HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月

≫ EDIT

ちょいレアキットだった2種類がリニューアル!(再編集しました)

いつまでもあると思うなプラモと金。悲しい事にどうして手元から無くなってしまう物がある・・・・・
正直言うまいと思って黙っていた事だがノーマルのカタログモデルより改造車のキットの方が市場に残りにくいと思う。
そしてこの手のキットは悩ましい事に欲しいときには手に入らないものでもある。
理由は様々だと思う。流行り廃りもあるし実在のエアロメーカーの版権の問題等もあるだろう。
そしてこの手のキットは速攻で組まれてしまったり、部品取りになったりすることも多く
また、当時を知る人が懐かしがって買うためにどうしても高騰してしまうのだと思う。
80年代のマルイやアオシマの族車系キットの高騰の理由もそういう事情から分かるものである。
今回ご紹介するキットの一つはそんな時代の間に生きていた一台のリニューアル版である・・・・

・・・・なんて固くるしい冒頭から始まりましたがマニアの皆様いかがお過ごしでしょうか(´・ω・`)
今回ご紹介するキットは「クイズカーモデラー100人に聞きました」があれば
おそらく8番目のパネルの回答者数位の割合の方しかグッと来ないような気もしますがいかがでしょうか?

まずはCEアコードのウイングスウエスト仕様!
(ごめんなさい・・・・当初CFと記述してしまいました)

ウイングスウエスト アコードワゴン 

率直にアオシマさんありがとう(´;ω;`)ブワッ

≫ Read More

スポンサーサイト



| 車プラモレビュー | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

丘を越えてハセガワのかっとびスターレットSiリミテッド登場。

マニア~を越えて行こうよ~
ハセガワの空は朗らかに晴れて~たのしいプラモ~♪
鳴るは胸の血潮よ讃え~よ~わが青春を~
いざ行け遥か希望の~積みプラを越えて~♪


ハセガワ EP71 スターレット Siリミテッド

ハセガワのEP71スターレットの待望のバリエーションが藤山一郎の歌声のように爽やかに登場である。
発売当初のトップグレードかつNA最上級グレードであるカタログやCMでおなじみの
ライトニングツートンのSiリミテッドがバスター・キートンのように軽やかに丘を越えてやってきた。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 21:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと横道にそれて・・・・・○ーシーとルーシー(ルシーダ&エミーナ)

段々と寒さが増してきて季節の移り変わりを感じる昨今であるが皆様はいかがお過ごしだろうか?
季節の変わり目のせいか体調が絶不調な上に本業が忙しくてご機嫌斜めな毎日である。
しかし、今朝黄金キャンターの現役車を見て思わず「あひゃあああ~ああ~」と叫んでしまったのは内緒である。

余談で恐縮だが私は子供の頃からマーシーと桑マンでは圧倒的に桑マン派であった。
やはり私の感は正しかったと言わざるを得ない状況に非常にガッカリである。
かつてのテレビスターも今では・・・・・悲しい現状である。
昨日会社で新入社員の子に「田代まさし知ってる?」と聞いたら
「あんまりわからないんすよね・・・昔テレビに出てて覚せい剤で捕まってる人っていうイメージはあるんですけど」
という世代間ギャップの越えられない壁を目の当たりにして違う意味で凹んでしまった。
きっと柳生博の後ろ頭をクイズの回答で描いたり、テレビで小道具ボケをしていた事は彼も知らないだろう。
このブログを見てくださってる皆様には桑マン派の私も「ぬ~ぼ~」は大好きだったという事もお伝えしておきたいと思う。
そういえば昔マーシーズのTシャツを着たお姉さんに・・・・おっと、昔話はここまでにしておこう。

ちなみにこのあたりの物も着弾しているのだがレビューできるかどうか・・・・・・

TLVN インテグラ 

エッチにもほどがあるカッコインテグラは私自身も思い出がある車なのだが
楽屋オチになってしまうのでアレだがミニカーとして見ると非常に出来が良さそうな雰囲気なのでグゥである。

とりあえずの購入報告だけで申し訳なく思う・・・・・・

さて、本題に入ろう。中古というと皆さんどういう印象をお持ちだろうか?

私は率直に言うとそれほど抵抗はない。
中古品というものの魅力は私は今売っていないものを買えるということにあると思う。
それでいてリーズナブルと言うところも魅力の一つであろう。
実際問題中古車しか乗ったことがないし、携帯だって3台続けて中古だ。
そういえばテレビも貰い物だし、HDDレコーダーも貰い物だ。
でも、PCやプリンタなどは新品派だし、服や靴は新品派だし
漫画やCDやBlu-rayなどの物は新品派である(ネットで音源が売られているものや絶版は別として)
しかし、あくまで上記のものはあくまで生活に必要なものであるので
限られている中で身の丈に合わせてどこかで自然に取捨選択しているのであると思う。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:41 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2019年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年12月