HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月

≫ EDIT

今年を振り返って・・・

まもなく2008年が終わろうとしています。
今年も様々な事件・ニュース等がいろいろありましたねぇ・・・・

私的にはこの一年でブログの方向性を模型方向にシフトして
自動車プラモ製作記をメインとした構成に変えてみました。
そしたらなんというかプラモが完成することすること
これもアクセスしていただいてる皆様のおかげだと思っております。
大した製作記でもなければ完成品でもないのに拍手を頂いたりして
私的にはかなり嬉しかったりします。(^ω^)ありがとうございました!
ショボイ製作記ですが少しでもプラモデルが好きな人の参考になれば幸いかと・・・

また、2008年は自分のプラモ製作を取り巻く環境が一変した一年でもありました。
20年近く通っていた模型店が閉店。本当にショックでした。
そこのお店は自分が小学生の頃からプラモデル・ミニ4駆・ラジコン等で
お世話になっていた事もあり。本当に失恋した時以上の衝撃でしたね・・・・
「これからどうすんのよ・・・」という感じで。
小学生の頃は行くとガンプラかミニ4駆を買いに来ている
同級生誰かがいるという感じの地域密着型のお店でした。
近隣の模型店や県内のホビーショップ等に行く事はあったのですが
メインはそちらのお店でしたので他店だと塗料ひとつとっても買いづらく・・・・
最近はようやく「塗料をどこで買って~」「キットはあそこが入荷が早いかな~」と
自分の買い物の流れをつかんだ感じですね(´・ω・`)

自分が今年製作したプラモデルで一番気に入ってるのは
フジミのレクサスLS600hL個人タクシー仕様ですね。
フジミレクサスLS600
キットの出来が良かったのもありますが
前から製作したかった仕様なのでやっと形に・・・という事もあります。
ツメが甘いのは仕様ですけどねw
今年は月2台完成予定でしたけど後半ペースダウンしてしまいました。(´・ω・`)残念・・・
未完成の物も年内に形にしたいなぁ・・とは思っていましたが間に合いませんでした。

個人的2008年カーモデルオブザイヤーを選ぶとするなら・・・・
オブザイヤーなのに順位がありますけどね~w

一位  アオシマ AE86スプリンタートレノブラックリミテッド 
二位  アオシマ 痛車シリーズ らき☆すたロードスター 
三位  フジミ   R35GT-R

個人的激ツボ賞  アオシマ 三菱ふそうスーパーグレートFVダンプ
ベストオブ再販   アオシマC34ローレルメダリストV


という感じですね。GT-Rは三社競作で続々とバリエーションが出ています。
三社三様のキット構成ですので作り比べた人も多かったですね。
個人的にフジミ製が一番ツボでした。
痛車シリーズは言うまでも無いでしょう。良い意味で今年一番の話題をさらってくれました。
一位のブラリミは新規ホイール・エアロ等がツボでした。
年末にF31レパード前期型が発売されていればおそらく一位だったと思いますが・・・(´・ω・`)
スーパーグレートはフジミのトラック攻勢にアオシマが出した答えのひとつだったような気がします。
個人的にはメタルインレットやハイルーフパーツなどの構成に拍手を送りたいと思います。
ローレルは長らく見かけなかったクラブSのホイールをおまけで追加してくれた点ですね。

とまぁなんだかアオシマ製品ばかりだなー(棒読み)
来年はメーカー問わずセダン系車種がもうちょっと活気があると良いんですけどね・・・・

キットも新製品から中古品まで買いまくってしまいました・・・・
なんというか製作ペースとキット購入のペースが全く合って無いですねぇ。なんだかなぁ・・・w
ブログにうpしてないキット等もありますし。
でもまぁ前から探していた
フジミのGX81前期クレスタやアオシマのA31セフィーロとかを入手出来たのも良かったですね。

私個人としては可も無く不可もなくという年でしたね。
実生活の人間関係に疲れることもありましたが
なんとか割り切って行動できるようになったのが良かった点でしょうかね。
まぁ人生は常に勉強ですねぇ・・・・
で、なんとも言えないのが持病(大したことは無いんですが痛いw)が
何回か再発して迷惑を回りにかけてしまったことでしょうか・・・・
健康って大事だなぁとつくづく思いました。

今年はいろんな事件等もありまして景気の悪さも相まって
なんとなく暗い一年だったような気がします。
来年も厳しい状況が続くと思いますが少しは前向きに考えて行きたいですね。
少し湿っぽくなりましたね・・・すいません。

年末は模型は弄れず、お正月も親戚周り等で予定が入りまくりです。
模型製作再開はお正月明けからだと思います。
来年もこんなブログでよろしければ是非御覧になってくださいませ。

このブログでは2009年もカーモデルを中心にマニアック?に行こうと思います!

それでは皆様良いお年を!(`・ω・´)

紅白でおめでたくw
紅白チェイサー
スポンサーサイト

| 日常 | 15:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リリカルなのはチェイサー&初音ミクデカールを買ってみた。

いやー今日は寒かったっすねぇ・・・
自分へのクリスマスプレゼント(笑)に購入したのはこちらのキット。
話題になっていたアオシマの痛車シリーズの魔法少女リリカルなのはStrikerSのチェイサーです。

nanoha

勘の良い方はこのタイミングでチェイサーの製作記を始めた理由がわかっていただけたかとw
当初は、なのはデカールを流用する予定だったのですが
ちょっと思う事があり製作記のチェイサーを痛車化するかはまだ未定です・・・
(なのは仕様も近いうちに製作予定ではあるのですがねw)

今回このキットは非常に話題になったせいか入手できるか不安でした。
事前に何件か模型店を回って聞いてみるとどこも
「痛車は人気があるので予約分が多くて・・・」
「数が入ってくるか解らないので次回入荷分になっちゃうかも・・・」との事。
まぁしょうがないかなぁ・・・と思っていたら幸いな事にあるお店で「取り置きOK」とのこと!
無事に購入する事が出来ました。やはり穴場があるんでしょうね。
(たくさん入荷した店もあったようなので場所によりそうですねぇ・・・・)

開けてみました。
なのは
デカールの台紙がでかいw厚紙が入って保護してあります。
ロゴの種類が豊富になっていたりして非常に良い感じだと思います。
白のシルエットステッカーとかピンクのバイナル風のラインがいい感じですね。
あえて言わせてもらうとキャラデカールがやや大きめかな・・・と思います。
ですがここらへんは自由度を高めてあったりする兼ね合いと思いますんで
なんとも言えないんですが(;^ω^)

他メーカーの参入でこれからも様々な意見・要望があると思いますが
痛車プラモデルキットの先陣を切ったメーカーですから
さらに良い流れになる事を期待しております!
)
で、こちらはねんぷち等でおなじみのグッスマの初音ミクデカールです。
negi
当初は「デカールだけってどうなのよ?」と思っていたため購入予定は無かったのですが
店頭で見かけて「あ、これならお買い得かな・・・」と思い購入しました。
余談ですがこちらはなのはチェイサーとは別のお店で購入です。定価でしたw

個人的に普通車用のナンバーの封印部分が気に入りました。
ミクデカール
初音ミクのキャラデカールが多いので一枚で2~3台分作れそうですね(^ω^)
グリーンとホワイトに塗り分けて~とか構想は膨らんでいるんですがね・・・w

痛車プラモはまぁ流行り物ではありますが
良い意味でカーモデルとしては今年一番元気のあるジャンルだったのではないでしょうか。
アオシマが火を付け他メーカーも参入してきましたし自作業界も大きく飛躍したと思います。
カーモデラーさんのHP等で痛車を製作したりする製作記等も見るようになりましたし。

まぁ一番のニュースは私がアニメに興味を持つようになった点かもしれませんw

| 車プラモレビュー | 01:15 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマJZX100チェイサー製作記 エアロパーツ取り付け開始。25日追記

なんだかんだ言って更新していますw
※25日微妙に追記・・・・
クソ忙しいのに車が故障したりしてほとんど弄ってないです。
部屋の大掃除もしなくては・・・(;・∀・)

今日はエアロパーツを取り付けます・・・・といっても作業は昨日行いました。

今回、ブリッツ仕様のキットを製作している訳ですが
このキットを選んだ理由のひとつとして
サイドステップ・リアバンパーがトヨタ純正オプション仕様の入っていると言う点があります。
ですが、こちらはいずれ製作予定の
100系チェイサーノーマル純正フルエアロ仕様に流用しようと思っています。

そこで例のヴェルテックスの100系マークⅡのジャンクのサイドステップと
友人から以前にプラモデルのジャンクを袋一杯にもらった時に入っていた
TRDのリアバンパーを流用します。
TRDエアロはボディに接着されていましたがカッターで剥がすとぺリッと剥がれてくれました。
その後シンナーで綺麗に塗装を落とします(^ω^)
(エアロをはがす作業はジャンクをもらった当時に行いましたので画像はありません)
TRDサイドステップは片方がもらった時に無かったのが残念です。

リアは特に問題がないので簡単に接着できました。
実車と取り付け位置等が違うのでキットにあわせて接着です。
TRDバンパー
位置をしっかり出して瞬間接着剤で固定です。

まぁこの後オチがあるのが私っぽいです。お楽しみにw

で、サイドステップです。
これは100系マークⅡ用なもんで兄弟車とはいえ若干調整が必要です。
長さはぴったりですがドアの切り欠きが若干マークⅡ用の方が短いので調整します。
若干
水色の○部分をボディにあわせてカットします。
赤線部分が浮くので(特に左側)瞬間接着剤を流し込みました。
(モールドが埋まらないように気をつけましょう。パテ修正もアリかと)

塗装中やコンパウンド掛けの時に取れないように瞬間接着剤でガチ止めします。
サイド
で、この後はパテでエアロの端面を仕上げます。
パテ
タミヤのエポキシパテを使って滑らかに仕上げます。
といっても画像でみると指紋が・・・まぁこのあと削ると言う事でw
もちろんリアだけではなくサイドも加工します。
以前は実物のエアロパーツと同じ形状に仕上げていましたが
完成しても見えなくなるんで現在はそれっぽく加工しています。

フロントバンパーもそのままではアレなので下側の膨らみ部にエポキシパテを塗ります。
パテ
この後加工した部分にカッターとペーパーで滑らかにしあげて薄くラッカーパテで仕上げます。

インタークーラー部分・・・抜いて別に製作するかそのままマスキングで仕上げるか・・・
悩ましい(><)
ばんぱー


で、リアのエアロのオチですが・・・・
ニュルスペック
こちらのニュルスペックマフラーがキモです。 
触媒以降から再現されていますので非常に嬉しいのですが・・・・・
                  ↓
※オチと言うレベルではありませんでそこらへんはご了承くださいねw               

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマJZX100チェイサー製作記 ホイールリペイント

さてさて、今回はホイールのリペイントです。

キット付属のホイールではなく以前製作したアオシマのS13シルビアに付いていたホイールです。
ウエッズのSA-70というホイールですね。
造型的には良い雰囲気なのですが惜しいのがペイント。
キット付属の状態だとやや塗りムラが・・・・

hoi-ru

艶消しのブロンズ独特の雰囲気はあるのですがね・・・(;^ω^)


んで、シンナーで塗装を落としてゴールドを塗装します。
金

カッコイイのでこれで出来上がり・・・・(´・ω・`)

と言いたい所ですがこの上にスモークを吹きます。
こんな感じ
ムラになりやすいので薄く何度も塗装しましょう。
吹く回数で色あいを調整出来るので好みの濃さで塗装しましょうね。

その後艶消しクリアーを塗装します。そうするとこんな感じです。
(左側が艶消しクリアー塗装後です。)
比較

まぁ雰囲気は出たかな・・とw
ホイールの銘柄によっては艶ありのブロンズもありますのでお好みでお願いしますね。

※年末でやや忙しいので製作がスローペースになってしまうと思います。
  ですが出来る限り更新したいと思います。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スバルサンバーの消防車の可愛さと言ったら・・・・

久しぶりのミニカーネタです!

某誌風に言うと黒幕氏がいるおかげで
マニアックな題材が多いトミーテックのTLV(トミカリミテッドヴィンテージ)シリーズですが
今回は特にかわいいこちらの一台を・・・・
サンバー消防車
スバルサンバーポンプ消防車です。
今回は富士重工業三鷹製作所仕様にしてみました。

出来のほうは非常に良く出来ており赤の塗装にムラは無くタンポ印刷も非常に綺麗です。
このポンプ用のロビンエンジンが泣かせます。
サンバー

ホースはゴム部品で出来ており非常に良い感じです。
ゴムホース

出来も良く、仕上げが綺麗だったので発売を前から楽しみにしていた甲斐もありましたw
なんかジオラマを作りたくなりますね~w

| ミニカー | 00:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマJZX100チェイサー製作記 ローダウンリア編

さてさて、リアのローダウンです。

※今回製作しているブリッツチェイサーはこのローダウンパーツは付いていません。
 他キットからの流用です。

例のローダウンパーツを使うとリア側はある程度車高は落ちます。
ですが個人的にはキャンバーが付きすぎてると感じたのでちょっと加工します。
まず手始めにシャーシを加工します。
シャーシ!
インナーフェンダー部を削りまくります。

ボディ側もフェンダーのうすうす加工をしておくと良いでしょうね。
準備が出来たら足回りの部品を組み立てます。
シャーシ部品


ここのVR41の部品を薄く削ります。画像はありません・・・(´・ω・`)
ある程度好きな角度を付けておきましょうね。
で足回りのメンバー部品のブレーキローター取り付け部もちょこっと薄く削ります。
(上の画像のVR41の部品の所の矢印のあたり)
ドライブシャフトのブーツ部分も削りましょう。
そしたらローター部品をメンバーに接着せずホイールに装着します。

そしてシャーシにボディを嵌めて大体の前とのバランスを取りながら位置を決めます。
シャーシ
この時エアロ等もマスキングテープ等で貼っておくと雰囲気が解りやすいです。

で、ここで位置を決めて瞬間接着剤を流し込んで接着します。
固定

ちょこっと流して接着してくっついたら流し込んでさらに補強すると良いでしょうね
強度重視で大量に流し込んだので白くなっていますw
タイヤ・ホイール等を白化させないように注意しましょうね。
あと、左右でキャンバー角が違うと切ないので左右対称になるように接着しましょう。
自分は今回キャンバーを起こし気味に接着しました。

無事にローダウン完了。
ローダウン

全体はこんな感じです。
フェンダー

エアロはボディ編で記述しますがチャンポン仕様です。
大まかな調整が終わったのでちょこちょこ進めていきますよ~♪

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:14 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマJZX100系チェイサー製作記スタート!まずローダウン!

さてさて、街中はクリスマス一色ですが手が動くうちに新作に取り掛かります。
今回の製作記はアオシマのJZX100系のチェイサーです。
ブリッツチェイサー
SパッケージVer.Rのブリッツチェイサーを選んでみました。
こちらを製作したいと思います。ベルテックスのキットと迷いましたが・・・・

今回はラフィーネやアバンテロードリーに改造しない事を先にお詫びしておきます。
誰も期待してないよという空気が漂う中
あえてのちょっぴりチューンドカーにしようと思っています。

さて、キット開封。
あ・・・・このキット・・・ホイールがピン式な上にローダウンパーツがない・・・・
(買うまで忘れてましたwベルテックス仕様とかDMシリーズには入ってるんですね・・・)
う~ん・・・履きたいホイールがあるのに・・・(´・ω・`)

ジャンク箱を開けたら偶然90・100系車型用のローダウンパーツ発見!!
ボディをミスで破壊してしまったベルテックスの100系マークⅡの余りです。
おまけにクリアパーツを誤って踏み潰して部品取りになった私の黒歴史キットです。

で、ホイールを合わせて早速仮組み。
アオシマのS13シルビアに付いていたウエッズスポーツのSA-70です。
キット標準状態のペイントがちとアレですが・・・
違法改造はやめよう!

はう!(;´Д`)・・・・・タイヤがはみ出してるやんけ。
※これは合わせるホイールではみ出し具合が変わってくると思います。 

陸事の窓口に貼ってある不正改造車のポスターみたいですねw
おまけに車高もちょっと高めです。
一瞬見なかったことにしてこっそり在庫棚に戻そうかと
悩んだ結果車高&トレッド調整をする事にしました。

まずインナーフェンダーをアーチ型にカットします。
アッパーアームの彫刻のあるおにぎり型の所を残してカットしましょう。
割らないようにニッパーで切りました。

カット

標準状態と比べた画像が無くてすみません。出来る限りうすうす攻撃をしましょう。
そしてサスパーツが入る部分も平らにします。
そして1,2~1,5ミリ程度の穴をキット標準の位置とスプリングパーツが入る中間に穴を開けます。
削る~

そしてロアアームのパーツ(A⑧)のスプリングが入る部分の脇を削って・・・・
カット

穴のパーツをカットして先ほど削った上に接着します。
カット
ここの接着位置でキャンバー角弄れますのでお好みの位置で接着しましょう。
そうして組み立てると・・・・これでタイヤが内側に入りますね。・・・って・・・

ありゃ?? 
           。 。
  / / ポーン!
( Д )

うおっと!
これではトーインがきつ過ぎですね。
検査ラインのテスターに入るなりサイドスリップ×になり車検不合格確実です!

おいおいHITEQよ・・・これはどうやって走るんだよ?とか
予測できずに組んでみて初めて気が付いたんだろ?等の言葉が聞こえます・・・・
そこでタイロッドをカットして調整!瞬間接着剤で現物合わせで接着しましょう!

カット

接着後軸が太くなるのでそのままだと
タイロッドがシャーシのエンジン部分に当たって折れる恐れがあるのでエンジン部分を削ります。
もともとこのシャーシのタイロッドの部品はかなり細く折れやすいです。
シャシ裏の見えにくい場所なのでガッシガシ削って良いと思います。

シャシ

まぁここまでやってもステアがちょっとしか切れないので思い切って接着してしまうのもアリかとw

大分雰囲気が出てきました!

おk
シャーシのボディマウント側も若干加工しています。といっても少し削って取り付けただけです。
お断りしておくとこの足回り改造方法だと
スプリングのパーツ(A⑥)がそのままでは取り付けられなくなります。
見えない部分ですので無視するか加工して取り付けてみてください。
また、シャーシを削る量やストラットのパーツの取り付け方でも車高が変わったりしますので
製作される方はそこら辺を注意してくださいね(^ω^)
もちろんガラス・内装と取り付けていくうちに車高がが変わる場合もありますので。

ホイールカッコイイ


リア編はまた後日・・・・今日はこの辺で閉店ガラガラ・・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

スバルがWRCから撤退・・・・てなわけでインプレッサWRX

新聞・テレビニュース等でも話題になっていますがスバルがWRCから撤退だそうです。
正直寂しいですねぇ~(´・ω・`)

個人的にはスバル=ラリーと言うくらいのイメージでしたので・・・・
(スバル車で一番好きなのはドミンゴなんですけどねw)

自分は中学生くらいの頃に全日本ラリー選手権とかに興味を持っていましたので
キャロッセカラーのインプレッサには特に思い入れがありますね。

WRCも一時期は興味がありましたのであのブルーのインプレッサにはやられた口ですw
濃いブルーの頃の555カラーが好きですね~(^ω^)
撤退は残念ではありますがこういう時代だからしょうがないのかも知れませんね。
今日も自動車業界の友人と話しましたがどこも辛いようです・・・・


ここで、タミヤのインプレッサWRXを置いておきますね・・・
( ´・ω・`)つ
インプレッサ

発売当時に製作したもので今見るとワイパーが浮いていたり全体的にツメが甘いですね・・・
でもそれなりなのが「さすがタミヤ!」と言った所ですね。
そういえばこのブログでは初めてのタミヤの完成品ですね・・・

インプレッサ

確か一週間くらいで完成した覚えがあります。
特にグリルとライトの反射板のハウジングの一体成型に感動しました。
シャーシなどややあっさりした作りですがさすがタミヤ・・・と言った良いキットです。


スバルのWRC撤退は非常に残念ですがいつかまた復活してくれる事を願っています!
(スズキも、復活を願っています!)
あの砂塵の中を走り抜けていくブルーの車体を見たいですね(^ω^)

| 車プラモ完成品車庫 | 23:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今話題のドリパケライト買ってみた。

プラモデル製作も一段落したので次回作をどうするか考えていました。
ある日、前から気になっていたドリパケライトの話題になり物は試しに・・と購入。

当初180SXが欲しかったのですが在庫無し・・・
ドリパケ
あきらめて新製品のS15シルビアを購入。

組み立て式ですが非常に組み立てやすいです。
ちゃんとワンウェイユニットとかが入っていて思ったより本格的ですね。
エアロ

完成!エアロが派手ですね~w 実車なら要構造変更です。

早速試運転!おお~wちゃんとドリフトしやがるじゃんwwww
さすがタカラトミー&ヨコモの製品ですね!飛距離も出るなぁ~!
トイラジとしてはかなり良い部類に入ると思います。
エアロRCのボディが乗せられるのもポイント高し!
(ホイールベースが可変式でエアロRCに適合のマウント付き!)

思わずタミヤのTA-02でブイブイ言わせてた中学生時代を思い出しました。
10年位前ですが当時からドリフトやってたんですよね~
今時のドリラジに比べたらアレだと思いますがね・・・・

で、気になったのがボディ。コスト的なものだと思いますがやや塗装が荒い。
ザラザラで塗装が回りきってなく透けて見える・・・おまけにマスキングが漏れて・・・orz
ちょっと割高のシリーズは綺麗にペイントされているんですがね。

カーモデラーとしてはリペイントしたくなりました。
で、早速・・・

塗装


↓続きはこちらから

≫ Read More

| トイラジ | 00:25 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫 アオシマAE86トレノブラックリミテッド

アオシマのAE86スプリンタートレノブラックリミテッドが完成しました!

※見てくださった方に拍手を頂いたのですが
 当方で編集操作を間違えてしまい記事を消してしまい拍手が消えてしまいました。
 本当に申し訳ございませんでした。

ブラックリミテッド

今回は何度か製作したキットであるためか
内装の改造を除いては非常にサクサクと製作できました。
新規パーツのエアロとホイールがいい感じですねぇ~♪

アオシマ AE86トレノブラックリミテッド

最近の設計のキットという事で非常に良い出来です。
着色レンズパーツ・バリエーション展開しやすいパーツ割り・・・今風ですね。
欠点をしいてあげるならフロントバンパーのグリル下の盛り上がりがやや抑え目かと。
気になる人はパテを塗りましょうw

トレノ!

流用しがいのある専用ホイールは若干明るめに塗り直しです。
センターキャップ部はメッキシルバーでそれっぽく。

アオシマ ブラックリミテッド

専用品のロゴ・ストライプ等が良い感じです。
ストライプも比較的まっすぐ貼れました。
小物
アップに耐えないのは仕様です。

今回、久しぶりのブラック塗装という事でコンパウンドがけにやたらと時間を取られました。
傷がなかなか消えない・・・(´・ω・`)
最後はモデリングワックスにかなり助けられましたね。
窓枠等もマスキングに手間取った割には目立たないですね。

今回バンパー・エアロパーツ等は少しざらつきを残して塗装して
実車のカラードバンパー風に仕上げてみました。
この時代のカラードバンパーはやや梨地っぽくなっていますよね。

アオシマ トレノ後期型

てっ・・・手抜きじゃないんだからねっ!
画像だと良くわかりませんし、鏡面に仕上げた方が模型的には良いのかもしれません。

レンズ類もスモークを掛けましたがちょっと暗くなってしまいました。
特に左前ウインカーが画像だとえらく黒っぽくなってしまっているので
近いうちに修正する予定です。


内装に一番手を掛けたのですが・・・・
AT仕様に変更、ブラックリミテッド専用ドアトリムへ修正等の改造をしましたが
やや不満点が多いです。
内装
おまけに今日ハチロクの後期型を見る機会があり、ますます仕上げに不満が・・・
こちらも修正予定です。

リトラのギミックが楽しいですよね~こういうの大好きです!
リトラクタブル

今回、非常に楽しんで製作できましたが
若干課題を残す作品(と呼べるかな?w)になってしまいした。
ですが完成してしまうとやはり愛着が湧き、前期トレノと並べてニヤニヤしています。
おまけw前期型と

個人的にはⅡ型レビンのGTVの赤単色が好きだったりします。
いつか作りたいんですが・・・・トレノはもう三台目ですしねぇ・・・満腹状態ですw

このような比較的知られている限定車とはいえ
マニアックなバリエーションキットは非常に嬉しいですね!
後期型のキットが出た時におまけでブラックリミテッドのデカールが入っていましたが
今回のように完全な物ではありませんでした。
ですが、今回新規パーツ入れてキットしてくれた事を感謝したいと思います。

ブラリミ

トレノ ブラックリミテッド

トレノ


さて、次のバリエーションキット展開はハチゴーあたりをお願いしたいですね。
もちろんリアルな3A-Uと共に・・・・w
箱絵に
83ps、15.0/ℓ(10モード燃費5速マニュアル運輸省審査値)。
進歩はスポーツマンを小食にしてしまった。

と書いていただければ完璧でしょう。
※今度のバリエーションキットはイントラアルミ&エンジン付きの後期トレノだそうです。
レビンは出ないのかなぁ(´・ω・`)

また、手直しをしたら画像を入れ替えたいと思います。

| 車プラモ完成品車庫 | 00:37 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマ AE86トレノブラックリミテッド製作記最終回!

今回、諸事情により最後の方の製作記がすごい歯抜けになっていることをお詫びします。

ボディは研ぎ出しが終了したらマスキングをして窓枠&ドアノブを塗装です。
窓枠

直線が多いので綺麗に塗り分けできました。
ドアノブを塗るのを忘れてしまい慌ててめくってマスキングを切りドアノブを塗装しました。
あとは鍵穴をエナメルのシルバーで塗装です。
クリアを多めに吹いてしまったので削って虫ピンを入れたほうが綺麗に仕上がったかも・・・

シートバック

シートバックは結局こんなかんじに・・・・ちょっと形状が違います・・・・(´・ω・`)
しかも専用品のシートバックポケットデカールを貼ったのですが・・・・・
剥がしてしまいましたw

一応・・・

塗り分け・・・・間違えてるような気もしますが・・・・
いずれ手直し予定です(汗)

あとは今まで仕上げてきたパーツを組み立てれば完成です!
すみません、急遽急いで製作したために画像がほとんどありません。

ウインドウのクリアパーツが傷だらけだったのでコンパウンド掛けして取り付け。
リトラクタブルヘッドライトは
ボンネットを先に取り付け裏からマスキングテープで固定して、位置出しを行いながら接着。
もちろん可動部には注意ですよ!
前後バンパーはボディ取り付け後にGクリアーで接着です。

そして完成!

完成









| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマAE86ブラックリミテッド製作記 小物&ボディ磨き。※11日追記

最近新製品ラッシュが落ち着いてるので新キットに浮気しないで済みますw
そのおかげかスローペースながら徐々に形になってきました。
週末に間に合うかなぁ・・・

※追記しました。

小物もラストスパートです。
ミラーはアオシマのセダン系車種についてくるおまけのミラーシールを貼ります。
ナンバーはクリアコートしておきました。

新規パーツのリアのマッドガードにデカールを貼ります。
マッドガード・小物

( ^ω^)塗装して~デカールを貼って~よし上手く貼れた! よっしゃ!もう一枚!
( ^ω^)~♪
(;^ω^)あ・・・一枚破れちゃった・・・・・

マークセッターを塗りすぎてしまいふにゃふにゃに・・・
こりゃあデカール請求か!?
よし!もう一個は(´・ω・`)経年で字が薄くなって消えたということで・・・・

期待せずデカール在庫を見ると・・・・・

デカール

お!これは!?(`・ω・´)フジミのハチロクのデカール!
①番に白TRUENOデカール発見!!しかもアオシマのデカールとほとんど変わらない!
早速貼ります。上の画像の右側がフジミのデカールです。
いらないデカールも捨てないで取っておくとこういうときに助かりますね。

内装はシートを除き完成。
シートはシートバック形状に不満があり3回目の手直しです。
完成したら見えなくなりますが・・・・

内装

ドアノブはジャンク部品のアリイのGX71マークⅡのドアの内張り部品から削りだしました。
パワーウインドウスイッチはプラ板でそれっぽく製作です。
下のドアポケット部分は布ですんでドライブラシで塗装。イマイチな仕上がりはご愛嬌ですw

シートはそのままでも良かったんですがアオシマさんがせっかく
ブラリミ専用部品のシートバックポケットのデカールを入れてくれてるので・・・

bodeli
ボディはコンパウンド掛け開始。
いつものタミヤ三種盛りです。今回はブラックボディなので粗目はほとんど使用しません。
傷が目立つのでいつもの何倍も気を使って磨きます。

いや~濃色は難しい!(;・∀・)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:28 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマAE86トレノブラリミ製作記 内装・小物その3

今日は寒かったですねぇ・・・・

模型の方はややスローダウンですが徐々に形になってきました。
懸念の内張りもなんとか先が見えてきました。
内張り
全体的に角を取り・内張りの形状変更・取っ手部分の形状変更
ドアポケットを削りブラリミ専用品の形状に似せてプラ板を加工
ドアノブ・手巻きウインドウクランクハンドルを削り取り。
地味に一番時間がかかってます・・・・

ドアノブは内張りの成型に邪魔だったのでアリイのGX71マークⅡのジャンクの内張りから
ノブの部分のみ削り取って使用します。
実車とは若干形状が違いますが雰囲気重視という事で・・・・・

リトラの部分を組立てました。
ボディ色と同じ部分はコンパウンドを掛けてから組み立てます。
オレンジのレンズの部分はクリアオレンジを裏側から塗装して表からスモークを吹きました。
リトラのギミックの部分はきちんと可動するように接着します。

ライト


さて・・・週末までに形になるんだろうか・・・・(´・ω・`)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ジャンクプラモデルの世界。

こないだある遠征したお店で前から探していたプラモデルを発見。
値段は漫画の単行本くらい。ただ・・・・完成品ということ。
タミヤ セリカ SSーⅡ  

物はタミヤのセリカSS-Ⅱです。トヨタエンブレムが逆に貼ってあるナイスな一台でした。

実は完成品状態で購入した訳はホイール目当てだったりします。
ホイール
このホイールを利用して中学生の頃から描いていた
タミヤのエクシヴJTCCのノーマル戻しの為だったりします。
プリメーラと違いフェンダーが純正状態に近くノーマル戻しは楽そうだな・・とw



バンパーとボンネットをうまく利用して現行商品のGT-FOURと合体させて・・・とかも考えたり。
ただ、接着剤がべったりくっついてるので解体は大変そうです。
解体するのは製作した人には申し訳ないんですがね・・・(´・ω・`)
友人が以前引越しする再に完成品をもらった事はあったのですが
完成してる物を購入したのはこれが初めてです。

とりあえず、いきなり解体するのもアレなので磨いて棚に置いてみました。

| 車プラモレビュー | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマAE86トレノブラックリミテッド製作記 内装等その2 ※7日追記

クリスマスイルミネーションとクリスマスソングで街が彩られる時期になりました。
まぁクリスマスイルミネーションよりデコトラの電飾の方が好き。
そんなHITEQです。

さて、内装です。リアシート周りとフロア関連は塗装が終了。
基本をクレオスのジャーマングレイで吹き、シート真ん中はサフ。
リアのボード部をクレオスのニュートラルグレイで吹き
シート上部&コンソールは艶消し黒で塗装。なんか仕上がりがアレですがw

もう悩んでいても完成しないので例のフロアマットのデカール貼りです。
はりはり
寸法はぴったり(^ω^)貼り終わるとこんな感じです。
張り終わり
砂吹き気味でザラザラしていますが
マークセッターとソフターを使い綺麗に密着させました。
アオシマのデカールは貼りやすいので好きです。
デカール貼り付け後艶消しクリアー砂吹き攻撃をして、ザラッとさせます。
リアシートのお尻のクッションの部分はドライブラシで布っぽさを出しましたが・・・
あまり良くわかりませんw

ミッションは結局ATに。アリイのGX71用レバーはやや厚いのが・・・・・
ここはフジミのGX71用流用がベストですかね。
手持ちのジャンクで発見できれば良かったのですが、見当たりませんで。

ダッシュボードも塗装。基本を艶消し黒を砂吹き。
艶の有り無しでアクセントを入れてみましたが・・・・どうもピンときません。
ダッシュボード
メーター・ステアリングパッド等も専用品がデカールで再現されています。

ライトも製作。艶消し黒で塗装してメタルックを貼り込み。
ハセガワのミラーフィニッシュを使ってみたいんですが・・・どこも品切れですね・・・・
ライト
イエローバルブ風にバルブ周辺をクリアーイエローで塗装しましたが・・・
仕上がりは気にしないでくださいww

テールランプも塗装して組み立てます。カラーテールは便利ですねぇ。
実車はややスモークっぽいのでスモークを吹きつけます。
ハチロク テールレンズ
ちと濃すぎたかな?まぁブラックリミテッドと(ry

工程的には7割を終えたという感じでしょうか。来週末には完成できると良いんですけどね。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマAE86トレノブラックリミテッド製作記。内装とか小物とか。

ボディの塗装が終わった・・・と思ったら内装地獄です(;^ω^)

ブラックリミテッドの内張りが専用品だと気づき、さらに前期後期で形状が違うと・・・・
ほうーブラリミは・・・パワーウインドウなのかぁ・・・・キットは手巻きウインドウですねぇ。

てな訳で現在パテ地獄です。画像は・・・・見せられません・・・・w
ああ・・・でも完成したら見えなくなるじゃねーか・・・(´・ω・`)

運転席シートはエポパテで裏打ちです。
裏打ち
今回、例のシートバックポケットのデカールがあるのでちょこっとそれっぽくしてみます。
(現在の予定では適当なメッシュに交換予定です。)
くぼみをつける為に四角く、カッターでくり貫きます。
パテは乾燥前だと綺麗に剥がれてくれます。

その後、若干薄めたラッカーパテで穴に信玄餅攻撃。
って・・・信玄餅を食べた事がある人は解るでしょうがあの蜜をかける要領です。

なんじゃそりゃ?という人はこちらからw

黒蜜、いやラッカーパテを流すとこんな感じ・・・・
信玄餅
これは流した直後なのでアレですがヒケてくると良い感じです。

※実車を見た時の記憶を頼りに窪みを付けたのですが、実際はもうちょっと大きく窪んでいます。 
 人間の記憶は当てににならんですねぇ。 まぁフジミの86風という事でw 
 ええ・・・今直してますが・・・(´・ω・`)

そして・・・・小物類。
うーん手元にアリイのGX71マークⅡのジャンクパーツが・・・・
オートマ
うーん・・・・こういうのもアリかなぁ・・・・
オートマ!アヒャ

「おいおいHITEQよ・・・・ハチロクにオートマ?」
「お前4A-G乗ったことあるの??MTじゃなきゃだめだろう?」等の厳しいご意見があるでしょう・・・
でもネットでいろいろ調べていたら当時の広告はAT仕様なんですね。
あと、個人的にはヒネったグレードや仕様が好きなもんですからね・・・・

まぁどちらにするかは追って決めますw

小物も徐々仕上げています( ^ω^)
ナンバー
ちょっとオオッ!と思ったのがナンバーのフォント。
最近のアオシマはナンバーのデカールが実車っぽくて良いですね!!!
今までのプラモデルに多かったドラマの劇用車のような怪しいフォントも減っていくんでしょうねw

まぁ51ってのがアレですがwこのクルマの時代なら59あたりでしょうかね?

ああーレンズ類も手をつけないとなぁ。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

また懲りずにキット購入・・・(´・ω・`)

ハチロクが大分形になって来たのを良い事にまた、キットを買ってしまいました・・・・

塗料を買いに行ったらキットを買ってきた(´・ω・`)・・・・これは良くあることですねw
時間の都合でいつも行く店に行けなかったので別の店に行ったら
目当ての物が無かったのでブラブラしてると・・・・

ランエボ

フジミのランサーエボリューションⅦ発見!あれ?安いなぁ・・・
しかも競技用ベース車のRS・・・ (*´д`*)

「おいおいHITEQよ・・・おまえはこういう車好きだったっけ?」
「え?競技用ベース車?その前にHITEQがダイエットだろ?」
と言う厳しい意見もあるでしょうが・・・・
ここで白状します。実は私、隠れ三菱ファンでして・・・・・
このキットも発売当時に買おうと思ってたんですがテッチンの出来にやきもきしてたら
いつの間にかカタログ落ち・・・・(;^ω^)

「いつまでも あると思うな バリエーションキット」 字余り

これが問題のテッチン
テッチン
なにこれ?テッチンマニアの俺を虐めたいの?
こんな薄いセンターキャップじゃ収まらんと思うんですが・・・

ちなみに実車のテッチン。(キットの箱です)
スチールホイール

チキショウ・・・新生フジミでこのテッチンを作ってくれれば・・・・うっ(´;ω;`)

このランエボⅦのキットもちょっと前のフジミスタンダードな出来で
あまりこの車に詳しくない私もあれ?と思うところが・・・・
最近のフジミのキットに慣れてしまった今ではちょっとつらい所もありますねぇ。

でも、なんかこの頃のフジミ・・・・嫌いじゃないw

で?いつ作るのって? すんません・・・・(´・ω・`)

| 車プラモレビュー | 21:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマAE86トレノブラリミ製作記 クリア塗装と内装スタート。※4日追記

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「どんなマフラーしてる?」です。12月!本格的に寒くなってまいりました。首元を暖めると、全く何もないより凄くあったかいと思っているのですがそれにとてもお役立ちなのがマフラー!最近は朝晩が寒くて、マフラーが必須のほうじょうです。でもやっぱ・..
FC2 トラックバックテーマ:「どんなマフラーしてる?」



たまにはトラックバックテーマでも書いてみましょう。
そうですねー。
以前は車検○対応のオーバル100Φ2本出しのマフラーを入れていましたが
音が煩かったのですぐにノーマルのマフラーに戻しました。
車検の時にセンターマフラーが排気漏れしてたので交換。
錆び防止に耐熱ペイントのシルバーをたっぷり吹いてもらいました。
そのため本来は艶消し黒のサイレンサーもシルバーに塗られています。
後ろから見ると一発で私の車だと解りますw
って・・・・すんません(´・ω・`)

さてさて下らない冗談はさておき、アオシマのAE86トレノのブラックリミテッドの製作記です。

デカールをあらかじめ貼ったのでクリアコートは少し気を使います。

デカールをじっくり乾燥させたら手の油やデカールの糊を綺麗にするために
ボディを優しく洗います。この時デカールが流れないように気をつけましょう。
逆に水をかけて剥がれてしまう様ではクリアコート後にはがれてしまう可能性も・・・

砂吹きを数回行い、問題がなければデカール上を濡らす程度にクリアを吹き付けます。
じっくり乾かしてから厚めに一回。
クリアコート
砂ぶきのおかげで表面は荒れ気味です。
ストライプ部のデカールの上が若干段差になってるのがお分かりでしょうか?
これを1500番のペーパーで馴らしていきます。
位置決めの為に残したニス部分ですが上側は切れば良かったと後悔・・・・

デカールの段差を取るためにペーパー掛けをしますが
デカールもシンナーで少し柔らかくなっているので気を付けましょう(;^ω^)
こればっかりはじっくり乾燥させるが吉です。

ペーパー掛けるとこんな感じ。段差がありますね~
デカールの段差
ペーパーを掛けて段差を取ります。
段差
ペーパーは1500番を使います。じっくり全体にペーパーを掛けます。
この後またクリアを吹きます。たっぷりと厚めに吹きます。
ハチロク

これでじっくり乾燥させて後はコンパウンド掛けです。なんとか艶々になってくれました。
ブラックは傷が目立つので気を使わないとですね・・・・

画像はありませんが
ボンネットやリトラの蓋等のボディパーツも同時にクリアコートを行っています。
バンパー・エアロは仕上げ方を悩んでいます(´・ω・`)
テカテカで行くか実車のように梨地の上に塗装されてるような雰囲気を出すか・・・
まぁ、良さそうな方で仕上げる方向でw

次は内装です。
アオシマの86を組んだことがある人なら内装がややカクカクしてるのに気づいたはずです。
これはリアシートです。
座席
カクカクしてますね~フジミのキットはどちらかというと丸っこい感じです。
当初は前シートのヘッドレストだけ直す予定がいざ直すと他が気になる・・・

内装も・・・


てなわけでリアシート周りも若干弄りました。
シートの角ばりを取り、リアのボード部分にスジ彫り。
座席も左右分割になってるので分割線を入れました。
スケールを当ててカッターでスジを入れてPカッターで溝を彫ります。今回は太めに入れました。

内張り等も標準車と違う部分があるので若干加工中です。
ちなみに直したい部分が数点あるので、ボディ乾燥待ちで徐々に仕上げたいと思います。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

AE86トレノブラックリミテッド製作記 クリアー前のデカール貼り。

昨日は久しぶりに長い時間運転して疲れました。
たまの遠出も良いですね(・∀・)

アオシマのAE86トレノブラックリミテッドはボディの色も吹き終わり
クリアーコート前のデカールを貼りました。

アオシマ ブラックリミテッド


画像だと曲がってるように見えますね・・・orz

デカールは決して多くは無いですが、ピンストライプは細いので貼るのが大変です。
ピンストのデカールがキット付属のデカールだと端面が垂直ですが
実車はフェンダーの形状に合わせてあるのでカットします。

実車はボディのラインの若干上を通ってるのであえてニス部分を残して位置を出しました。
マークセッターを使ってぴったり貼りたいですがデカールが柔らかくなり
ラインがヨレる可能性があるので少し水で薄めながら使用しました。
(効果は落ちてしまうかと・・・・)
一箇所ヨレてしまった・・・・(´・ω・`)まぁ目立たないからいいか。

マークセッターの液は乾燥してしまうとなかなか拭き取れなくなるので気をつけましょう。

そしてテールの赤塗装。

実車だと反射板等が付いているので若干塗装での表現はきつい部分もありますが
色が入ればそれっぽいかな?

画像を見ていただくと早いですね。
te-ru

①マスキング・足付け。②サフ塗装。③クレオスのモンザレッド塗装。④デカール貼り付け。

さて、2~3日乾かしてクリア塗装です。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年11月 | ARCHIVE-SELECT | 2009年01月