HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

アオシマ・TT2サンバー製作記その1。キャビン周りの組み立て~下拵え。ちょっと追記あり。

※10日またちょっとだけ追記

アオシマのサンバーのキットレビューに拍手&コメントをたくさん頂きましてありがとうございます。
やはり注目度が高いようですね!私の行動範囲ではすでにトラックは見かけませんでした。
そしてポツポツパネルバンが残っているかなぁという感じですね。

流石に完成させた人はいないだろうと思っておりましたら
皆さんおなじみのNostalgicMemoryのTakuさんから完成させたとのコメントを頂いてビックリ!
流石速攻製作に定評のあるTakuさんです♪
しかも流通の都合上私より手にされたのが後ですから二度目のビックリ!

私も実はタミヤの86のように「週末数週間でフィニッシュ」を狙ってたんですが・・・・
現時点でキャビン・荷台周りサフまで終了。ボディ色は一部小物から入れ始めて
その他のパーツ切り離し・細部処理終了・という感じですが
いかんせんパーツ点数の多さと各部処理しながらなんで時間はかかりそうです。

さて、「クイックデリバリーは?ブタ目は?俺妹ソアラは?EKシビックは?極アリストは?92トレノは?」という
ツッコミを頂きそうですが、ちょっとサンバーを進めてみますね。ごめんなさい(;^ω^)

えーっとまずは前回の追記の説明書の間違いをもう一度書いておきますね。

ホイールを固定するピンの部品が右側のフロント&リア共106番のピンを使い
左側のは107番を使う指示になってますが
2つの部品番号でピンの厚みが違いますので
厚みがある106番がフロント。薄い107番をリアが正しいような気がします。
※自分もボケてるかもしれないので組まれる方はよく確認してみてください(;^ω^)
 これは組んでいて「左右でピンの作り分けなんて珍しいな」と思ってたんですが
 パーツをよく確認したら「あれれ?これってダウトじゃね?」と思って確認したら気づきました。
 
あと、フロントサイドガラスに艶消し黒の塗装指示がありますが
これは恐らくフチのガラスランのモールド?の段差への塗装指示かな?と思います。



さて、ここからはキャビン周りの組み立てと行きましょう!
正直言って、組む前は屋根の貼りあわせが一番めんどくさそうだなと感じましたが
実際はなんとバンパーの合わせがイマイチでした・・・・・
ここからは実際の作業順に説明していきますね。

まず仮合わせです。

アオシマ TT2サンバー

基本的には合いは良いのですが、複雑な金型のせいか天井部の押し出しピン位置に荒れがあって
ぴったり合わないのでこういう所は削っておきましょう。

アオシマ TT2サンバー

屋根だけじゃなくこういうパーツの接着ですが、基本的にエッジが尖ってたりしますんで
接着前に軽くペーパーを当てておくときちんと合いやすくなります(^ω^)

アオシマ TT2サンバー

このブログ名物のヤラセ写真です(笑)

さて、屋根を接着しますが、屋根後端のピラー部のプレスラインなどが分割線になってますので
まず、サンバイザー上の接着面を接着してから流しこむようにしてドア後ろのピラー部を固定します。
乾燥後は裏に内張りのパーツが付きますからペーパーをかけておきましょう。

アオシマ TT2サンバー

その次は画像では解説してありますがAピラーに実際には無い分割線が出来ますので
瞬間接着剤をパテ代わりに持って削り込みます。
窓枠のモールドが繊細過ぎますので、上手く削ってもモールドが甘くなると思います。
私はもういっその事塗装で誤魔化すことして、新たに彫り直しや新造は行わないことにしました。
窓枠上に天井との分割線が出来ますので
ここへは溶きパテを流し込んでモールドが均等になるように処理しました。
ついでに前述のドア後ろのピラーの屋根下分割線のところにも溶きパテを入れて
少しプレスラインがはっきり出るようにペーパー処理を行いました。

アオシマ TT2サンバー

画像はサフ後ですが、大体の雰囲気がわかるかと思います。
ここはこの分割方法だったらいっそ窓枠をウインドウ側に持ってきてくれると良かったかもですね。
そうすればもっと簡単な合体作業が出来たかと思います(:^ω^)



次は補強のためフロントマスクを固定しました。
んが、そのままだとしっくり来ません。入ることは入るんだけど・・・という感じ。
しかも宙に浮いている窓枠のモールドがへにょっと曲がります。
じっくり観察するとフロントマスク(ボンネット?)の合わせがきついみたいです(´・ω・`)
合わせが悪いというのではなくてちょっとキツキツな感じですかね。

アオシマ TT2サンバー

左右幅をペーパーで修正。受けの部分をデザインナイフで少し調整してみました。
その後、ヘッドライトのリフレクターの事は無視で(合体後でも入ると思ったので)
裏から流しこむように瞬間接着剤を流し込み固定しました。
よく見ると、上のサフ画像に合体後のボンネットが写ってるのは内緒です。

※追記

実車を観察する機会があったのですが
実車だとフロントマスクとAピラー下部に繋ぎ目が無いのですが 
今回はAピラーの余白も細く窓枠のモールドを壊してしまいそうだったので
あえて埋めず、塗る予定の色も色でしたので妥協してしまいました。




さて、お次はバンパーですね(^ω^)
画像だとやや大げさに見えるのはありますがすが、決してパチピタではありません・・・・
ドアとのバンパー側面のラインもあんまり綺麗に出ていないです。

アオシマ TT2サンバー

まず、バンパーとボディの接合部のチリを合わせます。
とにかくじっくりひたすら合わせて行きます。
そこのチリが合った時点でドア側面とバンパー側面の面を出していきます。
リューターでドアの微妙なアールに近づくようにあわせて行き、ペーパーで仕上げていきます。

アオシマ TT2サンバー

右側の一番下の折り返しのラインがとにかく合って無くて・・・・どうしたアオシマ(笑)
ここはヤスリでゴリゴリやすって行ってデザインナイフでカンナがけをするように面を出して
最終的にペーパーで慣らしていきます。

そうするとこんな感じに。これならおkですね!

アオシマ TT2サンバー

このあと裏から瞬間接着剤を流すように接着して、内装パーツの邪魔にならないように
瞬間接着剤&ティッシュ補強を行って強度を出してあります。
このキットの一番の難関というかウイークポイントがバンパーの合わせではないでしょうか?
私も全体的にあれこれパーツを合わせましたがここ以外は結構しっくりきます。


その後、全体的にうねりが多いボディをペーパーで面を出しながら
BMCタガネの0.2でスジを彫り直してサフを吹きました(^ω^)
同時にフェンダーのうすうす加工も行ってあります。
ドア部分とフェンダーアーチ後端のボディ部分の厚みを気持ち変えてみました。

>アオシマ TT2サンバー

窓枠なども本来であればビシっと彫り直したいんですが
Aピラーのボディ側は本当に0,3ミリくらいの余裕しか無いのでスジ入れられませんし
ドア側も脱線が怖いので(バイザーで隠れるので)後はボディ塗装後のマスキング勝負となりそうです。
しつこいようですが窓枠はガラス側にモールドがあれば良かったなあ(;^ω^)

アオシマ TT2サンバー

これでキャビンは大体おKですね♪
その後、キャビンの後ろは今固定せずに塗装後に合体させます。
(内張りパーツや塗装などの兼ね合いもあるので)
そこで押し出しピン跡をポリパテで修正します。

アオシマ TT2サンバー

この辺はサフを塗ってペーパーを当てて跡をできるだけ消していきます。
シートや内張りで見えなくなるところも有るのですが気は心で(笑)

アオシマ TT2サンバー

ついでにボディカラーになる所の押し出しピン跡も同時に消しておきます。
キャビン下とか荷台下は完成後見えなくなると思うのですが
見えると凹むので消しておきました。一番星号以来の押し出しピン跡シンドロームです。


その後、荷台下のパーツやアオリや鳥居・ドア内張りなどにパーティングライン処理や
押し出しピン跡処理を行って各部にサフを入れておきました。
小物にはサフをを入れなくても良いのですが、色の合いを気にして同じ工程としました。
荷台はパーティングラインか実際にあるラインか微妙なところもありますので注意しましょうね♪
左右アオリの表側の下の方にある縦ラインはモールドだと思います。

※追記分
実車を見たらパーティングラインだと思ってた部分は
シール剤が入っておりまして、そこにパーティングラインを持ってきたのかなと思います。
左右後アオリの端から直ぐに縦に入ってるところと(下側一ミリくらいははっきり入ってます)
勘違いして消してしまったので、ここは塗装後になんか対策をしようかと思います。
(アオリには先走って色を入れてしまったもので)
でも、場合によってはスルーしてしまうかもです



アオシマ TT2サンバー

クイックデリバリーの時も書きましたが
表裏を塗るパーツはこうやって板状のものに貼って塗るとミストの回りこみが最小限で塗れます。
気持ち浮いてる位の方が塗装がベチョ!とはなりません。たっぷり吹き付けるとアレですが(笑)

余談ですがクイックデリバリーという単語を打ち込む時に罪悪感があります。
作業台のサンバーの隣に草ヒロジオラマ状態のクイックデリバリーがあります。
こないだ天井にネトネトと溶きパテを塗ってたら凄いアンニュイな気分になりました。
アンニュイって言う言葉の意味がよく解っていませんがアンフィニとは違うのは解ります。
こち亀で両さんが中川のファンクラブ向けに
作った写真集のタイトルが「アンニュイなひととき」でした。


さて、これでボディ塗装の準備が整いました。
現時点で試し塗りを含めてちょっと色が入ってますので週末に本塗装と行けると良いなぁ~(^ω^)
ボディカラーは多くの皆様が考えているであろうあの色にします。
Takuさんと被ってしまっておりますが、オフラインでもリクエストがあったので・・・・
実車はスーパーチャージャーではありませんが、その他のパーツが順じているため
色を塗ればそれっぽくなるであろうという単純な事でもあったりします(笑)
あと、白はクイックデリバリーで少しトラウマが・・・・

スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2013) | 22:36 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

僕は430やグランツを入手しても
1ヶ月以内に完成させるのが限界です(笑)
どうしても拘りまくってなかなか進まなくって…
IMPULのCIMAも苦戦してます(苦笑)

あら?意外に新金型なのにうねりがあったりチリ合わせが
粗かったりするんですね~
でもそれを綺麗に修正されていて、凄いですね!
僕はこんなにできないと思います(汗)

続きの製作頑張ってください!

| 疾風31 | 2013/10/10 07:42 | URL |

こんばんわ!

キャビン、結構難しそうな構造になっていますねぇ^^;
そしてさらに合いもよくないとわ…
なんかこの先も少し不安ですね。
頑張ってくださいませ!

| ムル太郎/Ellpyone | 2013/10/10 21:23 | URL |

>疾風31さま。
こんばんは!

私も以前はひと月1台のペースだったのですが(笑)
まぁ今回の救いはボディ以外は比較的組みやすいと
思いますので、ボディ周りが出来上がれば
一気に進んでくれると勝手に思ってます(;^ω^)
いやいや、こだわりは大事ですよ♪
特に疾風31さんはお好きな車種ですから
拘って製作されたほうが楽しいかと思います♪

お褒めいただき有難うございます♪
ただ、本当にキャビン周りだけはちょっとアレで
壮大な設計の弊害が出ているような気がします。
ただ、それらをクリアしてしまえば
素晴らしいキットになりそうなので・・・(^ω^)
なんとか形になるように頑張ります!

| HITEQJASMINE | 2013/10/11 00:28 | URL |

>ムル太郎/Ellpyoneさま。
こんばんは!

キャビンは難儀しました(笑)
それ以外はパーツが多くてもそれなりに良い感じですが
キャビン周りはちょっと癖がありますね(;^ω^)
通常のカーモデルとも違いますから妥協点を見つけて
少々手をかけてあげればイイ感じになりますから
じっくりと手をかけてあげるのが良いかと思います。

ありがとうございます!
なんとか上手く形になるように頑張ります♪|

| HITEQJASMINE | 2013/10/11 00:31 | URL |

ワタシも現在製作していて下回りは出来ました、ボディーは始めに箱にして塗装し床等は後から組み込みます、今はエンジン見てニヤニヤしてます

| ぽるナズン | 2013/10/12 07:56 | URL |

キャビンはチリ合わせ等の作業が大変でしたね。
修正後の仕上がりが綺麗でお見事です!

TLV-Nのギャランもフロントマスク修正後はシャープな顔立ちになりましたね。
ミニカーのこうした作業もサラリと出来てしまうのは流石です。
そういえば、最近って発売週がまちまちですよね。

| TAKA | 2013/10/12 22:13 | URL | ≫ EDIT

>ぽるナズンさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼いたしました!

おお~!下回り完成ですか!
私も徐々に組み始めたんですがいざ組み始めると
乗用車とは違う方向性に驚きも感じますが
実際形にしていくと結構組みやすいなと感じてます。
パネルバンも工程が多く大変かと思いますが
制作の方頑張ってくださいね(^ω^)
ホビーショーの画像で赤帽仕様のやつを見て
かなり気になってるのは内緒です(笑)

| HITEQJASMINE | 2013/10/16 23:20 | URL |

>TAKAさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい、大変失礼いたしました!

どうもありがとうございます♪
このキットは逆にキャビン周りが?という感じですが
その他は組みやすい所が多いので
ボディが仕上がってしまえばサクサク行けそうな気もします(^ω^)
でも、もうちょっとぴったり合ってほしいなぁと
思うところもありまして・・・(笑)

このギャラン、見れば見るほど?と思うことが多くて
我慢できずに弄り回してしまいました・・・・
私も今回の改修はちょっと気に入ってます(笑)
顔のせいかホビーショップでも山積みでして
急いで買わなくても良かったかなぁ・・とも
思ってしまったのは内緒です。

そう言えば前は発売週は固定でしたよね。
値段が上がってますが、ちょっと最近は
前ほどのお買い得感が無いのが玉に瑕ですねぇ・・・

| HITEQJASMINE | 2013/10/16 23:27 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1025-66cf607e

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT