HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ハセガワのレガシィに最近縁がある様で・・・・&アスカCX製作。

クイックデリバリーは絶賛ドハマり中でございます。
ああ・・・どんどん停滞期に(´・ω・`)
と、書いた所でプラモが完成するわけでもないので手を進めなくては行けませんね。

交流して頂いてる皆様の所へもコメントが残せず本当に申し訳ありません・・・・

製作記も地味な修正が続いていたりしてイマイチ進展がないのですが
先日載せたハセガワの初代レガシィ改アスカCXですが、実はボディ周りの加工が一段落しました。
というのも、クイックデリバリーの塗装より前にある程度終わってたんですが
進めてしまうとクイックデリバリーが完成しないと思うのであえて封印しております。
今までの作業報告は今回の記事の後半戦とさせていだだきまして
今回はハセガワレガシィ繋がりでまたもキット入手をしてしまったのでご紹介を・・・・・

先日、前から入っていた予定が肩透かしを食らってしまって
友人と合流してめったに行かないエリア外のお宝系中古店に行ったのですが
「何もないなぁ」と思ってプラモコーナーで屈んだらこれが目に入りました。

ハセガワ スバル レガシィワゴン ノベルティ

「( ^ω^)おっと、ハセガワのレガシィワゴンか。こんな箱だったっけ?」

ハセガワ スバル レガシィワゴン ノベルティ

「ん??何だこの違和感は?富士重工?ハセガワの表記がないぞ?」

ハセガワ スバル レガシィワゴン ノベルティ

「あれ?スバルの販売会社が載ってる。これってノベルティかなんかか?」

ハセガワ スバル レガシィワゴン ノベルティ

それまで全くノーマークだった上に見慣れたあのパッケージとは違うカタログ写真!
これはもしかしたら凄いものを見つけてしまったかも!という衝動にかられてしまいました。

「もしかしたら塗装済み?」「いや、成型色はがワインレッドとか?」
「説明書は特別版だったりして・・・・」「セダンはあるのか?」
「10万㌔到達速度記録車のミニ四駆的キットとは違うよな」
「いや、ハセガワのキットだよな。小さく長谷川製作所って書いてあるし。」
「ま・・・まさかプラモデルじゃない?そんなわけないよな。」

「うーんでもこれはとにかく凄いものを見つけてしまったかもしれない。」

多分プレ値だろうと思ってたらなんと今時の別売りホイールくらいの値段です。
買うた辞めた音頭をとることの多い私ですが、値段に拍子抜けしてしまったせいか
なぜだか「積みニスト・ハイ」になってしまってしまいました。
勢い付いた私は以前ホームセンターで残り一缶の広告の品のエンジンオイルを買おうとして
手を伸ばしたら近くにいたオッサンが、忍者顔負けの目にも留まらぬ速さで横取りして行った時のように
レガシィを抱えてレジへ向かっておりました(;^ω^)

ちなみにその後オイルは直後に店員さんに聞いたら在庫がいっぱいあったようで
無事に購入出来て、駐車場の自販機コーナーでそのオッサンに遭遇した時の
同じオイルを持った私へのオッサンの熱視線は今でも忘れられません(実話)

家に帰って中を開けてみると・・・・

中身はなんと!!!

ハセガワ スバル レガシィワゴン ノベルティ

普通にCDシリーズのレガシィツーリングワゴンと同じでした(笑)

ほっとしたような、そうでないような・・・・(;^ω^)
中身は少しカビってたりデカールがやや黄ばみ状態だったものの少々の中古臭がしましたが
全体を固く絞った塗れティッシュで拭いて袋のカビなども拭き取りました。

比較的佳作のセダンと違い、ワゴンのキットはサイドモールが曖昧だったりして
少々今の目で見てしまうとアレですが、唯一の初代レガシィワゴンのキットですから
機会があったらきちんと組んであげたい逸品です。



さて、そんなこんなでいきなりまたキット購入報告になってしまいましたが
少し前にちらっとご紹介しました同じくハセガワのレガシィ繋がりのこちらを・・・・

少し長くなってしまったので、≫ Read Moreからどうぞ。


てなわけで当初はもっとまとめてからご紹介したかったんですが
アスカCXを作るきっかけとしては先日書いたように
中古店で格安のハセガワの初代レガシィRSを同時に発見したことです。
もちろん「プレ値だけは勘弁な!」のジャンク野郎Aチームなんで購入したのですが
値段相応で箱は結構ぐっちゃりでデカールなどはもちろんダメでした。

ハセガワ レガシィ アスカCX
(画像は綺麗に見えますが箱つぶれ等を直して掃除後です)

実は前から「初代レガシィセダン前期のスタンス系カスタムってカッコイイかも」と思っていて
なんとなく脳内モデリングは出来ていました。
まぁ普段ならそのまま脳内モデリング終わっちゃうんですけど
今回はなぜか、クイックデリバリーをいじりながら
「ハセガワのレガシィハセガワのレガシィハセガワのレガシィ・・・」と
頭の中でループしてしまいあれこれアイディアが浮かんでしまいます。
「左ハンドルダッシュボードも入ってるし、北米にも行ってるからJDM仕様も渋いかな・・・・」
「同じP.C.Dだしアオシマの86のホイール履かせようかな。いやBBS系も捨てがたい。」
「ラリーカーのキットと合体させて内装はスパルタンに・・・ぐへへ」等々。

まぁここまでも、良くある妄想で終わっちゃうんですが、ふとあるアイディアが出て来ました。
ハセガワのレガシィを知ってるマニア系カーモデラーさんが一度は思うであろうあの仕様。
初代レガシイといえば・・・そこで脳みその中の数式が繋がりまして、テンションMAXでいきなり箱開封。
気づいた時にはクイックデリバリーを放り出してボディの袋を破いておりました(笑)

「ハセガワのレガシィRSをいすゞアスカCX化をしてみよう!」

ハセガワ レガシィ アスカCX
※自動車ガイドブック1991~92年度版より参考のために引用
(画像は今回製作してる前期型と違い、顔が違う後期型です。)

いすゞアスカCXとは、80年代にいすゞが販売していたアスカの後継モデルで
世界戦略車として発売されたアスカはフローリアンの後継モデルでもありました。
当時はどちらかと言うと渋好みの車種で、決して多く走っているクルマではありませんでしたが
FFジェミニなども人気があった時期ですので、いすゞ車は今よりずっと身近でした。
ただ、徐々に乗用車から撤退して行く時期であったようでアスカは後継モデルは自社製ではなく
OEM車両としてスバルより初代レガシイを供給されてアスカCXとして販売されておりました。
当時、いすゞと富士重工は提携していたのでレオーネバンを「ジェミネットⅡ」としていすゞで販売してたり
いすゞビッグホーンを「スバルビッグホーン」として販売していたりました。
(スズキカルタスのジェミネットもありましたね)
当時、私はそれらの車を自動車ガイドブックで見て(*´Д`)ハァハァしておりましたが
それらの車を見る事は稀というか、殆ど無くてスバルビッグホーンは私も数回しか見たことがありません。
(それも富士重工のお膝元で・・・・)

外装の違いはエンブレム類や窓枠のメッキモールが黒になる程度で
大きく違いはありませんで、ターボモデルが未設定だったりワイドバリエーションだった
レガシィと違い前期型は数タイプ程度だったと思います。(と言うより排気量と駆動方式での区分け?)
レガシィセダンというとハセガワのキットのイメージか、ターボのRSのイメージが強いのですが
基本的にはアスカCXはレガシィのNAモデルをベースにしてるため
まず、ボンネットダクトをひたすらBMCタガネで掘りまくってダクトを抜きます。

ハセガワ レガシィRS改造 いすゞアスカCX

最近お気に入りのプラ板&瞬着穴埋め方式で埋めていきます。
クイックデリバリーの時は適当に抜きすぎたので今回は丁寧に形を作りました。

ハセガワ レガシィRS改造 いすゞアスカCX

平面が出るように当て板で研磨して平面を出していきます。
まぁ普通ならウォッシャーノズルを削ってあとで作るんでしょうけど気合で避けてたんですけど
どうしても平面がでなかったのでこのあとの工程で削りこんでしまって
広い範囲を研磨して平面を出して行きました。

ハセガワ レガシィRS改造 いすゞアスカCX

細かい巣穴や傷に瞬着の部分との微妙な面の段差をホワイト溶きパテで埋めて白サフです。
クイックデリバリーと同じく白で仕上げようと思ってますのであえて白サフの作業をしてます。
こういう作業は基本的に前の工程より次の工程の面を大きく出していくと上手く行きます。
(上手く言えないんですがニュアンスは伝わるでしょうかね?)
その場だけチョコチョコやってもいつまでたっても面が出ないので
広範囲で面を出すようにしていくと綺麗に埋まりますよ( ^ω^)
あと、当て木などをしてできるだけ平面を出すようにするのも大事です♪

白に白って・・・と思う方もいらっしゃると思いますが
私は前から書いてますけど、白いボディの場合グレーサフを吹いて重ねると
エッジ部や細部が透ける事がありますのであえて純白のまま白を重ねていくという塗り方をしてます。
もちろん吹き方や塗料の選択など上手くやれば大丈夫ですが、元々スプレー歴のほうが長かったので
上手くエッジだけに載せるなどということが出来なかったのでその頃の癖のまま現在に至っております(笑)
あまり透ける場合は裏からグレー系統を筆塗りすることもありますけど
よっぽど薄い部分とかじゃないと普通に飾る分には透けは感じませんからね。

ハセガワ レガシィ アスカCX

ついでに左右にあるワイパー穴を埋めておきました。
この穴は左右ハンドルに対応させるためですが、今となっては大きなお世話(笑)で
私はどちらでも対応させられるようにあえて左右は穴を埋めてどちらにも振れるようにしてあります。



お次はリアバンパー下のエアロパーツを削りこんでいきましょう。
後面はそのまま切り落としますが、左右部分はフェンダーは少しだけ残して高さが減らないようにしました。

ハセガワ レガシィ アスカCX

これはNAグレードだけでなくターボの場合でも
競技用ベース車やラリー仕様を作る際でも必要な工程ですね♪
これだけでも大分RSっぽさが無くなってきました。

ハセガワ レガシィ アスカCX



リアバンパーもつつがなく終わった所で、大物のフロントバンパーをいじって行きましょう。
RS系専用のフロントバンパーが名残惜しいですが可哀想ですが加工していきます。

ハセガワ レガシィ アスカCX

これはこれでカッコイイので非常に惜しい(笑)
ここでバンパーのみRS仕様で‥・と言いたくなりますが我慢して加工です(;^ω^)

まず、下の方のリップスポイラー部を切断して高さを薄くします。
イメージではサイドシルより1.5ミリくらい短くしておくと調度良いかもです。

ハセガワ レガシィ アスカCX

実はこの辺りで「あれ?もしかしてNAのバンパーとRSのバンパーって結構違くね?」と思ったんですが
ここまで来ると元に戻せないのでじゃんじゃん加工していきます。


お次はフロントバンパーの開口部を作っていきますね。

ハセガワ レガシィ アスカCX

この辺は実車の資料を見ながら大体の形状を作るだけでOKです。
リューターや某ヤスリを駆使して、というほどではありませんがガンガン穴を開けていきます。

ここで実車の資料を見てあることに気づきました。
思った以上にRSバンパーは張り出しており、NA系のバンパーは下ががすぼんでいます。
ヤスリで削りこんだだけではどうもあの感じが出ないことに気づきました。

そこで・・・・切れ込みを入れて。

IMG_7219.jpg

プライヤーで折っていきます。

ハセガワ レガシィ アスカCX

ぐいぐい曲げていくんですけど、実車のラインに近くなるように斜めに折っていくのがコツです。
その後、瞬間接着剤とティッシュを用いて補強しておきます。


その後エポパテで大雑把に形を作って削りこんでいきます。
エポパテを練り込む時に割合の分量がいまいちだったのかやや柔らかいのは内緒です(笑)

ハセガワ レガシィ アスカCX

この段階で角っこをもっと丸めたり先ほど意識して出した斜めラインを削ったり
サイドシルの断面形状に合わせるわせるように形を形を出していきます。
RSのバンパーは開口部が大きいのでプラ板を貼って開口部の大きさ調整を行いました。

ハセガワ レガシィ アスカCX

その後溶きパテを塗って研磨して・・・サフを入れて・・・を数回繰り返すとこんな感じに!

ハセガワ レガシィ アスカCX

モール部分のモールドが埋まるのを避けてあえてマスキングしてサフを入れてあります。
モール部分も繊細なんで塗装の段階でもあまり厚めに吹かないほうが良さそうです(;^ω^)


いかんせん実車がないので細かい部分は違うかもしれませんがそれっぽくなってくれました。

ハセガワ レガシィ アスカCX

ルーバー部などは現時点で製作中なんでアレですがこちらが出来てしまえば後は普通に組んで行く予定です。
ルーバー脇は純正オプションのフォグランプにするかフタにするか悩みますが
現時点では蓋になりそうな予感です。ちなみにレガシィの北米仕様ではここがウインカーになります。

バンパー下のリップ部分は当初マスキングでそれっぽく行こうかと思ったんですが
少々厚みを稼がないといけないので、新たに作ることに。

マスキングゾルを塗ってエポパテを貼り付けていきます。

ハセガワ レガシィ アスカCX

注意点としては指に水を付けてなめらかにしようとするとゾルが溶けます。
子供の頃はゾルなんて使いにくい!こんちくしょー!と思ってましたが
待つ余裕が出来た大人になってからは非常に重宝しております。
買ってから7年目くらいですけど一瓶目をまだ使い切ってないですけどね(笑)

乾燥させてカポッと取り外してからひたすら整形します。
エポパテはカッチカチにならないので細い形状に向かないのですが
折れないようにリューターなどで削ってペーパーで仕上げていきます。

接着して・・・・・おっ!雰囲気は出てきました!

ハセガワ レガシィ アスカCX

このあと分割部の段差をBMCタガネで彫り直して、ひたすらサフとペーパーを
地道に地道に何度も繰り替えしながら詰めていくとこんな感じに!

ハセガワ レガシィ アスカCX

なんとなくNAバンパーっぽくなったでしょうかね?

ハセガワ レガシィ アスカCX

ただ、悲しいことに取付部の関係でやや上下方向での寸法が大きくなったことと
私の形状把握ミスで左右のバンパーのラインがやや下下がりになってしまったのが惜しいです。
(当初はリップ部を塗り分けを想定していたためエポパテを入れる時にバンパーのラインを合わせるべきでした)

でもまぁそれっぽくなってくれたと思うようにします(笑)


そしてお次はある意味で一番の山場であるいすゞエンブレムの台座を作ります。
形状としてはグリルは基本的に同形状で、スバルは六連星のエンブレムで
アスカは角型のいすゞのマークが付きます。一時期の三菱のMマークと似てますね(笑)

スバリストの皆さんごめんなさい。六連星の台座を切除します。
ちなみのトランク部分にある台座も削りこんでおきました。

ハセガワ レガシィ アスカCX

デザインナイフで削りこんでいきますが、グリルを折らないように気をつけました。
ちょっと奥がガタってますが気にしないでください(笑)
ちなみに養生したのは、バンパー部に要らん傷を付けそうだったからです(;^ω^)

ここに、プラ版を積層した台座を埋め込み裏から少量の瞬間接着剤で固定します。

ハセガワ レガシィ アスカCX

画像は最終的な仕上げの前なんで、平面が出てないですがこのあと最後のチリ調整を行いました。
ちなみにこの部分は一番星の荷台の余りパーツです(笑)
キャリィの荷台嵩上げ・クイックデリバリーのエンブレム埋め&リア開口部と廃物利用してます。
エコですね~(棒読み)


さて、これでいすゞアスカCX化のめどが付きました!
次のアスカCX化の次の難関はリアガーニッシュとかでしょうかね?

ここからは通常の模型製作の工程が待っておりますが、気長にお待ちください(笑)
最近はぐだぐだで完成するかは謎ですが・・・・(;^ω^)

IMG_7399.jpg
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2013) | 00:49 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

こんにちは!
アスカへの加工、上手ですね~(*´∀`)
自分も長谷川ギャランをAMGに改造途中でしたがタミヤのSLAMGのエアロを切った貼ったして(同じAMGだからという安直な考え(^^;))パテ持ってみたらアオシマの被せエアロみたいにフロントバンパーがやたらデカくなり絶賛放置中です(´・ω・`)

昔三菱でも長谷川ギャランのディーラー販促品あったみたいですよ。ラリー仕様だと思いましたけど。
あとミツワのギャランやパジェロとかもありましたね(*´∀`)

| でもどり中年 | 2013/09/17 13:06 | URL | ≫ EDIT

いやぁ~凄いです!
自分にはほんと未知の領域...素組するのもやっとですから(笑)

HITEQさんならカリーナEDの素のG-LTD化も出来るんじゃないかと勝手に思ってしまったり...実車ならうちにありますので参考にしてください(笑)

| だいとら | 2013/09/17 21:52 | URL | ≫ EDIT

こんばんわ!

中古品を売ってある店で当時物というか
古いプラモデルを見つけると
嬉しいですよね!
とは言っても僕はそういう店がないのですが・・・^^;

おお~すごいですね~
バンパーのエアロ化なら僕も挑戦してますが
逆にリアが大物になってます(笑)
フロントは意外にあっさりでした(笑)

| 疾風31 | 2013/09/17 22:54 | URL |

変わったパッケージだと、レア物か?ってなりますよね。
アスカへの改造作業もお見事です!
フロントバンパーはレガシィとはまた違ったカッコよさが出ていて今後も楽しみです。

Y31後期は驚きました。430の影響ですかね(笑)。新金型で後期の再現がどういう風になるか気になりますね。
ついでに前期グロリアも再販をと願望があったり(笑)
TLV-Nの裕次郎さんのシビリアンはホントに恐ろしい値段で…(^_^;
自分もシビリアンは多分諦めます。
PART-ⅡのOPでもお馴染みの230とローレルは出来も良さそうですが、あのホイールの深リムを何故マシンに使わなかったのかなぁと疑問が…(^_^;

| TAKA | 2013/09/17 23:14 | URL | ≫ EDIT

このパッケージは見たこと無いですね、素敵なパッケージで丁寧に保存したくなります、このレガシィはだいぶ前にEG6を購入したときにノーマルパッケージのが500円で売られていました、私はEG6だけを買いましたが、それにしても最近の再販祭りは大変ですよね、それからゲーセンキャリイ完成しました♪

| ぽるナズン | 2013/09/18 16:19 | URL | ≫ EDIT

レガシィワゴン

レガシィワゴン>私も作りました。中東輸出される間際のレガシィワゴン風です。
アスカ>またまたマイナーなアスカですか~!琴線に触れますね。(⌒~⌒)
初代アスカのミッションって確か先進的でしたよね。(≧∇≦)

| まっつん改 | 2013/09/19 02:49 | URL |

>でもどり中年さま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまって大変失礼いたしました!

アスカCXをお褒め頂きどうもありがとうございます♪
実はアスカ風に作り始めてから
「あれ?そう言えばバンパーRSと違うよな?」と思って
NAバンパーを作りはじめました(;^ω^)
相変わらずの見切り発車でございます(笑)

おお~!!ギャランAMGとはこれまた渋いですね!
私もギャランAMGは作りたいと思ってます♪
なるほど!AMGのSLのエアロを芯にされたんですね。
一見普通のエアロ仕様ですけど、地味に違うギャランAMGは
三菱好きとしては一度は制作したくなりますよね(`・ω・´)
今回、バンパー自作をやってみて思ったんですが
それっぽく見せるのは大変ですよね(´・ω・`)
以前ギャランAMGを製作された方の作品をネットで見ましたが
VR-4と違う佇まいが好きですね~!

>長谷川ギャランのディーラー販促品
おお~!それは気になりますね!
隠れ三菱党と言いながら知りませんでした(;^ω^)
うちでお世話になってるディーラーさんは
営業さんやサービスの融通は素晴らしく効くのですが
販促品を積極的にくれないのが悩ましいです(爆)

>あとミツワのギャランやパジェロとかもありましたね(*´∀`)
ミッドレーサーですね!私もギャランとパリダカパジェロは持ってました♪
(共にラリーカーの色でした)
お話を聞いてたらミッドレーサーギャランを
AMGにしたりエテルナSAVAにしたくなったのは内緒です(笑)

| HITEQJASMINE | 2013/09/19 22:13 | URL |

>だいとらさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまって大変失礼致しました!

お褒め頂き、本当にありがとうございます!
だいとらさんにお褒め頂けて非常に嬉しいです(笑)
私もパテ細工は苦手だったんですが
最近は用品も良くなってきてるので作りやすくなったのも
あるというのが正直なところです(;^ω^)

タミヤのカリーナEDのノーマル化は
タミヤの箱絵憧れ世代は絶対妄想しますよね(笑)
私も以前ホイールだけST165セリカから移植して
羽根を接着しないでノーマルっぽくして飾ってました(`・ω・´)
でもやはり、オートピスタエアロがアグレッシブすぎて・・・
これも、宿題な一台なんですよねぇ・・・

そういえば素敵なエキサイティングドレッシィな
マシンもお持ちですよね!
お持ちのグリニッシュシルバーの画像を拝見した時に
タミヤの箱絵を思い出したのは内緒です(笑)
今思ったんですが、お持ちの車両はすべて
スポーツカーシリーズで出ていますよね!

う~ん・・・羨ましいです♪

| HITEQJASMINE | 2013/09/19 22:26 | URL |

>疾風31さま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまって大変失礼致しました!

当時物はやはり興奮しますね(笑)
組むということであれば新しい物なんですが
金型が傷んでなかったり弄られていなかったりで
再販モノとは違う良さがあったりしますからね♪
私の場合は丁度10年くらい前はY31あたりのキットを
よく探しまわっていましたね(^ω^)
確かに近くにお店がないと厳しいですよね・・・・
この買った店も、友人が寄ってみる?と言ってくれて
自分は「いやーいいよ」なんて言ってたんですが(笑)

疾風31さんのインパル731Sも素晴らしいでよね♪
レッドパールに731S&ジャンクションリップに
憧れてましたから拝見して驚きました(^ω^)
やはり好きな車種というのは力が入りますよね~!
是非続きの方も頑張って下さいね♪
私も形にできるように頑張ります!

| HITEQJASMINE | 2013/09/19 22:36 | URL |

>TAKAさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまって大変失礼致しました!
そちらにもまた遊びに行きますと言いながら
訪問できておらず申し訳ありません・・・

今回のレガシィツーリングワゴンは驚きでした。
一瞬「あれ?実車パッケージだったっけ?」と思って
その後引っ張りだしてみたらこれでして・・・(笑)
でも中身は通常のものと同じだったので
拍子抜けしてしまったのは内緒です(;^ω^)

お褒め頂きましてどうもありがとうございます。
NA車独特の絞り込みが強いバンパーは
RS系のエアダムバンパーと違うかっこ良さがありますよね!
バンパーの自作は大変ですよね・・・
TAKAさんのA31後期やY30の2リッターなど
綺麗かつ、とても自然に製作されておりますが
製作大変だっただろうなぁと改めて思いました♪

Y31後期は自分もびっくりでもしかしたら夢じゃないかと思いました(笑)
430の影響か、セドグロが密かなブームになって欲しいですね。
どういう風になるのか気になりますよね。
当初前期に後期風パーツかと思いましたが
バンパーは形状が違いますし、リアのトランクモールも
形状が微妙に違いますし、やはり新金型という文字が
気になります(;^ω^)
前期グロリアはナンバーは37-10の個体ですね(笑)
Y31セドグロはあぶ刑事シリーズでも出なかったので
もしかしたら金型が痛んで居るのかなぁなんて思ったりもしております・・・・

隠れマイクロバスフェチなんで
キッチンカーがずっと気になってたんですが値段が・・・(笑)
せめてシビリアン2台分くらいだと思ってたんですが(;^ω^)
ロイヤリティ等を考えてもちょっと?ですね・・・
RS-1のホイールもちょっと浅いですよね・・・・
高いミニカーでクオリティも良いのですから
すからやはり細かい所も色々と煮詰めて頂きたいなぁと
思ったのは贅沢でしょうか・・・(´・ω・`)

| HITEQJASMINE | 2013/09/19 22:54 | URL |

>ぽるナズンさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまって大変失礼いたしました!

このパッケージは私も驚きました!
ハセのレガシィワゴンはあの通常パッケージしか
無いと思っていたので当初は通常版と思ってしまいました(笑)
バーコードや価格の表示もないので
ディーラーなどで配られたものに間違いないと思います。
そう言えばスバルのキットが結構並んでました・・・
なにか関係があるのでしょうか(;^ω^)
期待して買った割には中身がノーマルでしたが
このキットは箱に価値が有るような気がしますね!
私も組むことはあっても箱は大事にしたいと思います。

ゲームキャリイ完成おめでとうございます♪
中々の個性派キットですので
私も眺めてニヤニヤしておるのは内緒です(笑)
近いうちに拝見させていただきますね!

| HITEQJASMINE | 2013/09/19 23:03 | URL |

>まっつん改さま。
こんばんは!

中東輸出前仕様ですか!これは渋いですね(;^ω^)
では私は対抗してロシア向けかアフリカ向けを・・・(笑)
以前完成させたときは箱絵のまんまだったので
きちんと製作してあげたいなぁと思ってたので
入手できてタイミングも良かったです。

アスカCXは実車も殆ど見かけなかったですからね・・・・
いすゞディーラーの裏手とかに停まっている以外は
きっとレガシィと見間違えていたと思います(笑)

>初代アスカのミッション
自動変速のNAVI-5ですね!
余り数は出なかったようですが、技術は今のトラックの
ATのスムーサーシリーズに受け継がれてるようです!
ATも少なかった時代にあまりにも先進的すぎるミッションでしたね(笑)
でも、それがいすゞらしいといいますか・・・

| HITEQJASMINE | 2013/09/19 23:09 | URL |

こんばんは。

レガシィのプラモというとあまりピンッときませんけど
存在するんですね!(←するでしょ 笑)
実際に見たことはナイですけど、ハセガワといえば
ミニ・・・・・ではなくて、インプレッサが思いつきますね。
一度は組んでみたいキットなんですけども
店頭に並んでいるハセガワ製品といえば
2000GTが定番で、他に言えばミニクロスオーバーくらいで
インプレッサなんて存在すら忘れてしまうくらいです^^;
スバルの車が結構好きな自分は、死ぬまでに一度は
レガシィ・インプのどっちかを組んでおきたいという気持ちがあります。
さて、いつになることやら。。。。

近所のリサイクルショップにいっても
おいてあるプラモはいつも一緒
値段がダンダン下がっていくだけ(笑)
それでもお高く、箱グチャのキットでも
あり得ない、2000円オーバーのものまで・・・
買う気こそおきませんので
それなら同じ値段でフ●ミ'S買うわい!
と、いつも店を出ます(笑)
その中古キット、信じられないことにフ●ミ製なんですけど
希少価値のたかいものなのかな。。。

とにかく、レガシィ期待しております!
そして、クイックデリバリーも
がんばってください!

| ザッキー | 2013/09/20 23:02 | URL |

いそがしいですよねw
僕も昨日、新キットの紹介だけして終わりました!
でもHITEQさんには必読かもww

アスカ、細かいですね〜
手先が器用なんですね〜
羨ましい限りです♪

| ユウビア | 2013/09/22 10:12 | URL |

こんばんわ!

先日はマスキングの件で懇切丁寧に説明して頂きありがとうございました。
とても勉強になりました。
教えて頂いた事を参考に、色々試していこうと思います^^

タブレットからだったようで;;
慣れない機器であんな長文を書かせてしまって申し訳ないです><;
感謝の気持ちでいっぱいです。

| ムル太郎/Ellpyone | 2013/09/22 23:39 | URL |

>ザッキーさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼いたしました!

そうですね!仰る通りで当時人気が出ていた物の
爆発的ヒットはこの次のBG型からという感じですし
派手なキットではないですからね・・・・(;^ω^)
ましてや丁度絶版のサイクルに入ってますから
世代的には見たことがないという方も多いと思います。

ハセガワの初代インプレッサも良いキットですよ♪
当時インプレッサはすごく衝撃的で
小学生だった私も一目惚れでした!
ですのでキットが出てすぐに買いました。
当時ハセのキットはちょっと高くてやっとこさ
買った記憶があります(笑)
スバル車は私も前から好きですので
少し前の名車を組んでみたいというのは正直ありますね。
是非機会があれば組まれてみてはいかがでしょうか。

リサイクルショップは玉石混交ですね(笑)
私が住んでるエリア・近隣のエリアでも玉石混交です。
でも値段が下がる所はめったにないですね!
それはある意味とても羨ましいです(`・ω・´)
確かに新品のキットのほうが高いという事は多いですよね!
私の場合は空きな車種というだけで買ったりしますが
組む目的の人なら新品のほうがデカールなども
しっかりしているし、なにより最近はおまけパーツも多いですからね(笑)
フジミキットでもレアなものはありますが
そうでないものでしたらスルーが良いかと思います(笑)

どうもありがとうございます♪
なんとか形にできるように頑張ります!
(・・・って最近言うばっかりで・・・笑)

| HITEQJASMINE | 2013/09/28 20:35 | URL |

>ユウビアさま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまい大変失礼いたしました!

申し訳ありません。9月ということで
あれこれやらなくてはいけない仕事ができたり
余計な仕事が増えたりですっかり模型とはご無沙汰です(笑)

もしかして、アオシマのS15のノーマルでしょうか?
私も模型店に見に行きたいのですが
まだ行けておりません・・・(笑)
バンパーは直ってるのか?とかホイールの出来は?と
気になるところばかりでして・・・(;^ω^)
是非拝見させて頂きたいと思いますね!

ありがとうございます♪
いえいえ、でも自分では不器用と思っているのは内緒です(笑)
というのも、ブログには載せない大小失敗がかなりあります。
手元が狂ってクシャッとなると凹みます(笑)

| HITEQJASMINE | 2013/09/28 20:47 | URL |

>ムル太郎さま。
こんばんは!
コメント返信が遅れてしまって大変失礼いたしました!

いえいえ、参考になりましたでしょうか(^ω^)
私もマスキングが苦手で最近は満足することも多いんですが
それまではムル太郎さんと同じく、謎の
マスキング跡に悩まされたりしました・・・・
一度成功するとその後は上手にできると思いますので
色々と試してみてくださいね!

こちらこそ却って気を使わせてしまったようですみませんでした・・・
たまたまタブレットを使わせてもらっていたら
丁度コメントを頂いていたのでその場で書かせて頂きました♪

| HITEQJASMINE | 2013/09/28 20:53 | URL |















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/tb.php/1015-6cad5a84

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT