HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

タミヤの日産Be-1(ミニ四駆)のレビューです。

プラモデルはかつての男の子の趣味としては王道でした。
近年はあまり定着しないようでダンボール戦機などのヒットはあるものの
スケールモデルはどんどん大人の趣味になりつつ有ると思います。
(※私のように例外が居て前にアリイのC32ローレルを買ってる小学生を見た時に感激しました・・・笑)


私が幼稚園~小学生低学年くらいの時にあるブームが起きました。
それがタミヤのレーサーミニ四駆ブームです。
そうですねぇ・・・・どれくらいのヒットかというとサーキット常設の模型店が
当時半ドンだった土曜の午後などに押すな押すなの騒ぎになって居たくらいと言いましょうか。
そしてエンペラーを始めとするダッシュ四駆郎ブームに
今でもタミヤのミニ四駆のフラッグシップ車種のアバンテJrなどなど・・・
(RCフラッグシップのアバンテのミニチュア的存在)
30代中半~くらいの方なら当時のブームにドンピシャの世代だと思います。
アバンテJrなどは当時最新のタイプ2シャーシだったせいか
あまりの人気に抱き合わせ販売や上級生等の強奪事件などがあったほどの
大人気モデルで、手に入れられず悲しい思いをした方も多いと思いかと。
(ボールベアリングをアバンテに付ける!と憧れた人は多いと思います)
私はどちらかと言うとグラスホッパーⅡJr派でしたが(笑)

最近は第三次ブームが来ているようで大型模型店やお宝系中古店でサーキットが常設されたりして
多分私と同世代か少し若い方たちが大人パワーで頑張ってるのを目撃します。
もちろん子ども達などもやってる所を目にしますが
どちらかと言うと昔を懐かしんでやってる大人というのが多いかもしれませんね。
私はしばらく前にメモリアルボックスという一時ブームの頃に人気があったモデルが
発売された際に昔を懐かしんで買ったりしたんですが、所謂当時物マニアになってしまって
今風のチューニング等は全く興味がなく、当時仕様にこだわって一部友人を巻き込み盛り上がりました。
しかし、当時使用に拘るのも楽ではありません。2次ブーム後売れ残ったパーツなどの在庫を
バイヤーが購入して海外に輸出したりされていた事などもあり意外と当時のパーツは残っていませんでした。
ミニ四駆をやっていた同級生に連絡をとって譲ってもらったものも(笑)
「今更何に使うの?」と言われたりも・・・・・

タミヤさんの凄い所は古いパーツも型を残してあるものが有るらしく
幻のミニ四駆であったポセイドンXやプロトエンペラー(非ZX)などの激レアボディや
グレードアップパーツも何点か再販されて阿鼻叫喚という状態でありました(;^ω^)
(版権の問題か違いの分かる男の由良拓也氏デザインのビッグウィッグJrは再販されませんが・・・)
「良い年こいてミニ四駆?」「当時仕様?( ´_ゝ`)プッ」となる人も多いかと思いますが
あのムーブメントを体感した世代の模型系ホビーが嫌いではない方なら分かって頂けるかと思います。


前置きがリアローラースタビセットの横ステーのように長くなりましたが本題です。
最近は昔のマシンの再販等もなくスルー状態が進んでおりましたが
なんと先月タミヤから突然Be-1の発売がアナウンスされました!

正直戸惑いました。

なんで?今?Be-1?なんでなんで?

と、思っていたんですが、型を作ったものの
版権の関係でリリース出来なかったという噂のあった物のリニューアル販売という噂が・・・
私もおぼろげながらこの話を記憶しておりましたので
実際に出るのが楽しみで楽しみでしょうがありませんでした。

そんな話題のキットが発売されたので見て行きましょう(^ω^)

タミヤ Be-1 ミニ四駆 

いきなりですが中を見てみましょう。
ミニ四駆世代にはたまらないタイプ3シャーシとイエロー成型の可愛いボディが目を惹きますね。

タミヤ Be-1 ミニ四駆 

ボディは思った以上にスケール感がありますね。

タミヤ Be-1 ミニ四駆 

ディティールアップしてスケールモデルとして組むのもオツかと(笑)
きちんとした寸法は出していませんが1/28くらいでしょうか?
レンズが別パーツだったらなぁ・・・とか粋じゃないことを言ってみます(;^ω^)
まぁミニ四駆という走行モデルなので・・・でもそう思うくらいそれっぽいのです。

マーキング類はシールですが、結構いい雰囲気ですね!

タミヤ Be-1 ミニ四駆 

ものすごい贅沢な事を言うとデカールも付属だと嬉しかったなぁ(笑)
いや、粋じゃないことくらい解ってます。でもデカールだったら・・・あんなこともこんなことも・・・
おっと、これはミニ四駆‥‥・ミニ四駆・・・・・


その他の付属パーツはホイール・ボディキャッチなどのパーツです。

タミヤ Be-1 ミニ四駆 

ホイール径はやや大きい物のその他の実車系ミニ四駆のデフォルメとは一線を超えたリアル路線。
こいつぁ思った以上に大物の予感。
ちなみにPP(ポリプロピレン)素材なので色はそのままでは塗れませんが
ホルツとかソフト99のバンパープライマーを塗ると剥がれにくくなりますよ。

タミヤ Be-1 ミニ四駆 

ボディキャッチはナンバープレートから軸が出ていてその軸に回転式のキャッチが付いて
そのキャッチを回して固定という感じの物です。ディティールを壊さないこの設計。流石タミヤ(笑)


タイヤはこれ、スケールモデルにも使えそうな雰囲気です(笑)

タミヤ Be-1 ミニ四駆 

とりあえずサクッと内容をご紹介いたしましたが、私も手持ちの当時パーツでZEN仕様風に組もうか
それともシャーシを捨ててスケール寄りで組もうか非常に迷っております。
どうも人気があったようで、早くも通販は売り切れ・店頭では見ないというケースもあるようです。
というか発売日数日でほぼ売り切れだったようですね・・・・
しかもこのキット、パーツ請求は一切不可とたみやでは珍しい仕様です。

ミニ四駆ネタは書き始めると半端無く長文になってしまいそうですので
今日はこのへんで我慢しておくことに致します。

タミヤ Be-1 ミニ四駆


おまけ。

前にふらっと入ったお店でタダでもらったモーターなんですがこれってハイパーダッシュなんでしょうか?
(厳密に言うとミニ四駆マニアの友人が2個貰ったので一個貰ったんですけど。)

タミヤ Be-1 ミニ四駆 謎のモーター ハイパーダッシュ?

未使用っぽいマブチ製で、大量に箱に並べて入っていたんですが一応ビニールで包んでありました。
この黒い本体と赤いエンドベルがハイパーダッシュの証なんですけどね・・・・
でもラベルはなし、大量に箱にならんでいた・・・・謎です(笑)
スポンサーサイト

| 車プラモレビュー | 01:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1026-a50d3c1b

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT