HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月

≫ EDIT

ちょっと寄り道・・・・久しぶりにキット入手。

さてさて、フェイトFDもスローペースになる中ちょっとキットを買ってきてしまいました。
と、言いましてもジャンク品なのですが・・・・・

ハセガワ セリカ

ハセガワのST185セリカGT-FOUR RCです。
実は隠れセリカファンの自分は前からこちらのキットを探しておりましてやっと入手と言う感じです。
状態としては箱はべコベコ。一部ペーパー掛け、仮組み済み。
キット付属の私をスキーに連れてってセット・デカール無しと言う状態で
一瞬「う~ん悩ましい・・・・」と思ったのですが
値段も新品の半分以下ですしなんとかセリカの形になりそうだったので購入してしまいました。

・・・が、家で説明書を見てデカールが結構多いことが判明・・・・時すでになんとやらw

ハセガワ セリカ
いざじっくり見てみると前のオーナー!?も丁寧に組む人だったようで
綺麗にパーティングラインを処理してあったりマスキングテープで仮組みした形跡ありと
当初はやる気全開だったようです(;^^)

セリカ
こちらのキットはラリーカーとの共用ボディと言う事で純正給油口の上に
ラリー仕様の給油口の穴があったり・・・・
(給油口を埋めるパーツあり。購入時には接着済み)

ハセガワセリカ後ろの穴
ラリー仕様と国内仕様の作り分けの為、ナンバーガーニッシュ付近が大きくえぐられています。
これがまたテールランプ中央部とバンパー部がクリアで一体整形と言う
最近のキットには無いイジメに近いパーツ割りですw

ハセガワ
なぜか軽バンより薄そうなシートだったりダッシュボードがちょっとダルかったり
他にもマフラーはサイレンサー無しの物の上にサイレンサーを接着する方式だったり
ボディ・シャーシには市販車用燃料タンクの穴あけ指示があったり
内装の床はハセガワおなじみのカーペットを貼る方式です。

こう見てみるとキットの基本構成を市販モデルではなく
ラリー仕様を中心に構成してある点は
実車のGT-FOUR RCが競技用ベースのホモロゲーションモデルと言う点を
再現してあるんでしょうかね。

でも(;^ω^)・・・・・結構手直しが大変そうだ・・・・・
まぁ正直申しまして古いキットにいちゃもんつけるのは粋ではないですが
中学生くらいから探していたキットですのでちょっと嬉しい発見だったりします。
以前絶版店で見かけた時はなぜか5000円くらいしていた物で・・・・・

そうえいばハセガワのこの年代のキットは店頭で見かけなくなって久しい車種が多いですよね。
レガシィセダン・シビックフェリオにこのセリカ・・・・・ツボだったりしますw

フェイトFDも積みプラもありますので、今すぐの製作スタートとは行きませんが
やっと入手したキットですので近いうちに組んでみたい所ですね( ^^)

ハセガワ セリカ GT-FOUR RC
と言う割りにバラけていた部品も多かったので仮組みしているんですが・・・・・w
車高がちょっと高いですね・・・・・カタログ車高くらいまでは落としておきたい所です。

おまけ。

ハセガワセリカスキーバージョン
パッケージでは給油口の上の穴埋め部分をフィギュアで隠していたので
「ふふふ、やっぱり!埋めるのめんどくさいもんね~w」と思っていたら・・・・・

うわ・・・ちゃんと埋まってる(;^ω^)
別カットではちゃんと埋まっていました・・・・・

ハセガワの皆さん、疑ってすみませんでした(´・ω・`)
あ・・・・そういえばこのブログでは初のハセガワネタでしたね・・・・・

ハセガワのキットはキットの値段が高くて
ウインドウマスキングや内装のカーペットが付属していたり
ボディやシャーシに穴あけ指示が多くてリアル中学生の頃は
まさに「大人向けのキット」と思った物です。
スポンサーサイト

| 車プラモレビュー | 22:57 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フェイトFD製作記・ちょっと地味な作業。

最近、フェイトFDを弄るたびに他のFDのキットを思い出してしまうHITEQです。
かなりキット化に恵まれている車種でありますね。
う~ん・・・・まずはアオシマに今は無きロッソ。
ハセガワのビッグスケールにタミヤのノーマル&北米仕様。もちろんフジミもありますね。

ノーマルにエアロ仕様のバリエーションを入れたら凄い数のバリエーションが出てますね!
フジミから出ると聞いた時「もしかしてロッソ再販!」と思いましたが
新規キットと言う事でちょっとビックリ!
いつか作り比べしたいなぁ・・と思いつつもう何年も・・・・w

さて、フェイトFDはサフを吹いて~と思ったんですが
白サフが行く店行く店、全て売り切れていて結局一回しか吹けませんで・・・・(´・ω・`)
おまけに傷やヒケを発見して一部やり直しw
フェイトFD

そしてクリアパーツのテールランプをボディ色に仕上げるのですが
そこらへんの下地処理も・・・・・
外装類
レンズ一体なのでちょっとどう塗装しようか考え中・・・・・
このキットクリアパーツがD1で出た時に新規におこされたのですが
ノーマルではリアバンパーのレンズがクリアパーツだったのですがこちらはボディ一体です・・・・・・
くり貫いてレンズを入れようと思ったらボディマウントの裏でした(´・ω・`)

ついでにウイングは裏の押し出しピン跡を処理して内装の大きいヒケをついでに埋め埋めです。

そして例のオーディオは・・・・・・
オーディオ
こんな感じです・・・・・なんかイマイチなのは内緒です。
イメージはPimpMyRideでマッドマイクが組んでそうなイメージですw
XBOXかプレステ2を4台置けばもう気分はPimpMyRideです!

ちなみにプラ板にティッシュ&瞬間接着剤で形を作って・・・・
オーディオ

ポリパテで形を整えて・・・・・
オーディオ

削ってラッカーパテを入れて形を整えて・・・・
紙粘土ぢゃないよ

またポリパテで修正して・・・・の繰り返しですw
ちなみにウーファー部は裏にたっぷりとマスキングゾルを塗って
ポリパテが半乾きの時に埋め込んであげると綺麗にマウントできます。
削る時はパカッっと剥がせばおkです。ちなみにラッカーパテだと溶けてしまうので注意!

いや~勢いでやってしまったのですが完成するか不安になってきました(;^^)
内装をパーツ請求していたら笑ってやってくださいね。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ・フェイトFD製作記。塗装前にちょっとパテ入れ。

さてさて、ボディの下ごしらえが出来たのでサフ塗装!と思ったのですが
ちょっと夜の屋外塗装が厳しい状況なのでまだ地団駄を踏んでおりますw
フェイトFD


その間にちょっとパテ作業を進めましょう。
今回、内装がノーマルという事でちょっと外見に比べて内装が大人しいですね。
てなわけでジャンクからフジミのランエボのシートを見つけて来ました。
ちなみにこのシートは友人からもらったジャンクから移植です。

フジミランエボバケット流用
ペイントリムーバーで落として裏をプラ板&ポリパテで裏打ちです。
この後ラッカーパテで巣穴を埋めておきます。


せっかくバケットシートも入れたのでロールバーも欲しいかな・・・と
手持ちの2ミリプラ棒でそれっぽい物を作成。
ロールバー
ちょっと太いかな・・・・(´・ω・`)
あと、形状は突っ込まないでくださいねw


そして手持ち無沙汰だったのでカスタムオーディオ風にしようと
手持ちのウーファー(アオシマの30セルシオのオーディオ仕様から流用)を付けます。
オーディオ
これは作ろうと思って買ったもののノーマル車の部品取りになったり
内装を他キットに流用したりと最終的にはオーディオだけが残ったキットですw

あ・・・・なんかイマイチな予感がプンプンして来ましたが
穴を開けてしまったのでやり直しが聞かないですねぇ・・・・・

こういう改造は楽しい反面、ノーマル車への誘惑が強くなりますねぇ・・・・
ちなみに私はFDにオプション設定のあったBOSEのオーディオシステムの
ラゲッジに取り付けてあるうにょ~んとしたスピーカーボックスが好きだったりしますw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:04 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ・フェイトFD製作記。ボディ下ごしらえ編。

さてさて、この三連休はあっと言うまに過ぎましたね~♪
フェイトFDも合間を縫ってちょこちょこ進めておりました。

まず塗装前にボディをささっと下ごしらえです。
基本的に新目のキットですので特にどうこうと言う場所は無いのですが
やや浅めのスジなのでこれからの塗装に備えてスジ彫りはしておきましょう。

例によって先が欠けた鋭角刃のカッターでシコシコと溝を掘ります。
ある程度ラインが出たらシャーッと強めになぞると・・・・・・
スジ堀
こんな感じです♪若干太さが変わって見えますが実物は良い感じに深くなりました。
最近はスジ彫りツールが増えていますが試してみたいと思いつつ
このカッター方式がお気に入りです( ^^)

ドアや窓枠も・・・・・・・・
スジ彫り
深めに掘っておくことで今後の塗装で埋まってしまわないように・・・・・
Aピラーのパーティングラインで段差が発生していたのでポリパテを塗って段差を消しています。
前と後ろの窓枠刃ボディが薄くなっていますので
無理に溝を深くしないように気を付けましょう( ^ω^)
こういう作業は地味で手間ですが
この後のスミ入れ時や窓枠塗装の時に威力を発揮しますね。

ペーパー
ちなみに掘りが終わったらペーパーを切って尖らせてなぞるようにペーパーを掛けると
ケバやカスが取れて綺麗になります。

バンパー開口部脇の牽引フックの穴はポリパテで埋めて
開口部脇のなにかの部品取り付け部は切り落としてしまいました。
バンパー
ちなみにパテが入ったところやスジが脱線した所は
ホワイトパテの溶きパテを入れてペーパーを当てて置きます。
今回は成型色→ホワイトサフ→イエローと吹きたいと思っていますので・・・

エアロ類は例によって瞬間接着剤で接着後にティッシュを瞬間接着剤で貼って補強です。
接着
今回のようにサイドが大きく分割されている場合などにもかなり有効です。
研ぎ出し時などにパキッと折れてせっかくのデカールが・・・となっては切ないですしね。

エアロ接着後は段差を600番のペーパーで磨いて段差を減らして
全体を1000番で磨いて終了です。
今回もウォッシャーノズル・ウインカー・リアフェンダーのビス部分を削っておきました。
私個人の主観ですが痛車の場合はキャラや作品タイトルロゴに被ったりする場合は
潔く削ってオミットしてしまう方が個人的に完成後に映えると思います。

・・・・・(;^ω^)めっ・・・めんどくさいわけじゃないんだからね!!

これでボディの一通りの下処理は終わりですw

おまけ①
例の依頼品のフォワードですが依頼者の希望により
純正荷台のコダイラ製鉄アオリからアルミアオリに作り変えています。
アルミアオリ
「せっかくのコダイラの鉄アオリをアルミアオリに買えちゃう男の人って・・・・・」
という声が聞こえてきますね~w
元の鉄アオリのモールドが素晴らしいのでちょっともったいないですね。

すっごい余談ですがこのミドルフレイトのフォワードですが
速度表示灯とミラー・補助ブレーキ・教官用メーター・を追加して
最大積載量を増やしてあげると簡単に法改正前の大型教習車になりますw
大型免許を取った時に一番近い教習所で取っておけばこちらのフォワードだったんですがね~
私が取った所はレンジャーだったのでちょっと残念w
これが出るのを知っていればそこの教習所で・・・・(嘘)

おまけ②
イカすトミカが売っていたので買ってみましたw
トミカ タウンエース
新型タウンエースです。このような車も出してくれるのが嬉しいですね♪
あと、こちらはベトナム製です。
中国は人件費が上がってるようですのでこれからはベトナムに移行していくんでしょうかね。
リミテッドも出ないかなw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:02 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ・フェイトFD製作記。レビュー&仮組み&足回り調整。

さてさて、賞品と添い寝しているだけではいけませんので(してたのかよ・・・・・汗)
頂いたキットの中からこちらを組んでいきます。
フェイトFD
「魔法少女リリカルなのはStrikerSフェイト・T・ハラオウンFD3SRX-7RE雨宮featARTFACTORYGRAPHICS」です。
名前が長いですね~!私はこれ以上名前が長い名前は見たことありませんw
というわけで、今日から魔法少女リリカルなのはStrikerSフェイト・T・ハラオウンFD3SRX-7RE雨宮featARTFACTORYGRAPHICSの製作記を書いていきます。
えーこの魔法少女リリカルなのはStrikerSフェイト・T・ハラオウンFD3SRX-7RE雨宮featARTFACTORYGRAPHICSですが・・・・長いので「フェイトFD」で行きますw
実車ですら「三菱ふそうザ・グレートFTフルトレーラトラックインタークーラー付ターボ」
「三菱ふそうエアロクイーンWMUスーパーハイデッカ超デラックス観光バス」など
一行で収まってしまうんですがね~w

今回はちょっとサクッと組みつつも自分なりのアレンジを加えていけたらなと・・・・
まずはキットをチェックしましょう。ベースとなるキットはD1シリーズの雨宮FDがベースです。
痛車化に合わせてボンネットが埋められているのは前述の通りです。
裏をじっくりと見るとダクトの跡が見えますよ。
フェイトFD
エアロパーツは別体になっていますが合わせは比較的良好です。
(画像は仮合わせなのでテープで固定中なので浮いてます)
スジのモールド類はちょっと彫った方が良いかもですね。
エアロ
う~んカッコイイ( ^^)

足回りを組んでバランスを見てみましょう。
フェイトFD
うおっ!ちょっと車高が高いですね・・・・これだと車検に出す前仕様ですね。
てなわけでちょこっとローダウンします。
足回りはDMのFDやFC3Sが出た頃にポリキャップ式の足回りパーツが追加されて
このキットではそちらがセットされています。


リアは取り付け部を削ってブレーキパーツを上にずらして接着すれば良さそうです。
なので取り付け台座を削って・・・・・・・
足回り
位置を合わせて接着します。ブレーキパーツの内側の段差部分を上部に合わせると
2ミリほどローダウンできます。この時にピンをブレーキ側に接着するとガタつきません。
車輪が回る方が良い人はピンの台をランナー等でカサ増ししておくと良いです。

フロントは上のアーム部を薄く削って・・・・・・・
下側のアームをジャンクのタイロッドを使ってかさ上げします。
私はF31レパードやC33ローレルのシャーシに2本付属のうちのあまりの一本を使いました。
無い場合は上のアームを綺麗に切ってその分を接着しましょう。
ローダウン
この場合キット標準のタイロッドが当たるのでブーツ部分を削るか
フレーム側を丸ヤスリで削ると良いです。

こうやって加工すると・・・・・・・・ローダウン完了!とは行きませんで
例によってインナーフェンダーがきつくなりすのでフロントを例によって切り飛ばします。
フェンダー
タイヤは懐かしのカズアシいや、Gグリッドです。
そういえばこのタイヤをパッケージに履いたスーパーZRシリーズもありましたね。
リアはうすうす加工で大丈夫でした。
ついでにボディ側のフェンダーもうすうす加工しておくと良いですね。
余談ですが実車のローダウンしたFD3Sも結構前のフェンダーの耳が
干渉でめくれてる車が多いと思うのは気のせいでしょうか(´・ω・`)

てなわけで上下合体!ちょっと車高が落ちてバランスが良くなりましたね~!
車高調整後
今回はランエボの時のようなべったり&キャンバー仕様ではなく自然なローダウンが出来ました。
好みですが車体のバランス的に18インチの方が良いかもですね。
ちなみに、ガラス・内装を仮止めしてシャーシとボディの干渉を確認しましょうね。
今回は干渉も無かったので大丈夫だと思いますが・・・

さて、これでおおまかなバランスが整いましたのでボディの下ごしらえに続きます。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 09:47 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

痛プラGPの商品が届きました!&フェイトFDも!!

すっかり寒くなりましたね~コンビニおでんと肉まんが恋しい時期です。

さてさて、今日は素晴らしいものが家に到着しましたよ!
賞品キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!
差出人は・・・・・「青島文化教材社」!!!
この箱の大きさ・・・・・ピレリP7の後ろだけ10年分詰め合わせかな?

ベリべりと中を開けると・・・・・・・
賞品キター

賞品キタ━━━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━━━!!!!

いや~嬉しいですね~!あれ・・・目からしょっぱい汁が・・・・(´;ω;`)ブワッ

ちなみに私がリストより選ばせて頂いた物は・・・・こんな感じです。
ベストカーGT R32スカイライン4ドアのGTSーtタイプM
スカイライン

スーパーVIPカー ブレーンESプレミアムクラウンロイヤルサルーン
ブレーンESプレミアム クラウン

特殊荷役 ニチユプラッター15(リーチリフト) 
特殊荷役 プラッター

どうでしょうか?私が何を選んだか皆様の想像は当たったでしょうかね・・・・
スカイラインはエンジン付き&ノーマルホイールという点に惹かれまして
プラッターはうちの地区では店頭からあっという間になくなってしまい
クラウンはリストを頂いた時点で発売前だったのでリストに入っていて驚きましたね~!

実は賞品を選ぶに当たってアオシマスキーの私には
リストの賞品があまりにも魅力的過ぎて決定まで時間がかかりましたw
新製品のトラックキットも良いし、値段的に躊躇してた高額キットまで・・・・
毎晩悩んだ末のこの三種類を選ばせて頂きました。

そして受賞者皆さまにプレゼントされた、バリバリの新製品のフェイトFD!
実はこれがかなり楽しみでした!
フェイト
早速シュリンクを開けて弄り始めてしまいましたw
キットそのものは雨宮FDをベースにしてボンネットがノーマルになっています。
内装は競技仕様ではなくノーマル内装ですがストリート仕様ならこっちもアリですね。
窓枠マスキングシートが付いていて良い感じです。

ちなみにデカールは皆様が気になる所でしょうがこんな感じです。
デカール
グラフィックが良い感じですね♪
大き目のフェイトのデカールがおまけに入っているので
アレンジするも良し、別のキットに貼っても良しですね!
実車をモデルにした関係もあると思うのですが文字関係のおまけは少ないですね。
ボディの黒部分はマスキングをしての塗り分けです。

フェイトFDを頂いたのでこちらの製作記を次回から書いていきたいと思います♪
ただ、最近痛車が多いので同時進行でノーマル車もなにか作れれば・・・と思っています。
こうして賞品を頂く事が出来たのも
製作記を見て下さった皆様や投票してくださった皆様のおかげと思っております。
改めまして心より御礼申し上げます。

そして、最後になりましたが
お忙しい中でのイベント開催・運営に携われた皆様。
素晴らしい賞品を提供して下さいました青島文化教材社様に心より御礼申し上げます。

| 車プラモレビュー | 22:20 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ランエボに限定版!?

最近ちょっと慌ただしいので思ったようにプラモも弄れないですが
依頼品のフォワードを進めたり、
作りかけのキットを眺めてはニヤニヤしてから棚に戻すという作業を進めています。

そんな折、某掲示板を見てるとなんとアオシマのけいおん!ランエボの限定版が出るそうで・・・・
クラナドソアラの時も限定版を出した宮沢模型流通限定品の様で
ボディ色は白になり、デカールは完全新規だそうで・・・・・・

※以下通販サイトのあみあみのリンクです。
http://www.amiami.com/shop/ProductInfo/product_id/145998

( ^ω^)いや~けいおん!ランエボはこないだ作ったしなぁ・・・・・
     ノーマルも在庫あるし最近痛車ばっかりだしちょっとお腹いっぱいかな。
     限定とは言え、出るならもっと早くアナウンスして欲しかったなぁ・・・・・
     
(;^ω^)うっ!デカールが・・・・良いなぁ。いやいや、ここは我慢で。
      第一こないだ秋葉原まで行ってプライズのキットも買ってきたじゃねーか・・・(汗)
      一台作ったら一個買え!!の精神でやらないとダメよ!

(;^ω^)・・・あら、あずにゃんが多いし和ちゃんのデカールもあるなぁ。
        おっと・・・・いかんいかん!う~んでも色使いが好みだ・・・・・

うおおおおお!!!!! カチッ

注文w
  
勢いで注文してしまいましたw
限定版という事で、場合によっては買えないと切ないかなと思って
「勇気を出して初めてのネット予約」です。近所の模型店に普通に入荷してたら笑えますが・・・・・w
(※クラナドソアラの限定は結構見かけたようですので近所でも売られるかも・・・・)

最近やたら痛車ばかりになってる気がしますが気にしないで下さいw     
いや、まさかけいおん!仕様がこういう形でまた出るとは思わなかったので・・・・

アキバホビーの宮沢模型展示会2009秋ピックアップ・フォトレポートに画像が載っています。
(ただし18禁フィギュア等もあるので自己責任で見てみてください。)
 
あー早く来ないかな(´・ω・`)

おまけ。
スーパーカブコレクションをゲットしました。
前から探していたのですが買い逃していたのを処分品で発見しました。
カブ
出来れば蕎麦屋仕様が良かったのですが交番のお巡りさん仕様です。
1/24スケールなのでパトカーと並べて職務質問応援プレイをしたいですね~w
スーパーカブコレクション
そういえば、昨日11月17日は本田宗一郎氏の誕生日だったんですね。
 
ホンダ繋がりで例のプレリュードの完成画像に純正マグホイールを履かせた写真を追加しました。
http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/blog-entry-636.html
前に撮っておいたのですがすっかり遅くなってしまいました・・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:08 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

製作記番外編。依頼製作品のフォワード

すっかり寒くなりましたねぇ・・・・(´・ω・`)
けいおん!ランエボが出来てからと言う物ちょっと賢者タイムになってしまったらしく
ちょっと自分の模型は手が止まっておりました。
そこでちょこちょこ進めていた依頼品のミドルフレイトのフォワードの進展をご報告です。

以前書いた段階では私が塗装のみ行い、依頼者が組み立てるというものでしたが
シャーシが完成した段階で「ミスると切ないからキャブと荷台は任せるよ(;^ω^)」という流れに・・・・・
ちなみに決して難しくて組めなかったと言う事ではなく
恐らくシャーシの完成度に燃え尽きてしまったと思われます。
ミドルフレイトフォワード
ちなみに依頼者は物流業界人なので「後ろのハブにいすゞのマークが!」とか
「荷台の根太がたまらない」とのコメントを頂いていますw
まぁシャーシを組み間違えたりリーフを逆に組んだりとありましたが
無事に修正して塗装してあります。

ミドルフレイト フォワード
キャブカラーは実在の運送会社のカラーが良いとの事だったので
私が以前勤めていた会社の近所で良く見かけた「日本梱包運輸○庫」風に塗ってみました。
依頼人の会社のレンジャープロと同じポリバケツブルーと迷ったのですが
こちらの方が紅白で目立ちますので・・・・
(※あくまで、(風)ですので同型の車があったかは不明です)

次回の製作記はまた、皆さんが忘れた頃に載せる予定ですw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:13 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・けいおん!らんえぼ!※16日また画像一部変更しました。

最後の方ちょっとスローペースになりましたが
おかげさまでけいおん!ランエボⅩも無事に完成しました!

※16日再び画像を一部変更しました。
若干画像の修正方法を変えてみました。
今までは縮小専用→MSペイントでトリミングだったのですが若干画像が荒くなるので
ピクトベア→縮小専用に変えてみました。

けいおん!ランエボⅩ 完成品


今回はキットの良さに助けられましてとても楽しく制作することが出来ました。
しかも個人的に好きなけいおん!仕様と言うことで発売を楽しみに待っていました。
実際、店頭ではあっという間に無くなってしまいましたね。

けいおん!ランエボⅩ 完成品

今回は組むに当たってどういう仕様にするか迷いました。
けいおん!仕様もランエボⅩとしては初のバリエーションという事で
エアロ仕様なども制作当初は出ていなかったのでボディ色も悩みましたし・・・・・
結局チームオ○ンジ風という事で落ち着きましたが
実車はもっと鮮やかなオレンジで競技車ですので再現しきれないのであくまで「風」ですw

けいおん!ランエボⅩ 完成品

色はタミヤのオレンジにクレオスホワイトパールを吹いた後に
マスキングして黒を吹いてデカールを貼ってクレオスのスーパークリアでコートです。
今回は外装には自作デカールは使用しませんでした。
ある意味では一番の見所のデカールもオマケが多くて内容的には満足です♪
もう少しだけタイトルロゴなどが多いと2台完璧に作れるのですが・・・・w
あずにゃんをもっt・・・・いや、なんでもないです(´・ω・`)
デカールは極力キットのものを使いまして
リアの「萌」とガラスのアオシママークのみ痛車パーツの物を使っています。
あっ、あとFバンパーのショーワのロゴですね。これは手持ちの余り物です。

けいおん!らんえぼ!完成品

パーツメーカー風デカールやト音記号のバイナルなどは個人的に評価大ですね!
一時期に比べますと本当にデカールは良くなってると思います。
今回、透けの話題が出ましたが印刷方式の違いなどもあり
好みが別れてしまうと思いますが個人的にはシルクスクリーンの物より貼りやすいので
透けが気になる所はカットして貼るのが現状では良い方法かなと思います。

けいおん!らんえぼⅩ
キット自体は噂どおりの良キットでして私レベルでは不満点はありません。
しいて言うならややホイール取り付けのピンががたつくことでしょうか。
あと、ピンが短いので別売りホイールを使う場合は長いものに交換しておくと良いかもです。
これを機にノーマル仕様も作りたいところですねぇ(;^ω^)

けいおん! ランエボⅩ

もえもえキュン!・・・・・・(;^ω^)すんません。
けいおん!ランエボ

今回はホイール変更・車高をさらに低く・GTウイング&カナード追加マフラー交換と言う感じです。
色が色でしたのでノーマルでは物足りなかったもので・・・・・w
GTウイングはタミヤの別売り品・カナードはアオシマの金属製でホイールはSパーツのAVS・T6です。
(結構お金がかかってしまった・・・・)

けいおん!らんえぼ!完成品
その他は発売されたばかりのハセガワ・トライツールのカーボンフィニッシュを使用してみました。
ちょっとコツがいりますが曲面に良く馴染むので使えそうなアイテムですね!
2種類の目がありますので細かい方が1/24には良さそうです。
今回は荒い方の目を貼って見ました♪・・・・決して間違って・・・ゲフンゲフンw
・・・・まぁ本当は間違えました(´・ω・`)
けいおん!ランエボⅩ 完成品

内装は痛車パーツを使いまして痛くしております。
クッションの柄はミラクルデカールで柄を作ってそれっぽく。
けいおん!ランエボ
雑誌類やモニタの画像類は光沢紙に印刷して作成しました。
タオル類はアイロンプリント紙を印刷しています。
これが意外と布っぽくなるんですねぇ・・・・まぁ布なんで当たり前ですがw

内装
キットの内装は非常に良い出来でしてSST仕様とマニュアル仕様が選べるのが良いですね。
今回はMTにしましたが実車だったらSSTが欲しいかもです。
(その前に買えるのかよ!と言う声が・・・・・w)

実際にイベントを見学した後に制作したのでそういう意味でも楽しく制作できましたね♪
けいおん!らんえぼ まじぇ☆すた ろどすた!

けいおん!仕様は個人的には気に入っているので
余りのデカールでもう一台作りたい所ですねぇ・・・・・
けいおん!ランエボⅩ 完成品

今回も見に来て下さった皆様のおかげで無事に完成させる事が出来ました!
お気に入りの作品がまたひとつ増えました^^
痛車プラモ揃い踏み

※沢山の拍手・コメントありがとうございます♪

| 車プラモ完成品車庫 | 21:40 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ランエボ製作記最終回。外装小物の仕上げ。

最近天候がイマイチですねぇ・・・塗装をしておいて良かったです。
けいおん!ランエボも完成が見えてきましたので一気に製作してしまいましょう♪

まずは残りの小物です。
ヘッドライトレンズは透明度が高いですがレンズの厚さがあるので淵を黒く塗っておきます。
レンズ
私の場合は厚みが目立つ下のみ塗りました。

外装は大きく手を入れておりませんがGTウイングに対し
フロント周りがノーマルだとちょっとイマイチだったので
ジャンクからカナードを見つけてカーボンフィニッシュを貼ってみました。
カナード
グリルがちょっと浮いてるのは内緒ですよw
ちなみにこのカナードはアオシマのGTウイングシリーズや
ユーロプレートやダクトが入った別売りパーツのセットの金属製の物です。

ナンバーは秋山303み・・30です。この辺は解読してくださいw
実は京都ナンバーにしようと思ったのですが使ったのがフジミの東日本セットだったので
仕方なく秋田と山形を組み合わせております(;^ω^)
「み」の位置がちょっとおかしいですが見逃してくださいw

後はマフラーがノーマルだと切ないので手持ちのジャンクを漁ってみると・・・・
手持ち
うー・・・・意外と社外品って無いもんですねw
ジャンク箱はノーマルマフラーが多かったので使えそうなのはここらへんですね。
なのでドリフトマシンに付属していた砲弾を加工してみましょう。
フィレオフィッシュ食いたい
ク○ボロ状態だったのでアオシマキット付属のミラーシートを巻いてランナーで
ステーを純正状態マフラーのパイプをカットして接続すると・・・・・
ポテトも食いたい
ジャンク加工ですが出来上がり♪ちと切り口が汚いのは内緒ですw

そしてモデリングワックスで磨いて完成です♪
けいおん!ランエボ
いや~今回はキットの良さに助けられましたね!
好きな作品と言うこともあり楽しんで制作することが出来ました。

拙い製作記ですがお付き合いいただき、ありがとうございました^^
今日はこの後完成品画像を載せたいと思います♪

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:04 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ランエボⅩ製作記。内装の痛小物を作りました。

世間ではいろいろなニュースが飛び込んできておりますね。
こちらは最近ちょっと制作ペースがゆっくりになっておりますがちょこちょこ進めております。
けいおん!ランエボもあらかた形になってきたのですが
完成までは「もう一声~♪」という所です(´・ω・`)

さて、内装の小物を作りましょう。
今回はアオシマから発売されている痛車パーツの中の抱き枕・クッション・ノートPCを使います。
例によってミラクルデカールを使って柄をプリントします。

自作デカール制作方法抱き枕などの作り方は以前にも書きましたが
もう一度簡単にご説明を・・・・・・・

GIMPなどのペイントソフトを使って画像を加工して筆まめを使いサイズ調整。
画像

その後ミラクルデカールに印刷してインクが乾いたらクリアコートして貼り付けです。
クリアコートは今回は薄めにしました。ここらへんの加減が難しいですね(*゚-゚)
デカール
ささっと貼り付け完了です。
ちょっとしわが入ったところもありますが目立たないと思いますので
このあと艶消しクリアを吹いてトーンを落とします。
クリアコートしてますので表面がテカッておりますので
吹いておいて損は無いと思います。ちょっとザラッと砂吹き気味に吹くのがコツです。

で、小物が出来上がりました♪
内装小物類
痛車パーツの抱き枕・クッション・ノートPC
雑誌(まんがタイムきらら)・CD・BD類・タオル類に紙袋に入ったポスターなど・・・・・
雑誌類は光沢ラベル類に印刷して何枚か重ねて切り出して
タオル類はアイロンプリントシートに印刷するとそれっぽいです。

紙袋は巣鴨のお土産の袋を切って取っ手をつけて中に印刷した光沢紙を丸めて作ってみました。
紙袋
通常ですとポスターは印刷面が裏になって
丸まっていますがあえて印刷面を表に丸めています。ここらへんは「模型的見栄え」ですw

余談ですが十数年前に秋葉原にラジコンのボディ(タミヤのトムスレビン)を買いに行った時に
紙袋やリュックからたくさんポスターが出ていて
竹ヤリマフラー(パイプオルガン出し)風になっている人を見て感動した覚えがありますね。
最近立て続けに何度か行ったのですがあの頃とすっかり街並みが変わってビックリです(;^ω^)
ちなみに肝心のボディはグループA仕様だったので
ノーマルに出来ずに(リアガーニッシュが外されていた状態)(´・ω・`)ショボーンとなったのは内緒です。

おっと話がそれました。
出来あがった小物を内装にセットして・・・・・・内装完成です!
内装

ちょっと物が散らかっていますねw
小物類の制作はちょっと恥ずかしくてニヤニヤしてしまいますが作ってると楽しいです。
次回で残りの外装を組んで完成と行きたい所ですね( ^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ランエボ製作記。外装小物類&カーボンフィニッシュ

けいおん!ランエボ?ですが週末完成を目指したのですが
さてさてここに来て模型制作時間がちょっと取れず制作ペースがゆっくりに・・・・・
おまけに怒涛の失敗連続でちょっと間が空いてしまいました。
しかもなぜか塗料や模型関連用品も品切れが多くて模型店めぐりをしてみたりと
ちょっと急にスピードダウンです(´・ω・`)

さてさて、凹んでいては完成しませんw外装をとっととやっつけましょう♪
窓枠・ダクト部などに艶消し黒を吹いて・・・・・・
デカール
今回は塗る部分が元々黒でしたのでササッと吹くだけに留めました。

テールランプですが07モデルのため塗装指示はベースをレッドで塗ることになっています。
個人的には08モデルのブラックが好きなのですが
ちょっと捻って社外品のユーロテール風仕様にしてみたいと思います。

レンズをスモークで塗っておいて・・・・・
スモーク
反射板はメッキを生かしてアクリルクリアでレンズ類を接着します。
レンズ
ベース部分にちょこんと流し込んでレンズを付けます。
あまり少ないとかえって汚くなるのでちょっと多めが良いかも・・・・
そして組み立てるとユーロテールっぽい感じに・・・・
ユーロテール
ちなみにリアのエンブレムはメタルックです。手持ちが少ないので大事に使いましょう。
・・・・でも、そういう時に限って手元が狂うんですよね(;^ω^)
リアアンダー部はマスキングしてスプレーを吹いたのですが
ちょっとラインがずれたので撮影後にやり直しています。

フロント回りも組んでいきます♪
フロント
ライトなどは塗り分けるだけでかなり良い雰囲気ですね!
プロジェクター部はうっすらクリアブルーを流してレンズっぽさを狙っています。

そしてキモはフロントグリルです。
え~・・・・実はここでやらかしまくりました。ここだけで数日かかりましたw
都合7回ほど折っては接着折っては接着を繰り返していました。
塗装膜が厚かったのでグリルに綺麗にハマるように裏を薄くしたのが失敗でした(´・ω・`)
触るとポキッ・・・・・ハメこみ中にパキッ・・・・・・塗装して台からはがすときにメキッ・・・・
接着6回目に秘蔵のアオシマのタウンエースノアのキットに手を出しそうになりながらも
なんとか7回目に合体に成功!嬉しくて思わず涙が・・・・(ウソ)

・・・・と、ここで満足していたのですが
土曜日に友人と久しぶりに会い、エリア外の模型店に行く事になったのですが
お目当ての物が無くて帰ろうと思った時にレジの近くに
噂では聞いていたハセガワのカーボンフィニッシュを発見!
結構雰囲気が良さそうだったので買ってみました。(ここで少しミスを犯したのですw)
カーボンフィニッシュ

お~!結構使えそうな感じですね!
思っていたよりそれっぽい雰囲気です♪
カーボンフィニッシュ

早速例のグリルに貼ってみました。
バンパー
結構良い感じになったかなと・・・・・・・

使い勝手はミラーフィニッシュと同じでよく馴染んで貼りやすいです。
カットは例によって気は使いますが慣れていたせいか結構サクッと切ることが出来ました。
調子に乗ってバンパー下・ピラーにも貼ってみましたw
カーボンフィニッシュ
光が当たるとカーボンの目が出てきて良い感じです!

貼った後に一人でニヤニヤしながら
「店で見た時に比べてカーボンの目が結構目立ちますな~!ムフフ」なんて思っていたら・・・・

今日、別のホビーショップで気付いてしまいました。
「あれ?もしかして目の細かさで2種類ある???(;^ω^)」

そうなんです。買った時に何気なく後ろにあった箱が綺麗な方を選んだんですが
どうやら目が粗いほうを買ってしまったようですw(←注意力無し)
でもこちらの方がカーボン!と言う感じで良いですね♪・・・・・と思うことにしましょうw


あとはミラーも塗り分けて・・・・・・
ミラー
マスキングシート付属のガラスを綺麗に塗り分けて♪
(リアの熱線部に良く馴染ませましょう。)
ワイパーなども取り付けて♪

ベタッ!

ミス

・・・・・・・orz

でもまぁGクリアですので丁寧に拭き取って楊枝で取り餅を作ってペタペタと除去します。
無事にリカバリ完了ですw
クリアパーツや塗料によっては犯してしまうのであぶない所でした。
焦ると良いことはないですからこの辺で終了です♪

なんとか次回の土日には完成させたい所ですね。
内装小物用にミラクルデカールも買ってきたところですし・・・・( ^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ランエボ製作記。内装&ボディ磨き編。

すっかり寒くなってきて夜は外での塗装作業が厳しくなってきましたね。
缶スプレーを湯煎するシーズンの到来です(;^ω^)

さてさて、すっかりご無沙汰のけいおん!ランエボです。
内装をまず制作します。新しい出来のキットですので特に注意点はありません。
例によって500番サフを砂吹きして表面を荒らしてクレオスのジャーマングレイで塗ります。
その後マスキングして細部を塗装して・・・・・
内装
※ダッシュボードとドアのトリムを黒鉄色で塗っている所です。

すみません、他の作業工程の写真がありませんでした・・・・・(´・ω・`)
例によってシート・カーペット・ドアトリムの布部分は
例によって他のグレー系の色を砂吹きして布っぽさを出してあります。
フロントのレカロシートのみセンター部を残して艶消しブラックを吹いて違う雰囲気にしてみました。
・・・があまり違いは解りませんw

で、ちょこちょこ組み立てて内装は一応完成です。
内装
ペダルが手前過ぎますね・・・・・気になる方は修正しましょう。
ダッシュボードのパネルのメッキモールは08モデルからですので
本来はありませんが手元にあるカタログと個人的好みで貼りました。
(※ノーマルのカタログモデルだったらここらへんもきちんとしたいですね。)
ちなみにアオシマキットに良く付属しているメッキシールです。
これを使って再現されていない噴出し口のつまみを再現。

ちなみにメーターはキット付属の痛メーターを使い、モニター部は例によって
画像を光沢紙に印刷して切り出して貼ってみました( ^ω^)
内装
メーターリングやエアコンの調節ダイヤルなどはエナメルのシルバーを塗ってあります。
それっぽくなるのでダイヤルのデカールはありがたいですね♪
基本ノーマルですがシフトノブは金属風にシルバーで塗ってあります。

本来だったら外装にあわせて追加メーター・フルバケ・ロールバーなどを追加して
それっぽくしないといけないと思うのですが、あとは痛車パーツに助けてもらいましょうw
痛車パーツ
いつものように自作小物も置いてみる予定です。

続いてはボディ磨きです。
例によって最終クリア前に中研ぎをたっぷりと入れたので
タミヤコンパウンド三種盛りで仕上げています。
磨き
各工程ごとに水洗いをして残りのコンパウンドを流しています。

今回はボディの起伏が激しいのでカドを出さないように気を使いました。
デカールの段差があるところなどは2000番のペーパーで磨いてからコンパウンドを掛けました。
migaki
天井がちょっと地味だったかな・・・と今思いましたw
ボディと同時にボンネット・バンパーなども同時に磨いておきます。

ボディの磨きも終わったので後は窓枠・外装小物類を制作すればおkですね。
なんとか完成が見えてきそうです。

おまけ。
ミニチュア版けいおん!ランエボ
1/24の1/24アオシマのけいおん!ランエボ⑩です。
一応シュリンク付ですw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・プリペイントモデルのF31レパード前期型(ゴールドツートン) 

さてさて、二回にわたってお伝えしてきたプリペイントモデルのF31レパードですが
やっとこさ・・・・いや、あっという間に完成いたしました。
アオシマ プリペイント レパード
アルティマ・ゴールドツートン・サンルーフ仕様を前から作りたかったので
プリペイントモデルでの発売は丁度良いタイミングでした。
それなりに綺麗にペイントされているので、ちょっと手を加えるだけでかなり良い感じになります♪
サンルーフ開口・スミ入れ・メッキモール貼り付け・シャーシ&ホイール周辺塗装をするだけで
一から塗装したような雰囲気なりました。

ペイントの仕上がりの感想は個人的な意見ですが
マスキングなどもしっかりしており、クリアも吹いてあるので結構良い雰囲気です。
パーティングラインなどが目立つ場所もありますが元のキットがそんなに目立たないので
完成してしまえば全体の雰囲気で目立ちにくいと思います。
サンルーフ部分のヒケは少々気になりますが開口してしまえば目立たなくなるかな・・・と。
私が買ったものは左前フェンダー部のペイントに謎の汚れがありましたが
後日別の店舗で別のキットを見たらそのような跡は無かったのでこれは恐らく個体差かなと・・・・
(※完成品画像では少し目立ったのでペイントソフトで修正してあります。)
プリペイント レパード
とまぁ偉そうに書きましたがトータルで見れば個人的には満足度も高いです♪
2色を塗り分けてクリア吹いて窓枠塗って、サイドシル部の黒塗装なども塗ることを考えれば
かなりお買い得かなと思いますね( ^ω^)
欲を言えばミラー・ウイングなど、ゲート跡が目立つパーツは
切り離して塗装してあると良いかも知れませんね。

基本的には塗装済み部分は塗り直しなどはしてありませんがマッドガード部のみ
エナメルのフラットブラックでちょっと修正してあります。
F31レパード前期
私はこのレパードのサイドビューが好きなんです。
ライバル車の20ソアラも大好きな車の一台ですが
レパードのサッシュレスドアの方が個人的には好みだったりします。

車高も若干調整してあるのですがちょっと後ろ下がりに見えますね。
逆にちょっとそれっぽいかな?
好き嫌いはありますが私は発進時のサスの沈みこみがカッコよく感じてしまう派ですw

私は結構このプリペイントモデルが好きでたまに制作するのですが
なんといってもすぐに完成するのでモチベーションアップには丁度良いんです。
完成しない病になった時やささっと組んで完成品数を増やしたい時にはぴったりです♪
なので塗装済みはちょっと・・・と思う方も一度組んでみると良さがわかるかも知れません。
ゴールドツートン
ベースキットとなったレパードの前期型のアナウンスが合った時は驚きましたね。
「ええ?今新規で出るの!?」「ボディとクリアパーツくらいは新規かな。」と思ったのですが
シャシ以外はフルに新規ですし人気がある車種とは言えキット構成も今風で驚いた物です・・・・・・
ハチマル車好きにはとても嬉しい新規キットでした。
バンパーの角などパーティングラインが目立たないボディを見て
「あれ?これは塗装済みが出るかな?」と思っていたら発売となりました。

窓枠やドアノブもメッキシールを貼ろうと思ったんですが
せっかく塗装してあるので今回は塗装を生かしてスミ入れをして引き立たせて見ました。
シルバー塗装ではなくメッキ調塗装などがされると面白いかも知れませんね。

ちょっと思ったのですがペイント式ボディが見えるようなパッケージの方が
店頭で見かけたときのインパクトがあると思いますね。
この辺はコストの兼ね合いなどもあると思うのですが
最近は開封不可のお店も多いですし、何より現在のパッケージだと
普通のキットに比べてそれほど違いがないので
中が見えたほうが「塗装済み」と言うイメージが生かせるんではないかと思います。
レパード
車検のステッカーがちょっと大きいような・・・・・
今時の小さいやつを見慣れてしまったからでしょうかw

F31レパードはカッコイイですね~!・・・と自分は誰がなんと言おうとずっと思っています。
後姿も大好きです。
実車を所有しているわけではありませんが
丁度ホリデーオートBGで良くレパードが特集されていた
高校生の頃、昼休みに車好きの友人とF31レパードを含めた年代の車の話で盛り上がったり
兄の友人の日産党の方たちともこの手の車の話で盛り上がったりと
車を所有する事への憧れが現実になるちょっと前の思い出が蘇って来るようです。

・・・ちょっとクサくなりました。すみませんw

今回、ちょっと寄り道してサクッと組んでみましたが
個人的には好きな色のゴールドツートンも相まってお気に入りの一台になりました♪
お付き合いいただいてありがとうございました( ^ω^)

| 車プラモ完成品車庫 | 22:41 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年12月