HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月

≫ EDIT

アオシマ430セドリックセダン個人タクシー製作記その10。窓枠とか編。

最近のホンダ車のCM(グレイスとかジェイド)のナンバープレートの
管轄をテープで隠してあるのが気になってしょうがない今日此の頃です。
凄い安っぽいし、何よりテンプラ感がすごい(笑)
かつてドマーニのCMではひらがなが消されていましたがすごい自然でしたし・・・・
CMソングもどこかで聞いた曲なk・・・・ゲフンゲフン!
かつては思わず見入ってしまうほど魅力的なCMが多かっただけに最近惜しいと思うばかりです。
(お好きな方ごめんなさい。ですがそれだけもったいないと思ってしまうんです)

さて、先週は大人の事情で技能講習の講習会に参加してきました。
高校時代に取れるチャンスが有ったのですが日程の関係で取れなかったんですが
まさか10年以上経って取るならあの時取っておけばと思うも後のカーニバルイエローです。
まぁ費用は会社持ちなのが助かりましたけど・・・(;^ω^)
私自体は勉強が苦手なタイプで教科書が速攻で落書き帳になるタイプなので
正義感な女子にやり玉に挙げられておりましたが、その度に江頭2:50分のように
悪態をつきまくると言う嫌なやつだったのでもう少し仲良くしておけばよかったと思う今日此の頃です。
そんなこんなで久しぶりにまじめに机に向かうと、眠くて眠くて・・・というのは嘘ですが
それほど難しいわけではない技能講習でしたが若いころと違って脳ミソが劣化してるのか覚えるのが大変でした。

IMG_1151.jpg

テキストに「いや~ん!ブラックマスクじゃないの~!」的なおまる決壊的なマシンが出ていて吹きました(笑)
もしかしたらこの画像でピンとくる方も多いかも・・・・(;^ω^)
これくらいしか覚えていないかどうかはさておきまして無事に修了証も貰ったのでドヤ顔で会社に行こうと思います。
(2日留守にしていた代償がでかそうな予感・・・・・)


さて、今回は久しぶりに430セダンの製作記です!・・・・・と言いたかったのですが
とにかくあっちこっち酷い!いや、作ってないとダメですね(笑)

まずはボディにスミ入れしたんですが・・・・クリア吹き直しの影響でところどころスジが薄く・・・
しかも、つや消し黒にちょっと白を足してグレーにしたつもりが真っ黒(´・ω・`)
場所によってはスジを入れなおしたらカリッと塗装が持って行かれる四拾萬・・・・
山城新伍が無くなる前最後にテレビに出て発言した言葉が思い出されます。
場所的にタッチアップ→コンパウンドで目立たなくなったのでラッキー・クッキー・ヤンキー麗心愚。
ちなみに画像ありません(笑)
あるのですが画像では映らないということでブログ的には美味しくないかもです(笑)

窓枠塗装をしちゃいます。
実はここはエナメル筆塗りで行こうと思ったのですが(ホットロッドの方はエナメル)
今回は吹き付けてやってみることにしました。(というより、上手く行かなかった)

アオシマ 430 スタンダード タクシー

適当マスキングのせいで案の定はみ出たので綿棒でコシコシ。
塗装自体はラッカーですがこういう箇所のはみ出しはエナメル溶剤で落ちます。
この作業の前にピラーの裏側をエナメルのつや消し黒で塗っておきます。

アオシマ 430 スタンダード タクシー

この工程が地味にめんどくさいのですが、ピシっとしてるとカッコいいと思うので頑張ります。
こういう所はタミヤの綿棒がオススメです。高くて耳かきをするとグリっとして痛いですけど(笑)
(良い子は真似しないようにしましょう)
こう見ると地味にスミ入れがくどい印象ですね・・・・・もうちょっとグレーっぽいのでやり直そうかしら。
ただ、パーツが全て入った後だとまた印象が変わるので悩ましいですけどね。

アオシマ 430 スタンダード タクシー

少しだけシャープになったような気がします(;^ω^)
前はこういう所ももっとパキッと塗れたんですけどねぇ・・・・・


そしてフロントの窓枠にメタルックを貼りました。

・・・・が、結論から言うとこれはボツ。

アオシマ 430 スタンダード タクシー

ワイパーが被る下の幅広部分はメタルックと旧のポツポツがやや目立つ上にたわむと直ぐシワが入ってしまいます。
ここで皆さんお馴染みのくるまのプラモ製作記のながせさんの430セダンの
制作記を参考にさせて頂きまして一度剥がしてからミラーフィニッシュを貼らせて頂きました。

アオシマ 430 スタンダード タクシー

光沢は違いますが実にピシっと貼れていていい感じです♪
角っこはあまり見ないでください・・・・・(;^ω^)
ちなみに真ん中あたりの縦筋は指紋です。拭けよ。そして地味に見えるのでつや消し黒を筆で塗りました。
実に適当で今の私の心の中を如実に表しておりますね。

リア側はまだだというのに、フロントマスクのグリル枠を着けてしまいました。

アオシマ 430 スタンダード タクシー

エナメルの筆塗り後、メッキモールを綿棒で拭き取りです。
グリル内側のコンデンサー部分などは見えなくなるので今回はパスです。
あのホットロッドは地味にこのへんまでちゃんと塗ってあるのは内緒(笑)

あんまり進んでいない感じがしますが本日はこのへんで閉店ガラガラ・・・・・・


おまけ。

フジミ イプサム

200円イプサムの屋根を開けた後にサンルーフレスの渋さに気づく。

・・・・・・よく見たら前の記事で開けた画像を載せてました・・・・ボケまで始まってしまったんか・・・・


スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2015) | 23:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

エコノミーなイプーに黒なエースにトラッドする日曜日。

最近はどうも本業がバタバタしていてイカンです・・・(´・ω・`)

今一部で盛り上がっているフジミの初代イプサムなんですが(私だけという噂も?)
数多いバリエーションの中でもSP品番扱いだったEセレクションにスポットを当ててみましょう。

フジミ イプサム Eセレクション

実車のEセレクションは標準車よりさらに装備が簡略化されてビジネスユースに降ったモデルです。
タイヤサイズも標準車より狭く185/70R14となりガラスがブロンズからグリーンになりシート生地も独自の物に。
コーナーセンサーが標準装着設定が多かったイプサムですがレスになっていたり(箱絵にはありますが・・)
キーレスエントリーにミラーの電動格納やリアクーラーなどもオミットされマニュアルエアコンにと
現在では逆にコストがかかってしまうのでは?というスパルタンなモデルです。
(途中の年代からマニュアルからオートエアコンへ変更になった模様)
当時ワイドバリエーションを誇ったフジミのイプサムは純正アルミを履いたLセレクションEX仕様の最上級グレードから
ホイールキャップ仕様のLセレクション・ホワイトイプサムなどの中間グレードに
フロントにガードバーがついたクロスオーバーなどがラインアップに乗っていました。
他にもスポーツコンパクトシリーズやフィールドライナーシリーズなどもありました。

フジミ イプサム Eセレクション

その中でも今回紹介させて頂く「何故?」的バリエーションのEセレクションのキット化の英断は
フジミ内でも迷ったのか通常ラインアップではなくSP品番と言う点などに現れているように思います。
最廉価グレードのEセレクションは見た目は通常の標準車と変わらないので
模型映えという点ではあまり変わらないので当時のフジミの担当の人も悩んだんでしょうか?
そこでこのキットではイプサムではディーラーオプション設定だった14インチキャップが再現されています!
(確か当時のオプションカタログにメッキのタイプが装着されていた記憶が・・・・・・)

フジミ イプサム Eセレクション

物としてはSV30系カムリ・ルミエールなどに付いていた奴と同じタイプだと思うのですが
それ以上に私の中でトヨタ系マイカーセンターのお買い得車に履かされてるイメージだったりします(笑)
「抽選は午前十時から店舗で行います」的な土曜日の朝の広告チックな気分が・・・・・
まぁこのへんはご当地のディーラーや系列で大分変わるでしょうけどね・・・・(;^ω^)
従兄弟がビスタ系マイカーセンターで通学の足として買った
お買い得車の100系トレノSJとかも複数台並んでいましたがみんなこれを履いてました。
(穴数違うやん・・・・っていうのは内緒w14インチだったので流用可能だったのでしょうね)
この時期のフジミキットは細かい作り分けが意外とあって(出来の善し悪しはあるかもですが)
現役の定番商品の中でも今では手に入りにくいバリエなんかがあるのも悩ましいですね・・・・・
EKシビックのVTiやインテグラSiRなどもノーマルホイールがしばらく再販されておりませんし・・・・

ホイール違いは大きいですが他は他のキットと同じなのであまり気にせず組まれるのも良いかもしれませんね(笑)
比較的模型店では残っていたりしますのでやっきになって探すというのもアレかもしれませんが
あの頃の普通の市販車のプラモとしては第一級の普通っぽさだと思います♪
イプサムのキットというとアオシマの物も有りますが、どちらも比較的模型店の棚で会うことが多いですが
個人的にはキットの出来自体は率直にアオシマに軍配と思っているのですが
イプーがついていたりして当時の雰囲気を感じられるのは今ではフジミ製の方かもしれませんね。
個人的にアオシマのLセレクションEXのキットはホイールがメッキなのがポイント高し(笑)
(モーターショーで発表された時はメッキだった記憶が・・・・)

ちなみにイプーはこういうしゃべり方をします(笑)

フジミ イプサム Eセレクション

萌系アニメのキャラとかアイドルのキャラ作りのような感じでしょうか(笑)
機嫌が悪かったら思わずチョークスリーパーでも決めt・・・・いや、なんでもないです(´・ω・`)
今で言うゆるキャラにカテゴライズされそうなイプーですが
当時このイプーがプリントされた純正フロアマットもあって非常に驚きましたね。
走れ、家族の季節。という当時のキャッチコピーや西村雅彦がパパ役のCMで
ファンク・ザ・ピーナッツの「嬉しいな~」って言うCMソングと共に現れるCGのイプーは印象的でしたが
当時のトヨタにしてはビビッドなカタログカラーのグリーンメタリックオパールトーニングGも印象的でしたね~!
(実際はブルー系と後に追加された白系が圧倒的でしたけどね)

ちなみに当時イプー付きと言うことだったので食玩みたいな塗装済みのイプーがあると思ったら・・・

フジミ イプサム Eセレクション

うーん(; ^ω^)

フジミ イプサム Eセレクション

イプ~・・・・・イプ~・・・・・・でも、意外とクオリティは悪く無いです(笑)

イプー

ゲージツ的な作品群に混ぜてみても違和感が無いですね~何でも鑑定団に出してみましょうか。
ちなみに当時イプーのグッズが結構あったようで変わったものではランプなんかも有りました(笑)
ぬいぐるみとかは結構積んである車両を見たことが有りますね。

さて、現在フジミとアオシマのイプサムは再販されていない状態ですが
今でも模型店などでは見かける事が有り、中古店などでも見る機会も多いので
フジミ・アオシマ共に欲しい方はある内に入手されておくことをオススメします♪
実は今回イプサムのキットも友人の協力が有り入手することが出来ました。
イプサム探しの旅にでようとしていた所、急遽出物を発見してくれて代理入手してくれたので感謝です。
もしかしたらとイプサム探しの旅に拉致されるのが嫌だったのかも知れないという可能性も有りますが(笑)
この場を借りて御礼を言っておきます。ありがたやありがたや~(;^ω^)




おまけ。
本来は独立記事にしようか迷ったのですが迷ったのですが
TLVNのタウンエースのバリ展の本命のブラックのカスタムエクストラを入手して来ました。

TLVN タウンエース カスタムエクストラ 黒

タウンエース系は出来が良いせいかついつい手が出てしまいますが
今回のバリエーションはいわば本命モデルなんで非常に嬉しく思います♪
このブラックにゴールドのストライプが実にゴージャス!新型ヴェルファイアも思わず道を譲ります(笑)

前に書いた記憶があるのですがトヨタ博物館にある寄贈された個体と同じ黒のタウンエースなんですが
私が何年か前に見た個体がまさにその寄贈車なんじゃないかなぁ・・・と思ってます。
信号待ちをしていたらひょいっと年配の男性が運転する黒金のタウンエースが出現して
「えええええええええ!!!」何じゃ今のは!と度肝を抜かれたのは今でもはっきり覚えています。

TLVN タウンエース カスタムエクストラ 黒

ちなみに同時期に叔母の家の某北関東の人気の定食屋の駐車場で
エンケイメッシュ(だった気がする)のゴールドのホイールを履いた当時ステッカーを貼られた
同じタウンエースの黒金を見て「えええええええええ!!!!」と二度びっくり!
もう十年近く前のことなんでこちらは現存してるか不明ですがほぼ同時期に見たせいで
初代タウンエースワゴンというと、この黒金のイメージが強いですねぇ(;^ω^)

TLVN タウンエース カスタムエクストラ 黒

元祖ゴールデンアイズっていう感じでしょうか(違)
リアハッチのSUNROOFエンブレムもたまりませんね~(`・ω・´)
このモデル、出来も良いですがゴージャスなストライプがお気に入りになりました!
前期型のバリエーションはこれで終了して次回からは後期型が出るようですね。
こちらも見逃せないバリエーションですが、最近はシリーズ通してどんどん値段が上がってくるのが何とも・・・・・


おまけその2。

前に買い逃していたトラッドサニーも中古店で値下がりしていたので入手することが出来ました。

TLVN トラッドサニー

白が圧倒的だったのでこの組み合わせは見たことがない気がします(;^ω^)
赤銀の4WDスーパーサルーンのリアスポ付きなんて現存してるのでしょうか・・・・・
リアスポレスで後期のフルホワイトのグレードとか出るかなと思ってたんですが
発売当初あまり売れなかったせいか、バリ展が出ないまま終わってしまったのが残念です。

TLVN トラッドサニー

こう見ると中々カッコイイ組み合わせでニヤニヤしてしまいます(;^ω^)
まぁ箱がグチャグチャの草ヒロコンディションでしたけど・・・・・(笑)
そういえばサニー店繋がりで当時赤のサンタナを見た時はびっくりしたっけなぁ・・・・・

ちなみに430タクシーは現在スミ入れ中です。
厚塗しすぎたんでスパッと決まらないところもあってちょっと・・・・(´・ω・`)
やっぱ作ってないとダメですねぇ。

| 車プラモレビュー | 21:10 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

適当過ぎる世間話・・・・・

今年も残す所あと10ヶ月になってしまいましたねぇ~(´・ω・`)

おかげさまで愛車も10万キロ到達!するも気づいたのは100002キロ・・・・見逃してしまった・・・・
と言っても約二年半で1万8000キロくらいしか乗ってないのでまあまあというところでしょうか。
そのうちタイベル交換をしてタペットカバーのオイル滲み等を治す予定です。
当初は2年乗れれば良いかなと思っていましたが当分は手放なせそうですね。
車齢17年落ちと言う事でもはやネオクラに片足突っ込んでそうですがもうちょっと頑張ります。

余談ですが、登録後二年半経つのに私の管轄の運輸支局の5ナンバーの字光式の
通常払い出しが僅か数十台しか進んで無い事が判明!
字光+通常払い出しで「」が欲しかった結果、逆に珍しいという結果になりそうです。
私がなぜ字光式が好きなのかは又の機会に語ることにしまして・・・・・・
まぁ何が言いたいかというと私の一押しは
電球式の土台(井上工業製)に通常払い出しで「」という組み合わせが激アツだという事です(笑)
電球式土台は一部例外を除いて車種によって堂々と全長からはみ出すのがたまりません♪


さて、PCでこのブログを御覧の皆様におかれましてはちょっとリニューアルしたのに気づかれましたでしょうか?
実は前からワイド化しようと思ったんですが実際の所、御覧頂いてる皆様が
皆様がワイドモニターではないと思ってあえて900ピクセル幅でやっていたのですが
どうも余白が大きい気がしておりまして、大多数と思われる1280ピクセル幅にしてみました。
率直に言いまして、もしデザイン等が崩れて見辛くなったら大変申し訳なく思います。
しかし、画像の方も大きく出来るということやできることが増えるかなと思ってあえてのワイド化とさせて頂きました!
ワゴンRワイドかトッポBJワイドか・・・・はたまたクラウンエイトか初代セルボか・・・・という感じです(;^ω^)
よく解りませんが、見づらかったらごめんなさいということでございますm(__)m


今週の模型製作のコーナー!

IMG_9798.jpg

前にジャンクで200円買った部品切り離し済みのフジミイプサムをまじめに部品のゲート処理。
フォグレンズ以外は全部揃ってました。しかし、適当に切られていて一部欠損してました・・・・・
そろそろまじめにフジミイプサム探しの旅に出ようかなぁ・・・・・・

アオシマの430は昨年からず~っとフロアマット製作に失敗し続けてます。
要はエースマットみたいなビニールのワッフルマットを作ろうとしてるのですが・・・

IMG_9480.jpg

( ^ω^)・・・・・

IMG_9800.jpg


(; ^ω^)・・・・・・・・・・リアル風呂のタイルw


最終的にはプラバンで・・・・・

IMG_9799.jpg

(; ^ω^)風呂の蓋かよ・・・・・・・・・・

まぁ何っていうか割りと画像に撮ってないですが本気でエポパテ一個半くらい使い切りましたw
手で掘ったり、網に押し付けたり、平にしてからひたすらほったり・・・・・
これで430セダンタクシーがストップしてるなんて口が裂けても言えないのは内緒です(´・ω・`)

しばらく掃除してなかったエアブラシも掃除中です(笑)

IMG_9804.jpg

ベーコン大先生にもかなり頑張ってもらってますが最近前より圧が安定してないような気がします。
実車の補修とかにも使ってましたんでかなり使い込んではいると思うんですけどね。
本当はクレオスの高いやつとかも興味があるはあるんですがね~

なんにも製作していないような気がするのは気のせいでしょうか・・・・

おまけにプラモデルっていうのぼりが立った中古店を先日発見して
雨の降り注ぐ中高速使ってリベンジしてみたのですがプラモ無かったし・・・・・・・

掘り出し物は意気揚々とアップしてますけど意外と外しもしてるのは内緒です(´・ω・`)

| 車プラモ製作記(2015) | 23:51 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2015年01月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年03月