HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月

≫ EDIT

アオシマのノアにまみれるエトセトラ。

なにやらアレコレときな臭い自体に世の中がなっておりますが
日々の仕事は何かとバタバタしていて非常になんとやらという状態でございます。

実は最近模型製作の場所を大掃除してまして(話せば長くなるんですが作業意欲が湧いてるうちに・・・)
古い塗料とかスプレーを全て破棄したんですがその時に集めた塗料をミックスしたリアル ハウスオブカラー(笑)
名付けて「リサイクリッシュブラウンメタリックパールマイカG」でございます。

IMG_9796_201501251632565b2.jpg

あれ?結構カッコイイ色味の予感!

しばらく蓋を開けて置いておいたのでガス抜きはバッチリと思って混ぜようとシェイクして蓋を開けたら・・・・・・

IMG_9795.jpg

゛;`(;゜;ж;゜; )ブフォォ!!

ガスがたっぷり入っておりました・・・・・
俺何やってんだろ・・・・3月にもう三十路になって2年経つというのに・・・・・
この塗料を使うことがある時が来たらまたご紹介します。
今なら10CCあたり二万円+税+手数料込み23万7千円でお分けします(嘘)


さて、気を取り直しまして、通常更新の方へ戻りましょう。
お正月休みも終わった三連休に今年最初の模型店ツアラーへ行ってきました。
名付けて「アオシマのノアを探す旅2015~ネバーギブアップ編~」に出撃しました。
今回はいつも拉致する非カーモデラーの友人でなく、私の兄(引っ越したマンションが鉄筋なのを自慢する)が
帰省してきてまして話せば長くなるので割愛しますが成り行きで一緒に出かけることになりました。
今回は約片道90キロの旅でしたが98%兄に運転させるという事にして助手席を堪能しておりました(笑)
プロドライバーに片足を突っ込んでるだけあって終始エコドライブに徹し持ち主の私より高燃費を叩きだしてくれましたが。
田舎道ということも有り多分60キロ定地走行燃費すれすれくらい良かったのは内緒です。オドロイタ。
ちなみに運転手さんは「禁煙車はキツイわー」と運転しながら終始ブーたれてましたが(;^ω^)

まず一軒目。元々洋品店のようなお店で現在は新入荷はされていないとのこと。
私はたまたまそこが地元の親戚のおばさんの友達がいたので存在は知っておりましたが
お店のおばさんと話すと最近はあちこちからレア物探しに来られて古いものは殆ど無くなってしまったとのこと。
まぁ私はどちらかと言うとレア物探して云々というより自分の好きな物が入手できればよいので・・・・
そんなこんなでこちらでは「♪かなりキテ~る感じて~る」なフジミのFTO・GRを購入。

フジミ FTO GR

GRはMIVEC非搭載の6A12型のグレードでこの箱絵だとアルミホイールをオプションで着けた状態です。
フィアットバルケッタのホイールを流用すれば素のGRっぽくなるような気もします(笑)
さて、そんなことはどうでも良いのですがこのキット、中身の写真に取るのを諦めたくらいカビてまして・・・
何っていうのかな・・・・白カビ?が袋とランナー全体に付着していました。
しかたがないのでキット丸洗い・袋交換(こういう時のために袋を取っておくのです)・下箱入れ替え(作りかけと交換)
箱の天日干しを行ってまぁ普通の状態へ戻しました・・・・・
まぁ値引き&アバウト会計800円で買ったのでしょうが無いとはいえちょっとアレだったかも(笑)

フジミ FTO GR

これ、ここまで持っていくのにかなり頑張りました(笑)
本来であればサクッと組むのがいいのでしょうがね・・・・でもそれも嫌なくらいカビてました(笑)
ちなみにこの段階では運転手(東急東横線沿線の親戚に同じ沿線になったと絡む東武東上線沿線民の兄)は
「ここまで来てカビの生えたFTOwwwww」と人を舐めまくってきてました。この野郎。


お次はだんだんとノッて来た運転手(小学生の時私のエクレアを勝手に食った兄)が
「俺こないだあそこマンションの改築の時に引取に来たぞ!」と七回位言われたマンションの近くでした(笑)
兄の自宅からは200キロくらい離れてる店までご苦労さんです。

こちらではホ○ダの回し者の兄に合わせてフジミのデルソルVXiを・・・・・

フジミ デルソル

率直に言うとこちらのお店も新製品は入荷していないようでカーモデルは数個数種類だけでした。
やはり斜陽産業なのかなぁと思ているとふと既視感。
そういえばこのデルソルは当時祖父に買ってもらっなぁと記憶が蘇ります(´;ω;`)
ちなみに私の兄(取っていないのに500円返せ!としつこく25年以上言ってくる)は酔うとしつこくなる祖父にそっくりです。

時間の成約があったため、今から帰れば家の用事には間に合うであろうと
帰る流れになったんですが、運転手(マンション名にヒルズと入ってるだけでヒルズ族と言いはる兄)が
スマホ片手に地図を一心不乱にピコピコやってます。流石子供の頃ファミコンを全く貸してくれなかっただけあります。
そんな私が「シムシティのデータ上書きの刑~割と本気で間違えて上書き~」で仕返しをした話はまたいずれ・・・・・
「戻った方に模型屋さんもう一軒あるじゃん!」と言ってきます。
「もういいや。」と言う私に「いや、これくらいだったら戻っても結局のところ帰り道一緒じゃん」という
数十キロの距離はコンビニにに行くくらいという感覚の物流業界人ならではの発言。
今日はじめてやる気を出した運転手(バイクを買うとカタログイメージカラーばかりの兄)に任せ北進!
さっき通ったような道をしばらく戻り更に進んで進んだ先に発見するはこれぞな模型店!

早速入ると新製品もたくさんあるような地元密着型のお店だったのですが
ふと、新製品と少し前の製品がずらっと並んだお店の棚に目をやると・・・・・・

うおおおおおおおおおおお!!!!!!

アオシマのライトエースノアロードツアラー!!!!!!!!!!


アオシマ ライトエースノア ロードツアラー

驚きのあまりボックスアートの後輪が浮いてます(笑)

この時点で変な汗が出まくってしまったのは内緒ですが率直に驚きです。
店主の方との世間話も思わず気もそぞろになるくらいのドキドキ感。
まだ残っていたのか、嬉しい・・・・・(´;ω;`)

兄が「今日はラーメンおごるわ~」って言ってたのに食券買う段階でゴネ始めたことなど一気に忘れるこの高揚感!
タウンエース派の私もついつい見入ってしまうこのハニカムグリルに丸型フォグが最高です(笑)

アオシマ ノア

年始からこれを入手してしまうとは私も今年はなんかありそうで怖いです(笑)
これはそろそろノーマルホイールと合体させてちゃんと作らないといけない感じになりそうな・・・・
・・・・っていうよりノアをちゃんと完成させたいっていうのは前からの目標だったりするんですが。
再販される気配もないですので、手持ちのキットをきちんと組まないといけないですね。


話は変わりまして今回のツアラーでアオシマのノア探しの旅も一段落したのかもしれないなと思っていたのですが
この時点で唯一手持ちがないファブレス仕様への思いが強まってしまったんですね~・・・・
モヤモヤしているうちに、先週末たまたま友人とアメリカンなハンバーガーが食いたいという事で
ハンバーガーを食いに行こうと言う企画に大手事務所のアイドルのように
強引に模型店巡りをねじ込むという無茶ぶりをして強引に行けそうな模型店へ行きました。
渋滞にハマり、腹が痛くなるアクシデントもあり、ナビが全然違う所を案内するアクシデントもあり
たどり着いたのは老舗の模型店!率直に言うと新製品もお客さんも多いお店なんで期待していなかったのですが・・・・


ファブレスノア前期あった━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!


アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

くぅ~!!と楽○カードマンの中の人っぽい声を出しそうになりましたがこれが模型店の棚にあった時の衝撃!
久しぶりに「◎△$♪×¥●&%#?!」と脳ミソが混乱するほどの衝撃!
同行者の「( ´_ゝ`)フーン」というリアクション!
実はこのキットを買うのは二回目でして、発売当初に速攻で買いました。
当時スムージングした車体のジャパニーズトラディショナルアメリカンカスタムが流行っていた時期だったので
スムージングパネル付きに憧れて速買いだったのを思い出しますね~!
ちなみに今のアオシマ製品はそんなこと無いんですけど当時は箱とホイールが違うということが多く
このキットも箱絵はヴィエナディッシュを履いてますけど中身はファブレスのプロファンドです。
まだ19インチのクロイツァーが出る前だったので大径ディッシュが欲しかった時期なんでちょっとガッカリ(笑)

ファブレスといえば今でもあるエアロメーカーですけど当時はこの大型バンパーが憧れでした。

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

ファブレスの大型のエアロは当時良く見ましたけど(含コピー)大体そのうち割れまくってると言う(笑)
今気づいたんですがバンパー上部に謎の段差があるのが気になります(;^ω^)

サイドステップなんかも当時のアオシマっぽい線が浅いややもさっとした感じですが
このエアロは比較的シャープな無類かな?個人的ワーストはインシュランスクラウンのサイドです(;^ω^)

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

こう香見るとここ最近のアオシマのエアロっていうのはピシっと出来ていて素晴らしいですよね♪
いや、この年代の物も今では出ないであろうこのようなキットがあるのも魅力ですよね。

ここからは赤い車体の前期レヴィジョン2の専用部品を見て行きましょう。

まずはリアバンパー。

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

被せ式ですが実際のナンバーベースも浅めなので形状としての違和感はありません。
最近はディフューザー式の形状が多いのでこうやってどしっと落として
マフラー出口を切り欠くというスタイルが今では懐かしくも有ります。

ここにナンバーベースが付くのはなんとリアゲートにスムージングパネルが付くからなんですねー

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

これが当時憧れで・・・・・(笑)ここにエアブラシを入れたかった・・・・
当時携帯用のデコシールってのが結構売ってましてそれを貼り付けて・・・なんて妄想してました(笑)
いや、完全に若気の至りです(´・ω・`)

しかしパーツを見ると・・・・・・

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

(;^ω^)・・・・・・部分的なスムージングなんすよねー

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

パーツ自体はそこそこ合いが良かった覚えがあるのですが
当時はハードルが高かったですねーしかもラッカーパテじゃあ上手く埋められなかったなー(´・ω・`)
今だったらもっとちゃんと埋められるかも・・・・

こちらはグリルもビレットタイプがついてます。

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

二分割になっているのが結構凝ってますね♪
ちなみに後期タイプは後期型のグリルがついてます。(ヘッドライトも後期に!)

手に入れられた嬉しさと探していたキットが入手できた高揚感と旅の心地よい疲れに
パーツ類のチェックなどを店頭でしなかったのですが、まぁオチがありまして・・・・・

IMG_9783.jpg

クリアパーツ割れてる(;^ω^)
最悪ヒートプレスで自作か・・・・まぁ長く探していたキットですからこれくらいはねー・・・・・・
実際長期在庫であったであろう事もあり画像では見えないのですが
箱は少しボロボロ、ボディ変形一部割れあり(修正済)、デカールは使えないかなと言う感じでした。
実際ナンバーやファブレスのハチマキは他キットからいくらでも流用できると思いますので
余り問題はないのかなとは思うのですが、普通の人だったらこのコンディションでは買わないかもですね(笑)


さて、御覧の皆様の中でも一部の方に支持を頂いてる?アオシマのノア探しの旅ですが
これにて一件落着・・・・と、思いきやますます魅力的感じてしまうという悪循環に・・・・
非常に好きなキットということもあるのですが、アオシマのノアの魅力を
カーモデラーの皆様に再確認して欲しいという意味もあってこれからも旅を続けていこうかと思います(`・ω・´)
ただ、・・・・・万人受けはしない車種ではあると思うのでアレですが。
それ以前に完成品を載せないと説得力が無いですかそうですか。

うーん・・・・ノアコンプリートの旅はまだまだ続くかも。
これでおまけパーツ全開で再販したら笑ってしまいますが・・・・・静岡方面に念を送っておきます(笑)
スポンサーサイト

| 未分類 | 00:01 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫。アオシマの430セダン個人タクシー1号車。

新年のご挨拶を頂いていたのに未だに訪問できていない方も多くて申し訳ありませんm(__)m
私も少し溜まっていた記事の方をじゃんじゃん公開して行きたいと思います♪

いきなりですが・・・・昨年の数少ない完成品の430セダンの個人タクシーの1号車です(笑)

※画像クリックで全て拡大します。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

製作記には載せていなかったのですが昨年ちまちま作ってました。
本気仕様はあくまでノーマルの現在製作記(・・・と言ってもご無沙汰過ぎますがw)を書いてる方ですのでこちらは番外編。
ヒビが入ってしまったデカールをごまかすためのネタがこういう形になりました(: ^ω^)

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

テーマは草ヒロ(和製ラットスタイル)・オオタキのホットロッドマシーン(ヒップアップシリーズ)と
私の大好きな白地に青く~のストライプがカッコイイ東個協の個人タクシーのハイブリッドです。
風見タクシーが新車導入から7年後タクシーとして役目を終えた後、解体屋に運ばれるも
マニアな社長の手によって解体を免れヤードの端っこの秘密の宝物コーナーに
部品取りになったりしながら25年以上なんとなく潰せず置かれていた個体を
モノホン東個協を探していたマニアに発見されしぶしぶ譲渡。
しかし、数十年放置のためあまりにもコンディションが悪かったので、ボディがグッサグサ・・・・
ボンネットに至っては東京無線の物に変えられていてオリジナルパーツも皆無・・・・
オリジナル状態での再生をあきらめ和製ラットロッドに・・・・・と言う裏ストーリー付きです。(話が長い)

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

率直に言うと不満点も多いのですが今回はあくまで「勢い」でした。
グロリアテールなのは、セド前期レンズをパトカーに使うために移植(笑)
マフラーは手持ちのタミヤハコスカ?のジャンクでしたが実際はサイド出しとか
シングル左右出しハス切りとかのほうがそれっぽかったかもですねー(´・ω・`)
エンジンはL28改3.2リッターという設定にしといて下さい・・・・・

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

車高はフロントがキット標準のローダウン。リアは3ミリほどチョイあげハブリダクション状態と言う感じです。
ここらへんは見えなくなるからいいやと言う事で裏側アップはご勘弁ください。
車高やタイヤのはみ出し具合はオオタキのあのキットのの箱絵を意識してます。
ちなみにタイヤとホイールはアオシマのクレーガー調のアメリカンSSとファイアストンタイヤを移植。
これが模型店で中々手に入らず、最終的にはネット通販で購入しました。
この手のパーツはやはり買っておかないと入手出来んですね。と思ったら近いうちに再販するようで(笑)
ホイール自体は持っていたのですがこのファットなタイヤが無くて・・・・・・
国産5穴ホイールでべったりというスタイルにも憧れたのですがこの430はインパクト重視だったので
ややアメリカン寄りの和製ラットロッド系での完成形を目指しました(^ω^)
ボンネットは当初東個協カラーの上に東京無線の緑で日章旗にしようと思ったんですが
ちょっとやり過ぎ感がでてしまいそうだったのでやめておきました。
塗ってから、日本交通カラーにすればよかったと思う今日此の頃でございます。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

ボディのサビなんですが、こちらはジオラマでお馴染みのアラーキー先生が提唱されていらっしゃる
サビ表現のダイレクトカット方に自分なりのアレンジを加えたものです。
デザインナイフ等で塗装を、めくり上げるという手法なんですが
厚塗り野郎Aチームの私にはただただ塗装が欠けて飛んで行くだけだったのが切なかったです(笑)
ある程度塗装をめくった後に以前AE86の草ヒロをアップしましたがあのノリで汚しなどを入れています。
ちなみに錆汁はアクリルのクリアオレンジを薄めて必殺気合の手書きです。
その後少し溶剤を塗ったりしてにじませてから、最終的にフラットクリアを吹きました。
サビ部分はオリジナルサビブラウン(フラットベースマシマシ)で新たにボコボコになるように塗ってます。
ちなみにストライプの退色はエナメルの白をドライブラシ風に筆でトントンと載せて行きました。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

ただ、だんだんと楽しくなってしまったので汚しすぎたと反省。
ボンネットの塗装のめくれがすごいわざとらしくなってますね。
でも前にもっと錆びた草ヒロ430を見たことがあるのであながち嘘でもないかなと思っちょります(笑)
ちなみにコントロール(コーナーポール)はプラ版と伸ばしランナーとアオシマの430HTのジャンクから製作です。
ちなみにこれだとグロリア用っぽいですね~(笑)

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

まぁグロリアテールだから良いか・・・・・
こう見るとサビ部分は穴を開けたほうがもっとそれっぽかったかな・・・・

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

ちょっと画像置いておきますね(´・ω・`)つ

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協
アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

実際行灯の下錆びね~だろ!とか、STDのアンテナがないじゃんか!とか
良く見るとフロントウインドウの上端に内装のブルーが見えてるとか
各部のツッコミはあるかと思いますがどうかご勘弁頂ければと思います。
まぁあくまで寄り道だったんですが、私の悪い癖で適当な方が気に入ってます(笑)
いつも大量に余るY31系のバケットシートを利用できたのは内緒・・・・
バケット+防犯板がこだわりなんですが殆ど見えないという・・・・・
シフトノブもハースト風を自作したもののどっかに言ってしまったのであまりパーツをやっつけ接着。

でももうちょっと小奇麗にまとめたかったな・・・・・・(´・ω・`)
寄り道ばっかしてましたんでいい加減に本命の2号車も完成させなきゃいけないですね。

おまけ。っぽくないおまけ。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

ちなみに今回新たな試みとして雨天撮影をしてみました。
透明のビニ傘でプラモが濡れないようにしながら撮影すると水滴も付きませんし
全体的にちょっと湿気った雰囲気になって今回の430に合ってる気がしますし
こうやって写り込ませることも出来たので面白いショットが撮れるのでオススメです♪

おまけ2。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー ホットロッド 東個協

起こし中の一コマ。
製作記(覚書)的な物も記事にしようかしら。

| 車プラモ完成品車庫 | 22:21 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

私の中で謎の存在だったニチモのGX71マークⅡを発見!

※一部コメントで頂いたお話を元に微妙に編集させて頂きましたm(__)m


星の数ほどある自動車プラモデルっていうのは実に数多くの製品があるわけですが
その中でも存在は確認されているけど実物があるのか謎なキットって言うのがあるわけで
今回ご紹介させていただくキットもそういう物かなと思います。

今は亡きニチモのGX71マークⅡツインカム24エアロでございます。


ニチモ GX71 マークⅡ ツインカム エアロ
※今回の記事の画像は全てクリックで拡大します。

昨年のニチモの模型事業からの撤退は私も非常にショックでしたが
そんな中、ニチモキットが少し高騰してる現在、このキット、某絶版店で入手することが出来まして
率直に言うと定価より大分高いプレ値だったのですが、そう法外とも思えない値段だったことや
私の中で存在が謎であったキットであるということなど非常に悩んだ結果
高いけど前から欲しかったキットだし、何より中身を見てみたいキットだったので
清水の舞台から12679回飛び降りて、ダンプの前で僕は死にましぇんプレイを2439回したと思って購入してみました。
箱のコンディションも良好で所謂カビ臭さもなく良好なコンディションでした。
一説によると現存数が極端に少ないという噂もありますがどうなんでしょう?
今回記事にした事で「俺は持ってるぜ!」という方いらっしゃったら
お手数ですが私のことが嫌いでも是非教えていただきたいキットであるくらい数は少ないと思います。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:15 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TLVNのGX71マークⅡの後期型のレビューです♪

※色名を思いっきり間違えていましたので訂正致しましたm(__)m


三連休で湧く世の中ですが私は絶賛土曜出勤でした♪
自由出勤に近い状態だったのですが手こずってしまい結局最後まで残って遅くまであれこれと・・・・
そんな中でも入荷のお知らせを受けて戸締まりもそこそこに(嘘)逃げるように退散してから
取りに行ってきたのが今回紹介するネタです。

話はいきなり変わりますが多分、トヨタの昔の車体色のネーミングの素晴らしさは
自動車メーカーの中でもトップクラスかと思います。
白より白い「スーパーホワイト」直球すぎるネーミングもあれば
「パールクリスタルトーニング」のような聞いただけで「これはすごい色に違いない!」という色まで・・・
私の中でのスーパーホワイトへの憧れと郷愁は恐らくこの車が原因ではないかと。

TLVN GX71 マークⅡ 後期型 トミーテック

TLVNシリーズのGX71マークⅡハードトップグランデ(86年式)でございます。
今回出たのは上記に書いたスーパーホワイトとパールクリスタルトーニングの二種類です。
前回紹介した前期型に引き続きレンズ類やホイールが起こされた後期型となって登場です。

前期型の記事はこちらからどうぞ。
http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/blog-entry-1078.html

私も本命の後期型ということでテンションMAXです。しかも、グランデの青内装と言うのが渋い(笑)
実車であればツインカム24の方のグランデと言う雰囲気でしょうか。
まさに親戚のお爺ちゃんが新車で買って乗っていたのと同じ組み合わせです(^ω^)
この車はその後年上の従兄弟が引き継いだ事もあって私も乗せてもらうことが多くて色々と憧れました。
今でもそうなんですが親戚が車を買うとまずドライブがてら我が家に見せに来るというのが定番でして
430セドリックから買い替えたということで皆で来たんですが見慣れた車のはずなのに
真っ白で低い車体にデジパネにサッシュレスドアのデジパネに子供心に異世界の車のようでカッコ良かったんですよ!
前にも書きましたが、親戚の家にこれが納車された時の我が家のラインナップは
MX40マークⅡセダンLGとT130コロナGLでしたのでもう羨ましくて羨ましくて(笑)
1G-GEのセルも軽やかに掛かった後のエンジン音もM-EUや13T-Uとは違うものでした(;^ω^)
「とよたまーくつーはーどとっぷぐらんでついんかむにじゅううよん」(又はついんかむにーよん)という
車名の響きだけでも当時はえらい高級に感じたものですね。

この時代って10年落ちの車が今の20年落ち以上に感じるくらい車のデザインや装備が変わった気がします。
だったのでそのGX71マークⅡは衝撃的だったんですよね
今でこそアンチメジャーで自称マニアで知ったか野郎の私ですが、当時はこのド直球マシンに憧れましたね。


いきなりなんですが前期後期の違いを間違い探し(笑)

TLVN GX71 マークⅡ 後期型

まぁこのへんは皆さんご存知なんであまり語りませんが
ヘッドライト・グリル・ボンネットに形状変更が有ります。語ってるじゃねえかよ。
ちなみに私は当時から圧倒的後期派だったのですが最近は前期の渋さも好きなんですよね(´・ω・`)
そういえば今まで出たモデルカーの中では貴重な後期型です。

こうやって並んでるのも当時はよく見かけましたね(笑)

TLVN GX71 マークⅡ 後期型

色のせいかヘッドレストの切り口はそんなに目立たないかな(´・ω・`)


ちなみに今回は前回のように買うた辞めた音頭をとる前にパールクリスタルトーニングの方も買ってみました。

TLVN GX71 マークⅡ 後期型 パールシルエットトーニング

実車ではあまり見かけない色でしたね。というかそれだけスーパーホワイトが多かったんですね。
たまにシルバーとかのHTとか見ると「うおおおお!白じゃない!」って思うくらいでしたから(笑)

ちなみにクレスタのパールシルエットトーニングは茶・白・茶ですが
パールクリスタルトーニングのマークⅡとチェイサーは白・茶・白の組み合わせになってます。

私の好みはこの二色ですがもし新車で買える時代に生まれたとしても
実際にディーラーに行ったらスーパーホワイトを買ってしまいそうです(笑)

TLVN GX71 マークⅡ 後期型 パールシルエットトーニング

でもクリスタルパールマイカのグランデリミテッドなんかも憧れですねぇ。ぜひ出してくれないかなぁ。
当時「ピラーの色が違う!!!」って驚きましたね。
ちなみにサイドモールの銀さしはありませんのでちょっとモールがのペッとしてるかも。

今回思ったのがホイールがあんまり似てないような気がするんですよね・・・・・

TLVN GX71 マークⅡ 後期型 

こないだの前期の14吋メッシュンタイプのほうがそれっぽいかな(´・ω・`)

ってなわけで、カタログと同じ仕様再現プレイ。

TLVN GX71 マークⅡ 後期型 パールシルエットトーニング

この組合せカッコイイです(笑)
ここまでやったらスリークブラウントーニングに15インチ履かせてコナミプレイをすればよかった・・・・・


まとめ。
今回は前期型の時と違ってボンネットの切り口なんかも綺麗に処理されているので
前期の時のような個体差は少ないように思います(^ω^)b
人気車種ですから、GTツインターボやグランデリミテッドも期待したいですねぇ・・・・・
流石にLGとか14インチキャップグランデはマニアックすぎるかな・・・・・
クレスタやチェイサーがリアルなバリエーション展開でしょうかね?

TLVN GX71 マークⅡ 後期型 トミーテック

今回も売り切れ必至っぽいので気になった方は早めに入手されてみてはいかがでしょうか?

| ミニカー | 12:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今年も同じ流れになりそうです・・・・

ご覧の皆様、遅くなってしまいましたが
本年もどうぞ宜しくお願い致しますm(__)m
拙ブログと拙管理人ではございますが今年のモットーは更なるマイペースで行こうかと思います。

ちなみに少し制作環境を変えようと思っておりますのでそういうのも頑張ろうかと(笑)
というのも今も昔も床に座って激安こたつ改の作業台(公認8ナンバー)でモデリングしてるんですが
そこに兄の家から強奪してきた同じ高さのちゃぶ台をL字に配置してそちらにPCを無理置きしてるせいか
まぁなんつーか横になってネットをやるといつの間にか寝ているという悪循環でして
じゃあ逆にしようと思ったらスペース的にはきついので部屋のレイアウトをいじらなくてはと思う今日此頃です。
シャレオツな部屋というよりバタ屋的な香りが半端ない部屋なので大人の模型空間の構築が目標です。
きっとさらにバタ屋感MAXになるのが見え見えなのであまり無理しないようにします(笑)


お正月休みのある一日は久しぶりにアキバ詣でに行ってまいりました。
コメントも返さず皆様の所へのご挨拶もせずにちょっと心苦しかったのですが
友人の誘いも有りかなり突発での訪問でした。
前はニケ月に一度程度行っていたのですが一年以上ご無沙汰でした。
実車に使うLEDなんかも買い込もうと思ったんですが生憎お正月休みということで
まぁなんていうか目当ては自動車プラモデル+ミニカーなんですが欲しいものが目移りしてしまい
散財しかけたんですがある大物を引き当てたのでそちらは後日ご紹介させて頂きます。

その前に何点かネタに出来る物があったのでご紹介を・・・・・

まずはアオシマのSパッケージの130クラウンのジャンク。280円也(笑)

アオシマ 130クラウン ジャンク

ボディ(捻じれ変形)・クリアパーツ・エアロ・デカールだけですがこれでも十分です♪
ボディを修正して手持ちのボディ無しのニュートレンドのキットに移植して完全版にしました・・・・・(´・ω・`)
ずっとボディのパーツ請求しなきゃなぁなんて思っていたのでラッキーでした。
アオシマ純正エアロ(この表現合ってるのか?w)も久しく現物を見ていない初期VIPカーシリーズのイメージで
今ではあの白の車体にBBSLMを履かせたあの箱絵仕様を再現するのにバッチリじゃないかと思います。
(手持ちでグリル・リアスポは有り)


お次はこちらも再販が待たれるタミヤのミノルタスープラです。

タミヤ ミノルタ スープラ ジャンク

ボディ変形。組みかけ。一部塗装済み。デカール黄ばみで欠品有りで400円也(笑)

タミヤ ミノルタ スープラ ジャンク

こちらもいわゆる袋キットで状態不明でしたがよく見ないで購入(;^ω^)
確かリップ付いてたよなぁと思って見たら有りました。

タミヤ ミノルタ スープラ ジャンク

所謂ターボAリップかと思ったらダクトはないんですね。嗚呼勘違い。

ノーマルではやや高めのセッティングではあるタミヤのスープラですが
べったりのグループA仕様はクランク型のプラ部品で一段下がる構成でローダウンされてます。

タミヤ ミノルタ スープラ ジャンク

ホイールはポリキャップを入れブレーキディスクのパーツでフタをするクイックデリバリーの後輪方式です。
そうすれば回転しないプラシャフトでもホイールが回転する理由で・・・・流石タミヤ(笑)
リアル小学生の時にこのキットを組んだ時はディスクパーツを付けずに
ホイールがポロポロ取れて「ナンダこのキットは!けしからん!」と怒りましたが
そりゃ取れるわけだと20年以上経ってようやく理解することが出来ました。ごめんよタミヤ。
そういやあこのキットってホイールが黒成形で塗れなくて修正液で塗って爆死させたのも思いだしてしまいました。
そのミノルタスープラは青い部分が貼れるわけもなく所々青ストライプが入る
謎なスープラとなっていつの間にか手元から消えてしまいました・・・・・

タミヤ ミノルタ スープラ ジャンク

ボディの歪みを直して出来上がっていたシャーシをハメてみたらえらいカッコよくて盛り上がってしまいました(笑)
ああ・・・・このキット真面目に復活させたいですねぇ。
ミノルタカラーでの復活も良いですが、国内の実車には設定がない
前期ワイドのスープラノーブルトーニング(実は元はナローの1G-EUw)とかでこの足周りもありかなと。


実はこの後、あるお店で珍しいキットを入手したのですがこちらはまた後日記事にさせて頂きます。
多分ネタになると思いますので・・・・・


そして最後に買うた辞めた音頭を踊りまくっていたら売り切れてしまったこちらも入手です。

TLVN GX71マークⅡ ワンカムグランデ スーパーホワイト

やっぱ白やの~・・・中古でしたが箱も中身も極上でなんと800円!ラッキーでした!
本命バリは発表されていない後期青内装のワンカムグランデリミテッドなんですけどね(笑)
出ないかなー(;^ω^)

・・・・と、年のはじめからこんなんですみません(笑)

| 車プラモ製作記(2015) | 20:22 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年12月 | ARCHIVE-SELECT | 2015年02月