HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハセガワのサニートラック・ロングボデーデラックスのキットレビューです♪

すっかり寒くなってきましたが皆様いかがお過ごしでしょうか?

ニュースを見ると軽自動車税に新たに燃費が悪い車から
税金を取るという燃費税を導入するとか言ってますが、燃料を食うばかりで結果を出せない
燃費がと~っても悪いオエライサンのギインのセンセイ方からも税金をたんまり取るってのはいかがでしょう?
ガスガズラー同士、仲良く増税しようじゃありませんか!
(´-`).。oOただ、ガスガズラーって言いたかっただけなんだよなぁ・・・・・

さてさて、さては南京たますだれ。プラモデルの話題に行きましょうか!

何というか、プラモデルっていうのはここ最近はマニアックなものになってきてるので
少々のことでは驚かないというのが率直な意見なんですが
フジミの230ローレルあたりからの一連の旧車やアオシマのサンバーに430セダンなど
それでも「うおおおおおおおお!!!」というモデルが有るのもまた事実です。
今回はどちらかと言うと、そちらに分類されるものだと思います。

今回ご紹介するのは皆さんお待ちかねの
ハセガワのサニートラックでございます♪

ちなみに今日は即効で仕事を片付けて会社から模型店へ寄り道して買いに行ったのは内緒です(笑)
・・・・でも渋滞していたので急いで終わらせた分なんか関係なかったですが(´・ω・`)

この箱絵のモデルは長いモデルライフの中でも中期型世代の中期型をモデル化してると思われます。
(GXグリルになってからの顔で樹脂ミラーにホイールキャップ廃止~あたりの54年式以降でしょうか)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

ハセガワのサニトラは率直に言うと、「なんで?なんでハセガワから!?・・・(;・∀・)」という感じでしたが
某MC誌などを見ると納得。どうやら担当者さんのイチオシ企画だったようです。
最近は他社さんでもそういうキットが見受けられますが、会社としては正直博打になるかもですが
我々ユーザーからするとそのイチかバチかの掛けが非常にエキサイティングなのも事実です(笑)
そんなこんなで入手してみますと事前情報通りなかなか良キットの雰囲気が致します。

ハセガワ サニトラ サニートラック GB121

それでは稼ぐサニトラの早速中身を見て行きましょうか!



まずはボディですね!荷台床部分やキャビン後半部は別パーツです。

ハセガワ サニトラ サニートラック GB121

率直に言うと全体的凄いシャープでいいかんじです。
なんというか、フジミやアオシマともまた違うなんと見えないカッチリ感。

スジなんかもシャープな印象で非常に良い感じです。ここらへん軽くスジボリを入れてあげるだけでも
かなり雰囲気が出るんではないかと思います(`・ω・´)

ハセガワ サニトラ サニートラック GB121

窓枠周辺も実に素晴らしい。私の厚塗り野郎Aチームでどう出るか・・・・(笑)
三角窓周辺や、ウインドウのウェザーストリップのモールのモールドまであります(`・ω・´)
私も塗装する時は気持ち薄めに塗らないとですね。

しかもサイドシルのスポットの合わせの部分まで・・・・・!

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

ここまでくると心配になるレベルです(笑)
キーホールも立派なモールドがあるのですが、塗装で埋まってしまいそう。
ここらへんはおゆまる複製が正解かも(´・ω・`)
あと、カウルトップのベンチレータ部のモールドもやや浅いので塗装する時は注意が必要そうです。
白成形なんでかなり白飛びして見えますがモールドが甘いといより繊細という感じでしょうか?
最近のアオシマ製キットのような雰囲気といえば良いいでしょうか。

フロントグリル周囲のモールもボディ側にあるのが謎といえば謎か。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

個人的にここはグリル側にあったほうが良かったと断言させてもらいます(笑)
まぁココらへんは設計思想の関係でしょうか。

ハセガワ サニトラ サニートラック GB121

バンパー下のアンダーパネルの分割ラインやリアのパネル繋ぎ目のモールドなどはないですが
パーティングラインをそこに合わせて設計されてるようで率直に言えば大きい問題はないように思います。
比較的楽に入れられると思いますし、気にしないでもOKなラインかもしれません。
ココらへんも軽くスジを入れるか塗装後などにマスキングして塗装して再現するのも良いかもです。
それかスジ→伸ばしランナー接着か・・・・まぁMC誌の作例のようにスジのみっていうのが一番スマートかもですね。

荷台周りもなるほど!という分割ですね(笑)
箱組して裏側からマウントさせるという取り付け方式は画期的かもしれませんね!
そして、荷台上のロープフック周辺の深くなってる部分は
内側からはみ出させる形で再現するというのも中々のアイディアです。

一体ではなくこういう構成だとヒケは出にくいと思いますし一体より塗装も楽かと思います。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

しいて言うならリアゲートは、開閉式が良かったかもですが
ココらへんは腕のある方は加工で行けそうな気もしますね(`・ω・´)
腕に自身がある方はぜひやってみましょう。私はスジボリでやめておきます(笑)

ロープフックやロックバーなどは別パーツで精密感アップです。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

こういう所は地味にディティールが左右されますから別パーツ化は大正解だと思います♪
ロープフックがないスマートな荷台もトラッキンやUS仕様ではお馴染みですが
やはりジャパニーズトラディショナルミニトラックの1台ですからカスタムしてもあえて残したいですね。

余談ですが高校生の時同じクラスのY君が自転車の荷台のフックを切ればUSベッドになる!と力説し
荷台ケツ上げに全力で反論していたセンスには私は一生勝てないと思いました。
私もカマハンは嫌いだったので純正ハンドルをやや絞ってました(笑)
リアホイールの反射板をあえて取付部はクリアのままで中だけクリアレッドで塗装して(サイドマーカー意識)とか
外せるだけ外してソフト99のタフタホワイトでオールペンとかやってたり・・・(;^ω^)
でも、ヤンキー仕様の改チャリとは違うノリだと思ってましたがあまり変わらず(笑)

お次はシャーシを見て行きましょう。

構成としては組み易さとリアリティが両立していていい感じだと思います♪
率直に言うと、これくらいのバランスのキットが好きですね。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

フレーム周りも結構リアルで、完成後はちらっと見えそうな雰囲気がいいですね(^ω^)

エンジンも下部が再現されてますね!

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

しかしちゃんとストラットタワーのモールドがあるのが意味深(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

昔のハイグレードキットのように限定でホワイトメタル製のA12が乗ったりして(;^ω^)
まぁ実際はユーザーの方で・・・・ということなのかもしれませんね。
ただ、インテリアの床はシャーシ側にあり押し出しピンや金型の荒れなどがあるので
こだわる方はなにか敷いても良いでしょうね!ハセガワといえば糊付きカーペットなんですが(笑)

マフラーも独特の細さで実車のようですね(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

驚きなのがなんとサイレンサーが別パーツでモールドされておりなんと
昭和54年排気ガス規制適合車のJ-GB121(昭和54年~)
昭和56年排出ガス規制適合車のL-GB122(昭和56年~)が作り分けられます(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

こだわりが凄すぎて妙な汗が出てきてしまいました(;^ω^)
これって凄いことだと思うんですよね。この年代は日産車のみならずいろんなメーカーの車が
あれこれ排気ガス規制関係で細かい仕様変更が行われており
「サニトラ中期」の表記だけで終わらせられる所をあえてこういうマニアックな選択式にしたのは
担当者さんのマニアさと老舗ハセガワのこだわりを表してるような気がして驚いております。

そして、いずれかはアフリカ仕様のハイルーフな1400BAKKIEもお願いします(笑)
上級グレードのChampも出ないかな~
出たらおじちゃん今回みたいに二個づつ買っちゃうよ(*゚∀゚)=3ハァハァ


さて、個人的激萌え再現がリアのスペアタイヤ周辺です。
まずステーというかキャリアもばっちり再現されていて・・・・・

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

このまま加工てっちんとしても使えそうなタイヤ別体のスペアタイヤ(ホイール)に・・・・

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

アオシマのサンバーなどもそうですがこういう所に力が入ったキット、大好きです(笑)
リアから見ればナンバープレート奥にちらっと見える姿がたまらないでしょうね・・・(;´Д`)ハアハア
その奥にはホーシング・・・・う~ん・・・たまりません(;´Д`)ハアハア

今回のシャーシ周りのトピックといえば車高選択式というところでしょうか。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

フロントはストラット部分の作り分けとなりますが、個人的にはスペーサーで調整する方式のほうが
後でも弄れるので良かったなぁというのが本音でしょうか(´・ω・`)
気分でいじれるのでせっかくホイールが二種類付いていますのでそういう形で楽しめたらなと。
ちなみにフロントはホイール側にピンを持ってきてますね。
これは恐らくタイヤの切れ角を再現するため軸の支点を
外側に持ってこれるという設計にしやすいのからではないかと予想。

ホーシングは車高ダウン用にダウンブロック付きです(笑)
というのは冗談でスペーサーの入れ替えで車高を選択するタイプです。
車高が低いバージョンも適度にローダウンされるのがいい感じですね!

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

ちなみにリア側はホイール側にポリキャップ式が選択されています。

タイヤやホイールはこんな感じです♪
上でも書きましたが今回のトピックはやはりホイールが二種類付属していることでしょうか。
激萌えの純正テッチンと・・・・・適度なサイズのワタナベ風8本スポークです。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

純正テッチンはもう少し穴が大げさでも良かったかな?でも、紛れも無くあのホイールですよね(笑)
8本スポークはややおとなしめのサイズ設定で通好みかも。

これはナイスアイディアだと思いました。
ハセガワはホイールの金型は2輪分モールドされているものが二個成形されてるのが常ですので
こう言ったサービス心あふれた遊びができたのではと思います。
アオシマのようにホイール違いをSPで出すのもバリ展ファンにはたまりませんが
コンバチキットというのもこれまたプラモの魅力。メーカーの発想の違いが如実に現れて面白いです。
ホイールが沢山というのはローレルやブタ目あたりのフジミの旧車系キットみたいですね(笑)

タイヤは新規なのかなー?詳しい人教えてください(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

ダルマセリカあたりもこれでしたっけ?と思うももうちょっと大きかったかな?
そういえば年末に出るという噂のノーマルホイールのダルマセリカも気になってます♪
(話せば長くなりますが子供の頃バンダイのキットが憧れで・・・・)
そして上記しましたが勿論スペアタイヤの分5輪分付きです♪


さてさて、さては南京玉すだれ。外装パーツを見て行きましょうか!

フロントグリルなどもボディ側のモーっルが惜しいですがまさかの二分割で塗り分けも楽ちんっぽいです。
こういう所は初心者の人もOKですよね♪ぜひ角目も・・・・(しつこい)
ちなみに個人的キングオブ萌えディティールがこちら。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

実車と同じく110サニーのGXなどでお馴染みのグリルに四角いSマークのエンブレムを
接着するという実車と同じ構成になっている点ですね!
実車は外すと丸型の土台がちゃんと残るのでそこまで再現されてれば完璧だったかも(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

これはMC時にクーペのグリルを流用している関係でしてマニアの方ならお馴染みのディティールです。
しかも意味深な丸エンブレム付(笑)サニトラが好きという担当者さんのこだわりのひとつかもですね。

バンパーなども中々よく出来てると思います。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

コーナーラバー部分は別パーツですね!こういうのも地味に塗り分けが楽になるので助かります。
メッキの一本バンパーが意味深です(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

おにぎりみたいなチョコンとしたリアバンパーもかわいいですね(笑)
これを枕にして寝たらそこら辺のチャンネーよりいい感触でしょう。嘘つきました。

実車だとグレーっぽくなる樹脂ミラーがなんともキュートですね♪

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

メッキパーツのミラー鏡面も付いております♪くりくりと朝まで撫で回したい今日此頃です(笑)

しかし、そんな樹脂ミラーの他に意味深なメッキミラーが!

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

う~んこちらも嬉しいサプライズ(笑)
これは前期モデルよフラグというより、ある程度の素材を出したかユーザーでどうにかしろ言うフラグかもですね。

ドアノブは別体型でピラーに付くアンテナも再現されていますね~!

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

インジェクションパーツゆえ、若干太めですがそれなりに細く整形されているので問題無いと思います。


クリアパーツなども透明度があって、薄くていい感じですよ!

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

このあたりは今時のキットならではの良さがありますよね♪
リアのウインドウの隣のスペースが意味深です(笑)
角目のレンズ用のスペースでしょうか(←しつこい)

テールレンズなどもカラー成形ではないですが、形状が形状なんで塗り分けは難しく無いでしょうね。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

ただ、レンズカットがないのが非常に残念!アオシマのサンバーもそうですが
精密系キットには無いのがデフォルトなんでしょうか?
(このキットも金型の雰囲気がどことなく最近の精密路線のアオシマっぽいのは気のせい?)
余談ですが昔セロハンテープをマジックで塗ったであろう男らしいレンズ補修をしたサニトラを見た時は感動しました。


お次はこれぞ漢の仕事場。快適キャビンの内装編です。
こういう書き方をすると現代だとクレームが来そうですね(笑)

まずはダッシュボードですね。塗装指示からも判るように中期はブラウン系のイメージです。
純正の吊り下げ式エアコンクーラーがイカします(;^ω^)
ジーゼル機器製でしょうか?

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

おやおや・・メーター数周辺は別パーツですか(笑)これは前期出るよフラグなんでしょうか(;´Д`)ハアハア・・・・

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

でもおじちゃんは角目が好きだなぁ・・・角目が出たらおじちゃん家の近所のマンションによく来てた
ガス屋さんのサニトラを再現してあげるからね・・・(;´Д`)ハアハア・・・・・言うだけモデリングなう。
ステアリングもそれっぽく再現されてますね。

シートはバックレストは一個のランナーが2つ入ってます。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

座面部分はホイールと一緒にモールドされています。
ハセガワはこういう構成が多いですが、ここらへんはコストの関係なんでしょうかね?
それとも設計思想なんでしょうか・・・プラモデル七不思議の一つと言う事で(笑)

この中期型の内装というと、ツートンのブラウン系のシートですが
私が子供の頃良く見かけたサニトラはだいたい醤油せんべいみたいな色になってました(笑)

内張りなども良く出来ていますね。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

ドアポケットがこれまたJ-とL-で作り分けられている点が実にマニアック(笑)
これ他社でも、スルーされてしまうような気がします(;^ω^)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

内装もかなり実車に近く再現されていて好印象です。
個人的にはサニトラはクーラー付きより窓を開けてそのままになって路駐してるイメージが強いので
窓からちょこっと除いて居たりしたのを思い出します。
サニトラって昔はそれこそ結構走ってたイメージなんですよね。
一番印象深いのがガソリンスタンドとかナショナルショップ的な街の電気屋さん。
ガラス屋さんに設備屋さんなど色んな車が走っていたような気がします。
個人的には日本一「危」マークが似合う小さい車のような気がしますね(笑)

デカールはこんなかんじです♪

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

エンブレムのデカールは数種類入りですね!
黒いのは中期の前期型?で赤いのは中期の中期~後期用で隣の丸型は前期のDATSUNマークの様です。

車検ステッカーは新旧入ってますね!
4ナンバーのデカールが欲しかったですが、まぁ何かから流用が良いですかね。
他にも細かい部分のデカールやホイールキャップのデカールがやたら入ってるのがポイント高し(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121

23番は寒冷地仕様車のステッカー!う~んマニアック(;^ω^)
ただ、画像でわかるようにむき出しなのが玉に瑕です。せめて別のランナーの袋に入れてくれないかなぁ。

まとめ。

さて、ざっくりかつダラダラと書き綴ってみましたがいかがでしたでしょうか?
正直、サニトラがハセガワから出ると思っていなかったというのが本音ですし
もしかしたらネタなんではないかと思うくらいの不思議さがありましたが
実際に発売されてみると、非常にハセガワらしい真面目なキットですね。
やや惜しいと思う部分もありましたが、組み手を熱くさせるような部分もあるので良いと思います。
塗装指示の細かさはハセガワらしさを感じましたし。
担当者さんが頑張ってい通したという企画のこのキットを通じてハセガワのカーモデルが
新たな一歩を歩きはじめてくれたような気がしてカーモデル好きとしても車好きとしても嬉しい1台です。
私は正直やはり国産市販車が軸なので再販意外のハセガワのキットはかなり久しぶりでしたが
早くもどういう仕様で組もうか非常に迷っております(`・ω・´)
ノーマルのブルーかブラウンか・・・・箱絵のホワイトも捨てがたい・・・・
ナショナルカラーとか有名サニー乗りの人っぽくカスタムするとか夢は広がりまくりですね!
てなわけで、ハセガワさんにもバリエーションを期待したいと思います。
角目とか角目とか角目とか前期丸目とか角目とか角目とか・・・・・

そして、ハセガワのサニトラの発売で触れないわけには行かなかったので
あえて触れさせてもらいますがアオシマもサニトラを企画をしていたという事実。
発売のアナウンスで、ある意味では一番驚いたのはアオシマさんだったんじゃないかなと思います。
アオシマの黒幕Oさんもブログでバッティングを残念がっておられましたが
今やマニアックな市場となりつつあるカーモデルの世界では一方が出たら
販売台数の事などを踏まえると企画を諦めるというのは仕方がないことなのかもしれません。
正直アオシマ版も見てみたいというのが率直な本音ですが、ハセガワのキットを見ると
差別化をしてもやはり商品としてはあまりにも真正面なバッティングしてしまうように思いますし
サンバーのタイヤはサニトラへのためだったという事もアオシマもそれほど本気だったという事でしょうし・・・・
今回のキットを眺めながら「アオシマならここはどうしたかな・・・・」とか実際頭をよぎりましたし。
残念ではありますが、なにかタイヤが流用できるようなキットで盛り返してもらえればと思います。


しかし・・・ここ最近のカーモデル業界、激熱ですねぇ(笑)
アオシマの430セダンとかもそうですが、良い意味でのマニアック化は凄いと思いますし
何年か前だったら企画すら通らなかったんじゃないかなぁと実際思いますよ(;^ω^)
サニトラも定価はやや高いとは思いますが内容を考えたら決して悪く無いですし
この状況は有りがたく思わなくては行けないのかもしれません。

ハセガワのサニートラックも実車の様に末永く愛されていって欲しいと思います♪

やはりここは角目や1400Bakkyを・・・・ゲフンゲフンwwww
(個人的に一番好きなのは最終角目なんですよね。限定で愛○機械工業最終生産車とか出たら嬉しい。)
でもまずはステンレスグリルの前期あたりからの発売になりそうですね♪

なのでハセガワさんにはKP61あたりをリクエストしておきます(笑)
あるいは初代シャレードとか・・・・これは企画にすら上がらないか・・・・(´・ω・`)
でもこのキットが与えた衝撃はこれからもぜひ続けていって欲しいというのも率直な本音です。
私も今回はご祝儀代わりということで早めに予約して2台買ってみました。

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121


気になった人は模型店へGO!


おまけ。

荷台の当てゴムがたまりません(笑)

ハセガワ サニトラ サニートラック ロングボデー デラックス GB121
スポンサーサイト

| 車プラモレビュー | 20:48 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんばんは!

おお~!早速入手されましたか!
当方も予約してあるんですが、行き付けの模型店が弱小なので問屋からの荷物が遅れるという…(泣)
故にいまだにアスリートも入手できていません…orz

今回のハセガワ@サニトラはビビりましたねw
アオシマは相当悔しいでしょうけど、この手はハセガワに軍配かも。

決して煽る気は有りませんが、HITEQ様クウォリティでの完成披露を楽しみにしてます!

| @Saka. | 2014/11/07 21:01 | URL | ≫ EDIT

私も問屋入荷待ちです

こんばんは!

ハセガワらしい正確な縮尺でジオラマなどにもぴったりなキットですね。

フロントのグリルはメッキシルバーか何らかのマテリアル必須ですかねぇ。

ハセガワも他のメーカーの最近の流れにのってさらに魅力的なマイナーキットをリリースしてほしいですね!

| めぐさん | 2014/11/07 22:14 | URL | ≫ EDIT

ハセガワのサニーもう入手されたとは…恐るべしhiteq様。
僕も発売アナウンスの時から商用車マニア度メーターが0からいきなり12000回転でレブってる状況です(意味不www)。いつか絶対買うぞ!!!

余談ですがシビックフェリオもほしくてたまりません(笑)

| ADエキスパート | 2014/11/07 22:49 | URL |

いつもながら詳細なインプレッションですねぇ♪

大変ご無沙汰しておりました。

なかなかコメントにうかがえずもうしわけありませんなTakuでございます。

今回のサニトラ、前評判どおりの名作になりそうなキットですねぇ。

個人的にはタイヤは折角ならバイアスにしてとかホイールサイズは12インチだろとか突っ込みたいところですがこれはセリカとの共用化を考えればなるほどな展開ですし、その一方メッキのバンパーやミラー、それにシートバックのみ別ランナーということををかんがえたら初期型への改造は待った方が無難かな、とかホイールの取り付け方法はもう少し社外品付けれる配慮が欲しいな、とか言いたい所もあるのですけどそれは自分の所で改めて、という事でとりあえず製作途中をざっと掲載しましたんでご覧いただければ、と思います。
http://niceboke.blog.shinobi.jp/Entry/125/

私的にハセガワにリクエストならランサー、それも初代とランタボを押したいですねぇ。
どちらもラリーフィールドで名を馳せましたから。

それでは、また機会を改めて・・・。

| Taku | 2014/11/08 00:21 | URL | ≫ EDIT

>@Saka.さま。
こんにちは!

>おお~!早速入手されましたか!
>当方も予約してあるんですが
>行き付けの模型店が弱小なので
>問屋からの荷物が遅れるという…(泣)
>故にいまだにアスリートも入手できていません…orz
すみません、一足先に入手させて頂きました♪
たまたま今日入荷という話を聞いていたのと
仕事が思いのほか早く終わったのが幸いして
少し早めに入手することが出来ました(`・ω・´)
私が以前通ってたお店も定休日と問屋便の関係があって
新製品は早くても数日遅れでした・・・・
大型店舗や量販店は模型店のような味はありませんが
入荷が早いのはせめてもの強みでしょうか・・・・

>今回のハセガワ@サニトラはビビりましたねw
>アオシマは相当悔しいでしょうけど
>この手はハセガワに軍配かも。
私も本当に驚きました(笑)
旧車系に強いですし、カーモデルの新規キットが
少ないメーカーさんですから逆に
じっくり開発できたのかな?と言う感じですね。
それにしてもアオシマも驚いたと思います。
絶対アオシマの仕事だと思ってましたので(;^ω^)

>決して煽る気は有りませんが
>HITEQ様クウォリティでの
>完成披露を楽しみにしてます!
うはは(笑)ありがとうございます♪
まずは430タクシーと行きたい所ですが
少しいじり始めてしまい、そのまま寝てしまい
朝を迎えてしまったのは内緒です・・・・
でも、作りたいネタが次々と浮かんできて困ります(笑)

| HITEQJASMINE | 2014/11/08 09:26 | URL |

>めぐさんさま。
こんにちは!

>私も問屋入荷待ちです
そうでしたか!一足早く入手させていただきましたが
非常に良いキットですので早く届くと良いですね♪

>ハセガワらしい正確な縮尺で
>ジオラマなどにもぴったりなキットですね。
たしかに妙な感じはありませんね!
シャープな印象も相まって雰囲気ありますし
まさにサニトラのあの感じが出てると思います。
仰る通りでジオラマが似合いそうですね(`・ω・´)
恐らく模型誌や展示会などでジオラマ仕立てのものが
バンバン出てくるであろうと予想しております(笑)
少しやれた感じが似合いそうですね。

>フロントのグリルはメッキシルバーか
>何らかのマテリアル必須ですかねぇ。
たしかになんでここだけ?と言うのが本音です(笑)
前期グリルにもモールがありますからねぇ・・・
メッキシルバーが一番手ごろかもしれませんね。
ミラーフィニッシュの細切りなんかも
角を気にして貼れば大丈夫かもしれません(;^ω^)

>ハセガワも他のメーカーの最近の流れにのって
>さらに魅力的なマイナーキットをリリースしてほしいですね!
まさに仰るとおりです(笑)
少しはアオシマさん的なノリが
業界に吹いてるのかもしれませんね~!
メーカーさんが思ってる以上に需要はあると思いますし
何よりここ何年かでユーザーもコアになってきてますから
ハセガワさんも新たな流れを作って欲しいです。

| HITEQJASMINE | 2014/11/08 09:38 | URL |

>ADエキスパートさま
こんにちは!

>ハセガワのサニーもう入手されたとは…恐るべしhiteq様。
いえいえ、これも物流業界の皆様のおかげです(笑)
ですが今日はたまたま仕事がスムーズに進んで
時間が出来て早く模型店に行けたとのと
戸締まりの係の人が用事で、早めに閉めたいという
奇跡が重なったりしたのもあります(;^ω^)

>僕も発売アナウンスの時から
>商用車マニア度メーターが0からいきなり12000回転で
>レブってる状況です(意味不www)。
うははははは!
A12型フルチューンより激しいですね(笑)
ブローしない程度に回してあげて下さい(`・ω・´)
でも、お気持ちよく解りますよ!
私も12500回転くらいでレブってますので(笑)

>いつか絶対買うぞ!!!
値段も少々高いですし、落ち着いてから
買われるというのもアリだと思いますよ!
細かい部分の修正とかもあるかもしれませんし
気にいったバリエーションが出るまで
待つというのも手だと思いますからね♪

>余談ですがシビックフェリオもほしくてたまりません(笑)
ハセガワのフェリオも再販されるまで
かなりのレアキットでしたからね!
前よりは入手しやすい状況ですから
入手できると良いですね~!

| HITEQJASMINE | 2014/11/08 09:47 | URL |

>Takuさま。
こんにちは!
こちらこそ、大変ご無沙汰しております!
最近はそちらにもコメントを残せずすみません。
私も少々自ブログに閉じこもり気味でして・・・・

サニトラ、Takuさんもきっと早組されるのかな?
と思ったらやはり!と言う流れになってますね(笑)
北海道でも発売日に入手されたということは
多少日程調整が入ったのかもしれませんね。
以前製作されたサニトラも驚きの一言でしたが
Takuさんが調理されたハセガワのサニトラ。
非常に気になっております(`・ω・´)

>今回のサニトラ、前評判どおりの
>名作になりそうなキットですねぇ。
各所の気になる部分はあるものの
ハセガワらしい内容のキットかつ近年のカーモデルの
流れ通りバリエーションを期待させる内容ですし
確実に後世に残る名キットになるような気がします♪

>個人的にはタイヤは折角ならバイアスにしてとか
>ホイールサイズは12インチだろとか
>突っ込みたいところですがこれはセリカとの
>共用化を考えればなるほどな展開ですし
>その一方メッキのバンパーやミラー、それにシート
>バックのみ別ランナーということををかんがえたら
>初期型への改造は待った方が無難かな、とか
>ホイールの取り付け方法はもう少し社外品付けれる
>配慮が欲しいな、とか言いたい所もあるのですけど
>それは自分の所で改めて、という事でとりあえず
>製作途中をざっと掲載しましたんで
>ご覧いただければ、と思います。
>http://niceboke.blog.shinobi.jp/Entry/125/
私もホイールはやや大きいかなと思ったんですが
確かにノーマルホイールのセリカには
ちょうどよいサイズかも知れませんね(`・ω・´)
以前Takuさんが制作された童友社ホイール流用の
セリカが凄い印象的でずっと気になってたんで
今度出るノーマルホイールも凄い気になってます。

仰る通りで前期型は確実に出そうですね!
早ければ次のホビーショーで発表でしょうか(笑)
ただ、後期角目はあまり人気が無いようなので
出るか不明ですから自作改造なら後期のほうが・・・
と、もしかしたらTakuさんなら・・・・と
勝手なことを思わせて頂きました(;^^)

ホイール取り付けに関してはポリキャップ式に統一か
又は開き直ってピン式のどちらかにしたほうが
良かったような気がしますね・・・・
改造派は勿論ですが、何より私的には
揃ってくれたた方が気分が良いと言いましょうか(笑)
昔のタミヤのスポーツカーシリーズ的な
走らせるのが前提では無いですからね(;^^)

>私的にハセガワにリクエストならランサー
>それも初代とランタボを押したいですねぇ。
>どちらもラリーフィールドで名を馳せましたから。
ああ、こちらもいいですね~!
私的はどちらも魅力的ですがランタボが欲しいですね!
それにしてもこの流れはハセガワさんも
アオシマさん的なノリが徐々に流れてるんでしょうか?
少し前では考えられないラインアップが続々と
出ている現在は本当に良い時代になったなと思います♪

>それでは、また機会を改めて・・・。
コメントありがとうございました!
私もまたお邪魔させて頂こうと思っております。

| HITEQJASMINE | 2014/11/08 10:07 | URL |

こんばんは。

キットレビュー楽しく拝読しました♪
相変わらず的確にレビューをされていて流石でございます。
むき出しデカールの件と寒冷地仕様のステッカーに反応されたのは
私も嬉しかったです(笑)

それにしてもサニトラがハセガワからリリースされたのには驚きましたね。
しかしキットは極めて正統派ですし、実車の排ガス規制対策や
小改良にも対応しているという、担当者さんのサニトラに対する
情熱をも感じられる素晴らしい内容ですね。
サイレンサーやドアポケットについては、うまく纏める自信がなかった
(この手のネタが好きなので長文になる)ので私はあえてスルーしました(笑)

>リアのパネル繋ぎ目のモールドなどはないですが
実車画像ではここの繋ぎ目がシーラー?で盛り上がって見えるので
スジ→伸ばしランナーで再現という方法もありですね。
今度友人が実車を見せてくれるので、じっくりと取材してきます。

>私の厚塗り野郎Aチーム
「ソリッドでもメタ・パールでもテロッテロにクリアーコートしてみせらぁ!
でも、モールド埋まるのだけは勘弁な。」ですね(笑)
私も厚塗り野郎ですから、この三角窓あたりをシャープに
再現出るのか不安です。

>友情出演
ボディ全体の画像の後ろに、アリイのシティRがありますね~
バックドアが開いたり、テニスラケットや商用モデルの「プロ」の
フロントグリルも入ってたりして、昔からけっこう好きなキットでした。

>ジーゼル機器製でしょうか?
これは懐かしい(笑)「今はゼクセルだよね」と思っていたら、
なんとボッシュだと分かって驚いたのは内緒です。
余談ですが、うちが乗っていた初代マーチの丸いエアクリーナーのフタに
「土屋製作所」、バックドアのガスダンパーには「トキコ」と
書いてあったのを覚えてます。

>私が子供の頃良く見かけたサニトラはだいたい醤油せんべいみたいな色
汚れて黒ずんできますから、それが醤油ダレやおこげのように
見えますね。あと、中央の布と縁のビニールの境目部分が
裂けてくるので、ここにガムテが貼ってあるのも定番でした(笑)


うわさによれば、すでに仮組みも始められたとか、
HITEQJASMINEさんのサニトラは
果たしてどんな仕様になるのが楽しみにしています!

いつも長々とすいません・・・

| ながせ | 2014/11/09 20:51 | URL | ≫ EDIT

>ながせさま。
こんばんは!

>キットレビュー楽しく拝読しました♪
>相変わらず的確にレビューをされていて流石でございます。
>むき出しデカールの件と寒冷地仕様のステッカーに
>反応されたのは私も嬉しかったです(笑)
どうもありがとうございます♪
今回は私もキットそのモノはハセガワなんで
そこまでの不満はなかったのでついつい
デカールなどが気になってしまいました(^ω^)
寒冷地仕様はちょっと別のネタで使いたいですね。

>それにしてもサニトラがハセガワから
>リリースされたのには驚きましたね。
>しかしキットは極めて正統派ですし
>実車の排ガス規制対策や小改良にも
>対応しているという、担当者さんのサニトラに対する
>情熱をも感じられる素晴らしい内容ですね。
>サイレンサーやドアポケットについては
>うまく纏める自信がなかった
(この手のネタが好きなので長文になる)ので
>私はあえてスルーしました(笑)
私もアオシマ又はフジミの領域だと思っていたので
今回のリリースには驚き半分喜び半分という感じです♪
良い意味でハセガワっぽい感じがしますし
アオシマともフジミとも違うアプローチが
模型好きの琴線に触れまくりです(`・ω・´)

排ガス規制区分での仕様の違いは驚きました(笑)
私も正直そこまで詳しくまとめていないので
微妙な違い等は網羅していないですが
模型で排ガス規制区分まで追ったキットは
恐らく初めてではないかな?と思います。
(前期後期やグレード違い等は除いて)

>リアのパネル繋ぎ目のモールドなどはないですが
>実車画像ではここの繋ぎ目がシーラー?で
>盛り上がって見えるので
>スジ→伸ばしランナーで再現という方法もありですね。
>今度友人が実車を見せてくれるので、じっくりと取材
してきます。
私の記憶ではシーラーが塗ってあって
ポコっと膨らんでるイメージが有りますので
上記の再現方法が一番実車に近いかもですね!
研ぎ出しなどはやや不便になりますが・・・・
実車取材とは羨ましいです(笑)
私も近所では絶滅に近い状態ですので
見る機会があったらじっくり見ちゃいそうです。

>「ソリッドでもメタ・パールでもテロッテロにクリアーコートしてみせらぁ!
>でも、モールド埋まるのだけは勘弁な。」ですね(笑)
>私も厚塗り野郎ですから、この三角窓あたりを
>シャープに再現出るのか不安です。
うはははははは(笑)
確かに繊細すぎるので困りますよね!
モールド埋まりまくりですので、そのまま地下に
潜らないように気をつけます(;^ω^)
いつまでもくすぶってるのも内緒です(笑)


>友情出演
>ボディ全体の画像の後ろに、アリイのシティRが
>ありますね~
>バックドアが開いたり、テニスラケットや
>商用モデルの「プロ」のフロントグリルも
>入ってたりして、昔からけっこう好きなキットでした。
友情出演と言う表現に笑わせて頂きました(笑)
これからはキャスト表示の(松竹)(東映)のように
プラモのメーカー名も商品名の後ろに入れようかと思います(謎)
アリイのシティは私は子供の頃にメカドック仕様を
店頭で見かけたのですがその時はタミヤのターボの方が魅力的でそちらを買った覚えがあります。
今思うとハッチ開閉でモトコンポも載せられますし
キットの魅力はアリイのシティは魅力的でしたね!
妙に深リムの純正アルミがなんとも言えません(笑)
仰る通りでプログリルは唯一無二ですし
当時はプロのキットもあったようで
これには衝撃を受けましたね・・・・(;^ω^)

>ジーゼル機器製でしょうか?
>これは懐かしい(笑)「今はゼクセルだよね」と
>思っていたら、なんとボッシュだと分かって
>驚いたのは内緒です。
>余談ですが、うちが乗っていた初代マーチの
>丸いエアクリーナーのフタに
>「土屋製作所」、バックドアのガスダンパーには
>「トキコ」と書いてあったのを覚えてます。
日産系サプライヤーさんもかなり名前が変わりましたよね・・・・
日産グループのCMで流れていた会社もそのままの名前は
殆ど無いのではないでしょうか(´・ω・`)
土屋製作所はマーレうんちゃらですし
トキコは給油機でおなじみだったので
まだあるかと思ったら日立オートモーティブ系に
入ってたりとかしてるようですねぇ・・・・・
余談ですが私の勤務先も以前は日産系サプライヤーに
製品を納入していたらしいんですが経営再建後は
契約も無くなってしまってご縁が無いようです(笑)

>私が子供の頃良く見かけたサニトラは
>だいたい醤油せんべいみたいな色
>汚れて黒ずんできますから、それが醤油ダレや
>おこげのように見えますね。
>あと、中央の布と縁のビニールの境目部分が
>裂けてくるので、ここに
>ガムテが貼ってあるのも定番でした(笑)
なんであんなに黒ずむんでしょうね(;^ω^)
職人さんのタバコのヤニとかもあるんでしょうか?
自動車内装七不思議の一つに数えさせて頂きます(謎)
ガムテープも定番でしたね!
個人的にはガムテープがしわしわになってると
更にテンションが上ってしまいます(笑)

>うわさによれば、すでに仮組みも始められたとか、
>HITEQJASMINEさんのサニトラは
>果たしてどんな仕様になるのが楽しみにしています!
大きな不満点はないのですが
リア側のシャーシのシャーシと荷台床の位置決めの
ボッチがそのままだといい感じに入ってしまい
取り外しにくくなるので少し浅めにすると
脱着がしやすくなるように思います。
一応ブルーで行こうと思ってたのですが
ブルーで組まれる方が多そうなので悩み中です(笑)

いつも長々とすいません・・・
いえいえ、いつもながせさんのコメントには
ニヤッとさせて頂いておりますので
長文大歓迎でございます♪

| HITEQJASMINE | 2014/11/09 22:41 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1085-ad55da53

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT