HITEQJASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤は付いていません。 激情版TSUMIBAKO ©武蔵野積みプラネーション

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

発掘したフジミのワゴンRのロケットバニーのエアロいぢり

昨日の記事でちょろっと触れたネタになりますが
例のフジミのロケットバニーのレジンエアロの塗膜を剥離してみました(´・ω・`)

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ

発売は2000年!出てすぐに作りましたが20年経ってる塗膜は手強かったです。
厚塗り麗心愚時代の作なのでなかなか剥離できなくて手間取りましたがなんとか剥離完了。
あれこれ思い出したのですが足付け→グンゼ500番サフ→ベースホワイト→ナイトパープルマイカ→クリアという
今だったらもっと違う方法でやるなぁって感じの工程でやってました。

フジミ ロケットバニー TRA京都 レジン エアロ ワゴンR

≫ Read More

スポンサーサイト



| ちょっと古いキット探偵団 | 22:02 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマのちょっと懐かしいキットをご紹介です。

どうも(´・ω・`)
季節の変わり目なせいか体調がすっきりしませんが気合で中古店巡りをしてたら
詳細は書きませんが某オフ系店舗の駐車場にて宗教勧誘的なアレを受けたので
「午後は〇〇おもいッきり塩対応」してしまいましたがマニアの皆様におかれましては十分お気をつけください・・・

そういえばアオシマさんからモデルカーシリーズで
アウトバーンの旋風C31ローレルとすっきりがいいC34ローレルが発売!!!!
C34フェチとしてはこれは絶対欲しいところですねぇ~!
メダリスト&クラブS選択もアツいですが新規デカールにも期待!
そういえば最後の再販はベストカーGTですから割と前になるんですよねぇ・・・・・

ハセガワさんからランチアデルタの限定車のブルーラゴスも出るそうな。
これはネコ・パブリッシングのムック本で存在を知って、デルタのイメージと違うブルーメタリックのボディに
ノックアウトされ、高校生くらいの時モデラーズのパールブルーのスプレーを使って作りました・・・・・
(最近はヨーロッパ車は趣味の対象外ですがデルタのブルーラゴスはちょっと別だったりします) 

さてさて、今日はちょっと久しぶりの旧キットネタ・・・・・
旧って言うほど旧じゃないんですけど個人的には思い入れのあるキットを18年ぶり3回目の入手となりました。
懐かしのアオシマのスーパーVIPカーシリーズのインシュランス・V8クラウンです!

アオシマ インシュランス クラウン V8

入手自体はネット通販なんですけど、まぁ何って言うか完全にプレ値・・・・・
20年前にタイムスリップできたら「お前これ全部作らないで取っておけ!」と言いたい位の値段になってました。
でもね、そういう年代のキットになってしまったのかなぁとも思うわけです。
正直言うとこういうのをブログに載せるってどうかな?と正直思う事もあるんですね。
まぁなんて言いますかねぇ・・・・私の場合コレクター気質もあるもので思い出を再び買ったような物なんですね。
しかし、それは人によったら良く思わないかも知れないし、プレ値で買う意味もないかも知れない。
でも、難しい事を考えずに眺めてるだけでも楽しいんですよねぇ・・・・・・
実際問題取っておいてくれた人がいるから市場に流れるわけですからまた再び会えたわけで・・・・
これを買うのにあたり、色々なことが重なりました・・・・なので手持ちの物を整理するなど禊をしてから購入しました。

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 23:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

こういう掘り出し物も良いものです。

マニアの悩みとして収集癖を刺激する出物に出会ってしまうというものがある。
実は最近考古学的趣味のため、マニアの方が放出したであろう「アツい」特定の年代のフジミのキットを収集した。
おそらく以前私が立て続けに入手したキットと同じ方が手放されたのだと思う。
タイムスリップしてきたようなコンディションのキットにその方の想いを感じ、これは大切にしなくてはと思ってしまった。
私のような中途半端なヲタク野郎が所有していて良いのだろうか?と言う想いもあるのは紛れもない事実だが・・・・
こちらも少し落ち着いたらネタにさせて頂く予定ではあるが、おそらくカーモデラーの皆様の中でも
2~3割の方にしかグッと来ないかも知れないし、そもそも興味がない方のほうが多いかも知れない。
厚手のシュリンクで保護されていたようで良好なコンディションを保っておりほぼ劣化していない中身や
黄ばんでいない説明書などどういう形態で保存しておけばこのような保管ができるのだろうか・・・・・と考えさせられる。
よほどの情熱がなければこういう保管は出来ない。これもまた愛の形である。
ここだけの話、積みモデラーや積み報告を嫌う方も居ると思う。
しかし古いキットが後世に残るのも、積まれているキットが有るからというのは事実だと思う。

今回ご紹介させていただきたいキットは上記のマニアの方の保管のコンディションとは
対極に近いコンディションのキットであったがまた違うベクトルで収集癖を刺激する「アツい」中古キットであった。
私の好きな「ちょっと前ホンダ」のCR-Xグラストップである。
(ちょっと前と書いたが大分前な様な気もするが・・・・・)
キットそのものは皆さんおなじみであると思うがフジミインチアップシリーズの物である。
(説明書の記述後期デビュー直前の1989年の8月なのだが限りなく初版に近いと思う)

フジミ CR-X グラストップ インチアップ

このキットの購入価格は今時コンビニ弁当も買えないくらいの値段であった・・・・・
私は基本的に高額キットではない場合は中身の確認はあまりしないのだが
(まぁ当たり外れ含めて楽しんでしまうので・・・・・・)
しかし、持ち帰ってきて理由はすぐに分かった。ボディは変形してパーツは黄ばんでおり
開けた瞬間鼻が痒くなるほどの箱や中もカビの匂いが凄かったのである。
これを新車や新築の家に持ち込んだら嫌がられる事であろう。
箱の埃も相当なものであったし、マニア所有というより不用品として持ち込まれたのだと思う。
ちなみに上記の画像は綺麗に見えるが画像に助けられており、箱をクリーニングした後なので
綺麗になっているがカビのこびりつきや箱自体の汚れで結構埃っぽかったのは内緒である・・・・・

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 19:51 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

自動車模型界隈雑記その2。前から欲しかったのだけど・・・・ちと追記。

いきなりなんですけど・・・・・・・

マンモスうれピーでいただきマンモス

ハセガワ のりピーシビック 

「この野郎とうとうイカれたんじぇねえか?」と思われたかもしれませんが探していたキットが手に入りました。
マニアの皆様ならご存知ハセガワの迷作?のりピーシビックです♪
ご存知のかたも多かったと思いますが箱が二種類ありこちらは比較的見たことのある方のバージョンです。
アクトハセガワ版のピンク基調で酒井法子の写真がもっと大きく載っているバージョンも有るようですが
どちらかというと今回ご紹介させていただくこちらのキットの方を見かけた印象です。
まぁこのキットが出たときはその後の事など思いもしませんでしたがそんなこんなで再販は出来なそうですねぇ。
ただ、キットとしてはハセガワのレース系シビックがほぼ踏襲されていて
エンケイのホイールくらいが珍しいってなもんで(RAZOシビックと同形状)
サードパーティからホイール含めてアフターパーツが出ていたのでそこまでレアという感じではないと思います。
ホイール自体もリムが浅くあまり似てないので正直今の目で見たらリム増しは必須でしょう。

まぁこのキットも当時は結構売れ残っ・・・・・ゲフンゲフンwwwww

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 13:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

三吋とちょい古キットとまさかのアオシマから14マジェスタ再販!※追記

※すみません。コメント返信もさせて頂いていない状態なのですが驚きの情報があったので追記です!

なんとアオシマから140系マジェスタがモデルカーでリニューアル(´;ω;`)ブワッ

なんとV8のi-Fourデカールと純正アルミも入るようです!
(純正アルミも入るという表記があるのでアリスト用のあのホイールも付くっぽいですね!)
しかもエアロ類も入るようですのでまさかまさかのあのパーツも入るのでしょうか?

ER34も前期が出るようですし・・・・NBロードスターのAスペックも・・・・
(こないだ見つけたんですけどプレ値だったので買わなくてよかった・・・・・)
これは期待!!!
※追記ここまで。

積みプラ知事候補
無所属 HITEQ
某地方都市生まれ。プラモライフを幼稚園の頃から続けている。
ロックイット・プラモ・アンド・ピース運動
それではHITEQさんの政見放送をお聞きください。

パワ~トゥザピ~ポ~
パワ~トゥザピ~ポ~

俺の周りは~プラモばかり~
俺の周りは~プラモばかり~

ネットで動画が見れるようになって感動したのはエロ動画でもなく、ずっと見たかったMVでもなく
ジェミニの街の遊撃手のCMと内田裕也の政見放送の2つです。
まだアップローダーからパスワードを入れてDLしていた時代。今はいい時代になったもんです。
ここだけの話、私もユーチューブで動画をアップしたいところですが
早口のキンキン声で楽屋オチを言いまくる度にニチャアという音が入りまくりそうなのでやめておきます(´・ω・`)

とりあえず以前捕獲してきた微妙なワケアリTLVNのリペアほぼ完了!

TLVN レストア 微妙なワケアリ

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 21:44 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

変読。

最近女子高生がひたすらラーメンを食ってるアニメがありますが
私も四食連続ラーメンを食べたら体調不良となりました・・・・マンガやアニメにようには行かないようです(´・ω・`)

さてさて、意識がクッソ低い系マニアのこの私ではございますが
まぁ何っていうかこういう趣味をしているとたま~にキットの方から寄ってきてくれる事があるのです。
もちろんメーカーさんの癒着とは真逆の廃品回収に近い方が多いですけどね(笑)
ある時に知人から・・・・・
「家から誰かが買った昔の車のプラモが出てきたんだけど捨てちゃうから欲しければあげるよ!」なんていう話が(笑)
むふふ・・・これもモデラー冥利に尽きるなぁ(´・ω・`)
しかもガチでタダで良いそうです・・・・もしレアなキットだったら嬉しいなぁ。

聞いてみると・・・・

「古い車?だと思うけどそんなに古くないと思う!」
「絵に書いてるのは緑色で中身も緑色。」
「アルティメイトボンバー?って書いてあった気がする。」


よく解らねぇす(´・ω・`)
でも、アルティメイトボンバー・・・・これはきっと凄いものに違いない!
もしかしたらレパードアルティマかセドリックグランツーリスモアルティマか?
でも緑色のボディ?古いと言えば古いが・・・・・う~んやっぱり解らない。

この段階で車種がわかったあなたは凄い!

私もこの段階では全く想像がつかずしかも相手はあまり車に詳しくない人・・・・さらに聞いてみると・・・

「そうだ!ほら、なんかヤンチャな若いのが乗ってる車みたいなタイヤ!」

さらによく解らねぇす(´・ω・`)
もしかしたら社外品がセットされてる改造車系のシリーズかな。

「まあなんでもいいけど兎に角持ってくるよ!」

なんだろうな~・・・・エルエスの金華山の豚目かそれとも
まさかバンダイのチェリーバネットかニットーのライトエースか・・・・
はたまた東宝のプレジデントやニチモのクラウンパトカーだったらどうしよう(;´Д`)ハアハア

・・・・・ってことでそのキットとドキドキのご対面!!!

意外なそのキットとは!?

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 10:18 | comments:21 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

トヨタリトラ祭り。フジミ峠シリーズのハチロクトレノ(旧バージョン)

どうも(^ω^)
次回更新がハスラーかプリスの完成品だと思った皆さんすんません!今日はまたキットのお話です。

さて、いきなりですが最近色々とブログ運営に悩むことがあります。
ズバリ、ブログというスタイルに新鮮さはあるのか?ということです。
それはSNSに趣味人の方が移行してるのをひしひしと感じるからです。
ここ最近は引きこもり状態なので交流させていただくという面では私も正直申し訳ないのですが・・・・
勿論ブログを使い分けている方も多数いらしゃいますし、私もSNSのアカウントを持たずオープンなSNS徘徊して楽しんでますし・・・・
しかし、私のブログのコンセプトは「チラシの裏」なのでひっそりと書きたいことを書くスタイルを貫こうかなと思ってます。
ですがこのブログのような長文記事はやはり書くのにもアップするのにも時間がかかるので
現在ではレビューや情報等で先を越されてしまうことも多いのですごい悩ましかったりします。
もちろんそれが全てではありませんし、正しいとも思っておりませんが・・・・
しかし、暇な時に暇つぶしで読んでほしいというような思いも裏テーマ的にあるのでやはり長文になっちゃうんですよねぇ。

さて、話は変わりますが今回の記事は封印していたネタの再編集です。
実はこう見えて私はブログ記事を書く時に一応ネットサーフィンをして真似にならないかどうか調べて書くこともあります。
今回はネタにしてる方も多く感じて悩んだ末ボツにした記事の再編集版です。

好きなカープラ箱絵ベスト10に入るこちらのキットをご紹介・・・・・

フジミ 峠シリーズ ハチロクトレノ 

もう説明は不要でしょう。フジミの峠シリーズのハチロクトレノ。
私が小学生の時からおなじみのキットです。今でも現行商品じゃなかったかな?
この頃親戚の家で読んだヤングバージョンやオプションを見て走り系にも興味が出ていた頃でした。
勿論町中でもイジったハチロクは結構見ましたし、パーソナル無線を積んでツルんで走ってる軍団を見たものです。
今風のハチロクのカスタムとは少し違う当時の「峠族」のスタイルを今に伝える伝承者となっているのが
あの頃から現在まで新品で買うことが出来るフジミの峠シリーズなのではないでしょうか。

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 22:26 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

タミヤのソアラ・エアロスペシャル。

私の悪い癖でもあるのだが、ついつい寄り道をしてしまう。
出張の帰り・買い物の帰りなどに限らず人と会っている時ですら気になったら店によってもらう。
そして気になる店に寄れなければ、その用事が終わってから行くこともある。
そうすると不思議と出会いというものがあるのだ。

相変わらずの何を言ってるか解らない文章ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?
ホビーショーで気になる新製品が多数発表されましたね。
特に前評判通りアオシマさんのプロボックスは予約しておいて正解!という内容で今から発売が楽しみです。

さて、今日は久しぶりに粘って入手したキットのお話です。
そのキットとは一定以上の年齢の方には懐かしいタミヤのソアラエアロスペシャルです!

タミヤ ソアラ エアロスペシャル

当時物をリアルに店頭で見たのは若くても30代前半の方くらいになってるのではないでしょうか・・・
なんだか本気で懐かしいレベルになってます(笑)
私も最後の再販モノを15年位目に予約購入し二個買って一個は組んで最終的にチバラギ状態になり廃車になって
未組立のは手元にあるのですが罪棚の最深部にあるため引っ張り出せず・・・・・・
これは小鹿タミヤ物なのできっとそれなりに古いものと思われます(^ω^)
最近の一部車種の再販物と違いちゃんとベルーガもついてます(笑)
私はこのスクーター付きのタミヤのキットはスクーターをあえて作らず取っておいて
プラモが買えない時に作るという二度美味しい的な事をしておりました(笑)

≫ Read More

| ちょっと古いキット探偵団 | 22:47 | comments:17 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマのノアにまみれるエトセトラ。

なにやらアレコレときな臭い自体に世の中がなっておりますが
日々の仕事は何かとバタバタしていて非常になんとやらという状態でございます。

実は最近模型製作の場所を大掃除してまして(話せば長くなるんですが作業意欲が湧いてるうちに・・・)
古い塗料とかスプレーを全て破棄したんですがその時に集めた塗料をミックスしたリアル ハウスオブカラー(笑)
名付けて「リサイクリッシュブラウンメタリックパールマイカG」でございます。

IMG_9796_201501251632565b2.jpg

あれ?結構カッコイイ色味の予感!

しばらく蓋を開けて置いておいたのでガス抜きはバッチリと思って混ぜようとシェイクして蓋を開けたら・・・・・・

IMG_9795.jpg

゛;`(;゜;ж;゜; )ブフォォ!!

ガスがたっぷり入っておりました・・・・・
俺何やってんだろ・・・・3月にもう三十路になって2年経つというのに・・・・・
この塗料を使うことがある時が来たらまたご紹介します。
今なら10CCあたり二万円+税+手数料込み23万7千円でお分けします(嘘)


さて、気を取り直しまして、通常更新の方へ戻りましょう。
お正月休みも終わった三連休に今年最初の模型店ツアラーへ行ってきました。
名付けて「アオシマのノアを探す旅2015~ネバーギブアップ編~」に出撃しました。
今回はいつも拉致する非カーモデラーの友人でなく、私の兄(引っ越したマンションが鉄筋なのを自慢する)が
帰省してきてまして話せば長くなるので割愛しますが成り行きで一緒に出かけることになりました。
今回は約片道90キロの旅でしたが98%兄に運転させるという事にして助手席を堪能しておりました(笑)
プロドライバーに片足を突っ込んでるだけあって終始エコドライブに徹し持ち主の私より高燃費を叩きだしてくれましたが。
田舎道ということも有り多分60キロ定地走行燃費すれすれくらい良かったのは内緒です。オドロイタ。
ちなみに運転手さんは「禁煙車はキツイわー」と運転しながら終始ブーたれてましたが(;^ω^)

まず一軒目。元々洋品店のようなお店で現在は新入荷はされていないとのこと。
私はたまたまそこが地元の親戚のおばさんの友達がいたので存在は知っておりましたが
お店のおばさんと話すと最近はあちこちからレア物探しに来られて古いものは殆ど無くなってしまったとのこと。
まぁ私はどちらかと言うとレア物探して云々というより自分の好きな物が入手できればよいので・・・・
そんなこんなでこちらでは「♪かなりキテ~る感じて~る」なフジミのFTO・GRを購入。

フジミ FTO GR

GRはMIVEC非搭載の6A12型のグレードでこの箱絵だとアルミホイールをオプションで着けた状態です。
フィアットバルケッタのホイールを流用すれば素のGRっぽくなるような気もします(笑)
さて、そんなことはどうでも良いのですがこのキット、中身の写真に取るのを諦めたくらいカビてまして・・・
何っていうのかな・・・・白カビ?が袋とランナー全体に付着していました。
しかたがないのでキット丸洗い・袋交換(こういう時のために袋を取っておくのです)・下箱入れ替え(作りかけと交換)
箱の天日干しを行ってまぁ普通の状態へ戻しました・・・・・
まぁ値引き&アバウト会計800円で買ったのでしょうが無いとはいえちょっとアレだったかも(笑)

フジミ FTO GR

これ、ここまで持っていくのにかなり頑張りました(笑)
本来であればサクッと組むのがいいのでしょうがね・・・・でもそれも嫌なくらいカビてました(笑)
ちなみにこの段階では運転手(東急東横線沿線の親戚に同じ沿線になったと絡む東武東上線沿線民の兄)は
「ここまで来てカビの生えたFTOwwwww」と人を舐めまくってきてました。この野郎。


お次はだんだんとノッて来た運転手(小学生の時私のエクレアを勝手に食った兄)が
「俺こないだあそこマンションの改築の時に引取に来たぞ!」と七回位言われたマンションの近くでした(笑)
兄の自宅からは200キロくらい離れてる店までご苦労さんです。

こちらではホ○ダの回し者の兄に合わせてフジミのデルソルVXiを・・・・・

フジミ デルソル

率直に言うとこちらのお店も新製品は入荷していないようでカーモデルは数個数種類だけでした。
やはり斜陽産業なのかなぁと思ているとふと既視感。
そういえばこのデルソルは当時祖父に買ってもらっなぁと記憶が蘇ります(´;ω;`)
ちなみに私の兄(取っていないのに500円返せ!としつこく25年以上言ってくる)は酔うとしつこくなる祖父にそっくりです。

時間の成約があったため、今から帰れば家の用事には間に合うであろうと
帰る流れになったんですが、運転手(マンション名にヒルズと入ってるだけでヒルズ族と言いはる兄)が
スマホ片手に地図を一心不乱にピコピコやってます。流石子供の頃ファミコンを全く貸してくれなかっただけあります。
そんな私が「シムシティのデータ上書きの刑~割と本気で間違えて上書き~」で仕返しをした話はまたいずれ・・・・・
「戻った方に模型屋さんもう一軒あるじゃん!」と言ってきます。
「もういいや。」と言う私に「いや、これくらいだったら戻っても結局のところ帰り道一緒じゃん」という
数十キロの距離はコンビニにに行くくらいという感覚の物流業界人ならではの発言。
今日はじめてやる気を出した運転手(バイクを買うとカタログイメージカラーばかりの兄)に任せ北進!
さっき通ったような道をしばらく戻り更に進んで進んだ先に発見するはこれぞな模型店!

早速入ると新製品もたくさんあるような地元密着型のお店だったのですが
ふと、新製品と少し前の製品がずらっと並んだお店の棚に目をやると・・・・・・

うおおおおおおおおおおお!!!!!!

アオシマのライトエースノアロードツアラー!!!!!!!!!!


アオシマ ライトエースノア ロードツアラー

驚きのあまりボックスアートの後輪が浮いてます(笑)

この時点で変な汗が出まくってしまったのは内緒ですが率直に驚きです。
店主の方との世間話も思わず気もそぞろになるくらいのドキドキ感。
まだ残っていたのか、嬉しい・・・・・(´;ω;`)

兄が「今日はラーメンおごるわ~」って言ってたのに食券買う段階でゴネ始めたことなど一気に忘れるこの高揚感!
タウンエース派の私もついつい見入ってしまうこのハニカムグリルに丸型フォグが最高です(笑)

アオシマ ノア

年始からこれを入手してしまうとは私も今年はなんかありそうで怖いです(笑)
これはそろそろノーマルホイールと合体させてちゃんと作らないといけない感じになりそうな・・・・
・・・・っていうよりノアをちゃんと完成させたいっていうのは前からの目標だったりするんですが。
再販される気配もないですので、手持ちのキットをきちんと組まないといけないですね。


話は変わりまして今回のツアラーでアオシマのノア探しの旅も一段落したのかもしれないなと思っていたのですが
この時点で唯一手持ちがないファブレス仕様への思いが強まってしまったんですね~・・・・
モヤモヤしているうちに、先週末たまたま友人とアメリカンなハンバーガーが食いたいという事で
ハンバーガーを食いに行こうと言う企画に大手事務所のアイドルのように
強引に模型店巡りをねじ込むという無茶ぶりをして強引に行けそうな模型店へ行きました。
渋滞にハマり、腹が痛くなるアクシデントもあり、ナビが全然違う所を案内するアクシデントもあり
たどり着いたのは老舗の模型店!率直に言うと新製品もお客さんも多いお店なんで期待していなかったのですが・・・・


ファブレスノア前期あった━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!


アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

くぅ~!!と楽○カードマンの中の人っぽい声を出しそうになりましたがこれが模型店の棚にあった時の衝撃!
久しぶりに「◎△$♪×¥●&%#?!」と脳ミソが混乱するほどの衝撃!
同行者の「( ´_ゝ`)フーン」というリアクション!
実はこのキットを買うのは二回目でして、発売当初に速攻で買いました。
当時スムージングした車体のジャパニーズトラディショナルアメリカンカスタムが流行っていた時期だったので
スムージングパネル付きに憧れて速買いだったのを思い出しますね~!
ちなみに今のアオシマ製品はそんなこと無いんですけど当時は箱とホイールが違うということが多く
このキットも箱絵はヴィエナディッシュを履いてますけど中身はファブレスのプロファンドです。
まだ19インチのクロイツァーが出る前だったので大径ディッシュが欲しかった時期なんでちょっとガッカリ(笑)

ファブレスといえば今でもあるエアロメーカーですけど当時はこの大型バンパーが憧れでした。

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

ファブレスの大型のエアロは当時良く見ましたけど(含コピー)大体そのうち割れまくってると言う(笑)
今気づいたんですがバンパー上部に謎の段差があるのが気になります(;^ω^)

サイドステップなんかも当時のアオシマっぽい線が浅いややもさっとした感じですが
このエアロは比較的シャープな無類かな?個人的ワーストはインシュランスクラウンのサイドです(;^ω^)

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

こう香見るとここ最近のアオシマのエアロっていうのはピシっと出来ていて素晴らしいですよね♪
いや、この年代の物も今では出ないであろうこのようなキットがあるのも魅力ですよね。

ここからは赤い車体の前期レヴィジョン2の専用部品を見て行きましょう。

まずはリアバンパー。

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

被せ式ですが実際のナンバーベースも浅めなので形状としての違和感はありません。
最近はディフューザー式の形状が多いのでこうやってどしっと落として
マフラー出口を切り欠くというスタイルが今では懐かしくも有ります。

ここにナンバーベースが付くのはなんとリアゲートにスムージングパネルが付くからなんですねー

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

これが当時憧れで・・・・・(笑)ここにエアブラシを入れたかった・・・・
当時携帯用のデコシールってのが結構売ってましてそれを貼り付けて・・・なんて妄想してました(笑)
いや、完全に若気の至りです(´・ω・`)

しかしパーツを見ると・・・・・・

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

(;^ω^)・・・・・・部分的なスムージングなんすよねー

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

パーツ自体はそこそこ合いが良かった覚えがあるのですが
当時はハードルが高かったですねーしかもラッカーパテじゃあ上手く埋められなかったなー(´・ω・`)
今だったらもっとちゃんと埋められるかも・・・・

こちらはグリルもビレットタイプがついてます。

アオシマ ファブレス ノア 前期 レヴィジョン2

二分割になっているのが結構凝ってますね♪
ちなみに後期タイプは後期型のグリルがついてます。(ヘッドライトも後期に!)

手に入れられた嬉しさと探していたキットが入手できた高揚感と旅の心地よい疲れに
パーツ類のチェックなどを店頭でしなかったのですが、まぁオチがありまして・・・・・

IMG_9783.jpg

クリアパーツ割れてる(;^ω^)
最悪ヒートプレスで自作か・・・・まぁ長く探していたキットですからこれくらいはねー・・・・・・
実際長期在庫であったであろう事もあり画像では見えないのですが
箱は少しボロボロ、ボディ変形一部割れあり(修正済)、デカールは使えないかなと言う感じでした。
実際ナンバーやファブレスのハチマキは他キットからいくらでも流用できると思いますので
余り問題はないのかなとは思うのですが、普通の人だったらこのコンディションでは買わないかもですね(笑)


さて、御覧の皆様の中でも一部の方に支持を頂いてる?アオシマのノア探しの旅ですが
これにて一件落着・・・・と、思いきやますます魅力的感じてしまうという悪循環に・・・・
非常に好きなキットということもあるのですが、アオシマのノアの魅力を
カーモデラーの皆様に再確認して欲しいという意味もあってこれからも旅を続けていこうかと思います(`・ω・´)
ただ、・・・・・万人受けはしない車種ではあると思うのでアレですが。
それ以前に完成品を載せないと説得力が無いですかそうですか。

うーん・・・・ノアコンプリートの旅はまだまだ続くかも。
これでおまけパーツ全開で再販したら笑ってしまいますが・・・・・静岡方面に念を送っておきます(笑)

| ちょっと古いキット探偵団 | 00:01 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |