HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ぼくのれんきゅう。

三連休でしたねぇ・・・・・
お子様たちは夏休みということで非常に羨ましく思う今日此の頃ですが
自他ともに認めるアクティブな私は海の日に合わせてマリンスポーツを楽し・・・・む人たちと真逆の三連休でした(笑)

一日目は家の車のオイル交換に朝一で三菱Dに行ってアウトランダーPHEVに試乗させてもらいました。
率直に「欲しい!」のヒトコトでしたが私的には大幅予算オーバーなので「金ない」アピールをしておきました(;^ω^)
でも、かなり気合が入ってるののは感じました。全てにおいて良い車です。
静かさや運転した時のしっとり感も素晴らしかったですが、車体が無線LANの範囲に入っていれば
スマホやタブレットのアプリで充電制御と事前に空調の制御が出来るという点に驚き!

IMG_0822_201507202219264d0.jpg

でも、個人的にはパジェロのロングとショートにディープレッドマイカが追加されてた方に驚きましたが(笑)


その日のさらに午後は友人を拉致し不要品(プラモじゃないですよ)をリサイクルショップに持込み
諭吉さんと引き換えでウハウハしたのでダメ人間な私は金曜にランクルを買ったのにフラフラと模型店巡りへ・・・・・・
中古店で少し前から探してたちょっと古いエアロ車シリーズのアオシマのケンスタイルエミーナを格安でGET!

アオシマ エミーナ

当時は和製アメリカンが流行っていてせいかルシーダの方にエンケイG-ZEROが付いていたので
そちら一択でしたがこう見るとエミーナもなかなか渋いです(`・ω・´)
最近この手のキットって妙に気になるんですよねぇ・・・・・

ちょっと話は変わるんですが、今回別の店ですでに所有済みのキットをこれまた格安で見つけて購入したんですが
新たに販売前に貼られたであろう万引き防止のテープを誰かが強引に破いたせいか箱が破れてしまっていました。
そのキット、実はびっくりするくらい良いコンディションだったであろうキットだったので非常に残念に思ってしまいました。
箱が破れても中身には問題無いというのが本音ですが、それ以上に破いてまで中身を確認したかったということは
それなりにカーモデルが好きな人であろうと思うので同じ趣味の人がそういうことをするのかとちょっとガッカリですね。
破いてしまう前に店員さんに断って中身をチェックするのがやはりマナーだと思いますね。
私だって「ハアハア・・フッフヒヒ・・・こっこれの中身を・・・見せ・・見せて欲しいんですけど・・・ウェヒヒ・・・(;^ω^)」
女性店員にマニア臭を隠し、出来るだけイケメンオーラを出して勇気を出して見せてもらうことも多いですからね~(謎)
多分「こいつまた来たよ・・・・」って思っていると思いますが・・・(笑)


次の日はと夜ラーメン派の私に対し「夜は絶対ラーメンを食べない」と
やたら意識高い系の発言ばかりする兄が帰省してきて兄の友人から預かっている
素敵マシンのリアスポイラーの再塗装を依頼されました。
その車は(画像でバレバレ野郎Aチーム)純正のウレタンスポイラーがとても劣化しやすく
場合によっては新車から数年で劣化してしまうという諸刃の剣のようで・・・・
しかし、そのスポイラーが一番空力が良いという説もあり非常に悩ましいようです。
おまけにウレタンという柔らかい素材のせいで再塗装が難く、板金屋さん泣かせという説も。
(軟化剤をタップリと入れるしか無いそうで)
手なわけで当初は嫌な予感四拾萬だったんですが、まぁとにかくやってみようと言う流れに。

現状は艶引け&クリア剥離・一部割れ・再塗装部分ひび割れ・内部骨格剥離?・歪み・ヒビより水が出て来るという状態・・・・
(作業前の写真を撮り忘れるというポカ付き)
いきなりですがDAサンダーで劣化部分研磨・研ぎ出し・ひび割れ部にパテ代わりに瞬着流し込み・水分除去を決行。

IMG_1400_20150720195009960.jpg

再塗装の膜は厚く、320番のペーパーを三枚消化。最後は400番を2回かけて準備完了!
マスキング後に、プライマー代わりにミッチャクロンを吹き付けました。
インターバルを10分ほど取りソフト99のプラサフを吹き付けますがカーポート下とはいえ炎天下という環境のため
乾くのが早くひと缶まるまる吹き付けて数十分放置後に1000番で軽く研いでブツや柚子肌を取り
同じソフト99のKL0プラチナシルバーをひと缶吹付けました。

IMG_1401_20150720195010a63.jpg

うーん・・・やはり下地が甘かったか・・・・・と思うも元のウレタン地の劣化もあり多少妥協することに(´・ω・`)
でもシルバーって難しいですよねぇ・・・・・実は私、シルバー塗装って苦手で
シルバー単色ってここ十年プラモでも作って無いんですよ(笑)(アオシマのハリアーがかろうじてシルバー系?)
そして、最後にソフト99のラッカーの方のクリアを二缶たっぷりと吹き付けて完成!

IMG_1403_20150720195015298.jpg

今回は暑い事もあって、かなり近づけないと光沢が出ず、ひと缶目はトホホな仕上がりに(笑)
実は途中無くなったので兄に気合で買ってきてもらいました。
炎天下だったせいもあって思った以上に垂れ寸吹きが難しかったのですがまあまあ光沢が出たような気がします(;^ω^)
でも画像に助けられている感じで実物はちょっと気に入らないところもあったりますが
総工費6000円と言う国立競技場顔負けの費用に相応の仕上がりになったと自負しております。
兄は今度来る時に私に裏金と賄賂を合わせて2500億円私にたっぷりと持ってくるように(´・ω・`)生ガキでもいいよ。


お次はケンメリもやってましたという証拠を(笑)

アオシマ ケンメリ LBワークス

ボディはまだ軽くしか磨いておりませんが、進んでる感を出してやる気を出すために
オーバーフェンダーをガイアのセミグロスブラックで塗装。
ホイールをクレオスのセミグロスブラックで塗装しました。
こう見ると同じセミグロスでも質感が違うので、面白いですね。
フェンダーはもうちょっと艶なしで塗りなおしてもいいかなぁと(´・ω・`)
ケンメリはもうちょっと作業が進んでから真面目に記事にしたいと思ってます。


あと、フィアット500も画像を撮るも、まだ記事を書いていませんすみませんm(__)m

カーモデル NEXT フィアット500

イメージとしてはこのキットをベースに少し手を入れて更にそれっぽくするという提案です。

前回からやり直した所。

窓枠をシールではなく塗装へ。(これは私のポカミスのアクシデントもあったため)
スミ入れ。(問題なく出来ます)
ウインドウ周りをマスキングシートを使って塗装。
テールレンズ塗装。
車体を軽くコンパウンドがけ後、モデリングワックス塗布。

こう見ると車高はもうちょっと弄ったほうが良かったかなー(;^ω^)


てな訳で、あんまり夏らしいことはしておりませんが、また明日から日常が戻ってきます・・・・(´・ω・`)

おまけ。

プリペイントのクラウンが攻めすぎて大変なことになっているのは内緒です。

IMG_0825_20150720224543f5d.jpg

バンパー破損修理
部分塗装したら塗装が浮いたのでバンパー総剥離
足回り調整。
止せばいいのにサンルーフ開口。
ミスる。(最後の貫通時薄皮をパキる)
屋根だけ再塗装
ミスる。(マスキング漏れて溶ける)
仕方がないので剥離
ミスる。(ウレタン系塗料?を使ってるのか剥離できない)
キットの値段を思い出し途方に暮れる←いまここ

一応ボディ周りだけ黒で塗って復帰させてボンネットとリアバンパーとサイドシルだけ流用しようかと妄想中。
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2015) | 22:57 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

1/1Z32!渋いですね~
確かにこの時代のリアスポ(エアロ)って素材のせいか経年劣化が激しくて痛々しい車両を見かけますよね。
実はワタシも昨年末に1/1実家の17系クラウンの補修を依頼されました。
↓その時のレポートです(笑
https://box.yahoo.co.jp/user/viewer#du%3D7cf36113-2cb6-4232-97b4-b7c396104631%26ds%3Dbox-l-bnn7rorgfsfc6leben4asmq2nm-1001%26vt%3DmyStorage%26lf%3Dthumbnail%26ls%3D1%26lm%3D20

んで、クラウンはクラウンでもプリペイクラウン。
カーモデル”HARDシリーズ”になっちゃいましたか!?(^^;

チンクチェント。やはり窓枠は全体のイメージを引き締めますね~。

セミグロ。メーカーによって質感が違うのは初めて知りました。
ケンメリ。期待してます!

| えぼはち | 2015/07/21 09:51 | URL |

私は連休は無かったんですが休みの日はアメプラと格闘してました、セミグロスブラックは確かにタミヤのとクレオス、ガイアとそれぞれ違うんですよね、一瞬間違えたと思ったくらいです。

| ぽるナズン | 2015/07/22 16:09 | URL | ≫ EDIT

(´・ω・)っノンペイントシリーズ21クラウンのキット

ルシのケンスタ、自分が高校の頃にバイトしてたスタンドのお客さんにフルアロエなのを乗ってる人がいて、ケンスタフルアロエの初期型のキットを見る度に思い出します
(´ーωー`)ウーム

ここ最近、ルシエミ自体もだいぶ見なくなりましたね
(ヾ(´・ω・`)
通ってた専門学校の先生が
“天才ダンゴムシ”
と呼んでたのを思い出しますww

キレイに補修されてますね
(・∀・)
70スープラ乗ってた頃にフェンダーぶつけて、部品取り車(部品取りは今をときめく後期GA70Hの042?のAT車で地味にレアなOP付き赤内装)からひっぺがしてきたフェンダーを202で
“こんなんプラモ感覚で塗ればいいんじゃー!!”
と塗り直したら、
“なんじゃこりゃー!!(松田優作風に)”
になってしまい、周りから
“あーあ、せっかくのスープラが…​”
と言われ、それ以来車をプラモ感覚で塗装しない!!と心に堅く誓いました
(´;ω;`)

| 豊田華冠 | 2015/07/22 21:00 | URL |

>えぼはちさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼致しましたm(__)m

>1/1Z32!渋いですね~
>確かにこの時代のリアスポ(エアロ)って素材のせいか
>経年劣化が激しくて痛々しい車両を見かけますよね。
確かに1/1スケール状態ですね(笑)
諸事情で預かってるマシンなんであまりおおっぴらに弄れませんが(笑)
兄が預かる前よりは確実に綺麗になってます♪
R32のGT-Rのニスモウイングなんかも劣化でぶよぶよになっちゃうみたいですね。
このウイングもまさにそんな感じでオーナーが買った当時は
まだ光沢があって綺麗でしたが数年でこんな感じになっちゃいましたね(´・ω・`)

>実はワタシも昨年末に1/1実家の17系クラウンの補修を依頼されました。
>↓その時のレポートです(笑
すみませんこちらのURLでは見れなかったので(当方の問題?)
以前教えていただいた方のURLから見せていただきました!
おお~!これは素晴らしいですね!
意外とブルーマイカ系の色は色が合いにくいですが
非常に良い感じになってるかと思います(`・ω・´)
塗装屋さんに出すと余裕で数万円コースですからねぇ・・・・
と言うか個人的に今17クラウンワゴンが気になってます(笑)

>んで、クラウンはクラウンでもプリペイクラウン。
>カーモデル”HARDシリーズ”になっちゃいましたか!?(^^;
うははははは!!カーモデルHARDシリーズwwww
まさに仰るとおりで非常に悩ましい状態になっちゃいました(笑)
当初はパーツ請求しようと思ったんですが余裕でキットが買えてしまうので
少しライトに製作してとりあえず形にしようと思ってます。

>チンクチェント。やはり窓枠は全体のイメージを引き締めますね~。
シールでもかなりそれっぽくなったのですが
やはり窓枠が締まると全然違いますねぇ(´・ω・`)

>セミグロ。メーカーによって質感が違うのは初めて知りました。
>ケンメリ。期待してます!
ガイアカラーはかなりグロスに近く、クレオスは艶消しに近い印象ですね!
個人的にはサスアームなどはガイア、窓枠にはクレオスって使い分けてます♪
意外と変化が出るのでは二種揃えておいても損はないと思います!
ケンメリの方もなんとか形になるように頑張ります!

| HITEQJASMINE | 2015/07/22 21:29 | URL |

>ぽるナズンさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまいた変失礼致しましたm(__)m

>私は連休は無かったんですが休みの日はアメプラと格闘してました
三連休でよかったと思ったら今週は土曜日出勤になりそうでショックです(笑)
アメプラもキットとしては魅力的ですよね!
私も一時ハマってましたが完成させれたのは少数です(;^ω^)
でもまさに「格闘」という言葉がピッタリですね(笑)

>セミグロスブラックは確かにタミヤのとクレオス、ガイアと
>それぞれ違うんですよね、一瞬間違えたと思ったくらいです。
確かにタミヤのセミグロとも違いますよね!
更に言うとエナメルやアクリル・スプレーでも違いますし・・・・
個人的にクレオスのセミグロが一番オールラウンダーかと思いますが
タミヤスプレーのセミグロの質感が個人的なセミグロスの色合いですね(笑)

| HITEQJASMINE | 2015/07/22 21:33 | URL |

>豊田華冠さま。
こんばんは!

>(´・ω・)っノンペイントシリーズ21クラウンのキット
うははははは!ノンペイントシリーズ!!
せっかくのプリペイントですが、ノンペイントの方の
キットを買ったほうが速いという結果になってしまいました(笑)
しかも全然剥離できないので車両火災のような感じになっちゃいましたね・・・・

>ルシのケンスタ、自分が高校の頃にバイトしてたスタンドのお客さんに
>フルアロエなのを乗ってる人がいて、ケンスタフルアロエの初期型の
>キットを見る度に思い出します(´ーωー`)ウーム
当時はTCRの親エスティマも多かったですがルシエミも結構見ましたよね!
同じケンスタのエアロ見て「うおおおお!アオシマのプラモ!」ってなりました。
(でもホイールは当時はやったラッキースターのホイールでしたが・・・笑)
ルシーダの方も在庫してますがここらへんの再販はなさそうですね(´・ω・`)

>ここ最近、ルシエミ自体もだいぶ見なくなりましたね
>(ヾ(´・ω・`)
>通ってた専門学校の先生が“天才ダンゴムシ”
>と呼んでたのを思い出しますww
うちの方も後期すら最近はすっかり見なくなりましたね(´・ω・`)
近所にスーパーホワイトの最下級グレードのMTが送迎車でいたのですが
ある時期からハイエースになってしまいました・・・・
うははははは!天才ダンゴムシですか!
私の車いじりの師匠が在籍してるお店の系列はルシーダは取扱だったので
皆ルーシーって呼んでましたがエミーナは普通にエミーナって呼んでました(笑)
CMでルシーダとエミーナがすれ違うバージョンが有るんですが
どっちかだけ一部シーンでホイールのセンターキャップが無いのが
気になってしょうがありません(´・ω・`)
(youtubeで見たんですが画質が悪くて確認できません・・・・orz)

>キレイに補修されてますね
>(・∀・)
>70スープラ乗ってた頃にフェンダーぶつけて、部品取り車
>(部品取りは今をときめく後期GA70Hの042?のAT車で地味にレアなOP付き赤内装)
>からひっぺがしてきたフェンダーを202で
>“こんなんプラモ感覚で塗ればいいんじゃー!!”
>と塗り直したら、“なんじゃこりゃー!!(松田優作風に)”
>になってしまい、周りから
>“あーあ、せっかくのスープラが…​”
>と言われ、それ以来車をプラモ感覚で塗装しない!!と心に堅く誓いました
>(´;ω;`)
どうもありがとうございます♪
もうちょっと攻めたかったんですが予算の関係と時間の関係でここまでです(笑)
実車の補修はある意味では難しいですよねぇ・・・・
私も昔、母親が乗っていたEL43カローラⅡのサイドドアを塗って
「なんじゃあこりゃああ!!」って
松田優作の真似をする松村邦洋状態になりましたねぇ・・・・(謎)
202ブラックだったら缶スプレーだとちょっと難しいかもですねぇ(´・ω・`)
とにかく厚く塗って磨き倒すのがコツかもです私も自信がありません(笑)

余談ですが後期の2リッターの赤内装ってある意味でレアですね!
個人的に好きな赤内装ですがあまり同意してもらえないのが切ないです(;^ω^)

| HITEQJASMINE | 2015/07/22 22:01 | URL |

赤内装が似合うボディカラーといえば黒・ガンメタ、ちょっと拡げてシルバーと白でしょうか。
このあたりの配色はポルシェが好んで使ってますね。
MR-Sにはボディが水色メタで赤内装という強烈な組み合わせもありましたがw

| Anna | 2015/07/24 01:23 | URL | ≫ EDIT

>Annaさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼いたしましたm(__)m

>赤内装が似合うボディカラーといえば黒・ガンメタ
>ちょっと拡げてシルバーと白でしょうか。
私的には赤に赤も有りですがちょっとくどいかもしれません(笑)
バブル時代の車は結構赤内装が多かったので
様々な組み合わせがありましたが白系に赤内装っていう
バブリーな雰囲気の組みあわせも嫌いじゃなかったりします(`・ω・´)

>このあたりの配色はポルシェが好んで使ってますね。
ポルシェなんかもエンジ系の内装がありますね!
タミヤからポルシェボクスターが出た時ボディが白で内装が赤で作りました(笑)
(確かキットも内装は赤成形だったような?)

>MR-Sにはボディが水色メタで赤内装という強烈な組み合わせもありましたがw
うははは(笑)
かなりマニアックな組み合わせですね!
個人的には嫌いではないです(;^ω^)
そういえば前愛車には前期の特定の色だけ赤内装の設定があって
移植しようか考えたことがありますがそもそも出物がなかったです(笑)

| HITEQJASMINE | 2015/07/26 16:29 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1139-4030fb61

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT