HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver製作記その3。ボディ下拵え続きからサフまで。微追記あり。

さてさて、ケンメリの下拵えの続きですね!
前回は気になる部分の修正が終わった・・・・筈だったのですがあれこれ気になるところが出てきました。
といっても個人的に気になるとこばかりでしたのでキットの問題ではなくあくまで個人的な修正です♪

まず、フロントのロアパネルとフロントフェンダーの分割線を入れました。
・・・が、画像が全てピンボケでして・・・・・後の画像と見比べてやってくださいm(__)m
今回拘ったのが本来固定用ボルトは縦に二箇所あるんですが下側は
チンスポの固定と兼ねているのか裏側に隠れますのあえて下側はモールドしませんでした。
とりあえず穴を開けておいたので位置決めしたのでボルトの表現は塗装後等に何か考えます(笑)
実際話せば長くなるのですがボディ側の形状と、オバフェンの関係・チンスポの形状等で
実車のような位置関係にするのはちょっと難しいと考えたので今回はあくまで
個人的に思うそれっぽい箇所でお互いが共存する着地点的な形状変更にとどめました。

後は同時作業でドア下のサイドシル部分とフェンダーの分割線も追加で入れておきました。

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

定番作業ではありますがやはりやるのとやらないのでは大きく違いますね。



さて、お次はチンスポですが、悩ましい所です。個人的にはキットパーツでもOKだったのですが
アゴ周りをかなり削りこんでしまって隙間が出来る事や平板状態の形状等に不満が出来てしまったので
まずボディ側にマスキングゾルを塗ってエポキシパテと一緒に貼り付けて形状変更です!

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

この段階ではやっちゃった感満載ですが、この後裏側などもパテを持って厚みが出るように形状変更します。

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

ただ、止せばいいのにこのあと地上高のバランスや先ぼそり過ぎたかな・・・なんて
無理して削りこんでいったら妙に斜めになってしまったので泣く泣く再整形(笑)

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

あれこれ加工したのでボディ側のちょっと前より隙間も目立つように・・・・(´・ω・`)
でもこれ以上やるとかえって・・・・という判断からひたすらパテとサフで頑張りました。
(地味にボンネットの加工より時間かかったかもw)
最終的にはこんな感じに。ちなみにサイド部分は厚みを持たせて実車と同じような形状にしてあります。

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

でも、あんまり実車と似てないような気がしないわけでもないわけでもないのですが
今回は手を入れたという満足感で清々しい気分でこの辺でやめておこうと思います(;^ω^)
手抜きとノリと長文でお馴染みのHITEQクオリティです。


さて、お次はフロントマスクなんですが最近ケンメリ系キットで新規で起こされてる
(グラチャンシリーズあたりから)フロントマスクはアオシマのケンメリのウイークポイントであった
グリルのモール形状をちゃんと再現しており
それだけでも見栄えが随分変わるってんで驚いたんですが
今回はボディ周りの修正をしてしまったのでそのままでは入らなかったので
まずボディ側とグリル側をリューターで限界まで削って入るようにした後に
ボディ側とグリル側のアールがきちんと馴染むようにボディ側・グリル側を削り込みます。

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

この段階だとまだモールとボディに段差がありますね。400番程度のペーパーでじっくりラインを出していきます。
今回はモールが実車同様ボディカラーとなっているため同色にする予定なので
メッキは気にせずペーパーをかけてじっくりラインを出していきましょう(`・ω・´)
余談ですが、個人的にはこのケンメリなら武蔵の角目四灯でも好きかもです(笑)

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

あと、今回の工程ではマスク全体がメッキのためせっかくなんでライトはメッキを活かしたいので
マスキングゾルを塗っておきました。(大幅な加工時はマスキングテープを貼ってましたが)
ちなみにバンパーも何度もフィッティングをしたり、ナンバー取り付け穴を伸ばしランナーで埋めたりしてます(笑)

余談なんですがケンメリのグリルの内側のコアサポートから伸びてくるV字型の支柱が好きだったりします。
グリルレスだとちらっと見えてカッコいいんですよね。←ヤングオートの影響(´・ω・`)
しっかし・・・ツリ目とグリルレスのパーツを新規で見られるんなんて
ヤンキー麗心愚シリーズの頃には考えられなかったですね・・・・イイ時代です。

外装関係は後はオバフェンとリアスポですがフェンダーの合いは悪くないのでそのままでおkで
リアスポイラーのみやや内側を削りこんで塗装の厚みに対応させたのと
やや合いを緩くすることで取り付け位置の自由度を増させてあります。

なんて言ってたら・・・・・

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

屋根にクラック野郎~御意見無用~・・・・・
こういう時は慌てず終点に穴を開けて・・・・瞬着を塗ったくって穴に伸ばしランナーを差し込みます。

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

手前の穴は間違えて開けたのは内緒です(笑)

その後隙間にもたっぷり流し込んで裏からも瞬着をタップリと塗って補強しました。
その後削りこんでひたすらサフを吹いて・・・・・

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

なんとか修正完了!
その後、窓枠や周辺のラインのをできるだけ合う様にペーパーがけして終了!
・・・・やっぱりやらかすんですねぇ(;^ω^)

そして、各部のチェックをしながら最終サフまでもう一息!

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

ケンメリって直線的なようですが曲線的で非常に艶やかなボディラインをしてると思うのですが
アオシマのキットはやや角張っている感じがするのでそこら辺の再現が難しいですね。
と言ってもできる事には限界があるのである程度のところまでしかやれませんでしたが
今回は改造車であるのでどちらかと言うとそういう改造パーツ部分が目立つのでよかったかもです(;^ω^)
なんかあれこれ弄る所があったので画像等は撮影してないですが
ケンメリのボディ側はやはり時代を感じるところは結構ありましたね・・・・・
ただ、一箇所一箇所治していくという感じなので実車レストアをしているような感覚もあって楽しかったかもです。
また、今回Aピラー周辺のモールド等も実車と相違がある部分もあったのですが
各部のラインやうねりなどを取ってシャキッとさせる程度に留めました(`・ω・´)

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver リバティウォーク

その後はスジボリや細かい部分の傷を一個一個潰していって・・・・最終サフです。
ここまで一週間!私にしてはまあまあ良いペースかと思います・・・・あとはボディカラーですね~!
梅雨の合間に塗装できるのか!?クリアまで行けるのか!?非常に悩ましいです・・・・

※追記。


そういえば窓枠などもよたよたしていたのでシャッキリさせたり歪みなどを手でしごいて矯正したりしたんですが
パーティングライン等が段差になっていてよれていたりしたので
一度ペーパーでエッジを立ててからまた丸みを入れるように処理したりしてました。

IMG_0449_2015062223075876f.jpg

作業前の画像画は載せていませんでしたがココのラインがぼけちゃってるんですよね・・・・・
こういう時はその箇所だけではなく全体的に作業するのがコツです(^ω^)

あと、グリルを入れるときも少し削り過ぎちゃったりして・・・・

IMG_0464.jpg

良く見ると角っこに微妙に隙間が出いてしまったりしてるので瞬着カチ盛りで再成形したりという作業もありました。
地味な作業ばっかりですねぇ・・・・(笑)

おまけ。

※こちらも画像ちょっとだけ追記。


ひょんな所でもう手に入らないんではないか?と思っていたキットを入手出来ました。
アオシマのD-UP(ドレスアップワゴン)シリーズのライトエースノアです!

アオシマ D-UP ノア

久しぶりに出会えました・・・・再開まで長かったです・・・・・(´;ω;`)
とあるお宝系中古店で見つけたのですが思わず見つけた時に、ロッキーのテーマと一番星ブルースと
幸福の黄色いハンカチの最後の黄色いハンカチが見えた時の曲が同時に流れてきました(笑)
正直バンパーなんかはなぜか標準車などに入ってるシャンパンゴールド成形のものが入っているのですが
エアロやボディなんかはきちんとレッドメタリック成形なのが気になる今日此の頃です(;^ω^)

IMG_0547_201506222308031ac.jpg

と、いうことはフィールドツアラーあたりの成形品を流用してエアロだけ新規で成形品を打ったのか?
それとも完全に新たに成形された製品だったのか?
うーん・・・・もしかしたらアオシマ七不思議の一つになるかもしれません。

IMG_0545_20150622230802a18.jpg

この箱絵はそれにしてもカッコいいですね。
ブラックのミラーやエンブレムなど最近の流行を10年以上前にやってたアオシマさんはすごいです(爆)
これ、本気でタウン&ライトエースバンベースとかで同じ仕様で乗ってたらカッコいいかも(;^ω^)
箱絵といえば個人的にSDグランツシリーズのソアラの箱絵に(;´Д`)ハアハアします。

スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2015) | 20:32 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

残るノア探しの旅もそろそろ佳境でしょうか`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

ここまで来れば、「限定」とラベルステッカーを貼られたファブレス前期のノアをですね・・・。

それにしてもD-upだけはライトエースのみなんですよね。
D-upは箱絵のボディカラーが派手なので記憶にあります。
シリーズ最後のイプサムはブルメタ、CR-Vはゴールド、ノアはレッドメタリック?、レガシィはイエローと、
なんだか戦隊モノのように感じてしまいますww

| あぶそるーと | 2015/06/22 01:10 | URL |

>あぶそるーとさま。
こんばんは!

>残るノア探しの旅もそろそろ佳境でしょうか`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
おかげさまであのキットさえ手に入れば・・・という状態です♪
あぶそるーとさんのあの時のノアの記事はノーマルのノアばかり確保していた
忘れていたエアロ仕様が持つ熱さに気づかせていただいた気がします(`・ω・´)
実はこの年代のアオシマキット探しの旅のネタはたくさんあるんですが
トップラインエスティマ探しの旅に出たら一軒目でマイキーエスティマを
確保したりと色々あったんですがまだ記事にできてません・・・

>ここまで来れば、「限定」とラベルステッカーを貼られた
>ファブレス前期のノアをですね・・・。
限定版のキットをお持ちのあぶそるーとさんは凄いです!
アレだけは見つかる気がしません(笑)

>それにしてもD-upだけはライトエースのみなんですよね。
>D-upは箱絵のボディカラーが派手なので記憶にあります。
>シリーズ最後のイプサムはブルメタ、CR-Vはゴールド、
>ノアはレッドメタリック?、レガシィはイエローと、
>なんだか戦隊モノのように感じてしまいますww
うはははww確かに戦隊モノっぽいですねwww
個人的にレグナムやオルティアの白も正義の身方っぽくて好きです(;^ω^)
そして、デリカ2種の異端な感じが気になって夜も眠れません・・・
実はD-UPのキットだけはノア探しの旅のラスボスだと思ってまして
きっと手に入らないかもって思ってました。
というのも見つかるのはD-UPシリーズはイプサムかデリカばかりでして・・・・

D-UPのノアのキットもバンパーだけは標準車と同じパーツなんで
成形品を利用した在庫整理?とも思ったんですがエアロは新規で
成形してあるので実際どうだったか気になってます。
オルティアやレガシィなんかは新規で成形されてると思いますが
イプサムもノーマルと同じエメラルドグリーン成形ですし謎が残ります(笑)

| HITEQJASMINE | 2015/06/22 22:46 | URL |

連コメ失礼します(`・ω・´)

D-upは箱絵と中身の成形色が違いますよね。
正直、成形色なんて普通の人だったらどうでも良い情報ですが、(;´∀`)
分かります。自分も成形色には何かしらの魅力があると思うんですよ。多分w

自分の持っているライトエースもバンパーだけグレー?シルバー?HITEQJASMINEさんが画像で上げたやつと同じですね。
D-upノア以前にエアロ付で出たのは、憶測ですがシリーズから逆算するとファブレス後期のノアだと思うんですが、在庫確認してきたら白い成形色でした。
イプサムも謎ですよね、確かにグリーンですw
イプサムのエアロ付もSパッケージシリーズは白い成形色ですし。
D-upのオルティアは成形色が意外にも赤(レッドメタリック)です。
ザ・ベストカーシリーズのオプションホイール仕様と同じ色の成形色で、Sパッケージシリーズの無限オルティアも同じ成形色でした。

成形色だけでなんだか熱く語ってしまいそうですよね`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
普通だったら箱絵のボディカラーと成形色って同じパターンが多いんですが、謎が深まるばかりです(;゚д゚)ゴクリ…

ザ・ベストカーシリーズの前身、「ニュートレンドシリーズ」だったら、箱の側面に

ボディカラーは
 この色です

とボディカラーと同じ色のシールが貼ってあるので分かりやすいんですがねw

| あぶそるーと | 2015/06/23 00:38 | URL |

どーも♪

アオシマケンメリですが、高校生の頃だったかに何故かRや2ドアHTではなく、4ドアを製作しました
(´・ω・`)

当時から無意識のうちに変態属性はあったのかもしれませんww

>SDグランツのソアラ
当時、ジャケ買いならぬボックスアート買いしました!!
初めてワンオフフロントバンパー製作・フロントシャコタン加工したキットなので、思い入れもあったりします
♪~(・ω・`)

近頃のキット、ボックスアートからボックスイラストになってしまっているような気がして、なんだか寂しいです
(´・ω・`)…
アオシマの初版?かな?のECR33タイプMのイラストが妙に頭の中に残っています
始めは写真だと思っていたのですが、イラストとわかって二度ビックリ玉手箱!!

あぶそるーと様>ボディカラーはこの色ですシール
懐かしいですねぇ(´ーωー`)
成型色だけでいろいろな話ができるような知識も身に付けたいです
(´・ω・`)

| 豊田華冠 | 2015/06/23 10:01 | URL |

>あぶそるーとさま。
こんばんは!

>D-upは箱絵と中身の成形色が違いますよね。
>正直、成形色なんて普通の人だったらどうでも良い情報ですが、(;´∀`)
>分かります。自分も成形色には何かしらの魅力があると思うんですよ。多分w
D-UPシリーズの最大魅力は箱絵だと勝手に思ってるんですが(笑)
どうも成型色の相違という点ではかなり中身と箱は一致しないようですね(笑)
仰る通りで成型色の魅力って絶対あると思うんですよね。
作る時は白がいいな~なんて思うんですが箱を開けた時にボディ色がついてると
やはり車っぽさが増すといいますか、グッと来ちゃいます。

>自分の持っているライトエースもバンパーだけグレー?シルバー?
>HITEQJASMINEさんが画像で上げたやつと同じですね。
>D-upノア以前にエアロ付で出たのは、憶測ですがシリーズから逆算すると
>ファブレス後期のノアだと思うんですが、在庫確認してきたら白い成形色でした。
私も記憶ではバンパーも同じ成型色だと思ってたんですが
久しぶりに見たらバンパーの銀成形に驚きました(;^ω^)
手持ちの物を確認したらやはりRVシリーズのライトエースノアフィールドツアラーと
全く同じボディ赤メタ・バンパー銀(金色寄り)の成型色でした。
ただ、ルーフレールやウイングなどはD-upが赤メタに対して
フィールドツアラーは銀(良くある普通の銀)成形でしたので
エアロやルーフレール周りのランナーは新たに成形されているような気もします。
ということはファブレスあたりは普通に新規で打たれて
D-upは在庫のフィールドツアラーあたりの成形品を
流用した可能性もゼロではないっぽいですね・・・ますます謎が増えました(笑)
しかし、同じ年代のカタログではD-up・フィールドツアラーが同居してますので
単純に流用と決めつけてしまうのも出来ないんじゃないかと悩んでます(;^ω^)

>イプサムも謎ですよね、確かにグリーンですw
>イプサムのエアロ付もSパッケージシリーズは白い成形色ですし。
イプサムは潔いくらいSパケと同じ仕様ですもんね(笑)
ですがボディはノーマルと同じグリーンメタ成形ですしSパケ・D-up以外は
バリ展では出ていないはずの純正エアロは初めて見るグリーンメタ成形ですし。
上記のノアと同じく2002年のカタログでは
ノーマル・Sパケ・D-up全て在庫があるようです。(D-upのみ画像なし)

>D-upのオルティアは成形色が意外にも赤(レッドメタリック)です。
>ザ・ベストカーシリーズのオプションホイール仕様と同じ色の成形色で
>Sパッケージシリーズの無限オルティアも同じ成形色でした。
D-upのオルティアっが赤成形だったんですか!
私の脳内では白成形になっておりました・・・・
というのも以前中古店で見たときにシュリンクされていたんで確認できず
一度店を出たのですが妙に気になって位一時間後くらいに戻ったら
売り切れていたのでお話を聞いてかなり驚いてます!
こりゃどうやら在庫品の整理を兼ねてる説が濃厚に・・・・
レガシィ・レグナムは白成形でしたが
こちらも考え方によってはSパケ流用っぽいですね・・・・
前のコメントで書いたレガシィやオルティアは新規っていうのは
訂正させていただきます・・・・

>成形色だけでなんだか熱く語ってしまいそうですよね`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!
>普通だったら箱絵のボディカラーと成形色って同じパターンが多いんですが
>謎が深まるばかりです(;゚д゚)ゴクリ…
オルティアやレガシィなんかは箱絵を見て買った人はガックリだと思います・・・
すいません、私もD-upシリーズの謎と言う事で長文気味になってしまいました(笑)
当時は何気ないバリ展と捉えていましたが思った以上に奥が深いですね・・・
D-upオルティア探しの旅に出たいと思う今日此の頃です(;^ω^)
(売れ残りの常連だったオルティアがすっかり見ないキットになっちゃいました・・)

>ボディカラーは
>この色です

>とボディカラーと同じ色のシールが貼ってあるので分かりやすいんですがねw
あの丸シールとても参考になりました(笑)
小学生の時に買ったニュートレンドのY32セドの白成形と
14アリストの紺メタ成形はあえて箱絵と逆の系統の色にグッと来て
あのシールで選んだようなものです(;^ω^)
アレは塗装が出来ない派にはありがたいシールでしたね~!

| HITEQJASMINE | 2015/06/23 22:34 | URL |

>豊田華冠さま。
こんばんは!

>どーも♪
>アオシマケンメリですが、高校生の頃だったかに何故かRや2ドアHTではなく
>4ドアを製作しました
>(´・ω・`)
>当時から無意識のうちに変態属性はあったのかもしれませんww
うははは(笑)変態属性ですか!
ちょっと前に小学生くらいの子がアリイのC32ローレルを買おうとしていて
思わず゛;`(;゜;ж;゜; )ブフォォ!!と吹き出しそうになりましたが
やはり潜在的にそういう属性の方はいらっしゃるようですね(笑)
私も極力ノーマルを装っておりますが周りからド変態認定を受けております(笑)
ヨンメリは謎の魅力がありますよね!
私も初めて組んだのはヨンメリでしたよ!(売れのこりのL型パワーシリーズ)
自分もどちらかと言うとGT-Rより4ドアのサーフィンライン付きが好きですね♪

>SDグランツのソアラ
>当時、ジャケ買いならぬボックスアート買いしました!!
>初めてワンオフフロントバンパー製作・フロントシャコタン加工したキットなので、
>思い入れもあったりします
>♪~(・ω・`)
あの箱絵カッコ良かったですよね!
豊田華冠さんの思い出のキットだったんですね・・・(`・ω・´)
私は初めてぶったぎりオープンにしたフジミの430セドに当たる感じでしょうか(違)
私もあの箱絵がすっごい大好きでしたが当時は買えなかったのですが
あっという間に店頭から消えてしまったので残念でした・・・
時期的にもアオシマのVIPcarの13クラウンが廃盤になった時期で
BBS-LMが欲しくて探しまわったこともありましたね~!

>近頃のキット、ボックスアートからボックスイラストに
>なってしまっているような気がして、なんだか寂しいです
>(´・ω・`)…
最近はカッコいいパッケージもありますが写真だったり
黒背景だったり白背景だったりで丁寧に書き込まれたキットも少ないですよね。
私も90年代のアオシマ改造車系キットの少しかっこ良くアレンジされた
箱絵が好きで正直模型店巡りでもその年代のキットにグッと来ちゃいます。
やっぱりジャケ買いならぬボックスアート買いしたくなるようなキットも
プラモデルとしての魅力の一つですものね(`・ω・´)

>アオシマの初版?かな?のECR33タイプMのイラストが妙に頭の中に残っています
>始めは写真だと思っていたのですが、イラストとわかって二度ビックリ玉手箱!!
あのニュートレンド93のワインレッドの車体のやつですね!
アレもまさにボックスアートと言わんばかりの名パッケージですね!
私もあのキットは箱絵で買ったような気がしちゃいます(;^ω^)
(なのに白成形を買っちゃいましたがw)
少し前のニュートレンドだと実車写真パッケージが多かったですが
レパードJフェリーの写真は良く見るとホイールが絵で書かれてます(笑)
あの年代のキットは今でも再販・バリ展で買えるものが多いですが
やはり当時物がグッと来るのは箱の魅力もあったような気がしちゃいますね~!

| HITEQJASMINE | 2015/06/23 22:58 | URL |

お久しぶりです!

ふわふわ足回り純正ブレーキローター標準車高ず好きな僕もかっこいいと思えるクルマですね!
僕はたぶんこれじゃなくてヨンメリ?と言うのかな?を作ったことがあるんですがあれはケンメリと同じスカイラインなんですかね?

これからも模型製作応援しております!


| adエキスパート | 2015/06/23 23:16 | URL |

>ADエキスパートさま。
こんばんは!
お久しぶりでございます(`・ω・´)

>ふわふわ足回り純正ブレーキローター標準車高好きな
>僕もかっこいいと思えるクルマですね!
これをカッコいいと思える上に間逆なその仕様がお好きというのが渋いですね♪
私も一周回って最近は145SR13とかのタイヤサイズに(;´Д`)ハアハアしてます(笑)
車の好みは人それぞれですが私はどんなジャンルも好きなんで
色々なカッコ良さが解るADエキスパートさんは素晴らしいです♪

>僕はたぶんこれじゃなくてヨンメリ?と言うのかな?を
>作ったことがあるんですがあれはケンメリと同じスカイラインなんですかね?
同じケンメリなんですが4ドアをヨンメリと呼びますね♪
四枚ドアのケンメリ=ヨンメリです(笑)
新車当時ではなく型落ちになったあたりの改造車ブームの頃に
自然発生的に始まった呼び方のようで私が子供の頃はすでに雑誌ではヨンメリと
書かれている場合も数多くありましたね(`・ω・´)

>これからも模型製作応援しております!
応援ありがとうございます♪
最近はノーマル車高のキットを組んでないので
そういうものも組みたい今日此の頃です♪

| HITEQJASMINE | 2015/06/23 23:36 | URL |

>>HITEQJASMINEさん
またしてもコメント失礼しますw

>成形色
昔は未塗装素組みだった頃、白い成形色は特にライト類が残念になりますよね。
シルバーの成形色だとレンズのシルバーは塗らなくて良いから、テールはクリアーレッド、クリアーオレンジに塗ればそれなりに良くなるって事で楽してましたw

>D-upオルティア
普通のオルティアに次いで、最近は見なくなりましたね。
地元に残っていたのを確保して一時は在庫あったんですが、所属しているクラブメンバーの1人に提供しちゃいまして。
エアロもそうですが、無限アコードワゴンとは違うデザインの無限ホイール(RNR)が付属しているのが魅力ですよね。
実はD-upシリーズの無限オルティア、Sパッケージの無限オルティアと付属しているエアロパーツが1つだけ省かれちゃっているのが不思議でして・・・。
元々のキットはリアスポ(リヤウィング)がボディに成形されてるんですけど、Sパッケージの無限オルティアには純正リアスポの上に更にリヤスポを取り付ける珍キットになっています。
無限製の「リアルーフバイザー」と言われるものがD-upシリーズの無限オルティアには何故か付属していません。これも自分の中では謎です(;´Д`)
リアウィングに付けるバイザーなんてどういう効果が得られるのか気になりますがw
しかもバイザーなので成形されているランナーはウィンドウやライト等と同じクリアー成形なんですよ。
おっと、改めて確認してみたらSパッケージの無限オルティアはD-upの無限オルティアと成形色が違ってました(;^ω^)
Sパッケージはほぼ赤色でした。

そういえばD-upシリーズのデリカ(スターワゴン、スペースギア)も謎な存在ですよね。
ミニバンシリーズで再販してスターワゴン、スペースギアの箱絵に見覚えあると思ったらスターワゴンはホイール、スペースギアはボディカラーとホイールが違うだけで構図は全く同じですし。

って、また1つのシリーズだけでまたしても長文失礼致しました(ノ∀`)アチャー


>>豊田華冠さん

>成型色だけでいろいろな話ができるような知識
褒め言葉、ありがとうございます(違
好き過ぎて、無駄に知識だけはあります。腕は無いですw
アオシマの中の人に「ロイヤルカスタマー」の称号も頂きました`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

| あぶそるーと | 2015/06/24 01:34 | URL |

>あぶそるーとさま。
こんばんは!

>またしてもコメント失礼しますw
いえいえ、こういうネタ大歓迎ですw

>成形色
>昔は未塗装素組みだった頃、白い成形色は特にライト類が残念になりますよね。
>シルバーの成形色だとレンズのシルバーは塗らなくて良いから
>テールはクリアーレッド、クリアーオレンジに塗ればそれなりに
>良くなるって事で楽してましたw
確かに成型色は重要なファクターですよね!
私もマッキーのオレンジやレッドで塗ったくって悦に入ってました(笑)
シルバーの成型色の場合はライトのリフレクターを避けて
ボディ色を水性ホビーカラーを絵の具の筆で塗ってました(;^ω^)

>D-upオルティア
>普通のオルティアに次いで、最近は見なくなりましたね。
>地元に残っていたのを確保して一時は在庫あったんですが、
>所属しているクラブメンバーの1人に提供しちゃいまして。
>エアロもそうですが、無限アコードワゴンとは違うデザインの無限ホイール
>RNR)が付属しているのが魅力ですよね。
私的に模型店で売られていたのに何故か食指が動かなかったのですが
(当時はゴリゴリのVIP野郎でしたので・・・)
あの白の車体のイラストは反則に近いカッコ良さだと思ってます(笑)
そういえばアコード付属のはセンター部がキャップになってるRG?でしたね。
私も以前US系カスタムが流行った時にハセガワのフェリオに合わせようと思って
無限オルティアを買ったんですがなぜか勿体無くてそのままになっちゃってます。
(買ったお店も無くなっちゃって・・・・)

>実はD-upシリーズの無限オルティア、Sパッケージの無限オルティアと
>付属しているエアロパーツが1つだけ省かれちゃっているのが不思議でして・・・。
>元々のキットはリアスポ(リヤウィング)がボディに成形されてるんですけど、
>Sパッケージの無限オルティアには純正リアスポの上に更に
>リヤスポを取り付ける珍キットになっています。
>無限製の「リアルーフバイザー」と言われるものがD-upシリーズの
>無限オルティアには何故か付属していません。これも自分の中では謎です(;´Д`)
>リアウィングに付けるバイザーなんてどういう効果が得られるのか気になりますがw
>しかもバイザーなので成形されているランナーはウィンドウやライト等と同じ
>クリアー成形なんですよ。
私もエアロやRNRにばかり気を取られていましたが
手持ちを慌てて見てみたらルーフバイザー入ってますね!
逆に言うと金型追加でモールドされてるので
D-upのオルティアのランナーにそのスイッチ金型の棒が
(金型に樹脂が流れないようにするためのコマの棒の後っていうんですかね?)
残っていたら新たに成形品を打たれた可能性が高いですが
もしコマの跡が無かったら、初版の赤メタ成形のGX-Sオプション仕様の成形品を
流用した可能性が少しなりとも出てきますね(;^ω^)

http://blog-imgs-73.fc2.com/h/i/t/hiteqjasmine/IMG_0607.jpg

勿論現物がない中の仮設ではあるのですがD-upオルティアは
ますます謎が深まってしまいました。
D-UPシリーズは一体どういう企画でスタートしたのか
一体どれくらい生産されたのか等謎が多いキットですよね。
誤解を恐れずに言えばおそらく生産も一度きり、又は限りなく少数の
生産ではなかったんではないかと思ってしまいます。
もしかしたら時期、流通量含めてSDグランツシリーズも
同様?の生い立ちであったんじゃないかと思います。

>おっと、改めて確認してみたらSパッケージの無限オルティアは
>D-upの無限オルティアと成形色が違ってました(;^ω^)
>Sパッケージはほぼ赤色でした。
私も実はアレ?どっちだっけ?と思ったんですがやはり赤でしたね!
逆に言うと赤成形がちょっと足を引っ張ってしまうような気もするので
白成形で再販してくれないかなぁ・・・・なんて思います(笑)

>そういえばD-upシリーズのデリカ(スターワゴン、スペースギア)も
>謎な存在ですよね。
>ミニバンシリーズで再販してスターワゴン、スペースギアの箱絵に見覚えあると
>思ったらスターワゴンはホイール、スペースギアはボディカラーとホイールが
>違うだけで構図は全く同じですし。
私も再販時の箱絵の既視感にD-upの亡霊を見た気がしました(笑)
D-up第一弾はスペギだったのも妙に意味深な気がします・・・・
(パッケージのムーンライトブルー単色意識の紺色というのもマニアックかとw)
個人的にアオシマのスターワゴンのバリエーションも
初版の実車パッケージから数えるとえらい多くのバージョンがありますので
いずれ網羅したいですが全制覇するには時間も掛かりそうです(;^ω^)

>って、また1つのシリーズだけでまたしても長文失礼致しました(ノ∀`)アチャー
いえいえ、とても有意義な時間でございましたm(__)m
私自身もモンスターカスタマーへの道を目指して頑張りたいと思います(謎)

| HITEQJASMINE | 2015/06/24 22:15 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1131-a804482c

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT