HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

TLVN「荻窪魂」の日産プレーリーJW-Gのレビューです。

すっかり秋めいてきましてまさに行楽の秋。景色の良い紅葉の観光地にドライブに行きたいものですが
そんな時は広くて快適な車で行きたいものです。・・・・ってなわけで
今回紹介させていただくミニカーはトミーテックのTLVNシリーズから出ました初代日産プレーリーJW-Gです

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

いきなりですが、私は子供の頃に初代の日産プレーリーが好きでした。なんでだかはわかりません(笑)
今思えばヴォクシーなフォルムや当時は少なかった背の高いスタイルなどが印象的だったからでしょうか?
しかし、評価は高かったものの販売は決して好調であったとは言えなかったようで
前回のクジラクラウンのように時代が追いつかなかった・・・・という事なのかもです。
そんなプレーリーですが初代はミニカー化に恵まれ、ダイヤペットにトミカダンディにノレブなどからも出ていました。
ダイヤペットのプレーリーは子供の頃従兄弟が持っていて欲しかったのですが
当時すでに販売が一段落した時期だったのかすでに玩具売場などからは消えていて寂しかったですね(´・ω・`)
まぁ~泣きわめいても買ってくれなかったと思いますけどね~(笑)
そんなこんなで今回トミーテックからモデル化してくれたことは非常に嬉しく思います。
これがプラモだったら確実に三個買ってたと思います。

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

実車の初代プレーリーの車や成り立ちは詳しくはネットで調べていただくことにしまして
なんでこのプレーリーが荻窪魂なの?と言うご意見もあるかと思いますが
この車は旧プリンス陣営の荻窪に有った開発部門が開発した車両であり
低床8人乗りで両側スライドドアと言う今時のミニバンが道を譲るほどの斬新なコンセプトでしたが
当時はミニバンという言葉もなく全新しい新カテゴリーのセダンとしてデビューしました。
当時の開発主管はプリンス・日産ファンにはお馴染みの伊藤修令氏で
新しいコンセプトの車をまとめ上げるのは大変だったと思います。
技術を最大限高めて車両を開発するという心意気はまさに旧プリンスから続く「荻窪魂」だと思います。

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

さて、ミニカーの出来はTLVNシリーズならではの味も出ていますし
全体的に日産純正ノッポマシーン的なフォルムや雰囲気などは悪くないのですが
個人的には細部の色差しや仕上げが非常に物足りない出来です。
まず、水色メタリックが少しパステル調っぽい感じでややファンシー過ぎる。
白との塗り分けを隠すタンポと塗り分けの段差が目立つ。
塗り分け部にあるピンストライプがないので単調に感じる。
サイドモールのブラックのタンポ印刷がオミットされている。(これがないためかなりのっぺり感がある)
同時にドアノブに、印刷が回りこんでいないため塗れてない感がある。
大きいグラスエリアのためリアのシャーシ取り付け部の土台が目立つこと目立つこと・・・・
シャーシ裏のカシメ部でスペアタイヤが大きく切り欠かれていること。(クジラワゴンは燃料タンクで蓋をしてたので)
JW-Gを再現するならオプションのアルミホイール(初代のリベルタビラと同形状)のほうが断然雰囲気が出たと思う。

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

うーん・・・・自分でも評価がちょっと辛い様に思うんですが、逆に言えばシャープな出来のボディや
全体のモールドの細かさなどがスポイルされてしまってるようで惜しく感じてしまいます。
また、荻窪魂シリーズということでかつてのプリンスの血統を受け継ぐ車種のシリーズですから
そういう点でも荻窪魂に負けないクオリティで細部を再現して欲しかったですね・・・・・
しかし、なんだかんだ言って今度出る赤もシルバーと青のツートンも買ってしまいそうな予感(笑)

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

実は今回このプレーリーを入手するまでは聞くも涙、語るも涙の思いをしました・・・・・
今日仕事終わりに行けばホビーショップに並んでいると踏んで行ったのですが棚はもぬけの殻・・・・
「ウェヒヒ・・・(;´Д`)ハアハア・・・おっおおおお・・・荻窪魂のプレーリー入ってないですかwwwコポォ」と
マニア臭を隠せずオタク全開ねちっこい聞き方をしてみると
荷物は入ってるけど荷捌きの都合でまだ並べてられていないとのこと・・・・・(´・ω・`)
今日中には並べますとの事だったのでそこで並ぶであろう大体の時間を聞いてそれまで時間を潰すことに!
カー用品店に冷やかしに行き最新ホイールの値段の高さにチビりLEDヘッドランプのデモ機をいじり
せっかくなのでモバイルホルダーを新調。実は車内はゴチャ付かせるのは嫌いなので付けたくなかったのですが
愛車のちょっと古い車の宿命でとにかく収納や置き場がないので仕方なくという感じですねぇ・・・・
100均や中古店をウロウロしたりそしてもう一度店に行ったのですがまだ並んでいません・・・・
さらにブラブラして閉店間際にもう一度行ったらやっとお目当てのプレーリーが並んでました!良かった!

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

正直TLVNの特別仕様シリーズの箱はいつも余計だなぁって思ったんですが
今回は伊藤修令氏の当時の開発エピソードのを読めただけでも
旧プリンス系の開発陣のスピリッツに触れられた気がして良かったです(`・ω・´)

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

ちょっと辛く書いてしまった所もありますが、プレーリーのミニカーが新たに発売されたのは非常に嬉しいですね♪
プレーリー好きな方!プリンス党の方!昔家で乗ってたという方!乗っていたという方!
そういえば後期型のグリーンツートンが家の車だった近所に住んでた同級生の○○君は元気でしょうか・・・・・

トミーテック TLVN 荻窪魂 プレーリー

気になった方は模型店・ホビーショップへGO!!
スポンサーサイト

| ミニカー | 09:50 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おお!ビックリスライドドアのプレイリーですね、一時期結構見かけたものです、学校の先生が乗ってましたし懐かしいですね、近くでも草ヒロが1台ありましたがいつのまにやら姿を消してました

| ぽるナズン | 2015/10/11 16:11 | URL | ≫ EDIT

ボディカラーの違和感、水色の彩度が高すぎるんですね。
シルバーがソリッドに見えてしまうのも惜しいです。

逆にプロポーションは実車より良いような…
実車は箱絵のようにウェストラインから下は普通のセダンみたいで
グリーンハウスだけがぴょこんと飛び出たプロポーションで
何度見ても違和感のあるものでした。

リアの造形は良く特徴を捉えていると思いますよ。

昔勤めていた会社で、これの2代目を営業車にしてました。
2列シート、2リッターのMTで、低速トルクが太くて乗りやすかったです。

| Anna | 2015/10/11 18:08 | URL | ≫ EDIT

>ぽるナズンさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼致しましたm(__)m

>おお!ビックリスライドドアのプレイリーですね、
>一時期結構見かけたものです、学校の先生が乗ってましたし懐かしいですね、
今時のミニバンも道を譲るびっくりピラーレススライドドアですね(笑)
確かに当時はそれなりに見かけたので決して不人気車ではなかったと思います♪
私の住んでるエリアでは後期をよくみた記憶がありますが
記事内の同級生の家の車のイメージも強いのかもしれません(笑)

>近くでも草ヒロが1台ありましたがいつのまにやら姿を消してました
私も地方の方で物置になっていたのを見ましたが
今では見なくなってしまいました・・・
あああ・・・どこに行ってしまったのでしょうか(´・ω・`)

| HITEQJASMINE | 2015/10/13 21:18 | URL |

>Annaさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼致しましたm(__)m

>ボディカラーの違和感、水色の彩度が高すぎるんですね。
>シルバーがソリッドに見えてしまうのも惜しいです。
あ、なるほど!確かに彩度が高いというご意見が一番しっくり来ます!
何っていうかすっごいパステル調に見えるので
なんかファンシーグッズみたいになってしまってるのが惜しいですね(´・ω・`)

>逆にプロポーションは実車より良いような…
>実車は箱絵のようにウェストラインから下は普通のセダンみたいで
>グリーンハウスだけがぴょこんと飛び出たプロポーションで
>何度見ても違和感のあるものでした。
確かにある意味では実車よりスタイリッシュかもしれません!
実車のグリーンハウスは広大でなんとも言えずノッポな感じなので
ミニカーとしてはもうちょっと脚色しても良かったかもですね(´・ω・`)
ある意味ではエポックメイキングな車ですが
やはり時代を先取りしすぎてしまった故の哀愁的な雰囲気も感じます。

>リアの造形は良く特徴を捉えていると思いますよ。
そうですね!
リアからみた感じはまさに初代プレーリーそのものだと思います♪
しいて言うならテールランプがやや色味が薄い所でしょうか。

>昔勤めていた会社で、これの2代目を営業車にしてました。
>2列シート、2リッターのMTで、低速トルクが太くて乗りやすかったです。
二列シートのグレードで5MTとは激渋な営業車ですね!
二代目のプレーリーも個人的には好きな車でした!
私はすごい好きなデザインだったのですがリアのラゲッジスペースが
やたら狭かったのが印象的でした(`・ω・´)
ちなみに私の車いじりの師匠の実家の薪置き場の蓋は
二代目プレーリーのボンネットだったりします(笑)

| HITEQJASMINE | 2015/10/13 21:28 | URL |

お久しぶりです。049号です。

このタイプのプレーリー懐かしいですね。

近所でもよく見かけました

80年代の車も本当に減っちゃいましたね

車のデザインも本当に変わりました 

現行車でも一部の車種を除いては丸い車しか見かけないですね

| 049号 | 2015/10/13 22:10 | URL |

>049号さま。
こんばんは!お久しぶりでございます!

>このタイプのプレーリー懐かしいですね。
>近所でもよく見かけました
地味に平成初頭くらいまでは現役車をそれなりにみた記憶がありますね~!
私の同級生の家は中学校くらいまで乗ってましたが
その当時ですでにちょっとネオクラっぽい雰囲気が出ていましたね(笑)

>80年代の車も本当に減っちゃいましたね
あれだけ走っていたハチマル車が最近は愛おしいですね(´・ω・`)
子供の頃に家の車が妙に古めかしく感させるほど新しかった
当時の新車たちが現在ではもう「あっ!」って叫んじゃうような感じですものね!

>車のデザインも本当に変わりました 
>現行車でも一部の車種を除いては丸い車しか見かけないですね
衝突安全云々やミニバン主流の現在では考えられな位ほど当時の車は
直線的な車が多かったのでやはり時代を感じますね(´・ω・`)
現行車たちがネオクラシックになった時に現代に生きるハチマル車たちのような
魅力があるかどうかは未来にならないとわかりませんが
きっと懐かしむ時代も来るかもしれませんね(笑)

| HITEQJASMINE | 2015/10/13 23:05 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1158-740eb785

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT