HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アオシマ・TT2サンバー製作記その4。内装編。

今回は前置きもなくいきなり本題に入ります。
勢いに乗っているうちにサンバーの内装も進めてしまいました(^ω^)

日曜日は久しぶりの天気ということで、午後までじっくりと塗装に励みました(笑)
それほど大変なパーツはないので内装をサクサク組んでいくことにします。

注意点は特に無いんですが、先に箇条書きしてみます。
1ダッシュボード上もヒケが合ったのでパテ埋め。
2コラム裏の空洞をパテ埋め。
3運転席シートがきつかったのでぴったり嵌るように削りこみ。
4エアコンユニットにセットでモールドされてるステアリングシャフトを2回折る。
5シフトレバーの蛇腹の段差を削ってたらシフトノブを3回折る。

という感じです。なんか自分のミスが多いですけど(笑)冗談はさておき、内装ですね!

まずはベースとなるフロア部分の塗装ですね!
基本的にはボディ塗装時に同時に塗ったのですが、例の画像エラーで画像はないんですが
ボディ塗装時に押し出しピン跡を埋めておきました。

その後、いつもの様に塗装が回りこんでない状態を再現しようとサフを吹き・・・

アオシマ TT2 サンバー

ボディカラー近似色のブルメタを吹いて・・・こんな感じに。

アオシマ TT2 サンバー

実は当初はブルメタが余りまくっていたので裏にもたっぷり吹いたんですが
アオリの塗装ミス等もあって結局塗料がギリギリに(笑)
やっぱり工程としてはサフを吹いてからボディ色を吹いたほうが良いですね。
後でサフを吹いても結局思ったように色が飛ばないんですよね・・・・

今回は実車が見れなかったため。どうなってるか不明でしたが
白の軽トラを見た限りの印象と雰囲気でそれっぽくなるようにしてみました。
(フェンダー内はそれなりに色が回ってたので中心にグレーが来るように・・・・)

アオシマ TT2 サンバー

シャーシ側から見るとまぁそれっぽいかなと・・・・


裏が済んだら車内側です(^ω^)
こちらも説明書ではボディカラーの指示でしたがビニールのマットが敷いてあるので
これまた実車を見た時の記憶と画像で脳内補正します。
シート下までビニールがありましたんでフェンダー丸い部分も
ドア内張りのパーツを入れても若干見える位置を残してマスキングです。
ペダル前側も気持ち残るようにしておきました。
その後、セミグロスブラックに若干白を入れてラバーブラック風の色味で塗装です。

アオシマ TT2 サンバー

ここは当初もっとビニールっぽくなるようにテカッとした感じで塗ったんですが
惜しいことにエアコンユニット等が映り込んでアレだったので
画像撮影の後につや消しクリアを軽く砂吹きしてトーンを落としてみました。

乾燥後、足元をマスキングしてコンソール部をグレーで塗ります。
(こちらは内装用に調合したクレオスセミグロスブラックに光沢ホワイトを混ぜた色です)

アオシマ TT2 サンバー

若干シボになるように濃い状態で砂吹きを仕上げに数回コートしました。
マスキングを剥がすとあら素敵。というか地味な絵面です(笑)

アオシマ TT2 サンバー

この段階だとワクワク度があまりありませんね・・・・
欲を言うとフロアのビニールマット(オプションのマットじゃなくて床に初めから敷いてあるやつ)の
モールドがあればもっと良かったかもですね。
もちろんオプションのフロアマットのモールドでも良かったんですが・・・・


お次はシートですね♪WRブルーリミテッドだと専用生地にイエローのステッチが入ります。
このステッチは正直オミットでも良いと思うのですがちょっと再現してみますね。

ペーパーである程度下地を整えてからサフで若干砂吹きを行いザラザラさせてから
おもむろにイエローを吹き付けます。

アオシマ TT2 サンバー

これだけ見ると謎のパーツです(笑)
その後知ってる限りでは一番細いアイズプロジェクトのミクロンマスキングテープ0.4ミリを貼り・・・・
フラットブラックに先ほどのグレーを若干混ぜたブラックで塗ってマスキングを剥がすと・・・

アオシマ TT2 サンバー

こういう感じに・・・っていうか


イエロー太っ!

ウ~ン・・・・これはパイピングみたいで悩ましいですが塗ってしまったし・・・・
若干のオーバースケールは模型ではよくあることじゃないか!とか
思った以上に綺麗に出来てるじゃないかとか自分に暗示をかけてこのまま行くことにします。

アオシマ TT2 サンバー


まーぼでぃーがかぶさりゃあーめだたなくなるんだしーこれくらいのふとさががいいんじゃないかねー

と、自己暗示自己暗示(笑)
自己暗示がてらに、フラットクリアを砂吹きしてさらにマット感を強調してみました。

アオシマ TT2 サンバー

まぁなんというかイエローのマスキングテープですんで
ブラックで塗った後にこのマスキングテープを貼れば良かっt・・・・ゲフンゲフン!!!




お次のダッシュボードはコンソールを塗ったグレーでこちらも濃い目に砂吹きを行って
ダッシュボードのシボを再現してみました。
色味としてはもうすこし明るいほうがメリハリが付いたかなぁと思います。

アオシマ TT2 サンバー

あ、そうだ。塗装前にやや角ばって見えましたので若干丸みが出るようにペーパー当てました。

後は実車画像や説明書を参考に細部を塗り分けてデカールを貼ります。
ステアリングコラムスイッチ類のデカールはもうアオシマでは定番ですね♪
地味ながら存在感が出るので非常にありがたいですね。

アオシマ TT2 サンバー

デカール貼付け後にフラットクリア軽く砂吹きして、デカールのニスの光沢感を落としてます。

ハザードスイッチにエアコン操作パネルとかオーディオ等はデカールで再現されてます♪
少しモールドを削っといてあげると良さそうですね、と言うかやっといたほうがいいです(笑)

アオシマ TT2 サンバー

私は一度貼って密着しなかったのでデザインナイフでモールド軽く落として貼り直しました。
失敗したらデカール請求じゃい!と思ったら1000円もするようで・・・・
GSRのデカール軟着剤でも破れない丈夫なデカールでよかったです(;^ω^)

エアコンルーバー・シガーソケット・灰皿はエナメルのセミグロスブラックで塗装。
運転席側のスイッチベースはセミグロスブラックで塗装後に楊枝の先っちょで点を入れて
へッドライトレベライザーと集中ドアロックのスイッチを再現してみました。
軽トラも集中ドアロックがついてる時代ですか・・・・・
TNアクティとかの(ロックしましょう)ステッカーの方がマニア的には萌えるんですけど時代の流れですねぇ・・・
このWRブルーリミテッドも特別仕様車ですからエアコン・パワステ・CDプレーヤーのフル装備ですが
前にも書きましたがアオシマのキットはWRブルーリミテッドを取材したそうですので
ある意味ではWRブルーリミテッドにするにはラッキーな選択と言えるでしょうね。

シフトノブにも4WD切り替えのスイッチが有りますのでデカール貼りましょう。

IMG_7771.jpg

もうちょっと前のほうが良かったかな・・・・(シフトパターンが後にあるので)
ジャバラ部分は段差が多くて仕方なくモールドを新たにデザインナイフで削り込みました。
その後タップリとサフを吹き付けてごまかしてます。
もちろんシフトノブが折れまくったのでその痕跡えお隠すためもあるのは内緒です(;^ω^)


お次はエアコンユニットやサイドブレーキやペダルを取り付けます・・・・・

アオシマ TT2 サンバー

エアコンユニットはクレオスのセミグロスブラックで塗装。
ステアリングシャフトは光沢のブラックを筆塗り。床のブーツ部分は艶消し黒。
ペダル本体はセミグロスブラックですがブレーキとクラッチはゴム部分のみ艶消し黒で
アクセルペダルは光沢のブラックで、サイドブレーキはグリップ部分を内装色で色差ししてます。

なんか同じ言葉の羅列でラップみたいになりましたね(笑)
もし、ニットーのチェリーバネットが落ちてたら直ぐ俺に言え~
もし、バンダイのファーゴが枕元にあったらすぐに俺に言え~ (意味がわからん)


ドアトリムは基本的にはボディと同じ工程で塗装後に内装色を吹き付けました。

アオシマ TT2 サンバー

こちらはドアトリムとアームレスト等が同じような質感でしたので
あえて塗り分け等は行っておりません。
パワーウインドウスイッチをエナメルのセミグロスブラックで塗って
その後ウェザーストリップ部分をエナメルの艶消し黒で筆塗りしました。
一度塗って乾燥後にエナメル溶剤を含ませた綿棒で拭きとって塗りました。
あまりアップにしないのはお察しください(笑)
ついでに穴部分にも艶消し黒を指しておきました。
前にも書きましたが、この部分はボディ色のランナーに入っていて欲しかったですね。

本来であればシートベルトやドアロックノブを再現すれば完璧なんでしょうけど
今回は・・・え・・あの・・・(;^ω^)
あ・・・フト思ったんですけど、これほどのキットなんですから
シートベルトやバックルのパーツがあっても良いような気がしますねぇ・・・と話題を変えてみます(笑)



細かい書き忘れとかもあると思うんですが、とりあえず内装は一段落です♪

アオシマ TT2 サンバー
※クリックで拡大(ですが、アップに耐えないかもです・・・)

ステアリングは内装色よりやや濃いブラックに近いグレーで塗装です。
ステアリングにはスバルマークの貼り付けの指示がありますが
実車では型押しのマークなんでカラードのエンブレムはあえて貼りませんでした。
(カッコはいいんですけどね)

アオシマ TT2 サンバー
※クリックで拡大

うーん・・・やっぱりイエローのラインが太いような(;^ω^)


車内小物がまだ残ってますがボディ周りの組み立ての関係で
次回はボディ磨き~ボディ周辺パーツの組み立て辺になると思います。



おまけ。
ヘッドレストも塗り分けたんですがさらに太く感じます(笑)

アオシマ TT2 サンバー

でも、このまま行きます(;^ω^)
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2013) | 00:02 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

おはようございます。

ブルーLTDの外装色からすると
内装は派手だったりして…と思っていたら
意外にも落ち着いた感じに少しアクセントを足しただけなんですね。
まあ僕は内装は落ち着いた感じのほうが好きな派ですが(笑)

僕のところのシーマは現在バッテリー繋いでいないので、
後ろのドアは中で一度ロックして締めないといけません(笑)

助手席はロックは上にあげといても問題ないので
いいんですがww

| 疾風31 | 2013/10/29 07:49 | URL |

こんばんは。
内装はパーツのリアルさとHITEQさんの腕により、一層引き立っていていい感じですね♪
イエローのステッチもオーバースケール気味ですが、見えるようにするためにはこれくらい必要だと思いますよ!!!

サンバーは作る方によってノーマルでも雰囲気が変わってきますので、HITEQさんのサンバーはどんな感じになるか楽しみです♪

| Lexus222 | 2013/10/29 22:44 | URL |

リアリテー

リアルです。

| まっつん改 | 2013/10/29 22:50 | URL |

模型は手数ですよ。
やっぱり黄色いステッチを知ってて無視する訳にはいかないでしょう。
だって本人がそこにある事知ってるんだもん。

私だったらシャーペンでチマチマ点線にしていくところですが、高画質ズーム写真には耐えられませんのでキタナくなるからやらないでくださ〜い。

| たかぼう | 2013/10/29 23:54 | URL |

>疾風31さま。
こんばんは!

内装はたしかに地味ですね(笑)
ですが専用シートと装備で充実化という感じですね♪
インプレッサにも設定があった
ブルーのアルカンターラとかでも面白かったですかね。
私は結構派手なのも好きでして
個人的にはY31セドグロHTの限定車の
ライトブルーMの車体のホワイト内装とか好きです♪
でも実際乗るとシックな方が良かったりもしますけれども・・・(;^ω^)

>後ろのドアは中で一度ロックして締めないといけません
保管中の車は仕方がないですが地味に不便ですよね。
私が乗っていた某日産車は右後のドアロックが効かなくなって
部品を入手したらいつの間にか直ってました(笑)
昔は同乗者に「ロックしといて!」が普通でしたが
今の車は殆どキーレス&集中ドアロックですものね。

| HITEQJASMINE | 2013/10/30 00:11 | URL |

>Lexus222さま。
こんばんは!

どうもありがとうございます!
今回はかなりキットの良さに助けられております♪
色が入る前はどうかな~って思ってたんですが
色が入っていくうちにどんどん良い感じになりました。
細かい所のデカールも入ってますんで塗って
組むだけでそれっぽくなるのはありがたいですね(^ω^)

イエローのステッチの太さは悩んだんですが
不思議とキャビンの中だと
そこまで派手じゃないのが救いでしょうか(笑)
この上から黒とかを砂吹きしてみようかとも
思ったんですが今回はこれがベターかなと思ってます♪

今回は同じ色で仕上げる方も多いので
正直皆さんの個性が出ると思うので私も楽しみです!
(ただ、もうちょっと捻っても良かったかなぁとも・・・笑)

ありがとうございます♪完成まで何とか頑張ります!

| HITEQJASMINE | 2013/10/30 00:23 | URL |

>まっつん改さま。
こんばんは!

どうもありがとうございます♪
ですがこれはキットに120%助けられていますね!
でもキットのボリュームもあるので
少しお腹いっぱいになっているのも内緒です(;^ω^)

次は簡単なキットを組みたいところです(笑)

| HITEQJASMINE | 2013/10/30 00:30 | URL |

>たかぼうさま。
こんばんは!

>模型は手数ですよ。
おおっと!まさに仰るとおりでございますm(_ _)m
一球入魂って言うのか分かりませんが
手を動かしただけ確実に完成品に反映されますので
上手い下手ではなく手数なんだなぁと思います。
たかぼうさんの作風はその辺が伝わってきますよ♪

そうなんですよね。ステッチがあるのを知ってると
再現しとかないと後で後悔しそうで・・・・
特に限定車ということで特別装備のシートは
そこがウリでもありますし(´・ω・`)

>私だったらシャーペンでチマチマ点線に
実はちょっとサインペンで入れてみたんですが
胡麻を並べてるように見えてしまって
直ぐに拭きとったのは内緒です(笑)
でも、ステッチですからそれでも良かったかもですが・・・

| HITEQJASMINE | 2013/10/30 00:39 | URL |

こんばんわー!

内装の塗装の質が素晴らしいですね^^
僕もいつも荒目でやってはいますが、何度も吹きつけることでより質が増すのですね♪
シートのラインもお見事ですね。
あまり細すぎると完成後分からなくなるので、良いじゃないでしょうか?
引き続き頑張ってくださいませ!

| ムル太郎/Ellpyone | 2013/10/31 22:27 | URL |

>ムル太郎/Ellpyoneさま。
こんばんは!

お褒め頂きましてありがとうございます♪
内装は出来るだけ雰囲気が出るように頑張ってみました。
本来であればもう少し手を入れたかったんですが
(シートベルトとかバックルとか)
今回はサクッと仕上げてみる予定です(^ω^)

私はシボをやる時はエアブラシで結構濃い目に
割って吹き付けるだけで
ざらつくような感じで吹き付けてます♪
やはり2~3回は吹き付けてますかね。
最後にたっぷり目にかつざらつくように吹くのがコツでしょうか。

シートのラインはキャビン越しに見るとアリでした(笑)
私もこれくらいでよかったかなと思ってます♪

ありがとうございます!
今回はあと荷台とキャビンの小物だけですので
なんとか形になりそうです♪

| HITEQJASMINE | 2013/11/01 23:54 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1030-60eda624

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT