HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月

≫ EDIT

トイラジネタ。タイヨーのコンパクトカーシリーズ。

最近どうも偏頭痛気味でして困ってしまいます(´・ω・`)
朝起きてすっきりしてると1日快調なのですが・・・・・

前回の記事でのエアブラシの話題についてたくさんコメントを頂きました。
かなり導入を前向きに考えることが出来ました。みなさんありがとうございました。

さて、今日は久しぶりにトイラジネタです。
たまたまディスカウントショップに行ったら山積みになっていたので
思わず手に取ったのがこれです。
taiyo-
タイヨーのコンパクトカーシリーズで車種はホンダのバモスです。
このシリーズは国産の新目の軽自動車がたくさんあるので楽しいです。

明確なスケール表示はありませんが大体1/24くらいでカーモデルと並べても違和感がありません。
早速箱から出してみましょう。

バモス

比較的スケール感があり塗り分けなんかもトイラジにしては綺麗かなと。
ディーラーに置いてある色見本みたいですね。

バモス

さぁ肝心の走行性能は!?
単4電池が手元に無くてまだ試しておらず・・・・(;^ω^)<すみません

ワゴンRスティングレーやタントとも迷ったのですがたまに乗る事があるのでバモスにしてみました。
私の大好きなトッポやEKワゴンが無いのが残念です。
是非次シリーズはブラボーGTやミニキャブを出していただかないと・・・・
 
・・・・って出ないですね。ごめんなさいw

このシリーズは新目の軽自動車のプラモが無い!と言う方にはお勧めかもしれません。
スポンサーサイト

| トイラジ | 00:32 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとしたプラモネタの小話。

ここ何日か天候がイマイチでちょっとサクッと塗装~♪とは行かないですねぇ。
部屋にブースでもあればまた違うんでしょうが・・・・・

さて、ちょっと今日はプラモネタの話でも・・・・

最近ふと思っている事なのですが
そろそろエアブラシを導入しないといけないかな?と思っています。
クレオスの一部塗料の廃盤でちょっとこれからの制作に影響が出そうな気がしますし
レパードの時に感じたスプレーで色味が近い色が無いというジレンマ。

やはりあれば便利でしょうし、塗装の幅も広がります。
解っているのですがやはり缶スプレーのほうがお手軽な感じがしてしまいます。
良く振ってシュッと吹いて終了。
一時期は簡易型のエアブラシを使っていた時期もあるのですが
どうも掃除の手間が私には合わないんですね・・・・・
スプレー

以前通っていた模型店でもよく「HITEQちゃんはエアブラシ買わないの?」なんて良く言われました。
店員さんいわく「慣れれば缶より綺麗に吹けるし表現の幅も広がるよ!」との事。
「確かにそうですよね~!」なんて言いながらもどうも抵抗がありました・・・・

模型店に行ったりネットで情報収集していてなんとなく買うならこれかなぁ~という
モデルもあり模型店のショーケースの前で悩んでいると天使と悪魔がやってきて

「エアブラシに投資した方が表現の幅が増えるよ~!あの色が塗れるよ~」と悪魔が囁き

「2万円出すならもっと為になるものを買いましょうね。母の日も近いですよ♪」と天使が囁き

「ネットで見て気になってるガイアカラーやフィニッシャーズの塗料が使えるよ~♪」と悪魔が応戦!

「ほら!部屋にある缶スプレーはどうするんですか!使わないともったいないですよ!」と天使が言うと

「定額給付金も出るじゃない~買っちゃえよ~(^ω^)」と悪魔に言われた所で

店員さんの「エアブラシお探しですか~?」の一言で我に返ります。

「(;^ω^)あ・・・はぁ・・・まぁそんなところです。」
一通り説明を聞いた後にやっぱり悩みます。
良い店員さんで高いものを売ろうとせず私の用途だったら・・・と
比較的入門用に近いものをオススメしてくれました。

まぁじっくり悩んで出した結論は
「もうちょっと缶で頑張ってみっか」
という結論なのですが(笑)

でも以前よりは欲しいな~という気持ちは確実に高くなりましたね。
スプレーもカーモデルにぴったりの新色や新メーカーから発売!なんてことは無いでしょうし(´・ω・`)


さて、ここからは第2部です。

実は私は隠れクロカン車ファンであります。
パジェロ・ビッグホーン・ランクル・ジムニー等幸いなことに
一時期のクロカン車ブームのおかげでプラモデルには比較的恵まれていると思います。
おまけにフジミからランドクルーザー100も出ますしね。
お願いだから現行パジェロも・・・・・ゲフンゲフン

さて、そんな中注目されながらいざも発売したら
時代の波に飲まれてしまった名車。それはいすゞのヴィークロスです。
個人的には未来的なスタイルに豊富なボディーカラー等、結構注目度が高いモデルでした。
タミヤからもプラモデル・ミニ4駆が発売されましたね。

で、そのタミヤのキットですがいつも店頭で見かけていたのに
ある時期を境に全く見かけなくなってしまいました。
そこでずっと無いかな~と探していたのですがこないだとあるお店で発見しました。
isuzu

画像はありませんがデカール等がちょっと厳しそうですが
今は良いリペア剤がありますので組むのには問題なさそうです。
ヴィークロス
最近のキットというイメージが強いですが1997年発売だそうで・・・・・う~ん時代の流れを感じます。

キット自体はちょっと前のタミヤスタンダードと言う感じで安心感があり、良い感じです。
お手軽&適度なリアル感のバランスはさすがタミヤ製品!
この年代はS-MXとか隠れた名作が多いです。
箱絵ではステアしていますが実際はシャフト方式です。
ここらへんを弄ってみるのも良いかもしれませんね(^ω^)

このキットに限らずタミヤのクロカン車は2代目パジェロやランクル80など
名作が多いので是非再販して頂きたいと思うのですが・・・・・

そんなこんなでちょっとチラシの裏な記事ですみません。
私はホビーショー発表の新作はまだ発売にならないかなぁ~とワクワクしています。
って積みプラも完成させないといけませんね・・・(汗)

| 車プラモレビュー | 16:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リンク先追加!プラモデル(自動車・単車)大好き!様

少々制作ペースにムラがある当ブログですが
嬉しいことにまた当ブログをリンクして頂きました!

キューブ・コロコロ様が運営していらっしゃる
「プラモデル(自動車・単車)大好き!」でございます!
http://cubekorokoro.blog37.fc2.com/

スタートされて間もないですがプラモデル制作を始められたきっかけや
ニチモのケンメリスカイライン当の記事がとても興味深いです。
また、当ブログと同じFC2ブログでいらっしゃいますので親しみが沸きますね~♪

足跡や検索等でとても興味深いブログを拝見したり、気になる記事を拝見したりしますが
どうも内気なものでなかなか私からコメントをしたり、リンクのお誘いを出来ないのですが
リンクのお誘いを頂くとやはり嬉しいものですね!

当ブログを御覧の皆様も是非遊びに行って見て下さいませ!

| 日常 | 21:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ100系チェイサー製作記。シャーシとかボディ塗装とか。

最近どうもFC2側のエラーで記事が書けない事が多く・・・・・
一部リニューアルに伴う不具合だとは思いますがちょっとアレですね。

まぁ無料で使わせて頂いてるので何も言えないんですが・・・・(;・∀・)

さて、サクサク製作中のアオシマの100系チェイサーですが
とりあえずシャーシは調整・塗装して完成です。

車高の落とし方やトレッドの狭め方は等ブログの過去記事を読んでいただきまして・・・・

なのはチェイサーの製作記ローダウン編
ローダウンリア編

基本的な作業は同じなのですが今回は19インチを履かせると言う事で
若干ホイールハウスとの干渉が大きかったのとステア機能があまり生かせなかったので
ホイールハウスを思い切ってカットしました。
カットカット!
イメージはフジミの板シャーシです。
正統派モデラーの方には怒られそうですがボディを嵌めても綺麗に隠れるのでこれでおkかと。

ステアしてるよ~W
一応ちゃんとステアします。前のチェイサーの時はここまで切れなかったので満足しています。
一応リアはちょこっとカットして終了。

で、今回はそこまでこだわってないので部品をすべて接着して
シャーシは艶消し黒を軽く吹いて軽くエナメルのシルバーで色指しして終了。
マフラー
見えなくなるのでマフラーの合わせすら修正はしていませんが
出口のタイコ部分はきちんとすり合わせてエアロから見える部分は
キット付属のメッキシールを巻いて合わせ目を目立たなくしてみました。
出口
出口がちょっと厚いかな?状況を見て修正します。(;・∀・)

ボディはサフを吹いて研ぎいろいろ修正点を見つけます。
修正中
もちろんパーティングライン・ヒケ処理・スジ彫りを行います。

最後に厚めにサフを吹いて1500番のペーパーで磨いいてから
クレオスのクランベリーレッドマイカ(缶スプレー)を吹きました。
塗装
この色お気に入りだったのに廃盤になってしまいました・・・・・
一応一缶だけ在庫してますが無くなったらアウトです。
廃盤の色に近い色を新製品で出して欲しいんですが・・・・難しいんでしょうね(´・ω・`)

スプレーの場合は私は大体三回くらい吹きますね。
色が入りにくい部分を重点的に吹いて全体に軽く一回。
色が満遍なく乗るように薄めに一回。
下地を出さないように軽く1500番程度で中研ぎ。
その後厚めに仕上げ吹き。
と言う感じです。天候によりますがインターバルはだいたい3~4時間くらいでしょうかね。
場合によっては朝起きて天気が良かったらそのまま吹くこともありますし
進めておきたい時は夜遅くでも吹くときは吹きます。

天気の良いカラッとして無風の時に吹くのがベストだと思いますが・・・・・
まぁ極力失敗したくない仕上げ吹きやクリアーコートはそういう日に吹きますけどね。

で、とりあえずこの後クリアー吹きです。

おまけ

アオシマの公式ページに現行クラウンのキットの詳細が載りましたねぇ。
http://www.aoshima-bk.co.jp/kokuchi/GTcrown2/index.htm
これはすっごい良い感じです!
バンパーの受けや内装の作りこみが本当に素晴らしい!
地味に足回りは新規パーツのようなので早く現物を見たいですねぇ~

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 20:46 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ100系チェイサー製作記。(暫定制作開始編)

さてさて、ここ最近ちょっと急いで製作気味だったので
ちょっと模型制作に疲れてしまい、次回作を何にしようか迷っていました。
まぁこういう時に限ってたまたま寄ったお店で
デッドストック状態のフジミのK11マーチの前期型を見つけてしまったりとサプライズも。
他にもお目当ての新製品が手に入らなかったりとますます悩んでしまいましたw

とりあえず在庫から気になるキットを組むことにしますが
箱を開ける→あれこれ妄想→結局トーンダウンのループです(´・ω・`)

それでとりあえず制作台の脇に置いてあるキットの中から目に付いたのが
アオシマのDMシリーズのベルテックスエアロの100系チェイサーです。
これはこないだ制作したなのはチェイサーの部品取りになってしまった物で
当初はこのキットをなのは仕様にしようと思ったのですが
赤成型の為、白にするのは難しいかなと思い結局ブリッツチェイサーをベースにしました。

で、なんとなくエアロまではくっ付けて置いたのですがそれ以来気分が乗らず放置w
これをサクッと進めていきましょう。改造車ですので細かい部分は目を潰れますし・・・(汗)

エアロ
サイドはなかなか綺麗に合うのですがリアがちょっと取って付けた感が・・・・
そのため瞬間接着剤でガチ止め後に。はみ出した部分をペーパーで削って解きパテで埋めます。
ちなみにリアのクウォーターにかかる部分が厚ぼったかったので棒やすりで削り込んでいます。

で、フェンダー部の折り返しなどもスッカスカなのでプラリペア&ラッカーパテで修正。
調整

サフを吹いて様子見です。うーん(;^ω^)もうちょっと頑張らないといかんですねぇ。
うひょ

んで、フロントのエアロ。これがまた合わないw
以前くっつけておいたのですが結構苦戦して結局瞬間接着剤でガチ止めした覚えが・・・
パテだらけでさーせん。
ヤスリでえいしゃ!えいしゃおらー!と削って
瞬間流し込み&ラッカーパテアタックを食らわせて溶きパテで様子見です。
こちらももうちょっと攻めないといかんですね。
Sパケシリーズのフルバンパータイプのベルテックスエアロ仕様だともれなくこの工程がカットできます。
裏側も折り返し部分を形作ります。
のどが渇いた。

で、エアロ合体。
エアロ~
細かい所はまだこれから修正していきます。

ちなみにこのホイールはキット付属の物ではなくアオシマの19インチのクレンツェボルフェスです。
このキットに19インチをこの車高で入れるのはちょっと加工が必要です。
それは次回の製作記で・・・・

おまけ

なのはチェイサーのノーマル部品と
ブリッツ仕様付属の純正エアロ風パーツを合体させて純正フルエアロ仕様も制作し始めました。
100チェイサー
一応サイドはボディ側を切り取って取り付けています。
ただ、こちらはフロントスポイラー制作や
細かい修正が必要なので長期計画で進めて行こうと思っています(´・ω・`)
どちらかというとこっちの仕様の方が好みなんですがね・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:32 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品駐輪場。 アオシマ(旧イマイ)モンキーカスタム

※試験的に画像を大きめに表示しています。  

私はどうやら春になると模型製作のスピードが早くなります。
塗装の乾きも良いですし艶消し系の色も綺麗に塗れますし・・・・・

てな訳でチャッチャッと製作出来ました。大体一週間くらいで完成です。

モンキー

フレーム・フォーク・サイドカバー類は余り物のクレオスのローズレッドマイカで塗装。
タンクはクレオスのグランプリホワイトの上からホワイトパールでコート。
中研ぎを入れて垂れる寸前吹きで仕上げました。
あんまりテカテカなのもどうかな~と思いましたので吹きっぱなしで・・・・・

座席は張り変え風にマホガニーで塗装です。シートの鋲は伸ばしランナーで作成。
サイドカバーは丸めた方が良かったですね・・・・・てっきり年式な物だと・・・・

モンキーカスタム

マフラーが長いですねぇ・・・・・
ちなみにミラーは社外品っぽくショート化してあります。
まぁそのままだと100均ケースに入らないので短くして入るようにしたわけです・・・・w
オイルキャッチタンクのホースがヘッドのえらいところから出てるのは内緒ですよ!

モンキー

モンキーは非常に人気のあるバイクですよね。
バイク用品店に行くと大体モンゴリコーナーがあってパーツもよりどりみどり。
社外パーツに変えていくと交換した部品でもう一台組めるという伝説もわかる気がします。
モ○チャンプを愛読していた原チャリ小僧だった高校生の頃は
ヤマハスクーター党だったのであまり縁がありませんでしたが・・・・・

それにしてもノーマル派・カスタム派、カスタム派にもネイキッドレプリカ系から
カフェレーサー仕様・トラッカースタイルに旧○繪系まで多種多様です。
個人的には純正スタイルを生かしつつ定番パーツで固めるのがカッコイイかと。

この旧イマイのキットですが、設計は古いけど個人的にはまだまだ戦えるキットだと思います。
ちょっと今の目で見るとアレな部分もありますが値段も安いですし、完成すればモンキーそのもの!
ただ、レンズ類などは値段が上がってしまってもクリアパーツを新規で入れていただきたいですね。
(※あくまでだったら良いなぁ~的な意見です。)
カスタム仕様でロングスイングアームのフレームとか
ディスクブレーキキットが付いたフォークにアルミホイールなんかがあっても面白いかも。

って、カスタムパーツを追加していくと実車よろしく結局新規になっちゃいそうですねw

モンキー

今回はカーモデルの箸休め的に製作しましたが、また今度真剣に一台組んでみたくなりましたね。
実は先ほどある模型クラブさんのHPを見ていたら
ミーティングの模様のページにとても綺麗なモンキーの完成品画像がありました。
「( ^ω^)ほう、タミヤの1/6かぁ。やっぱめっちゃリアルだなぁ」なんて思っていたのですが
良く見ると「イマイ1/12」と書いてあります!「えええええ!!これ同じキットか!」と2度ビックリ!

出来の良い作品をみるとやっぱり火が付いてしまいますねぇ・・・・汗

とまぁ次回はカーモデルの予定です。
ホビーショー発表の新作ラッシュまでに一台くらいは完成できるかな~(;^ω^)

| 車プラモ完成品車庫 | 01:33 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

日産名車コレクションのホーミーを買ってみました。

以前本屋に行ったらホビー誌コーナーに気になる物が・・・・・・

「( ^ω^)ほう。日産名車コレクションか。リベルタビラはいつ出るのかな?」
「(;^ω^)チッ!さすがに出ないか・・・・・」 
まぁ出る訳はないんですが次号以降の予告にE23ホーミーとありますよ!
これはまた目の付け所が良い!てな訳でずっと指折り数えて待っていたら今週発売されました。

日産名車コレクション

小躍りしながらパッケージを開けると・・・・

うひょ~カッコイイ!

日産ホーミーコーチ
出来は値段を考えると中々良い感じです。ブラウンメタも雰囲気たっぷりです。
私が買った物だけだと思うのですがワイパーがえらい位置で固定されていたのでちょっと修正しています。

このE23型はキャラバン・ホーミー共に私が子供の頃良く走っていましたね。
ワゴンだとだいたいシルバーかブラウンと言うイメージが強いです。あとは屋号入りのバンですね。
だいたいドア下が錆びていたような気がしますw

ホーミー

私が小学生の頃までは良く見かけたような気がするのですが
ある時期を境に急に見かけなくなったような気がします。
近所で一台ホーミーバンが倉庫になって現存していますがコーチ系はほとんど見ないですね。

うしろ

リア回りも非常にシンプルですねぇ~
そういえばダイヤペットミニカーでもキャラバンがありましたねぇ。
兄のお下がりのシルバーのカートキャリア付が家にありました。
うちにあったあの頃のミニカーはどこへいったんだろう?(´・ω・`)

ほーみー

精悍なマスクですね~♪個人的には後期の4灯のモデルが好きです。
今回のホーミーは個人的に当たりだと思います。
内装やシャーシなども良い感じですし塗装も綺麗です。
これで1790円ですからねぇ~本当に良い時代になったもんです。

で、リベルタビラはいつ出るんですか?って出ねーよwって言う感じですね。
じゃあチェリーバネットなら・・・はい。出ないですね。

よし!一歩譲ってここはバネットラルゴウミボウズを・・・・・出ないですねw
           ↑
         しつこい
 
あ、エクサクーぺは出てるんだ・・・・・欲しい。

| ミニカー | 00:25 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モンキー製作記。その2。そして最終回(笑)

ちょっと日常ネタを・・・・

急に頼まれ事が出来たので、急いで大きい沼のある郊外の町へ行くことに。
裏道を駆使して行くとなぜか渋滞しています。
「あれ~?まだ帰宅ラッシュの前だぞ??なんでこんな所で?」と思ってると
信号が青でも先頭数台の車が動きません。
何台かその車達をパスして行ったので「事故か・・・・(´・ω・`)」と思っていたのですが
近くに行くとなんと、大きいカメが道をふさいでいます!。
それを先頭の車と後ろの車の運転手の人が棒で突っついてどかしていました。

「やっぱりここらへんはのどかだねぇ~(;^ω^)」なんて思ってたら
そのカメを無理矢理どかそうとしてる人に怒ったのか急に噛み付かんばかりに動きました!
まさに獲物を見つけた白バイのごとく!
あぶねええええええええ!!!!!と思ってカメを良く見るとあきらかに外来種っぽいカメでした。

こういう時は下手に触らない方が良さそうですね。


さて、そんなこんなでここ最近製作しているアオシマ(旧イマイ)のモンキーです。
久しぶりのバイクと言う事でサクサク製作しているのですがちょっとだけ手を入れることに。

このモンキーのキットは良い意味であっさりしており、ディティールの省略が非常に上手いです。
エンジンのヘッド部分などやや実車と違うと思いますが良い意味でまとめてあるなぁ・・と。
(悪く言うと実車と形状が違いすぎる・・・orz)

んで、ひと気になったのがシートです。
モンキーのシートはサイド部分に鋲が打ってあります。これがキットだと再現されていない。
タケガワのシートが付いているキットならまだしも
こちらはノーマル形状のシートですのでこの鋲を再現してみましょう。

まずはペーパーをかけてヒケ取り後ピンバイスで鋲の位置に穴を開けます。
シート
今回は0.5くらいの物を使用しましたがもっと細い方が良いと思います。

んで、シートにおなじみの500番サフを砂吹きして
クレオスのマホガニーをスプレーでザラッとするように全体に塗装です。色は個人のお好みで・・・・
そしてその後に伸ばしランナーを穴に差し込んでライターで先端をあぶって丸めます。

シート

ひっかかるまで差し込んで裏から接着剤で固定します。
その後はガンダムマーカーのメッキシルバーで鋲の部分をちょこんと色を塗ります。
リベット
やや大きいかもしれませんがこれで出来上がり(^ω^)

ハンドルやペダル類をじゃんじゃん取り付けます。基本的に加工などはほとんどしていません。
バイクモデルはこのケーブル類のパイピングが面倒ですよね~(汗)
友人のモンキーを思い出しながら取り付けました。

さて、ここでSPタケガワ製のマフラーを取り付け・・・・るのですが
非常に出口形状が非常にやる気が無い感じです。あまりの良い出来に部品をなくしてしまいましたw
当初カスタムパーツをアオシマが追加したと思っていたので
「おいおい~アオシマさんよ~しっかりしたパーツを付けてよ~」とも思ったのですが
このタケガワのパーツはイマイ時代末期に作られた物だったんですね。
イマイ時代はノーマルのキットとメッキのキットのイメージが強かった物で・・・・
しょうがないのでフジミの最速D(これも非常に突っ込みどころのあるシリーズw)に
付属していた金属製のサイレンサーを取り付けました。
パーツ
うん。明らかに長いですw
オイルキャッチタンク兼のサイドカバーはキット指示ではパイピングがありませんが
溝が切ってありパイピングできるようになっています。

サイドカバーはキットのデカールの形状が合わなかったので別のデカールをぺタリ。
サイドカバー
リアサスはメッキ風にしたかったのでスミ入れしてみました。
キットのスタンドがちょっとアレだったのでジャンクの部品から加工流用です。

タンクはグランプリホワイトだと物足りないのでホワイトパールを吹いてみました。
どっかで見た色ですねぇw
タンク
ライト上のニュートラルランプはシルバーの上からクリアグリーンを筆塗り。
メーターは針の位置がアレですが黒で塗って終わり。

で、このキット最大の難所に挑戦!
このキットはメッキパーツを多用してあり無塗装でも雰囲気ビンビンです。・・・・が
なぜかテールランプやウインカーが黒色成型になっています(汗)
せめて・・せめてメッキ部品にしていただきたかった・・・・・・
仕方がないので塗装に挑戦。メッキシルバーのペンをたっぷりと塗って
乾燥後にクリアオレンジとクリアレッドで塗装します。
レンズ
画像より実物の方が良い感じです。ここはクリアパーツを新規で入れて欲しいなぁ(^ω^)
キャリアもぴったりと合わせるのは難しいですがGクリアを使って接着します。
ちょっと前側が浮いていますね・・・まぁシートに隠れるのでおkかな?

てな感じでちょっと急ぎ足でしたが先ほど完成しました!
一週間かからずに完成させた超お手軽製作でしたがなんとか見れるようにはなったかなと。

近いうちに完成品画像を撮って載せておきますね。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 01:18 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマのモンキーカスタムを作り始めました&模型ネタ。

暖かいというより暑いという感じの一日でしたね~♪
また崩れるみたいですが・・・・

微妙に急がしかったのとなぜかFC2側の都合によりログイン出来なくて
私にしては間が空いてしまいました。
その間にホビーショーの新製品情報が続々と発表されましたね。
まぁ昨日一時間ほど掛けて新製品への熱い思いを書き綴ったのですが
なぜか管理画面が真っ白になり記事が消えていました。
一度保存したため自動で保存されるはずの下書きも保存されずw
そこで一行に書き直しますと「アオシマの特殊荷役シリーズがすっごく楽しみ!」と言う事です。
もちろん他のメーカーの商品や新製品が全体的にかなり良い感じです。
各メーカーのみなさんGJ!!!

さて、レパードの製作もつつがなく終了しましてちょっと一息ついていました。
前から練っていた車種&仕様で一台製作開始したのですが
ちょっと自作部分もあるので若干トーンダウン気味に・・・・(´・ω・`)

んで、こないだ友人が所有してるホンダモンキーのエンジン換装を手伝ったりしたのですが
乗せてもらったり手伝っているうちになんとなく惹かれ行きましてちょっと欲しくなってきましたw
バイクパーツの店に行くとパーツも豊富ですし構造もシンプルで弄りやすいのが良いですね。
ハマってしまう人の気持ちが解るようになりましたね。

で、そこで実車を買おう!とならず
やっぱりプラモデルっしょ!となるのがまあアレっちゃあれですがw

モンキーのキットというと決定版はタミヤの1/6のキットにでしょうかね?
イマイの金属製の超でっかいやつがありましたがあれはもう実車並みなのでwしかも高いw
そこはやっぱり旧イマイの1/12のアオシマのモンキーが良いかなぁと模型店に。

ああ、そういえば小学校の時に作ったっけな~と思い懐かしくなりました。
アオシマ モンキー
今時1000円!タケガワのカスタムパーツが付いてます。これは嬉しいですね~
ノーマルは700円だったかな?
開けてみると非常に懐かしい感じのキットです。
小学生の頃は色を塗らずに製作しましたが結構それっぽくなるパーツ構成です。

ちょっとカーモデルの合間にサクッと製作してみましょう。
1日数時間で目指せ一週間製作です。
※作業自体はちょこちょこしてたのですが疲れていて記事を書けませんでした・・・・

さっそく部品を切り離していきます。
部品
設計は古いキットですのでバリが多かったり合わせが悪いところがありますが許容範囲でしょうね。

シャーシが左右分割なので完成時にステム部分が目立つかな?と
合わせ目を消す為にを先にシャーシを瞬間接着剤で合体させました。
その後はみ出た接着剤をペーパーで整えます。
そのままだとリアタイヤが付けられなくなるので取り付けピンを短くカット。

その後タンクの大きいヒケをカッターとペーパーで削り取りサフ吹き。
色をジャンジャン塗っていきます。
塗装
フレーム・フォーク類はワインレッド(クレオスのローズレッドマイカ)
タンクは白に(クレオスのグランプリホワイト)で塗りました。
また、一部メッキパーツに艶消しクリアを吹いてつや無しメッキ風に。
メッキを生かすパーツは切り口にガンダムマーカーのメッキシルバーでタッチアップ。
メッキ

んで、細かいところに色を指しながら組み立てます。
エンジン
エンジンヘッドはメッキに艶消しクリアを吹いてトーンを落とし
シリンダー部分はボアアップキット風にシルバーで塗り
艶消し黒をビシャビシャに薄めて塗って使い込んだ感じを出してみました。
クランクケースはバフ掛け風にメッキのままです。

フロント周りもじゃんじゃん製作します。
いや~バイクのプラモは新鮮ですねぇ~♪
フォーク
ブレーキのドラム部分はメッキの上から艶消しクリア。
フォークの下の部分はメッキシルバーのペンで塗っています。その他はエナメルを筆塗り。

とりあえずバイクっぽくなりましたw
モンキー
 
ここまで時間にすると4~5時間でしょうかね?
あくまでモンキーのプラモを作りたい!ということなので
あまり細かいところを気にしないでサクサク進めています。

ですがシートなどにはちょこっと手を入れました。詳しくはまた明日にでも・・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫。 アオシマF31レパードアルティマ前期型

速攻製作をしようと頑張りましたがボディ破損というミスを犯してしまい
一時期はかなりガックリしてしまいましたがなんとか完成にこぎつけました。

アオシマ F31 前期 レパード

出来上がるとこれが非常にカッコイイ!!
定番色では無いかもしれませんこのがパールツートンもなかなか似合うと思います。
色はクレオスのグランプリホワイトにホワイトパールをコート。下側はタミヤのライトガンメタルです。
その後スーパークリアで仕上げです。(全て缶スプレー)

アオシマ レパード

当初は定番の色で行こうと思い塗装を開始したのですが色味が予想と違っており
おまけに落っことしてしまいシンナー風呂に入れたらボディにクラックが入り、パキッと・・・・
修復できそうだったのですが仕上げ中にまたクラックが入っても嫌なので
久しぶりのパーツ請求コースです。

アオシマ レパード

設計が新しいキットなので組み立てにはそんなに苦労しませんでした。
シャーシ周りにちょこっと手をいれて車高調整したくらいですね。
私が低めの方が好みなもので・・・・・

このカスタム仕様のキットはリップスポイラーやサンルーフバイザー・BBS-RS等の
パーツがセットになった仕様ですがこの3点セットが非常に良いですね!
ホイールもやや大きいかなと思ったのですが完成してしまうとそんなに気になりませんね。

バイザーとセットでチルト状態で固定できるサンルーフも良いですね~♪
チルトアップ
ふと思ったんですが車検証のステッカーがでかいような気がw
サンルーフ

ボディのフォルム等は非常に良い感じだと思います。
レパード独特の直線的ながら美しいラインを良く表現してあると思います。
アルティマ

この時代に新たにここまでちゃんとしたキットが出るとは思ってなかったので
アオシマさんには本当に感謝です。
今後のバリエーションとしてはやはり刑事ドラマ仕様が出るんでしょうかね?
個人的にはグランドセレクションやプリペイントモデルあたりを期待したいですね。
純正オプションフル装備仕様とかも面白いかもしれません。
あ、新規ホイールでXJも・・・・って出ないですね、すいませんw

レパード

私自身、レパードと言う車は非常に好きな車のひとつでして
ちょうど高校生くらいの時にホリデーオートBGなどで良くF31特集が組まれていて
その頃は値段もこなれていたので欲しい車のひとつでしたね。
当時兄の友人も後期XS-Ⅱを買おうか迷っていたりとなにかと話題になっていました。
そのせいか今でも走ってると目で追ってしまう一台です。

レパード


内装はサクッと製作しましたがキットの部品が良い感じなのでそれに助けられています(汗)
絶壁ダッシュ
内装の部品も全て新規です。このデジタルメーターも非常にカッコイイですよね。
配色が今時の車みたいですが20年以上流行を先取りしていたという事でしょうかw
欲を言うと時計のデカールとエアコンルーバー上の警告灯の
デカールがあると良かった気がしますね。

新しいデジカメに慣れておらず画像が思ったように撮れません(´・ω・`)
コンデジだとどうしてもピントが合わせ辛いですねぇ。
 F31レパードアルティマ

何十枚も撮って納得できる物を載せていますが・・・・
レパード
私がモタモタしている内に結構完成品がネット上で公開されるようになりました。
一番乗りを狙ったのですが・・・(汗)

いつになるか解りませんが今度はワインレッドあたりで一台作りたいですね。
定番のゴールドツートンも製作したいですし・・・・
限定車のアルティマ・ニスモなんかもネタとしては面白そうです。

おかげさまでお気に入りの一台が完成しました。
一番目に付く所に置いてニヤニヤしたいと思います(・∀・)

おまけ

後期と

その2

ソアラとw

| 車プラモ完成品車庫 | 16:35 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

F31レパード前期型製作記最終回! フロント&内装編

さてさて、製作記も今日で最終回です。
お付き合いいただきまして誠にありがとうございます。

さてさて、フロント周りを組みつけていきましょう。
レパード

特に気になる部分はありません。さすが新キットですね。
ボディ下地編で書きましたがボディとヘッドライトの合いは良くチェックしましょうね。
モールは前回書いたようにキッチンアルミテープの細切りです。

ボンネットのウォッシャーノズルと雨滴感知ワイパーのセンサーは
エナメルの艶消しブラックでちょろっと塗装。
フェンダーマーカーはメタルックの残りをちょろっと貼っておきました。


さて、内装です。

すごい勢いで端折ってますが気にしないでくだしあ。
まずシートバックをダッシュボードのヒケをパテで埋めて500番サフを砂吹きします。
この時点でかなりザラザラにしておきます。

その後クレオスの缶スプレーのマホガニーを吹きつけます。
この時砂吹き気味に塗るのがコツです。

吹きつけ

ここでレパードファンの皆様から「おいおいw色合が違うだろ?」と突っ込まれそうなのですが
あのブラウンの内装に近い色が無いんですよね・・・・・
この時ばかりはエアブラシが欲しかったです(´・ω・`)
グラセレ風にワイン内装も良かったのですがテレビやカセットセレクターも
製作しないとアレかなと思いまして・・・・

んで、このままではアレなのでシートや床・ドアトリムに
明るめのブラウンのスプレーで砂吹きして布っぽさを出しました。
内装
色合がますます実車と違うような気がしますが雰囲気重視という事でw
もうちょっとウールシートっぽさが出せれば良かったんですがね(;^ω^)
細かいところに色を指して仕上げました。
ダッシュボードの下側も塗り分けたのですが全く見えませんw

大体3~4時間くらいで仕上げたので細かい部分がアレですね。
作りこむのは次回の課題という事で・・・・・

で、あれこれ小物を取り付けて・・・・完成です!
完成

例によって最後のほうで急いで製作したのでちょっと不満な部分もありますが
なんとか形になったので良かったかなと・・・・

明日にでも完成品画像を撮ってまとめたいと思います。

お腹すいた・・・・・あ、録画したけいおん!も見ないと・・・・
サラリーマンNEOの再放送もやってるなぁ・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 02:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

F31レパード前期型製作記。ボディ小物装着。

※FC2側の都合により最新記事に広告が入るようになりました。
 消せるらしいのですがちょっと動向を見てから作業したいと思います。

さて、なぜかここ数日なぜかやる気がビンビンでしてボディを一気に進めました。
おかげさまで今日は眠い&頭が痛かったですw

熱中しすぎて作業中の画像はあまりありません・・・

まずはコンパウンドがけが終わったボディに下回りの艶消し黒を塗装です。
ボディ
マッドガード部分はマスキングが複雑になりそうだったので
エナメルの艶消し黒を筆塗りしておきます。

その後スミ入れです。今回は白系なのでニュートラルグレイで行いました。
んで、ボディ下側の部分は艶消し黒です。

なぜかちょっと完成に近づいていますけど気にしないでくださいw
仕上げ

窓枠は今回はメタルックを使いました。
例によってガラスに接するゴム部分をエナメルの艶消し黒で塗っておきました。
前後のモールは淵部分にスミ入れしておきました。
サイドモールは下で記述しますがキッチンアルミテープの細切りです。

リア周りはこんな感じです。
ボディ後ろ

ミスりまくったテールランプもなんとか形に・・・・裏からキット付属のミラーシールを貼っています。
本来はさらに黒い枠があるのですが私のテクでは塗装できませんw
ナンバー枠は下側がモールドが細くて
綺麗に貼れなそうな雰囲気でしたので下側はあえて貼っていません。
というより貼ったのですがなんか汚くなってしまったのでこのままで・・・・

バンパーモールはキッチン用アルミテープを細切りして貼りました。
キットのモールドが繊細すぎて私の厚めスプレー吹きで見事に埋まってしまいまして・・・
アルミテープを貼るのが適当かなと思い、切り出したのですがこれがもう、荒行の領域でしたw
切ってる途中にクシャクシャ・・・貼ってる途中にプチッ・・・手元が狂って歪み・・・
テクニックがある人は洋白線を埋めると良いかもしれません。

センターのレパードエンブレムはメタルックを貼った後に
メタルプライマーを塗ってデカールを貼りました。もちろんアクリルクリアでオーバーコートです。
プライマーを塗ったのはデカールの密着度が少しでも上がるようにという感じです。

ガラス
私の嫌いなガラスの内側塗装もしておきました。
今回のキットは黒く塗る部分に若干段差がありマスキングが比較的楽でした(^ω^)
もうちょっと段差があるともっと楽なんですがね・・・・汗
まぁマスキングシートを・・・・ゲフンゲフン・・・・
説明書にテンプレートがあるだけでも大分楽になるんですがね~♪

余っていたぼかしガラス用デカールを貼って
車検シールと保適シールをセッターを使って裏貼りです。
まぁちょっとガラスの形状と合って無いのは内緒です(´・ω・`)

フロント周りも一応形になっていますが次回に続く・・・・ということでw

まぁ内装はまだサフすら吹いてないんですが・・・・
内装
※一応パーティングライン処理とシートバック埋めは終了

目指せ土日完成の方向で!!

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:14 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

お手軽に痛車を作ろう!初音ミクシルビア完成!

さてさて、プリペイントモデルを使って痛車をお手軽に作ろう!という
企画をやってみましたがここで完成品画像です。

初音ミク

アオシマのプリペイントモデルをベースにグッスマの初音ミクデカールを使用しました。
お手軽製作ですのでデカールのクリアーコートも無し、大掛かりな塗装もなし
あくまで見栄えを良くするだけの細部塗装のみを行いました(^ω^)

正直、プリペイントモデルの塗装が綺麗なのでそれに助けられましたね・・・・
グッスマのミクデカールは貼りやすいですし、なかなかの綺麗なデカールです。

初音ミク

この塗装済みボディは人によって賛否は分かれるでしょう。
ですが、塗料一式を買って・・・となるとなかなか手を出しづらい人もいると思います。
組み立ては出来そうだけど塗装は・・・と言う人もいるかもしれません。
そういう人にはとても良い選択肢だと思います。

シルビア

製作していて思ったのですがお手軽に~という事で製作したのはずが
デカールの質が良かったので真面目に一台製作したいなぁ・・・と思ってしまいました。
薄手ですからクリアコート後の段差消しも楽そうですね・・・・

おっと・・・今回はあくまでもサクッと作ってニヤニヤするという企画でしたね。

デカール

デカールの質がよいのかクリアパーツに貼っても
ニス部分の透明度が高いので非常に綺麗に貼れますね(^ω^)

ミクシルビア

塗装済みキットにデカールを貼っただけですが形になると
思ったより良い感じになったと思います。
自分の場合雰囲気重視でサクッと作ったキットの方が手をかけたキットより
気に入ってしまうといういつもの現象が発生してしまいましたw

ミーティング

おまけ。
痛車のオフ会!?
オフ会
http://blog-imgs-19.fc2.com/h/i/t/hiteqjasmine/IMG_0333.jpg
これも買っちゃったしどんどんハマって行ってるような・・・・・

| 車プラモ完成品車庫 | 13:31 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

F31レパード前期型製作記。シャーシ完成!

えらい時間に更新です。

先ほど友人を拉致して新しいデジカメを試しにナイトクルーズに出かけたのですが
なんとSDカードをカメラに入れ忘れてしまいました(汗)
おまけに携帯の電池が友人宅寸前で切れてしまいました。
ダッシュボードに簡易充電器があったので出してみると電池が液漏れ・・・
やっとコンビニを見つけ、電池を買ってようやく復帰!
やっとこさ合流したらお目当ての店は閉店。
お腹がすいて食べた焼そばを車内にこぼすと言う大失態w

でもやたらと美味しかったですね・・・・(遠い目)そんな夜でした。

で、すっかりご無沙汰のレパードです。とりあえずシャーシは完成しました。
シャーシ
以前書いたスペアタイヤ部分の加工以外はキットのままです。
色は艶消し黒で一発吹き後、シルバー部分をタミヤエナメルで塗りました。
マフラーは適当にスプレーでシュッと一吹き。

艶の違う黒でメリハリを付けるのも良いかなとも思ったのですが・・・・
まぁ良しとしましょうw
で、例によって保安着色風にボルト部分に黄色を指しました。
まぁ余計なところまで色を指してるような気もしますが・・・汗

シャシ

アオシマキットではおなじみのブレンボのブレーキ周り一式です。
適当に塗り分けてみました。
まぁBBS-RSだと見えなくなりますがね・・・(´・ω・`)

さて、次はボディにコンパウンドをかけたいと思います。
内装は一番後になりそうな予感です・・・・・(;^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 03:51 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

プリペイントモデルを使って初音ミク痛車を手軽に作ろう!(長文です)

さてさて、前からやろうと思っていた「お手軽に痛車を作ろう!」第2弾です。

アオシマのハルヒFD発売から急激に加速した痛車プラモですが
様々なメーカーも参入して今では非常に人気がありますよね。
これらをきっかけにプラモデルを始めた、カーモデルに興味を持ったという人も多いと思います。
しかしカーモデルはボディ塗装に細部の塗装など正直気合いを入れると
どうしても面倒な作業が多いですよね。

ちょっと発想を変えて肩肘はらずにお手軽に痛車を製作してみましょう。

まず在庫から白羽を立てたのはこちら。
アオシマのプリペイントモデルシリーズのS15シルビア(スパークリングシルバー)と
グッドスマイルレーシングの初音ミクデカールです。
プリペイント

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:11 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

F31レパード前期型製作記。小物ちょこちょこ編。

さてさて、他キットに浮気していますが相変わらずレパードも進めています。

ボディの感想待ちの間に小物をちょこちょこ製作しましょう。

色を塗って~部品をくっつけて~♪という感じです。

ヘッドライトのリフレクターはフォグ部分をクリアイエローで塗装。
薄めに希釈して筆でチョロっと流し込みます。

8連マルチ

本来だったらバルブ部分にカバーが付いてるので
こういう風になっては無いんですが模型的な見栄えという事で・・・・

ドアミラーはブルーミラー風にクリアブルーを塗装です。
なんか画像だとすごい真っ青ですね・・・・・
小物
マフラーは出口部分にエナメルの黒でスミ入れしときました。
ナンバーはキットパーツをうすうす加工しておきました。
某有名サイトさんで見た技ですがこれは効果的です(^ω^)

で、昨日の記事に書いた内装のポカミスですが・・・・・
フロントシートのシートバック部品を左右逆に接着してしまいました(汗)
気づいた時は瞬間接着剤でガチ止め&流し込み攻撃をした後でした・・・・
スルーしてパテ成型しようと思ったのですが
左右で微妙にシート形状が違うのですっごい気になります。
で、シートバック部を切り出して左右交換。
ガッチガチになっていたので切り出すというより
シートバックはバッキバキに割れました・・・・・(´・ω・`)
しかもあまりにも熱中してたので悪あがき中の画像がありませんw
で、パテと瞬間をフル活用してなんとか画像の状態に・・・・
マダ修正
まだまだですねぇ・・・もうちょっと修正です。
これだけで内装一台分製作したくらいのエネルギーを使用しました。

おまけ。
最近は品薄&中には大量購入された方が多いようで
なかなか入手できなかったのですがガンダムマーカーのメッキシルバーを発見!!
メッキシルバー

さて、もうちょっと内装と戦います(;・∀・)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:32 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっと日常ネタ。

宝くじが8億円当たりましたので
ベントレーブルックランズをらき☆すた仕様にする為に購入しました。
ボディカラーはゆーちゃんの髪の色ピンクです。

って、エイプリルフールです。全くの嘘です。すみません(´・ω・`)
宝くじあたったら今の車をレストア&エンジンスワップでもして乗ると思いますw

で、ちょっと日常ネタです。

ちょっと手持ちのいらない物をあれこれ売ってきたんですがビックリ!
そこのお店は別の店舗でアホくさい買取額を言われたんで
個人的に地雷だったんですが、ネットで情報を仕入れたら同じ店で
母体が違う店舗があるとのこと。しかも結構適正価格での買い取りらしいと・・・・
で早速持っていったら。なんと5千円になりました!
新品の約半額という感じです!良かった~♪(^ω^)

って本当にどうでも良い話題ですねw

ちょっとネタバレ。春の在庫キット一掃製作シリーズです。
近いうちに製作記&完成画像を載せたいと思います。
ミク

あ、ちゃんとレパードも進めていますよ!
内装でポカミスをしてしまいましてやり直しておりました(汗)

| 日常 | 23:33 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

2009年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年05月