HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月

≫ EDIT

ご無沙汰しております。長文で模型ネタが薄いですがご勘弁を・・・・

ご無沙汰しております・・・・・
皆さん覚えていらっしゃるでしょうか・・・・HITEQです(笑)
見に来て下さった皆様、リンク先の皆様、いつもコメントを頂く皆様、本当に申し訳ありません。
気づいたらひと月近くも放置してしまいました・・・・・
最近少々多忙のため、ご覧の有様でしたがそろそろ製作記を再開したいと思ってます。

ようやく関東も梅雨明けという事でここ数日は涼しいものの毎日暑い日々ですね。
最近は政治・災害・訃報など多くの心をつまされるニュースが多いですが皆様如何がお過ごしでしょうか?
私も大汗をかきながら水分補給ができなくて
「あ・・・・これはやばいかも」というシチュエーションが・・・・・(汗)
皆様も熱中症等にはくれぐれもお気をつけ下さいね。

私自身は私生活でイベントが多く通常業務という割にぐうたならな日常に
周辺の出産ラッシュ・引越し手伝い・親戚の新車購入相談~商談同席。
親戚宅の段差のスロープ設置&電気工事手伝いに家電の設置等など・・・・・
その他にも細々とした用事が週末ごとに押し寄せてきて
おまけにこの前の3連休は我が家はお盆(いわゆる東京盆)でして何かと忙しく合間を縫って
模型店に行こうと抜けだしたら玄関を開けたら寺の住職が・・・・(;^ω^)
これはプラモデルの神様が「お前は作ると言いながら積んでばかりいるので模型店に行かせない!」と
邪魔をしてるのかも知れません。あれ?お盆だからプラモデルの仏様でしょうか?
まぁあまり信心深いタイプではないのでどちらか考えるのは無しとしておきましょう・・・・(笑)


模型以外のネタのひとつを・・・

模型ネタではなくて非常にすみませんがもっと早くネタにしたかったのですが
11年とちょっと乗っていた車からニューマシンに乗り換えました。
ニューマシンといってもギリギリ平成二桁。一時抹消から起こしたニクいやつです。
これは4月の終わり頃から86のキットの製作記の前から準備をしておりましたが
ブログでは製作記を優先していましたし、未確定だったので記事のネタにすら出来ませんでした。
友人所有→譲渡→整備→登録という流れでしたので一気に作業ができなかったため
間が開きながら現役ディラーメカの友人に手伝ってもらいながら整備を行い
不具合箇所の交換やメンテを行い自分で運輸支局へ持ち込んで検査登録などを行ったので
肝心の画像等はあまりないのですが後述させて頂きます♪

ちなみに今度はMT車です!MT至上主義ではありませんが、結構楽しいです(笑)
私自身はミッションの型式がどうかというより欲しい車がどちらの形式でも気にしないという感じです。
今回の車もMTじゃないと・・・・という車種ですがATでも多分乗り換えていたと思います。

でもクラッチ操作に緊張しすぎて左足の筋を痛めたのは内緒です。さぁ笑ってくれ。

MTに乗り換えて一番先に思ったのはATの良さも改めて再認識したことだったり(^ω^)
坂道発進で冷や汗。渋滞で冷や汗。右折で3速発進してエンストして冷や汗。
バックに入れたつもりが4速へ入っていて冷や汗。映画の免許がない!の舘ひろし状態でした。
クラッチが減ってるのでややミートポイントが高いのもあるんですよね~と
知ったような口を聞いてヘタクソが言い訳をしてみます。


新しい車といってもそれなりに年数が立っており車齢は14年落ちなのですが
前車から比べて重量税も自動車税もかなり安くなったので
その差額でもっとプラモデルが買えるぜ!という風に前向きに考えております。
でもまぁ自分仕様にするための交換部品等の車関係の出費が増えて困ってますけどね・・・・・(;^ω^)
保険の変更や新しい車の部品の手配や取り付けに今までの車の部品の処分・・・・・
前車の廃車時や友人に押し付け・・・ゲフンゲフン!引き取ってもらったものもありますが
手放せない部品も多く結局物だけが増える悪循環です(笑)
2年ほど前に大量にホイールとタイヤを手放したのですがその時に手放したホイールに
今度の車にドンピシャなものが・・・・あー失敗した・・・
合うスピーカーやシフトノブなどもあげてしまったり小物類も捨ててしまった・・・・・と思うことばかり。
断捨離ブームに乗らなければ今頃イケてるホイールがもう1セットあったことでしょう(´・ω・`)
プラモデルの制作と一緒でなかなかうまく行かないものですね(笑)プレ値で買った後に再販とか・・・・

ちなみに車種はまだ内緒ですが、今度はトヨタ車です。
本当は三菱車にしようと思っていたんですけどね・・・・・でも、車との出会いは縁だと考えていますし
自分もかなり気に入っておりますので、納得が行くまでは乗ってみたいと思います。
前車は61929キロから157070キロまで乗りましたので約11年で95141キロ乗りましたので
もうちょっと乗ってあげたかったというのが正直な所だったのですが
不具合が走行に影響する箇所にも結構出てきたこと、修理しなくてはいけない箇所が増えてきたこと
長く乗るためにはある程度手間もお金もかかってしまうことなど
細かいことが重なり、そろそろ潮時ではないかと感じていたので、今回は乗り換えを決断しました。
散々欲しくて買った車なので前の愛車との別れは寂しいはずなのに、不思議と寂しくありませんでした。
新しい車が思ったより早く登録が出来たこと、駐車場の関係で同時に置いておくことはほぼ不可能なこと。
慌てて廃車にするために部品の取り外しやホイールの履き替えなど準備を行い
急いで解体業者に持ち込んだため別れを惜しむ暇がなかったというのが正直なところでしょうか。

でもこうやって処理状況を見ていると色々と書いていると思い出してしまいますけどね・・・・・(´;ω;`)

kaitai.png

カーセンサーを熟読して中古車屋を原付で走り回って探したこと。
本当は違うグレードが欲しかったこと。
兄の友人のお父様が務めていたディーラーにかなりお世話になったこと。
カー用品店で買ったばかりのホイールをガリガリにされてヘタレな私もさすがに怒ったこと。(傷より相手の態度に)
真冬の夜勤の通勤中にいきなり窓が落ちたこと。
初めての事故を起こしたこと。(それ一回のみ)
持病の燃料漏れの三度目は頭に来てその場で勢いで部品を外して直したこと。
AT不調でディーラーに持ち込んだらATがスノーモードになってるだけだったこと。
近所の人にいつも掃除してるけど塗装ハゲないの?と言われること。
お隣さんの工事で大風の日にサビ落としの作業をされて鉄粉だらけにされたこと。
毎週末に日産部品でパーツを買うので窓口の人に覚えられたこと。
家族に貸したらバンパーがガリガリになって帰ってきたこと。
夜に洗車場で洗車をしてたら朝になっていたこと。
模型店に行く事が通勤以外で一番多かったような気がすること。
友人と県内模型店全制覇ラリーに出かけるも、いまだに達成出来ていないこと。
海を見に行くも何故か山の中で側溝にはまったこと。
林道に迷い込んでやっとこさ車幅いっぱいのトンネルを抜けたと思ったら対向車が来たこと。
友人勤務のトヨタディーラーに取扱車のように堂々と入庫していたこと。
四歳くらいの子供に「あっ!昔の(車名)だっ!」と言われて車齢が15年以上経っていたことに気づいたこと。
栃木の叔母の家の入口の段差はジャッキポイントを確実に仕留める殺し屋だったこと。(後に段差が治る(笑))
乗り換えようと思ってると友人たちに言うと9割方冗談だと思われたこと。
エアコンが壊れたら買い換えるからな!と思っていたら最後の日まできっちりエアコンが効いていたこと。
最後に乗せた人はなぜか近所のおばさんだったこと。(解体業者に行くついでに駅まで乗せていった)

・・・・・等、ホームセンターでトランクに鍵とじ込み事件など
他にも書ききれないほどの色々な思い出がありました。
上の画像にもある通り今頃は新たな資源になっている事と思いますが、
また新たな自動車となってどこかの国で走ってくれると嬉しいなと、ふと思いました。

新しい車はまだ乗りこなしてるとはいえませんが、800キロほど走って徐々に馴染んできました。
これからもしかしたらたまにブログに出てくるかも知れませんがその時は生暖かい目で見てやって下さいませ。

最後になりますが新しい車に関しての一番の悩みはプラモが出ていない事なのは内緒です(・ω・)
前の車は年式違いでしたが出ていましたので・・・・・




まだプラモは出て来ませんが、第二章・・・・・中古新規登録への道。

乗り換えにあたって一番迷ったのが車種選択です。
新車は予算的に欲しい車種は現状では厳しいということもあり中古車で行こうと思いました。
欲しいと思える新車はあまり多くなく三菱のギャランフォルティスやトヨタの86などで
まぁ正直言うと新車は予算的にかなり厳しいので中古車で行くわけですが
本命は二代目三菱ブラボーかミニキャブorタウンボックス。
ただ、軽バンは意外と値段の開きも大きいので程度の良い物は高い場合が多く
選んでしまうと予算と内容が合うタマはなかなか無いものです。当たり前ですけど。
三菱で・・・・という考えが強かったのですがちょっと視野を広げて見ることに。

ちょっと前ホンダ車に乗りたいという願望も以前からあるので
ESシビックフェリオかEUシビックかなと思って居る時に通りがかりに
格安で滅茶苦茶カッコイイEUシビックを発見!すぐに見に行けばよかったものの
「後で見に行こう」と思ったが最後、改めて通りがかったら「売約済」の印が・・・・・(´・ω・`)
中古車はタッチの差というのがよく解りました(笑)
まぁ他にもいろいろな車を候補に上げたのですが、全て書くとえらく長くなりますのでこの辺で(笑)


どうしようかとひたすら悩んでいると
ある日突然一休さんのようにポクポクポクチーン!とひらめきました!
「そうだ!良い車があるじゃないか!友人が持っているあの車!」

早速コンタクトを取り、週末の高級イタリアンで夕食を取りながら話をすることに。
またの名をサイ◯リヤという高級イタリアン店でアラサー男三人が
ミラノ風ドリア&ドリンクバーに舌鼓を打ちながら話しを切り出しました。

私「あの例の素敵かつファンキーな車譲って欲しいんだけど、どうかね?」
友「あ~乗るなら良いよ」
私「いくらなら良いかね?」
友「う~ん・・・・・いくらなら買う?」
私「◯万円で!もちろんノークレームノーリターンで(`・ω・´)」
友「ああ。それで良ければ良いよ!」

おお!交渉が成立してしまった・・・・(;^ω^)
これが3月の終わりくらいでしょうか・・・・

この時点での車の状態は一時抹消済み。たまにエンジンを掛ける。たまに敷地内を動かす。という状態でした。
広い庭の端っこに置かれていて、外装等は埃だらけのコケだらけでした。
でも、私も遊びに行くと動かしたり窓を磨いたりしておりましたので状態を知っておりましたし
たまに動かしていたというのがミソでエンジンは一発始動できますし
ブレーキローターはサビサビでも固着やフルードの漏れ等も無さそうです。
「多分路上復帰は楽にできる」という自信も何故か私にはありました(笑)


ちなみに一時抹消済みという事でナンバーを付ける為には
基本的には運輸支局にて中古新規検査を受けなくてはいけません。
そのためには簡単に言うと車検をクリアしなくてはいけないのです。
車そのものはほぼノーマルに近い状態でしたが、マフラーやサスが変わっておりまして正直不安いっぱいでした。
運輸支局の検査ラインは初めてではありませんが、通した時は全て基本的にノーマル車であり
今回のような社外品が多数装着された状態での検査は初めてなわけです。
「指定部品」とは言え、改造車が再び規制される時代ですから検査官の心象にも影響してしまうかも・・・・

油脂類の交換・ブレーキ点検&調整・灯火類の交換や確認・マフラーの位置調整
一部警告灯の修理・各部点検・ワイパーゴム交換・下回り洗浄など何回かに分けてその友人と整備を行い
時間を掛けて不具合を解消して「よっしゃ!これならOKだろう!」と
言う事で保険代理店にて自賠責保険に入り、仮ナンバーを最寄りの役所にて借りて引き取って来ました。
(整備の為の回送・車検という事で借りました。)
最長で5日まで、一回750円でした。いつも思いますが地味に高いような気がします(笑)

ナンバー

そして、必要書類を用意して車検を予約。(HPでユーザー登録が必要です)
運輸支局は基本的に平日のみですので、土日休みの人は平日に休みを取ったほうが良いですね。
検査は大まかに分けて昼休みを除いて4ラウンドの時間が設定されており
私は以前の経験から朝一でいけば最悪どうにかなるという思いがあるので1ラウンドを予約しておきました。

大まかに書くと一時抹消済みの車を登録するには事前に何点か書類が要ります。

(勿論登録内容によって書類は大きく変わります。)
※旧所有者の一時抹消登録書
※譲渡証明書(旧所有者の実印を押印)
※委任状(旧所有者の実印を押印)
※印鑑証明(新所有者)
※車庫証明(勿論期限内の物)
等が必要になります。勿論諸費用もかかります。
月割の自動車税や重量税・検査費用にナンバープレート代など等結構まとまったお金ががかかります。
委任状や譲渡証の様式は様々なところでダウンロードできますし
その他は当日に必要なOCRシートや用紙は運輸支局で当日用意できますので、それでも良いと思います。
運輸支局の周りにも代書屋さんがあると思いますので
解らない方はお金を出して素直に書いてもらいましょう(笑)


予約日の朝、書類等の最終確認を行い、いざ運輸支局へ!
現時点では自賠責保険のみで任意保険が効いていない状態ですので、注意して行きましょう。

運輸支局へ行く途中事件が!なんと、ウインカーがいきなり球切れ!
しかも戻るのにも運輸支局へ行くのも中途半端なところです。
スペアもないし叩いてみるも反応なし・・・・・・球を外したらフィラメントがぷ~らぷら・・・

あーあ・・・・・ツイてねぇなぁ(´・ω・`)

とりあえず手信号で運輸支局に向かいます。

さてさて、球切れのまま持ち込むの?と思う方もいらっしゃるでしょう。
でも、大体運輸支局の周辺にはユーザー車検の強い味方になる
テスター屋さんや予備検屋さんと呼ばれるお店があります。
簡単に言うと車検の検査項目をあらかじめチェックしてくれるところですね。
電球などの部品も置いてある所が多く、素人の方なら、行っておいて損はないところだと思います。
私の経験上ヘッドライトの光軸は多くの車が要調整になるような気がします。
主な項目はサイドスリップ・前後ブレーキ・駐車ブレーキ・スピードメーター・光軸・排気ガスで
運輸支局の検査メニューほぼそのままのテストが受けられます。
また、合格のコツなども教えてくれるので、非常に便利かと思います。

到着して車を入れると「は~いこちらへどうぞ~」と誘導されてテスター屋さんのラインへ進入します。

店員さんの誘導に従って検査項目をチェックします。
サイドスリップOK!スピードメーターOK!排気ガスOK!フロントブレーキOKリアブレーキOK!

「なんだ~バッチリじゃん!これじゃ寄らなくてもOKだったかな?( ^ω^)」と思ったら・・・・・・

駐車ブレーキX 左ヘッドライト光量不足X 

 
( ^ω^)・・・・・

(;^ω^)・・・・・・・うはーマジかよ!

ライトの方は簡単に言うと前々オーナーがつけていたHIDが原因で
リフレクターの曇りが出ていたせいが一番の問題だったようです。
ヘッドライトはこういう事もあろうかと、明るいクリアバルブを持っていったのでOKと思ったら・・・・・
すでにそういうクリアバルブが付いてました・・・・意味が無いですね~(笑)
ただ、微妙とのことで、起こしたての車の宿命でバッテリーの弱りもあるようで
測定時に回転を上げて対処してみると良いかもというアドバイスを頂きました。

サイドブレーキは実用では効いては居るようなんですがテスターの数値的にNGとのこと。
当たりが出ていない可能性もあるということでイチかバチかで行く事に。駄目なら後日もう一度チェックかなと。
テスター屋さんの旧レーンならもしかしたら大丈夫かもというアドバイスもありましたので。
向かうまでの道すがら何度もサイドブレーキを引いたり
ブレーキを掛けて止まる時に同時にサイドブレーキを引いて気持ち馴染むようにしたりしてみました。
効果があると良いんだけど・・・・・・・(´・ω・`)


不安な気持ちのまま運輸支局に到着。駐車場に停めて書類を購入します。大体本館以外の建物で売ってます。
「中古新規の書類一式ください」と言うと書類をくれて書類代を検査費用や重量税を一度に払います。
その後書類を書くのですがはっきり言って、検査用紙や書類は解りにくい所がたくさんあります。
しつこいようですが、代書屋さんに出すのもひとつの手ですよ。
私は今回検査受付窓口で書きなおしを喰らいましたので(笑)

検査窓口で受付終了!ここでレーンに並びます。
テスター屋さんの教え通り旧レーンに並びましたが、外観検査の時に少しまごついてしまい
点検ハンマーを持った検査官の人から「開いてますし簡単ですからマルチテスターに並んで下さい」との指示が!
百戦錬磨の検査官の人は挙動でプロかトーシロかが一発で解ると思いますからしょうがないです(笑)

ドキドキで並んでいるとまずは外観検査です。ボンネットを開けて車体番号等の確認を行い
灯火類にワイパー&ウォッシャー&ワイパーなどを確認され・・・と思ったら
「これ車高落としてますよね?全高測ります」「シートレールは正規品の刻印等ありますか?」
「マフラーは社外品なので測定します」との余計な項目が・・・・・(笑)

期限切れの発煙筒だったので交換してきたのにこちらはチェックなし・・・(´・ω・`)
シートが変わっていたのでシートベルトの警告灯なども念入りにチェックされました。
シートレールは正規品のステッカーがあったのでOK。全高も記載事項変更もあり得るとされましたが
数十ミリのダウンだったので最終的にはもちろんOK マフラーの近接排気音量も基準を大幅に下回る数値でOK!

トーシロには肝が冷えました・・・・が・・・まだまだ本番前です・・・・・

車列と共に徐々に前に進んでいくと先ほどの検査員の人から
「誘導員を付けます。ハザード炊いて待機していてください!」と指示されました。
ハザードを炊いて待っていると、誘導員の方が親切に対応してくれました。
前にも通したことがありましたが、ここまで親切ではありませんでした(笑)
某運輸支局でスピードメーター試験の時にATの2tトラックでギアが変わってしまい
タイミングが悪くローラーから出てしまいレーンを止めて大顰蹙を買った事がある私には後ろに並ぶ業者さんの
刺さるような視線と、何故か他のレーンにいた職員の人に怒られたあの嫌な空気はもうたくさんです。

検査

えーと・・・昔の話はこれくらいにしまして、親切な誘導員の方のお陰でスムーズに進行しました。
サイドスリップOK!スピードメーターはメーター読み40キロのやや手前でパッシングしてOK!
安心するのもつかの間で問題のヘッドライト検査です。
テスター屋さんで教えてもらった微妙にアクセルを少しだけ踏み込んで回転を上げておきます。
右側はすんなり言ったものの心なしか光量不足を指摘された左側は気持ち時間がかかっています(笑)
なんとか左右ともOK!焦りました・・・・変な汗が・・・・・(;^ω^)

続いて前後のブレーキですがこちらは何の問題もなくOK!
次は問題のサイドブレーキです・・・・・「駐車ブレーキをひく」の電光掲示板が光りました!

「もうどうにでもなれ~!えいしゃー!!」 ギギギギッ

駐車ブレーキ◯ 

「えっ!合格!うそ~!マジか!やべぇな!あ~こりゃ良かった!このキットにフィギュアは付いてません!」

ここでまた一気に妙な汗が出ました(笑)いやー良かった良かった!!

その後前進して排気ガス検査です。
私の新しい車は「E-」の昭和53年度排気ガス規制適合車ですのでCボタンを押します。
プローブと呼ばれる測定具をマフラーの出口から挿入して待つと排気ガスも無事に合格!

もうここまできたら合格したも同然!最後に下回り検査&総合判定となります!
ここで電光掲示板にエンジンを切るなどの指示が出ますのでそれにに従います。
下回りからカンカン!コンコン!とボルト類がきちんと閉まっているか。
オイルの漏れやブーツの破れ等がないか検査されていきます。そうすると突然車が半端無く揺すられます!
「ひえ~バラバラになっちゃう!」と思うほど揺られますがつつがなく終了(笑)
逃げるようにレーンから出て邪魔にならないように少し前の方で停めます。

そして総合判定窓口で書類のチェックと合格員を押してもらい検査は終了です。(´・ω・`)
時間で言ったらレーンに進行してからほんの6~7分なのですがえらく長く感じました・・・・


その後、再び駐車場に移動して書類をすべて揃えて窓口へ提出します。
字光式の場合は、ここで窓口で字光式の発行願書を貰って記入して同時に提出します。
15分ほどで、新しい車検証と・ステッカー等が交付されました。
新しいナンバーの数字を見て前車の型式が偶然入っていて思わずニヤリ(笑)
ウソのような本当の話です。

lkっpjき

ここでナンバーを貰って‥・・・と行きたいところですが納税申告を行います。
大体自動車税事務所の出張所がありますのでそこへ行って書類を提出します。
ここで少し時間がかかってしまい書類提出前にちょうどお昼になってしまいました・・・・・
混んでいたので提出はせず、午後一で良いやと思っていたら
今は昼休みをまたいでも受け付けてくれる場合も多いようですね・・・・・
私は先走って車に戻ってしまいました・・・・・
午後になったら先ほどの税事務所にて書類の提出と月割の自動車税の納税を行い
「おうおう!これが一番高いじゃねえか!」と窓口のお姉さまに口には出せずに
心のなかで呟きながら無事に納税申告終了です。

続いてはナンバーセンターへ移動します。
そこでプレート代を払って、ナンバープレートを貰って車体へ取り付けます。
字光式の場合は大体3000円ほどで買えます。
この時「車はどのへんですか?」とか聞かれるので「すぐ目の前です(`・ω・´)キリッ」と言っておきました。
取り付けていると封印の係のおじさんが来て車検証と車台番号を確認してもらいます。
今回は前車に引き続き字光式にしたため、リアのナンバープレート器具のボルトが
直ぐに外れないようになっているか確認されます。その後封印をはめてもらい終了!
紆余曲折有りましたが、なんとか無事にナンバーが付きました!
混んでいたので1ラウンドの予約でしたが、書類のアクシデント等もあり
結局ナンバーが付いたのが午後一番でした。

あ~・・・・長かった・・・・・

今回改めて思ったことなのですが、個人がユーザー車検で持ち込む時は
車検に確実に通るようにそれなりに準備をして行った方が良いと思います。
はっきり言って、重要な項目でも忙しかったするとチェックが甘くなる項目もありますが
ふとした時に突っ込まれた時にきちんと返事ができるように
いい加減な状態で受験するのではなく車の状態を把握しておくことなども非常に大事だと思いました。
正直言って心象というのも合格の可否に関わることもあると思ってますので(笑)
実際、前にそういう事も経験しておりますので・・・・・(;^ω^)


それにしてもいつも思いますが、運輸支局の空気は好きですね~!
今回もスーパーカーに国産旧車にマニアックな架装のトラックや某チューニングショップの車など
様々な車が登録や車検に来ており、下手なショーやイベントより面白い車が来てますし
自動車関連の仕事をしている人以外には少し敷居が高い場所ですが独特の空気は面白いですよ(笑)


えっ?プラモはって??


こないだシティターボⅡRを買ってきただけでs・・・・・ゲフンゲフン!

アオシマ シティ

いや・・・・無駄に買わないつもりだったんですよ。
でもね。前の再販の時に買い逃しちゃったんですよ。
ほら、自分好きじゃないですかシティ。これを買い逃したら・・・ね。

タミヤのシティのキットのピースしてる人のフィギュアを改造して
フジミ峠シリーズの箱スカGT-Rの箱絵を再現しようとして悶々としていた小学生の頃の自分に
「大人になってもあれも作りたいこれも作りたいと言いながら作らないから大丈夫だよ!」と言いながら
模型店で売ってた80円のビンのドクターペッパーを奢ってあげたいと思う今日この頃です。


それでは皆様、ごきげんよう・・・・
スポンサーサイト

| 実車ネタ | 00:06 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

2012年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2012年08月