HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アオシマケンメリHTをさらにそれっぽくする考察。

実は連休中に例の240Zが完成したんですが天候が悪く撮影できない状態でして・・・・・
こちらは近日中にアップしますね。・・・・と言うものの割りとパワープレーで完成なんでアラだらけ(笑)

さてさて、最近リニューアル販売されたアオシマのケンメリですが
くまブログでも話題になっておりましたが確かに車高が低いのですよね。
子供の頃は違和感がありませんでしたが冷静に見てみると低い(笑)

てなわけで・・・・・・車高を上げてみよう!

まずはフロント!キットのノーマル状態だと良い感じにシャコタン!

アオシマ ケンメリ 後期

実車だとホイールのセンターキャップがサイドのロッカーモールのあたりに来る感じですから
やっぱり2~3ミリくらい上げたほうが実車のノーマルっぽくなりそうです。
私は模型的見栄えを考えるといわゆるカタログ車高くらいの低さが好きなのですが
今回はあえて模型的かっこよさではなく実車的な車高に合わせて見てみようと思います。



いきなりですが車高アップ(´∀`∩)↑

アオシマ ケンメリ 後期
おっと!急にノーマルになった!イメージはカタログ車高じゃなくて
当時新車でデリバリーされた個体そのまんま車高という感じでしょうか。
「うわっ!車高、高っ!」くらいの方が逆にリアルと言う感じでしょうかね~(^ω^)

車高アップの方法ですが、まずシャーシのストラットが入る穴に
キットの過剰パーツの㉞番のスペーサーを接着。この時穴がずれないように棒状のものを差し込んでおくと良いです。

アオシマ ケンメリ 後期

んで、これで取り付けが下に下がる分を合わせるためにロアアーム部を削って調整します。
この時アップライトにタイヤ・ホイールをセットしておくと良いです。その方が車高イメージが掴みやすいと思います。

アオシマ ケンメリ 後期

注意点としてはロアアームのモールドがやや甘くなっていて
下から見ると左右で高さが違うので削り込む時は注意が必要です。
アップライト側で左右の違いを見ながら位置決めをしていくと良いと思います(^ω^)
ちなみにロアアームも金型が傷んでる影響かシャーシの受け側のくぼみと
ぴったり合わないので削ってピッタリ合うようにしておいたほうが良いと思います。

はい。ここで第一難関発生。車高アップしたので正規の位置にタイロッドが付けられません(笑)
思い切ってオミットしてしてしまっても良いかなと思ったんですけど
今回は当時としてはリアルだったシャーシも今の目で見てしまうと少し物足りないので
逆転の発送で元々こういうものだった風にいじってみました。
何パターンか考えた中で一番楽に出来たのがこちらです。

アオシマ ケンメリ 後期

要はタイロッドがどうしてもオイルパンの下を通るのでそこに電池ボックスのカチカチ部を移設して
節度感をの残しつつタイロッドの落下防止としてみました。
実はアップライトのタイロッドピンを上下入れ替えればキットそのままでも大丈夫だったんですけど
そうするとタイロッドがストッパーになってしまってサスが沈み込ないので
スプリングサスを生かしたかったので見栄えはアレですがこの方式を取リました。

アオシマ ケンメリ 後期

元々はタイロッドをシャーシに隠して細い実車と同形状のタイロッドのパーツをシャーシに接着するという方式を
採ったアオシマの当時の開発陣の思想と逆になってしまいますがこれはこれでありかと思います(;^ω^)


お次はリア側!こちらも適度にシャコタン!
ちなみに付属シャフトが2~3ミリ長い気がしたのでニッパーでカットしました。
(そのままだとボディに当たってしまうので)

アオシマ ケンメリ 後期

まず考えたのはリアはサスペンションとモーターライズ時代の名残のモーターマウントが一体のため
下げるのは簡単でも、上げるのが大変そうだということです。
シャフトを1.5本分くらい取り付け穴を下に下げれば良いのですど絶妙な位置にデフのモールドが・・・・ってことで

自作スペーサー作って、いきなリデフ周りを切り飛ばし麗心愚(`・ω・´)シャキーン

アオシマ ケンメリ 後期

でも、今記事を書きながら気づいたんですけどシャフト分くらいだけ切れば良かった気がしてきました(笑)
あゝこの後はノープラン野郎・・・・・・

アオシマ ケンメリ 後期

まぁでも純正車高ぽさは出たかなと思います(^ω^)
正直言うと冒頭でも少し書きましたがモデルカーとして一番かっこよくバランスが良いのは
もう少し低い状態だと思いますが今回はあえての高目セッティングで合わせてみました。
これは新規ホイールと西部警察430辺りからのダンロップ14インチの恩恵もあると思います。
細め、ハイト高めというタイヤが出てるからこそ違和感なく車高が上げられた気がします。

アオシマ ケンメリ 後期

・・・・ってなわけで車高編はこれまで!

お次はボディ編!
定番の改修ポイントと少し違うアプローチから見ていきたいと思います。


アオシマのケンメリのボディについては色々と意見があると思いますが
私は基本的なフォルムはケンメリにしか見えないのであまり気にしていないのですが
新規パーツが入ったグリルモールやリアガーニッシュはOKとして
下周りがすぼんでる辺りは削り込んで対処するとしましてその他は
私が前から気になってるのはフロントフェンダーのアーチ形状です。

アオシマ ケンメリ 後期

何というかアーチが縦方向に大きい気がしてフェンダートリムを貼っているような感じがします(笑)
これが逆にアオシマのケンメリっぽいといえばそうなのですがここを弄るとまた違うかなぁと思ってちょっと弄ってみました。

アオシマ ケンメリ 後期

削り方ですがデザインナイフで大まかに削り取り・・・・・
ひたすらペーパーで処理します(笑)
ただ、プレスラインが入ったり複雑な形状ではないので想像していたよりは簡単に修正できました。
後はもうちょっと実車画像等を見比べながら修正していきたいです。
まだまだ形状はアレですが大分雰囲気が変わりました!
これでまた新規顔面と合わせてみるとまた雰囲気が変わると思います(^ω^)

さて、完成するか分かりませんがキットが旬なうちに記事にしてみました。
スポンサーサイト

| 車プラモネタつぶやき | 20:34 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

お久しぶりです!

アオシマからは、どんどん再販されてもう手に負えませんw
ピンククラウンやグラチャンソアラも買う予定でしたが、最近出費が多いので・・・

幼い頃は、シャコタンハミタイ夜露死苦、チバラギサイコーw でしたが、
今は、ドノーマル純正仕様にはまってますw 場合によっては、オプションパーツもokですw
純正ホイールでちょっとシャコタンなのもヤレてきた感、フル乗車感が出ていて良いのですが、
パンパンに上がりきった車高も変態ですよねww ロールしている絵図らを模型で再現してみたいです!

欲しくなってしまうので、tlvの記事含めて軽くスルーしたいですw(しっかり読み込んでしまいましたw)
コメント失礼いたしました。

| はこすか | 2017/08/16 07:47 | URL |

自動車プラモの鉄人、アオシマケンメリ

こんばんは。
男らしい車高高、素晴らしいですね。

かつてTHEチューニングカー時代は
車高は落としてナンボでしたね。
シャフトも二分割の真ん中を
ゴムチューブで繋ぐやリムり!?仕様
ノーマルがここまで人気になるとは
予想もしなかったです。

完成が楽しみですね。

車高高仕様のやり方は
是非とも参考にします。

このシリーズはスプリング仕込みで
楽しく作れますが、まさかここまで
行き長らえるとは夢にも思わず・・
正に鉄人の名前にふさわしいキットと
実感しました。

まあ、飛行機や戦車なら
仙人やら神様クラスがうじゃうじゃ(笑)ですが・・
(タミヤのⅡ号戦車や88mm砲がいい例です。)
流行り廃りの激しい自動車プラモで
これだけ発売されてると
感覚は麻痺しますね。

あ、私の方はファミリアが
ようやくレマンブルーで完成します。
もちろん、免許取って初めての代車
ダートに持ち込むのはお約束♪

思い切り造成地で
4回転スピンを決めた仕様です(笑)
アンダーガードが千切れた以外は
被害もなく、いい車でした。
車屋さんごめんなさい・・

| エキセントリックパパ | 2017/08/18 22:56 | URL | ≫ EDIT

>はこすかさま。
こんばんは!お久しぶりでございます!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼致しましたm(__)m

>アオシマからは、どんどん再販されてもう手に負えませんw
>ピンククラウンやグラチャンソアラも買う予定でしたが、最近出費が多いので・・・
私も仰る通りで財布がヤバイことになっています(笑)
ですので最近は通勤途中の寄り道を減らすようにしているのですが
予約をしてしまってると予期せぬタイミングで入荷してしまうのは悩みです(笑)

>幼い頃は、シャコタンハミタイ夜露死苦、チバラギサイコーw でしたが、
>今は、ドノーマル純正仕様にはまってますw
> 場合によっては、オプションパーツもokですw
>純正ホイールでちょっとシャコタンなのもヤレてきた感
>フル乗車感が出ていて良いのですが、
>パンパンに上がりきった車高も変態ですよねww
>ロールしている絵図らを模型で再現してみたいです!
うはははは!通ですね(笑)
私も正直どちらも好きなのですが一番好きなのはフル乗車スタイルです(笑)
でも、今回のケンメリはそういう仕立て方でも改造車でも似合うほどの
新規マスクですから是非ともタイミングが合えば再現されるのもオツかと思います!
気持ち内股気味だと更にノーマル感が出そうですね(^ω^)

>欲しくなってしまうので、tlvの記事含めて軽くスルーしたいですw
>(しっかり読み込んでしまいましたw)
うははは!ありがとうございます(笑)
悪影響を及ぼしてしまってる感がありますが少しでも参考になれば幸いです(笑)

>コメント失礼いたしました。
いえいえ、またお気軽にコメントくださいね!

| HITEQJASMINE | 2017/08/26 16:03 | URL |

>エキセントリックパパさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼致しましたm(__)m

>男らしい車高高、素晴らしいですね。
>かつてTHEチューニングカー時代は
>車高は落としてナンボでしたね。
>シャフトも二分割の真ん中を
>ゴムチューブで繋ぐやリムり!?仕様
>ノーマルがここまで人気になるとは
>予想もしなかったです。
どうもありがとうございます!
ですがやはりシャコタン時代のイメージが強いので
この車高に違和感がありましたが
実車と見比べてみると良い感じになって非常に満足しております(笑)
ゴムチューブ時代のハの字シャコタン懐かしいです。
アレだともうハンパなくリアタイヤがフェンダーに被ってましたからね(;^ω^)

>完成が楽しみですね。
>車高高仕様のやり方は
>是非とも参考にします。
ありがとうございます!リアのデフはここまで切り飛ばさなくても
シャフト分だけ切っても良いかもしれません!
フロントの方が楽だったのは以外でした(笑)

>このシリーズはスプリング仕込みで
>楽しく作れますが、まさかここまで
>行き長らえるとは夢にも思わず・・
>正に鉄人の名前にふさわしいキットと
>実感しました。
>まあ、飛行機や戦車なら
>仙人やら神様クラスがうじゃうじゃ(笑)ですが・・
>(タミヤのⅡ号戦車や88mm砲がいい例です。)
>流行り廃りの激しい自動車プラモで
>これだけ発売されてると感覚は麻痺しますね。
>自動車プラモの鉄人、アオシマケンメリ
まさに仰るとおりですね(笑)
私が子供の頃すでに10年選手くらいでそれから二十年以上・・・・・鉄人です(笑)
逆に売っていない時期のほうが少ないイメージですから
最近の金型の痛みを見て少し老いを感じたりしましたが
それでも戦い抜いてきたケンメリに敬礼という感じですね(^ω^)
確かにミリタリーなどのような永遠の定番のような商品とは違い
流行の移ろいを感じるジャンルでですから感動です。
私が死んでからも模型店で売ってるかもしれませんね(笑)

>あ、私の方はファミリアが
>ようやくレマンブルーで完成します。
>もちろん、免許取って初めての代車
>ダートに持ち込むのはお約束♪
>思い切り造成地で
>4回転スピンを決めた仕様です(笑)
>アンダーガードが千切れた以外は
>被害もなく、いい車でした。
>車屋さんごめんなさい・・
おお!もうすぐ完成ですか!
しかも当時の武勇伝がまたアツいですね(笑)
逆にアンダーガード以外無事だったとのことで
やはりファミリアは丈夫だったかもしれませんね。
そう言えばこないだ久しぶりにレマンブルーの
廃車体を見て思わず(;´Д`)ハアハアしてました・・・・・

| HITEQJASMINE | 2017/08/26 16:26 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1323-3d7012fa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT