HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月

≫ EDIT

ラブワゴンいじりその3。他。

ホビーショーも盛り上がったようであちこちで新製品情報やレポを拝見して
画面の前で(*゚∀゚)=3ハフンハフンしてるわけですが皆様いかがお過ごしでしょうか?
先週は本業の不具合対応で追われておりましてヒーヒーしておりました・・・・・・
てな感じで今週はあまり模型製作が出来ませんで・・・・・

前回記事にしたガイアのメッキシルバープレミアムですが
あまりにもガンメタっぽかったので重ねてみたところシルバー度はアップしたものの
どうもタミヤのつや消しメッキ風の色合いに近いような・・・・・(´・ω・`)

アオシマ ラブワゴン

でも今回はこのまま行きます(笑)

グリルはワゴンDX風味で行こうと思いグレーで塗装しました。(サフに黒足しただけとはとても言えない。)
その後軽く墨入れを行って陰影を付けてみました。
やはり黒バンパーには樹脂色グリルですね~!(メッキが剥げてなかったらそのままだったとはとても言えない。)

ホイールはジャンクの中からアオシマのZ33用純正アルミと極ひっぱりタイヤを合体。

アオシマ ラブワゴン

私だったら発進数秒でビードが落ちそうです(笑)
ホイール色はボディ周り対比ができそうなあえてのグロスブラックです。
(ガイアのセミグロスをあまりまぜないで塗ったら艶が引けなかったとはとても言えない。)

なんかペースが落ちてますがお手軽製作なんでそろそろ完成させないといけないですね~!
(内装とか割と本気でグレーをパー吹きで終了の予定とはとても言えない。)


おまけ。

イプサム中毒。

アオシマ イプサム Sパッケージ

純正エアロ(;´Д`)ハアハア

アオシマ イプサム Sパッケージ

一番左のリアゲートスポイラーに興奮(*゚∀゚)=3

更新したと思ったらこんなんですみませんm(__)m
(実は色々書いた長文記事をミスで消してしまったとはとても言えない。)

お後がよろしく無いようで・・・・・・そのうち喪黒福造が私の前に現れそうな予感。
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2015) | 20:44 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TLVNの現行センチュリーのレビューです。本命おまけあり。

いきなりなんですが、今まで運転した車の中で一番感動したのは?と聞かれた時に
真っ先に私が答えるのが現行型のトヨタセンチュリーだったりします。
私はアンチトヨタの人にこそセンチュリーに乗ってもらいたい。
この車はトヨタじゃないと作れない、唯一無二の存在であることが解る車です。
(この言葉は違和感がある方がいらっしゃるかもですが・・・・)

そんな現行型のGZG50センチュリーですがトミーテックのTLVNの方で
モデル化がアナウンスされ、本日入荷の知らせを受けて入手してきました。

TLVN GZG50 センチュリー

現行センチュリーはモデル化に恵まれているのか1/43を始め数社から出ていますし
京商からも少し前に1/64モデル化されましたね。
瑞雲デミュアーブルーマイカメタリックモリブデンが欲しかったですが
(※最近はモリブデン表記がなくなったんですね・・・・・)
人気のモデル化だったせいかあまり似ていなくてもトヨタコレクションでは高値安定で入手出来ず
その後の単品売りもしましたが見えてるせいでディティールの一部にいまいちグッと来ず・・・
まぁ最近TLVシリーズそのものに割高感を感じていたので当初は定価2600円というプライスに
軽い憤りすら感じましたが逆に言うとそれだけ凄いものになるのでは?という思いも・・・・複雑な気持ちです。
ちなみに私は三割引のお店で買いました(笑)

・・・・ってなわけで中身を見て行きましょうか!

≫ Read More

| ミニカー | 22:27 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ラブワゴンいじりその2。

ラブワゴンいじりです。

ボディカラー塗った後はクリア塗装をして段差消しです。

ラブワゴン アオシマ

クリアをタップリと数回吹いてからペーパーを当てます。
迷彩の塗装のコツとしてはやはり透けにくい色のほうが良いということですね(笑)
ところどころ下地が出たので放置・・・・じゃなくて軽くマスキングしてリタッチを数回・・・・

その後ある程度段差が消えたらつや消しクリアでフィニッシュです。

ラブワゴン アオシマ

画像だと綺麗なんですけどアップには耐えません(笑)

手を入れないつもりがバンパー脇のディティールの甘さが気になって加工。

ラブワゴン バンパー

その後何回かサフ→修正をしてオリジナルバンパーブラックで塗装。

ラブワゴン バンパー

気になる部分もあるが無理やり終了。
コツは少し濃い目に希釈してざらつくように塗りました。
同時に窓枠を塗るも、スジ等を入れていないので結構ガタってます(笑)
適当オールペンっぽいということで納得させます(;^ω^)

ヘッドライト部分は噂のガイアカラープレミアムメッキシルバーで塗装!

まず下地はウィノーブラック仕上げ!

ラブワゴン アオシマ

その後二回ほどコートするも・・・・ガンメタ?w

ラブワゴン アオシマ

吹きかたが悪かったんですかねー(;^ω^)
この辺は後日リベンジします(笑)

ラブワゴン アオシマ

ホイールはアオシマのZ33後期用の5本スポークのメッキ剥がし野郎Aチーム仕様です。
意外とセミグロスな雰囲気で悪くないのでナットの色差しだけとかもありかも(笑)

| 車プラモ製作記(2015) | 23:09 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゴールデンウイーク野郎~御意見無用~

GWは皆さんいかがお過ごしでしたでしょうか?
仕事だったという方、フルに休みだったという方、色々な形で過ごされたと思います。
そんな私は相変わらずワンパターン過ぎてあっという間に過ごしてしまいました(;^ω^)
初日は友人と焼肉食い放題に行ったり、ショッピングモールで職場のパートさんに偶然会ったり
朝っぱらから愛車をで磨いたり・ブレーキローター周りのサビ取り&塗装とかキャリパー塗装とかしたりと
充実してんだかしてないんだか良く解らないGWを過ごしておりました。

そんな中、模型関係も少しずつですが進めておりました。
ケチって替刃だけ買ったラインチゼルの刃を咥えるピンバイスを探すも私の工具箱の中にある奴はどうもしっくりこない。
そこで世間では休みであろう出勤日の会社内のゴミ捨て場コーナーより合法的に許可をもらって散策。
おそらくNC旋盤に使われいたであろうドリルチャックを発見。
「こ・・これ貰っていいですかフヒヒ・・・(;^ω^)」許可を得にいくと・・・マッハでOK!
そもそも現在NC旋盤は社内には存在しない不採算で自社生産は撤退ので、まぁその頃の遺産なわけで・・・・・

短縮加工&熱収縮チューブを巻いてラインチゼル用スペシャルツール完成!

BMCタガネ ラインチゼル 

ゴミスレスレの年代物のスミチューブが織りなすフィット感にステンレスの適度な重さがレーシーです。
チャック周りの黒の表面処理が男心を刺激するスパルタンさです。作って良かったです!!
実際はクッソ重くて太すぎて使いづらい

完成して意気揚々と使おうと思ってた帰りに時間が出来たので普段行かないホビーショップに・・・・
するとショーケースに輝くBMCタガネ0.2ミリを発見!!!しかも最後の一本っぽい!
「おお!やった!!」とショーケースを開けてもらうおうとすると店員さんの苦虫を噛み潰したような素敵な表情に
思わず全盛期の若山富三郎先生のように接しそうになりましたが(前も使った表現)
英国紳士のようなジェントルマンな私はニコニコと不気味な笑顔で受け取りました。

BMCタガネ ラインチゼル 

モデラー
上級者だからわかる価値 という煽り文句が購買意欲を誘います(笑)
そういえば一番初めに買った時はもっと簡単な包装だったなー・・・
しかし購入後気づきました。あのスペシャルツールを作ったじゃないかと・・・俺の昼休みは何だったんだと(´・ω・`)
まぁ使い分けもできるし、違いとかのレポしたら良いんじゃねと思って早速比べてみようとしたら・・・・

BMCタガネ ラインチゼル 

ラインチゼル折れてやがるヽ(`Д´)ノ ウワァァァン
サニトラの給油口とかドア開口部としか使ってないんですけどねー・・・・いつ折れたんだろ(´・ω・`)
割と本気で100こすり半くら位しか使ってないんですけどねー・・・若山先生のようにクレオスに(ry


気を取り直して、ラブワゴンを塗装。

クリア重ね塗り→研ぎで段差消しクリア→の繰り返し。

削り過ぎに気づく。(#^ω^)ピキピキ

寝る。

起きる。

リタッチ。

ラブワゴン改

クリア→研ぎ→つや消しクリア厚塗り野郎~御意見無用~←いまここまで

近くで見るとアレな部分多いし、正直ネタにしてもネタになっていない気も・・・・(´・ω・`)
まぁ長い目で見てやって下さいm(__)m



ここで突然の・・・・・・

模型店ツアラー~2015新緑の季節の強行軍~をお送りします(`・ω・´)
今回のツアラーは片道約200キロの旅で総工程450キロほどの旅でした。車1台バイク2台という組み合わせです。
というのも藤岡隊長もびっくりのこの強行軍は実は母方の実家の墓掃除と言う任務を遂行するための行軍に
これまた無理やり予定をねじ込み何回か子供時代に通ったお店への再訪をしてみたかったからということです。
ちなみにバイク2台は車1台なら安く済むのに「バイクの時期だからなー」と
やたら大手私鉄沿線に済む親戚をマツコデラックスのように弄る兄と普通のバイク好き従兄弟の2台です。
ちなみに毎年行ける人が行くということで私の参加率が高いのがアレですが(笑)

まず、出発地点がバラバラだったので現地集合で下道で向かったのですが
GWの渋滞等を避けるためにマニアックな道を通ったら予想外に早く着いてしまい
車中で暇つぶしをしてましたが模型店に無事に到達するには墓掃除をしなくてはいけません!
そこで一足先にホウキやスコップをゴソゴソと探していると・・・・・

妙に古めかしいタイヤ(バリ山未使用)や・・・・

IMG_1271_2015050507165236e.jpg

謎のフォグランプを発掘。この段階ですでに私の興味はこれらのパーツです(笑)

IMG_1272_20150505071653514.jpg

両側残ってたら即お持ち帰りの予定だったのですがこちらも裏のバルブ周りがサビサビで・・・・

何でも鑑定団に出してみようかなと思う順相コンデンサなど・・・・

順相コンデンサ

今は無人状態なんでアレコレお面白いものが出てくるのでガサ入れしまくってるとバイク組が次々と到着。
いい加減ぶっ飛ばされないうちに山の中にある墓へ・・・・・

IMG_1275_20150506095537dde.jpg

脳内BGMは嘉門達夫の「ゆけ!ゆけ!川口浩!」です(笑)
自他ともに認めるパワフルな私は数百メートル進んだ時点ですでにヘトヘトで帰りたいオーラ全開です。
蛇にビビり、謎の虫で泣きそうになり倒木をノコギリで切っていると折れた衝撃で
カタパルト発射状態になり足元がカクカクながら一人御柱祭状態で坂を下りました。
ふと手元の倒木を見ると見ると、倒木に生えた一本の芽に目を取られました。
うーん・・・こういうのを輪廻転生っていうんですかね~?多分違うと思いますが・・・・

IMG_1278.jpg

その後芽の生えた倒木を切って(爆)道を作り、倒木で階段を設置し杉の葉っぱを片付けて整地完了。
私は何やるにも手が遅いくせにお供えのまんじゅうを食う早さは天下一品の早さでした。
墓参りをして向かうは一軒目のお店!・・・・の予定が伯母さんに連絡したら
皆で飯を食うからダッシュで来いと言うニュアンスだったので一軒目が流れるという事態に(笑)
鬼の勢いでしらっばくれようと思ったんですが、お昼の営業時間もあり西進!
(;^ω^)あがが・・・・プラモが・・プラモが・・・潔く諦めましょう。
この時の諦めは引っかかる物では内心あったのですが結果的にはオーライでした。

まいったなー・・・と思って居たのですが流石田舎の方の料理屋さん!定食が安くて旨い!米も旨い!
この時点でもう一軒目のお店は忘れてしまいました(笑)
(まぁ実際はその後の調査の結果模型の取り扱いは終了されておりましたが・・・・・・)
その後、伯母さん宅に移動して談笑後、従姉妹の子供に
お土産代わりのオモチャを買いに行こうという体で私は本日最大のミッションである本命のお店に突撃!
親戚たちをを言葉巧みに騙し、ショッピングセンターなどを周り下ろした隙にとうとう本命のお店へ!
子供の頃に伯母さんに教えてもらったお店は現在も盛業中なお店で
アオシマやタミヤの新製品チラシが貼ってあったミニ四駆ステーションのノボリもはためいていたので
率直に言うともし何かあったら買おうかな・・・くらいに思っていたらまさかの・・・・

アオシマのライトエースノアフィールドツアラーあった━━━━(゚∀゚)━━━━!!

アオシマ ライトエースノア フィールドツアラー

フィールドツアラーが見つかったのは山をかき分けて進んだ墓参りおかげかもしれません(;^ω^)
カーモデルコーナーの端っこにあったので完全にノーマークだったので見つけた時二度見しました(笑)
実はこのライトエースノアは個人的には当時の印象が薄くタウンエースのフィールドツアラーは
何年か前に某中古店で入手してあったんですがライトエースバージョンはマジマジと見るのは初めてかも。
まさかの邂逅に驚きつつも私は割と本気で目眩がしてテンションMAX!
新製品や定番商品が並ぶ中「アオシマのノアなんかないよなー(´・ω・`)」と思っていただけに驚きました。
棚には発売ホヤホヤの電飾烈士なども並んでいてラインアップを見ても、率直に良く残っていたよなーという感じでした。
このボログを見てくださってる方や一部の方を除いてしまえばやはりノアはグッと来ないキットなんでしょうか・・・・

このフィールドツアラーのキット、地味に結構凝っていまして・・・・・

アオシマ ライトエースノア フィールドツアラー

専用ランナーがかつて無いほど充実(笑)
専用前後バンパープロテクター・グリル・ルーフレール・フォグガーニッシュ・リアスポ・バックドアハンドル
リアバンパープロテクター・二列目シートノーマル標準車から更に新規パーツとして新規で起こされておりまして
(シート・リアスポ・ルーフレールはロードツアラーと共用)
率直に言うとサイドストライプなどもきちんと再現されていて現代でも通用する内容となっております。

アオシマ ライトエースノア フィールドツアラー

フィールドツアラーは特装車ながら当時は結構見かけましたね。
このキットも高校生くらいの当時はワタシ的にはこういう車は好みではなかったのですが
(ロードツアラーとかアメリカンビレットとかリミックスとかの方が好みでしたね~)
今の目で見ると(;´Д`)ハアハア・・・・してしまうのは歳を重ねた結果ということでしょうか(笑)

アオシマ ライトエースノア フィールドツアラー

こういうパーツもきちんと再現されてるのがいいですね♪
ちなみにフォグレンズもきちんと丸型がセットされておりましてリアリティが高いです。
余談ですが、フィールドツアラーのキットにはきちんとノーマルバンパーがセットされており
ノーマルバンパー対応のフォグレンズこそ無いもののノーマルに近い状態で組める内容になってます。

イプサムにオルティアやレグナムなどこの年代のアオシマのキットは名作も多いので
願わくば再販して欲しい・・・・と言いたい所ですが商売的には厳しいでしょうかねぇ・・・
最近、想像以上にカーモデラーでちょっと前の国産車が好きっていう人は少数派なのかもと思います。

その後、少し気になるキットがあったので数点購入後(ただ、こちらは少し前の新製品だったりするので割愛)
無事に伯母さん宅の従姉妹の子供へのオモチャを購入して大喜びされたので結果オーライという感じです。
やたら愛車のバイクの下取りを気にする兄が買ったオモチャも喜んでおりました。

まぁ今回の旅で一番喜んでいたのはノアを見つけた私なんですが・・・・(;^ω^)

しかし今時の子供向けオモチャはノアのキットより高か・・・・

お店のポイントカードが一気に溜まってしまったのは良かったのかそうでないのか・・・・・
その後、温泉に入ったり、大盛りの美学的なお店に行って腹が割れそうになりながら
帰りは高速で!と思ったらいきなり大渋滞で帰宅にいつもの倍時間がかかったけど素晴らしい旅でした。
明日からは仕事が溜まってそうですが・・・・(笑)

おまけ。

そしてブログの締めくくりは友人を拉致して行った某中古店で見つけたダイヤペットのダイハツシャレードです(;^ω^)

ダイヤペット シャレード

マリンウインドウ(;´Д`)ハアハア
リアウインドウとリアバンパーが欠品で三桁円でした。ワタシ的には昔から欲しかったものだったので
逆にミントコンディションで箱付きよりこういうヤツのほうが燃えます(笑)

ダイヤペット シャレード

しっかし・・・ナンバーがリアルなことリアルなこと(;^ω^)
エンブレムのDAIHATSU XTE なんかもちゃんと読めますしすっごい良い出来ですね。
この年代のミニカーの独特の精密感、大好きです。

| 車プラモレビュー | 19:33 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年06月