HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

MINDSHIFTするmr.g。アオシマのY32セドリック・グロリア復活祭!!! 

私は何年もこの時を待っていた。
アオシマの名作Y32型セドリック・グロリアがリニューアル再販となった。
そういえば模型店の棚から見なくなってから随分経つ。
ノーマル版の最後の販売はベストカー版。エアロ仕様はジャンクションプロデュース仕様だったはずである。
おそらく十数年ぶりくらいの再販になると思うY32セドリック・グロリア。
あまりにも尊くて美しくて思わず小躍りしてしまった。
なんでこんなに好きかと言うと忘れられない元愛車であるからである。
経年で不調が出てから廃車にしてからもう7年・・・・・ずっとこの時を待っていた。

今回ご紹介したいのはアオシマのモデルカーシリーズの新作。
Y32 セドリック/グロリア V30 ツインカムターボ グランツーリスモ アルティマ `92である。

アオシマ Y32 セドリック グロリア モデルカー

さてさて、相変わずキモい冒頭ですが念願のY32リニューアル!!!
ずっと静岡方面に「Y32Y32Y32Y32Y32・・・・」と念を送っていたのが伝わってしまったのでしょうか・・・・・
正直嬉しすぎるのでいつもよりキモさマシマシでお送りしたいと思います(笑)

ああ・・・・箱絵だけで涙が(´;ω;`)ブワッ

≫ Read More

スポンサーサイト

| 車プラモレビュー | 22:10 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

副室なおにぎりがその時精悍他・・・・・

めっきり涼しくなって来たと思ったら熱くなったり寒くなったりしてますが皆様いかがお過ごしでしょうか?
ちょっと油断したらまた間が空いてしまいました(´・ω・`)
本業の棚卸し期間中に付き、本格更新までもうしばらくお待ち下さいませ。

さてさて、最近模型業界はシビック祭りの様相を呈している。
私は率直にホンダシビックという車が好きだ。
現行シビックも車としては素晴らしい車だと思うが、これまでのベーシックカーとしての
シビックの役目はフィットが受け持っていると感じる現在では少し特殊な車になっている気がする。
ベーシックカーとして世界中で愛されたそんなかつてのシビックの原点であろうモデルがキット化された。
ハセガワのホンダシビックCVCC GL(SC-1)である。

ハセガワ シビック CVCC

キットそのものは今まで発売されていたRSやチームヤマト仕様に準じているが
今回はある意味シビックらしいシビックとも言えるCVCC仕様でのモデル化である。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:42 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MarkThe・JapanOriginalで日本の心と技で皆さんお元気ですか?

また間が空いてしまいました・・・・・・・
すみませんお盆開けからバタバタしてしまって気づいたら9月・・・・・・

今年もう四ヶ月しかないの!?(´・ω・`)

ひええええええ・・・・・・

てな訳で皆さんお待ちかねのアオシマのモデルカーシリーズの新作を一挙に御紹介!
かつては定番商品でしたが気づいたらノーマルバージョンはずいぶん久しぶりですねぇ。
そういえばベストカーGTでG50プレジが出たのももう結構前なんですねぇ。
ついこないだなような気がしますけどね(笑)

まずは私の心の故郷とも言えるX90系マークⅡ!


Mark The MARKⅡ のキャッチコピーで
ヒッチコック監督の「元来鳥という種族は~」みたいな語りだしのCMが印象的だった90系。
当時あまりにもデザインが変わり私としてはものすごく新しいクルマに見えました。
我が家のMX40が本当に古い車に見えましたね(笑)
時代的には今110系を見るようなイメージでしたが当時はそれ以上に年代を感じたものです(´・ω・`)

皆さんご存知だと思いますが今回はツアラーとグランデの選択式!!
うまく組みわせればグランデのMTが再現できますねぇ(´;ω;`)ブワッ
それを言ったらツアラーのATもコンソール加工で行ける気もしますが・・・・・

アオシマ モデルカー 90 マークⅡ

今回は私の昔話は割愛!
ただ、私の車趣味にすごい影響を与えてくれた一台という意味では思い入れのある車種です。
ですので初版のニュートレンドHGのグランデやツアラーも当時買いましたし
今も三兄弟の初版は全て持ってますが、今回も買わずにはいられないということ(笑)

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 19:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ヒップアップクーペはマジリアル(MR)

私は隠れ三菱党である。
三菱車は玄人好みでマニアックであり、一本筋が通ってるイメージである。
異論を唱える方がいるかも知れないがそういう方は自分が好きなメーカーがあればそれを当てはめていただきたい。
じゃあ乗れよ!という方も居るかも知れないが私は今トヨタ乗りなので「隠れ」と言ってるのでそこはご勘弁していただきたい。
三菱車の良さは乗らないと解らなかったり、長い間触れていて初めて魅力がわかる気がする、
そういうこともあるのか三菱党以外の方には魅力が解ってもらえないような気がしてしまう。
現在の状況はファンにとって寂しい現状ではあるがそれもまたしょうがないのではと思う事も多いが
いつかフルライン時代のように復活してくれることを願って・・・・・・

さてさて、相変わらずのポエマーぶりできしょいブログですがいかがお過ごしでしょうか?
暑い時は暑苦しいブログを見る。これで夏を乗り切りましょう!
おっと・・・・・乗り切れないですかそうですか(´・ω・`)

さてさて、今日は話題のハセガワのギャランGTOのレビューと行きましょう!
実はギャランGTOのキットを買うのはニチモの上げ底内装のキット以来!
意外とオーナーズクラブのGTOは未入手&未組だったりします・・・・・
子供の頃にバンダイのものを見たことがあるのですが
年式的に当時は対象外だったのですが買っておけばよかった(´・ω・`)

ちなみに正式名称は三菱コルトギャランGTO MRです♪

ハセガワ ギャラン GTO

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 23:01 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

窓上と王冠と雷鳴と稲妻と私

いや~ようやくブログ再開と思ったら毎日暑くてヤバイですねぇ(´・ω・`)
昨日なんかは汗を7リットルくらいかいた気がしますけど気のせいですね・・・・・
さてさて、そんなこんなで今日ようやく予約していたキットをようやく取りに行けました。

おっと!その前に・・・・・・こんなの出てたんですね!!!知らなかった!

ハセガワ トップシェードフィニッシュ

ハセガワのトップシェードフィニッシュです!
色はこのほかにもスモーク色もあり。率直にこれは限定って言うより定番商品にして欲しいなぁ・・・・
ちなみに説明書を見ると裏貼り推奨で水貼りを勧められています。
前だったら早速何かに貼ってみるんでしょうけど紹介だけですみません。
でも、こういうのが出るっていうのはカーモデル業界もなんとなく元気が出てきたのかなと思っちゃいます。
気の利いたマテリアルって他ジャンルに比べるとあまり無いような気がするんですよね
そのうち貼るだけでプラモが完成する魔法のフィニッシュとか出来ないかな(´・ω・`)

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 18:22 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

アオシマのギャルソンジェレイドRA6ホンダオデッセイと余談。

最近FC2の画像サーバの関係か
画像ファイルが過去のものを呼び出してしまうことがあり
アップロードした画像が入れ替わってしまうことがあります。
クリックしていただくと元画像が出るケースが多いですが
環境により変わってしまうこともありファイル名等の対策をしていますが
記事に反映されない場合がございます。
ご迷惑をお掛けしますm(__)m

どうも。HITEQおじさんです。
なんか予約してたキット数点が取置できていなかったっぽい麗心愚・・・・・(#^ω^)ピキピキ
多分あのキットのレビューしてるかな?なんて思って見に来てくれた方もいらっしゃるでしょう・・・・・
仕事も大変なこの時期にテンション逆マックス!

勢い余って、実車のパーツに逃げる麗心愚・・・・・・

さて、そんな中唯一手元に届いたキットをご紹介!
アオシマのチューンドカーシリーズの新製品のギャルソンジェレイドRA6ホンダオデッセイです!

ギャルソンジェレイドRA6ホンダオデッセイ

実はこのキットのVIPアメリカン時代の物は比較的最近まで売れ残っていたのですが
私の裏テーマだったアオシマの二代目RA6オデッセイフルコンプを目指していた数年前に
最後まで見つからず、しばらく探してようやく入手できたキットだったりします(笑)
それがこうやって出るなら待っても良かったかも・・・・なって思っちゃいますが
出た当時は私もちょっとプラモ熱が下がっていた時期で、ホイールが箱絵のディープレーシングじゃないし
ファブレスのエアロと似てるし・・・なんて思ってたのですが、欲しい時には見つからないという感じでした。
ちなみにギャルソンは世間ではDADがネタにされる事が多いですけど、ギャルソンのセダン系デモカーが
ビクトリクスプレジャーのメッキを履き、ブルメタだった頃から見ていた私としては
今の愛車や趣向では選択することはないでしょうけど、現在でもパーツメーカーとして存続していて
なおかつ根強いファンが居るという点では嫌いになれなかったりしますね。
ブラックマフィアエアロも実は好きでしたし、実は好きっていう方多いんじゃないかなぁ・・・・
ジェレイドシリーズはブラックマフィアの対極の位置としてVIP系&スポーツ系回帰という感じでしたし。

んで、今回も基本的にはVIPアメリカン時代と同じ・・・・・・だと思ってたのですが・・・・うおおおおお!!!

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 23:01 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

みのりwithホンダ耕耘機F90のキットレビューです!

祝!アオシマのプレジ&インフィニティQ45ツインボディでモデルカー化!
例のグリルが付いてる予感・・・・・(´;ω;`)ブワッ
祝!アオシマの90マークⅡグランデ&ツアラーでモデルカー化!!
地味にグランデは久しぶり(´;ω;`)ブワッ
祝!アオシマのA31セフィーロ中期でモデルカー化!!!
スリットマスク付属&新規純正ホイールと言うパワーワードに(´;ω;`)ブワッ

大きいお友達歓喜麗心愚(´;ω;`)ブワッ

そして地味にフジミから予測通り現行アルファード前期発売(´;ω;`)ブワッ
新規アルミが気になってしょうがない麗心愚・・・・・・

さてさて、暑さが厳しくなっていくうちに地味に梅雨入りの時期ですが皆さんいかがでしょうか?
今日は少しこのブログの守備範囲外のキットレビューです。
と言うのも、もう片方は大好物。もう片方は守備範囲外というもののセットなもので・・・・

このブログでは初?のマックスファクトリー製のPLAMAXシリーズの
minimum factory みのり with ホンダ耕耘機F90です!

マックスファクトリー みのり F90 プラマックス PLAMAX

ホンダの歴史はエンジンの歴史。バタバタから始まった汎用エンジンを応用した
耕耘機は60年台には市販化され、その中でも今回キット化されたF90は
ホンダの名機であり耕運機としてはディーゼルのハイパワーモデルとしてリリースされた
まさに、畑のF1・耕す実験室という言葉が似合ういます。(そんな言葉はない)
世界のホンダの歴史は農機具も共にという言葉も間違っていないと思いますが
初期の耕運機の中でも特に知られているモデルで赤いカラーが印象的な1台です。
ホンダ耕運機と言うと家庭用のイメージが強いですがこれは「こまめ」シリーズが人気を博したからでしょう。
耕運機の中でも家庭菜園や小規模の畑に特化したモデルですが幅の広い層に人気がありました。
ちなみに80年代のこまめは親戚宅にあり、10年くらい前に
私がキャブのオーバーホールをしたので私も何となく印象的なモデルです。
最近ではカセットボンベで動かせるピアンタシリーズなどで新たなユーザー層を拡大しましたね。
(うちの近所のホンダの四輪ディーラーでも売ってましたがアフターなしだったのが惜しい・・・・)

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 22:49 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

BEEMAXのJTCCコロナにあの頃の夢を見た。

コロナ。その名が消えて久しいです。
しかし、かつてはトヨペット店扱いの量販車種でありトヨタの屋台骨を支える1台でありました。
我が家でも祖父がRT40コロナに乗っていたし父はRT80・RT100・TT130と乗っており馴染みのあるブランドでありました。
どちらかと言うと地味だけど堅実な車という印象だったのですが・・・・(好きな車種なので誤解しないで下さい)
私の父もモデルチェンジしていくコロナの良さを認めていましたが乗り換えたのはパジェロ。
いつの間にか縁遠くなってしまいましたが、どこか身近な感じがしていたのもコロナでした。
しかし1994年・・・・衝撃が走りました。それはJTCCの開幕。なんと他社や海外のセダンに紛れてコロナも参戦!
実は私F1をはじめ、レースにはあまり興味がなかったのですが(一般人よりは好きですがw)
GrAなどのようにツーリングカーレースは興味津々だったのですが
JTCCはそれまで昔の日本GPや一部のストックカーレースなどを除いてあまり活躍の機会がなかった
セダンをメインとしたレースで、セダン好きだった私にはそこら辺を走ってるセダンが
ビックリ車高短になり派手なカラーリングをまとい割と激しくレースする様子に(;´Д`)ハアハアしてました。
当時お気に入りだったのがカストロールプリメーラとトムスコロナと後年参戦のジャックスアコード。
正直レースの結果とかチームの話とかは正直語れませんがカッコよくて好きでした。
ご存知タミヤからプリメーラ・エクシヴ・アコードが出てハセガワからシビックフェリオ・BMW318が出て
私もタミヤのキットを良く作りました。今では考えられないですがJTCC仕様に関しては
きちんとインストどおりにデカールを貼ってと今では信じられない正統派製作(笑)
特に専用スプレーで塗ったカストロールプリメーラはお気に入りでしたね~(^ω^)
もちろんノーマル風に仕立てて組んだことも数知れず・・・
しかし、人気車はキット化されたもののコロナはクロスというメーカーのラジコンのボディと
ミスタークラフトののレジンの塊のデスクトップモデルのみで・・・・・・(この二点は値段も高く・・・・・現実的ではなく)

しかし、まさか2018年。JTCCコロナがプラモデルで発売されると思っていませんでした(´;ω;`)ブワッ

BEEMAXのトヨタ コロナ ST191 `94 JTCC仕様です!

BEEMAX コロナ JTCC

ありがとうBEEMAX・・・・
今年は年始からカーモデル業界どうなってるんでしょうか(´;ω;`)ブワッ
それこそコロナのプラモなんてJTCCエクシヴ以来ですから・・・・・・もっというとニチモの安全コロナ以来?凄い!

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 09:46 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハスラーとジェミニの間で・・・・・一人ごきげんアオシ祭(さらに文章追記)

最近ジェミニやハスラーなど新金型界隈が賑やかでお祭りのようですが
ここで負けていないと思うのが我らがアオシマ!
モデルカーシリーズやチューンドカーシリーズも激アツなリニューアルが続々と行われています!
私の財布の中身と部屋がヤバイことになってますが大丈夫でしょうか?

まずは久しぶりの再販で(;´Д`)ハアハアしちゃうのが
チューンドカーシリーズのTRDJZX100チェイサーです!

アオシマ TRD チェイサー

このキットはファンが多いのにしばらく再販されず最近は高騰していたので嬉しい一品。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 00:02 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワの街の遊撃手!

連チャンレビューでごめんなさい(´・ω・`)
しかし、これはレビューしない訳にはいかないでしょう!
ハセガワ待望の新製品!街の遊撃手。いすゞ・ジェミニ(JT190)イルムシャーです!

ハセガワ ジェミニ 

ああ・・・・ジェミニ・・・・おじちゃん待ってたよ(´;ω;`)ブワッ
あああ・・・・・子供の頃からプラモが欲しかったよ(´;ω;`)ブワッ
ああああ・・・・・まさか平成も30年経ってから出るものと思ってなかったよ(´;ω;`)ブワッ


てな訳で子供の頃ビデオテープに街の遊撃手シリーズのCMを録画し何度も見直し
日テレ系「追跡」でのCMメイキングにハアハアし、近所のOさんのおじさんに貰った
いすゞのモーターショーのパンフレット?のクロスジャンプするジェミニに興奮していた私的には嬉しい1台!
本音を言うとCMだけではなく、走っているジェミニは今よりもっと身近で
当時はカローラを抜いて月間販売台数一位にもなった人気車ですので
幼稚園や小学校の同級生の家の車でも定番の1台でありました(^ω^)
前も書きましたが特に3ドアハッチバックに乗っていた中学の生徒指導の先生のジェミニが印象的で
先生がジェミニで登校すると学校内のやんちゃな生徒も震え上がるという
山本小鉄のアメ車のエンジン音が聞こえただけで震え上がった新日時代の前田日明のエピソードを彷彿とさせました。
私の上司も何台も乗り継ぎ、今でもあれより良い車は無いと断言していたり
地元の友人の大学時代の友達が乗っていた最終型ディーゼルリアル街の遊撃手事件等
身近なエピソードが多数あるのですが最後の話はコンプライアンス上まずいのでカットさせていただきます。

もしかしたらですけど30代中半の私はある意味ではいすゞ乗用車を比較的よく目にした最後の方の世代かもしれません。
(ビッグホーンですら見かける割合が大分減ってきたものです。)
しかし、それでいてFFジェミニは当時からモデル化に恵まれず(初代はダイヤペットなどがあり)
最近のルミノや国産名車シリーズ以前というとチョロQくらいでしょうか?
・・・・てな感じだったので、プラモなんて夢のまた夢の夢!なのでこうやって発売されると嬉しい(´;ω;`)ブワッ

おっと!前置きが長くなりましたね!早速中身を見ていきましょう!

率直に言うと実物は最近のハセガワ風ではありますが
ジムニーや最近の旧車路線とは違いどちらかというとアオシマのような配置と言いますか
お得意の二個の共通部品はランナー×2の構成ではなくオーソドックスなパーツ配置となっております。

ハセガワ ジェミニ 

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 21:42 | comments:12 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT