HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月

≫ EDIT

大晦日特大号!今年を振り返って・・・・・2010年

今年ももう大晦日なんですね。最近はやたら一年が早く感じます・・・・・

おかげさまで今年最後のブログでございます。
リンク先の皆様をはじめ、このブログを見に来てくださる全ての皆様のおかげで
とても有意義に運営することが出来ました♪
管理人共々拙いブログですが、本当にありがとうございました。

今年は新たに相互リンクさせていただいた方も増えて
ますます同好の士の皆様の存在を感じることが出来て嬉しかったです♪


さてさて、私個人を振り返ってみたら今年はプラモデルに関しては「不作の年」と言えました。
目標の月一台+αに届かず、やや課題を残したかもしれません。
完成品の満足度は高いのですが、数をこなすというのも
模型製作では大事なことですし・・・この辺は来年の課題ですね(;^^)
あと、記事がどうも薄っぺらくなってしまったり、まとめたい点がはっきりしなかったりと
「製作記」が充実していたかと言われると「はい」と言えないと思います。
来年は少し書きたいこと・要点をまとめてから書きたいですね・・・・

今年とにかく印象的だったのはアオシマの「一番星・故郷特急便」ですね!
一番星
久しぶりのデコトラということもありますが、とにかくものすごいボリュームで
これ一台で普通車3~4台分くらいのエネルギーを使いました(笑)
個人的に再現しきれない点などもありましたが、今でもお気に入りです。

次はやっぱりエアブラシ導入でしょうか。

実を言うと今でも缶スプレーの良さを捨てきれないというのも正直な感想ですが
好きに調色出来るというのがやはり一番のアドバンテージだなと思いました。
所謂ベーコンですが、私レベルではなかなかの実力を発揮してくれて嬉しいです。


去年宣言したプラモ家計簿ですが・・・・夏前に断念しました。

だって・・・こんなに買ってたのかと思ったら切なくなったんだもん・・・・(´・ω・`)

可愛く言ったところでむさくるしい男ということには代わりはありませんので
あえては語りませんが、塗料やマスキングテープにマテリアルと
やはりキット以外の雑費が多かったですね。
そして今年も「キット購入>製作台数」だったこと・・・・棚が溢れるわけだ(笑)
あまりにも増えてしまい枕元にもはみ出す始末・・・・・
でもおかげさまで、積みプラ同盟に入ることが出来て良かったかなと(笑)

来年はキット買いません!
絶対!・・・多分・・・いや・・・フジミの230ローレルとアオシマのインプレッサくらいは・・・
ゲフンゲフン!!多分守れません(笑)



毎年恒例!HITEQプラモ・オブ・ザ・イヤー

今年も数多くの新製品・再販・箱替えの賞品が多数発売されて
我々カーモデラーを楽しませてもらいました。
今年は私にとって結構濃い製品が発売されたと思っています。
後述しますが、アオシマのAZ-1などは「うおっ!今出るか!」でしたし
タミヤのアストンマーティンDBSは思わず組みたくなった車種選択ですし
フジミのプリウス以降のハイブリッド車は「現行国産市販車」をモデル化するという
最近はちょっとご無沙汰気味だったゾーンを突いてくれて嬉しかったです( ^^)

模型業界も注目しているこの賞ですが(大嘘)
今年も厳正な抽選の結果という名の、独断で順位を確定させていてだきました。
基本的に今年発売された物・製作したものを基準にしております。
例によってオブザイヤーなのに順位付けがあります(笑)

大賞「アオシマ・オートザムAZ-1」(含むスズキキャラ・マツスピ等バリエーションキット)
大賞

二位「フジミ・ホンダCR-Z
フジミ CR-z

三位「タミヤ・アストンマーティンDBS
あすとん


ベストオブ再販「アオシマ・JZX81トヨタクレスタスーパールーセントG
アオシマ JZX81クレスタ


特別賞「フジミ・180SX後期型
フジミ180SX後期型


今回は悩みました・・・・・
AZ-1とCR-Zはほぼ同率で最後まで争っておりまして
スズキキャラが年内に間に合ったので大賞に・・・というのは冗談ですが(笑)
以前から一部から要望があったといえ、絶版車をキット化したという点が嬉しいですし
ホイールの作り分けや、マツスピパージョン等バリエーションキットの充実が嬉しかったです。
もちろん先ほど当初の「キャラが発売されたら絶対買う!」との約束通りキャラを買ってきました。
アオシマ・スズキキャラ
新規パーツのフォグ付きバンパーとマフラーガードが萌えですね(笑)
こちらも年明けにでもレビューさせて頂きます。
個人的にはブルー・鉄チンがキャラのイメージだったので裏をかかれてしまいましたが
出してくれたアオシマさんに感謝です( ^ω^)

フジミのCR-Zもちょっとした?ポイントはありましたが
非常に良い感じのキットで、なおかつ話題の車ですから発売が嬉しかったです。
フジミハイブリッド
フジミのプリウスやSAIも個人的には上位ランキングなのですが
細かい考証エラーや惜しい点があったので今回は惜しくもランキング外でしたが
個人的には発売が嬉しい車種でした。プリウスは好き嫌いはあるかも知れませんが
街中でよく見かける車ですから発売が嬉しかったですね。
ネットなどで考証エラーを指摘されていますから直せるものは直して頂けると嬉しいのですがね。

ベストオブ再販は同じくアオシマのJフェリーと悩みまくりましたが
クレスタは入手難になっていたのに対して、Jフェリーは残ってるお店には残っていましたから
今回はクレスタを選んでみました。スリットマスクパーツもポイント高しです(笑)
品薄だったものが再販されるというのは非常に嬉しいですね♪

フジミの180SX後期型復活は素晴らしいものでした♪
品薄だったものがユーザーの声で復活したという点では
本来でオブザイヤー候補でしたが少し惜しい点があるのですが
ボディを新たに作ってまでの再販ということに意義があるような気がします。
せっかく金型があるのですからノーマルホイールなど入りが出てくれると嬉しいですね。


「あの今年話題のキットは?」という声もあるでしょうが
購入した物、独断と偏見で選んだ順位ですのであくまで私の中でのオブザイヤーです。
なにかと話題のカウンタック・例のフォワードの依頼主から制作依頼を受けたものの
キットが入手できなかったプロフィア底床4軸など気になるキットが沢山ありました。

なお、例によって受賞のメーカーさんへの賞品等は一切ございません(笑)
代わりと言ってはなんですがキットを買って応援することしか出来ません(;^ω^)

来年は、どのキットがオブザイヤーになるかご期待ください!
(本命はフジミの230ローレルかな・・・・ボソッ)


来年の目標ですが、まず完成品は月一台以上を目指すこと。そして無駄な買い物はしない(笑)
あと、古いキットなども貯めこむだけではなく作ってみたいと思っています。
全てが実現可能では無いかも知れませんが、出来る限り頑張ります♪



それでは皆様、良いお年をお迎え下さいませ。
来年も管理人共々宜しくお願い致します♪
スポンサーサイト

| 日常 | 14:30 | comments:25 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ CR-Z製作記。内装一気組み&最終回。

あっという間に大晦日になりましたね・・・・・
実はここ数日は朝から晩までプラモ三昧で、もう5台完成させました!

・・・・という夢を見ました。

実際のところ大掃除や正月の準備・親戚宅訪問などでほとんどプラモを触っていません。
CR-Zは来年製作しようと思ってましたが、開いた時間を使って一気に作業してしまいました。
正直もっと塗り分けなど出来たと思うのですが
ある程度の勢いも大事かなと思って一気に組み上げてしまいました。
せめて完成させないと正月を迎えられないように感じて・・・・(笑)

大きく手は入れておりませんが、例によって500番サフで全体を荒らして
ベースとなる明るいグレーを吹いてマスキングします。
ダッシュボード
マスキングが難しいところはゾルなどを使います( ^ω^)

マスキング後、艶消し黒にグレーを混ぜた色を吹きつけます。
マスキング
大雑把ですみませんが、実車の画像を見ながらマスキングしました。
バスタブタイプに座面一体ですからかなり大変でした(笑)
開きなおって実車のようにマスキングせず
艶消し黒一発で吹いて、特徴的な部分だけ塗り分けた方がすっきりするかもですね。


例のラゲッジトレイのモールドは半光沢の黒でゴムっぽく塗ってみました。
塗装
500番サフでかなり荒らしてしまったので結構ザラザラです(´・ω・`)
まぁちょっとアクセントが出れば良いなということで・・・・


シフトノブは形状が気に入らなかったので作り直しました!・・・・・嘘です。又無くしました(笑)
シフトノブ
仕方ないのでランナーを炙って成形して、ペーパーで形を整えて
とりあえずそれっぽく出来たのでOKです。
なんか、やっぱり間が開いてしまうとこのようなミスが増えますね・・・・・
部品はきちんと管理しましょう(;^ω^)


ダッシュボードは例によってスイッチ類塗装などを行いましたが
どうもスパッと決まらず・・・・・
ダッシュボード
ちょっと点がいびつになってしまいました。
うーん・・・・最近内装作ってなかったからなぁ・・・(言い訳)
メーターフードのスピードメーターのリングはエナメルの筆塗りです。
センター部などのクロームのフィニッシャーはメタルックで再現しました。


それをサクサク組み立てていくと・・・・・
内装
こんな感じになりました♪
シートは本革仕様で脳内変換して、ファブリックシート独特のパターン再現を諦めましたが(笑)
シートバック裏の塗り分けを無視するという手抜き仕様です(´・ω・`)
一応ドアの取っ手部分などにもメタルックを貼りましたがあんまりそれっぽくありません。
もうちょっと手を入れたほうが良かったかな。


スイッチの塗装が決まって無いですねぇ・・・・・
CR-Z
今はちょっと完成を急いでいるのであれですが、いずれやり直すかも知れません。
(そう言った場合って高確率でやらないんですけどね・・・笑)
でも、キットは雰囲気は再現されていて造形等は問題ないと思います♪
個人的にはやはり塗装のしやすさや造形的にシートは別パーツで
ドア内張りは別パーツにしていただきたいのが本音ですね( ^ω^)

かなり慌ただしくなりましたが、これで内装は終了です。


後は残りのデカールを貼って・・・・・
デカール
フジミのナンバーデカールにキットの白い部分のデカールを合体させました。
ナンバーの数字は何かを意識しているわけではありません。
適当にインレタを動かして決定しました(;^ω^)
なんかドラマの小道具みたいなオーラが出ています(笑)
車検のステッカー類は裏から貼って、排ガス絡みのステッカーは表から貼ってあります。

そして、最後にガラスの内側を磨いてから上下合体です♪
フジミCR-Z
これで一応完成です。
年内完成を意識するあまり、製作記も急いだり失敗が多く
課題はかなり多く残りましたが、完成してみると「良いキットだなぁ」と思えるのは
やはりフジミキットの不思議な魅力がそう思わせるのかも知れませんね♪
完成品写真は年明けにでも記事にさせていただきます!


次回は年内最後のまとめ記事を載せたいと思いますね( ^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

GSRとある科学の超電磁砲デカールを買ってみました。

暮れも押し迫ってきていろいろとやる事が増えてきますねぇ・・・

毎年年賀状は大人の事情で数百枚単位で印刷するのですが
今年導入した年賀状ソフトはエコ印刷なるものもあってインク量が抑えられるとのこと。
「うひょ~インク代浮くじゃないか!」と思ったら今年は一件真っ赤に近いデザインを依頼されて
マゼンタとイエローが即効で無くなりましたが・・・・(;^ω^)
それでもプリンタとソフトの進化には驚かされます。
10年ほど前のソフトに比べると操作は楽だし軽い。
プリンタも明らかに印刷速度が早いし言う事なしですね~♪

プリンタと言えば昨年のこの時期にヘッドが詰まって急遽買い換えることに・・・・・
相変わらず少し経ったモデルだととヘッドのみの交換ができなくて修理になるんですかねぇ・・・キ○ノンは。

まぁそんな事は置いておきまして今年の自分へのクリスマスプレゼントはこれです。
GSRのキャラクターカスタマイズシリーズの「とある科学の超電磁砲」です。

GSR 超電磁砲 デカール

前から楽しみにしておりましたので発売は嬉しかったですが
ややアオシマ・フジミの物とイラストが若干被っておりますが
各社の特徴や大きなどは違うのでお好みで選んでくださいね。

パッと見の印象ですがシルクスクリーンになっており、若干ドットは目立ちます。
私はアオシマのオフセット印刷のほうが質感の好みですが
デカールの質は好みがありますのでこちらの貼られる方のお好みで選んでみてくださいね。

GSRのデカールの特徴はバイナルでしょうかね。
前回のなのはシリーズのデカールは大きかったと各所で話題になりましたが
今回のグラフィックは大きめながら、前回より使いやすいサイズだと思います。
うーんでも、車種によってはやっぱり大きいかなぁ(´・ω・`)

GSR 超電磁砲 デカール

フジミのGX81マークⅡでこのくらいの大きさです。
「お前絶対マークⅡに貼る気ないだろ。」というツッコミが聞こえますがお許しください。

この手の車種に貼られる予定の人も多いかな?ということでアオシマのRX-7です。

GSR 超電磁砲 デカール

この手の車種だとかなり大きいですね・・・・フルラッピングという感じでしょうか。
貼り方としてはフロントのフェンダーアーチの部分で詰めて、リア側をハッチウインドウで
切るというのが一番無難かなぁと思っています。
180SXに貼ろうと思っているのですが、ここらへんは良く考えないとですね(;^ω^)
下手をするとおしるこ缶のあずきになってしまいますから。

ボンネット用?のデカールはちょっと気になりました。

GSR 超電磁砲 デカール

バイナルは先端まであるのに黒子と美琴の足が切れています(´・ω・`)
版権元からの素材提供の段階で切れていたのかもですが
このタイプだとRX-7や180SXなどボンネットの先にバンパーがある車種などで
バイナルを出してキャラの足をボンネットでトリミングして
バイナルをバンパーの上に貼るなどの工夫が必要ですね・・・・・
まぁスパッとカットしちゃえば良いのかもですね。


ネタデカールはなかなか良い感じです。
湾内さんネタを入れてきたのは素晴しいと思いますが
名前を入れたからにはキャラのデカール補給が必須ですのよ。

GSR 超電磁砲 デカール

ここらへんのデカールは非常に使えそうで良いですね♪
映ってないですが、電撃御坂のデカールは面白いと思いました。
とある痛車の四輪滑走は走り屋系車種じゃないと厳しいかもですね。
「とある貨物の4軸低床」・「とある軽貨の産廃回収」
「とある牽引の平床貨物(側面スタンション4本装着(分割可能な貨物の輸送時)」とかなどの
使い道に迷いそうなトラックネタとかも欲しいです(笑)

(;^ω^)偏ってるなー

冗談はこの辺にしましてツッコミどころはあれど
超電磁砲が好きな人にはおすすめだと思いますの。

| 車プラモレビュー | 01:58 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Z製作記。ウインドウパーツやボディ外装等。

なんだかもうすっかり年末ですねぇ。
クリスマスの楽しい予定なんてすっかり都市伝説のレベルですが
たぶん相変わらずプラモを弄っていそうです(´・ω・`)
25日の朝、枕元に置いてあるのは寝る前に脱いだ靴下だけでしょう(笑)

さてさて、クリスマスどころじゃなくて年内までにCR-Zを完成させなくては!

まず、ウインドウのクリアパーツです。
私の場合は特に手を入れて・・・という感じではないので
軽く仕上げコンパウンドで磨いて洗剤で綺麗に洗浄してマスキングに備えます。
フジミ CR-Z 製作
工程的にはセラミック塗装の黒→天井のライニングのグレー→プライバシーガラスのスモークで
行こうと思っています。スモークを最後にしたのは
最後に吹くことで塗装中のスモーク塗装の剥がれを避けたいと思います。
(これが後でめんどくさいことになるのです・・・・笑)


フジミ CR-Z 製作
(※元が綺麗なので微妙な小傷を取ったくらいです。)

マスキングはキットの物を使用します。
カットされていないですが、ハサミで綺麗にカットすれば良い感じです。
あえて、フロントドアウインドウはちょっと大きめに切ってあります。
個人的にはみ出してしまうとちょっとアレかと思いましたので・・・・・
マスキング後、押出しピン跡をペーパーで処理しておきます。
フジミ CR-Z 製作
800番程度で処理して跡は細かい番手1500番くらいで撫でておけばOKです。
その辺にあったペーパーを使いました(笑)
めんどくさければそのまま無視して行きましょう(;^ω^)


マスキングをしたら艶消し黒をまんべんなく吹きつけます。
フジミ CR-Z 製作
画像ではまだ乾いていないのでムラがありますが結構ザラザラしてますよね?
私はこのようにガラスの黒部分を吹くときは濃い目の塗料を吹き付けます。
最近のフジミキットのようにガラスが厚く、エッジなどがあるガラス部品だと
エッジ透けなどが目立ったり微妙なムラなどが逆に目立つことがあるので
濃い目に吹いて、透けなどを少しでも目立たないようにという感じです。
あと、シャビシャビの塗料だとマスキングの隙間などに入り込みやすいような気がします。

その後、天井のグレーを吹きます。

フジミ CR-Z 製作

グレーはもうちょっと明るいほうが実車のようで良いですね・・・・
こだわる方はフロントウインドウの凸部は黒のままにしておきましょう。
まぁ偉そうに言いましたが塗ってから気づきました(笑)

そこで天井部分をマスキングしてスモークを吹きます!・・・が

見事に垂れました(笑)

惜しいですがシンナーで拭き取りましょう!
フジミ CR-Z 製作
垂れた画像がない辺りがかなり必死でやっていたことを物語っております(;^ω^)

気を取り直して当初の予定通り、スモークを先に吹いてやってみることにします。
フジミ CR-Z 製作
ちょっと厚くなり過ぎたような気がしますが、無事に終了。

その後、完全乾燥後マスキングをして黒枠、天井グレーのリタッチと行きます。
よしよし、ちょっと汚くなったけどリペア完了!
近くでじっくり見なければええじゃないか!

「あっ!」

フジミ CR-Z 製作

拭き残しの上からスモーク吹いてるじゃん・・・・・・
表にマスキングをしていたので気づきませんでした(´・ω・`)

もう俺の馬鹿馬鹿!!!そんなだから洗車するたびに猫が車に用を足していくんだ!
ホイールの塗装がションベンが掛かったところだけ
曇っちゃって磨いても落ちないんですけど・・・・・あ、全然模型に関係ないですね(笑)

窓は無視しちゃおうかな・・・・でも気になるなぁ・・・・
ということでもう一度だけリアウインドウのみ凹んでいる所だけシンナーで拭いてやり直しました。

フジミ CR-Z 製作

なんとか元よりは良い状態になりました( ^ω^)
それでも何度かやり直したのでパキっとしたノーミスの時のような雰囲気にはならなかったような・・・
でも、これもまた修行ですね。次回はもっとスモーク塗装も上手くやらねば。
工程的にはスモーク→黒→天井色のほうが確実かもですね。

最後にボディにはめこんでクリアパーツは終了です。
今回は下準備でよくすりあわせておいたのでパコッと合体できました。


さて、勢いに乗ってボディ周りも進めましょう!と言ってみますが
実はお恥ずかしながらミラー根元を無くしてしまうという
大ミスを犯したので部品請求致しました(;^ω^)
「さ~てミラーの根元は・・・・ゲッ!シャーシ周りもじゃないか!」

フジミ CR-Z 製作

Aパーツ、送料込みで占めて618円でございます(笑)
まぁ残りの部品は今後の改造用や補修用に大事に取っておくことにします。
フジミさんのパーツ請求はキット箱の過剰品?なので梱包されてきますが
今回はGTウイングシリーズのランエボⅧでした。
フジミ パーツ請求
あんまりこのキット店頭で見た記憶がないなぁ(´・ω・`)

えーっとミラー本体はちょっと面倒です。
ミラーウインカーのモールドがあまりはっきりしていないので塗装で頑張りました。

フジミ CR-Z 製作

マスキングして、白と銀を混ぜあわせて
なんというか裏がメッキじゃないようなレンズ風の色で塗ってみました。
白だと明るすぎ、銀だとメッキモールに見えそうだったので丁度良い感じです。
クリアパーツは無理でもデカールを入れてくれると助かりますね。
微妙に中の灯体が見えてる雰囲気などはデカールのほうがそれっぽいかもです。

あとは周辺を艶消し黒で塗って無くした台座を接着して
ミラー鏡面と合体させてミラーの出来上がりです。


ちょこちょこ写ってるワイパーは特に苦労もなく良い感じになりました。
最近のフジミはこういう所がとても良く出来ていて好きです。
フジミ CR-Z 製作
なんかすっげぇ埃っぽいですね・・・・・肉眼ではそうでもないのですが・・・・
フルHDの液晶などではなくても気になる方もいらっしゃるかもです・・・


シャークフィンアンテナをつけてとりあえずボディ周りは一段落です。
フジミ CR-Z 製作
ボディ穴とアンテナのダボがきつかったので削り落として接着しました。
最近はこのアンテナも社外品も結構多いんですよね。
なんか車種別でボディ同色の物なんかもあって驚きでした。

デカールなどは貼り始めていますが、まだ終わってないので最終回にでも載せますね♪
エッチング付きも今度出るらしいですが、もっと早く出s・・・・
いやいや、私はデカールって結構好きですよ(`・ω・´)



さて、そろそろ内装も始めないとなぁ・・・・・・
RX-7のエアロ接着や足回り調整をしてる場合ではありません(汗)
フジミ CR-Z 製作
いっそこのまま白内装でも・・・・・嘘です。



おまけ。
WORKING!!のFD3Sはこんな雰囲気で行こうかと思っちょります。
WORKING!! RX-7
エアロ合わない・一部ボディカットエアロ加工など早くもモチベーションが・・・・
実はパテやら瞬着やら入りまくりです(´・ω・`)

ホイールはタミヤの別売り品です。
手頃なピン式はこれしかありませんで・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:47 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

WORKING!!FD3Sを買ってみました。

そういえば最近、「痛車」がすっかりご無沙汰気味ですね・・・・・・
決して飽きた訳ではありませんが、最近どうも痛車に関しては
やりたい事出来る事との差が大きくなってしまい
ついつい脳内モデリングが多くなって・・・と言うのもあったりします。
実は年内にフジミ後期180SXベースで
GSRの超電磁砲デカールを組み合わせて・・・と思ったんですが
まだ発売されておりませんので、こちらのキットを進めることにしました。

アオシマの宮沢模型流通限定の「WORKING!!FD3SRX-7 AスペックGT-C CONCEPT」です。

WORKING!! FD3S

発売予告が出たときに久しぶりに「おお!これは良さそう!」と思いました。
最近の痛車系新製品の中では一番気に入っております( ^ω^)
派手なバイナルではないデザインが個人的に気に入りました♪
でもまぁ一番の購入動機はやっぱり種島さんなわけですよ。種島さん。

種島さんが最強なデカールの話は少し置いておきまして肝心のキットの中身を。

WORKING!! FD3S

アオシマの痛車プラモではおなじみのFD3Sですが
今回はマツダスピードのAスペックGT-Cエアロがセットされております。
SパケバージョンRのキットとの違いはボンネットダクトがない事でしょうか。
ボディをひっくり返してみると埋めた後があります。

WORKING!! FD3S

アオシマのRX-7のボディバリエーションは本当に多いですね(笑)
最近はFD3Sのキットの裏をじっくり見たことがないのでいつ頃からは不明です。
(でも、今回埋めたようにも感じますが・・・・実際はどうでしょう?)
ノーマル仕様ではなくこのようなエアロ付きで
リリースしてくれたことは非常に嬉しいですね(`・ω・´)
キットの事は例によって多くは語りませんが、皆さんご存知のアオシマのFD3Sです(笑)


さて、皆さんが気になっているであろうデカールです♪

WORKING!! FD3S

うひょ~種島ぽぷらさん!!もうこれだけでも高い金を出して買った甲斐が(´;ω;`)
特徴的なのはリボン風のストライプですかね?
よく雑貨屋でなんかこういうテープ売ってますよね(笑)
今回、試作品を見てどういう構成になってるのか気になっていたのですが
ばらばらになっていて一安心。
デザインの好みはあると思いますが
バイナル風やボディ形状に合わせてトリミングされていないので汎用性は高いと思います。


デフォルメキャラもこのようにちょっと大きめなタイプと小さいタイプがあります。

WORKING!! FD3S

小さいタイプは登場人物がほとんど網羅されていますが音尾さんは居ません。
きっと奥さんを探しに行ってるのでしょう。
こういうデフォルメキャラが入ってるデカールは少数派なので嬉しいところですね。
リアウインドウや天井などに似合いそうですね。
実は以前自作デカールで作ろうと思ってた絵が多く使われておりまして非常にありがたいです。


ネタ系小物ステッカーはこんな感じです。

WORKING!! FD3S

アニメをモチーフにしたデカールが一通り入ってるという感じですね。
やはりいつも思うのですがセリフや言葉系のネタデカールが欲しいですね。
まぁこの辺は色々あるのかも知れませんね。

WORKING!! FD3S

この種島さんのデカールが無ければ買ってなかった。そう断言しても良いです(笑)

なんか凄いとりとめのない記事になってしまいしたが
CR-Zをメインで進めて、完成したらこちらの製作記にシフトしようと思ってます。
天候等の問題で塗装ができないときなどはこちらを優先させてみようかなとも。
実は今回、ツインズ仕様で余りデカールを使って
もう一台同時で進めてみようかなとも思っています。
我らが種島さんは小さいので小さい車に貼ってみようかなと( ^ω^)

                  /7
               ┌‐┐  //
        く\  L.._」   〈/
         \>        '⌒\
                /:::::::::::::::ヽ
             /゙7⌒^:::<:::::::::::::.
       ハ _,.イ:::::::ハ::::::ヽ:::::::ヽ :::::::j
       {. V厶/|/ j八j八:::::::::}::::::/
          ' ∨イ ┃  ┃ jノミ:リ::::{
        V/人  r‐┐ 〃^)::::::八

元ネタが好きな人なら結構おすすめな一台です♪

| 車プラモレビュー | 00:23 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

CAR MODEL BLOG様と相互リンクさせて頂きました!

嬉しいことにまた相互リンクのお誘いを頂きました!

江戸川エルガ様が運営されていらっしゃる
CAR MODEL BLOGでございます!
http://blogs.yahoo.co.jp/edogawa_erga

私も以前から私のブログのリンク先の方たちのブログで
江戸川エルガさんのお名前とブログを存じあげており、私の琴線に触れる車種を
多数製作されておりまして、910ブルーバードタクシーやプリウスの法人仕様や
フジミ32セフィーロワゴン改セダン等、非常に渋い作例を拝見することが出来ます♪
働く車や国産車など、私のブログのお越しの皆様なら非常に楽しめると思います!

現在はタミヤの無限バラードCR-Xを製作されていらっしゃいます♪
皆様も是非遊びに行ってみてくださいね!

| 日常 | 00:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TLVNの430セドリックHT280Eブロアム。

最近めっきり寒くなってしまいましたねぇ。
皆様におかれましては体調はいかがでしょうか。
私のように昭和の外で遊んでる子供のように、鼻水が止まらなくならないでくださいね♪

週末は本来であれば長めにプラモの思い出記事でも・・・・と思うのですが
今週は法事もあったり、ヤボ用があったりホームセンターに買出しなど
じっくりとプラモが作れない状況でした(´・ω・`)


そんなこんなでどうもやられ気味の週末でしたが欲しかったミニカーが発売されました。
トミーテックのトミカリミテッドビンテージネオの430セドリックです!

TLVN 430セドリック

430セドリックは私の中では言わば「鉄板メニュー」でして今でもとても好きな一台です。
最近は刑事ドラマ系のイメージのセダンが注目を浴びておりますが
私は「ヨンサンマル」と聞くと白のハードトップがまず頭に浮かんできます。
私の中での430は決してフェラーリではありません(笑)

逆スラント気味の精悍なノーズ・開放的なピラーレスHT、それに組み合わされた
オペラウインドウと下のガーニッシュのくの字のライン。
大きく回りこんだ樹脂製のバンパーとモール類の対比などとても好きなデザインです。

TLVN 430セドリック

個人的な話ですみませんが、私が430を好きになったきっかけは三台の430ハードトップです。
1台目は親戚の家で乗っていた前期型ハードトップのGLです。
我が家でじいちゃんが乗っていたMX40マークⅡとは違う直線基調のフォルム。
隣に並べるとと子供心にとても大きく、低く見えました。
イエローのようなベージュの内装に開放感のあるピラーレスハードトップ。
ふわふわしたような乗り心地もなんとなく印象に残っています。

2台目は近所の家が乗っていた後期型セドリックハードトップのターボです。
いつもピカピカに磨かれていて純正アルミホイールが印象的な一台でした。
子供の頃は毎日のように前を通る訳ですから見る度にディティールを記憶していました(笑)
ちなみにこちらの430、駐車場所が変わりましたがちょっと前まで現役でした。

そして3台目は私に恐ろしいほどのインパクトを残してくれました。
昭和の終わり頃から平成初頭くらいでしょうか、たまに家の車で通りがかるスタンドで見かけた
フルエアロ・ブーメランアンテナ・恐らく総チンチラ貼りのシャコタンの
「これぞ!族車!」と言うような430ハードトップです。
明らかに前の2台と違う雰囲気になぜかとても惹かれてしまい
前を通る度にガソリンスタンド照明に照らされた430を見るのが楽しみでした。

TLVN 430 セドリック

私が改造車とノーマル仕様の二通りの流れが好きなのはこの頃の刷り込みがあったと
断言できるほどこの三台はとても印象深いものでした。
最も当時はセダンもハードトップも「タクシーっぽいやつか、そうでないか」位の物でしたが・・・・

丁度プラモデルを作る事に慣れてきた頃に、フジミのインチアップにハイソカーシリーズなどを作り
アオシマのエンジン付きのザチューニングカーの430に、エアロパーツが付いているのに気づき
あの時のシャコタン430を意識して製作したのは言うまでもありません(笑)
私はフェンダーミラーとドアミラーを選べるキットでは絶対フェンダーミラーを選んでいましたが
この時初めてドアミラーを選んだことを今でも覚えています(;^^)


おっと!プラモデルの話はこの辺にしまして、ミニカーのレビューをしなくてはですね(笑)

TLVN 430

今回の430はボディのフォルムは良く出来ていると個人的には思います。
ホイールがややワイヤーキャップのイメージとちょっと違いますが
ボンネットがセドリックとグロリアで
別パーツになっておりますが比較的合いは良好かと思います。
私はこの前期セドリックのグリルが大好きなのですが、彫刻の雰囲気なども良い感じだと思います。
前期・鉄バンパーのホワイトのGLが欲しくなります。
個人的には車高がちょっと高く感じますね。どうも430は低いイメージがあるからでしょうか?
ミニカーの場合、ちょっと低めの方が「らしい」様に感じます。
あと、やっぱりミラーが欲しくなりますね・・・・・
破損しやすい等の問題はあると思いますがやはりフェンダーミラーがあると
さらにスケールモデルとしての質が高くなるように思います( ^^)
別売り品でも良いので欲しいところですね~

なんだか全然レビューしていないような気がしますが、私の感想はそんな所です(笑)
実際の出来栄えは購入して確認して頂くが良いと思います。
それか専門店等で飾ってある物をご確認下さい。

TLVN 430
※以前発売されていたトミカリミテッドのセダンと・・・

レビューが手薄になったりプラモの話題になったりとブレまくりだったので
おまけのお遊びをご用意させていただきました↓

≫ Read More

| ミニカー | 22:51 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「BLADEのブログ」様と相互リンクさせて頂きました♪

嬉しいことに相互リンクのお誘いを頂きました♪

BLADEさんが運営されていらっしゃる
「BLADEのブログ」でございます!
http://blog.livedoor.jp/iwa_kaze_blade926

BLADEさんは現在台湾にお住みでいらっしゃいまして
こちらとは少し違う現地の模型事情や
現地での日常なども紹介されており非常に興味深いブログです!
材料やキット等、日本と流通の違いはあると思いますが
それを感じさせない素晴らしい作品が拝見できます( ^^)

最近の完成品はタミヤセダンベースのR30スカイラインハッチバック(凄い!)ですとか
フジミの前期型81マークⅡにデリカスターワゴンなど
私のブログを見て下さってる皆様ならきっとツボに入ると思います!

是非、皆様も遊びに行ってみてくださいね♪
現在のマークⅡ三兄弟の製作記も続きがとても楽しみです。

| 日常 | 11:14 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Z製作記。窓枠塗装に外装部品。※追記あり

※最下部にハイマウントストップランプの塗装について追記アリです。

昨晩の230ローレルショックが大きくて、まだなんとなくモヤモヤしています(笑)

大げさではなく模型人生である意味一番驚いた新製品発表かも知れません。
これがアオシマからのアナウンスだったら
「ふんふんなるほど。グラチャンとかも出るのかな?楽しみだ!」となるでしょうが
フジミ、しかもインチアップシリーズでの発表ですからね(;^ω^)
「へ?230ローレル??なんで?フジミから?へ?フル新規すか?」と戸惑いましたし
街道レーサー系モデラーさんや国産旧車好きにもの需要はあるでしょうが
隙間産業にもほどがあるような気がします(笑)
箱絵が出来てるということは企画が通ってゴーサインが出たという事でもあるでしょうし・・・・

うーん・・・・フジミ恐るべし(´・ω・`)

箱絵もやや今風シャコタン風味ですし、ノーマルで組みたいですが
これはこれでカッコイイかもなんて思ってます。
この路線、期待しちゃって良いですか?


さて、現物を見るまではちょっと安心出来ないのでCR-Zを進めます♪
実はある程度進んでいたのですがきりが悪いので伸びておりました。

磨き終わったボディは良く洗浄してから、窓枠マスキングです。

フジミ CR-Z

今回はマスキングをするのですがリアウインドウ後端とAピラーは光沢で仕上げます。
なのでマスキング後、該当部分に1500番のペーパーを当ててから
光沢ブラックを吹付けます。(余り物のGXカラーウィノーブラック)

窓枠

出来るだけ光沢が出るように塗りました( ^ω^)
レベリングシンナー推奨ですが在庫が切れましたので
ガイアのメタリックマスターで希釈しました。特に問題ないと思います。多分。
自己責任てやつですねー(棒読み)

その後、完全乾燥させてからこの部分のみマスキングし直して
残りの部分にクレオス33番にちょっとグレーを入れた艶消し黒吹きつけます。

窓枠
※画像は光沢部のマスキングを剥がし後です。

今回はあえてザラッと吹きつけて今時ホンダ車に多い
ちょっとザラッとした樹脂部分風になるように吹きつけてみました。
ですがあんまりグレー効果はないですね(;^ω^)綺麗に艶消し黒になりました(笑)


ここでマスキングを剥がして・・・・とペリペリ剥がしていたら塗り忘れ発見!
あわてて再マスキング→塗装です。
せっかくなので艶消し黒にちょっとセミグロスブラックを入れて質感を変えてみました。

窓枠

あぶないあぶない・・・・(笑)
気を取り直して今度こそマスキングを剥がします。

窓枠

画像だとちょっと荒っぽく見えますが、現物はピシッとしています。
今回は大きい漏れも修正箇所もありませんでした。
窓枠部分が決まると一気に雰囲気が出ますよね。
めんどくさいですが、上手く行くと胸が高鳴ります( ^ω^)
この時、スミ入れも行って、ついでに窓枠部分などにも入れておくとピシっとしますよ♪

これでボディ周辺の塗装は終了です。


ちょっと長くなるので続きはこちらからどうぞ↓

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:31 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

嘘だと言ってくれ・・・・嘘だと・・・・

皆様は夢に存在しないプラモデルが出て来たことってありませんか?

アオシマのドア4枚開閉のY30セドリック後期型(しかも箱絵がタミヤ風)
フジミの1/12スケールR31ワゴンパサージュGT(しかも完成品パッケージ)
タミヤのフルビュー2台目パジェロ(内装シャーシは青メッキ)

これ、作り話じゃなくて本当に見た夢です(`・ω・´)
人生自動車プラモまみれの私はこういう変な夢を見ることが結構あります。
でも、夢ですから現実的なものは少なく、実物になったのはリアルな一番星くらいですかね・・・・

ですが先ほど、某通販HPを見ていたらなんと・・・・・

マジで?

リンク先ホビーワールド様予約ページ

ええ!?フジミから230ローレル!?

昔、常磐道でぶち抜かれて、その後谷和原手前で故障して止まっていた
230ローレル??

子供の頃カッパー色が構好きで、放置車をわざわざ見に行ったこともある

230ローレル!!!
後期ハードトップ、メダリスト!?

これ?本当にこれ?

majide ?
※自動車検索大図鑑より引用

何かの間違い?夢?本当に出るの?嘘でしょ?嘘だと言ってくれ!

現物見るまで信用しないんだからねっ!

淡いグリーンメタかカッパーで悩むなぁ・・・・・
アリイのジャパンのアルミホイールを加工して純正アルミ作りたいなぁ・・・・・

いやいや・・・これは絶対夢だ!
朝起きたら、無かった事になってるはずだ・・・・・・

フジミさん・・・・この勢いでMX40マークⅡセダン出してください(´・ω・`)

| 車プラモレビュー | 22:23 | comments:29 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Z製作記。まだボディ磨いてたのかよ編。 他

アカツキ 海老蔵 斎藤佑樹 大連立 グランツーリスモ5 ミニカー 俺の妹 当時物 レア

検索用単語入力終了・・・っと・・・・冗談です(笑)
はぁ~気づいたらもう12月ですねぇ・・・・・
なんか今年はあっという間に1年過ぎてしまったような(´・ω・`)
最近、皆様のところへの訪問もなかなか出来ず申し訳ありません。
近いうちに訪問させて頂きますね♪

さてさて、私もやっと苦手な歯医者の治療も終わりまして
少し心の余裕も出来ましたのでCR-Zをサクサク進めます。

「歯医者?そんなにビビる?」とか「プラモ関係有るの?」と言われると
何も反論出来ませんが、私は歯医者が苦手です。行く前は冷や汗が出ます。
待合室が混んでいると緊張します。行く歯医者の先生のリアクションが
ややオーバーなのもさらに不安を増長させます。
次回の予約を取るときは苦手な人に飲み会に誘われる時くらいテンションが下がります。
なので、会計の時に「HITEQさんは今日で終わりです。」と言われた時
心で「よっしゃああああああ!!うひょ~!!」と叫んだくらい苦手です(笑)

もちろん一番嫌なのはお金もそれなりにかかるということ。
今回の治療で何個プラモ買えたんだと考えると切なくなります。
皆さんも歯は大切にしましょう(;^ω^)



私の世間話はこれくらいにしましてプラモの話題に戻りましょうね。
久しぶりのフジミのCR-Zです。
前回の製作記でコンパウンドがけ時のクリア剥離のリカバリを行った所まで
終わっていましたのですが、修正したリアフェンダーの磨きが終わったと思ったら
今度は天井に謎の傷跡が・・・・・・・・・(´・ω・`)

fujimi cr-z

磨く→傷消えない→磨く→クリア剥離・・・あ・・・あれ?2週間くらい前とデジャヴしてるぞ・・・・・

カーボンフィニッシュでも貼ってカスタム仕様を気取ったり
偏光フィニッシュを貼って「ソーラーパネルです(`・ω・´)キリッ」と言いたかったのですが
今回はあくまでカタログモデルで仕上げたいので、もう一度だけ部分クリア塗装を行います(笑)

話は変わりますが、実車のミラーガラス風のフィニッシュが欲しいです。
そうすればエルグランドやシーマなどのミラーガラスや熱反射ガラスが再現出来ますので
積みプラが少し減るんですがねぇ・・・・って関係ないか(;^ω^)

フジミ CR-Z

マスキングして、足付して・・・・・コンパウンドでウォッシャーノズルが少し削れています。
少し前に違う箇所をマスキングした感じがしますが、無視してじゃんじゃん進めます。
その後クレオスのスーパークリア缶を吹きつけました。
今回は気持ちたっぷり気味に吹きつけています。
そしてまた4~5日程度乾燥させてからタミヤコンパウンド細目で磨きます。
今回は少し厚ぼったくなってしまったので
フロントウインドウ前端部のみペーパーをかけて平に馴らしています。

コンパウンドがけ中、一箇所攻めすぎて角を出してしまいました。
ササッとリタッチして終了。目立たなくて良かったです(笑)

カド出し

乾燥後、軽くコンパウンドで磨いてから
リタッチ時に付いたマスキングのノリなどを處理するために
もう一度、全体に軽く仕上げ目のコンパウンドを掛けて磨き終了です。

リカバリ

最後の仕上げにボディを洗浄します。
コンパウンドをかけるとあちこちにコンパウンドが詰まりますよね。
私はこのようにシャワーに当てて洗い流しています。

フジミ CR-Z製作

ちなみに各部をかけ終わるたびに洗い流しますので
詰まってコンパウンドが取れないということもありません。
極力ブラシなどは当てないようにしています。
その後、中性洗剤で綺麗に洗ってコンパウンドがけ終了です。

ボディ磨き

失敗でかなり伸びてしまいましたが、何とか無事に磨き終わってほっと一安心です( ^ω^)
しかし・・・・本来だったらもう完成していないといけないのですが(笑)

磨き

しかしこの色・・・・撮影するたびに色合いが違って見えるのは何故?




おまけ。実は先週買っておいたのですが
色々と忙しくてレビューしておりませんでした。

マツダスピード AZ-1


アオシマのAZ-1のマツダスピードバージョンです。
最近はキットを買わないようにしているのですが、たまたま量販店で見つけたので
ポイントを使って格安購入してみました。


↓簡単なレビューはこちらからどうぞ!

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・アオシマランエボⅩ・お手軽製作編

すみません。いきなりですがお手軽ランエボⅩ完成です。

アオシマ ランエボⅩ お手軽

実はこのランエボⅩを製作した理由は、最近どうも完成品と縁遠く
おまけにCR-Zの失敗が相次ぎ、モチベーションが下がりまくりだったので
大量のブルーメタリックを消費するためと
やる気を出すために完成品を増やして少しでも気合を入れようとしたものです。
最近、製作記もどうも中途半端ですし、これではいかんと手を動かしました。

そしてまず、初めに決めた裏テーマは手を抜けるだけ抜くということでした(笑)
その為サフレス・吹きっぱなしで基本的に手を入れないで行こうと当初から思っていました。
ランエボを選んだ理由はまず、出来が良くストレスがない事。
ベースはフェイトランエボですがデカールを別に使いたかった事。
製作中の宮沢けいおんランエボのシャーシ内装クリアパーツが切り離し済みだったことです。


まぁ前から「ライトニングブルーマイカのランエボⅩ」を作りたかったいうのもあるのですが・・・・
(意外と私の場合、あれもこれも作りたいと語るだけが多いのがいかんのですが・・・汗)

アオシマ ランエボⅩ お手軽

今回製作したグレードはGSRハイパフォーマンスパッケージに
スタイリッシュエクステリアとBBSホイールを装着してウイングレスのSST仕様という
もし、お金があったら直ぐにでも欲しい仕様を意識してみました。
羽無し、ブルーにSSTと言うのがミソです(笑)
私がこのランエボⅩにライトニングブルーマイカという組み合わせが好きなのは
人によってはインプレッサ系のスバルのWRブルーマイカを連想するこの色を
あえて選ぶという好敵手の衣を羽織るような雰囲気があって良いんですよね(笑)
実際の色合いは少しスバルのWRブルーよりおとなしいですが
今回の調色ではカタログの写真の少し彩度が上がっている雰囲気で調整しました。

アオシマ ランエボⅩ お手軽

これで、完成品も一台増えて、前から作りたかった組み合わせも再現できて
おまけに積みが一台減ってと非常に有益な一台となりました。
たまにはこういうサク組みも良いものですね( ^ω^)

アオシマ ランエボ 良いキットです。

さて、次からきちんとCR-Zを進めたいと思います♪まずは失敗の修正からですね~(笑)

アオシマ ランエボⅩ お手軽

塗装乾燥時間を抜いた実質作業時間はおそらく5~6時間程度だと思います。
ボディ塗装以外は実質金曜の夜~土曜の午前中という感じで製作しました。

やれば出来るじゃないか、俺!

このペースで制作できれば恐らく3~4年くらいで全ての積みプラが完成させられると思います(笑)
まぁ実際はそんなに上手くいかないと思いますが(´・ω・`)
ランエボⅩのキットの出来の良さに助けられましたし
今回はプリペイントモデルを組み立てているような気分で制作できました♪
たまには気張らずマッハで組んで完成品を増やすのも良いものですね。
完成させたことで失敗続きで停滞していた模型製作の気分をリフレッシュ出来たのが一番です。

キットに手を入れたりグレード考証を完璧にしたり大判デカール貼ったりして作ったキットも
完成後の満足感はなんとも言えないものがありますが
私は結構このようにサクッと組んだほうが気に入ってしまうことが多かったりします(笑)

アオシマ ランエボ10


ボディ塗装以外のダイジェスト版製作記はこちらからどうぞ↓

≫ Read More

| 車プラモ完成品車庫 | 00:32 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2011年01月