HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

桃さん・・・・・(´;ω;`)(加筆致しました)

芸能界の訃報が続く中、我らが菅原文太先生まで旅立ってしまいました・・・・・

私の中ではやはりトラック野郎に尽きます。
しかし、リアルタイム世代ではない私は朝日ソーラーのCMが
私の記憶ににある中での一番古いお姿だった様な気がします。
近年は軽トラ野郎としてキャリィのCMに出られた時は驚きと嬉しさが込み上げてきましたし。

私の頭の中身の30%は確実にトラック野郎の世界観が影響してると思います。
ですので、役者としての菅原文太=桃さんな訳です。

IMG_9673.jpg

ニラレバ炒めをライス大盛りで頼む時は気分は桃さん。
ハンドルを握る時は気持ち斜めに座り前をじっと見据えてる時、気分は一番星号を運転してる時の桃さん。
あまりにも私の人生形成に多大なる影響を残してくれた映画と出会ってから25年以上経ち
私も桃さんのような男(漢)になろうと思っては来たものの
桃さんと同じ所は独り者という所だけになってしまいました・・・・
気持ちも小さくて、男の約束も果たせない事も多い「イボ痔のダッチョ!」と、桃さんに怒られそうな
つまらない人間になってしまったような気がしておりますが改めてもう一度全作見なおしてみようと思います。
そうすればきっと自分自身の答えが出るような気もしますので・・・・

少しショックなのは本音ですが、桃さんと共に一番星号は私の中で永遠に走り続けるので決して寂しくはありません。
映像ソフトも多いこの時代では見たい時にいつだって桃さんに会えるのですから・・・・

今ではトラック野郎に影響受けた方が手がけた素晴らしいプラモデルもありますし。
ファンとしてはこれほどまでに嬉しい事はないわけです。

桃さん・・・・

私も全て網羅してわけでは無いですし、ファンとしての視点だけですが
それでもトラック野郎という映画の世界観に多大な居る影響受けた自分の率直な思いは
今一度多くの人にこの映画に触れて欲しいと思ってます。
この映画の本質、今の日本が置き忘れてきた何かが垣間見えると思います。

トラック野郎シリーズを支えた鈴木則文監督もお亡くなりになり
爆走トラッカー軍団のジョニー大倉氏も亡くなってしまいました・・・・
個人的にはドルフィンの竜一丸(英丸)が小学生時代のキングオブドルフィンでしたし
小学生時代は爆走トラッカー軍団は雑誌等でもロケのレポートが載っていたりと
リアルタイムで触れたトラック映画だけに寂しい気持ちがします。

2014年・・・・残り僅かですが寂しいことが多いです。
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:27 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

ジョニー大倉さん、菅原文太さん、この二人が出演するトラック映画のおかげでデコトラ好きになりました。

爆走アートトラッカー軍団に登場する竜神丸が幼いころ見た時一目惚れしましたね。
第一作目で主人公、竜一が運転中にトイレに行きたくなり、たまたま立ち寄った小学校で用を足して愛車に戻ろうとしていたら小学生達が「凄いトラックがある!」と興奮して授業そっちのけでトラックに集まり竜一の粋な計らいで内装とか見せてくれるシーンが羨ましく思いましたw
舎弟みたいなラッシャー板前さん演じる「マツ」も好きなキャラですね。石松号もホントに、カッコいいデコトラです。

撮影が終わった後、竜神丸は某アトラクションの宣伝車両になったり、終いにはそのまま放置して置物と化していた時はショックでした。
ですが、前に雑誌(カミオン)で竜神丸をレストアして復活させた記事を見て安心しました。

トラック野郎も好きで、昔ならではのエッチなシーンとか今ではありえない事が映画の中では実現しているし、主人公、桃次郎の恋模様とかジョナサンの家庭の事情とか傑作でしたよね。
一番星のシリーズごとに変わるペイントやアンドンの文字も魅力的です。
最期は無茶苦茶な条件での荷物運びで仲間を助け、ボロボロになっていく一番星を見るのは辛いシーンですよね。

心からお悔やみ申し上げます(´・ω・`)

| あぶそるーと | 2014/12/02 02:10 | URL |

>あぶそるーとさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼致しましたm(__)m

>ジョニー大倉さん、菅原文太さん、この二人が出演
>するトラック映画のおかげでデコトラ好きになりました。
私の場合はプラモなどもありますが
トラック野郎はTVで見た映画に
雑誌の爆走トラッカー軍団の特集などで
興味を持ったので同感でございます♪
ビデオを借りて見た時は感動しました(`・ω・´)
ヤクザテイストやエロが強いVシネトラック物でも
爆トラはトラック野郎シリーズのノリがあって好きです♪

>爆走アートトラッカー軍団に登場する竜神丸が
>幼いころ見た時一目惚れしましたね。
個人的にペイントの竜の目を入れるシーンの
トラックショップにの集まった人達に混ざりたいです(笑)
底床4軸のデコトラでは竜神丸はピカイチですよね!
ガンダムまでは行かないけどフルアートに
関口工芸のペイント・・・どれも素敵です(`・ω・´)
アオシマから出た時は嬉しかったんですが
タイヤの数が少なくて・・・・・(笑)

>第一作目で主人公、竜一が運転中にトイレに
>行きたくなり、たまたま立ち寄った小学校で
>用を足して愛車に戻ろうとしていたら小学生達が
>「凄いトラックがある!」と興奮して
>授業そっちのけでトラックに集まり
>竜一の粋な計らいで内装とか見せてくれるシーンが
>羨ましく思いましたw
うはははは(笑)これは凄い解ります(;^ω^)
実は地元の国道で結構有名車を見れるたのですが
所謂フルアートの車両は少数派でしたので
すっごいそのシチュエーションは憧れます♪
今でも金華山に張り替えたい衝動に駆られるのは
そういう憧れのような所もあるかもです(笑)

>舎弟みたいなラッシャー板前さん演じる「マツ」も
>好きなキャラですね。石松号もホントに
>カッコいいデコトラです。
ラッシャーさんは妙に似合ってましたよね(笑)
その後のシリーズで女性が乗りましたが
やはり石松號はラッシャーさんのイメージです♪
石松號は飾りのバランスが良くて好きですね。

>撮影が終わった後、竜神丸は某アトラクションの
>宣伝車両になったり、終いにはそのまま放置して
>置物と化していた時はショックでした。
>ですが、前に雑誌(カミオン)で竜神丸を
>レストアして復活させた記事を見て安心しました。
富士急のドドンパ二号でしたよね。
あの飾りと低床4軸ですぐ竜神丸と分かりました!
その後はしばらく放置状態だったんですね・・・・
現在の姿を見て、驚いたんですが
ペイントなども一新されて綺麗になりましたね♪

>トラック野郎も好きで、昔ならではのエッチなシーン
>とか今ではありえない事が映画の中では実現しているし
>主人公、桃次郎の恋模様とかジョナサンの
>家庭の事情とか傑作でしたよね。
>一番星のシリーズごとに変わるペイントや
>アンドンの文字も魅力的です。
>最期は無茶苦茶な条件での荷物運びで仲間を助け、
>ボロボロになっていく一番星を見るのは辛いシーンですよね。
私もちょくちょく書いてますがトラック野郎は
笑いも涙もエロも知的も全て揃ってるんですよね!
一見するとコメディー全開なんですが
所々に見えるシリアスな所や詩的な所が
映画の雰囲気全体を引き締めていて味わい深いです♪
最後の爆走シーンはいつも「勿体無い」と思ってしまいますね(´・ω・`)
しかし目的に着くと安心してしまうのも
またトラック野郎シリーズの魅力でしょうか(笑)

>心からお悔やみ申し上げます(´・ω・`)
私も同感でございますm(__)m

| HITEQJASMINE | 2014/12/03 23:31 | URL |

一番星よ、永遠に・・・

HITEHQ JASMINEさん、こんにちは!

大変ご無沙汰しております。

財布のお金は増えないのにプラモは知らない間に増えて行っている?今日この頃です(笑)。


HITEQ JASMINEさんの記事はちょくちょく拝見しておりますが、
なかなかコメントが出来なくて失礼しておりますm(__)m

高倉 健さんに続いて、菅原 文太さんまで旅立っていくという、
シブい名優さんがこの世を去ってしまうというのは
非常に残念です。

お二人は任侠物でおなじみの感がありますが、

私には高倉 健さんは「南極物語」や、「鉄道員」、遺作となった「あなたへ」などの人情味あふれる作品が、

そして、菅原 文太さんは、HITEQ JASMINEさんと同じく、
「トラック野郎」の、不器用だけど、情に熱い、桃次郎の印象が強いです。

私の小学校時代は、地元が田舎で、建設業や運送業をしている人が多いため、大型トラックが多く、
丁度トラック野郎が流行していて、同級生には
トラック野郎にハマっているのもいました。

私もトラック野郎の映画をテレビで放送されるときは殆ど見ていました。

愛川 欽也さん演じる「やもめのジョナサン」とのコンビもユニークで、
作品の流れは全シリーズ殆ど共通だった記憶があります。

いろんな地域に荷を運んで出掛け、そこの地元のトラック乗りの連中と、ひともんちゃくしたり、
映画でヒロインで登場する役の女性に恋をして、大概は振られてしまうのがお決まりでした。

でも、映画のラストで、出先であったり、仲間であったり、
ひともんちゃくした相手の仲間であったりが、
何らかのトラブルで荷物を絶対に目的地まで運ばなければ
大変なことになるという、状況で、

菅原文太さん演じる桃次郎が、一肌脱いで荷受けし、一番星で
全力疾走で目的地を目指すシーンが一番好きでした。

道中では、仲間やひともんちゃくした相手やその仲間も
桃次郎の一番星をサポートしていました。

途中で近道をするために山道や雑木林、川なんかも走っていましたね。

雑木林では樹木がトラックのデコレーションにあたって割れて
破損して行ったり、ボロボロになって行きますが、
お構いなしに疾走して、ボロボロになりつつ、
時間ぎりぎりに目的地に到着した時の、一番星のカッコよさ、
そして無事到着の知らせを受けた仲間たちがみんなで
大歓声を上げて喜び合うシーンも感動でした。

どの作品だったかは知りませんが、
ヒロイン役の女性とデートするとき、着慣れない背広を着て、
カチコチにあがっている桃次郎に、ヒロイン役の女性が
「桃次郎さんは、何のお仕事をされているんですか?」という問いかけに、
「わ、私は、恥ずかしながら、運輸省関係の仕事をしております」
というシーンが面白かったです。

私も菅原文太さんと言えば、トラック野郎の桃次郎、というイメージが一番ですね。

最近、アオシマから、旧バンダイの1:20の「一番星」がリリースされていましたが、

機会があれば入手してみようと思います。

入手しても多分眺めてニヤついているだけかもしれないですが・・(^_^;)

HITEQ JASMINEさんのようにうまく作れないかもしれませんけど。

長々とアツくなってしまい、失礼しました。

高倉健さん、菅原文太さんの御冥福をお祈りします。


| コロ | 2014/12/04 13:32 | URL |

訂正

度々すみません、一番星のキット、
1:20と書きましたが、1:32でしたね。失礼しました。

「一番星ブルース」を聴きながら、しばしトラック野郎を思い浮かべてみたいと思います。

失礼します。

| コロ | 2014/12/04 13:38 | URL |

>コロさま。
こんばんは!こちらこそご無沙汰しておりますm(__)m
コメント返信が遅れてしまい大変失礼致しました!
お元気でおられましたでしょうか?

>財布のお金は増えないのにプラモは知らない間に
>増えて行っている?今日この頃です(笑)。
私も全く同じです(笑)
しかも最近は完成品がほぼ皆無でして・・・・
最近は枕元にもプラモが積み上がってます(笑)


>トラック野郎
コロさんの文を読みながらウンウンと
頷きながら拝見しました♪
トラック野郎の世界観は私の人生に影響を与えましたし
コロさんを始め皆さん思い出があるようですね。
勿論映画の内容だけではなく私の場合などは
プラモデル等の商品も影響を受けました。

>私の小学校時代は、地元が田舎で
>建設業や運送業をしている人が多いため
>大型トラックが多く、
>丁度トラック野郎が流行していて、同級生には
>トラック野郎にハマっているのもいました。
私は丁度トラック野郎ブーム以降に生まれたので
リアルタイムではなかったのですが
それでも雑誌やテレビ放送が見られた
最後の世代なのかなと思います(´・ω・`)
同級生でトラック野郎好きは少なかったですが
中学校の時は六作目のもちすすり大会の
モノマネが上手かったT君と言う同級生がいました。
高校の時に同級生の友達が好きで
その友人を介して良くネタを語ってました(笑)
トラック野郎が好き!というだけで
ここまで盛り上がれたのは懐かしいです。


>雑木林では樹木がトラックのデコレーションにあたって割れて
>破損して行ったり、ボロボロになって行きますが、
>お構いなしに疾走して、ボロボロになりつつ、
>時間ぎりぎりに目的地に到着した時の、
>一番星のカッコよさ、
>そして無事到着の知らせを受けた仲間たちがみんなで
>大歓声を上げて喜び合うシーンも感動でした。
最後の爆走シーンがトラック野郎の醍醐味でしたね!
私もあのシーンがなければ魅力は半減だと思います。
なんというか感動的であり間に合ったという安堵感や
桃次郎が運んだのは荷物だけではなく
人の想いだったり仲間たちの絆だったりと
そういう意味でも最後の爆走シーンは
物語の最後にふさわしいシーンだったと思います。
私的にはもし、映画に出れるなら
あの迎える仲間たちの中に入りたいですね(笑)


>どの作品だったかは知りませんが、
>ヒロイン役の女性とデートするとき
>着慣れない背広を着て、
>カチコチにあがっている桃次郎に
>ヒロイン役の女性が
>「桃次郎さんは、何のお仕事をされているんです?」
>という問いかけに、
>「わ、私は、恥ずかしながら、
>運輸省関係の仕事をしております」
>というシーンが面白かったです。
結構ありますね(笑)
恐らくコロさんが仰ってるのは
三作目の望郷一番星のフェリーのシーンでの
島田陽子とのやりとりと五作目の度胸一番星の
片平なぎさあたりのシーンを思い出します(笑)
桃さんの不器用ながら精一杯背伸びする
あたりのコミカルさもまた魅力なんですよね。
時には学者になったり音楽学校の卒業生になったりと
桃さんのそういう所は大好きですね!


>最近、アオシマから、旧バンダイの1:20の
>「一番星」がリリースされていましたが、
>機会があれば入手してみようと思います。
>入手しても多分眺めてニヤついているだけかも
>しれないですが・・(^_^;)
アオシマのはなんと新規金型なんですよ!
正直バンダイの物よりスケールモデル感は
アップしておりますのでオススメです(笑)
私も事あるごとに買ってるのですが
あまりの大変さに眺めるだけになってます(笑)
ですがトラック野郎ファンとしては
買わずにいられない素晴らしい内容で
私もお気に入りです。

バンダイの旧作も魅力的ですが
最近はガンプラにご熱心なせいか
あまり再販されないので寂しいですね(´・ω・`)

>長々とアツくなってしまい、失礼しました。
>高倉健さん、菅原文太さんの御冥福をお祈りします。
いえいえ、それだけ皆様の心に
映画の影響が強く残ってるんだと思います♪
私の方も全ての内容にレス出来ずにすみませんでした。
またお気軽に遊びに来てくださいね!

| HITEQJASMINE | 2014/12/07 23:30 | URL |

こんばんは。
高倉健さんに菅原文太さんにジョニー大倉さんと訃報が続き残念ですよね。
高倉健さんはヤクザから旅するおじさん役まで幅広く演じ、80代になられても主役を張れる俳優さんだったという事が凄いですよね。
文太さんは、晩年は俳優さんとしては活動しませんでしたが、やはり健さんと並び日本を代表する俳優さんでしたね。
ジョニー大倉さんは、自分的には「チ・ン・ピ・ラ」が思い浮かびます。白いスーツで恭兵さんと並ぶとカッコよかったです。
西部警察もファンに人気の高い「冬の軍団長」にゲスト出演されてましたね。
お三方のご冥福をお祈り致しますm(_ _)m

| TAKA | 2014/12/13 23:53 | URL | ≫ EDIT

>TAKAさま。
こんばんは!

>高倉健さんに菅原文太さんにジョニー大倉さんと
>訃報が続き残念ですよね。
>高倉健さんはヤクザから旅するおじさん役まで
>幅広く演じ、80代になられても主役を張れる俳優さん
>だったという事が凄いですよね。
>文太さんは、晩年は俳優さんとしては活動しません
>でしたが、やはり健さんと並び
>日本を代表する俳優さんでしたね。
私もここまでのビッグネームが相次いで亡くなって
正直驚いています(´・ω・`)
私の中で健さんは幸福の黄色いハンカチの
イメージですが、どの作品も良い意味で「高倉健」を
演じられていてブレなかったと言う意味では
やはり健さんは健さんを貫かれたとお思います。
文太兄ィは逆に役に応じてスタイルを変えてましたが
それにしても文太さんらしい芯は変わらず
演じられていた点も私的には大好きでした。

>ジョニー大倉さんは、自分的には「チ・ン・ピ・ラ」
>が思い浮かびます。白いスーツで
>恭兵さんと並ぶとカッコよかったです。
チ・ン・ピ・ラもジョニーさんだったんですね!
お恥ずかしながら作品名のみ知ってましたが
まさかジョニーさんもでていたとは・・・・
私の中では爆走トラッカー軍団のイメージでしたので
ジョニーさんの新たな所も知らなくではと思いました。

>西部警察もファンに人気の高い「冬の軍団長」に
>ゲスト出演されてましたね。
どの話だったかなと思ったらあの海賊放送の回だったんですね!
そういえばあのハイエースのオーナーが
ジョニー大倉さんだったなと気づきました。
あの回はなんとも言えなく西部署視点ではなく
東京ボヘミアン側に感情移入してしまうようで
私も再放送の時に妙に印象的でした(´・ω・`)

>お三方のご冥福をお祈り致しますm(_ _)m
私も同感でございますm(__)m

| HITEQJASMINE | 2014/12/14 22:07 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1091-66653947

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT