HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月

≫ EDIT

年忘れ特大号!今年を振り返りまして・・・・・・

さて、今日で2009年も終了です。
ここ何年かは一年が本当に早く感じるようになりました。
今年は特に模型関係は時間が本当に早く過ぎるように感じましたね。
あれもやりたい。これもやりたい。と思ったことの半分も実行できませんでした・・・・
でも、月一台ペースは守れたので良しとしようかなと思ってます(;^ω^)

今年を振り返りまして・・・・

今年はなんと言いましても痛プラGPで賞を頂いたり
このブログにリンクしてくださる方が一気に増えて拍手やコメントを数多く頂いたり
訪問してくださる方も一気に増えてチラシの裏だったはずのブログに
活気が出たことが一番嬉しかったですね!

訪問してくださる皆様のブログやHPを拝見して
やる気を頂くと言う事も数多くありまして、安定して完成品を増やす事が出来ました。
本当にこのブログを見て下さっている全ての皆様に感謝しております。

まじぇすた

実を申しますと、痛プラGPの頃に私生活の方で様々な出来事があり
気分的に趣味に没頭すると言うことが厳しい時期もあったのですが
アクセスして頂いたりコメントを頂いたり拍手をしてくださる方たちに
応援されているような気がしまして2作品を応募することが出来ました。
そのおかげもありまして準GPを頂いたというのが凄い嬉しかったです!

( ^ω^)

入賞者の皆さまの作品と一緒にお台場での展示は一生の思い出になりました( ^^)

今年は痛車プラモを多く製作しまして
個人的にはノーマルカタログモデル分が足りなかったなぁ・・・・とちょっと反省しています。
作りたいネタは沢山あれど、脳内モデリングで終わってしまったのが痛いですね。
でも、痛車のおかげでデカール貼り&クリアコートはコツが掴めてきた様な気がします!・・・多分w

個人的に今年作った完成品なかで一番気に入っているのはフジミのプレリュードだったりします。
プレリュード
痛車も良いですがこういう車をもっとコレクションしたい今日この頃です。
来年こそはあのキットをノーマル戻ししなきゃなぁ・・・・(遠い目)

※タミヤのエクシヴとかエクシヴとかエクシヴとか・・・・・


HITEQプラモ・オブ・ザ・イヤー

第2部は毎年お待ちかねのこのコーナーです。って、まだ2回目なんですけどねw
オブザイヤーなのにランキングがあるというのがミソです(;^ω^)

良作がメーカー問わず数多く出ましたね!でも今年はなんと言ってもアオシマが頑張っていたと思いました。
「このアオシマの回し者が!」とか「賞品をもらったからだろ?」と言う声もあるかもですが
それ以上に私は様々なジャンルでアオシマ製品に活気があったなぁ・・・と思いました。
痛車はもちろんですがトラック関連は本当に目を見張る物がありまして
数年ぶりにミドルフレイトのフォワードを組んで進化に感動しました。
実は以前はかなりトラックを作っていたのですが価格の割に旧態依然のシャーシや荷台に我慢が出来ず
いつの間にかトラック模型と距離が出来てしまったんです。
でもここ数年はフジミも参入してアオシマキットもリニューアルされて
おもちゃ的キットからスケールモデルへの移行と言うのを感じた年でした。


基本的に購入した物をランキング付けしています。あと、完全に私の好みです。
異論・反論は勘弁してくださいね・・・・・(´・ω・`)
今年のランキングはこんな感じです。


一位「アオシマ・ランサーエボリューションⅩ(ベストカーGT痛車含む)」

二位「アオシマ・現行クラウンロイヤルサルーン&アスリート

三位「アオシマ・F31レパードアルティマ前期型

ベストオブ再販「アオシマ・Y31シーマ後期型

発売前からかなり小躍り賞「フジミ・ランドクルーザー100

我慢できずに財布の中身を無視してさっき買ってしまったよ賞「アオシマ・一番星 故郷特急便

一位は二位はもう文句なしでこの2台でした。

ランエボ

2台とも組みやすさ・車種選択の両方がとても良い感じだと思いましたし
各パーツのクオリティがかなり高いと思いました。
クリアパーツなどは今までのアオシマ製品とは違いかなり凝っていますし
バンパー類の合いも格段に進化しています。
特にランエボはバリエーション第一弾が痛車と言うのも驚きでした。

クラウン

三位のレパードは去年発売予定だった物が延びてしまった物ですので
本来だったら去年のオブザイヤー候補だったアイテムです。
プリペイント版も個人的には高ポイントでした♪

レパード

再販のシーマは後期型と言う点では新キットなんでしょうけど
エンジン付き&長らくご無沙汰だったタイプⅡ-Sスポイラー類に
VIP系キットに付属していた後期グリルなどが付いてるのが高ポイントでしたね♪
こういうオマケが多い再販は大歓迎です( ^^)

ランクル100は個人的に好きな車種だったので上位入賞も考えられたのですが
メッキではないグリル・マスキングシートが付属していない点がちょっと残念でした。
良いキットなのにツメが・・・・と言うのが正直な所です。
でも、憎めないし、完成するとなんだか良い感じ・・・・これがフジミの魅力なんですよね。

ランクル

一番星に関しましては当初高額と言う事もあり購入を悩んでいたのですが
購入店でのポイントが溜まっていてへビーフレイトのキットほどの値段で購入できたので
清水の舞台から飛び降りて買ってみました。いや~!これ凄いキットですよ!
詳しくはキットレビューを年明けにでも載せたいと思いますがとにかく凄い!

一番星

なんだかアオシマ製品が多いですがこれはツボが近いというのも大きいんだと思います。
決して他メーカーさんが嫌いと言う事では無いですし、好きな車種が出たら購入すると思いますし・・・

来年はどういうキットが出るのか今から楽しみですね( ^^)
あ、特に受賞されたメーカーさんへの賞品はございませんw


てなわけで・・・・
2009年は政権交代など日本の国も大きくチェンジしましたが
このブログは来年も相変わらずのマイペース&チラシの裏で運営していきたいと思います。

今年一年本当にどうもありがとうございました。

おまけ。テールランプを残すのみだったのですが間に合いませんでした・・・・・

フェイトFD



それではみなさん良いお年を・・・・・私はこれから三が日まで怒涛の親戚周りです(;^^)
スポンサーサイト

| 日常 | 15:45 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

燃える男の~赤いトラクター♪はヤンマーですね・・・クボタの農機ミニチュア。

クリスマスが終わったと思ったらもう年末です。私も年末プラモ三昧!と行きたいところだったのですが
週末は栃木の親戚の家に急遽遊びに行く事になりましてプラモは弄れませんでした・・・・

親戚 「HITEQも餅ついたから取りに来なよ。」
私  「いや(;^ω^)・・・ちょっと業務がありまして・・・・(プラモを作ると言う事)」
親戚 「ど~せヒマなんだっぺ?遊びに来なさいよ。」
私  「いや、窓枠をマスキン・・・ ヒマです!行きます!」

てなわけで日曜日に朝一で栃木に行きまして温泉にいったり、散々ご馳走になった後に
布団が強いてある部屋に行ったらこんな素敵なブツが飾ってありました!
クボタ
私 「うおおおおおおお!!なにこれ!!!すげぇすげぇ!!」
親戚「お父さんがクボタに行った時に懸賞で当たったんだわな。」
私 「このコンバインすげえね!」
親戚「欲しかったらやるぞ。落っことしてケースが割れてるけど。」
私 「うおおおおおおマジすか!下さい下さい!我が家の家宝にします。」

と言うわけでハイエナのように
餅やら野菜やらミニチュアやら人の家の物をたくさんもらって来ましたw

いやークボタのノベルティだと思いますが、これは良く出来ていますねぇ~!
トラクターのキングウェルKL250です。
キングウェルKL250
スケールは1/32程度で非常に良く出来ており、ミニチュアとしても良い出来です。
ロータリー部分を自作して卓上代掻きプレイをしたいですね~!
カメさんウサギさんレバーを自作すると言う変態ディティールアッププレイも楽しそうです♪

続きはエメラルドグリーンのニクいやつ。田植え機のウェルスタープロSPU650です。
ウェルスター
なんとウェルスターの最上級モデルにはVIPの照合が!気分はもうセド・グロ・シーマです!
後ろの溝に苗をセットすると自動的に苗を植えてくれるわけです。
ウエルスター
このフォルムがファストバックスタイルのようですね~!
位置あわせのセンターのポールがカッコいいです。
センチュリーのフラッグポールと争うカッコ良さですね(・∀・)

そして皆さんお待ちかね。コンバインのエアロスターAR335です!
エアロスター
白とオレンジの対比がお洒落ですね♪スタイリッシュな白いフォーク部が
「ガイアが俺にもっと稲刈りしろと囁いている。」という感じですね。
グレンタンクの排出部は可動ギミック仕様です。
エアロスター
半透明のドームやキャタピラー部もなかなか良い出来ですね。
ちなみに今年クボタコンバインは40周年と言う事で特設サイトでクボタコンバインの歩みが見れます。

このミニチュアを調べてみると何年か前にクボタのノベルティグッズとして生産されたようで
オークションなどでも見かけましたが販売された物ではないですので
普段農機具が好きでもあまり販売店などには縁が無いですので今回は良いものを頂いてしまいました!

今度農機具好きの友人に自慢しようと思いますw
でも・・・本物が家にある人にはかなわないような気も・・・・(´・ω・`)

| ミニカー | 21:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ランエボVer2が届きました!

引っ張り出して来たホットカーペットがなぜかセドグロ系のような匂いがするHITEQです。

プリンタ故障での買い替えで飛んだ自分へのクリスマスプレゼントになってしまいましたが
佐○急便の方が思わずサンタさんに見えるような嬉しい配達物が!
こないだ通販で買った宮沢模型流通限定・けいおん!ランサーエボリューションVer2です!

けいおん!ランエボVer2

う~ん!今回は店頭では手に取るのが恥ずかしいパッケージですw
アニメのイメージに合うようなポップなボックスアートですね。
キットは宮沢模型が企画してアオシマが製造した独自商品の一環で
新デカール&白成型ボディにオプションのBBSホイール付きとなっており
通常品との差別化も図られています。

けいおん!ランエボver2

キットその物は最近のアオシマらしい良いキットなので
みなさんもご存知の通りだと思いますので改めては語りませんが
テールランプの塗装指示が赤と黒を選択するように地味に修正されています。

でも、やはり気になるのは新規のデカールですね!
イラスト自体は通常版とは打って変わっており新たなバイナルやロゴ類が目を惹きます♪

けいおん!ランエボver2

個人的には白ボディが好きなので今回のバージョンはかなり好きなデザインです。
キャラ絵も多くて例によって複数台分のおまけ付き!と言う感じですね。
通常版に比べるとキャラクターが小さいかな・・とも思うのですが逆に言うと
キャラを大きくカットしたりしないでも良くなるのでこれはこれでアリだと思います。
小さい車体の車にも使えて汎用性も高まりますし( ^ω^)
プライズのキットやトラックで見た絵もありますが
今回は一枚だけでも和ちゃんもいるのが高ポイントですね♪
憂が小さいデカールにしかいないのは切ないですが・・・・
まぁさわちゃん先生に至っては今回はお呼びでは無かったようですね・・・・w
さすがロックフェスを友達全員からドタキャンされ(ry  ※原作参照

えー・・・・てな訳で近いうちに制作したいのですが、最近ちょっと痛車が続いていますし
次は作りたいキットもあるのですぐには取り掛かれないかなと・・・言うのが正直な所です。
でも来年中には作ろうと思ってます♪ オレンジ号と並べて・・・・フヒヒ


さて、キットのレビューはこの辺にしておきまして、実は今回は久しぶりに通信販売で購入しました。
当初予約したあみあみは一人一個のみと言うことだったので
今回は保存用と言いますか手元に置いて置く用にもう一個をアマゾンにて購入しました。
けいおん!ランエボver2
(実はここだけの話、通常版も2台買いました・・・・・)
そのため新製品のSL63AMGは今回は我慢です。
さっきまで模型店で買うたやめた音頭を取っていたのですがw
でも、近いうちに組みたい良キットでした。

今回、通販を利用したのはもうひとつ理由がありまして
いつもキットを買っているるお店では入荷予定は無いと言われてしまい
ある量販店では「入荷すると思うけど、プラモデルは予約を受けつけていない」と言われることも。
ここは店員さんによっては取り置きOKなのでちょっとムッとしましたが
確実性を取ってアマゾンで予約購入をすることに。

どうも通販と言うのはめんどくさい印象があったのですが
あみあみ・アマゾン共に発送メールから半日も経たずに商品が送られてきて
店頭に並ぶのと同じタイミングで購入できて良かったです。
アマゾン購入分は破損防止のためか箱より大きい台紙にシュリンクと言う
とても丁寧な梱包をされていて、好印象でした。

amazon 梱包

もちろんあみあみで買ったほうもきちんと梱包されていて破損等は全くありませんでしたよ♪

もちろん見てくださる方からすれば「今更何を・・・」と思うかもしれませんが
馴染みの模型店が無くなった今ではこういう通販と言うのも
ひとつの手段なのかな・・・とも思ったりもしました。

これが今年最後のキット購入の予定です♪来年は完成品数を多くするぞ~!

(;^ω^)<でもすぐに破る予感がw

| 車プラモレビュー | 18:43 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クリスマスの思ひ出。&フェイトFD製作記。研ぎ出し。

クリスマスですね~!皆様はいかがお過ごしでしょうか。
今朝起きると枕元にサンタさんが新製品のプラモをどっさり!
・・・と言うわけにはいかず枕元にはゴミが落ちていました。

イブの夜は年賀状印刷中にプリンタヘッドがダメになって印刷不良に・・・・・
しかも目を放した隙に症状が出たので葉書を十数枚ダメにしてしまいました。
頭にきたので溶剤で詰っているインクを溶かして見ましたが2~3枚刷るとすぐ詰まりが再発!
ヘッドがだめだと言う事でヘッド交換しようと思ったら今はへッド単品部品だけ出ないんですね。
5年くらいで修理のみってのはちょっと納得いかない気もするのですが
年内修理は絶望的ですし、修理受付にも金額的にも安い新品が買えるような値段を提示されました。

仕方がないので新しいプリンタを購入してきました。
部品の件で別メーカーのプリンタにしようと思うも、同じキヤノンを選んでしまいました。
物は私が使っていたiP4100の後継機種のiP4700と言う型です。
不満はまったくありません。さすが新品!良いですねぇ~!

キャノン

とんだ自分へのクリスマスプレゼント(笑)になりました・・・・
アオシマの一番星が余裕で買える値段じゃないですか・・・・ううっ(´;ω;`)

悲しいクリスマスプレゼントと言えば
小学校の低学年の頃に親・・・・ゲフンゲフン!
・・・・サンタさんに車のプラモをお願いしておいたのですが
次の日にワクワクして枕元を見ると、そこには新品の野球のグローブが!ご丁寧に手入れ用のクリームまでw
子供心にえらくガッカリしたのを覚えていますね。
今なら親の気持ちが解りますが、当時はもうプラモが貰えるもんだと思ってましたんで・・・

グローブ事件は毎年この時期になると思い出す出来事なんですが
小学校の時のハセガワの1/12のZ32フェアレディZが欲しいも
あまりの値段に買ってもらえるわけも無く、良く通っていた模型店のビッグスケール物の棚を
ただ見上げていた事を思い出しながらプラモ製作です。


さてさて、フェイトFDは最終クリア後から一週間以上経ちましたので磨きスタートです。
例によってタミヤコンパウンド三種盛りを使いますが
黒は磨き傷を消すのが大変ですので黒部分には荒目をあまり使わないようにしました。
重ね貼りした部分で段差が気になったボンネットなどは
2000番のペーパーを掛けておきましたがその他は中研ぎの甲斐もあり
すぐにつるつるになってくれました。

乾燥するに従い一部デカール部分がこのように荒れてしまいましたが・・・・
(最終クリアをちょっと厚く吹きすぎたかな・・・)
クリア

軽くペーパーを当ててからコンパウンドを掛けるとちゃんと艶が出ます。
(画像はペーパー後荒目で磨いた状態)
つるつる

クリアを厚く吹きすぎた時にはシンナー分でちょっと荒れることも多いですし
塗装とデカールでは素材が若干違いますので乾燥後の収縮度などは変わると思いますので
デカールの上が荒れてしまっても、やり直しや再塗装をしないでまず磨いてみる事をおすすめします。

細目まで終わるとこのように艶々に♪
フヒヒ( ^ω^)

これならもう大丈夫ですね♪
この勢いでボディをシコシコ磨きます。コツとしてはカドを出さないように優しく磨きます。
磨きにくい所は綿棒を使ったり磨いた事にすると幸せになります。

磨き終わるとこんな感じです!なかなか良い艶が出ました♪
見づらいw
一箇所リアのデカールを削った以外は・・・・目立たなくて良かった・・・・(´・ω・`)

フェイトFD

これでボディ側の窓枠を塗れば上下合体できますね♪
これからスピードアップせねば!って、同じ様な事ばっかり書いてるようなw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:41 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記。内装完成!

製作記がまた少し間が開いてしまいました。
土曜日は親戚の集まりがあったりしましてプラモは弄れず・・・・・
どうも年末はなにかと忙しいですよね・・・(;^^)

おまけに週末は友人勤務のディーラーに解体依頼で私の車と同じ車種が入りまして
永久抹消でスクラップになると言うのでご好意で部品を分けてもらってきました。
レンズ類のスペアやオプション部品なども入手出来てホクホクです。
同型の車がこの世から無くなるのは寂しいですが
そのおかげで私が美味しい思いが出来た訳ですから感謝しないと行けないですね~♪

さて、フェイトFDの続きです♪
まずは前回ダッシュボードにデカールを貼ったあたりで終了していました。
ミスでカーボンデカールの重ね貼りをしたため厚くなってしまい
オーディオ類のモールドが消えてしまいました(´・ω・`)
なのでプラ板でDINサイズのベースを作ってアオシマのモニターパーツを使ってナビ風に・・・・
開き直って助手席前にもモニター設置です。
いつものようにラベル光沢紙に画面を印刷して貼っておきました。

内装

ダッシュ設置のメーターはランナーの輪切りにデカールを貼ったものです。
ランナーは太さを使い分けてそれっぽくしています。
オーディオの操作パネル周辺は例によって爪楊枝に塗料を付けて塗ってありますが
やや点が大きめになってしまいました・・・・


シート・フロアカーペット類はいつもの様に一部を砂吹きして布っぽさを出しています。
シートはフジミのランエボのレカロを裏打ちして使ってます。
ベルト穴を開口したかったのですが穴を開けると
シートバックに変な位置で穴が開く為今回はオミットしました!
・・・・が、書きながら思ったんですが斜めに開ければ良かったかな・・・

座席

コンソール周辺もカーボンデカールを貼り込んでアクリルクリアでコートしています♪
まぁこの後凄いオチが待っていたのでした・・・(;^^)

なんとダッシュボードと目を縦横逆に貼ってしまい微妙に目が合っていませんw
でもじっくり見なければ大丈夫なのでこのまま行きます。
シフトノブやサイドブレーキはキットの物です。
サイドブレーキのみ台座を削って座りを良くさせておきました。

スピーカー周りも仕上げました。
ウーファーは黒一色だとアレだったので塗り分けたのですがちょっとイマイチですw
純正トレイの形状に合わせてくり貫いた所はアンプを設置です。
これはDUBCITYのミニカーに付いていた物をリペイントして使いました。
(以前買った物の棚から落っこちて壊れてしまいました)

ウーファー周辺

ちょっと寂しかったのでリアトレイにタワーバーを追加しました。
詳しい人が見たら「ええ~!この付き方はないわw」と思うと思いますが
ファッションタワーバーという事で勘弁してください(´・ω・`)
本当だったら穴を開けてストラットタワー上部を
作ってやれば良かったのですが塗装後だったので・・・・・
物はホットワークスのFD3Sミニカーに付属の純正タワーバーです。
(着せ替えでD1仕様とノーマル仕様とチェンジ出来るやつ)
ミニカーは社外品に代えてあるのでノーマルをペイントして使ってます。
ロールバーも作っておいたのですが、タワーバーを付けたので
ちょっと設置に頭を捻る必要が生じたのでロールバーは設置しませんでした。

これらの部品を組み合わせて内装の完成です!

フェイトFD 内装

今回は痛さよりカスタムデラックス・・・じゃなくてカスタム&スポーティ系で仕上げてみました。
でも、ちょっと前後でちぐはぐになってしまった感も正直感じます。
パネルはイエローカーボン&黄色と黒のバケットシートくらいやっても良かったかもですね。

フェイトFD内装。

物足りないのでクッションでも作って置こうかな(´・ω・`)
あと、ボディを磨いて~窓枠塗って~外装パーツを付けて~完成!の予定ですが
もういくつ寝るとお正月~♪ですね・・・・
フォワードも年内納車の予定ですがまだアオリに梃子摺っていますし・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:42 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記。内装とかガラスとか。

少々慌ただしくてあまり作業が進まないのですが
それでもちょこちょこと進めております(;^^)
今週末もなにかとヤボ用が多くて思ったように進むのか不安ですw

とりあえずガラスはマスキングシートのおかげもあり無事に塗装終了です。
ウインドウマスキング( ^ω^)
やはりこれが付いてると本当にありがたいですよね♪
私などはこの工程が一番苦手なので本当に助かります。
塗装前にガラスをタミヤの仕上げ目のコンパウンドで軽く磨いてから
中性洗剤を使って洗っておきます。
その後マスキングシールを貼ります。
リアは三次曲面で貼り辛いので上部を合わせてきちんと位置を合わせて貼りましょう。
その後表もマスキングして艶消し黒のスプレーを数回に分けて塗装しました。
一気に吹かずに何回かに分けると良いと思います。

そして成型後手付かずだった内装も塗装開始です♪
自作したエンクロージャー部分は当初はボディ色と合わせる予定だったのですが
使用したかったデカールをミスで使ってしまったので二色に塗り分けられず
イエロー一色で塗って魔方陣のデカールとスポンサーデカールを貼ってみました。
エンクロージャー
ちょっとまだ完全な仕様が決まっていませんのでまた変更するかもです。
この手のカスタムオーディオは難しいですねぇ(´・ω・`)

あと、ダッシュボードなども徐々に塗装しています。
例によってクレオス500番サフを砂吹き後にクレオスジャーマングレイをスプレーで吹いてあります。
ステアリングホイールはジャンクの部品(ハセガワのJTCCシビックフェリオ)を付けてあります。

今回はカーボンデカールを貼ってみました。
ダッシュボード
実はダッシュ周りに貼り付け後、操作パネルやオーディオ部に色を入れたのですが
アクシデントで触ってしまい修正時にエナメルシンナーで吹いたらデカールが痛んでしまい
メーター部にもデカールを貼った後だったのでパッチワーク貼りで修正してあるので
当初より厚くなってしまいモールドは消えて無くなりオーディオ周りなどは一手間加えるハメに・・・・・

一回目に張り終わったときは綺麗に貼れたので
「( ^ω^)フヒヒ。100系ツアラーのカーボンパネルでもなんでもかかってきなされw」
と余裕こきまくりだったのですが・・・・・焦りは禁物ですねぇ。
段差が目立たないようにアクリルクリアを筆塗りで厚く塗ってあります。
オーディオ周りは一手間いれてもうちょっと見栄えを良くする予定です。
定番だけどモニターを入れて・・・と言う感じになりそうです。

うーん・・・もう少しダッシュしないとなぁ・・・・
「一度で良いから見てみたい。積みプラ完成させた時。」
「おーい山田君!HITEQさんの塗料全部もってっちゃって!」

今日はこの辺でプラモ笑点お開き!

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記ちょっとだけ更新。ウイングとか。

さてさて、急がないと年内完成しないと思いつつちょっとヤボ用で進みません(´・ω・`)
最近クリアコートしたボディを眺めているとフェイトのデカールに見入ってしまいます。
「いや~さすが執務官!このキリッとした表情が・・・」とか思っていたら
カットミスをしてたらしく髪に魔方陣が・・・・・(´・ω・`)

さて、今日はちょっとだけ更新です。
ウイングが実車と若干違うと言う事で修正されている方もいらっしゃるので
それに影響を・・・・と言うとカッコ良いのですがちょっとウイングの幅が広すぎて
個人的に好みではありませんでした・・・・
ボディから大きくはみ出すので狭い道では塀にこすりそうですし。
運輸支局に行ったら検査官に囲まれてしまうかも知れません・・・・・
(いや、プラモだろ・・・という突っ込みはナシの方向でお願いします。)

たまたま手元に前回のけいおん!エボに使ったタミヤのGTウイングがありましたので
ウイング形状とステー形状が良かったのでこっちに変更します。
また、こちらを使うと足が実車に比べて開きすぎている点も直せますしね。
三種類で一番大きいものを使って翼端板のみキットの物をカットして使用しました。
ウイング
デカールもキットの物もちょっと寸法的にきついですが貼れます。

押し出しピン跡、表面処理後、サフ無しでブラックを吹いておいてデカールを貼ります。
実車は裏側はイエローのようですが個人的好みでウイングセット付属のカーボンデカールです。
後でクリアコートしておきます。(画像は砂吹き&一回吹き後)
ちなみにウイングの塗装は足をGクリアで軽く固定しておくと塗装が楽です。


ちょっと地味な作業でしたが今日はこの辺でお開きです!
もうちょっと急がないとなぁ(;^^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと寄り道。ダイヤペットミニカー

えーさてさて、フェイトFDはちょこちょこと進めているのですが
地味な工程が多いのでちょっと寄り道します。
恐らく車好きの方なら子供の頃に
ヨネザワのダイヤペットミニカーは何台かは持っていたよ~!という方も多いのではないでしょうか?

私もご多分に漏れずデパートの玩具売り場でゴネて買ってもらいました(笑)
箱から出されてガラスケースに展示されていてケース内に
ずらっと並んだミニカーは20年以上前の事ですが今でも目に焼きついています。

白金ツートンの120クラウン・ブルーのY30グロリア・ブルーのGX81マークⅡなどが特に印象深いですね。
兄の物や従兄弟のお下がりも結構あった覚えがあります。
子供心にボンネット・トランクも開いてサスペンションはふわりと沈みこみ
シートのリクライニングも出来て気分はもう実車でした。

近年は素晴らしい出来のミニカーが格安で買えますし、ツボを押えたマニアックな車種も多い現在では
旧ダイヤペットはやや当たり外れもあり、正直、前時代的なミニカーにも見えます。
(独特の味わいは今でも大好きですし、アガツマに移行してからの物は見栄えが良いですが・・・・)

そんな良作も多いダイヤペットですが私が子供の頃でもあまりの似て無さに愕然とした車種があります。
これ何の車種わかりますか?

ダイヤペット ブルーバード

ホイールがヒントですが裏板を見るとなんとU12ブルーバードSSSアテーサと書いてあります!
限界までリフトアップしたフロントアクスル。フロントのみ240ZGフェンダーパテ埋め。
まさにこの後のクロカンブームに・・・・・ゲフンゲフンw

サイドから見るとあぶない刑事の急加速シーンを再現!と言うよりは前がやたら高いだけです。
ブルーバード
良く見ると前フェンダーは継ぎ足したような跡があります。
バンパーのモールラインやプレスラインはどれも合っていません。
ドアノブなんかはかなり手前です(´・ω・`)
なんでしょうこれ?まったくブルーバードに似ていません。
かろうじてU12ブルーバードであろう。と言うのが解りますねw

私も子供の頃デパートで見かけて「うおっ!ブルーバード!!あら?・・・ブルーバード?」と思って
あまり食指が動かなかったのも20年以上経っても解るような気がしますね。
すぐに店頭から見かけなくなったのも解るような気がします。

でも似ていないのになんだか許せてしまうのは私がブルーバードが好きなんだからだと思います。
これもジャンク市で200円くらいで買ったものですし、今回撮影前にハゲハゲボディを
筆で塗りなおしてちょっと綺麗にしておきました。

TLVNのブルーバードセダンもありますし、そう考えると今は良い時代になりましたよね。
このダイヤペットのブルーバードを見ているとミニカーやプラモの似てる、似てない議論などは
なんだかどうでも良くなってしまいそうですよねw

他にもネタにしたいジャンクミニカーの話などもありますがそれはまたの機会に・・・・
(トミカダンディのY30グロリア浅草タクシーとか)

| ミニカー | 23:23 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記。クリアコート編。※追記しました。

年末も押し迫ってきたようで道が混んで来たり、店などがかなり混むようになりましたね。
慌ただしく運転される方が多いので皆様も事故には気を付けましょうね。
そんなクリスマスのイルミネーションとクリスマスソングが流れる中
世間の流れに囚われず塗料やパテを買い込んで来たHITEQです( ^^)

来年からは模型家計簿を付けてみようかなぁ・・・と真剣に思っていたり。
私自身、そんなに道具にお金を掛けないのでどのようになるか自分でも楽しみです。
三日坊主にならないと良いんですがね。


さて、フェイトFDをクリアコートです。
例によっていつものクレオススーパークリアの缶を使っています。
クリア塗装の前は中性洗剤で洗っておきます。
「おいおい・・・・ぬれたらデカールが剥がれちゃうじゃん。」と思う方もいると思いますが
水を掛けたぐらいで剥がれてしまうのでは結局クリアコート時に縮んだり
クリア後にマスキングテープなどに持って行かれてしまう物です。
まぁ、洗うのはマークセッターやデカールの糊、作業時に付いた手の脂を落としておくのが一番の目的です。

洗ったあとは良く水を切って溝やバンパー裏の水滴なども良くチェックしてエアブローします。
私はPC掃除用のエアダスターをホームセンターで買いだめしてありますのでそれを使います。

そしてクリア開始。
時期的に冷たくなって内圧が下がってますのでお湯で湯煎します。
私はマグカップにポットのお湯を入れて湯煎して缶が暖かくなったらOKとしています。
間違ってもグラグラ煮ると爆発の危険もありますので要注意ですね(;^^)

そして砂吹きを行います。加減が難しいですが私は一度目は「大丈夫?」と言うくらいザラザラに吹きます。
フェイトさんの肌が・・・・・
ここでのコツはシュッシュッとあくまで遠くから吹いてしっとりとさせないことです。
まぁマークセッター等で綺麗に密着させればちょっと厚めに吹いても大丈夫ですが
馴れるまではこの加減が実に難しいです。

一時間ほど乾かしたら薄く全体にシューッっと一吹き。
ここでデカールの浮き等が発生しなければ3~4時間置いた後に厚めに一吹きします。
クリアコート
乾燥するとこのようにまだザラザラの状態で段差も消えておりません。
そこで一晩置いて完全乾燥後に1500番のペーパーで軽く柚子肌と段差を軽く撫でます。
ここでのキモはあくまで撫でる程度に軽くと言う事。
まだ、塗膜が薄いのでカド出しにデカールを削るなどアクシデントが発生します。
(今回は例外として筆塗り部は結構きつめにかけましたが・・・・)

そして削りカス等を綺麗に清掃して厚めに2回ほどクリアを吹くと・・・・・
窓枠が埋まりそうなのは内緒だw
デカールの段差はあまり目立たなくなり、結構テロテロな感じになりました( ^^)
ちなみにこの時点で筆塗りでリタッチした部分はかなり平滑になってます。

やはり一番以上置いて塗膜がカチカチになってデカールに爪を立てて大丈夫であれば
1500番のペーパーで中研ぎを行います。この時点で段差消し・柚子肌を消します。
でもここでも焦りは禁物です。デカールを削らないように注意します。
軽くペーパーを当てると・・・・・
段差消し
まだ段差がありますね。これを地道に削って・・・・・。
フェイト
段差を消します。これだけ磨く事が出来れば平らになるはずです。
カルトグラフのシルクスクリーンや自作のインクジェットの厚めのデカールでは
なかなか段差が消えませんのでデカール周辺のみに
クリアを厚く吹いたりすると良いと思います。
(※ここらへんはお好みですけどねw)

そして仕上げのクリアーです♪同じく湯煎してから厚めに決めると・・・・・・・
クリアコート
こんな感じになりました( ^^)
筆塗り部分のムラは消えてかなり良い雰囲気になってます♪
ここまで来ればあとはコンパウンドをかければ良い感じになりそうです。
重ね貼り部分などはデカールの段差が消えきっていない所もありますので
ここらへんは後で2000番程度のペーパーで磨いてコンパウンドを掛ければ目立たなくなりそう。

あと、ちょっと注意点ですが塗装面が平滑なのにデカール上がシンナー分で侵されて
若干柚子肌気味になってる場合がありますが磨いていくと消える場合が多いので
あまり神経質にならなくても良いかもです。

これでボディの山場が終わりました。
サクサクと内装なども手を入れないとですね~!

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:11 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記。ブレーキをちょこっと。※12日修正

さてさて、今日は昨日のシャーシ制作の続きです。
ちょっと物足りないブレーキを強化します。
しますって言っても手持ちのパーツを付けるだけですがねw

語ると長くなりますがプラモと実車の違いのひとつとして足回りとブレーキがあると思います。
ステア可動ギミックの関係やホイールに汎用性を持たせるために
多くのキットがホイールが付くハブ部分が若干奥に入っております。
今回のキットも奥に入っており付属ホイールもブレーキ周りが見えるホイールなので
ちょっと目立つように加工してみようと思います。

と、言いましても手持ちのフジミのブレンボキャリパー一式を流用します。
R32スカイラインのVスペックなどに付いてきて
345チューンやロープロファイルシリーズなどにも付いてきたブレンボです。
(※345チューンに反応してしまった方も多いかとw)

いきなり取り付け後の画像です(;^ω^)
コメント欄でご指摘を頂いたのですがどうやらキャリパーの向きを前後逆にしてしまいました。
どうやら仮組みの段階で間違えていたようです。
これではかなりまずいので修正しました。
向き間違えたw
これでOKですね!

取り付けにはまずサスパーツを削ってローター部を撤去して
ブレンボの裏側にステーを作りセンターを出す為にリーマーで・・・・

すいません嘘です(´・ω・`)

センター部の穴は大きく開けなおしましたが
フロントはキット側のキャリパーにそのまま接着するという荒業です。
リアはそのままだと奥に入るのでランナーで2ミリほど延長して取り付けです(;^ω^)

なんか自分で画像加工していて恥ずかしくなったw

手を抜いたので怒られているような気分になりますが
良い感じに避けていますのでホイールと干渉していません。
色はメッキシルバーのマーカーでローター部を塗って
塗装指示と実車はキャリパーがイエローですが個人的な好みでゴールドに塗装です。
ハブ周辺は艶消し黒にボルトがシルバーです。
これで足元にもちょっとだけ迫力が出たような気がします。


クリアも合間を見て進めていますので週末は天気が良いと良いなぁ。
内装も塗装しないとですね( ^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:57 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記。シャーシ製作。

最近どうも集中力が維持できずスローペースになっていましたが
ここ何日かは手がサクサク進みます( ^^)
ちょっとミスってもプラモ製作は勢いも大事だと自分に言い聞かせてやっとりますw

※某所でも指摘されていましたが
 今回より画像クリックで画像が大きく表示されるように記事を書くようにしてみました。

えーとまずシャーシをジャンジャン勧めましょう。
車高調整は終わっていますのであとは塗るだけですね。
今回、ちょっと新たな表現方法として実車のシャーシのような
塗料が回り込んでいない状態を再現してみたいと思います。

車種・年式によってフロアの塗装は違いますが多くの車が
きちんと車体の色が綺麗に塗ってあるということは少ないと思われます。
入り組んでいるところは電着塗装のグレー系の色が見えてる感じでしょうかね。
私がネットで探したFDの下回りは真ん中部が防錆塗装のような
黒系の色が塗ってありましたのでそれも再現してみます。

まず全体にグレーサフを吹きまして・・・・
ボディと同じクレオス4番イエローをさっと吹いてフロアトンネル下や
リアシート下フロア部分あたりはサフが見えるように吹きます。
その後はフロア部分のみ残るように紙でマスキングしてジャーマングレイをささっと吹いて・・・

この段階ではかなりやっちゃったモード

(;^ω^)・・・・・うわ!微妙w

シャーシの黒い部分とミッション周りを吹きつけとエナメルの筆塗りで頑張って・・・・・
シャーシ
ちょっと見れるようになったかな?

アーム類を塗った足回りと合体させて・・・・・
フェイトFDシャーシ
いかがでしょうか?個人的には真ん中の黒部分ががちょっとクドかったかなと・・・・
黄色と言う色もあってちょっと微妙な感じはするのですが
実車の床も結構このようになっていることも多いですが
模型的には艶消し黒かボディ色というのがやはり一番しっくり来るかなと思います。
ちなみにディフューザーは黒鉄色で塗ってます。
実車には付いてないようですがこのキットは燃料タンク部が
FCサバンナ追加時に削り取られていまして、それが隠れるので使って見ました。

フェイトFD

マフラーはキットパーツを使っていますが出口部分がアレなので
ピンバイスで穴を開けて出口を薄くしてあります。
マフラー
ゲート部分はミラーフィニッシュでタッチアップ。
エキマニ側の取り付けが曖昧なのでマフラーを削って座りを調整してあります。
メッキを生かしていますので新品を装着したばかりの雰囲気ですね~( ^ω^)

これでシャーシは完成です!・・・と言いたい所なのですがブレーキ周りはちょっと手を加えます。
材料が揃わないのでもうしばらくお待ちを・・・・

ホイールは実車にあわせてブラック2本ブロンズ2本でとりあえず塗ってみました。
ホイール
ちなみにブロンズはゴールドの上からスモークを吹く方法です。
個人的には魔方陣のホイールはちょっと好みではないのですが
実車と同じ様に組みたい人向けにデカールに入れてもらうと良かったかも・・・。
色的に違和感が無さそうなのでコレで行こうと思いますが、統一してあったほうがカッコいいかもです。
黒鉄色みたいな色も似合いそうなので色はまた変更するかも知れません。
前後の色違いだと80年代後半の峠族風風ですねw(あえてドリケツとは言いませんw)

あと、キット付属のGグリッドはサイドウォールの形状が好きではないので
幅は太くなりますがP-ZEROに変更してあります。その際にホイールの耳を落としてあります。

とりあえずこのような感じで進めています。
勢いに乗ってサクサク作業を進めないとですね( ^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:50 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

またまた相互リンクのお知らせです♪

嬉しいことにまた、相互リンクのお誘いを頂きました♪
以前からコメントのやり取りをさせていただいていた、こすもap様の
の~んびり HOBBY LIFEでございます!
http://cosmoap13.blog93.fc2.com/

こすもapさんの製作されている国産市販車は実車のカタログに乗っているような
雰囲気でして、とてもツボを押えて製作されています^^
最新作のアオシマのゼロクラウンアスリートなどはパールホワイトのボディに
各パーツ類が丁寧に製作されているので素晴らしい作品です。

またこちらはsaba32さんの「HOBBY大好き!」ともリンクされております。
是非皆さんも足を運んでみてくださいませ!
私も含めてツボが近い方も多いと思いますよ^^

| 日常 | 00:24 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンク先変更とリンク先追加のお知らせ。

リンク先変更とリンク先追加のお知らせです(^^)

今まで「Kspeed -ラジコンのまったり改造工場」を運営されていた
騎馬様がこちらを一時休止して新たに
趣味的カーモデル製作日記 と言うブログをオープンされました。
http://carmodel.iku4.com/
主にプラモデルの製作がメインで初心者にも解りやすい製作記を書かれています!
リニューアルに合わせてHNも騎馬さんからキバさんに代わっています。

ハルヒFDを製作されていますので気になる方はチェックしてくださいね!


そして新たに相互リンクのお誘いを受けました!
kotora様が運営されてらっしゃる
kotora's ItaModel Reportでございます。
http://kotora4313.blog122.fc2.com/
現在製作されてるフェイトFDは細かい部分にも手が入っていて
非常にこだわって製作されています( ^ω^)今から完成がとても楽しみですね!
こだわりの加工など、痛車モデラーさん以外も必見ですよ~!


おふたりともお若いモデラーさんですが非常に楽しんでおられて
私も見習わなくてはいけない点が多いですね~!
是非足を運んでみてくださいませ。

| 日常 | 22:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記。ボディ塗り分け&デカール貼り。

ここ一週間ほど、何かととバタつきまして私にしては珍しく間が開いてしまいました・・・・・
皆様の所にも遊びに行けず・・・作業も進まず・・・と言う所でした。
おまけに冷たいところに長時間座っておりましたら
お尻の大事な所がヒリヒリと・・・( ノω;`)うっ・・・(汚い話ですみません)

てなわけで今回はクリスマス前特大号と行きましょう!
さてさて、ゆっくりしていると今年中の完成はしなそうですのでスピードアップします。
ボディは黄色く塗りましたので黒部分を塗ってデカールに備えます。

難しい塗り分けですが位置を決めておおまかに塗ってデカール貼り後に筆でリタッチする
saba32さん方式を真似させて頂きます。

まずはラインをある程度出してマスキング。
フェイトFDマスキング地獄
デカールのカラーコピーを何枚か刷っておいてそれを見て位置を決めましょう。
「キットの説明図ではちょっと・・・」と言う人は
アオシマキャラ部門ブログに塗り分けの図が載っていますが
実車とは微妙に異なるので実車再現したい方はがネットで画像収集しておきましょうね。
実は私もお台場で撮った写真を見たら完全再現は難しそうなので
早くもアレンジ貼りすることに決めました( ^ω^)

・・・と言うよりデカールを失敗しt・・ゲフンゲフン

んで、マスキングしたらクレオス2番ブラックを吹きます。
前はこんな感じです。
マスキング

続きまして後ろはこんな感じです。
フェイトFDマスキング
ちょっとはみ出しもありますがデカールでごまかしましょうね(;^ω^)

で、無事に塗り分け終了!なのですがラインが当初予定した所より
リタッチが楽になるようにギリギリでマスキングしたらデカールと合わなくなるという事態が・・・w
後でリタッチするのでもうちょっと広く取っておけば良かったですね。

んで、早速デカール貼りです。
例によって透けるため、カットしながら重ね貼りすることにします。
私はキャラデカールを基準にしてデカールを貼ることにしました。

まず、いきなり大物のボンネットのフェイト・T・ハラオウンさんのデカールを貼ります。
一瞬、けいおん!ランエボの余りの唯&憂のデカールを貼りたくなったのですがそれはまた今度・・・・

えーと実車画像などを見るとバンパー下までステッカーが貼りこんであります。
キットには具体的な指示はありませんが貼ってみましょう。
まずは綺麗に切り出します。(おっ!今までの物よりニス部が狭い?)
例によって破れ防止に髪の毛や服など周辺はそれほど攻めていません。

バンパーの開口部を上下で分けるため
バルディッシュを持っている手の下あたりから上下にカットします。
(すみません画像がありません・・・・)
そして位置を決めて貼り付けます。
フェイトFDデカール
マークセッターを使って馴染ませながら慎重に慎重に貼り付けます。

ダクトの下~エアロのスカート部分は一枚では貼れないのでパッチワーク貼りで貼りましょう。
要は各部品に合わせながら切って貼ってその部分に馴染ませるわけです。
デカールカット
ちょっとわかりづらいですがイメージは掴めますかね?
ちなみに画像はイメージですので実際の分割線と異なります。

カットした物をセッターやソフターを使い馴染ませるとこんな感じです。
デカール貼り後
黄色線部分が分割ラインです。ちなみに余白や余りは捨てないでタッチアップ用に取って置きましょうね。

と、まぁここまでは上手く貼れたのですが・・・・・・
この後かなり苦戦しまして特にバイナルは破れたり
ギリギリで塗り分けたので白い部分に思いっきり塗り分けラインが来たり・・・・
触ってしまってサイドのバルディッシュの一部が無くなったり・・・・
リアの魔方陣が不自然に破れたりとやらかしまくりでした(´・ω・`)
しかもデカール請求が出来ないのでやり直しも効かず・・・・

失敗
     ↑                                ↑
 上が破れたのでカット                  合わなくなったので違うデカールを貼ってます      

うーん・・・・デカールは奥が深いです(´・ω・`)
最近は大判デカールにも馴れてきたので
「アクシアスカイラインでもジャックスアコードでもかかってこんかい!」と
強がっていたのできっとバチがあたったんでしょうね~w

・・・・どう見てもテク不足です・・・・すみません。

でも不思議な事に全体に貼り終えると実にカッコイイ!
パーツが付いて完成すれば気にならないかも知れませんw

おっと、例のリタッチを忘れておりました。
使用塗料はクレオスの瓶の2番を使って面相筆でチョコチョコとリタッチです。
淵をなぞってから塗ると綺麗に塗れると思います( ^ω^)
フェイト
ついでにドアとフェンダーのラインのガタなども直しておきましょう。(画像は修正前です)

で、リタッチ後はこんな感じに。
(ピラーの上・ボンネットなどはラインを変えたかったのでリタッチしました。)
リタッチ
私は筆塗りがターへーなのでちょっとムラっているところもありますが
クリア前に軽くペーパーを当てておくと良さそうですね。

これでデカールは終了です。
当初は実車と同じ仕様に・・・フヒヒ( ^ω^)
なんて思ってましたが実際はそう上手くは行かずw
でも失敗などもありましたがフェイトFDっぽい車にはなったかなと思いますw
フェイトFD
近くで見ないでね(´・ω・`)
さぁとりあえずクリアコートして内装シャーシの塗装と行きましょう♪

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:26 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記・といっても微妙な進展編。

昨日ちょっとこちらにも載せていないほど前に作ったプラモを掃除していたら
「うわー部品取れてるよ・・・接着接着・・・」
「研ぎ出し屋根だけしてあるし・・・しかも小傷がw」
「あら?塗装はみ出てる・・・・うわ、これMrカラー筆塗りだ」
「こないだ見つけたこのホイール入るかな?あら・・・・(;^ω^)加工しないと・・・・」
「あ・・・ブーメランアンテナジャンクにあったかな?」なんてやっていたら
すっかり遅くなってしまいましたw

いかんですねぇ・・・・

さてさて、あまり進んでいませんが、やっとオーディオも基本的な成型が終わりました。
オーディオ
うーん・・・・細かい部分にまだ不満点はありますがペーパー掛けとサフで消えると思います。
ボディカラーと合わせようと思っていますが、どういう雰囲気にするかはまだ悩み中。
一応アンプや他の小物類を配置も悩みますね~(´・ω・`)
形状ものっぺりしすぎな感じですがどうせ見えな(略

あとはボディのマスキングの準備をする為にカラーコピーしてきました。
マスキング準備
今回はHOBBY大好き!のsaba32さん方式を参考にさせていただいて
マスキングして細部のリタッチは筆で・・・と言う方法でやらせて頂こうと思ってます。
デカールの透けやマスキングのラインを考えるとこの方式が
現時点ではかなり良いかなと私も思っております。

上手く出来ると良いなぁ~!
・・・がなぜかエリアの模型店でクレオスの2番ブラックが相次いで売り切れ・・・・(´・ω・`)

今日はこの辺で閉店ガラガラ・・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:34 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記・やっとボディ塗装とか。

フェイトFDを進めながらも依頼製作品のフォワードの荷台に苦戦しつつ
セリカのほうに浮気気味なのは内緒ですがフォワードの方はもうひとこえ~♪と言う所です。

さてさて、フェイトFDをまずは黄色に染めましょう。
当初クレオスの白サフを使っていたのですが予想以上にパテが多く入って
ちょっとまだらになってしまったのでなかなか白にならなかったので
隠ぺい力の強いベースホワイトを吹いて下地処理を行いました。
イエローは下地の影響を結構受けますので下地は綺麗に整えた方が良いですね。

んで、イエローを吹きます。
例によってクレオスの缶スプレーの4番を使います。
時期が時期なのでスプレーが冷え切っているので湯煎してから吹きます。
透けやすいので一度薄く塗ってから日にちを跨いで三回ほど吹きました。

feito

個人的は結構綺麗に塗れた様な気がしないわけでもないでもないですw
何言ってるか良くわかりませんがこの後マスキングして黒を吹きます。
さぁ上手く出来るかな~?( ^^)

当初はスルー予定だったテールランプですが
ある製作記を拝見してやる気を頂いたので開口を決意しました。
テールランプ
穴を開けた部分はクリアのランナーを加工してみたいと思います。
元のキットのこの部分のパーツ割りはちょっと謎でしたね・・・・・・

うーん・・・無事にデカールを貼るまで頑張らないとですね。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:34 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年01月