HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

フジミの窓枠マスキングシール付き再販版初代ムーヴのキットレビューです。

※今回の記事は、模型店巡りで購入したキットの紹介記事の再編集版です。

今回紹介しますのは、マスキング付き再販シリーズのL600系ダイハツムーヴCX/SRターボです!

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

勝手なイメージですが初代も裏ムーブと呼ばれたカスタムが追加されてからは
カスタムが主流になったように思いますが、初期型の標準車のスタイリングは
今の目で見ても非常にまとまっているように思います♪
正直言うとフジミの初代ムーブといえば決してレアではなく(バリエーションを除いて)
最近までCXはカタログに載っていましたし、模型店でも見る機会も多いモデルでしたが
都市部や大型店では最近ではすっかり見かけない存在になってきたような時期のキットだと思います。

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

今回嬉しかったのが選択式でSRターボにも組めるというのが最大のトピックでしょうか。
どうせなら二台分パーツを入れて欲しかっ・・・ゲフンゲフンwwwww
あくまで私感ですが、インチアップ版のSRターボは再販サイクルに乗らなかったので
(直ぐにウッディ風ストライプのインフィールドが出たりやフィールドライナーシリーズに移行したような)
十年以上は模型店で見かけることは少なかったように感じます。
(ですが初代CTワゴンRのバリ展のロフトやAZ-AWGONの方がレアでしょうか・・・笑)

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

ボディなんかは上のMID4の頃ほどの黄金期ほどの勢いはないまでも
この90年代後半~2000年代初期のモデルよりはカチッとしていて当時のフジミらしいです。
厳しい目で見ても窓枠なんかが厚く感じるくらいで雰囲気は良いと思います♪

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

ムーブの特徴でもあるルーフレール周りはなんと一体成型!
塗るのがめんどくさくなると思いますが、これはコレでちゃんと抜けてるのでありかと。
大型のエンブレムの台座は二代目までのムーブっぽいディティールですよね。

SRターボはホイール・フロントスポイラー・ターボ用ダクト等が違います。
CXのキットにも確かSRターボ用のパーツが付いていたような、いないような?
こだわる方はターボダクトの後ろ半分くらいをパテ埋めして箱絵を参照して前側にスジを入れましょう♪

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

まぁ当時はホイールは一種類だけでしたのでコンバーチブルキットと言う事で
二種類のホイールやデカールが付属しており、どちらにも組める親切設計です(^ω^)
こういう選択式ってのはなんとなく嬉しく感じるのは私だけでしょうか(笑)

ってなわけでホイールはバッチリ二種類(笑)

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

形状はやや実車と印象が違うような気がしますが、15年以上前のキットですから野暮なことです。
ですが、SRターボのホイールは個人的に欲しかったパーツなんで嬉しいですね♪

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

左ハンドルのインパネがありますが、決して嘘ではなくある年代から
ヨーロッパに輸出されていましたのでこだわる方は輸出仕様を再現されてみても良いかと思います。
リアバンパーのバンバーポケットが横に広いのは海外のプレートが付くようになってる意味もあるんでしょうね(^ω^)

細かいところではオプション設定のPIAA?だったかの大型フォグがあります。

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

この頃のフジミはある意味ではとても芸が細かかったような気がしますね~(笑)
バンパーに実車よろしく穴あけ等の必要はありますが枠とレンズはきちんと別パーツになってます。
この他にも人工芝がついた自転車やBOXキャリアがついた
フィールドライナーシリーズではフロントのガードやフォグが付いてましたね。

当時は全く気づかなかったんですがあっさりとした内装のバスタブに光るディティールを発見!

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

リアシートのレールなんですが、当時は軽クラスでは唯一の左右独立スライドシートでしたので
このモールドは非常に意義があるような気がします。
ライバルというか、ある意味では影響を受けたであろうワゴンRが質素な道具っぽさを出していましたが
ムーブは少しダイハツっぽく少し凝った事をしたのもライバルを越えようとした所以でしょうか。

こちらが例のマスキングです(^ω^)
こちらはリアのクォーターウインドウとリアガラスが特徴です♪

フジミ ムーブ 再販 CX SRターボ

デカールはちなみにCX/SRターボ両方ちゃんと入っていますのでご安心を。
MID4とかもそうなんですがフジミもデカールをアオシマのようにリニューアルしてくれると非常に嬉しいんですがねぇ・・・・
それか、ナンバープレートや車検ステッカーなどはある程度共通にしてしまっても良いかもですね。
でもデカールが自作できる時代にそれもちょっと違うような気もしますけどね。

私も昔にSRターボのキットを組んだんですが、失礼ながら当時はこのキットの味を味わえなかったのか
ライバル車のワゴンRのRG4のキットについてきた8本スポークホイールの方に惹かれたのかはは解りませんが
あまり興味をそそられなかったのが正直なところなんですが、いざ見かけなくなってみると恋しいキットであり
今では良く出したなぁ~と言う車種選択の段階でのフジミらしさ全開で素晴らしいモデルだと思います。
個人的にはSR-XXにあったボンネットとかエアロがシルバーになる謎のツートン(スペシャルオーダーカラー)の
レッドマイカの方で作りたいような気がしますが、赤のアクセント入りホイールとかサイドステップが悩ましいです(笑)
この謎ツートンなんですが、こないだ朝通勤途中でブラック/シルバーの個体とすれ違ってビックリしました(;^ω^)

こう見るとフジミさんもアオシマさん的なおまけ付き再販に力を入れていくのでしょうか?
勿論地味に嬉しいマスキングシールは勿論なんですが今回のムーブのように
セットできるパーツが有るならちょこっと入れてくれると嬉しいというのがバリ展マニアの率直なリクエストですね(笑)
例えばEKシビックのVTiやDCインテグラのSIRなど90年代中頃あたりの
妙にマニアックなバリエーションを出していた頃の商品というのも一部のマニアには需要がありそうですね。
スポンサーサイト

| 車プラモレビュー | 00:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1081-e87fa813

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT