HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月

≫ EDIT

トイズキャビンのサニトラガチャを回す木曜日※ちょっと文追記

すみません!あの辺りのキットも手元に来てるのですが取り急ぎこちらを・・・・・・

トイズキャビンのサニトラのガチャガチャです!

トイズキャビン サニトラ

率直に言うとスケールモデルとしてすごい勢いで成立してると思います♪
ガチャガチャ系特有のチープさもあるもののこれで400円はかなりアツい!!
・・・・というか割と採算が取れてるのか不安になります(笑)

≫ Read More

スポンサーサイト



| ミニカー | 19:35 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマのマジェスタのブラッシュアップに感動。

EP71のキットレビューが「キモイ」という褒め言葉をリアルに頂いたので今回はあっさり寄りで・・・・

そう言えばアオシマさんからギャルソンのジェレイドアコードワゴンが久しぶりの復活(´;ω;`)ブワッ
数年前割とプレ値で買ったので今回組めるものが出るのが嬉しいですね♪
旧今井のレックスとミラもリニューアル再販されるようなのでこれまた嬉しい(`・ω・´)
そして何より14系アリストもリニューアル再販が決定!
3.0Vと3.0Qが作り分けられるという内容に感動ですね~!
後述する14系マジェスタのキットもアオシマの中でのバリ展が出来るのに
長らくスルーされていたので嬉しいリニューアルですねぇ・・・・・・

誤植

某通販サイトさんの誤植が地味にツボったのは内緒(笑) これはこれでほちぃ・・・・


さて、今日ご紹介するのはアオシマさんのモデルカーシリーズでリニューアルされたばかりの
UZS141クラウンマジェスタCタイプ!
車検の引き取りかなんかで親戚のおじさんにMS137クラウンに乗せてもらって
連れて行ってもらったトヨタ店でショールームで見せてもらった時の感動を思い出します・・・・・・
まさしくこの前期のV8のCタイプ・・・・セルシオとは違う豪華さとスタイリッシュさに感動した覚えがあります。

アオシマ モデルカー マジェスタ

早速中を見てみましょう!

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:14 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワのイダテンは辛口か甘口か!?(間違いを修正)

とうとうこの時がやってきました(´;ω;`)ブワッ
カッとびが丘を越えて、天下無敵のイダテンが
しゅワッち!と電光石火の大魔神のように辛口にプラモ化!!

おじちゃんも思わず涙腺崩壊・・・・・・小学生の頃からの夢がアラフォーになって実現・・・・
ハセガワのEP71スターレットターボS後期型が発売になりました!

ハセガワ EP71 スターレット ターボS イダテン かっとび

ううっハセガさん(´;ω;`)ありがとう・・・・ありがとう・・・・・
スターレットと言う存在は小さいながら大きいのにプラモデルにはあまり恵まれていなかったので
プラモデルで出るということの素晴らしさ・・・・これはもはや事件です(笑)

私のスターレットの原体験は親戚の家で乗っていたきみろり(黄緑)色のKP61の4ドアのSEのAT。
(この車は私と同い年の親戚を保育園に送る関係で私の母親がよく乗っていた。)
兄の友人のY先生の乗っていた京○道で体感だと500キロ位出ているんじゃないかと錯覚した初期型EP82GT 。
(あのパヤパヤな初期型の一房食べた状態のみかんの輪切りブーストメーターがカッコよかった・・・・)
地元の友人が乗っていた内装フルストリップ&ロールバー張り巡らし&5Eヘッドで外装ソレイユ仕様の中期EP82。
(上記の兄の友人と違うタイプの速さでドライバーも車も速かった・・・・・)
私がクルマいじりの師匠から受け継いで乗っていたEP91グランツァV。
(エピソード多数なのでEP91のプラモが出たら書きますw)
他にも高校の先輩が乗っていたり、近所の人が乗っていたり友人の友人が乗っていたりと
だれか身近な人が絶対乗っていた車。それが「スターレット」という車だったと思います。
生産終了の際にジェイズティーポ紙の「スターレットよ永遠に・・・」特集の見開きに書かれていた
「お前は小さいながらも輝いていた」
これこそ小さな星という意味のスターレットへの最高の言葉だったと思います。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

調べ物をしてたら・・・・・(ちょっとだけ文修正&加筆)

思わぬ再会に驚きました・・・・・

たまたま調べ物をしていたら某画像系SNSで前愛車が海外で乗られているのを発見!
ホイールやシャレで貼った流用ステッカーや各部の傷が完全に一致という奇跡・・・・・
実は登録時に付いていた保安基準対応マフラーが思ったより突出したのでカットしたので
雰囲気に特徴があってマフラーの傾きなどが独特で「あれ?」と思ったのですが
その時はなんかこれ似てるなぁ~と思ったのですが、6年乗ってた感は間違っていませんでした。
そして、こういう形での再会というまさかの展開に驚いています・・・・

引取時にもともと輸出が前提とは言われていたんですけどその際に
できれば社外品やステッカーなどの部品はそのままにしておいて欲しいと言われていたのですが
ワンセグやドラレコは輸出時には評価されないということで取り外しました。
(他の部品は私もいちいち外して売るというのも考えていなかったので・・・・・)
正直輸出ったってハーフカットで輸出されると思っていたので
取り外されてるだろうなぁと思ってた社外品のホイールや小物類まで
私が乗ってた頃の仕様の面影がほぼまんまで残っている状態とは・・・・(車検ステッカーなどもそのまま!)
改めて見てみたらオイル交換のラベルやバッテリーなどもまんまそのまま(笑)
ただエンジンルーム内に貼っていたクセの強いデコトラ系ステッカー等は剥がされていましたが・・・・
治そうと思ってたけどそのままになっていた自分で補修したドアノブや爪が割れていたコーナーレンズなどが
現オーナーの気になるところみたいにクローズアップされてたり
お気に入りだった純正流用コーナーポールや字光式の土台などは撤去されていましたが
(ちょっと調べたら上陸時?の画像があったのですがその時点で外されてました・・・・)
私も気になっていた部分に手を入れてあったりと自分が乗ってたときより格段に綺麗になってます・・・・・
イベントに出た?画像も出ていていたりめっちゃ大事にされてる感があってビックリしました(´;ω;`)ブワッ

最近海外で人気のちょっと古い日本車ですが海外に行く事を疑問に思ったこともありますが
海外で大切にされているのを見てしまうと正直私の車はコレで良かったと思ってます。幸せそうですもの・・・・・
現オーナーも私が勝手に想像しているJDM好きっぽい感じの方で(意味がわからない)
あのまま自分がグダグダ乗り続けるより車にとっては良かったかなぁと思いました。

色々思ったことはありましたが前オーナーが日本のキモオタだと知ったら
スタイリッシュなJDM好きの外人さんが悲しくなるかなと思ったのでそっとしておく事にしました(笑)

最後に現オーナーさんに届け!

・・・・・そのブリッドのシートのあて布だけど百均のトイレカバーの生地だからな~!
・・・・・抜けたシートのあんこ部は旋盤屋さんが納品のときに入れてきた梱包材だからな~!
・・・・・ホイールの補修はガイアカラーのプレミアムミラークロームだからな~!
・・・・・オーディオパネルはMrカラーのGXクリアカラーの調色で仕上げはスーパークリア缶だからな~!
・・・・・スペアタイヤはボロボロだったから落書きしまくってあったから見ないようにな~!

リアルJDMってこういう事を言うんですかね~(;^ω^)(言わない)

| 実車ネタ | 20:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

TLVNのY32グロリアは1/64の「mr.g」

誰が何と言おうと自分の中で絶対的にカッコいいものというのがある。
しかし、その好きなものは自分の世界だけに止めておく。それが大人の嗜みだと思う。
若い頃は正直流行りや周りの影響で流されることも多かったが
この歳になると自分の意見というのもがあるということは本当に大事なことだと感じる。
ただ、それを押し付けたりせず、心に留めておくというのが大事なことかもしれない。

さてさて、相変わらず何を書きたいかわからない気持ち悪い冒頭からスタート!
今回は皆さんお待ちかね。「私の心の故郷、雪の白色・はぐれ車」であるTLVNのY32のグランツが発売となりました!!
まぁ今回はプリンスの流れを組むグロリアのグランツ前期ということで
Y32のモデルカーと言う意味ではある意味本命という組み合わせでしょうか。
ちなみに私はプリンスファンなのにセドリック派です。
余談ですがセドリックの言い方は上岡龍太郎の横山ノックへの弔事を読んだときの
年配の方にも多い「セ」を強調した「セドリック」のイントネーションで読みたい所です。
余談ですがセドグロは230で兄弟車となりましたがグロリアのほうが一代多いので
今回出たY32型はセドリックが8代目でグロリアが9代目となります。
それこそセドリックは・・・・・おっと、話が長くなりそうなのでこのへんで(笑)

TLVN Y32グロリア グランツ グレー ラズベリーレッド

しかも今回は愛すべきラズベリーレッドパール(AL0)の前期グランツ・・・・(´;ω;`)ブワッ
これのセドリックでSVのサンルーフ付きを買うチャンスが有ったのですが叶わず・・・・(´;ω;`)ブワッ
3ウェイエレクトリックメーターがないからなぁなんて言うワガママを言わなければよかった・・・・(´;ω;`)ブワッ
そもそも車選びの時にですね・・・・・おっと!また話が長くなりそうなのでこの辺で・・・・(´;ω;`)ブワッ

車が好きなら、語りたくなるほど好きで好きでたまらない車あってもいいと思います。
まぁ最初の意味のわからない文のアンサーソングということで・・・・・・

思い出話したくなるというのは年を取ったのかもともとそういう性格なのか・・・・両方だな。

≫ Read More

| ミニカー | 21:07 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

イキり積みプラをすると・・・・

自分の場合、金もないのにイキってプレ値で買うと・・・・・・

D1 シルビア 風間

ハズレを引きます(笑)

正直アオシマさんの製品は「当時のパッケージが好き!」とか「シリーズに思い入れがある!」とかじゃなければ
手元にそのパーツが有ると安心するという方や組む派の方は現行商品を買うのが精神衛生上良いと思います・・・・

| 車プラモネタつぶやき | 23:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

簡易レビュー。アオシマの10系アルファード!

アオシマのモデルカーシリーズの10アルファード着弾!
フルノーマルはずいぶん久しぶりの再販ですねぇ(´・ω・`)
と言うかミニバンシリーズのノーマルは比較的早く見なくなった記憶がありますねぇ。

アオシマ モデルカー アルファード

ノーマルバンパー付きの販売は一騎当千の痛車以来かな?
当時少しレアになっていたモデリスタ風リップスポイラーの為に買った記憶がありますね(笑)
あれ?昨日も書いたような気がしますねぇ。

今回は久しぶりのモデリスタ風リップ!
チューンドカーのシルクブレイズのキットにもモールドされていなかったので嬉しい(´;ω;`)ブワッ

アオシマ モデルカー アルファード

こういうパーツって自作したくてもなかなか出来ないのでありがたいのです。
最近すっかり手が動かねえなぁ・・・・・・

ホイールは純クロちゃんです!ワワワワ~
・・・・疲れてるなぁ(´・ω・`)
ちなみにクロちゃんが安田大サーカスとしてテレビに出る前に笑っていいともの素人参加型コーナーに
今と同じ感じで見た目と声のギャップ的な感じで出ていたのですが覚えていない方のほうが多いかな・・・・

アオシマ モデルカー アルファード

当時やや経が小さく感じましたがクロームになってもその印象は変わらないかな(笑)
でもこういうおまけが嬉しいのですよね。

アオシマのアルファードといえば初版を買って当時はエアブラシがなかったので
タミヤのライトガンメタルを吹いて研ぎ出し中に角が出ちゃったのですが
修正して色が全く合わずに放置してすでに10年以上経ってしまいました(笑)
引っ張り出そうとしたら組み掛けコーナーの一番下にあったのでご勘弁ください(´・ω・`)
ウインドウパーツもミニバンシリーズの頃と変わって今風のスモークになってますし
(チューンドカーのシルクブレイズ箱の色)
デカールはミニバンシリーズの踏襲ですが金属ナンバープレート用のフォーマットに則ってる部分もあります。

個人的には久しぶりの純正アルミとモデリスタ風リップに(*゚∀゚)=3ハァハァと云う所です。
気になった方は模型店にGO!!!


本題!
ハスラーのGを買ったのになぜか部屋に見当たらない・・・・・・
どうなってんだこりゃ・・・・・


最近妙に疲れてます・・・・どこへやったんかな~

余談ですがアオシマの現行ファミリアバンのアナウンスにチビリました・・・・・・
これはOEM車キットオブ・ザ・イヤーの予感・・・・・(´・ω・`)

| 車プラモレビュー | 22:31 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「好きなパーツ」

SNSに対抗する意味合いで始めたプラモネタつぶやき。
しかし、長文になりあまり日記やレビューと変わらなくなって来た気も。
初心に帰ってつぶやきだけしてみたくなった。

フジミの初代セルシオのB仕様のキットに付属の純正リップ。
そのキットにしか付かないという点には同じフジミのエボⅨのラリーアートのリップのような特別感を感じる。

フジミ セルシオ B仕様 セルシオスポーツ リップ

そう言えばこのキット、箱絵はブルーイッシュグレーマイカメタリックトーニングGを意識しているのか
成型色はダークブルーで箱絵の商品名は「セルシオスポーツ」というのが
コイルサスでピエゾTEMSを採用していたB仕様を表しているのが素晴らしい。
フジミの名作を今あえてじっくり組みたいという気持ちもあるがなんとも悩ましい。

そう言えば初代セルシオのプラモと言えば・・・・・・おっと、話が長くなってしまいそうなのでこのへんで(笑)

| 車プラモネタつぶやき | 21:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

2019年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2019年07月