HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月

≫ EDIT

アオシマ430セドリックセダン個人タクシー製作記その5。リテイク版塗装&デカール&近況。

涼しくなったと思ったら日中は汗ばむ事もありますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
いつも同じような言葉ですみませんが、皆様の所へもご無沙汰ばかりで申し訳ありません・・・・
なんだか私生活がバタバタしていてなにかと疲れが溜まっております・・・・
健康診断も無事に引っかかっておめでたい今日此頃です(笑)
もうアレな状態で模型はあまり手が動かなかったのですが、週末にチョコチョコ弄ってます。

時期的にはホビーショー関連のアイテムが目白押しですねぇ・・・・
もう皆さんご存知でしょうがフジミの窓枠マスキング付き再販や(MID4二種類とかムーブとか)
現行クラウンアスリートや70カローラパトや430セドセダンの西部警察仕様などもはや安定のアオシマに
ハセガワからまさかのサニトラ!!!!しかもオマケに8スポークホイールが付いてたり車高選択式とは!
チビりそうになりましたが地味に欲しかった人が多かったであろうこのキット
最終角目が好きな私は、バリ展で出るのではないかと期待しておりますがとても気になってます!
あのショートホイールベースのトイラジの悪夢をコレで振り切れそうです(笑)
ただ、衝撃の事実も判明して、どうやらアオシマさんも企画していたということなんですが
今回はバッティングしてしまうそうで企画としてはお蔵入りのようですね・・・本当に残念です(´・ω・`)
あのサンバーのタイヤはそういう事だったのか・・・・
アオシマ版も見たかったのが正直な点でバッティングをしても良かったと思いますが
ココらへんはメーカーさんの考えというものありますからね・・・・・
そして、まだ公式には未発表のようですがアオシマ&BEEMAXブランドから
なにやらグランドシビック?っぽいキットが出そうな気配で
そちらが気になってしょうがないですがまずはご無沙汰の製作記を・・・・・


さて、例のリテイク430セダン個人タクシーを進めましょう。

まず白サフまで終わったのでサクッと塗装します。
今回は前回の「気持ちまでスペシャリ(ル)ティホワイト」が一台分は塗れないと判断して
若干同レシピで追加しましたがクールホワイトを若干足して色味を少し白よりに作りました。
ですが、ほとんど色味の違いは無く、直近で見ると同じ色なんですが
遠目に見ると若干白味が強いマジカルなカラーとなってます(笑)

無事に塗装完了。今回せっかくなんで三回塗りとしてモールドが薄くならないように仕上げました。
最後のコートのみ間を開けず二回塗ったんですが二度目のコートは平らな面だけシンナー多めで塗りました。
ミストのざらつきの押さえと平滑な面が出るようにということだったんですが効果は未知数です(笑)
あれ?・・・・ってことは4回か?相変わらず計算ができないんですねー(;^ω^)

そこでデカールと行きたいところだったんですが、恐ろしいことに気づきました。
リテイクボディの方はどうもボンネットのチリが一定じゃないんですね。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

削り過ぎてました(´・ω:;.:...

てな訳で1号機のボンネットを合わすと・・・・・いい感じ!

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

さて、1号機から流用して横取りを四拾萬!!と、山城新伍がチョメチョメな感じで
行きたかったんですが、再調合した塗料の兼ね合いで色が合ってないです・・・・(笑)
(見ていただくと微妙にボンネット側が濃いですよね)
なんで、1号機のボンネットをペイントリムーバーで剥がして再塗装です(´・ω・`)
ちなみに塗り重ねが効いたんで全然落ちませんでした。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

てなわけでボンネットは無事に再塗装完了。色味も合いました!これでデカール貼りの準備が出来ました。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今回はボディがやたらシャープなのは気のせいでしょうか(;^ω^)
うーん・・・・予想では今頃完成していたんですが・・・・どんだけ遠回りしてるねん!と言う感じです。


そこで勢いに乗せてデカール貼りと行きたいことにします。
まず、今回は乾燥時間を前回以上にとったこと。これに尽きます。
最終ホワイトより一週間ほど開けてデカール貼りとなりました。(これが8月の中頃です)
今回は塗装面が平滑であったことや鏡面に近い状態だったのでそのままマークセッターを用い貼りました。

前回登場した、例によっての左右文字入れ替えです。
上が荒れてますが写り方の関係ですのでご安心を。ちなみに前回書きませんでしたが
あえてラインはニス部を残すことでデカール縁の角出しの危機を避けてます。
ぎりぎりで切ってしまうと段差消しの際に角が薄くなってしまう可能性があるのでニス部で保護してます。
段差消し→コンパウンド磨きしてしまえば全く見えなくなりますからOKです(^ω^)

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今回は合計3台買ったのでなんとか足りましたが、結果的には保管用としてたキットが無くなったんで
後でデカールのパーツ請求をさせていただこうかと。まぁキット買ったほうが早・・・ゲフンゲフンwwww

今回はそつなく貼りこみ完了です。
ルーフラインを前回をやや中央寄りにしたような記憶がありますがあまり違わないかも。かもーん。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今回は前回の反省を活かし、切り込まれていて足りない部分を軽くタッチアップしました。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

この辺りはパーツが組み込まれますのであまり熱心に塗ってません。
しつこいようですが、デカールの寸法が足りないというわけでは無く、あくまで自己満です。
後はテールランプ周辺も少し塗ってます。

後はクリアコートですね~!こちらも前回と全く同じです(笑)
ただ、今回はインターバルはかなり長めにしました。あまり開け過ぎ手ても塗料が溶け合わないので
私の場合は砂吹き→数時間後に薄く一層。翌日に普通に一層吹いてから
デカールの痛みがないのを確認して数回に分けて二時間ほど開けてから二回ほどたっぷり吹きます。
翌日に塗装が乾いてるの確認してから1500番のペーパーで空研ぎして柚子肌を取ります。

IMG_9124.jpg

ここでアクシデンツ発生(´・ω・`)

フロントフェンダーの窪みに合わせて一本うっすら割れが発生。
殆ど目立たないのですが、気になったので調色して面相筆でさっとタッチアップしました。
あと、トランク部に付いた大きめのブツがなかなか取れず困りました。
こちらはデザインナイフの先っちょでくりっとほじってタッチアップしてからペーパーで磨いておきました。

その後はたっぷりクリアを吹き付けて終了なんですが・・・・タッチアップしたとこに窪みが発生(笑)
ですのでクリアをもっこり塗って、コンパウンドがけの前に軽く磨いてみることにしましょう。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

うまくいくかなー(;^ω^)

そしてショックなのが前回のようにデカールの左右向き貼り直しをした所がデカールのロットの関係か
色の違いが結構出てしまってはたして磨いてどう出るでしょうか・・・・・
実は右前のドアノブ下もデカールでリタッチしたのですが色が・・・・・(笑)
一号車は全くと言っていいほど目立たなかったのですが。

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

今は段差が出てるので磨いて平らになったらどう見えますかねぇ~(´・ω・`)
多分目立つなw

ここまでが今月頭くらいまでの話で、あまり模型に触れなかったのですが
ちょっと上のトランク周りをコンパウンドで磨いてみたんですが荒目で磨きすぎたのかちょっと嫌な感触。
クリア層の段差っぽい感じの曇りが出てきたので怖いのでもう一回磨き直してクリア塗っときました(笑)

アオシマ 430セダン スタンダード 個人タクシー

これは吹き付け直後なんで垂れてるように見えますね(笑)
まぁ乾燥後の現在も若干ポテっとしてますが(;^ω^)

さて、これ以外はあまり進んでおりませんが気長にお待ちくださいませm(__)m
余談ですがまだちょっと本業がバタバタしてますのでコメント返信等遅れてしまうかもしれません・・・本当にすみません。


おまけ↓ 

新旧別売りホイール対決!?

≫ Read More

スポンサーサイト

| 未分類 | 22:55 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年10月