HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月

≫ EDIT

プリペイントモデルのF31レパード前期型製作記。ボディ&内装そして完成♪

あっという間に進んでいるプリペイントのレパード前期型ですが
なんと2回目でもう完成という勢いです。でもまぁコレが塗装済みの良いところなのですが。

さてさて、気になる内装です♪
内装
なんといきなり完成していますw
工程としては部品を切り離して、タッチアップして、ダッシュボードにスミ入れして
デカール貼って、組み立てて終了です♪
ちょっと端折りすぎたので細かく解説いたしますと
綺麗に塗装されているのでタッチアップ以外の塗装をしなくても雰囲気抜群ですが
今回は効果的になるであろう部分だけ塗装しておきます。

ゲート処理ですが綺麗に処理をして近い色を作って塗ってあります。
内装はタミヤアクリルのウッドブラウン+バフを適当に混ぜて近い色を作りました。
ちょこんとそこだけ塗るよりその周辺も塗っておいた方が目立たないです。
(ヘッドレストのあたり解りますかね?ステアリングなどは一周塗っています。)

ダッシュボードは時計やスイッチ類・エアコンルーバーも塗装されているので
キモはエアコンパネル・オーディオ部分のスミ入れですかね。
コレをやるだけでも一気にそれっぽくなります。
絶壁ダッシュ
ステアリング・ステアリングエンブレム・シフトの一部スイッチ部は塗っておきました。
あとはダッシュボードのキーホールやドア内張りのドアノブを
エナメルのシルバーでちょこんと塗装してあります。

Gクリアでさっさと組み立てて内装は完成♪主要時間は45分という所でしょうか?
これは塗装済みの塗装済みの醍醐味ですね~!
いつもはだらだらと下地処理してサフ塗って色塗ってボディパーツに浮気して・・・と
かなりの遠回りしながら内装を制作していますので(´・ω・`)

内装のなんとも言えない良い雰囲気の艶消しな感じはこのシリーズの強みですね。
はみ出しも少ないですし、私を含めてコレを塗った職人さんに弟子入りしたい人は多いかもですw

さて、みなさんお待ちかね。次は外装です。
ご注意願いたいのがヘッドランプのリフレクターの取り付けです。
ボディに対し、ややきつめなので
塗装にはめ込みの際にクラックを入れたり塗装を痛めないように注意です。
私はヘッドランプリフレクターの下を削って薄くしてはめ込みました。
ライト
上だとメッキが剥げて切なくなりますからねw
フォグランプ部はクリアイエローをちょっと流し込んで反射しているような雰囲気を出しました。

ミラーなどの外装パーツはランナーからカットして軽くペーパーを当てて
ボディ色に近いような気がするタミヤのエナメルのゴールドリーフを塗ります。
ボディ
ここもゲート跡だけではなくその周辺もささっと塗っておくと目立たないです。
ミラーなどは切り離して塗装してくれてあると良いんですがね(;^ω^)

グリルは中をエナメルのフラットブラック塗ってエンブレム部はプライマーをさっと塗って
デカールを貼り付けてアクリルのクリアを筆で塗っておきます。
フロント
メッキパーツにプライマーをさっと塗ると塗装が剥がれにくくなります♪
ウインカーの着色レンズがやや薄かったのでクリアオレンジをさっと筆塗りして
メッキモールはキット付属のミラーシールではなくミラーフィニッシュを使用しました。

リア周りはこんな感じです。
テールランプの分割はデカールでの表現ですがちょっと貼りづらかったので
マスキングしてさっとゴールドを吹いておきました。
後ろ
リアのエンブレムは台座にメタルックを貼って
プライマー塗布→デカール→アクリルクリアで仕上げました。
まぁこの辺は自己満足ですが・・・・w

クリアパーツは綺麗に塗装されていましたが若干小傷があったので
細目のコンパウンドで軽く磨いてモデリングワックスを塗っておきました。
前ガラスとクウォーターガラスの仕切りモール部分をエナメルのフラットブラックで塗って
デカール類は裏貼りしておきました。(サイドのレパードのみ表から貼りました。)
あと、ガラス部品はダッシュボードとガラスが当たるので
クリアパーツを慎重に削って調整しておきました。

サンルーフは不要部品で入っていますが枠部分は無塗装なので塗っておきまして
スモークを軽く吹いてちょっとガラスを濃くしておきます。
ガラス
チルト用のボッチ部分がやや薄くなりましたが組んだら目立たなくなりましたw
一気に吹かず薄く何度も重ねましょう(´・ω・`)

さて、ここまで出来たら後は上下合体して完成です♪
工程が逆にw
なにやらちょっと工程が前後しているヤラセ写真ですが
キット入手してから1週間ほどで完成しましたが実際の制作時間は約一日くらいでした。

完成写真は明日にでも載せたいと思います♪
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリペイントモデルのF31前期レパード製作記。まずはボディとシャシ。

けいおん!エボは現在内装と小物類を制作しているのですが
材料の調達などの都合もあるので
ちょっとお先にプリペイントのF31レパード前期の製作記を進めましょう♪
目指せ、週末完成という所です( ^ω^)

作業のキモはなんと言っても塗装済みボディです。
サンルーフのヒケが気になるといえば気になりますので今回はここを開口してみる事にします。
初めにお断りしておきますとプリペイントモデルで塗装されている塗料は
若干硬めな様で、ちょっとボディを乱暴に扱うとクラックが入りますのでご注意を・・・・・・・

まずはラインに沿って鋭角刃やデザインナイフでスジを入れていきます。
無塗装ボディを加工するときのように一気に切ろうとせずに
とにかくやさしくやさしく何度も刃をすべらせましょう。
ボディカット
そうするとうっすらと切れ目が出てきます。でも焦りは禁物です。
何度も何度も刃を滑らせて・・・・・・カットしにくいコーナー部は特に丁寧に作業しましょうね。

で、無事にカット成功♪
切れました♪
何度も滑らせて切ったのでちょっとガタッていますね・・・・・
このままだと切ないのでカッターやヤスリで綺麗に整えます。
フヒヒ( ^ω^)
この時も塗装を傷つけないように作業します。
実車用の後付サンルーフの作業の気分ですねぇ~w

成型色はグレーで目立たないのですがカットした後は断面を艶消し黒で塗っておくと良いですね。
説明書にプリペイントの塗装は水性塗料を用いて、
塗装作業は自己責任でと記述がありますので塗料は水性アクリルが良いかも知れませんね。
私はタミヤのエナメル塗料を使用して問題はありませんでしたが
不安な方は目立たない部分で試してみた方が良いと思います。
(溶剤の合性もあってプラを侵してしまうこともありますので・・・・)

さらにスミ入れでボディにメリハリをつけましょう。
窓枠
サイドの窓枠は溝がないので綺麗にスミが入らなかったので
この後ガンダムマーカースミ入れペンでちょっとやり直しました。
塗装済みのマッドガードの黒部分も切れている部分をついでに塗装しておきました。

ここでボディの組み立て前の基本的な作業は終了です。
シャーシ部は無塗装なのでそのままでもアリだと思いますが車高のチェックをしておきましょう。
ローダウン状態とノーマル車高が選べますが今回はノーマルで行きます。
比較
(上)ローダウンのノーマルホイールでべったり車高もたまらないですね~!
(下)キットの標準状態のノーマルの車高もちょっと高いような・・・
この年代の日産セミトレの様に後ろを下げて急発進!仕様もアリかもですw
(その場合はキャンバ角を付けましょう。)
昔のプラモによくあった「ヒップアップにもなります。」「ホットロッドにもなります。」でも良いかもです。

えー・・・・それでこのキットは組みたてると内装とガラスが干渉して
前の車高が少し上がりますのでキット指示の21番のスペーサーではなく
22番を使用すると個人的に良いような気がしますね。
(もちろんシャーシとガラスの状態をチェックすると良いと思いますが)
リアも標準状態だとちょっと高めなので車高調整の25番の部品を接着後に
シャフト穴を長穴加工して好きな位置でスペーサーを瞬間接着剤で接着して好みの車高に変更です。
今回はキットのローダウンとノーマルの丁度中間という感じにしてあります。

また、ポリキャップ仕様のホイールですのでトレッドも調整しておきました。
私の場合は実車の雰囲気に合わせて調整します。
この辺は完成品画像お楽しみ下さい!・・・・・・実は撮り忘れただけです(´・ω・`)

そしてリアのタイヤ・ホイールが太いのでカットして幅を合わせます。
タイヤ
手持ちのP7の前側を履かせておきました。
メッキをキッチンハイターで落としてタミヤのシルバーリーフを塗装。
その後は軽くクリアを吹いてキットのデカールを貼っておきます。

足回り決まったらバリが多目のシャーシ全体をヤスリ掛け&ペーパー掛けします。
部品を組み立てておきますがシャーシが若干長いので後ろ側を少しだけカットしておきます。
ちなみにボディのシャーシ固定用の受けの穴がきつめなので穴を大きくしておくと良いかもです。
そして艶消し黒で塗装してマフラー・ミッション部を塗ってボルトに色指しをしておきます。
F31シャーシ
ちなみにスペアタイヤハウスと燃料タンクは例によって分離して
スペアタイヤハウスを外側に出しておきました。
キットのままだとえらい内側なのでえらいところにスペアタイヤが載る事になりますので・・・(´・ω・`)

とまぁ、いつもなら2~3週間かかる工程がアッと言う間に終わりましたw
やはり塗装済みはこういう点が良いですねぇ~!
さて、次回は外装小物取り付け&内装です♪

※くどいようですが説明書にあるように塗装・改造は自己責任でお願いしますね♪
  せっかくの塗装済みボディをダメにしてしまうと切ないですから・・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ・けいおん!ランエボⅩ製作記。やっとクリア終了&小物。 

さてさて、久しぶりのけいおん!ランエボⅩです。
実はクリア工程は終了していたのですがなかなか記事を書けませんでした。

工程としてはデカールを貼った時いつもの工程と変わりません。
クレオスの缶のスーパークリアを砂吹きを何度かして薄く一回。
1日置いて厚めに一回。時間を数時間空けて2回。
何日か置いて1500番のペーパーで中研ぎしてから
デカール段差と柚子肌を消して厚めにフィニッシュ吹きです。
デカール
う~ん!なかなかの艶が出て一安心です(´・ω・`)
重ね貼りした所などは若干段差がありますが
コンパウンド掛けの時にペーパーを掛ければ大丈夫そうです。

ミラーもイエローに塗ってクリアを吹いておきました。
こちらも元ネタのランエボとお揃いです。
ミラー
エアロミラーの方が良かったかな・・・・・

ついでにウイングもクリア掛けしておきました♪
ウイング
こちらもボディと同じ工程です。
タミヤのデカールをクリアコートしたのは久しぶりなのですが
失敗も無くコートに耐えてくれました。若干の柚子肌が逆にそれっぽいですw

インタークーラー部はモールドが浅めでスミ入れが決まらなかったので
スモークを吹いて陰影を強調してあります。
デカールを貼って社外品風に・・・・ってもえもえキュン!とはどんなメーカーなんでしょうかw

あとは内装を塗装しないとですねぇ・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:57 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリペイントモデルのF31レパードを買ってみました。

さてさて、ここ数日は私の住んでるエリアは雨ばかりでした。
けいおん!エボもスプレー塗装の工程が多いのでちょっと作業が中断中です。
合間を塗ってクリアを吹きましたがこの肯定はまた後日・・・・・・

さて、天気が悪い時にお勧めなのがアオシマのプリペイントモデルシリーズですね♪
ボディだけではなく内装やウインドウ周りが綺麗に塗装されていて
キットによってはレンズ類まで塗装済みとなってますので
お値段は高めですが内容を考えると結構お得なシリーズだと思います。

この手の塗装済みキットと言えば
かつてはワンナイトシリーズなど塗装済みキットが多かったハセガワの製品が印象深いですね。
ギャランVR-4などはエンブレムがメッキになっていたり印刷でサイドのロゴが再現されていて
箱からボディが見えて小学生くらいの時は憧れのキットでした。
ワンナイトシリーズなどはラリーカーにデカールが貼ってあって
デカールが上手く貼れなかった頃には羨望の眼差しで見ていた覚えがあります。
ハセガワと言えば木目の印刷済みのビートルとかもありましたねw

しかし今までの塗装済みキットはちょっと荒い部分が見える物もあり気になる点も・・・・
今は無きLSの「色ぬってあるよ」クレスタなどは箱絵は綺麗なツートンですが開けると
白の成型色に垂れまくったシルバーが吹いてあってガッカリした覚えも・・・w

その点アオシマのプリペイントモデルは塗装もそれなりに綺麗に塗ってありますし
バリエーションも多いので私も好きなシリーズです。
前置きが全校集会の校長先生の話のような長さですが
今回紹介するのはこの間のホビーショーでも展示されていましたF31レパード前期型です。
アオシマ プリペイントモデルレパード
ゴールドとブルーツートンの定番2色が発売されましたが
私はこのゴールド2トーンが好きなので今回はこちらを購入しました。

まずはボディをチェックしましょう。
プリペイント レパード
やや濃い目かなぁと思いつつも光が当たると明るめになって丁度良い感じです。
ツートンの塗り分けも綺麗に決まっています。

↓レビューはこちらからどうぞ。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 00:20 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

例のまじぇ☆すたが静岡から帰ってきました♪

今週末は母方の田舎のお墓参りに栃木に行っておりました。
お墓と言いましてもやんちゃな若者が絶対肝試しに来れないだろうと言うレベルの
山の中にありまして、おまけにどうやって墓石を建てたのか気になるようなお墓です。
おまけに台風の影響で木がたくさん倒れていまして木を何本か切りながらのお墓参りでしたw

一転して本日は午後から秋葉原にて買い物をしてきました。
お目当ての物も何個か手に入りちょっぴり嬉しかったです♪
本命の物は探しても手に入らずあきらめていたのですが
最寄り駅近くのホビーショップに売っていたと言うオマケ付きでした(汗)

で家に帰ってきたら静岡方面から荷物が届いていました!
帰ってきた
荷物の送り主はアオシマさんからです( ^ω^)
あれ?送った時より箱が大きいですよ!
もしかしたら副賞のひとつでポリキャップ10年分がオマケに入っているかもしれませんw

中身を開けると・・・・
まじぇすた
おおっ!これは痛プラGPで準GPを頂いたまじぇ☆すたVIP痛個タクではないですか!(当たり前だw)
箱が大きくなっていたのは破損防止にとても丁寧に梱包して下さっていたからようです。
破損もなく無事に手元に戻ってきまして正直ホッとしました。

まじぇすた
※痛車.netのステッカーも同梱されていました。

住んでいる所から静岡に行き、お台場で皆さまの作品と一緒に展示されて
また静岡に戻ってそして私の手元に・・・・・
このプラモの移動距離は一体何キロになるんでしょうか?
これは私が作ったプラモの中でのおそらく最高記録になると思います(・∀・)

そして一番の驚きは一緒に同封されていた賞品リストを見てビックリ!
「このリストの中から本当に選んで良いの?(´・ω・`)」と思うくらい豪華でして
フェイトFDを賞品でもらえるだけでも嬉しいのになんと素晴らしいことでしょうか!
この点も私としてはとても嬉しくてこれからはアオシマ本社の方に足向けて寝れないですw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 20:27 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ・けいおん!ランエボⅩ製作記。小物とかちょこちょこ。

徐々にクリアを掛け始めました。
この辺の工程はまたご紹介するとして今回は細かいところをちょこちょこと・・・・・

まずは内装塗装前にヒケのあったシートをパテで処理します。
レカロ
内装も新しいキットですので特にツッコミどころはありませんがこの点だけは直しておきます♪
ついでにシートバック部分のパーツも埋めましたが分割部分が絶妙なので
パテで埋めなくても気にならないと思います( ^ω^)
ここまでくればジャンジャン塗装できます♪

お次はウイングです。
キット標準のウイングやレス仕様もカッコ良いのですが
ちょっと今時のGTウイングなども良いかな~と思い手持ちの物を探すと
良さそうな物は全て使っていたり、キットを開けるのはちょっと・・・と言う物が
多かったのでこちらを入手してきました♪
タミヤのウイング
このブログではタミヤ製品がちょっとご無沙汰ですがこういう形での登場ですw
デボネアAMGを見るのと同じくらいレアですね~(;・∀・)

後ろに押し出しピンの後があったので削って処理しておきます。
ウイングの裏
ヤスリで削って600番のぺーパー1000番のペーパーで馴らしておき
サフ・塗装・付属のカーボン調デカールと行きたいと思います。

ちょっと大きいかな・・・・・
ボディ
まぁでも色が派手なので大丈夫かな?
ボディがちょっとテカテカしているのは内緒です。この後中研ぎ、最終クリアと行こうかなと。
もっと各部の工程をまとめて乗せたほうが良いんでしょうが
どうも作業したいところを先にやってしまうのは私の悪い癖ですね・・・(´・ω・`)
だからいつも窓の黒塗装を一番最後にしてしまいます。


おまけ。
私は普段依頼制作はあまり受けないのですが、断れない方面から頼まれて塗装のみを行う事に・・・・・・・
アオシマのミドルフレイトのフォワードです。いや、これすごいキットですね!
部品を眺めているだけですげえ!すげえ!と感動出来ます。
この名作キットを塗装だけというのはあまりにも酷ですw
ミドルフレイト 
で、私が塗装だけして依頼者が組み立てる自家製プリペイント仕様なのですが
当の本人は15年くらい前にタミヤのS13シルビアを組んだ以外はミニ4駆だけという
ほぼプラモ未経験という状態でミドルフレイトを組むという若手芸人もびっくりのムチャぶり状態です。
塗装は私の制作優先&スローペースでOKとの事なので
皆さんが忘れた頃にちょこちょこ進展を載せるかもです。

自分の分も欲しいなぁ(´・ω・`)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:29 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマけいおん!ランエボ製作記。シャーシとかホイールとか。

さてさて、デカール貼りも終わり、クリアと行きたい所ですが
どうもタイミングが悪く未だに塗っていません(´・ω・`)でも他の作業を進めましょう♪

さて、けいおん!ランエボⅩはホイールは純正ですので
ホビーショーで買ったアオシマのAVSモデルT6を履かせる事に。
モデルにしたチームオレンジのランエボはエンケイ製ですがデザインはこちらが好みなので・・・・

艶消しメッキが所々剥げていたのでキッチンハイターに漬けてメッキを落として
タミヤのシルバーリーフを吹いてクリアを吹いておきました。
AVST6
その後センターキャップ部を塗ってデカールを貼ってスミ入れ
ナットはガンダムマーカーメッキシルバーをちょっと紙の上に塗料を出して筆塗りしました。
・・・・が、あまり目立たないですw

シャーシは例によってクレオスの艶消しブラックを吹いて細部をタミヤエナメルで塗って終了です。
簡単な作りですがモールドは凝っているので塗装すると良い雰囲気です♪
ランエボシャーシ
説明書と実車のカタログを参考に塗り分けてみました。
フロントはストラットを削ってロアアームを曲げて車高を落として
リアは接着位置の変更で若干車高を落とした以外は
基本的になにも手を入れていませんが、りアのホイール取り付けピンがややガタつき
このホイールには短かく、ホイールが内側に入ってしまうので
手持ちのジャンクの長めのピンと入れ替えてやや内側に来てしまうホイールを
アオシマの30セルシオ・ゼロクラウン系のシャーシに付属のスペーサーを噛ませています。
ちなみにマフラー出口は太目の物と交換予定なのでまた後で取り付けます。

基本的に良いキットなので本当に作っていて気が楽ですw
今のところ順調に進んでいて一安心。後ボディのクリアが上手く行ってくれると嬉しいのですが。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:14 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマけいおん!ランエボⅩ製作記。デカール貼り編。

最近、唇が腫れていて「ダメだこりゃ」by長さんと言う感じになったHITEQです。
ちなみに今は良くなりました・・・^^

さて、勢いに乗ってけいおん!エボにデカールを貼ってみます♪
ちょっと貼る前にちょっと検証を・・・・・
リンク先のHOBBY大好きさんやアオシマキャラ部門ブログでも触れられていましたが
デカールが透けると言うお話ですがこの件は気になる方もいると思います。

貼ってみての感想ですが、初期の製品に比べると大幅に品質は向上していますが
肌色の部分など色の薄い部分は下のデカールに影響されますので
やはり貼る前に位置合わせを行って影響を受けそうな部分はカットするのが得策だと思います。
この透けの件は印刷方法の違いなどもあり、
他社製品のシルクスクリーン印刷との違いのメリット・デメリットがありますので
好みの問題もあり、なんとも言えないのですが・・・・・・

ですので今回は貼り付け前に念入りに位置を合わせまして・・・・・・
デカール
顔や肌にかかる部分をカットしてから貼り付けたいと思います。
例によってマークセッターを使って確実に密着させましょう。
軟らかくなりますので水で薄めたり注意して作業しましょうね♪
そうしないと私のようにデカールが足りなくなりますw

で、貼ってみました。
顔にかかるK-ONのロゴを貼り付け後にカット、サイドのト音記号のバイナルをカットして
澪のデカール貼り付け後に腕の形状に合わせてカットしたバイナルを貼り付けています。

澪

難しそうに見えますが入念に位置を合わせて、貼り付けの順序をよく考えてカットして
一枚ごとのデカールが貼り付いてから作業すればそれほど難しくは無いと思います。
そこまでぴったりカットしなくても髪の毛や服の位置で合わせれば
位置あわせの余裕も出来ますので・・・・

今回、実は左右とも大きいK-ONロゴを貼ろうと思ったのですが
左側を貼る際にビリビリっと・・・・
その為左側はHO-KAGOTEATIMEロゴを貼っています(´・ω・`)

けいおん!ランエボ

今回のデカールはチューニングメーカー風ステッカーや
小物ステッカーが充実していてとても良い感じです♪
レビューでも書きましたがオグラクラッチ風のムギのステッカーや
K-ONステッカーが気に入りました♪
しいて言うならおまけのキャラデカールが多いので2台3台と流用出来るように
タイトルロゴを多めに入れてくれると嬉しいです(・∀・)
                 ↑
              (わがままw)

貼り付けに苦労したのはボンネットですね♪
曲面が多くダクトの穴などを避けると配置も難しく・・・・・・ちょっと地味に。
ボンネット
時間があればダクトをパテで埋めて仮想ギャランフォルティス仕様と言い張って
唯&憂のデカールを貼りたかったのは内緒ですw

個人的にはこの大きいK-ONロゴが気に入ってます。
けいおん!ランエボ
私もデカールが窓にかかる配置はあまり好きではないのでキャラが入るように配置しています。
(まっ窓枠塗るのがめんどくさいんじゃないんだからねっ!)

・・・ゲフンゲフン。

てなわけでひと通りデカール貼りが終了したので
クリアコートするために乾燥させておきたいと思います。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマけいおん!ランエボⅩ製作記。ボディ色狂想曲。(追記しました。)

インフルエンザが流行っていますね・・・
私も近い人たちの間で蔓延しておりましてちょっと怖いです。
インフルエンザは5年ほど前にえらい目にいましたのでもうたくさんですw

さて、けいおん!ランエボをジャンジャン進めましょう♪
実はボディ色を一度塗って見たのですがイメージと違いすぎて一度やり直しました。

今回、ボディカラー選択にはかなり悩みまして決めるまでに数日かかりましたw
成型色が赤と言う事で白にするにはスプレーだと少々難しい。
かといってキットの赤も悪くないけど赤で組む人も多そうだなぁ・・・・・・
黒も悪くないけどキャラの制服が黒だし・・・・・・
ブルーはノーマルで組む時に塗りたいしなぁ・・・・・・
お気に入りのS耐久のオーリンズカラーも良いなぁ・・・・お!イエローがあるじゃないか!
という事でイエローに一度は決定!
フォークリフトに使用予定だった黄橙色を塗ってみると・・・・・

iero-

うーん・・・・・悪くないけど・・・・ちょっとアレだったなぁ・・・・
通常のイエローとはちょっと違う雰囲気ですねぇ(´・ω・`)
しかも画像で見るとそれなりに鮮やかでいい感じなんですが現物はちょっと建機のようです。

もったいないけどペイントリムーバー風呂に入って頂きました。
rimu-ba-
テイッシュでボディを包んでリムーバーを掛けて袋に入れて30分ほど置いてから塗装を落とします。
古歯ブラシでゴシゴシ磨きましょう。ティッシュでぬぐいながら作業です。
頑固な部分はミスターカラーシンナーを使います。
uragawaha musi
一部に黄色が残ってますがこれで良しです。
ペイントリムーバーはシンナー風呂に比べると素材に優しいような気がします。
シンナー風呂は下手に入れると屋根や薄い部分がパックリ開く事も・・・・(´・ω・`)

で、とりあえず現在一度リセットして急ピッチで別の色を塗っています。
さて、どんな色になるかお楽しみに・・・・・
実在の競技車をモデルとしておりましてとりあえずベースの色は終了。
マスキングして塗り分ける予定です。
こちらもちょっと色味がイメージと違いますがもう勢いで行くことにします。
早くデカール貼りたいですからねw

※タモリ倶楽部を見ながら勢いで作業してしまったので追記です。
色はタミヤのオレンジにクレオスのホワイトパールをコートしてオレンジパールにして・・・・

オレンジ

マスキングを行い1500番で足付けして・・・・

マスキング

クレオスのブラックをピラー部に吹いて塗り分け完了!

チームオ○ンジ!?

オレンジとピラーのブラックアウトで気付かれた方もいると思いますが
D1でおなじみのチームオ○ンジの熊久保氏のランエボⅩ風味にしてみました♪
色味はかなり違いますがそれっっぽい雰囲気になったかなとw

色味が若干・・・・

実車はドア側がカーボンになっていたりするそうですがあくまでこちらは劣化コピー仕様です(爆)
本来であればエアロや実車と同じホイールにするべきかも知れませんが
今回はこの仕様で行く事にします♪

これでしばらく乾燥させればデカールが貼れます(;^ω^)
一気に進めたんでマスキングで塗装が痛むかなと怖かったんですがなんとか大丈夫でした♪


| 車プラモ製作記(~2010まで) | 01:16 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ けいおん!ランエボ製作記。足周り調整&ボディ下地。

さてさて、すっかり陽が落ちるのも早くなりましたね・・・・
ホビーショー後の余韻も覚めやらないですが、けいおん!ランエボⅩを作りましょう。

このキットは基本的によく出来ていますので大きな不満点はありません。
しいて言うなら・・・・・あまりありませんw
前に制作したキットがキットですので少し気が楽です。
ボディ周りの仮組みと足回りの様子は買ってすぐに見ておきましたのでまずはボディを組みましょう。

今回、皆さんの所を参考にさせて頂いて、リアバンパー・サイドステップを接着。
ボンネット・フロントバンパーは後で接着という形を取りたいと思います。
バンパー類の合いは特に問題ないというか非常に綺麗に合いますが
ペーパーとヤスリで若干刷り合わせを行いました。

そして接着です。瞬間接着剤で接着したら
補強の為にティッシュを貼って瞬間接着剤を染込ませます。
ボディ
要はFRP補修のような雰囲気と言えば良いでしょうか・・・・・?
これ、意外と強度出るんですよ。

そしたら大まかにサフを吹いて・・・・・・ペーパー掛けしてうねりやヒケを処理します。
ボディ
今回は1000番で足付け&ヒケ・うねり処理を行いました。
スジも例によって先が欠けた薄刃カッターの刃で処理しましたが
元のスジが綺麗なので綺麗に彫ることが出来ました。
後はデカールを貼るのに邪魔になりそうなウオッシャーノズルを切り飛ばして
ミラーの台座のヒケをパテで埋めました。

そしてクレオスの1000番サフを吹いて・・・・・ボディカラーを吹く前の段階が終了です。
サフ
一応ボディカラーは決定しておりまして、純正設定にない色で塗る予定です。
完全ノーマルも一台作っておきたいですがそれはまたの機会になりそうです(´・ω・`)
ノーマルならライトニングブルーパールで作りたいですね♪

で、それと平行して車高を調整しておきました。
当初はローダウン状態で十分と思っていたのですが改造車として組むなら
物足りなかったので少し落としておきました。
ホイール
ちなみにこのホイールはAVSモデルT6で、ホビーショーの物販で買った物です。
TE37も良いですがこちらも良い感じですねぇ・・・・・
フロントはストラットを削って細くしてロアアームを曲げました。
リアは接着位置の変更後、アームを曲げて微調整です。

おまけ。
ホビーショーの物販やジャンクコーナーでは探していた物が手に入ってホクホクです。
特にアオシマブースでは前から探していたパーツが多数手に入りまして嬉しかったです♪
社外ホイール2種類・FRPウイングセット(これ、かなり探してましたw)などを購入して
ジャンクコーナーから純正ホイールが入ったランナー袋を三個・トラックのキャブ
高いキットにしか付属してないホイールをなどを買うことが出来ました!

そしてフジミのジャンクコーナーで奇跡が・・・・・・・
ホイール
なんとBA5プレリュードの純正マグホイールが!!!!なんというタイミングw
思わず「うおっ!」と声が出てしまいました。
このホイールは後ろ側がピン・前がポリキャップと言う変則タイプなのですが
探していた物なのでゲットできて嬉しかったです。
早速塗って履かせてみましたw
ジャーン
本物はちょっと独特の色合なので近い雰囲気の色で塗りましたがいかがでしょうか?
やっと見つけた純正ホイールですがBBSも悪くないです・・・・・
うーん・・・・・どっちを履かせて飾ろうか悩みますねw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第49回ホビーショーに行ってきました♪タミヤ・トミーテック等。

今日はなぜかおばあちゃんの原宿こと巣鴨に行って来たHITEQです。

さてさて、昨日のホビーショーの続きをレポートします♪
まずは大御所タミヤ模型です。
残念ながら1/24の新作情報は無しです・・・・(´・ω・`)
カリーナEDのノーマルとか初代ソアラ後期型とか出ると思ってたんですがね。
・・・・って絶対出ねえよ!と言う突っ込みはご容赦くださいねw

会場で目立っていたのがF1マシンのF60です。専用限定ボディカラーも同時発売です。
F60
すいませんF1はまったくの素人ですので車両の詳しい解説はできませんが
キットとしてはタミヤですので良く出来てると思います♪

ラジコンで気になったのがスーパーGTのカローラアクシオです。
アクシオ
これをベースにアクシオ1,5Xを制作して・・・・フヒヒ・・・・・ポリカボボディをどう加工しろとw

タミヤは自動車プラモデルは正直ちょっと物足りない面もありましたが
その他のジャンルでは新製品が多くあり、ブースもとても賑わっていました♪
ミニ4駆のレースも入り口近くで開催されておりとても楽しかったです( ^ω^)


続いてはトミーテックです。

個人的にはトミカリミテッドヴィンテージシリーズに気になる物が多数ありました。
まずは230グロリアの東個協カラーです( ^ω^)
230
これはカッコイイ!東個協カラーというだけで私の評価が8割増しですw
ホイールキャップがお椀キャップになっています。
他にも法人タクシー&ハイヤーセットも展示してありました。

こないだのルーチェレガートのバリエーションかと思ったら新規のセダンです!
トミーテック
消防指揮車がカッコいいですね!隣は70カローラと230グロリアのパトカーです。
奥の日野TCの消防車は見事すぎて恐ろしくなりましたw
写真が上手く撮れなかったのですが他にも130ローレルセダンとFFジェミニが気になりました。
ジェミニは複数買って街の遊撃手のCMを再現しましょうw

面白いなと思ったのがバスコレを走らせる事が出来るシステムです。
basukore
まだ試作段階ですがこれはNゲージのジオラマと並べたら楽しそうですね!
そのうち人が歩く時代が来るかもしれませんよw

トミーテックは相変わらず良い意味でマニアックな路線でこれからも頑張って欲しいですね。
TLVシリーズは本当に車種選択が素晴らしいので私も欲しい物がたくさんありますw
私が子供の頃にこのシリーズがあったらなぁ・・・と思ってしまいます。


個性的なRCボディでおなじみのABCホビーです。
びっくりしたのがこれ!なんと430セドリックセダン!!!
430sedan
思わず目を疑ってしまいました。これはまたマニアックな所をw
このボディの為にRCを引っ張り出したくなりましたね。これは欲しいです(´・ω・`)
東個協カラーに塗って今風のドリフトシャーシと組み合わせて・・・・フヒヒw

こちらはRS-2です。パトランプが光っていました。
rs2
ホイールもまた渋いですね!
私が熱心にやってたころはこんな素敵なボディはありませんでしたw
今のボディはスケール感が合って本当に楽しいですよね!
うーんまた引っ張り出して見ようかしら・・・・・・

ドリラジを一気に広めたヨコモです。
私も模型店などでキットを見かける度にやってみたいなぁ・・・と思います。
D1のゼロクラウンが展示してありました。
クラウン
チェッカー模様がカッコイイですね♪

一回り小さいシリーズも新製品が結構出るようですね。
このシリーズはスケール感が高いので私も模型店で見かけていつも気になってました。
ドリラジ
赤いマークⅡが派手で良いですね~!
このシリーズの車を買うとプロポセットがもらえるという事で結構売れていました。


また、ホビーショーを見学して思ったのは新製品ではなく息の長い商品を出してくれる
メーカーさんも模型業界を支えてくれているなとも思いました。
マイクロエースの旧LSのカーモデルは私のツボです。
GX71マークⅡに・・・・・
ma-ku2
C32ローレルなど・・・・・
ro-reru
1/20の330グロリアなども・・・・
guroria
子供の頃なぜかよろしくメカドックシリーズに
330があって「漫画に出てったっけ?」と思ったのは内緒ですよw

※他にもご紹介したい商品・新製品・メーカーさんの写真もあるのですが
ブレていたりケースの反射で製品が見えずに使えないものも多くて断念しました。
また、今回は普段製作している1/24の国産市販車を中心に撮影したので
どうしてもアオシマ・フジミメインの新製品の紹介になってしまい
このようなレポートにご不満を持つ方がいるかも知れませんがその点はご了承くださいませ。

今回、ホビーショーに行って見て思ったことは
このような展示会で新製品や話題の製品を見ると
やはり購買意欲を刺激されますし、なにより見ていて本当に楽しいですよね!
他ジャンルの物もじっくりと見ることで発見や刺激もありますし。

時間の都合で午後一で切り上げてしまいましたが
もっとじっくり見たかったなぁ・・・と本気で思ったホビーショーでした。

おまけ。カーモデル以外で一番気になった物。
kappunu-doru
身はスタッフが美味しく頂き(ry

| 車プラモレビュー | 21:44 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第49回全日本模型ホビーショーに行ってきました♪フジミ模型編

さてさて、今日は興奮覚めやらないホビーショーの続きをレポートです。

好きな人にはたまらないラインアップでおなじみのフジミ模型です。
トラックから、国産現行車まで気になるラインナップが多数展示してありました!
今回の目玉は個人的にはやはり新型プリウスのモックアップ展示ですね!
プリウス
参考出品の段階だと思いますがこれは発売はとても楽しみです!
私もどこのメーカーさんが出すかなぁ・・・と思っていたのでこれはフジミGJと言う感じです!

後はレクサスHSです。これもモックアップでしたがすごい気になる一台ですね。
レクサスHS
現行国産車のモデル化が減っているので楽しみですね。
こちらはハイブリッド専用車ですのでフジミはエコカー路線がこれからのウリになるんでしょうか?

こちらは現行キューブのモックアップです。
キューブ
発売が正式にアナウンスされていますのが先代に引き続きフジミからのキット化になりました。
独特のボディ形状がどう再現されているか楽しみです。

現行オデッセイです。こちらはテストショットでしょうか?
オデッセイ
ボディなどは新生フジミらしい良い出来だと思います。11月発売なのでもうすぐ発売ですね。
歴代全てのモデルが揃うというのも魅力的です!

そして作品選択が通に受けているきゃら de CAR~るシリーズです。
こちらも発売されたばっかりの地獄少女MR2です。
地獄少女
作品独特の雰囲気のデカールが面白い感じですね。
あなたの恨み晴らしますと言う事なので
Tバールーフ仕様の金型を弄ってハードルーフにしてしまった恨みを(ry
(冗談ですよ・・・)

ニューフィアット500のアバルト仕様です。
バリエーションモデルですがこれが結構カッコイイ!
フィアット500
これを見て久しぶりに外車も作りたくなりましたね。
こないだキャリアカーに載ってるドピンクのニュー500を見ましたがすごい目だってましたね。
あ、バリエーションキットでいかがですか?

そして、こちらはトラックの新製品です。
バスバンパーやバスライトがなどの飾りがついた水産急行です。
レンジャー
某運送会社風の荷台文字が良い感じです。

モックアップ展示で試作の段階でしたがふそうの新型ファイターです。
ファイター
私個人としましては新目の車種が好きなので気になる一台です。
飾りは似合わない車種かもしれませんがどのようなキットで出るんでしょうかね?

実在したトラックをモデル化した一正丸です。
一正丸
バンパー・アンドン類も細かいところまで良く出来ていました。

セレガがカラフルに展示してありました。
basu
バス系のラインナップも充実してきて今後の展開が楽しみです。
ふそうの新型エアロクイーンもそのうちラインナップが増えるのかな?

フジミも新製品を数多くリリースと言うと事ですのでこれからが楽しみです。
モックアップに色がついてるとそれだけでも雰囲気が変わって
参考になると思うのでちょっとその点はちょっと残念でした。

こちらも物販とジャンク市を開催。
ジャンクコーナーで全米が泣くレベルの掘り出し物に出会いました。
・・・・・と言うより私だけが泣いたレベルの話ですが。

| 車プラモレビュー | 19:29 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

第49回全日本模型ホビーショーに行ってきました♪アオシマ文化教材社編。

今日は幕張メッセに模型の祭典のホビーショーを見学しに行ってきました!
実は私、ホビーショー見学は初めてでして、ちょっと緊張気味に会場に行きました。
お恥ずかしながら今まではネット上のレポートで満足していたのが正直なところです。
でも今回は気になるキットも多いということでメッセにGO!
で、会場に着くと・・・・
会場

おお!!!結構混んでいますよ!!!!

会場

う~ん!結構お客さんが多いんですねぇ・・・・
予定の関係で午後には戻ったのですが会場は満員という感じでした。

で、メーカー別にHITEQ的に気になる新製品をピックアップします。
ここは新製品の数も多いのでメーカー別にご紹介します。
なお、私の好みや気になった車種を中心に紹介しますので
撮影していない新製品・メーカーさんもございますのでご了承くださいませ。

アオシマ文化教材社です。
なんと言いますか私的には自動車プラモデル業界で一番の勢いがあったと思います。
元々アオシマスキーなところはありますが
痛車・トラック・グラチャン・ベストカーシリーズなどとにかく話題が尽きません!

びっくりしたのが映画トラック野郎の一番星!(10作の故郷特急便)
私、実はこの映画の大ファンでして今でもビデオを何度も見てしまうんです。
それだけに今回のキット化は驚きでした!
一番星
いや・・・・これ凄いですよ。
独特の荷台のマーカーランプやヘビーフレイト級のシャーシ再現・・・・
飾り類も本当に凄いです。
一番星
なんというかまさにデコトラ界のエ○スージアストモデルです。
「デコトラは」・・とか「桃さんより花巻の鬼台貫派です」と言う人にこそ見て欲しいですw
ただ、値段も凄くなりそうですねぇ・・・・
子供の頃憧れた模型店の棚の上のデコトラのキット羨望の眼差しで見る少年のようになりそうです。

こちらも最近話題のヘビーフレイトシリーズのスーパーグレートのハイウェイカーゴです。
スーパーグレート
バリエーション第一弾ですが初回限定はハイルーフ&標準ルーフの選択式です。
この作例のキャブの色が素敵でした。

特殊荷役シリーズです。
特殊に焼く
このシリーズも本当に良く出来ていますよね。カープラが道を譲ります。
そのうち特殊荷役ビンテージとか痛特殊荷役とかが出るかも知れませんw

個人的に気になってるのがプリペイントのF31レパードです。
レパ^ド
定番2色ですが好きな人にはたまらないでしょうね~!
レパード
製品版も見本のようなクオリティで出て欲しいですね。
パーティングラインなどは新規キットのせいか目立たなかったです。
中身
内装とか小物もきれいに塗ってありますよ。

そして再販物の130クラウンとR32スカイラインです。
130クラウン
クラウンのノーマルホイール付は久しぶりの気がします。
前期の3リッターのキットはもう出ないのかなぁ(´・ω・`)

こちらもかなり気になっている新作のベンツSL63AMGです。
ベンツ
現行外国車のキット化と言う事で、前評判も高いですが
サンプルを見ましたがかなり良さそうです。画像はありませんがエンジンルームも良い感じでした。
正直言うと当初はアオシマから外車!?と思いつつも
ブラバス仕様やロリンザー仕様も期待できますのでこの後の展開も楽しみです。

こちらももはやお家芸とも言えるもっとグラチャンです。
もっとグラチャン
今回一番インパクトがあったジャパンの430マスクです。
少年時代に読んだヤン○オートにも430グロリアマスクのジャパンが載っていましたw

910グリルとケンメリワンテール仕様のローレルです。
ローレル
紫に塗ればニ○モのスリーキャブローレル気分が味わえるかも(爆)

もはや説明不要の痛車シリーズです。
けいおん!
発売されたばっかりのけいおん!エボです。
こちらはお台場も展示してあったフェイトFDです。
フェイト
こちらも人気がありました。発売を楽しみにしている方も多いでしょうね。
デザインについてはいろんな意見があるようですが個人的には躍動感があって好きですね。
ただ、フロントセクションはデカールを貼るのが難しいかもしれません(´・ω・`)

今回は他にもRC用のナイト2000のボディやモビップなども気になりましたね。

また、今回はお台場でお話をさせていただいたアオシマの社員の方と
いろいろな世間話をさせていただきました。
トラック担当の方もトラックがお好きな方のようで今後の展開が楽しみです。
一般公開日の日曜日と言うお忙しい時にも拘らず本当にありがとうございました!

物販とジャンク市で捜していた掘り出し物も発見!地味に嬉しかったです。

| 車プラモレビュー | 01:07 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンク先追加!「Kspeed -ラジコンのまったり改造工場」様。

新しくリンク先を追加させていただきました!

ラジコンやプラモを楽しんでらっしゃる「騎馬」様が運営していらっしゃる
Kspeed -ラジコンのまったり改造工場でございます♪

http://mokeikoubou.blog54.fc2.com/
リニューアルされたばかりですが、ひぐらしアリストの製作記があります。
これからどのようなブログにされていくのかがとても楽しみです。
ラジコンの記事などもどんどん書かれていくそうなので
皆様も是非遊びに行ってみてくださいね!

| 日常 | 17:46 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!ランエボⅩを買ってみました♪

さてさて、入荷のお知らせを聞いて話題の新規キットを購入して参りました♪
アオシマの痛車シリーズのけいおん!ランサーエボリューションⅩです。

けいおん!ランエボ

カーモデルは縦の基調のパッケージ絵は珍しいです♪
これはこれでキャラクターグッズとしても良い感じですね。
買われた方は完成したら額に入れて飾りましょうw 他の痛車プラモより厚みがあります。

さて、キット自体はネット上で素晴らしい完成品やレビューがございますので説明不要ですね。
当ブログでもベストカーGTシリーズの物をレビューしたので多くは語りませんがとても良いキットです。
また、初のバリエーションキットが痛車と言う事も個人的には注目だと思います。
それで開発にGOサインが出たと思うと・・・・あ、違う?すいません(´・ω・`)

ボディ類は赤成型です。
ランエボ
赤成型は好き嫌いがありますが赤で行こうと思ってるので個人的には問題なしです。
白が良い人はベストカーGTの白を買ってください(爆)

今回は成型色が赤でホイールは純正タイプの物がセットされています。
付属ホイール
仕様が変わったのかこのキットの個体差なのか不明ですが
ちょっとメッキ感が強めの艶消しメッキです。ちょっとタ○ヤっぽいと言いますか・・・
ベストカーGTの時とちょっと質感が違います。
でも個人的にはホイールは社外品が良かったなぁ・・・とちょっと本音を漏らしますw

さて、みなさんお待ちかねのデカールです( ^ω^)
デカール
実は今回、好きな絵柄が非常に多くて個人的には大満足です♪
上手く貼って自作でロゴを補うと3台くらい貼れそうですよw
私が制作したけいおん!ろどすた!と同じ絵柄が何枚かありますが
やはりメーカー物のクオリティは高いですねぇ・・・・(汗)
スキャンして画像を加工してレタッチして・・・・と言う手間が懐かしいですw

今回私的に評価したいのはキャラクターの名前のパーツメーカー風のデカールです!
けいおん!エボデカール
特にオグラクラッチ風のムギのデカールなんて思わずニヤッとしましたよw
クラッチのマークがティーカップになってるのが面白いです(・∀・)

デカールにはとても満足なんですが個人的には
けいおん!ロゴやセリフ類がもっとあっても良いかなぁ~とも思いました。
でも痛トラックには無かった萌え萌えキュン!ネタがあるのは嬉しいですがw

んで、我慢できず早速仮組みです。
ローダウン状態でホイールは手持ちのTE37の19インチを履かせてみました♪
アオシマ けいおん!ランエボ
いや~アオシマのランエボⅩは初めて組みましたが評判通りの良キットの予感です♪
全体的にシャープでバンパー類の合いも良いので大きい修正等はいらない感じですね。

例によって仮組みしたので次回からけいおん!ランエボを制作していきたいと思います。
ノーマル系車種も組んでみたいお年頃なのですが
どうも日曜日のお台場のインパクトが強くてですね・・・w

おまけ
こちらも気になっていたので先日購入しました。

アオシマの特殊荷役シリーズのトヨタL&Fのジェネオ20です。
当初はこちらの製作記を書こうと思ったのですが、けいおん!ランエボが
思ったより早く入荷したのでちょっとまだ手を付けられないかも知れません・・・・
アオシマ 特殊荷役 ジェネオ20

評判通りの精密さでフォークリフトのスケールモデルとして非常にレベルが高いです。
ボックスアートも特殊荷役の文字を消したらメーカーのノベルティにも見えそうです。

ご紹介したい点も多いので近いうちにキットレビューしてみたいと思います♪

| 車プラモレビュー | 23:20 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・フジミBA5ホンダプレリュード2.0Si ※一部11月17日画像変更

さてさて、大変お待たせ致しました。
ようやく完成品画像を載せることが出来ました♪
フジミのハチマルヒーローシリーズのBA5プレリュードです。

プレリュードは私も非常に好きな車で当時はとても流行りましたね!
2代目の大ヒットによってデートカーとしての地位を確立してこの三代目も
キープコンセプトながら大ヒットを・・・・・と言うのは皆さんもご存知の通りですね(・∀・)!
えらく低いボンネットと4WSシステムや全車サンルーフ装備が印象的でした♪

今回の製作イメージはズバリ「平成初頭のデート仕様」と言う感じです。
もっとそれっぽい雰囲気にしたかったのですがカタログモデルを再現すると言う
テーマもあったのであえて外観はノーマルです。

※2009年幕張のホビーショー会場でフジミブースのジャンクコーナーにて
探していたノーマルのマグホイールを発見したため購入して装着しました。
フジミ ハチマルヒーロー BA5 プレリュード
まさかの発見にちょっと驚きましたが模型の神様が引き合わせてくれたと思っていますw
独特の色の純正マグネシウムホイールですので近い色が無く
クレオスのゴールドを吹いてその上にシャンパンシルバーを吹いてちょっとトーンを落としてみました。
フジミ プレリュード BA5 ハチマルヒーロー
当時見かけた記憶が無かったのに、製作をしている時に交差点で信号待ちしていたら
なんとこのホイールを履いた白のプレリュードが横切るなど
このホイール関連の奇跡が連続してしまいました。
プレリュード
実は改造してピン式に変えていたので2本は無事装着。
もう片方は再びキット状態に戻すというオマケがあったのは内緒ですw

以下より追記前の記事になります。

フジミ 三代目プレリュード
今回はしっかりと組もうとするとちょっと難易度の高いキットでした。
まず、ボディが金型の老朽化でしょうか?ガタガタになっていて修正箇所が多かったです。
でもモールドを無視してジャンジャンヤスリで削れたのでストレス解消になったような・・・w
肝心の説明書やパーツの構成が「(;^ω^)?」という感じで
特にウリであった4WSシステムもリアホイールを思いっきり接着など
ちょっと惜しくなってる気がします。(不要部品でポリキャップ式ののホイールが履かせられるなど。)
純正ホイールの型が残っていれば不要部品で入れて欲しかったですね。

BA5プレリュード
雑誌タイアップキットですので取材車をベースに
パーツ構成などを検討したと思いますが箱絵は後期でキットは前期です。
そのためエアロパーツを後期バンパーに見立てて純正風車ホイールはスーパーボルクで・・・
なんとなく気持ちは解らなくないのですが、まさにキットと箱絵は異なる所(以下略)
正直申しまして、もうちょっと上手い構成が出来れば良かったのになぁと思いました。
決してベースは悪いキットではないので残念です。

プレリュード
ちゃんと後輪もハンドルが切れます♪
キット状態ですと前後の車輪の位置がボディとずれるので加工して調整すると良い感じに。
サスパーツを加工してフロントは後ろ寄りにリアは前寄りに寄せています。
ホイールはピン式のアオシマのBBS-RGを流用しており
ピン式に対応させる為にアオシマのロードスターの足回りのパーツを加工流用しています。

4WS
内装などはダッシュボードの合いを覗いて結構良い雰囲気です♪
シートの裏を埋めてダッシュ下部をを分割して組み立てシフトの台座を加工したくらいです。
例によって内装は500番サフを砂吹きしてザラザラにしてから
ベース色を吹いて仕上げに適当な色をシュッシュッと吹いてザラザラ感を出しています。

naisou
ジャンクの箱から内装小物を探して再塗装してセットしてみました♪
モコモコのくまちゃんがお気に入りですw

久しぶりの赤い車も良い物ですね♪
私自身プレリュードと言えばこの赤か黒のイメージが強いです。
例によってクレオス3番のレッドにスーパークリアーで仕上げています。(全て缶スプレー)
グレーサフの上に赤を吹いて実車のやや暗めの赤(フェニックスレッド)を意識してみました♪
(・・・いや、いつもそうやって塗装しているんですがw)
ハチマル車はやはりこの黒いガードモールが良いアクセントになっており
マジックで塗ってはみ出て涙目になった小学生の頃の自分に見せてあげたいですw

フジミハチマルヒーロープレリュード
今回、完成からちょっと間が空いての更新となってしまいました。
天気が天気ですので外での撮影も出来ず
日曜の朝にさっと何枚か撮って出かけたときのショットのため
ちょっとワンパターンなカットが多いですが
台風が去って天候が回復したらまた写真を撮って入れ替えたいと思います。

見に来て下さる皆さまの励ましのコメントや
拍手を下さった方たちのおかげで無事に完成させる事が出来ました♪
お付き合いくださいまして本当にありがとうございました。

| 車プラモ完成品車庫 | 22:40 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

痛Gふぇすた2009に行って来ました♪参加車両編。

日曜日のお台場は本当に良い天気に恵まれましたよね♪
月曜日からは打って変わって雨が降っていました・・・・・・

会場内と都内を歩き回ったせいかぐっすりと眠れまして目覚めは快調!
・・・が起き上がると足が筋肉痛でカックンカックンしましたw
昨日は10時過ぎに会場入りして後ろ髪を引かれて14時前に退場して
着替えてから都内で用事を足してサザエさんが終わりそうなころに帰宅しました。

さて、今日はイベントの参加車両を何台かご紹介!
レポートはリンク先のminomushi2009様の所で紹介されると思いますので
今回は私的に気になった車両を・・・・・・

※お断り
イベント参加車両という事で撮影をさせていただきましたが
掲載不可でしたらご連絡頂けると幸いです。

こちらは有名な亞北ネル仕様のZ4ですね♪
Z4
ポップなサイドのグラフィックが良いなぁ~と思いました!

※画像が多いのでこちらから↓なお、参加車両全てを撮影した物ではありません。

≫ Read More

| 実車ネタ | 22:16 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

痛Gふぇすた2009を見学してきました♪痛プラGPの特別展示&プラモ編♪

今日は早起きしてお台場に行ってきました♪
いや~テレポート駅を降りたらすでに
見学者の方たちと思われる人たちや駐車場に痛車が止まっておりました!

で、会場に着くと!
痛Gふぇすた
うひょ~!混んでますねぇ!

で、今回の目的のひとつの痛プラGPの入賞作を見学に行ってきました!
アオシマさんは入り口のすぐ右脇のブースでした♪
噂のフェイトFDがなのはFDと一緒に並んでます!
フェイトFD
うおー!結構インパクトありますねぇ!

ちなみに今度発売予定の1/24のキットの試作品がこちら♪
フェイトFD アオシマ
大胆なグラフィックがカッコイイです♪個人的には躍動感が合って好きなデザインですね。

んで、みなさんお待ちかねの痛プラGPの特別コーナーです!
展示はこんな感じでした♪
展示
あ!見覚えのあるキットたちがたくさん並んでます♪
展示
うお~!みなさんレベル高すぎ!どの作品も良く出来ています!
痛プラGP
皆さんが制作したプラモが全国から集まって
お台場に集結したというのが感慨深いですね・・・・(´;ω;`)

ここで皆様の作品をご紹介です♪
(※リンク先の皆様や遊びに来て下さる方以外の作品もありますが掲載不可でしたらご連絡下さい。)

見事GPを取られたFateランエボⅩです。
ランエボ
細かい仕上げが丁寧でとてもカッコ良かったです♪
ラリー仕様風のパーツとデカールとの合性もぴったりですね!

そして準GPの3台です。
まずはリンク先のB4DRIVER様のアイマスDSアリストです。
アイマスアリスト
自作デカールの鮮やかさが本当にお見事です♪キャラステとグラフィックが良く合っていました!
内装の小物も良いアクセントになってますね!(大型モニターがインパクト大!)

このブログにコメントを下さるあぶそるーと(dixel)様のFDです。
FD
オレンジメタリックのボディがとても似合っていてカッコイイ!
投稿画像では見えなかったんですが、内装もきっちり作りこんでいてお見事です♪

そして私のまじぇ☆すたです。
自分のw
久しぶりのご対面で思わず涙腺が・・・(ウソw)
ベースキットはアオシマのエスティマルシーダです(超ウソw)

痛G特別賞のsaba32様のひだまりオデッセイです。
ひだまりオデッセイ
saba32さんらしく細かい所までとても丁寧に制作されていました!
となりのブースから「は~てはてはては~てな~♪」とずっと流れていたので
ついつい目が行ってしまいまいましたw

青島文化教材社特別賞のらき☆すた痛ダンプです。
らきすたダンプ
白いボディがらき☆すたデカールととても合っていて清潔感のあるとても綺麗な作品でした!
細かい部分も丁寧に制作されていました♪

痛車.net特別賞のデリカです。
デリカ
隠れデリカファンの私にはかなりツボに入りました♪
スライドドア開閉ギミックに内装の小物類もお見事です!

その発想はなかったで賞の走る温泉郷ダンプです。
走る温泉郷
これが実にお見事!実物を見ると思わず「その発想は無かったw」と思いますよ♪
良く見るとコロネを食べてるこなたが乗っています。

結構足を止めて見る方や写真に収める方もいたり
細かい部分もじっくりと見ていく方も多かったですね♪
特にフェイトFDとなのはFDの近くの展示という事もあり、とても目立っていました。

今回、勇気を出してアオシマブースのスタッフの方に
「あの・・・賞を頂いた物です(;^ω^)」とブースをうろうろした挙句
汗だくの怪しい状態で声を掛けさせて頂いたところお急がしいにもかかわらず
スタッフの方お二人とお話をさせて頂きました!(ブログを書いている方たちです♪)
自分の作品をお褒め頂いてとても嬉しかったですw

今回の痛プラGPは当初の予想より台数が多く集まって驚かれたようです。
また、レベルの高い作品もとても多かったと仰ってました!
第一回という事で運営面での問題点はやはりスタッフの方たちも気になっていたようで
次回開催時にはサイトを見やすくしたり、投票方法の改善なども視野に入れて行きたいそうです♪
また、ビギナーの方にも積極的に参加してもらえるような
部門や賞の設置なども考えて行きたいとの事でした。

模型業界のお話などもさせて頂きましたがやはり業界も大変なんだなぁ・・・と正直思うことも。
せっかく始まったイベントですし、これからもこういうイベントが続いていって欲しいですね~♪
お忙しく、しかも暑い中、本当にありがとうございました!

けいおん!痛トラックとらき☆すた痛ダンプを
アオシマブースで展示している方ともちょっとお話をしました。
細かい部分にも手を入れられてて良い出来でした♪

なのはFDもカッコイイですよね♪
なのはFD
地味にプラモ化を望んでいますw

※受賞された皆様でご自身の作品や
 展示の様子をの画像をブログやHPで使いたい方はどうぞお使いくださいませ。 
 (あまり上手な写真では無いですが・・・・)


グッドスマイルレーシングさんのブースはミクZ4の新色とビートを展示。
ビート
このビートがカッコいいです♪
物販では新柄のミクデカールを先行発売していました♪
で、秋葉原GPの作品群が展示してありました。
グッスマ

いやー・・・・どの作品もレベルが高いですねぇ・・・・(杉下右京風にw)
グッスマ
なんといいますか一台一台がものすごい良く出来ています。
小物・ボディの艶や派手なボディワーク・・・・・素晴らしいですね!
ミクZ4
個人的にはミクZ4はこの新色の方が好みかもです。
グッドスマイルレーシングさんも最近や用品類を発売したりと
頑張っているメーカーさんですので他のメーカーと一緒に業界を盛り上げて行って欲しいですね♪

また、今回はリンク先のminomushi2009さんとお会いしたかったのですが
私も早めに帰らなくては行けなかったという事もあり
何度かお車のほうに行ったのですがお会いできませんでした(´・ω・`)
本当に申し訳ありませんでした。
ですが展示してあった痛車プラモと痛飛行機のプラモを見て「おおっ!」と感動です♪
minomushi2009さん
スキャナー店頭のはやてナイト2000と
スケールの大きいけいおん!ジャンボが素晴らしかったです♪

さて、今回の痛Gは天候に恵まれまして
季節外れの日差しで私も大汗をかきながら見学をしました。
ですがこれもみなさんのパワーで晴れになったんだと思いますw
私も帰ってきてヒリヒリしています(;^ω^)お風呂が怖いw

気になる車も何台か撮影しましたので実車の方のレポートもしたいと思います。

おまけ。本日の物販購入。
購入
アオシマさんのブースでミニカー2台と痛車パーツとハヤテのごとくステッカー2種です。
GSRさんのブースで先行販売のミクデカールを一枚買いました。

実はアオシマさんのブースでなかなかスタッフの方に声をかけられず
2回買い物をしたのは内緒ですw






| 実車ネタ | 23:00 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

明日は痛Gふぇすた2009ですよ!

明日はお台場レインボータウンにて痛Gふぇすた2009が開催されますね!
http://www.geibunsha.co.jp/mook/ita/festa_2009/
800台が集まるそうなので恐らく凄い光景になると思います(;^ω^)

アオシマさんのブースで私が制作した
まじぇ☆すたVIP痛個タクが皆さんの作品と共に展示されます♪
行かれる方は是非「HITEQのは思ったより雑だなw」とか「HITEQプギャーw」と指を挿してくださいw

物販や実車の展示があるみたいです♪
試作品が展示されると言うフェイトFDが気になります。

私もお忍びで行ってみる予定ですが果たして間に合うか?

| 実車ネタ | 23:37 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミプレリュード製作記最終回!

さてさて、天候が悪くてプラモにはイマイチですが進めなくては完成しません♪
ラストスパートを頑張りましょう。

まずは曇りまくりだったウインドウをコンパウンドで磨きます。
細目・仕上げ目をフィニッシングクロスで優しく磨きましょう。
細かい傷やヒケ・ウエルドラインが素晴らしいですがちょっとだけ目立たなくなりました。
ぴっかぴか
本来であれば黒淵があるのですが梨地部分が無かったのでちょっと手抜きです。
・・・・が実はぼかし部分にデカールを貼った後に気付くと言う失態を犯してしまいましたw
下側はゲートがあり、跡が目立つので黒を塗ってあります。←じゃあ塗れよ(ボソッ

サンルーフもコンパウンドで磨いてからスモークを裏から吹いて
淵を艶消し黒を塗ってあります。
いざ組んでもw
結構濃く塗ったつもりなんですが組み付けると目立たないです(´・ω・`)

テールランプは裏から塗り分ける派なのですが
今回の物はレンズカットのモールドがしっかりしていてマスキングが上手く貼れないので
一番最後まで放置していたのですが・・・・なぜかこのような暴挙に。
きゃあああああ
テールランプバラバラ殺人事件!
「こうすれば塗り分けがいらなくなると思った。」
「今では反省しているような気がしないわけでもない。割れなくて良かった。」と供述して(ry

ゲフンゲフン・・・とまぁ勢いで分割してみました。
結果のほどは・・・そんなに変わらないですw
後ろ
ハイマウントストップランプは100均のメタリックテープを貼ってみました♪
結構キラッとしててアクセントになります。

これでとりあえず大体の作業が終わりました♪
ここでオマケをひとつ。
私はプレリュード=デートカーと言うイメージが強いんでちょっと小物を追加してみました。
フジミのファインドライブシリーズのパーツの余りをジャンクから発掘してきました。
ファインドライブシリーズ
ただし、見つかったのはぬいぐるみ・タバコ&ジッポ&ドリンクホルダーだけでした。
ティッシュやクッション類は発見できず・・・・・

ちなみにくまちゃんは後に別売りされた時は起毛塗装はされていませんでした。
これは当時買ったファインドライブシリーズのCR-X?からの流用です。取っておいて良かったw
タバコは頑張って塗り分けてジッポはメッキシルバーです。
芳香剤はクリアのランナーを炙って丸めた自作品です。
フタは伸ばしランナーで製作して本体をクリアブルーで塗装しました。
これは以前読んだカーモデル制作の本で知ったアイディアです♪

これをセットして・・・・・
ファインドライブ
う~ん気分は90年代前半ですね♪
いまからベイブリッジにドライブに行くんでしょうね~w

とりあえずプレリュードの製作記はこれで終了です。
お付き合いいただきまして本当にありがとうございました♪

完成品画像は近いうちにアップします♪

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:27 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年11月