HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月

≫ EDIT

タミヤ・ニンジャZX‐12Rサクサク製作記その11.9

いつまでやってんだよ?・・・・もう一息!もう一息ぜよ!

※終わった工程。

カウル磨き大体終了。
リアウインカー取り付け完了。
シート成形完了サフまで。

タミヤ ZX-12R 

※残りの工程。
ミラー塗装。
タンク前部樹脂色塗装。
サイドカウル磨き。
シート塗装。
フロントスクリーン縁塗装。

もうちょっとだけ待って下さいませm(__)m

おまけ。

早く帰れた時に寄ったリサイクルショップで格安入手しました。

フジミの峠ミニ・シリーズの初代ソアラです。

フジミ 峠ミニ CORE 1/48 ソアラ

実はインチアップミニのソアラのキットが私の部屋の中のどこかにあるのですが
取るのが困難なところになるため調度良いタイミングで見つけました。

個人的にはCOREシリーズとして出たS30フェアレディZとTE27レビンの箱替えの峠ミニシリーズで
上記2台とソアラは比較的残っておりますが、その他の車種はあまり出てこないですねぇ(´・ω・`)
プレリュードとかFCサバンナとか流面系セリカとかMR2とか金型が残ってたら再販されないかな・・・・・・・・
当時箱で再販されれば割と欲しい層は居ると思うんですけどねぇ・・・・・

フジミ 峠ミニ CORE 1/48 ソアラ

このナンバープレートの割り切りがステキ(^ω^)
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2016) | 23:12 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タミヤ・ニンジャZX‐12Rサクサク製作記その11.6

今日は微更新です(;^ω^)

タミヤさんから注文していたメッキパーツが届きました。

タミヤ ZX-12R 

早速取り付け!

頼んだパーツの脇のチタニウムとカワサキのロゴがやや薄かったのが気になりますがもうこのままGO!(笑)
ちなみにリアのタンデムステップに取り付けるのですが
どうもビスが入らずあれこれやったら手元が狂ってハイサイド的な立ちゴケさせてしまい
一瞬やる気がゼロになりましたがヘッドライト部から着地したので被害は最小限ですみました。良かった。

ちなみに組み始めからどうも付属のドライバーでビスが入らないんでイライラしてたんですが
昔の付属ドライバー(隼の初版)と比べたらちょっと頭が大きくなってました。だから入りが悪かったのか(#^ω^)ピキピキ
天下のタミヤ様でもこういうことがあるのかと驚きました。

今日はここまで麗心愚。

| 車プラモ製作記(2016) | 22:21 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タミヤ・ニンジャZX‐12Rサクサク製作記その11.5

さて、間が空いてしまいました。が今回でシャーシ周り完成です!

残りの作業。
カウル磨き。裏側塗装。
シート・ウインカー・ミラー塗装。

もう一息です(;^ω^)

さて、今日は先日の残りのハンドル回りです。
と言ってもこの周辺が上手く塗れず何回もやり直してるので画像はあまりありません(笑)

タミヤ ZX-12R 

ブレーキレバーはアルミなんでメッキシルバーで塗るために
グロスブラック→メッキシルバーまでは上手く行くんですがその他が一体になってしまってるので
上手くマスキングできず何度も失敗・・・・・・(´・ω・`)
思い切って筆塗りにチャレンジするもアレ・・・・おまけにクラッチワイヤの接続部が折れ・・・・・
てなわけで数回の塗り直しの末、クラッチ部をメッキシルバーで塗ったら
筆塗りでキワの部分を塗装してその部分を一緒にマスキング。
その後その他部分を同じ色で吹きつけという形でなんとか塗り分けました。

下の画像で見るとブレーキオイルの四角いタンクの下の部分は筆塗りでその他は吹き付けです。
甘めにマスキングすることで若干筆塗り部にもミストが乗るような感じにしてみました。

タミヤ ZX-12R 

グリップ部は一応フラットブラックを塗ってるのですがあまり違いが出ませんでした(´・ω・`)
もうちょっとグレー寄りにしたほうが良かったかも。
トップブリッジの先の赤いナットはGXメタルレッドを筆塗り。思ったよりアルマイトっぽくて良い感じ(笑)
これはかなり昔にトラックのシャーシ用に買いましたけどまだ使ってませんでした。

そして、最後にステップ部分を塗り分けて取り付け。

タミヤ ZX-12R 

ハンドルも付いてステップも組み上がり一気にバイクっぽくなりました(笑)
後は外装ですが、バイクモデルって本当に奥が深い!
作業箇所も塗る箇所も多くてお腹いっぱいです・・・・・・次は軽めにしたい・・・・・(;^ω^)


おまけ。

マフラーのサイレンサーがメッキ塗装は成功したものの他の質感と合わないのと
結局チタニウムのロゴもカワサキのマークも消えたので部品請求しました。
作中だと来夢先輩のニンジャが出てるカットではロゴが出ていないのである意味ではこれが正解なんですけどね(笑)

タミヤ ZX-12R 

センター部をメッキシルバーで塗れば合うような気もしますが、私はやっぱりメッキパーツが好きなようです(*゚∀゚)=3

| 車プラモ製作記(2016) | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ&BEEMAXのEF3 シビック Gr.A `89 PIAAのレビューです♪

サクサク製作記はどうした?という問いに自身を持ってこう答えます。

「風邪引いてしもうた・・・」

もう治りかけたんですが今週はどうも月曜から不調で、朝起きてからどうも目覚めがわるくて
「会社行きたくないお・・・・(´;ω;`)」という感じが妙に強かったので不思だったのですが行ったら行ったで
とばっちりでクソ寒い中作業をするハメになり家に帰ったらダウン(笑)
朝起きたら寒気がヤバい野郎~御意見無用~という感じでその後無理やり耐えたんですが
こりゃヤバいということで風邪薬を飲んで寝たらあっという間に復活(;^ω^)
体調管理、しっかりしないといけませんねぇ・・・・・・・

さて、今回話題にしますのはアオシマ&BEEMAXから発売されました
EF3 シビック Gr.A `89 PIAAでございます!

アオシマ BEEMAX EF3 シビック

首を長くして待っていたというあなた!とうとう発売ですよ!待ったよ!待ちくたびれたよ!
・・・・という方も多いと思いますが、やっと手元にやって来ました(^ω^)


と言うのもですね、グランドシビックは私にとってドンピシャ世代のホンダ車でおまけに好きな車でありまして
「なんで今までキットが出てないんだぁあああああああ」という車種でもありました。
かつてはフジミのCR-Xベースに改造するトランスキットもあったようですが
私もなんかの記事でちらっと見たきりだったのですがガレージキット感全開の雰囲気だった記憶があるくらいで不明です。
キットはどちらかと言うと、GrA仕様オンリーという感じで市販車へのバリエは出なそうという感じでしょうか。
ですが、バンパーやボンネットにサイドモールなどを見る限りは後期型などの展開は期待できそうですね(`・ω・´)

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:06 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タミヤ・ニンジャZX‐12Rサクサク製作記その11

今日は暑かったですねぇ~(´・ω・`)
昼間見たら雨+春一番(元気ですかー!)で車がすっごい汚れていました・・・・・・・・

さって、製作当初は12日に製作記がその12で終わって車名と合わせてみました(笑)と行きたかったのですが
案の定遅れまくりの工程ですっかりアレな製作記と行きましょう♪

まずは前輪です。
ブレーキディスク部分は先ず全体を黒く塗ってローター部はガイアのプレミアムメッキシルバーを塗って
やや黒目のメッキ系の光沢が良い感じの色味になるのでリアと同様に処理です。
マスキングして、センター部のゴールドを吹き付けて繋ぎ目部分とボルト周りをスターブライトシルバーを筆塗り。
その後、スミ入れを行いました。

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

ブレーキローターなども穴あけなどがバイクモデルの基本ですが
今回はキットスタンダードがテーマですのであえてこのままとしております(`・ω・´)
本当はめんどくさかった
※リア部の文章をそのままコピペ野郎Aチーム


その後フロントフォークを塗り分けました。
今回はオイルが入ってる方筒っぽとキャリパーをゴールド塗ってマスキングして
車軸やブレーキのステーが入る部分をスターブライトシルバーで塗装。
シール部分もマスキングしてふいちゃいました(^ω^)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

どうやって塗ろうかなーなんて考えていたんですけど案ずるより有無がやすし小野ヤ○シ谷岡ヤ○ジでした。
後はボルトやTOKIKOの文字などは筆塗りでちょいちょいと・・・・・IKKOじゃないですよw
TOKIKOのロゴはスターブライトシルバーで塗ったのですが
画像より実物のほうがキラキラ感があって、カットポリッシュ風の実物っぽくてお気に入りです(`・ω・´)

シリンダー部分はキット付属のメッキシールです。これ効果的で良いですよね♪
ミラーフィ二ッシュだと薄いのでマスキングの塗り分け部が目立ってしまいそうだったので今回はキットの物です♪
※実際はミラーフィニッシュをケチったのは内緒野郎~御意見無用~

そしてフロントフォーク挿入!

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

凄い!バイクっぽい!
キャリパーのところのホースが刺さる所が折れたんですけど接着して色塗ったら全く目立たないので良かった(笑)
(実はこういう細かい失敗が重なってしまって遅くなってしまいました)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

だいぶそれっぽくなってくれましたが、まだハンドルが上手く塗れないんだよなぁ・・・・・
マスキングうまくいかないし・・・・・クラッチワイヤーのとこ折れるし・・・・ブツブツ・・・・・

残りの工程はあと五分の一っていう所でしょうか(;^ω^)

| 車プラモ製作記(2016) | 22:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白豹か赤豹か?TLVNのF31レパードアルティマのレビューです。

きょうはニンジャはお休みです。
マフラーに引き続いてハンドルまでミスってしまいました・・・・・・(´・ω・`)


さて、今回はタイトルを見て頂くとアレですが、ズバリ今日紹介させていただくのは
トミーテックのトミカリミテッドヴィンテージネオのF31レパードです♪

TLVN F31レパード アルティマ

先週出た「さらばあぶ刑事」仕様は出遅れて見事に売り切れ(笑)
もちろんプラモも出遅れ(笑)
最近の西部警察物などの駄々余りを見ていたので余裕こいてましたが
並んだ日の夕方には無くなったようです。やはり人気がありますねぇ(´・ω・`)

TLVN F31レパード アルティマ

映画公開で盛り上がっているあぶ刑事ですがまぁこの作品とレパードは切って切れない関係なわけで・・・・・
今回の映画にはどうやらトミーテックやアオシマあたりの黒幕さんたちも関わってるようで嬉しい所です。
(見に行きたいんですが、あいにく今時の映画館の激しい系の音響が苦手で・・・・・BDを待ちたい所です。)
前期のゴールドツートン・後期のダークブルーツートンはもはや劇用車ファンじゃなくてもおなじみでしょう。
そんな私も子供の頃に夕方の再放送でやられた口です(笑)
「もっと」の後期はリアルタイムで見た記憶もありますのでどちらかというとレパードは後期のイメージですね(^ω^)
(本当に一番好きなのはパパのY31グロリアなのは内緒。)
本来であればあぶ刑事の刷り込みでゴールドもダークブルーも大好きなんですが
マイナーカラー好きの悪い癖でいつの間にか非定番色が好きになってしまいました(笑)
アオシマからプラモでF31レパード前期が出た時はあえてパールツートンで作ったり・・・・
後期で一番好きな色はダークパープルツートンだったりします♪

てな感じだったのでこちらの通常版のホワイトとワインレッドが本命でした♪

TLVN F31レパード アルティマ

個人的にはワインレッドのほうが好みですが、ホワイトというのも実に味わい深いです。

TLVN F31レパード アルティマ

ミニカーの出来としてはボディはおおむね良好。パキっとした雰囲気が出ていて良いと思います。
それでいてウインドウ周りの曲線やサイドモールなどの彫刻もシャープでステキ。
燈火類もテールレンズのボディ色挿しが無い意外はまあまあ。
ドアミラーもパシッと付いていますし、今回入手した個体はどちらも印刷ズレやムラも目立ちません。

TLVN F31レパード アルティマ

ボディの出来はそこそこ良いのになんか足回りがなんだか引っかかります(笑)
モックアップでは良好だったトレッドやタイヤやホイールがなんだかイマイチなんですよねぇ・・・・・・
車高も高いわけではないんですがもう少し低いほうがレパードっぽいように思います。
タイヤ経も小さく見えてホイールが小さく見えて、なおかつトレッドがワイドすぎて・・・・・・・
レパード独特のあの感じが出せていないのが実に惜しい!
これ、直せるなら何らかの形で出す分は直ししたほうが良いと思いますよ。
ホイールやタイヤの修正は無理でもこのワイドトレッドは頂けないなぁ(´・ω・`)

TLVN F31レパード アルティマ

でも、画像は無いですが純正リップがおまけパーツでついてるので良しとしておきます(笑)

かつてアオシマから出ていたミニカーのあぶ刑事コレクションのF31前期に比べたら割りとシャープなんで
1/64の出来の良いレパードのミニカーと言う事でさらば仕様のゴールドを買い逃したあぶ刑事ファンの方も
マイナーカラーが好きな方も、ソアラ党の方も気になった方はお店にGO!
多分、ゴールドと違って残ってる気がします(;^ω^)

本当はレパードネタやあぶ刑事ネタもいろいろ書きたかったんですが今日はここまで・・・・・・

| ミニカー | 23:53 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タミヤ・ニンジャZX‐12Rサクサク製作記その10.5

本当であればこの休日で完成している予定だったのですが・・・・・

残りの工程を書きます!

カウル磨き&裏側塗装・デカール貼り。
ハンドル周り塗り分け。
フロントフォーク塗装。
シート塗装。
ミラー・ウインカー塗装。
マフラーサイレンサー部部品請求しようか迷い中。

・・・・あれ?割りと残ってね(;´Д`)!?

てなわけで、続きですね(笑)

まず、バックステップ周りなどを組みました。

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

ここは実車だとアルミのポリッシュっぽいので黒下地のクレオスのメッキシルバーです。
少し塗り重ねてあえてトーンを落とす事でアルミポリッシュっぽい感じを狙いました(^ω^)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

チェンジペダルあたりも塗り分けましたがごちゃごちゃしてますね(笑)

そしてお次はマフラーです!

バイクモデルのマフラーって割と綺麗に焼色を入れるとかっちょいいんですが
今回はどうせ見えなくなるので・・・・ってことでちょっとだけ箱写真を参考にそれっぽく(笑)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

グランドストラータトーニングとかスリークブラウントーニングっぽい色なのは内緒です(;^ω^)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

下地は箱絵っぽいカッパーとかゴールドっぽい色で塗って焼色部分は
クリアオレンジとスモークを足して徐々に薄くグラーデーションになるように調整しました。
なんかイマイチっぽい気がしないわけでもないわけでもないのですがこのまま行きます(笑)

なので、中間部分も軽く焼色気味で塗っときました。

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

こちらはミッチャクロン→クリアとクリアオレンジの調色(ほぼクリアー)を数回重ねました。
色合いは箱絵を参考にして重ねてみました。

そしてサイレンサーは上記の工程をしようとして大失敗(笑)
垂らすわ落っことすわで傷だらけだったのでとりあえず気合でメッキ剥離!合体!合せ目消し!ペーパーがけしたものの・・・・・も、勢い余ってサイドのチタニウムの刻印消えちゃったのでとりあえず後まわしにします(笑)

ビニールパイプがYMOのジャケットのグラサンかけた女の人っぽい状態!(意味がわからない)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

まだ先は長いズラ~(*゚∀゚)=3

| 車プラモ製作記(2016) | 23:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タミヤ・ニンジャZX‐12Rサクサク製作記その10

最近手を動かして一日一時間程度は作業してるのですがどうも思ったように行きません・・・・(´・ω・`)
本業もちょっとバタバタしてるのでなんとかひと月かからずに完成させたいのですが。

まずはリアのスイングアームですね!
当初左右分割を一体化しようと思ったのですがやらなくて大正解!
継ぎ目は見えてしまいますが、上手くタイヤやチェーン周りとブレーキ周りを上手く合体させれないかも。

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

実は一度スイングアームはヒケが多くて処理して塗装したのですが取りきれなかったので
一度塗ったものを再塗装しました。
ちなみに色はスターブライトシルバー+メタリックマスターですがクレオス8番あたりでもヨカタかも。

ブレーキローターなども穴あけなどがバイクモデルの基本ですが
今回はキットスタンダードがテーマですのであえてこのままとしております(`・ω・´)
本当はめんどくさかった

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

ロータ部がグレーっぽくてアレですが、ここはガイアのプレミアムメッキシルバーを黒下地で仕上げました。
独特の黒っぽいキラキラ感が出たのですが画像だとアレですね~


スイングアーム周りを組み付けて・・・・・

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

と、書くまでは簡単だったのですが、割りと上手くパーツをサンドイッチに出来ず割と手間取りました(笑)
(スイングアーム左→チェーン→ハブ→ホイール+ブレーキローター→キャリパー→スイングアーム右)
スイングアームを一体化していたら多分途方に暮れていたと思います(;^ω^)
ちなみにビスを締めすぎてホイールを回したらチェーンがクシャってなって焦りました(笑)

で、シャーシに合体!
するもなぜかキツキツで割りと無理やり突っ込みました(笑)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

正直進んだ感があまりありませんでしたが、スイングアームがフレームに合体してバイクっぽくなってきたので
なんとか先が見えてきたような気がします(^ω^)

・・・・しっかし、これ乗用車三台分くらいのエネルギー使ってる気がします(笑)

最後にメーターも塗ってデカール貼っておきました。

PRIVATE EYE

メーター本体はクレオスのセミグロスブラックを塗ってインジケーターを下地をスターブライトシルバーで塗って
ウインカーのインジケーターとニュートラルランプをクリアグリーンで塗って
ハイビームのインジケーターはクリアブルーで塗りました(`・ω・´)
メーターデカールは数日乾燥させてからアクリルクリアを数回厚く塗ってカバーっぽくしてみました。

まだ各部付いていないパーツ等多数ありますがまぁこれでようやく工程の三分の二と言う感じです(笑)
日曜にどれくらい進められるかなぁ。


久しぶりにおまけ。


個人的に今熱いキットランキング一位はフジミの初代bB前期型です(^ω^)

フジミ 初代 bB 前期 ミレニアムインチアップ

いつも思うのですが今買えるものは後期になってしまってるので前期のボディって再販できるんでしょうかね?
(ホイール・ピラーアンテナの有り無し・リアゲート→前後バンパーと純正エアロが相違点)
実はフジミのbBって割とバリ展があるのですが(ブリッツとかダムドとか)割と注目度が低い気がします。
出来はタミヤに軍配ですですが、フジミ版も今の目で見ても割と頑張ってる気がしますね~!

ちなみに、このキット当時のフジミらしいマニアックグレードで1.3リッターのフルエアロ仕様を再現してます。
ただ、実車はフォグランプレスでミラーが黒だった気がするのでどうなってるんでしょうか(笑)

ちなみにデカールは・・・・・・

フジミ 初代 bB 前期 ミレニアムインチアップ

1.5Z・Xバージョンの流用です(#^ω^)ピキピキ

個人的には初代bBって好きな車で、当時のトヨタ車、いや他社の車を入れても割りと遊び心満載だった気がします。
レコードのジャケット風のカタログは今の目で見てもシャレてますし、実車がとにかく流行りましたね!
嫌いな人は嫌いな車ですが、イメージだけで嫌われてる気がして寂しいのですが
ボクシーなスタイルや和製アメリカンなイメージなどで大ヒットしましたし
何より広くて乗りやすくて取り回しも良いし、周りでも乗ってる人が割りと多かったです。
私の車いじりの師匠の地元の友人がブルーマイカのやつに乗っていて
リアのクォーターガラスにぴったりハマるカロッツェリアのスピーカーが実に羨ましかったですね~!

個人的にフジミのキットの箱っぽくない賞のグランプリであるエアロマスターbBの箱でお別れしましょう!

エアロマスター bB フジミ

2000年台初頭のフジミ、これから来ますよ~(意味深)

| 車プラモ製作記(2016) | 22:51 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タミヤ・ニンジャZX‐12Rサクサク製作記その9

ZX‐12Rも相変わらず牛歩の進みです(´・ω・`)

バネにミッチャクロン塗ってからハーマンレッドを吹き付け・・・・・
(なぜか上にちょっと出っ張ってる部分がw)

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

割と相性が良いらしくグイグイやっても剥がれませんでした(^ω^)

さくっとショック部分を塗りわけて・・・・こんな感じに。

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

でも割と見えなくなるんですよね~(笑)

テンションが上ってるうちにテールレンズを組みました。

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

テールレンズの縁の部分は一段上がっている部分がてっきりつや消し黒になってるかと思ったら実物もこうなってました(笑)
鏡面部分は付属のメタルシールをカットする指示があるので
割とそのままでも良い感じになりそうですが、曲面に張るのでしばらくしたら剥がれてるかも(;^ω^)

そして最後に燃料タンクのキャップを塗り分けて今日は終了!

タミヤ ニンジャ ZX‐12R

完成が近づくにつれて模型店ツアラーに行きたくて行きたくて行きたくて行きたくて辛い・・・・(´・ω・`)

| 車プラモ製作記(2016) | 22:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2016年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2016年03月