HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月

≫ EDIT

ちょっと模型の近況を・・・・

また間があいてしまいましたね・・・・・・・・
コメント返信等も遅れてしまい非常に申し訳なく思います。
何かとやらなくてはいけない事も多く、非常に読めない状況のため
多くの方から暖かいお言葉を掛けて頂いたのに
まだ皆さまの所への訪問もしていない状況で本当に申し分け無く思っております。
実は疲れてしまったのか私も少し体調を崩してしまい、ようやく回復してきました。
おかげさまで現在はすっかり良くなりました。

さて、今日で震災からひと月経ちました。
落ち着いてきたと思いきや本日も大きい余震があり、私も出先で地震に合いました。
大型ショッピングモール内におりまして、すぐ周りの人達と連携して
自主的にドアを開放して外に出て・・・という感じでした。
幸いに大きな影響はありませんでしたが気が気じゃない人も多いようでした。
前に進まなくてはいけない反面、気を抜いてはいけないと強く思う日々です。

てなわけで、そろそろ製作記を再開・・・・と言いたいのですが
何をどこまで進めたっけ?という状態です。

まずローレルを確認してみましょう。
震災前に実はボディ色まで塗っていて一発目のクリアまで終わってました。
製作記的にはボディの加工その2を書く前でした。

記事にしていなかったのはフロントのフラップ形状の顎部分です。
フジミローレル
キットではチンスポイラー的な形状だったので実車形状と違うと感じたので
左右方向を丸めてボディと一体化。若干左右方向に詰めています。
もう少し張り出しも大きく前後方向にも形状の違いはあるのですが
今回はキットパーツを加工してそれっぽくしてみました。

キットのマークⅢはメッキを落としてリムを薄くしたり下地を整えて塗装してみました(笑)

あと、前回の記事でご紹介させていただいたTakuさんの完成品を参考にサイドシルを処理しました。
下地処理
実車は丸まっているのですが、キットでは直線的に再現されているため
ボディの上下方向に厚く感じてしまい、不恰好に感じましたので
当初は作り直しを考えていましたが特徴的な装飾部を再現できなそうだったので
上下方向に詰めるというこの方式が一番スマートな気がします。

さぁここで塗装です。
色は予告していたとおり、エメラルドグリーンメタリック調で塗装です。
フジミローレル
最終型にあったツートンカラーと迷いましたが今回は私の中で印象的だったこの色で・・・・・
レシピはクレオス8番シルバー6に138番クリアグリーン3.5に隠し味で4番イエローをちょっとと言う感じです。
この色、ネットなどでカタログの画像などを見るとかなりエメラルドグリーンという感じですが
実車は若草色に近い淡いメタリックグリーンとの言う感じです。
もちろんエメラルドチックな雰囲気もありますから結構調整に気を使いました。
(たまたま実車の画像は見れたので脳内と画像を上手く調整しました。)

実物はもうちょっと緑が強かったんですけどね。

強かったというのは・・・・・・・

現時点でシンナー風呂に入れてすっぴんになっているからなのであります(笑)

えーとですね、震災の時にこのローレルがちゃぶ台から落下。
上に車の部品が落っこちていて深い傷が入り、作り直したフェンダーモールも折れていました・・・・・
しかも切り離していた部品はすべてひっくり返っておりまして
すべての部品を見つけなくてはいけない状態でした。

見た瞬間にはぁ~という気分になり一からやり直しです。
早く直したくてペイントリムーバーで落としましたが放置しすぎて見事にティッシュが張り付いたり
フェンダー周りのパテも落ちたのでもう一度やり直しをしなくては行けない状態です。

もう俺のバカ!!!!!

ローレル

復旧を急がなくては・・・・と思うのですが今どうしようか考え中です。
ここまで来たら完成させないといけないという思いが強いので地道に戻していこうと思います。




あと、こないだの画像でバレてしまいましたが
俺芋ソアラを同時進行していました。
俺芋ソアラ
実は発売予告があった時にデザインがとても気に入ったので
早く完成させて並べたくて突貫作業をしていました。
これは本当にイレギュラー製作だったので製作記用の画像は無いのですが
グリル・ハイビーム側ライトダクト加工、フェンダーうすうす加工、スジ彫り修正とやっていて
白サフ→クールホワイト→トルマリングリーンと吹きつけて
デカールを若干アレンジして貼りつけクリアまで終了という所でした。

が・・・・・デカールを貼ってクリアコートまでしたクリアパーツが餌食に・・・・(´・ω・`)

幸いなことにジャンクパーツがあるので余ったデカールで復活させたいですね♪
俺芋ソアラ。
このキットのデカールはアオシマの中の人も思い入れがあってお気に入りだったようですね!
派手だけどポップでキャラクターにあったOP風の色使いも良いと思います。
シンプルな以前の痛車も好きですがこう言うのも派手な車体アリかと思います。

なんであやせと加奈子が居ないのかはこのキットで起きたミラクルに免じてツッコミません。
もしかして宮○限定版とか出るんですかねー( ^ω^)

・・・えー冗談はこの辺にしましてアオシマ最後のオフセットデカールという事もあった
このキットですがアオシマデカールは透けやすいですが貼りやすいので私はアオシマのデカールが好きですね。
放置中のGSR超電磁砲180SXもシルクスクリーンを時間を掛けて密着させましたが
目立たないところで浮いてしまったところもあり、オフセットの良さを改めて感じました。
なにより肌の色などが綺麗に出るというのが魅力なんですよね。


そして最後に・・・・・・・

アオシマの4月の痛車関連の新製品である夢喰いメリー仕様のオデッセイは本当に素晴らしいです!
私が今まで作りたかった痛車はまさにこういう感じなんですよね(`・ω・´)
デカールデザインは今まで出た全てのメーカーの痛車キットで一番だと思います。
見た瞬間に即決した。そういう感じです(笑)アオシマの担当者さんGJ!!

久しぶりに模型の記事を書いたのでどうもとりとめのない文章になってしまいましたが
徐々に皆様の所への訪問や製作記も再開出来ればと思っています。

※また更新に間が開いてしまうことがあるかも知れませんがどうかご理解くださいませ・・・・・・



あ、フジミからVFR800P出るって本当!?
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(2011) | 01:25 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

2011年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年05月