HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月

≫ EDIT

話題のアオシマのYP430セドリックパトロールカーを買ってみました。

またも、間が開いてしまいました・・・・・

この間に我らがトラック野郎の監督であった鈴木則文氏が亡くなったりと悲しい出来事もありまして
記事を書こうと思ったものの、ついつい多忙により記事を書くことから遠ざかってしまいました・・・・

今回はプラモデルの記事としては久しぶりではありますがキットレビューと行きたいと思います!

さてさて、ここ数年で一番の衝撃と言っても良いアオシマの430セドリック・グロリアセダンは
マニアならずとも話題になって昨年のカーモデル業界ではある意味では一番の驚きだったような気がします。
そんな人気キットの発売から初のバリエーションキットのご登場です!

430セドリックセダン警視庁パトロールカーです。
アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

このパッケージ・・・・もう説明はいらないですね!オオタキのキットへの最大限のリスペクトという感じです(^ω^)
ノスタルジーとハイソ感を漂わせるこの箱絵はまさに昭和のプラモデル的なテイストを感じながら
2014年の新製品にふさわしい高揚感のあるパッケージだと思います。
早くもパッケージオブザイヤーの候補が出てきてしまいました。今年もやるのかよ。まだやるのかよ。やれるのかよ。
以前にオオタキ風の箱絵で出したかったという担当者さんのブログ記事がありましたが
これはまさにそれを具現化した内容で私的には通常の箱絵で出すより意味のあるものだと思います。
アオシマの430セダンの存在の裏にはあのオオタキのキットがあったわけで(だと思います)
このキットを手にされる方の多くがあのタクシー版の箱絵が多少なりとも頭の片隅にあるでしょうから
手に取った時に「オオタキからパトカーが出ていたら・・・と」思わずニヤッと出来る粋な演出と言えると思います♪

さてさて、早速中身を見て行きましょう。
以前レビューしましたので基本的なキット内容は割愛させていただくとしまして・・・・

※通常版のキットレビューはこちらから。

430セダンとしての進化は前回のノーマル版二種の追加生産分からのこの熱線の追加でしょうか。
私も実は再販分を購入出来ておらず、記事にできませんでしたのでここで紹介させていただきます。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

個人的にはあったほうがいいですが、スタンダード車だと無いほうがそれっぽいかもですね。
ここもスイッチ金型かなとも思ったんですが雰囲気的にモールド追加なような気がします。

あと、リアバンパーの分割の長さが違うエラーですが、こちらも治ってます。すごい!
これも追加生産分からなんでしょうかね?

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

私が知らなかっただけかもですが、地味に進化してるのが素晴らしいですね。

さて、今回はパトロールカーシリーズではなくベストカーGTシリーズということで
塗装済みとはならず、通常の白成形となっておりますが、これは逆に覆面仕様や道路公団色に塗ってから
白黒に塗って某刑事ドラマっぽく仕立てるというマニア向けの高度なネタなのでしょうか・・・・違いますね。
でも個人的には道路公団仕様出して出して~と静岡方面へ毎日念を送ってるのですがどうでしょうか。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

過剰パーツ多めでおまけマニアにはたまらない展開です(^ω^)

デカールは警視庁仕様ですが、必要にして十分という感じでしょうか。
おまけでグロリア用デカールとかがあってもよかったかもですが、コールサインが荏原4というのが渋いです(^ω^)
中原街道を疾走するYP430を想像してニヤニヤしてしまいますね。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

もちろんストップメーターや細かいところのデカールもあります。
欲を言えばグロリアのデカールが入ってると良かったかもしれませんが
エッチングや微妙な差異はありますが前回のノーマル仕様のデカールなどの余りなどで保管するのも良いかもです。

今回新たに起こされたパトカー専用品はなかなかの仕上がりです!
無線機やサイレンの部分も細かく出来ていていい感じで気分は柳沢慎吾です(笑)
でも、昔の警視庁のサイレンはファンファン音と言うかなんというかそんな感じでしたよね。
ンゴンゴンゴって聞こえたのは私だけでしょうか。私だけですね。ええ、わかってますよ。

このパトランプの足はもう・・・マニアの皆様にはお分かりでしょう(; ^ω^)

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

バッチリあの仕様が再現できますね(笑)
もちろん通常のベタ付の足もきちんと再現されてますよ♪

個人的萌えパーツはダブルミラーでしょうか。いつも思うんですが運転する人は邪魔じゃないんでしょうか・・・・
(私はこのあたりに余計なものがあると気になるタイプなんで・・・・)

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

旭日章や前面散光灯なども新規パーツというのがいいですね♪
旭日章は以前あったデカール式では萎えるディティールですのでこれだけで嬉しいです。
こういうパーツは地味に年代等で違うので既存のパーツ流用ではなく新規というのがいいですね。
このへんはあれこれ語るより現物を見て頂いたほうが良いかもですね。

ストップメーターが泣かせますねぇ・・・・・

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

私は原チャリ小僧だった頃にスピード違反で捕まって罰金一万円を取られてから
(そのせいで3YJジョグ用のクリアレンズとサイドスタンド購入が伸びましたw)
スピード違反では絶対に捕まらん!と決めておりますので運転は気をつけてます(^ω^)
かと言って流れに乗らない運転は嫌いですので運転って難しいですね。
余談ですがその白バイ隊員の人が近所の横断歩道で通学指導をしてるのを見た時に思わず
「オレオレ!覚えてる??覚えてないとは言わせないですよwww」と声をかけそうになったのは内緒です。
あの時と違って妙ににこやかだったのが謎です。にっこにこにー。

パトランプや前面散光灯のレンズは見事なクリアレッドのカラー成形パーツですね。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

そのまま使ってOKの綺麗な成型色ですね。トーン落ち着かせるためにクリアレッドを軽く吹くのもいいかもです。
表面の傷の様に見えるのはビニールの傷です。ちなみに例のあのパキパキの袋です(笑)
パトランプって言うとご長寿早押しクイズで回答者のおばあちゃんがボタンじゃなくパトランプをひたすら押して
「パトランプ早川」っていう名前が付いていたことが一番印象的なんですが
この横長のバータイプのパトランプはシベ超でお馴染みの水野晴郎先生が提案して
採用されたという噂がありますが、事実が気になってしょうがない今日この頃です(´・ω・`)
水野晴郎といえば金曜ロードショーのあの旧OPのメガネの男性は南こうせつだという意見と井上陽水だという意見で
私が通っていた小学校で議論になりましたが今思うとどちらもまったく似ていないと思うのは内緒です。

バータイプのパトランプはメッキの基台に二つの部品を組みわせる反射板とサイレンカバーで構成されてます。
それに、足をくっつけて再現という感じですね。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

ここに無線機などのパーツのランナーにあるサイレンのカバーが付きます。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

専用メッキパーツの大物はパトランプの基台ですが、私的萌えパーツはナビミラーとフェンダーのアンテナでしょうか。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

このナビミラーも流用ができそうですから、操作用車両を作るも良しですし
昭和の熱心なラ○オライフ読者仕様というのもマニアックかもしれません(笑)

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

アンテナはスタンダードのキットでは再現されていませんでしたので嬉しいですね~


専用品の大物のひとつは後期型のニッパチバンパーでしょう。
最近のアオシマらしく非常にきれいなモールドですね!ビッグバンパーのパトカー仕様には申し分ないでしょう。
メッキモールなども新規で起こされています。スタンダード顔にビッグバンパーというこの感じが(*゚∀゚)=3ハァハァしますね。

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

バンパー上部のメッキモールも別パーツ再現されています♪

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

地味に塗り分けやミラーシート貼りなどが大変な位置ということもありますのでありがたいかもですね。

ちょっと?と思ったのがリアバンパーなんですが、リア周りが以前出た後期GLの5枠仕様になっとります・・・・
テールランプ周りもキットは後期標準車用ですが、実際のパト仕様はスタンダードと同じのはずです。(STDは前期のまま)
(アオシマの場合スタンダードは前期グロリアに準じてますのでそのテール周りを使ってグロリアパトにするのもありかと)
これはくまぶろぐでもありましたが諸事情や提供された資料等の都合かもしれませんので
パトカーなども納入時期や実際の仕様なども細かい違いがあるようですから違うとは言い切れないのかもしれません。
(前期の鉄バンパーの仕様はリアがスタンダードと同じ鉄バンパーだったはずですが)
ただ、他の内容が素晴らしいので逆にリアバンパーも・・・と言う思いも拭い切れないのもまた事実・・・
気になった方はアオシマの4HTのリアバンパーをちょんぎって移植というのが早いですかねぇ・・・(´・ω・`)
あっ・・・その切り取ったHTのボディに余りのGLバンパーを合体させれば・・・・ぐへへ・・・・
(毎度おなじみ言うだけ脳内モデリングです)

ただ、悪いニュースばかりではありません。
不要品としてGLグリル一式・GLのFバンパー・STDバンパー一式などの今までモールドされていたパーツが入っており
にしぶけいさつ的なあんなパトカーやこんなパトカーが再現出来るという点では熱い内容なのではないでしょうか?
GLキャップは個人的に予備が欲しかったのでメッキじゃなくても(*゚∀゚)=3ハァハァしております(笑)

アオシマ 430セダン パトカー 警視庁パトロールカー

メッキのSTDバンパーを使って道路公団チックなパトカーもアリかもしれません
荒っぽい言い方をするならこのキットはバンパーはおまけと捉えて後期GLにするならボンネットは違いますが
付属しているパーツを最大限使って劇用車仕様にするなら最高のベースと言っても良いと思います。

さてさて、さくっと振り返ったわけですがいかがでしたしょうか?
正直気になるところはありますが、これからのバリエーションや進化等を期待しつつ
前期型のパトカーとか道路公団とか道路公団とか道路公団とか道路公団とか道路公団とか道路公団とか
交通取り締まり覆面パトなども期待したい今日このごろです。

普段前期ハードトップ派とかフルキットにヒロV1とか120クラウングリルが似合うとか言ってますが
やはりセダンのパトカーというのもかっこいいセドリックの一面なような気が致します。
次は私の本命の個人タクシーですからこちらも発売が楽しみです(^ω^)
・・・・というか今からニンジン持ってタコ踊り状態で待ってますw

次回更新は同じく新製品のアオシマのKE70カローラDXのキットレビューになるかと思います・・・・

製作記?・・・ゲフンゲフン!!!

おまけ。

幼少時代のアルバムに写ってたYP430後期型パトカーです。
祭りの警備か何かで来ていたようですね。

千葉県警 YP430 パトカー 高速隊? 警邏?

モザイクの下の幼少期の自分は今と打って変わって可愛らしいです。今やただの怪しいオッサンですwwww

ヘッドライトウォッシャーが付いてるようなのは気のせいでしょうか?
虫除け板もあるので交通機動隊上がりでしょうか?
時代的には昭和60年頃と思われます。

スポンサーサイト

| 車プラモレビュー | 23:14 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

2014年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2014年06月