HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

完成品車庫 フジミレクサスLS600hL個人タクシー仕様

フジミレクサスLS600hL個人タクシー(東個協)仕様完成です!
※9月1日一部画像変更しました。

個人タクシー


フジミ レクサス

出来や画像の鮮明さはさておいてやっぱりこの東個協カラーはカッコイイですね。

個人タクシー
【守れ、速度と車間距離】のステッカーが良いですね!

キット自体は新生フジミらしい良いキットです。
説明書の塗装指示の曖昧さと
部品の合いが若干きつい点がありますがそれほど苦にはなりません。
ヘッドライトやテールライトなどは非常に雰囲気があります。

レクサスLS 個人タクシー

ガラスのパーツの透明度も高く、一時期のフジミに比べると本当に良い感じです。
この調子でどんどん新規キットが出るといいなぁw(^ω^)

東個協

キットの注意点としてはボディ・ガラス・内装等は良く仮組みしたほうが良いです。
自分はそれで泣きを見ましたw車高はフロントを若干落としてあります。

フジミ レクサス 個人

アオシマの別売りタクシーパーツを使用した以外はキットのままです。
色はクレオスのホワイトの上からクレオスのホワイトパール。
クリアーはクレオスのスーパークリアーです。
ストライプと一部デカールはクリアコートしました。
料金表示が660円のままだったり禁煙ステッカーとかを製作しようと思いましたが・・・・
インクが切れたのでとりあえずパーツをそのまま使いました。

フジミ

実際にはガラスの問題等でこの
東個協カラーのレクサスLSのタクシーは存在しないらしいのですが
実際にあったら面白いでしょうね。

※追記です。
調査をしたら
なんとLS600hLの個人タクシーが
実在するそうで・・・・(´・ω・`)

知らなかった・・・
と、いうより1000万以上する車のタクシー・・・・乗る時に緊張しそうw

フジミレクサスLS600hL 

子供の頃、このブルーのラインの個人タクシーに憧れてましたねぇ。
ダイヤペットだったと思いますが330セドリックのこの色のミニカーがお気に入りでした。
ドアが4枚開いてちょっと大きいやつでしたが。
実際に東京に出かけたときに乗ったときは感慨深かったです(^ω^)
そんな事を思い出しながら作りました。

スポンサーサイト

| 車プラモ完成品車庫 | 14:07 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミレクサスLS個タク仕様製作記 最終回

昨日の夜はすっかり遅くまで作業したために今日は眠いこと眠いこと・・・・

今回でフジミレクサスLS600hL個人タクシー仕様の製作記は終了です。

まず、クリアパーツにデコトラ用のウインドウデカールを切って貼りつけ。
マークセッターを使って裏側から貼り付けます。
ガラス

まぁそれっぽくなったのでこれでおkでしょう。
フロントグリルはピッタリ過ぎて合わなかったので淵を全周削って装着。
溝には実車の様にガンメタルを流し込んでそれっぽく。

ヘッドライト等は塗装指示は特に無いけど実車を参考に
タミヤのアクリルのスモークを筆塗り。
各レンズ部品の接着はアクリルクリア塗料で行いました。
ヘッドライト

これ、塗り分けて部品を接着するとめちゃくちゃリアルなんですよ。
で、ヘッドランプの内部部品とレンズの間にボディ色が見えてしまうので筆で黒を塗っておきました。
フォグランプ側はシルバーを塗りました。
で、フォグのレンズの合いはややイマイチなので加工しました。
といっても許容範囲内です。

リアのレンズもこの通り。
テールライト
若干刷り合わせが必要でしたがこんな感じです。
先に赤のレンズをボディに接着して裏の反射板を合わせて取り付けると綺麗に収まります。
で、ウインカーとバックランプ部のレンズパーツ・・・・これが合わないw
特に右側はめちゃくちゃ反っています。気合で合わせましょう。
ナンバー上部のモールパーツもダボを切断して取り付け。

前後の窓枠は塗装指示は特にありませんでしたがつや消し黒で塗装しました。
窓枠

窓枠
特にフロントが効果的でボディとガラスとの段差が目立ちにくくなります。

あとは小物をちょこちょこと・・・・デカールを貼ったり・・・・
デカール
ジャンクパーツからTLアンテナをくっ付けたり・・・・
TLアンテナ
これは雰囲気で装着しました。
トランクがTLアンテナの装着を許さないような形状だったので
土台をでっちあげてみました。
この画像だとエンブレムが曲がって見える・・・orz

あとはタクシーと言えばこちらですよね。
これを接着して完成!
アンドン

全体の画像は明日明るいうちに撮影します。

製作して気になった点は全体的にパーツの合いが良すぎて
微調整が必要な点が多かった事ですね。
しかし、嫌になる程度ではなくじっくり仮組みして塗装前に良くチェックすれば
大丈夫なのでここらへんは不満点ではないのかもしれません。
完成してしまえば重量感もあり、新生フジミ独特の精密感のある佇まいを見せてくれます。

あとは完成品を載せた時にでも書きたいと思います。

いやー一気に進めたので疲れた・・・・(´・ω・`)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 01:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミレクサスLS個タク仕様製作記 窓枠はじめました。

最近天候が悪いので塗装も出来ないっすね・・・・

製作前にこのキットで一番めんどくさそうだな~と思ってたのが
サイドの窓枠の表現です。
淵は曲面はメッキ表現だし、サイド部分は光沢のブラック。
そしてゴム部分がつや消し黒・・・・
いっそのことメッキパーツでですねw

手順としては窓枠全体をマスキング。
つや消し黒で塗装してまたマスキング。光沢のブラックを吹いてメタルックを貼ります。
まぁなんとか自分的には上手く貼れました。

不鮮明な写真でごまかしますw
窓枠

左側は手付かずなのは内緒ですw

ウインドウパーツもいい感じです。
透明度は高いし、マスキングシートも付属。ありがたいっす。
サイド用はカットの必要がありますが・・・・

んで、きちんと窓枠の塗り分けが段差になってるので
テープを用いてのマスキングも楽チンぽんですね。(^ω^)
これ、これからも採用して欲しいです。
ウインドウ

スミ入れも徐々に開始。今回はライトグレーでやりました。
非常にシャープなスジなんですがトランクのエンド部分は左右で若干違いますねぇ。
(全然気にならないけどw)
新生フジミ名物の細くて深い溝はスミ入れしていても非常にキモチいいですね。
自分は濃い目にスミ入れをしてしまうのでこういう表現は助かります。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

久しぶりのミニカー購入!DISMハイエースバン

昨日の夜に友人からヘッドランプバルブ交換の依頼があり
時間も遅かったのでドンキにヘッドランプを買いに行きました。

そしたらアオシマミニカーDISMシリーズの86レビンと100ハイエースバンが山積みに!
買う気は無かったんですが・・・・ポップを見るとなんと1890円!

(・∀・)うひょ~これは買いじゃあ!

というわけでハイエースバンの白&グリーンツートンを購入!
ハイエース

カスタム仕様なので一部ノーマルではないんですが、おまけおまけがたくさん付いています。
おまけ


ワイヤーホイールにワゴンフェイス・画像には無いですがマフラーと白ハンドルw
おまけにシンクつきのキャンピングベッドまでw
まるでグンゼのデコバン仕様のハイエースの様な感じです。

コミューター

ワゴンフェイスでこのホイール・・・・コミューター風です。
黒バンパーで紺に塗り替えたいっすねぇ。もちろん屋号入りで・・・・

ローダウン出来るのも良いですね。
ワゴンフェイス&ワイヤーホイール&ローダウンだとこんなかんじ。
カスタム


個人的にはハイエースというと屋号入り・黒バンパー仕様が好きですが
ミニカーで、こういうカスタム仕様にするのも悪くないかなぁとw
ハイエース

ミニカーを弄ってると子供の頃を思い出しますね。
買ってもらった日のなんとも言えないワクワク感・・・
そのせいかさっきからずっとこのミニカーを弄っています。

いかんいかん・・・プラモも作らないと。

| ミニカー | 00:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミレクサスLS個タク仕様製作記 小物とか研ぎ出しとか。

研ぎ出し
研ぎ出しとこまごまとした小物をやっつけています。

デカールをクリアコートしたんで中研ぎを何度か入れて、厚めに吹いたせいか
ほとんどペーパーを掛けなくても比較的鏡面に近くなっています。

これをいつものタミヤコンパウンド三種盛りで仕上げています。
ただ、ボディが大きいので時間はかかりますね。
ゆっくりやっていきます。
小物

小物類ですがアンドンのデカールがやや大きく綺麗に貼れませんでした。
三ツ星アンドンのデカールは星のマークを切り離し、一個ずつ貼ると綺麗に貼れるようです。
ナンバープレートがキットの状態だと横に広いためにアオシマのデカールをそのまま貼ると
違和感があるのでキットパーツをグリーンに塗ってからデカールを貼りました。
画像だと思いっきり色が・・・・・(´・ω・`)
これらのパーツはクリアコートして細部に色を入れれば完成です。

今週末には形にしたいですね。ふう・・・もう一息です。

あ、気づいたらカウンターが30000超えてる!
見に来てくださってる皆さん本当にありがとうございます。
あまり内容の無いブログですが、少しでも参考になれば・・・と思っています。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミレクサス製作記番外編

えーとフジミレクサスLSですが
本来なら研ぎ出しが終わってる予定だったのですが・・・・

( ^ω^)「さて、研ぎ出し前にもう一度ボディと合わせるか。」
     「あら?右前輪だけ浮くなぁ・・・内装とガラスが干渉してるなぁ。削ってと・・・」
     「おや?まだちょっと浮くなぁ・・・少し足回りをグイっと・・・」

( ^ω^)「お!いい感じ!もう少し・・・、もう少しだけ・・・・」

バキッ!(;^ω^)・・・・・

(;´・ω・`)「あれ?サスペンションのパーツが・・・折れとるやんけ・・・」

てなわけで足回りのリカバリー&再調整で2日ほどかかってしまいました。
ステア機構を生かしながら修復するのが至難の業でして              
フジミレクサスLSを製作する時は内装・ガラスの干渉を良くチェックしましょう。
(いろいろ対策はしたんですけどねぇ・・・)
おまけ

画像は本文とあまり関係がありませんw

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

※追記しました。フジミレクサスLS600個タク仕様製作記。内装その2

ボディ塗装の研ぎ出し前の乾燥中に内装をちょこちょこ弄ります。
※21日追記しました。

このようにマスキングして~
マスキング

塗装して~
塗装

こういうタクシーパーツも付けて・・・・
タクシー

ステアリングも塗装して・・・
ハンドル

ちょこちょこ部品をくっつけて・・・
内装
ちょっと荒くなっちゃったかな・・・

ちなみに私、何を間違ったのか見事に塗り分けを間違えてしまいました。
レクサスの公式サイトを見て、グレーの内装に決めたので
キットの説明書を参考に塗り分け・・・・

さっき気づいたんですが説明書の塗装指示の塗り分けだと
ブラック・メローホワイトのツートン専用の塗り分けなんですね。
ブラック・グレーの内装だとドアの三角形の塗り分けはせずに一部だけブラックなんですね・・・・
ダッシュボードもツートンになります。
まいったなぁ(´・ω・`)もう接着しちゃったよ・・・・

※追記分

塗装ミスもそのままにダッシュボードに小物を取り付けました。
タクシーパーツ

タクシーパーツで惜しいのが無線機と料金メーター。
無線機は今時の個タクでは珍しいタイプですね。
ちょっと昔の警察車両っぽいし・・・・

あと、料金メーターはデカールのみ・・・・
ちょっと物足りないのでランナーの部品番号が書いてる板部分を
切り出して塗装してそれっぽく・・・・・
マルチ画面の上辺りです。わかるかな?まぁそれっぽくはなったかな・・・・
料金メーター

これで内装は終了の予定。
本当はもうちょっと作りこもうと思ったんですが・・・・見えなくなるしねw

あ、クリアパーツの透明度が高くて結構内装が見えるなぁ(;^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミレクサスLS600個タク仕様製作記。内装・シャーシ塗装編

お盆休みも終わりましたね・・・(´・ω・`)
お盆関連の用事で忙しかったのですが
比較的時間が空いたので最後の方は作業が結構進みました。

まずはシャーシ塗装。
セミグロスブラックをクレオスの缶スプレーで塗装しました。
マフラー・トランスミッション?の一部はタミヤエナメルのクロームシルバーを筆塗り。
画像は組立て後です。
シャーシ
説明書の塗装指示だと焼鉄色なのですが・・・・・・
いや・・・ブレーキローターも・・・すべて焼鉄色で塗れと書いてありますw
うーん・・・(;^ω^)
ローターとか
実車のHPと雰囲気で塗り分けました。
ローター部はクレオスシルバーで真ん中がタミヤエナメルのフラットブラック。
キャリパーは焼鉄色で塗装いたしました。

んで、ホイール装着。
ホイール
説明書だとローターとブレーキローターを合わせるダボがありますが
こちらがなかなか思ったように合わせられないんですね。
タイヤがはみ出ている作例を何回か見ることがありましたが理由はこれだったのか・・・と。
そこで・・・ホイール側ののダボをカッターで削っちゃいました。

シャーシはひとまず完成です。

内装や小物も徐々に塗装開始!
小物

内装はグレーとブラックのツートンで行く事にしました。
アイボリーの内装も捨てがたかったのですが、タクシーには真っ白なシート
だと汚れが目立つんじゃないかと思ってアイボリーはパス。
ブラック一色だと暗くなるかなぁ・・・と思いパス。
残りはブラック・ベージュツートンとブラック・グレーのツートンになるわけですが
ベージュよりグレーの方が好みなのでこちらにしました。
グレー

しっかし・・・エアブラシ派の人が見たらもったいないと思うくらい
スプレーは塗料を無駄に吹き付けてしまいますねぇ。
でもスプレーだと綺麗に吹き付けるのにはこんくらい吹き付けないとダメなんですねぇ。
ちなみに濃いグレーを吹いた後にライトグレーを吹き付けて
少し陰影を出してみましたが・・・・あまり違いがわからないという事態にw

んで、タクシーパーツ付属のシートカバー生地がちょっとイマイチなので
うちにあったカーテンの切れ端を再利用。
シートカバー

適当に切ってGクリアーで貼り付けました。
本革シートにハーフレースのシートカバってちょっとアレかもしれませんがw
肩の部分だけ滑りそうだなぁw まぁ雰囲気重視でw

あ・・・・ヘッドレストの所、布が曲がってる(;´・ω・`)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 20:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ブログも夏休み!?

お盆休みなせいか親戚・友人・知人たちとの用事が多く
思ったより製作ペースが伸びませんでした。
これから数日は親戚周りで忙しくなると思うので
プラモの製作記は書けないかもです。

うーん(;^ω^)塗装したいw

でも時間が空いたらちょくちょく進める予定です。


ここはw

| 日常 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ・レクサスLS600個タク仕様の製作記。クリアー塗装

今日、友人が勤めているディーラーにオイル交換と点検に行ったら
ヘッドカバーガスケットから盛大にオイルが滲んでいたHITEQです。
とりあえず洗ってもらいましたが・・・・(;^ω^)

さて、フジミレクサスLS個人タクシー仕様ですが
クリアーコートが順調に進んでいます。
クリア

私流ですがデカールの上にクリアーを塗るときは
まず、砂ぶきでデカールの上をピンポイントで2~3回吹き、薄くデカール上にクリアーを一回。
(一応マークセッターやソフターを使いデカール密着させて、一晩以上寝かします。)
一日乾燥させて普通にクリアーを一回。
1500番で水とぎをして厚めにクリアーを塗装します。
もう一度1500番で水とぎして(ここで極力段差を消すように研ぐ)クリアー。
これでほとんど段差がなくなってツルツルになっているはずです。

クリア

もう一回塗ってもっとテロテロさせようかなと。
あとは、乾燥させて研ぎ出しです。

今回、あえてクリアーコートーしてないデカールがありますがわざとです。
自作デカールで何箇所か作ろうかとも思っていますので・・・・



| 車プラモ製作記(~2010まで) | 19:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミレクサスLS600製作記。ボディカラー&デカール貼り。

お盆休みですねぇ・・・・
花火もお祭りもすっかり無縁ですが昨日の夜から引きこもって
ボディの下地製作・塗装・一部デカール貼りを行いました。

ボディ自体は基本的には不満はありませんが
バンパーとの接着に気を使いました。
今回はサクサク進めたいのでボディに極力パテを入れたくないのと
繊細なモールドを殺さないように塗装膜を薄めにしたいので接着剤のはみ出しはNGです。
よくボディとバンパーを合わせて裏側から瞬間接着剤を流し込みます。
その後ティッシュをFRP補修の要領で接着剤で貼り付けます。
これ、意外と強度出るんですよ。
ティッシュ

パーティングラインを処理してリアバンパーのラインがゆがんで見えたので
ペーパーで整えてボンネットのヒケをペーパーで削って終了。
ボディ

あとはクレオスのベースホワイトを薄く吹いて水研ぎ後にクレオスの1番ホワイトを塗装。
そして、クレオスの151番ホワイトパールをシューっと一吹き。
ホワイト

そして、ここでボディを彩るデコラインを貼り付け。
個人


これは・・・・
ライン

もしかして東個協の個人タクシーかな?(^ω^)

※追記です。なんとこのLS600hLのタクシーが存在するそうです。

おいおいHITEQの野郎!でんでん虫の行灯の東個協はスモークガラスを認めてないから
透明ガラスの設定の無いレクサスLSのタクシーはありえないんだぜ?」とか


※規制が始まる前に登録された車があるとのことです

デカールを貼っているうちに思ったんですが・・・・この組み合わせはかなり結構カッコイイ!
個人タクシー

アオシマの別売りパーツのタクシーパーツを使用していますが
ボディサイドのラインは長さがギリギリです。うまく貼らないと足らなくなります。
マークセッターを使用して、密着させました。
ラインはネット上の個人タクシーの画像を見て、位置決めしました。
ボディラインに合わせるのではなくラインが水平気味になるように貼ると良いようです。
実際のタクシーだとドアノブ部の窪みに合わせてラインをカットしてある車両が多いので
それに習ってこちらもカットしました。

あとはしっかり残りのデカールを貼って乾燥させて、クリアーを吹きます。
失敗しないようにしないとw


| 車プラモ製作記(~2010まで) | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミレクサスLS600hL製作開始!ちと遊ぶ予定。 


毎日クソ暑いですね~麦茶と紙パックのウーロン茶がかかせません。

以前制作していたシーマですがちょっと訳あって一時休止です。
リペアに時間がかかりそうなので良いアイディアが浮かぶまでちょっとお休みです。

さて、在庫キットをやっつけましょう。
以前紹介したこちらのキットを・・・
フジミレクサスLS600hLです。
フジミレクサスLS600

やや、出遅れた感はありますが非常に話題になったキットなので楽しんで組んでいます。

とりあえず足回りとバンパー類のチェック
フジミレクサス


バンパー・サイドステップ等の合いはやや、気になる所はありますが
(リアバンパーはやや、開いています)
接着でどうにでもなるくらいなのでおkとしましょう。
逆に言うと接着するだけできれいに合体させることが出来ます。

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・アオシマR35GT-Rプレミアムエディション(8月9日画像変更)

アオシマのR35GT-Rプレミアムエディション完成しました(・∀・)
(8月9日画像を一部入れ替えました)
アオシマR35GT-R

実車は発表される前から何かと話題になりました。
モーターショーでは平日見に行ったんですが人ごみがすごく思わずスルーしましたw
それだけ注目度が高かったということですね。

今回R35GT-Rはプラモデルの方も今回三社競作と言う形になり話題になりましたね。
正直な所タミヤフジミに比べるとアオシマのキットはやや物足りないかな・・・
と言う点もありますが、今回製作したアオシマ製もも悪いキットではありません。
部品点数も適度で、特に組立てしずらい所も無かったです。
アオシマGT-R

良かった点。
スプリングサスの取り付けジグがついている。
このジグは接着すればローダウン状態になりますんで
良いアイディアだなと思いました。
バンパーを除いた部品の合いも比較的良好でした。
特にシートバックは部品の合いと分割線が絶妙で特に処理しないでも
いい感じになるので良かったです。

ちょっち気になった点。
バンパーの合いがややイマイチだった点と
ドアノブや窓枠のモールドが曖昧で塗装の仕方では埋まってしまいます。
自分もこの2箇所は修正しました。
バンパーはハリアーのような受けがあると良いかもです。
そのためシャシの取り付けも一部改造しています。
詳しくはこちらから製作記ボディ編
あと、これは希望ですがウインドウのマスキングシールを入れてくれると助かります。
それか塗り分け用のテンプレートを説明書に載せてくれてもいですね。
それか塗り分け部に段差やモールドを彫るのも良いかもしれません。

バイブラントレッド

フォルム等は個人的には悪くないかと。
ただ、ややフロントマスクがのっぺりしてるかな~と言うくらいですね。
ここらへんはメーカーさんの解釈の問題だと思いますんで
三社のうちのひとつが優れているというわけでは無いと個人的には思います。
GT-R

色は当初はホワイトパールの予定でしたがバイブラントレッドをイメージして
クレオスのモンザレッドで塗装。
厚めに吹いてクリアは掛けずに研ぎ出しを行い仕上げました。
いつものタミヤコンパウンド三種盛り&モデリングワックス仕上げです。
R34to


スカイラインの名前は取れましたがこう見るとやはりGT-Rの系譜なんだなと思います。
(ちなみにR34の方はアオシマのキットです)
( ^ω^)<紅白でおめでたくw
ウイングが無い状態だと海外のエキゾチックスーパーカーっぽい感じもします。
GT-R


今回の三社競作はネット等では様々な意見があります。
ネットや某掲示板等ではタミヤフジミが話題になってますが
アオシマのキットも持ち味がありますし、部品点数が多くない分サクッと組める点や
これから出るであろうバリエーションキットにも期待できます。
ノーマルよりチューンドカーの方が好みだという人も多いと思いますし・・・・
GT-R

荒くなった点もありますが比較的速いペースで制作出来ました。
他メーカーのキットも作って並べたいですね。
歴代のGT-Rと並べるのも楽しいかもしれません。
(でもはR31とR33のセダンが好きなんですけどねw )

| 車プラモ完成品車庫 | 22:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマR35GT-R製作記ラスト。

土日で完成の予定が日曜日に思ったより作業が出来ず
時間がかかってしまいました。

えーとこちらがフロントマスクの部品です。
例のメッキモールはメタルックの細切りを貼りました。
フジミはインレット。タミヤはデカールです。
はじめはちょっと物足りないかな・・・と思ったんですが色が入ると雰囲気は悪くないですね。
グリルのメッシュは開口してませんが個人的にはこれもアリかと思います。
グリル

内装は色を塗った以外は何もしていません。
キットの塗装指示と実車が違うような気もしますが
基本的にはキットの指示のままです。
ダッシュボードとリアのボードはクレオスのつや消し黒を砂吹き。
その他はクレオスのセミグロスブラックを塗装後にシルバー部分を
タミヤエナメルのクロームシルバーで筆で塗って終了。
内装はやっつけ

エアコンダクト部分がちょっと厄介でしたね。
ステアリングのデカールは痛恨のミスで貼れませんでした。

あ、このキットで感心したのがフロントのシートのシートバック部分。
分割部分が絶妙で部品の合いも良く、ほとんど隙間がありません。
なので、特に塗装以外の処理はしませんでした。(^ω^)

さて、今、ウインドウ周りを塗装してその乾燥待ちです。
明日には完成品をアップできるかな・・・・

GT-R

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマR35GT-R製作記!ボディ組立て&細部塗装

ここ最近体調が悪かったのでほとんど進んでませんでしたが
昨日の夜に研ぎ出し終了。今日は朝から細部塗装と組立てを行いました。

えー・・・・真剣にやっていたもんでほとんど画像がありませんw

ダクト

ダクトの艶消し黒の部分の塗り分けが手間と言えば手間ですね。
フロントのウインカーレンズは綺麗にはまりました(^ω^)

リア周り

テールレンズ等の合いも良い感じです。
エンブレムはデカール。個人的には良い感じかと。
大きさがちょうどいいのでモールドの上に貼るとふっくらします。

えー縦にはまってるマーカーですが・・・
バンパーとボディを先に接着してしまうとはまらなくなります・・・
塗装前にチェックしましょう。

塗装が欠けてタッチアップするのは俺だけでいいんだぜ(´・ω・`)


あ。これだけはいただけないドアノブですが
日産ディーラーに行って確認させてもらってこういうアプローチで仕上げてみました。
周りをスジ彫り。その後キッチン用の厚いアルミテープでノブとボタンを再現。

窓枠

ちょっと雑なのでタミヤフジミにはかなわないかもしれませんが
キット状態より大分マシになったかな?

アオシマさん!ノブのインレット入れれば金型弄らなくても良いかもw
(偉そうにすいませんw)

さて、このペースだと明日には完成できるかな?でも・・・・内装が手付かずという罠。

黒成型なんで無塗装で・・・・ちゃんと塗るか。



       △∴∴∴  プシュー
( ´・ω・`)つ□     

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月