HITEQJASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤は付いていません。 激情版TSUMIBAKO ©武蔵野積みプラネーション

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

マグホイールの愉悦!

ホイール選び・・・・それは時にオーナーのセンスや人柄まで見抜かれるようで
ある意味自動車のパーツで一番センスを問われると思う。
時に恐ろしいほどキマっているノーマルホイールもあれば、人気高級ホイールでもイケていない場合もある。
そう。ホイール選びは本当に奥深いものであるし、その人のこだわりが溢れてくるのである。

さてさて、冒頭からなにやらポエム全開ではありますが
このブログでのポエムがお笑いウルトラクイズのプロレス系企画で春一番が出たきた時のような
ワクワク感と安心感が出るにはあと数百年かかりそうですが皆様如何お過ごしでしょうか?
またもやレビューで恐縮ではございますがアオシマの話題のキットが手元に来たのでご紹介させて頂きます。

モデルカーシリーズのS30フェアレディZエアロカスタムVer.2です!
この箱絵かっこよすぎて辛い・・・・・

アオシマ S30 エアロカスタム ゴッティマグ 神戸製鋼マグ

≫ Read More

スポンサーサイト



| 車プラモレビュー | 23:33 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

超感覚に爆弾オマケ付きのモデルカーのR32スカイライン!

アオシマさんは侮れない・・・・爆弾をぶちまれてしまうと私のようなキモヲタは買わざるを得ない・・・・
再生産されたモデルカーシリーズのR32スカイライン4ドアGTS-tタイプM・・・・

アオシマ モデルカー R32 スカイライン スリットマスク

その爆弾とは・・・・・・・・例の流れでよろしゅうござんすね?

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 21:34 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

すっきりが、いい。2021年とモデルカーのローレル。

さてさて、私の記憶が確かならばと鹿賀丈史が料理の鉄人で言ったかは解りませんが
ベストカーGT以来久しぶりの再販となるアオシマのC34ローレルがモデルカーシリーズで堂々のリニューアル!
ちょっと前やん・・・と思っていましたがベストカーGT版が出たのは2008年でしたので(再生産はあったかも)
地味に干支が一周りしてしまったことに自称「積みの鉄人」もアレ・キュイジーヌ!という感じです(笑)

アオシマ C34ローレル モデルカー

キットそのものはベストカーGT版とあまり違いが無いようで実はあるシリーズですね!
ベストカーGT版はメダリストにおまけのクラブSホイールとリアスポが付属して
Sパッケージ付属の純正エアロがセットされていて興奮したことを思い出しました。
今回は正式に選択式へと昇華した感じですね!

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 20:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

とりえあず着弾!ハセガワの70スープラ!

ようやくハセガワのスープラ着弾!
早くも素晴らしい完成品がアップされていてハァハァしておりますがまず到着報告を・・・・・
(後日こちらにまた追記予定です)

ハセガワ 70 スープラ

なんだかんだでフジミやタミヤのキットもありますがハセガワらしい今時っぽい感じが特徴ですかね。
ただ、個人的には70スープラは好きな車種なのでアレですが個人的には新鮮感はちょっと薄いかなぁ・・・・・
逆に言うとEP71やジェミニやU12ブルが飛ばしすぎてる説もありますが(笑)
(そういえば記事の更新を忘れていたのですけどEP71スーパーリミテッドも購入済みです。)

すみません後日追記しますがちょっと簡易的に・・・・・

屋根の不穏なカットライン確かに存在してました!

ハセガワ 70 スープラ

エアロトップ・・・・カッコいいんですよねぇ・・・・・(´・ω・`)

やばい!リアウインドウのスープラロゴのデカールにカタログ表紙!!
(オーナーズクラブのデカールが良い意味で気になりますねぇ)
後は意味深なおまけのデカールも入ってますので買った人は良く見てみましょう。

ハセガワ 70 スープラ

う~ん!新鮮感が・・・とか言ってごめんなさい!ハセガワのスープラ、良いキットの予感です!
個人的にはターボRやちょっと構成的にどうなるか不明ですが前期も出て欲しいところですが
なんとなくですが後期オンリーっぽい構成かなぁ・・・・と思ってますがどうでしょうか?

前作のR32GT-Rもそうですが、70スープラも新規キットが出る時代になったんだなぁ・・・俺も歳を取ったんだなぁと
なんとなくそちらの方が感慨深い今日この頃ですねぇ・・・・・(´・ω・`)

| 車プラモレビュー | 17:47 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近況&簡単に紹介する「力(フォース)は、我に」

いやいや・・・・皆様にご心配頂いた怪我の件、ようやく抜糸の第一回が終わりまして
気が楽になりましたが年内は自由が効かなそうです(´・ω・`)
痛みが無くなってきたので徐々に活動を再開していこうと思ってます。
今回の怪我は生命保険と共済の特約見たら一時金の対象外でやんの(´・ω・`)
実はハセガワのサンニーRを一気組みしてみるという企画を考えていたのですけどお流れ・・・・
ネット上では早くも完成品がアップされ始めておりますのでそちらを拝見して作った気になってます(笑)
どうやらハセガワのスープラも出荷されたようで各部の部品割や
屋根の不穏なカットラインが気になってしょうがないです・・・・

ハセガワ スープラ 屋根
※ホビーサーチ様掲載画像より画像引用させて頂きました。

てなわけで話はそこそこにちょっと遅れてしまいましたが
私の心の故郷F50シーマとプレジデントもモデルカーシリーズで堂々復活!
一時はフルノーマル仕様はレアになっていたので今回のリニューアル再販は嬉しいですね!

アオシマ モデルカー F50シーマ プレジデント

思い起こせば初版の発売時に物凄く発売が伸びたのが思い出ですねぇl・・・・
確か中国での金型製造の都合とか発売予告後にプレジデントが出たので
大幅に設計変更したのかなど色々な噂がありました。
時期的にはハチロクトレノ・S15シルビアあたりの流れを感じてましたね。
その頃のアオシマキットらしく少ない部品点数と
バリエーション展開を見越した構成は今に通じるアオシマキットの流れを感じます。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:08 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

祝復活!アオシマのルシーダとエミーナ!(一部追記)

(とりあえずボディ周辺を追記しました。後日またその他の箇所を追記します。)

隠れた名作・・・それはどの世界にもあります。
マンガやアニメ、食べ物や飲み物、工作機械やAV機器等々・・・全てのジャンルにあると思いますが
プラモデルで言うと私はこのキットが隠れ名作にふさわしいと思っています。
それがこのアオシマのエスティマルシーダ・エミーナです。
率直にこの名作がモデルカーシリーズが復活してくれて嬉しいという気持ちが強いですね。

アオシマ モデルカー ルシーダ エミーナ

率直に90年代前半のアオシマリアル路線の延長線上にあり、スケールモデルとしての完成度が高いということ。
今では少し珍しい車種になってきましたが、当時はそこそこ見かけた人気車であり
完成するとそのフォルムと共にそこそこインパクトがあるサイズ感だったことなどがありますね。
アオシマキットの初版は平成5年か6年位だったと思いますが、私の担任の先生が
新車で買ったのでリアルタイムで見た新車ということで個人的にも思い入れがあるモデルですね。
当時はアーバン4WDシリーズでルシーダとエミーナが同時に発売になり
対になったパッケージイラストに興奮していたのは内緒です・・・・・(笑)

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:36 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとおしゃれなアオシマのレンジローバーカスタム

本当はまとめてレビューしようと思ったのですが
資料的な意味合いも残したいので別々に書かせて頂くことにしました(´・ω・`)

さてさて、版権の問題等で再販不可と言われていたアオシマのレンジローバー・・・・
クリアパーツ型の都合もあり再販出来なかった事を知ったときは率直に驚いたものです。
衝撃の再販からもう1年ほど経つが未だに新鮮なイメージがあるのはそれだけ待っていたからでしょうか?

アオシマ レンジローバー カスタム

キットそのものは前にもご紹介させていただいてるので・・・・・・割愛(笑)
名作復活夢列島。アオシマのレンジローバーが帰ってきた!

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 21:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

「でっかく行こうぜ、プラモデルは」モデルカーのE50エルグランド

今更ですが少し前に出たクラウンの次期型がSUVになるという噂ですが
個人的にはそれもまた時代じゃないかと思ってますし、ちょっとした市場調査なんじゃないかとも思ったりもしますが
車名が残るだけ良いんじゃないかなぁなんて思うのは歴代愛車が全て名前が無くなっている反動でしょうか(笑)
ガソリンエンジン車も2030年代中頃に新車の販売出来なくなってしまうみたいですけど
まぁそれもまた時代なんじゃないかなぁと思います・・・・・・
ただ、個人的には燃料電池車を含めEVやハイブリッドはパワーユニットとしては受け入れてますので
それほど大きな問題に感じてはおりませんが、自動車産業やユーザーやインフラの事を考えず
海外に傚えな気もしてますからそのあたりはちょっと気にはなっておりますがね・・・・・・

さてさて、そんな自動車ではありますが、やはり多感な時期に現役だった車というのはなんとも愛おしいわけで。
今回ご紹介するのは私にとってはとても思い入れのある車種です。

まずはアオシマのモデルカーシリーズのE50系エルグランドです!
いやねぇ・・・・これは私にとっては憧れの車ですよ。というか購入寸前まで行きましたから(笑)
しかも欲しかったのは箱絵のホワイトパールの後期ライダー・・・・う~ん懐かしい(´・ω・`)

アオシマ エルグランド モデルカー ライダー

早速キットの中身を見ていきましょう(´・ω・`)
基本的には新規パーツの追加は有りませんが逆にアオシマエルグランドノーマルパーツてんこ盛りスペシャル!
ミニバンシリーズのキットが出た頃が懐かしいですねぇ・・・・・
発売当初はキャラバン・ホーミーエルグランドの選択式のXと社外ホイール(WALDドゥシャトレ)の中期のVが出ました。
あの頃のアオシマらしく2バージョンあるのがなんとも当時っぽいですね!
(2点とも当時物がそのままの状態で20年近くクローゼットに入ってるのは内緒・・・・)
キット内容はデカールとガーニッシュの違いくらいですがこれが結構違うんですよね。
発売当初は中期はオプションタイプのメッキのガーニッシュという形でのキット化です。
その後中期後期用のエンブレム周辺がクリアになってるタイプがライダーのキット化で追加された記憶があります。
(当時はクリアウインドウに成形され、スモークウインドウはピンでオミットされていました)
上記したライダーはミニバンシリーズではなくて、VIPアメリカンシリーズでの発売となりました。
後期はノーマルホイールでしたが中期型はヘッド40がセットされていました。
(2点とも当時物がそのままの状態で20年近くクローゼットに入ってるのは内緒・・・・)

・・・・・ってまた長いですね(笑)

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 20:42 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

アオシマの「御意見無用」はブルースである。(一部文章修正)

東映トラック野郎シリーズ・・・・・「トラック野郎」と聞くだけで気持ちが昂ぶってくるのは私だけだろうか?

トラック野郎は娯楽映画である。
トラック野郎はロードムービーである。
トラック野郎は文学的作品でもある。
トラック野郎は極上の下ネタの宝庫である。
そして、トラック野郎は背中に荷物を背負った男たちのブルースでもある。

人生に影響を与えてくれた物・・・・・それは誰しもあると思う。
マンガやアニメかもしれないし、車やゲームかも知れないし人や出来事や事件なのかも知れない。
自分はやっぱり「トラック野郎」の影響が本当に大きいと感じている。
ただ単に楽しんでいた子供時代と違い大人になった現在では映画を通じて
生き方の道標やエールを送られているのだと感じるようになったのだ。
ただそれは文学的な考察や崇高な解釈ではない。
率直に「泥臭く汗をかいて頑張れ」というようなメッセージであると私は思っている。

おっと、また長い始まりになってしまった・・・・
さてさて、今回は皆さんお待ちかねのアオシマのトラック野郎シリーズの新作「御意見無用」が堂々登場と相成った。
箱絵はまさかのドライブインくるまやに田園風景。一昨目の情景が浮かんできてしまう。
しかも「ハンドル握りゃァ~」のコピーを見て思わず「泣いちゃうわよ私」状態である。
箱も今までのトラック野郎シリーズと趣が変わりシンプルな白基調となっているのも印象的だ。

アオシマ トラック野郎 御意見無用 

自分にとってある意味特別な思いがある「御意見無用」・・・・・まさかプラモデルが出るなんて思わなかった。
アオシマからトラック野郎シリーズが出てもう暫く経つが
キット化までの黒幕氏のご苦労を考えると本当に頭が下がる思いである。
私自身もトラック系のキットはすべて購入出来てはいないが
「その後」に繋がりそうなキットは購入させて頂いていた。
T951がキット化された時に「もしかしたら・・・」という思いはあったのが実際に出ると感慨深いものだ。
「御意見無用」の一番星はそもそも1作のみの登場でありキット化は一番難しいのでは?と思っていたので
このような形で御意見無用の一番星が出たことはトラック野郎ファンとして本当に嬉しいのだ。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 00:16 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実は本命!?アオシマのER34スカイラインパトロールカー(画像ちょっと追加)

のーりーものーあつまれーいろーんなくるーまー♪
どんどんでてこいはたらくくるーまー♪

・・・・・なんて私のような危ないオーラが出ているおじさんが小学校の周りで熱唱していたら確実に通報案件ですが
いつ見てもパトカーというのはヒヤッとするものの同時にカッコいい存在でもあるわけで・・・・・
今回ご紹介させていただくのはアオシマ・モデルカーシリーズSPのER34スカイラインパトロールカーです!

アオシマ モデルカー ER34 スカイライン パトロールカー

実はアオシマさんからER34セダンが出た時からパトカーは出るんじゃないかという思いがありました
もしかしたら前期の覆面も出るかなぁと思っていたんですけど後期型の高速パトロールカー仕様がまず登場!
しかも箱の高知県警のパトカーはなんと現役だそうで・・・・・20年近く前の車両が現役とは驚きです・・・・
私が住んでるエリアにもこのER34後期型が配備されていたのですが
割と早い時期にアクシデントで退役してしまったようで実際には見たことがありませんでしたね・・・・

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:23 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT