理由をつけて模型店ツアラーに出たかったのかも知れません。
模型店ツアラーで私のことを模型店荒らしのように思う方もいると思いますが
あるお店のご店主さんの教えが私の模型店ツアラーの方向性を定めてくれました。
簡単に言うとお店の方との信頼関係を築くと言うのが大事でそれがきっかけで手に入ったものも多数あります。
もちろん一度お邪魔したお店は可能な限り再訪問させていただいたり
塗料などのマテリアルや現行品の定番商品を買うということもさせていただいてます。
そんなこともあってお邪魔したお店で様々な出会いがありましたのでそういった意味で思い出深いキットです。


「購入金額が一番高かったオブ・ザ・平成」
バンダイのダットサンバネット

バンダイ バネット

多分所有している事は初めて書きます。ズバリ16000円。高っ!!
チェリーバネットの方が欲しかったけどしかし、今買わなければきっと買い逃してしまう・・・・しかし高い・・・・・
でもやっと見つけたし・・・座っただけで金を取られる高いお店に飲みに行ったと思えばいいか・・・
いや、16000円だぞ?新品のキットもたくさん買えるじゃん・・・・う~ん・・・・・
でもバネット・・・・バンダイのバネットなんて再販されないよねぇ・・・・う~ん・・・・・という感じで悩みまくって購入。
コンディションは最高でまさに昭和から平成とサバイバータイムスリップコンディションでしたが
この月はラジコンを買ったりして車の部品も変えてしまったのでエラいことになりました。
そんなこんなで私の手持ちのキットでは一番厳重に保管してます(笑)辛い時は出してきてニヤニヤしてます。
このキットもいずれネタにしたいと思います。そして私がプラモを上がる時に最後に作ろうと思ってる一台です。

バンダイ バネット

手に入れてから知ったんですけどふかわりょうっぽいドライバーが付いてるんですね(笑)
こういうカットの完成見本は平成どころか昭和ですけれども・・・・
逆に一番安かったのはアルティメイトボンバーですかね?タダでしたから(笑)


「積みプラで一番古い・オブ・ザ平成」
タミヤのNSX-タイプR

ごめんなさい・・・・引っ張り出そうと思ったんですけど積みコーナーの一番奥に入ってしまっていて・・・・
中学校三年生の夏くらいに買ったもの。・・・・・ということは積み歴21年目!!!!
逆に箱の中にブラックホールが出来ているようで怖くて開けられないですけど(笑)
当初限定で出てかなりレアキットだったのですが(当時なんにも考えないで作った)
そんな事も知らずにTトップ風にしてしまって(実車が出る前だったかも)
最後は適当オールペンで悶死。で、リベンジしようと思ったものの再販がかからず
タミヤニュースかなんかで見て久しぶりの再販という事で買ったものの
私自身がルーフを黒く塗る事に自身がなく上手くなったら作ろう!と思っててそのままになってしまってます。


「お気に入り完成品オブ・ザ・平成」
アオシマのトラック野郎シリーズ一番星 故郷特急便 

アオシマ 一番星

これはもう四の五の言いません。永遠の憧れである一番星のキットが素晴らしい状態で出てくれたこと。
子供の頃から夢にも出てきた出来が良い一番星のプラモデルを作れた嬉しさは今でも鮮明です。
桃さんが「よ~うジョナサン!」と今にも降りてきそうな内容に
バンダイの1/20をすべて手放してしまったのも懐かしい思い出。勿論作るのも大変だったのも懐かしい思い出。
その後考証がわかった部分もあり、手直ししたい所もかなり多数ありますが
もうこの時以上に力を入れて作れないと思いますね(´・ω・`)


「思い出深い完成品オブ・ザ・平成」
アオシマのまじぇ☆すた痛クシー

痛車 プラモ

これはもう言わずもがな。痛プラGPで準GPという賞をもらったこと。そして景品まで頂いたこと。
どのキットも作れず大事に保管しておりますが、この時は製作中に父親の病気が解り
見舞いに毎日行っていたり気分的にもでつらい時期でよくもまぁ作ったなと。
デカール貼り付けに透け対策。自作デカールに小物。クリアコートにメタルック貼り・・・・・
痛車キットの出始めは多くの方がカスタム方向もあまり振っていなかったので
少数派なVIP系に振って当時としては低めの車高と大げさなキャンバーであえて被らないようにして
それでいて個タクという働く車の要素を入れたこと。
これは私も各ジャンルの化学反応に驚いた一台。完成したらテンション上がりましたもんね(笑)
結果発表後にテンションが上っていたのか展示されるイベント前々日くらいに目眩がしてふらふらするので
病院に行ったら血圧MAX!死ぬぞと病院で言われて治療後落ち着いた状態でお台場に行ったのが懐かしいです。
(あんまり出歩かないほうが良いって言われたけど行ってしまった・・・・・)
フラフラしながら見て回ってアオシマさんのブースに行った時は緊張しました(笑)
アオシマさんのスタッフさんとお話したりGSRのブースでもデカールを買ったり
その後久しぶりのアキバに寄ってキット買いまくって家についてバタンキュー。でも、楽しかったです。


「悔いが残ってるお手つきキットオブ・ザ・平成」
フジミのブタ目マークⅡノーマル化計画

フジミ ブタ目

これは正直力尽きました・・・・・実車の思い入れが決して完成にまで漕ぎ着けなかったという悔しさ。
元キットのなんとも言えない味付けと部品取りの後期型のチェイサーの部品の大半が私の求めたものではなかったこと。
アオシマキットとの互換性のなさ(当たり前ですが・・・・・)
でもまだ諦めていません。今ではあの頃にはなかったマテリアルやテクもあります。
いつの日か昭和54年式のセダンLG・M-EUで5速マニュアル仕様の
モナークグリーンメタリックのMX40-XEMGEを作るまでは・・・・・

掘り出し物オブ・ザ・平成

悔しかった中古品オブ・ザ・平成

手に入れたかったキットオブ・ザ・平成

テンションが上りすぎた出来事オブ・ザ・平成

イラッとした出来事オブ・ザ・平成

上手く行ったオブ・ザ平成

失敗オブ・ザ・平成

リカバリーオブ・ザ・平成

模型店でびびった出来事オブ・ザ・平成


・・・・あたりもあるのですがしつこくなりそうなので割愛させていただきます(笑)

最後に平成プラモデルやはりネットでこのブログを始めたのも思い出の一つでしょうか。
実際問題平成が終わることでこのブログを辞めてしまおうかと思っていたりしたんです。
正直ブログという媒体へ残ってしまうことの不安感。
また、私自身が決してプラモデルに対して真摯な姿勢が取れないこと。
SNS等に確実に移っていく中、新しいものを受け入れていけていない切なさのような気持ち等
正直ここ数年の自分のブログ運営に対して自分でも疑問に思ってしまったというのも本音です。
私もは活動的な方でもありませんし、見に来てくださる皆様やコメントをいただく方
リンクしてくれている皆様に対して不義理のしっぱなしです。
率直に言うとこのブログの中でだけ活動しているスタイルに申し訳なく思うことも多くあります。
ですが、このブログを冷めた目で見てくれる方や反感を持ってくれるというのも非常に嬉しいことであり
カーモデルブログをやり続ける理由になっていたように思います。
人は相馴れない部分もありますし、気が合う人でも趣味趣向は決定的に違うところがあります。
しかし人はみんな違うからこそ楽しい。そこに魅力があると思うのでブログを続けられたのだと思います。
正直くだらない記事でもちょっとでもニヤッとしてくれるならそれも本当に嬉しいですし
「わかるわ~」と同意してくれたら更に更に嬉しい事だと思います。

元号が変わっても見てくださった方の暇つぶしにでもなってくれたら・・・・というスタンスは通したいと思います。
それがこのブログの使命かなとも思ってますし、私らしいのかも知れません。
なにか新しい媒体がスタートすればまた変わっていくのだとは思うのですが・・・・

なんか湿っぽい内容となってしまいましたが
令和もよろしくお願いします麗心愚(`・ω・´)


おまけ。
平成最後のキットレビューです。

モデルカーのレパードとオデッセイ。

モデルカー 後期 レパード

平成最後のアレいきますよ~!!!

スリットマスク━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

モデルカー 後期 レパード

懐かしのアオシマ謹製エアロ━━━(゚∀゚)━━━━!!!

モデルカー 後期 レパード

さらにさらに!!!!
無印VIPcarのグリルとウイング━━━━(゚∀゚)━━━━!!!

モデルカー 後期 レパード

ああ・・・・もうベストアルバムという内容に悶死(´;ω;`)ブワッ
デカールにはM30やXSやXJのグレードエンブレムに意味深な弾痕ともっとのロゴ(笑)
パトランプのクリアパーツも付いてますし、またまた仕様のルーフアンテナも付いてます。

モデルカー 後期 レパード

これはもうVIP仕様M30化けXJfeat港302仕様を作らなければ・・・・・・しっかし・・・・いい時代ですねぇ。

オデッセイはツインボディに久しぶりのカスタムグリル!

モデルカー 後期 レパード

地味に久しぶりのノーマル仕様を待っていた方も多いのでは無いでしょうか?
私はなぜだかバリエーションはほぼ全て手元にあるのですが
妙に高騰していた時もあるので適価で揃えられるのは良いと思います(^ω^)

最後にこちら!
こちらも久しぶりのフジミのY30セドリック・グロリアの後期VIP!!!

フジミ Y30 

当初は前期の箱絵だったので憶測を呼びましたが唯一無二の後期でした♪
まぁこれは金型改修されているのでしょうがないですね( ^ω^)
逆にアオシマとの棲み分けが出来てるので良いのじゃないでしょうかね。
ボディも結構しっかりしていてシャキッとさせると結構いい感じになりますから。

フジミ Y30 

成形品の内容そのものはほぼ変更はありませんが・・・・

まさかまさかのエアロディスク祭り━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!

フジミ Y30 

こ・・・・これはエアロディスクのベストofベスト!!!
懐かし過ぎて思わず変な汗が出てしまいました(笑)
フジミさんの再販は・・・と言ってましたがこういう心意気がマニア的には非常に嬉しいのです♪
スポンサーサイト



| 車プラモネタつぶやき | 15:59 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT