HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月

≫ EDIT

フジミプレリュード製作記。外装をちょこちょこと・・・・・

最近めっきり涼しくなって来ましたね。
スプレーでシューッと塗装するのがちょっとツライ時期になってきそうです。

今週は体調が悪かったのでちょっと製作ペースが落ち気味でした。
少し落ち着いてきたのでプレリュードをチャッチャと進めます。

フロント周りから徐々に組み立てます。
プレリュード
とりあえずモール類にミラーフィニッシュの細切りを貼りました。
ちょっと太めですが自分のテクでカットできる限界がこれくらいです。
プレリュードの前期型のモールは真ん中よりちょっと上くらいにモールがあるので
それを意識して貼ってみましたが画像だと真ん中に見えます・・・

フォグランプはイエローバルブの反射風にクリアイエローを薄めに塗ってみました。
ですが黄ばんだレンズにしか見えないような・・・w

で、塗装で埋まってしまったホンダエンブレムは・・・・・・・
結局このようなものに頼ってみました。
さかつう エッチング

実はこれにたどり着くまではかなり大変でした。
当初は「手持ちのホンダ車のキットからHマークをもってくりゃええべ( ^ω^)」
なんて思っていたんですが・・・・・・・
意外とホンダエンブレムがボディに彫刻されている場合が多くて
デカールが付いているキットが少ないんです。
新しい車だと今度はHマークが大きかったりと・・・
そこでタミヤのS2000のキットを買ってインレットを流用しようと思ったのですが
近所の模型店では売り切れており、代わりにさかつうのエッチングを購入したわけです。
プレリュードのキットより高・・・・いやなんでもないです(´・ω・`)

削りだしのシフトノブやプロジェクターのレンズも付いてます。
でもまぁこれで近いうちにS2000を作らなくてはいけない状況になりましたw

最近は薄くするのがトレンドのナンバープレートですが
今回はキットの物の厚みを生かして字光式プレート風に仕上げてみました。
字光式
と、言いましても白く塗って淵をメタルックの細切りを一周くるりと巻いただけですが・・・
アップに耐えないのはご勘弁をw

余談ですが私の車も字光式です(;^ω^)

外装を作っていて思ったのは前期型では特徴的なデザインですので
モールにメッキモールが付くといきなりプレリュードっぽくなりますね。

曇りまくりのガラスパーツをコンパウンドで磨いたりと他の部品をちょこちょこ進めています。
後はテールランプを塗り分けて上下合体させて完成!のはずです。
完成が近づくとどうもニヤニヤしてしまいますね・・・・w
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:06 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ3代目プレリュード製作記。ボディ磨きとか内装とか。

小学生の頃たまに見かけた現役のクジラクラウンのHTを目撃して感動したHITEQです。
まだ走ってたのかぁ・・・と嬉しく思いました。私の車では無いんですけどね(笑)

さてさて、プレリュードも現役旧車に負けずにジャンジャン進めましょう。
まずはボディ磨き編です。

例によって、中研ぎをしてからクリアを吹いていたのでボディは鏡面に近いです。
今回はトランク・リアバンパー上・天井の一部がちょっと柚子肌気味だったので
2000番のペーパーで磨きました。
それでいつものようにタミヤ三種盛りで仕上げます。

ですが今回はなかなか傷が消えないという状態に・・・・・
磨き傷
うーん・・・・・埒があかん・・・という事で
今回は奮発してクレオスのフィニッシングクロスを使ってみました。
フィニッシングクロス

細目・仕上げ目と頑張って磨いていると・・・・・・
ボディ
中々の艶ですね~!磨き傷も綺麗に消えてくれました( ^ω^)
この手の布もなかなか使えますね♪←今更何をw

ボディの磨きが一段楽したのでマスキングして窓枠とモールを塗ります。
今回はマスキングにめちゃくちゃ時間がかかりました・・・・
マスキング
窓枠はともかくサイドモールなどはビッと決まらないとかっこ悪いので
直線に貼れる様に気を使います・・・・・

緊張しながらマスキングを剥がすと・・・・
赤黒
DOHC-RS・・・・・いやなんでもないです(´・ω・`)
プレリュード
今回は大きい漏れも無く上手く塗装出来ました♪

さて、内装です。
基本的にはあまり変な部分はありませんが気になる箇所は前回修正しておきました。
(※シフト周り・シートバック埋め・ダッシュボード上下の合いが悪いので下部を三分割。)

例によって500番のサフを砂吹き後にクレオスのジャーマングレイを全体に吹いて
シート・カーペットはニュートラルグレイで砂吹き気味に色を乗せています。
※この後シート部分のみさらに500番サフを砂吹きして布っぽさを出しています。
座席
リアのトレイもちょっとだけニュートラルグレイを吹いて布っぽくしています。

フロントも基本的には同じ工程ですがマスキングしてサイドサポートを塗り分けています。
座席
実は塗り訳ラインを間違えたのでやり直しています(´・ω・`)

ダッシュボードはジャーマングレイで塗って
ステアリング周りはアクセントを付ける為に艶消し黒で塗ってみました。
ダッシュボード
例によってスイッチ類を爪楊枝でちょこちょこ塗ってみました。

で、内装も完成です。
内装
サイドブレーキが上を向きすぎていてワイヤーが伸びきった車みたいだったので
ちょっとカットして調整しています。
内装
今時の車に比べると内装も厚みが無くてカッコいいですね♪
ボディ周りはアレですが内装は比較的コンディションも良くて良い感じです( ^ω^)

最後はモチベーション維持の上下合体です♪
プレリュード
うーんあとは曇りまくりのガラスとレンズ類ですね♪
あと。埋まってしまったフロントのホンダエンブレムとか・・・(´・ω・`)
まだまだ先は長いかもですw


| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:11 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おかげさまで10万HIT&シルバーウイーク

ここ最近偏頭痛気味でちょっとご無沙汰してしまいました・・・・・
皆様の所にも遊びにいけなくてすみませんでした(;^ω^)

てなわけで久しぶりにPCを覗いたらなんとカウンターが10万を超えていました!
これも見に来て下さる皆様のおかげでございます。本当にありがとうございます!
アクセス数がここまで増えたのもリンクをして下さっている皆様や
コメントや拍手を頂く皆様のおかげです♪本当に感謝感激雨あられです。

当初は芸能ブログとしてスタートしてちょこちょこプラモの完成品を
載せるようになりファミリーコブラの製作記を書き始めて・・・といつの間にか
自己満足カーモデル製作ブログになりました。
古い記事を見ると「(;´・ω・`)・・なんじゃこれ」と思うこともありますが
これからもマイペースで行きたいと思います♪

さて、皆様はシルバーウイークをどう過ごされましたか?
私の一族は今時珍しく、親戚付き合いが活発な物で家に行ったり来たりと
ほとんど模型制作に時間が取れませんでした。

そんな中。成田空港の隣にある航空博物館に10年以上ぶりに突撃。
私自身、車のことだとやたら細かく重箱の隅をつつく語るタイプなのですが
飛行機は本当に疎いので展示物を見て
「ほうー・・・(;^ω^)」「あ、これプラモであるよね。」と言うレベルの知識です。

航空博物館

たまたま行ったら無料公開日という事で混んでおりました。

館内

せっかくなのでちょっと画像を・・・・・
       ↓

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:06 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミプレリュードをちょこちょこ&無事に到着。

昨日は突然熱っぽくなって「ええ?まさかインフルエンザ?」と思うも熱は無し。
ふらふらするし頭が痛い・・・・・「これは病院に早めに行った方が良いか?」と思ってたら
何気なく食べた栗が実はブランデー煮だったいう事が判明。
単に酔っ払っただけだったようです(´・ω・`)
ちょっと諸事情で禁酒状態なので
お酒の席の出席率が悪いので回りにも白い目で見られておりますw

さてさて、アオシマブログや皆さんの所でも話題になりましたが
痛プラGP事務局へまじぇ☆すたが無事に到着したようです。

※アオシマキャラクター部ブログ
http://blog.livedoor.jp/aoshimabunka/archives/856933.html
※くまぶろぐ
http://ameblo.jp/aoshima-kumablog/entry-10345320649.html

無事に到着して良かった~(;^ω^)
皆さんの作品も大きな破損もなかったようで安心しました♪

厳重に梱包したつもりだったのですがみなさんの箱を見ると
ケースに入れて大き目のダンボールに入れていたようですね・・・・・
私はけいおん!痛トラックの荷台エラーの時に送られてきた交換部品の箱に
プチプチで土台を作って入れてみたのですが果たして良かったのかな?と思いました。
完成品を送るなんて初めての事だったものですから・・・


んで、プレリュードです。
ちょっと地味な工程ばかりで絵的につまらないですがとりあえずボディ磨きを開始。
地味な絵だw
例によってタミヤ三種盛りで磨きます。荒い部分のみ2000番のペーパーで馴らしてから磨きます。
カド出ししやすい部分はマスキングで養生。
今回は磨き傷が消えにくいのでゆっくりと作業しております。

ホイールも以前組んだ物の流用ですが
傷が多かったリム部分をペーパーで馴らしてから
ガンダムマーカーメッキシルバーでぐるっと一週塗ります。これで新品同様ですw
センターキャップ部はアクリルのクリアを流し込んでおきました。
ホイール
タイヤもP7から手持ちのRE71オプティマに変更しておきました。
ちょっとハイトが薄めに見えるのでプレリュードに丁度良いかなと・・・・

内装も徐々に修正開始。
上下の合いが悪いダッシュボードを三分割にして接着して
やる気の無いATのシフトの根本をジャンクから加工しておきました。

これじゃあどこにもシフト出来ないですねw
AT

修正後・・・と言う割りにあまり見えないですが・・・・
ああ
ちゃんとシフト出来そうな溝があるにはありますよ・・・・・
まぁMTにすれば良いのですが「プレリュードはATの方が似合う!」と言う
勝手な思いこみから加工してみましたw

とりあえず下地処理が終わりましたのでジャンジャン塗装して行きたいです♪
後はボディを磨いて内装を塗って小物類を塗って
クリアパーツを磨いて塗装して・・・・って先はまだ長そうですw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 11:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TLVNのルーチェレガートが素晴らしい!

私のツボに入るミニカーをちょこちょこ出してくれるトミーテックの
トミカリミテッドヴィンテージシリーズの新作が発売されました!

マツダルーチェ・レガートハードトップリミテッドです。
ルーチェレガート

う~ん!縦目4灯にこの紫のボディカラーが素晴らしいです( ^ω^)
前回の230グロリアを買い逃してしまい
ちょっとモヤモヤしていたのですがこれを見たらすっきりしましたw
白の純正アルミ付きも魅力的だったのですが
純正キャップ&紫にグッときたので今回はこちらを買いました♪

この縦目のルーチェは私が小学校低学年くらいの頃までは
ちょこちょこと街で見かけたのでそういう点でも親しみのある車でもあります。
そういえばもうひとつの白のアルミ付きと全く同じ車を良く近所で見かけた覚えが・・・・・

5代目のクラウン4ドアHTのようなアメ車風のピラーが素敵ですね♪
ストライプやエンブレム類も綺麗な印刷で表現されております。
ここまで来たらミラーも欲しくなりますねぇ・・・・・

ルーチェ

内装も微妙な色合で塗り分けられていて良い感じです♪
内貼りやステアリングもきちんと彫刻されております。
小ぶりなテールランプも印刷ですがなかなかの雰囲気です。
RE-130 APのエンブレムがたまりませんw

まわるまわるロータリー

しかし、2009年になってルーチェレガートのミニカーが発売されるとは思わなかったですね・・・
これからもマニアックかつ面白い車種を発売して頂きたいです(´・ω・`)

子供の頃ライトを改造したクラウンだと思ってたのは内緒です。
実は子供の頃、この縦目が怖かったのは内緒ですw
歩道橋から車を眺めるのが好きだったのですが丁度この角度が怖かった覚えが・・・・

他にも錆だらけのヨコハマタイヤのマークや通っていた幼稚園の初代シビリアンとか
穴が開きまくりの黒の初代パルサークーぺとか・・・・
車好きのはずなのに目を背けてしまったものがたくさんありますw

| ミニカー | 16:38 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミBA5プレリュード製作記。ちょこちょこと地味な作業。

例の物を痛プラGP事務局の方に発送させていただきました♪
破損しないように厳重?梱包をしておきましたが壊れない事を祈るだけです。
ちなみに発送前に一度分解して外れそうな部品を最接着しておきました。
ルーフウインカーや車内の小物は触っただけでポロッ・・・と落ちたので
そのまま発送していたら・・・と思うと怖かったです。

さて、フジミのプレリュードですが・・・・その前に恐ろしい出来事を・・・・
日曜日にベランダで塗装をしていた時なのですが
突然ブオーンブオーンブオーンと言う羽音が近づいてきました。
「なんだ?虫か?」と思って上をチラッと見たらなんと大きなスズメバチが!
とっさにやばい!と思って部屋に逃げ込んだのですが窓に何度も何度も体当たりしてきますw
数分ほど粘っていましたが帰っていきました。
冷静に考えたらその日は黒いTシャツを着ていたので熊にでも間違えられたんでしょうね・・・・
我が家は住宅街ですが年に数回ほどスズメバチを見ます。
しかも小学生の頃に物干しからズボンを取って履こうとしたら
中にキイロスズメバチが入っていてあわや!という事も・・・(´・ω・`)

まだ、行動が活発らしいので皆様もお気をつけ下さいませ。

さて、今度こそプレリュードです。小物類を地味に進めております。
まずはワイパー。特に問題ないのですが細くしてみました。
ワイパー
私はエッチングのワイパーがあまり好きではないのでキットの物を加工したりするほうが好きです♪
リアも同様に加工します。ウインドウのカーブに合わせて曲げます。
フジミのキットはプラスチックが軟らかめですが
このキットは特に軟らかいような気がします。無理して曲げても折れませんw

内装は合いの悪いダッシュボードの上下以外はそれなりの出来ですが
シートバック裏はやっぱりスカスカなので埋めておきます。
実車はシートバックポケットがあると思いますが今回は資料も無いのでそのままです・・・・
なんかイマイチ
内装もどんどん進めないとなぁ・・・・・

シャーシ裏があまりにも殺風景なのでジャンクを適当に組み合わせます。
実際と違うと思う。
実車と全く違うと思いますが雰囲気で・・・どうせ艶消し黒で一発吹きの予感ですし・・・・w
マフラーは適当なタイコと手持ちのアルミパイプを組み合わせてみたのですが
純正にしてはちょっと太すぎかなぁ・・・と。
まふりゃー
まぁレガリスあたりに脳内変換するのも良いかもです(爆)
あ、歪みまくりのテールレンズもあっためて直しました。
またぴったりではないので分割してみようかなと・・・・・

週末くらいにボディ磨きが開始できれば良いのですが果たして!?

そういえば新製品が続々発表されていますね♪
個人的にはアオシマだとグラチャンの新規パーツ(ジャパンの430マスクw)と
久しぶりの130クラウンのノーマルとかR32スカイライン4ドアのエンジン付き再販や
新規のトラック野郎の一番星とかが気になります。
フジミだとフィアット500アバルトとか現行オデッセイ・キューブあたりですね!
どれも気になるキットばかりです( ^ω^)


| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:27 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ三代目プレリュード製作記&メガリムホイール。

皆様から多数の暖かいコメントを頂いて本当に嬉しいです( ^ω^)
余韻に浸っていたいのですが、まだ現物を発送をしておりません(汗)
破損しないように、そして取り出しやすいように梱包しなくては・・・・

さてさて、プレリュード様はクリアがけまで終わりました。
例によって最終クリア前に1500・2000と中研ぎを入れてから最終クリアを厚吹きです。
色あせ
決して色褪せを再現してある訳ではありませんw

例によって最終クリアはちょっと厚めに・・・
クリア
モールドが埋まり気味ですが今回は元のボディがアレなのであきらめます(;^ω^)
ミニカーのような艶を目指しました♪・・・・って本当は厚塗りしす・・・ゲフンゲフンw

無事?にクリアを終わらせたので一週間ほど寝かせてから磨く事にしましょう。

ここ最近試している先行スミ入れですが
スジにも光沢になってしまうので場合によっては磨き後にもう一度
スミを入れても良いかもですね。

んで、週末は時間が空いたので切れたペーパー類や塗料を買いに・・・・
おまけでアオシマから単品発売されたメガリムホイールを買って来ました。
買う予定は無かったのですが店頭で見かけて
24インチホイール&モニターがお買い得に感じたので購入です。
MEGARIM
最近すっかりカスタム寄りになっているような・・・・・

これをプレリュードに・・・・は使えないですねw
いや、軽い気持ちで買ったのですが24インチだと乗用車には合わせずらいですね~

とりあえずネタで手持ちのキットと合体させてみました。

ランクル100
フジミのランクル100です。
ホイール取り付けがちょっと特殊な取り付け方なので
きちんと取り付けるにはちょっと頭を捻らないとダメですね。
リアはハブを付けずにピンにそのまま付ければOKですが
フロントは長いピンに代えないとダメそうです。

おまけ
他の手持ちのキットに合わせて見ました♪

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:28 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

痛プラGPの結果に驚き・・・・(((( ;゚Д゚)))

痛プラGPの結果が正式に発表されました。

http://www.itasya.net/itaplagp/index.php

結果を見てビックリ!なんとまじぇ☆すたVIP痛個タクが準GPを頂いてしまいました!
これも完成まで見守って下さった皆様のおかげでございます。

実を言いますと7月・8月とちょっと色々ありまして
一時期は「これは間に合わないな・・・・」と言うのが正直な所だったのですが
ここを見に来てくださる皆様の応援もあり、ペースを上げて完成させる事が出来ました♪

痛プラGP

そしてリンク先のB4DRiVER様がアイマスDSアリストで準GPを受賞されて
saba32様がひだまりオデッセイで痛G特別賞を受賞されまして
遊びに来て下さるあぶそるーと(dixcel)様も準GPでした♪
本当におめでとうございます( ^ω^)

本当に様々なプラモが集まったので私も良い刺激になりました。
自作デカールのデザインや小物類・ボディカラー選びなど見所がたくさんありましたね~!
ベースキット選びでニヤリとさせて頂いたり自作デカールに感動したりと
見ていて本当に楽しかったです。

第一回という事で細かい点で不十分だった点もあったと思いますが
痛車プラモが息の長いジャンルにする為にもこれからも開催して頂きたいですね♪

準GPを頂いて正直言いますと「えええ???本当に俺で良いの?(´・ω・`)」と言う
思いも少なからずあるのですが素直に喜んでおります♪
投票して下さった皆様本当にありがとうございました!

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 09:08 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミプレリュード製作記。スミ入れ&クリアコート開始。

こんばんわ!プレリュードを弄っていると
「どうにかしてエアロデッキにならないか?」と考えてしまうHITEQです。

さてさて、ボディにクリアコートを致しましょう。
前回の製作記の後に中研ぎを入れてもう一度赤を吹きました。

そしてクリア・・・・と思ったのですが最近夜は湿気が多いし天気も悪い・・・・
前回のロードスターの製作の際に先にスミ入れを行ったので
綺麗にスミ入れすることが出来たので今回も先に入れてみましょう♪

どっちかというとクリアコートすると確実に埋まるであろう不安な溝が
数箇所あったので、先に入れちまえ!と言うの方が大きいですw

ボディ

うーん・・・スジがヨタヨタしているようなw

で、やっちまいました・・・・・・
溝が浅かったのでPカッターでスジに気合を入れたら・・・・・・

ガリッ!
ガリッ

一瞬屋根を切り飛ばしてエアロデッキにしたい衝動に駆られますが冷静にタッチアップします。

そしていきなり厚めに吹くとスミ入れの塗料が流れてしまうので
一度全体に薄めにクリアを吹いてから2000番のペーパーで削ると・・・

ジャーン

結構良い感じに誤魔化せました・・・・
これならクリアコートしていくうちに綺麗に消えてくれそうです(・∀・)

あと、個人的に気になったのがミラーです。
キット状態だと台座が小さく違和感がありますのでジャンクの部品を加工して組み合わせます。

ミラー

黒がキット部品でシルバーの物がフジミのR32スカイラインの物だと思います。
ボディ側に合わせて台座をちょっと弄っておきました。

あ、こないだとあるお店で見つけて赤いホンダ車繋がりでこちらを購入。
アオシマ 無限 オルティア
父親に付き合ってたまに行くお店なのですが前から探していたキットに運良く出会えました。

よーしこれをインテグラSJに・・・・・出来たら良いなぁw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ三代目プレリュード製作記。ボディ色&足回りちょこちょこ。

どうやらアオシマから新製品でけいおん!ランエボ?が出るみたいですね♪
バリエーション一号が痛車というのは面白いですね。
もしかしてそれを踏まえての開発だったんでしょうかw

けいおん!痛トラックの荷台も無事に到着して
アオシマさんの対応の早さに感謝しつつプレリュードを進めましょう。

さてさて、「プレリュードと言えばこの色。」と言う話で前回の記事を締めましたが
私にとってプレリュードと言えば赤です!色名はフェニックスレッドだったと思いますが
この色は小学生時代に近所に良く停まっており見る機会が多かったのと
フジミプラモの箱絵のイメージもあるかもしれませんw
その他だとブラックのホワイトのイメージが強いですね♪

で、クレオスの3番レッドをグレーサフの上からいきなりシューッと吹いてみました。
bodeli
こだわって赤を塗装される方にはアレだと思われる知れませんが
私は赤の場合グレーサフの上から吹くことが多いです。というかほとんどですw

うーん実車の赤に比べるとちょっと明るいような気がしますがこれで良いかな・・・・
赤は画像に撮って縮小したりすると印象がかなり変わりますねぇ。

とりあえず薄めに2回吹いたのですがザラザラなので
一度1500番くらいで撫でてからもう一度薄く吹いてみようと思います。

んで、ホイール選びです。コレが非常に難しかったんです。
手持ちの物だとアオシマの18インチ・19インチが多いのですが大きすぎてパス。
その次に旧車系ホイール。ハヤシやスピードスター系だとちょっと・・・・
(いや、それはそれでアリかもですが今回は方向性が違いそうです。)

16インチ程度の当時物ホイールと言うのが、もうなかなか売って無いんですよね。
アオシマさんやフジミさん!再販すればきっと需要はありますよ!・・・・・ごく一部に・・・w
年代的にVOLKレーシングのグループCをスポーク部同色塗装とか
モデナとかアウトフォルムスポークのような5本スポーク系が似合うかな~と思ったり。

今回は手持ちからBBS-RGをチョイスしてみました。
ホイール
アオシマのSパッケージのC34ローレルに付属の物です。
形状的にちょっぴり日産純正オプション仕様風の形状になっています。

しかしこれ・・・・ピン式ホイールなんです(;´・ω・`)
そのままでは付かないので
こないだのロードスターのジャンク部品からピン式ブレーキ周りを移植します。
うひゃーwパワープレイwwwwww
ジャンクの部品(キットの過剰パーツの足回りの部品と手持ちのフジミのブレンボ)の
土台部分と合体させてポリキャップを現物合わせで継ぎ足してシャフトに通して接着します。
こうすれば一直線に固定できます♪
リアはこの方法でハブ周りを製作したら「秘儀!現物合わせ!」で接着します。

全体像はこんな感じです。
黒モールがビッと決まればカッコよくなりそうです(^ω^)
高速
なんとなく雰囲気が掴めて来ましたんでジャンジャン進めて行きたいと思います♪

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:25 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ三代目プレリュード製作記。ボディ修正編。

フジミの三代目プレリュード(BA5)の初版キットや峠シリーズには
純正のマグネシウムホイールがセットされていますが
実は私、あまりそのホイールを装着している車をあまり見たことがありません・・・・
どちらかというとフジミのキットで存在を知っていて
実車のイメージと言うと
フィンタイプのアルミホイールやホイールキャップ仕様のイメージが強かったです。

そしたら今日、交差点の先頭で信号待ちしていたら白い三代目プレリュードが横切りました。
「おっ!前期型!」と思って見たらなんと例のマグホイールを履いていました!
プラモのイメージが強いので小さく見えましたがまじまじと見たのは初めてかもです。

なんという偶然・・・・・
今作ってる車なので特に目を惹いたのかもしれませんが
プラモ製作の神様が引き合わせてくれたのかも知れません・・・(;^ω^)

さてさて、話が長くなりましたがボディ修正です♪

えーとこのキットのボディが素晴らしいコンディションなのはお伝えしたとおりですが
いざ弄り始めるとちょっとやられてきました。

金型の痛みかパーティングラインが段差になっており、ペーパーで処理なんていう技は通用せず・・・

ずれ

アンテナのモールドを見ていただくと解ると思いますがかなりずれています。
もう無視してガッシガシヤスリをかけてカッターでカンナを掛けるように削ります。
薄くなったモールドはPカッターで彫って例の薄刃カッターの刃で深くします。

段差が消えない部分はラッカーパテで漏ったりひどい部分はポリパテで成型しました。
修正後
トランクのラインは段差のせいか天面と後端部でラインがずれていたので彫り直しです。
ちょっと完璧とはいえないのですが元よりは良くなりました・・・(;^ω^)

ついでにテールランプ取り付けの穴もランナーを挿して瞬間で固定後パテ埋めしておきました。
この穴が目だってしまうんですよね。

ちなみにテールランプは素晴らしく反っております。
※トランクのスジは修正前なのでずれているのがお解りいただけるかと・・・

反り
お湯であっためて直しましょうw

で、ちょっと騙し絵かと思うのが窓枠です。
窓枠
黄○部分を見ていただくとわかると思うのですが窓枠下部のモールドが消えており
ドアミラー取り付け基部に一段高くスジが通っています。
「おいおいHITEQよ・・・ミラー付ければ問題ないじゃん」というお言葉が聞こえますが
ミラーの足の部分がやたらと小さい為に隠れないんです・・・・(´・ω・`)

なのでポリパテで埋めてスジを彫りなおし四拾萬です。
窓枠

まぁやらないよりは・・・と言うレベルです。
窓枠のスジもガッタガタですのでこの後彫りなおしてみましたがあまり効果は無かったです・・

あ、例の窓枠も一応修正しておきました。
パテ
まぁ当初よりは良くなったかな・・・・w

あ、ウイングなんかもパテでヒケをとっておきました。
パテ
ミラーは現在加工中ですがどうもうまく行きませんw

ペーパー掛けて~スジ彫りなおして~見事にずれて~パテ入れて~ペーパー掛けて~
サフ吹いて~傷を発見して~ペーパー掛けて~サフ厚めに吹いて~モ~ルドが埋まって~
またスジ彫って~最初に戻る。を繰り返して行きます(;^ω^)

パテパテ

途中新製品や在庫キットが「こっちを組めば楽になれるよ。」誘ってきますが無視して作業します。
しばらくループすると「おや?もしかしてゴール??(^ω^)」と思うポイントが
見つかるはずですので、そこで厚めにサフを吹いて問題無しなら下地が完成です。

ゴール

まぁもうちょっとエッジを立てた方が良かったかな・・・・とか天井のラインも甘いかなぁ・・・
なんて思いますが元が元なんでコレくらいで塗装したいと思います。
ある程度のところで止めておけば精神衛生上良いですので(´・ω・`)

今回、ボディがここまで痛んでいたのは
おそらくですがボディが薄くなるように設計したからかなと・・・・
その分金型が痛みやすかったのではないかと推理しています。
内装などは今でも通用しそうなほど良い雰囲気ですし。

さて、次回はボディ塗装と行きましょう。
思ったよりサクサク進んでいるのでここいらで一度やらかしそうな所なので気を付けないとw

ボディ色は個人的にプレリュードといえばこの色!と言う色で行こうと思ってます。
でも今日見た白も良いなぁ~!


| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:13 | comments:7 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

けいおん!痛トラックを買ってみました。

最近アオシマのトラックモデルが熱いですね!
ヘビーフレイトシリーズのスーパーグレートは非の打ち所が無いスケールモデルですし
新開発のミドルフレイトのフォワードは思わず唸る素晴らしいキットの予感です。
マッドガードのフォワードロゴなんか涙物ですよ。

実は私もかつてはトラックをメインに制作していた時期があった訳なんですが
ここ最近はすっかりご無沙汰でした。
置き場所の問題と完璧なトラックモデルを作ると言うのは
意外と難しいと言うのに気づいてからはちょっと距離を置いてしまいました。

しかしフジミ参入後の最近の新キットはどれも素晴らしい出来で
スケールモデルとしての魅力に溢れています。
久しぶりにトラックモデルが作りたいなぁ~と思い模型店へ・・・・・
当初ミドルフレイトのフォワードが欲しかったのですがあいにく売り切れ・・・・・

するとひときわ目を惹くパッケージが・・・・
けいおん!ツアートラックです。
keionn!
こちらも売り切れてると思ってたのであきらめていたのですが残りの一台をゲッツ出来ました。
いや~この箱を持って店内をうろうろするとちょっと恥ずかしいですね~w

買ってきてシュリンクも開けずにワクワクしていたのですがち某掲示板で「あれ?」と思う情報が・・・・
どうやら平ボディーの荷台が間違って入っているロットがあるらしい・・・とのこと。
「え~マジかよw」と思ってたのですが他所にも情報が書いてあったので
シュリンクを開けてみると・・・・・
nidai
ハズレ~♪・・・・・orz
成型色違いとかならまだ良かったんですが・・・・・・
あとこのりっちゃんの絵が・・・・なんでもないです(´・ω・`)

この事はアオシマの公式サイトでもお知らせが載っており
荷台に関しては連絡すれば良品を送ってくれるそうなのでとりあえず問題は無さそうです。
似てるといえば似ている部品なのでこういう間違いもしょうがないかもですね。
でもキットの値段が高いのと
シュリンクを開けずにコレクション目的で購入する人もいると思うので
こういうミスは起こらないようにしてもらいたいですね・・・・

さて、せっかく開けたので中身をご紹介。
ベース車は明記されていないですがレンジャープロですね。
キャブは比較的新しい設計なので非常に良い感じです。
レンジャープロ
私も好きな車種で良くお世話になりましたw

バンパー・グリル・ステップなどはメッキです。
こういうパーツ類はメッキシール類を貼るのが難しいので助かりますね~♪
メッキ
被せ式で綺麗に装着するのには加工が必要ですがハイルーフもセットされています。
サイドスカートはエアロ式です。
地味にコレが付くキットは久しぶりですね。
メッキパーツですが三連角テールランプが付いています。
デカール追加のお手軽キットのようですが
それっぽい仕様になったり、久しぶりにセットされるパーツもあったりと良い感じです。

で、こちらがメインのデカール。
デカール
ちょっと前に似たような物を製作した覚えがありますがやはりメーカー物は良い感じですねぇw
もうキャラ単品のデカールがあったりセリフとかのネタステッカーがあると良かったと思いますが
あくまでツアートラックと言う事なのでロゴなどが多いのかもです。

とまぁいきなり笑わせてもらいましたがけいおん!が好きな人なら買って損は無いかもです。
ただ、シュリンクされてるので部品の梱包ミスが無いロットだと良いのですがね・・・

| 車プラモレビュー | 23:10 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ3代目プレリュード製作記。シャーシいぢり。

前回の記事でちょっと厳しめのキット紹介になりましたが
このフジミの3代目プレリュードですが、実は個人的には思い出たっぷりのキットです。

小学校低学年くらいの時にインチアップのキットを模型店で見て
4WSと書かれた黒い背景に赤いプレリュードのフロントが移っているカタログ写真を使った
パッケージに一目惚れしまして、じーちゃんにゴネて買ってもらいました(汗)

で、そのキットは4WSのギミックを再現するために例の板シャーシに
専用部品を用いているのですが、上手く組めずに結局シャフトを通して作った覚えが・・・w
しかもボディは赤いのにバンパー・内装は白だったので変な仕上がりに・・・

なんて事を思い出しながらキットを組んでいます。
まぁボディの予想外の状態にちょっとやられつつもじゃんじゃん手を動かします♪

さて、コレが例の4WSギミックのリアのナックル部分です。
sya-0si
本来プラ製のシャフトが入るところにホイールをそのまま挿して接着するようですw

これではアレなのでキット付属のスーパーボルクを仕様しないで
エアロバンパーのランナーに付いてるシャフト部品と押さえを使います。
足回り
そうするとポリキャップ式のホイールも装着出来ますし
一部のフジミキットやホイールに付属のブレンボのブレーキキットが装着できます♪

仮組してみたらホイールのセンターが前よりだったので固定用の
B19とB20番のピン部分を切って、シャーシに当たる部分を削って
後ろ側に1・5ミリほど後ろにずらしました。

それに伴いシャーシに固定するアッパーマウント部分をずらすため
シャーシ側の固定部分を削ってから接着します。
シャーシ

んで、左右で切れ角が違うのでシャーシやタイロッド部品のダボを削ったりしてみましたが
これはやってもあまり変わらないですね~

4WS

とりあえずちゃんと切れますw

んで前側。
こちらもセンターに来ないので若干の加工は必要です。
と言っても下側のロアアームの部品を加工して位置をずらして接着。
シャーシ
ダボを削って黄○部分を削ります。
シャシーもはみ出して見えるので青○部分をカットしておきます。
私は先に接着してしまったのですが
ホイールベースを短くする為の部品(B23)があるのですが
こちらの接着位置を調整しても良いかもしれませんね。

あと、これは個体差だ思うのですがシャーシが歪んでいて
フロントの車高が左右で違ったのでB23の受けを削って調整。

とまぁ長々と書きましたが一番手っ取り早いのは原物合わせする事だと思いますw
リアなどは4WSにこだわらなければシャフトを用意しても良いかもです・・・・

ぷれry~ど

Y31用ホイールはあくまで仮です。
現状では年代が合う大きすぎない社外ホイールを付けるのが良いかな~と思ってます。
個人的にこの型はホイールが変わってるイメージが強い物で・・・

とりあえずシャーシの調整と車高が決まったので
ボディの修正も本格的に進めたいと思います♪

ボディ

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンク先追加!ながせ様の「くるまのプラモ製作記」。

新しくリンク先を追加させて頂きました!
このブログに良く遊びに来て下さる
ながせ様のくるまのプラモ製作記です。

こちらの見所はなんと言っても
実車のカタログから出てきたような仕上がりのカーモデルです♪

綺麗なボディも素晴らしいですが、私を含めてついつい手を抜いてしまいがちな
内装やウインドウ回りの製作記は特に必見でして
実車と同じように処理されたパーツに思わず感動してしまいます。

また、修正点や加工ポイントを詳しく紹介されておりますので
製作の際の参考になること間違い無しでございます。
丁寧に製作された作品がツボに入る人達も多いと思いますよ♪

是非皆様も遊びに行って見て下さいませ!

| 日常 | 00:36 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ3代目プレリュード製作記。続くのか!?

今日は行く先々で食事を進められてお腹が割れそうなHITEQです。

最近模型店に通うペースが減ってしまい新製品もご無沙汰です。
グラチャン330のバンパーのオーバーライダーや特殊荷役シリーズが素晴らしいですね。
買いに行こうと思うも行けなくて悶々としておりました。

さてさて、ここしばらく痛車漬けだったのでちょっと普通の車を作りたくなりました♪

ちょっと前に友人が程度極上のちょっと古いホンダ車を購入しました。
低いボンネットに、これぞホンダツインカム!と言うような音とレスポンスのエンジン。
車種は内緒ですがそれがめちゃくちゃカッコイイ!
その車種はキット化されていないのですが友人とタミヤのGrAの無限ワンダーシビックが
再販されないことを嘆いていたら急に昭和末期~平成初頭のホンダ車が作りたくなりました。

そこで私が作りたくなったのがフジミのEF7のCR-Xかフジミの三代目プレリュードです。
EF7はちょっと前に製作したのでハチマルヒーローシリーズで再販された三代目プレリュードに決定!

・・・・が店頭で中々見かけませんw

近所の店を何件も回ってみましたが収穫なし。
取り寄せをしてもらおうと思ったら問屋さんにも無いとの事。
そこでもうあきらめていたのですが、たまたま売っている所を発見!と言う流れですw

次回作は

おお~あったあった!と言う思いが強くて中も見ずに買ったんですね。
その後家で開けてビックリ!
なんかボディはガッタガタのヨレヨレ・・・・・w
アメプラやレジンキットの方がまだ良さそうです(´・ω・`)
でも内装なんかはすっごい良い感じ・・・・

う~ん高校生の時作ったジャストチューニングシリーズ改のローコン仕様を作った時は
こんなにボディがひどくなかったと思うのですが・・・・

※サフをボディに吹いています。

キット指示のエアロバンパーを組むと・・・・
ジャーン

このキットは上級者向け・・・ゲフンゲフン

サフ
これ、画像の方がまだ良いですw

窓枠が

(;^ω^)・・・・・・窓枠がw

他にも屋根が歪んでいたり金型が痛んでいて段差が多いです・・・
思わず見なかったことにして在庫棚に積む気満々になったのですが
せっかく買ったし・・・ホンダ車作りたいし・・・・との思いから製作を開始です。

当時のキットに付属だった純正ホイールではなくなぜかスーパーボルクが・・・・・・
hoi-ru

いや、確かに後期用の風車タイプホイールに見えなくは無いけどさ・・・・
しかも説明書の指示通りだと後輪は接着ですよ接着。

エアロのランナーが付いていてそれに付属の部品を使えば
フジミのポリキャップタイプのホイールが使えるのに・・・・・
純正ホイールの金型はどっかいっちゃったのかな(´・ω・`)

「おいおいHITEQよ・・・不満ばっかり書くなよ」とか「そんくらい大した問題ではない」と言う
声が聞こえますが個人的には思い入れのあるキットですので
現行商品として買える事をありがたくも思っています!

完成するかは私のモチベーション次第ですw


| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:06 | comments:11 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年10月