HITEQJASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤は付いていません。 激情版TSUMIBAKO ©武蔵野積みプラネーション

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

名作、タミヤのセリカ・スープラマーシャルカー!(文追記と文修正しました)

世間の情勢は相変わらず暗いが皆さんいかがお過ごしだろうか?
ステイホームと言う言葉が出ているがアクティブなインドア派の私でも正直鬱屈とした気持ちである。
どうかこの状況が早く変わることを祈るだけである・・・・・

今回ご紹介したいのは堂々復活のタミヤの80年代の名作でもありかなり久しぶりの再販となった
トヨタセリカ・スープラロングビーチGPマーシャルカーである。

セリカ スープラ マーシャルカー タミヤ

このブログでも以前に当時物を取り上げたのでお時間が有る方はそちらを見ていただけると幸いである。

トヨタリトラ祭りその2。タミヤセリカスープラ・マーシャルカー

≫ Read More

スポンサーサイト



| 車プラモレビュー | 19:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの頃のタミヤの名作、セリカXX2.8GT再販!(追記あり)

世間は恐ろしいほどの閉塞感に包まれているが皆様いかがお過ごしだろうか?

先日誕生日を迎えて37歳になった。悲しい事に子供の頃に思い描いていた大人にはなれていない。
叶っていることは自分の車を持っているという事とプラモを買えるくらいなものである。
お恥ずかしながら前回の記事でも書いたが仕事の悩みは尽きないし自己嫌悪に陥ることが多いが
趣味が出来るということはある意味では幸せなことなのかなとも思う。しかしそれだけなのかもと悩む日々である。
そんな中やはりプラモデル関連のニュースは嬉しいし、欲しかったものが手に入るというのが日々の糧になっていると思う。

タミヤ セリカXX 再販

さて、皆さんお待ちかねの掲題の件のタミヤのセリカXXが再販となった。
実は今回世間を騒がせてる件の関係で少し遅れての到着となってしまったようで昨日受け取ってきた。
いきなりだがこのあたりキットを見るとなんともホッとしてしまうのは私がこのキットに慣れ親しんだ世代だからだろうか。
GRスープラの件があったとしても再販を決めてくれたタミヤの英断には感謝である。流石タミヤ。
本当にしつこいほどこの年代のキットは思い出深いがタミヤのスポーツカーシリーズの
700円世代のものは私が小学校の高学年になった頃くらいから徐々に見る機会が減ってきていた気がする。
しかしそれまでは模型店の定番商品として店頭に並んでいて700円という価格がとてもありがたかった事を記憶している。
カッチリ組めて出来の良いプラモが700円というお得感は当時フジミのインチアップが800円~1000円程度。
アオシマのニュートレンドなどが900円から1000円くらいという感じあったので割安感があった。
また、私が通っていた模型店は所謂2割引の店だったので実質560円+消費税3%であった。
信じられない話だがそういう時代もあったのである・・・タイムスリップできたら旧札をたんまり持って
模型店に突撃したいがまぁそんなことは妄想しているだけ悲しことになってしまうであろう・・・・

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 19:38 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

タミヤの70スープラ再販にあの頃の想いを見た。(更新済)

タミヤの名作スポーツカーシリーズの70系スープラが再販となった。
ある程度の年齢の方なら懐かしくもあるキットだと思う。もちろん私もその一人である。

スープラの名前が復活して話題になっていることはもう皆さんご存知のことだろう。
先日現行型をまじまじと見て思ったのだがなんだかんだで2000GTなどを始祖として
セリカXXの系譜のトヨタのスペシャリティGTカーの系譜であることを感じさせてくれる素晴らしい車だと思う。
私は世代的にはA80系が印象深いのであるが、憧れた存在と言うとやはりA70系である。
子供の頃徒歩圏内あったトヨタカローラ店のショールームの一番目立つところに展示されていた
スーパーホワイトⅡの前期型ナローの3.0GTの衝撃は今でも鮮明に覚えている。
特に印象的だったのは低いノーズとその鼻先につけられた赤いエンブレム。とにかくカッコよかった。
それこそ実車の思い出はあれこれあるがこのブログ的な話題になると
やはりプラモデルのスープラのことに触れておかなくてはいけないと思う。
当時作った記憶があるのはカバヤのDXビッグワンガム。フジミの前期ナロー・後期のワイドあたりがあるが
今回再販されたタミヤのスポーツカーシリーズの70スープラも印象的であった。そんな懐かしいキットに再会である。

もはやアートとも言えるタミヤのスポーツカーシリーズの箱絵。これに憧れや親しみを感じた方も多いと思う。

タミヤ 再販 スープラ 

実は前回の再販時、私は手にしなかったのである。それをずっと後悔していたのだが
なぜかと言うと当時何度か組んだ事と小学校6年生の時に同級生から組みかけ状態でもらったものが残っていたので
何かあったらそれを組めばいいと思っていた点と、どちらかと言うとフジミの前期のほうが好きだったという事もある。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 00:29 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

年忘れ特大号「平成から令和に変わってもやってることは同じ麗心愚」

どうも。プラモに取り憑かれてる物です(`・ω・´)

今年も残り僅かになってしまいました・・・・・・
いつもご覧いただいているマニアの皆様も、そうでない方も、たまに見てるよという方も
たまたま検索でたどり着いたという方もいかがお過ごしでしょうか?
私も昨日洗車を終えてこれで新年を迎えられる・・・・と思ったら雨が降りやがるという事態(笑)
洗車機派から手洗い洗車派に最近戻ったのでシュアラスターのワックス入りシャンプーで洗車して
下回りの泥やホイール周りなども洗っていつもより丁寧に拭き上げて・・・・・という感じで終了です。
ちょっとバタバタしていたのでコーティングまでやり直す余裕はなかったですね(´・ω・`)

個人的にはあっという間の1年でした。
新元号になり新たなスタートを切り世の中が変化していく一方で
消費税10%増税などの決して明るくないニュースもあったりと
政治不信に景気もどんどん悪くなっていく一方な気もしますがこのままどうなっていくか読めないですねぇ。

アオシマ 令和元年

そんなこんなで先日券売機でお釣りを取り忘れてしまいプラモの新製品数個分を紛失してしまったり
(後ろに並んでた人は絶対気づいたるはずなんだけどなぁ・・・・・)
悪質ロードレイジに遭遇したりと世の中の不景気さをそういう意味でも感じてしまいますが世の中怖いですねぇ。
でもこういうのってなんだかんだで景気に左右されてると言う事も思うんですよね。
景気が良ければみんな余裕ができますから・・・・っていうのはちょっと極論でしょうか(笑)
そう言えば実車今年は馴染みのある車種が生産終了相次いで個人的にはショックでしたねぇ・・・・・
まぁこれも時代ということでしょうかねぇ(´・ω・`)

後は記事にするか迷ったのですけど台風被害が今年は一番印象的でした。
愛車も。台風で塩害で真っ白でシミだらけになってしまい、と飛来物で傷だらけだわ
エクボは二箇所出来てるわでちょっとがっくりな状況になってしまい傷はタッチアップとボディ研磨で復活。
エクボはもうあきらめてそのままにしておりますがそういった意味では台風に翻弄されましたね。
被害が多い地区の方も多いと思うのでアレですが我が家も2件隣のカーポートの屋根が吹っ飛んできましたからね。
植木が抜けて物置倒が倒れてるわ屋根がちょっとめくれてるわで出勤したら信号は倒れてるわ
会社は水没してるわ、連絡が取れない人がいるわでえらい騒ぎでしたけど
まだまだ不便な生活をされている方も多いのでそういった意味では災害の甚大さを改めて感じましたね・・・・・・・

仕事の方はベテランの方の一斉退職で解ってはいたものの実作業に苦戦しています。
・・・・というのもやはり経験値や慣れというのが大事なこともあるというのを再認識しました。
マニュアルや机上の知識だけではやっていけない業界というのもあると思います。
それを継承してなかったり、効率化を重視してきたツケもあると思いますが
やはり若い世代も頑張って行かなきゃなあ・・・・なんて思ったりもしました。
私の職種は手は動かせば動かすだけ経験ができますし、現場に行けば行っただけ経験ができますから・・・・
こないだ友人と話したのですが、かつて煙たかったはずの上の世代に自分がなってきて
今になってその世代の人の気持ちがわかるようになったような気がします。
でも、これは悪い意味ではなく自分が年を重ねてきたという証拠なような気がします。
逆に言うと若い人の気持ちも考えながら初心を忘れずに適度に頑張らなくてはいけないかなと思っています。
もちろんこれはあくまで私自身が感じたことなのでそうでないことも多数あると思いますけどね。
(こういう話題は人それぞれの考えがあるので断言ではなくあくまで私の考えです。)

とまぁいろいろありましたけどなんだかんだで一番ビックリしたのは
元愛車を海外で見つけたことですけどね(笑)
いや、ネットってすげぇなぁ・・・・・と再認識。
私の場合海外で乗られている方がずっと幸せな感じがしました。
やりたかった事をやってくださってるみたいだし、何より大事にされている感がありがたかったですね。
海外への流出は賛否ありますが私の元愛車の場合日本で乗るにはちょっと不具合が多かったことと
(排気漏れ・オイル漏れ・タービンのアクチュエーター不良でチェックランプ点灯・クラッチレリーズ要OH等々・・・・)
部品の製造廃止がエンジンの補機類まで出てきた事などもありましたし・・・・・
(これは言い訳の一つで私も前愛車だと不便が出てきてしまったというのが乗り換えの理由としては大きいです。)
機会があれば遠目でまた一見てみたいと思っていますけど、まぁ元気でやってくれてるならそれが一番かと(笑)

おっと!世間話はこのあたりしましてここらかはプラモネタモードで行きましょう!


まぁなんだかんだで制作よりお買い物が多く新品中古問わず無駄づかいをしてしまったのですが・・・・・
(内心はあんまり無駄だと思っていないのは内緒)
このあたりのキットは来年中には記事にしたいネタではあるのですが・・・・・

フジミ ステップワゴン サマーバージョン

不思議と年に数回訪れる収集癖を刺激する時期があり、自分との戦いでした・・・・
まぁなんだかんだで収まらない収集癖との戦いは永遠のテーマになりそうです・・・・・


さてさて!お待たせいたしました!毎年恒例のクソ企画がやって参りましたよ~!
HITEQプラモ・オブ・ザ・イヤー2019
~ドキッ!令和最初の栄光はどのキットに!?~

ざっとオブ・ザ・イヤーの概要をおさらい。

「オブ・ザ・イヤー」(購入した話題性・内容文句なしの新金型キットを選出)
「ベストオブ再販」(購入した過去製品のシリーズ変え・パッケージ変え関わらず再販やリニューアルキットより選出)
「~たった一人の審査委員特別賞~」 (購入した中での私の独断と偏見で選出)
「パーツオブ・ザ・イヤー」(昨年から設立。購入したキットで一番驚いたパーツ)
「デカールオブ・ザ・イヤー」(昨年から設立。購入したキットで一番驚いたデカール)
「パッケージオブ・ザ・イヤー」(昨年から復活。購入したキットで一番良いと思ったパッケージ。)
オブ・ザ・イヤーは今年発売された新金型キットに送るこの賞で基本的に私が購入したキットが対象です。
(基本的には1/24ですが、1/32のバスやトラックを含む主にカーモデルとしてカウントされる物を選考いたします。)
・・・・・ということはどんな素晴らしいキットでも私が購入していなければそもそもノミネートされません。
(勝手に選考する、レビューをする以上は自費で購入したものであるというのが大前提です。)
そしてブログ内でキットレビューしていなくても購入していたものは対象になります。
これも声を大にして言いたいのですが完全に個人の主観ですし、ネタ要素が強いです。
キットの出来の良さやプラモデルとして優れてるかなどは考慮しない場合もあります。
カーモデラーの皆様の中でも話題になったキットやそうでないキットなどが受賞する場合もございます。
また、組んでいないなら評価するなというご意見もあると思いますが
どちらかと言うとこのオブ・ザ・イヤーはネタ的な意味もあり、完全な独断と偏見の選出なのでよろしくお願いします。


それでは2019年度のオブ・ザ・イヤーの発表です!
(新車情報大賞の発表のノリで・・・・・・)

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 10:57 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワのブルーバードが好きだ。

ブルーバードが好きだ。

ハセガワ U12 ブルーバード

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 20:10 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

レビューすべきものが多い問題。

どうも。プラモ破産おじさんです(´・ω・`)
最近クソ真面目系レビューが多かったので
辰兄ィの訃報が飛び込んで来た時も記事で触れられずショックだったのですが
私はバラエティ番組のイメージや「ロックしようぜ盗られる前に」のポスターなどの印象が強いですが
やはりトラック野郎三作目の望郷一番星のカムチャッカが印象的でしたねぇ・・・・・
私も家を建てたら辰ちゃん漬けのあの等身大人形を玄関に飾りたいと思ってますが
また「これぞ芸能人」と思えるような方が亡くなるのは寂しいところですねぇ・・・・・


さてさて、相変わらず仕事で頭が痛いのですが(エアブラシが職場に出張中なのは内緒w)
まぁ・・・なんていうか予約していたものが一気に入荷して困っちゃってます・・・・・
というかですね・・・・予想外のネタが多すぎまして。レビュー予告という感じにご紹介!
仕事が押してギリギリに取りに行ったのですが明日も仕事なんでご紹介にちょっとお時間をください・・・・・

まずは大本命。ハセガワのU12ブルーバードSSSアテーサリミテッド!

ハセガワ U12 ブルーバード

こちらは後日詳細レポ予定です。でも気になる部分も見つけてしまったので悩ましいところです
オーズィーとかスタンザとかピンターラにしたいけど技術が伴わない麗心愚・・・・・・・

そしてこちらは当初レビュー予定もなかったので様子見だったのですが
お店で見てつい・・・・・のタミヤのGRスープラ。

タミヤ GRスープラ

先行組み立て会などですでに完成させられてる方が多数いらっしゃるので
そういった意味では今更このブログで取り上げるのは新鮮さはないかもですがなかなか力が入ってます。
こちらはこのブログ以外でもネタにする方が多いと思うのであまり触れないかも・・・・・・
でもホイールの分割がもうすごくて本気でキ・・・(チョメチョメ)かと思いました・・・・(超絶褒め言葉)
(実はとあるオマージュカラー案が浮かんだので是非とも組みたいと思ってます♪)

後はアオシマのモデルカーシリーズのハイエースの事故処理車。
バリ展なもののなかなか力が入っていますしアオシマの意地を感じた一台。
地味にパトパーツのデパート状態なのでそういった意味では美味しい!?(R32用のフェンダーミラーが嬉しいw)

アオシマ ハイエース 事故処理車

アオシマ ハイエース 事故処理車

アオシマ ハイエース 事故処理車

新規キャップとウインドウがいい感じですねぇ・・・・タイヤはアドバンデシベルだったのが以外だったんすけど
最近のノーマルハイエースはみんなこれなのかしら(´・ω・`)

そして地味に一番の衝撃がこちら!
アオシマのモデルカーシリーズのランエボXのファイナルエディション!!


アオシマ モデルカー ランエボX ファイナル

・・・・どれどれ新規ミラーを見てみっか(´・ω・`)
ま、ウインカーレンズがクリアじゃないとか鏡面がメッキじゃないとかしょうがないかぁ・・・・・と思ってたら何この部品!?

アオシマ ランエボⅩ 新規グリル

あんぎゃあああああ!!!!!!!!!
グリル周りが新規パーツになってるぅうううううううう!!!!


アオシマ ランエボⅩ 新規グリル

あんぎゃあああああ!!!!!!!!!!
メッキ枠になってるぅうううううううう!!!!!!!!!!!!!


これには隠れ三菱ファンのHITEQおじさんも悶絶!!・・・・・正直ある意味一番の衝撃!
個人的にはU12ブルやスープラよりある意味新鮮と言ってしまうと怒られちゃいますかね(笑)
ほぼ全部のバリ展を買って応援した甲斐があった(´;ω;`)ブワッ
アオシマさんありがとう・・・・ありがとう・・・・・・今夜も静岡方面に足を向けないように寝たいと思います!

う~ん・・・・・とりあえず明日の仕事に備えて寝ます。皆様もグッナイ!

| 車プラモレビュー | 21:56 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

名作復活夢列島。アオシマのレンジローバーが帰ってきた!(ちょっと補文あり。)

昔話ばかりで恐縮だが最近本当にテレビを見なくなった。単純に私自身が面白く感じなくなったのだと思う。
ニュースですら疑って見るようになっている自分が信じられないがそれだけ今の時代はその他の情報が多いのであろう。
昔のテレビは面白かった・・・というとこのブログを見てくださっている若い方には信じられないと思うのだが
少し前まではテレビや雑誌がメディアの主役で情報の最先端だった。そして強かった。
時代が変わりインターネットが一般化してSNSや動画サイトが一般化してくると情報収集の手段が変わって行き
我々のような素人ですら情報を発信できる時代になった。良い面と悪い面はあると思うが
先を行く情報や流行の発信元が変わるのは当たり前の事だろうと思う。世の中は常に変わっていくのだ。
もちろんこのブログも時代遅れであると思う。しかし細々とでもやっていきたいと思っている。

さて、掲題の件だがアオシマの電子レンジ・・・いやレンジローバーが堂々復活である。
十数年ほど前までは模型店で初版が残っていたりしたりしていたイメージのキットなのだが
ここ何年か値段が随分上がっていたようなので今回モデルカーシリーズでの再販のアナウンスが嬉しかったし
カーモデル界隈の皆様も往年の名キットの再販を待ち望んでいた方も多かったと思う。
しつこいようだがこれで明石家さんまのレンジローバー車庫入れプレイが気軽に出来るようになった。

アオシマ モデルカー レンジローバー

箱絵は当時の定番でもあった明石家さんまカラーのダークブルーメタリックで描かれると思ったが
あえてのブリティッシュグリーン系統の色で違いを出してきた感じがして素晴らしい。
私的にはこのグリーン系統の方が好みだったりするのだが・・・・・

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 11:22 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ハセガワのR31スカイラインGTSは「その時、精悍」

師走に入り通勤時間帯の車の流れや仕事の流れが慌ただしくなり
今年もそろそろ終わりか・・・・と思う時期になった。夜の飲食店は忘年会シーズンという事もあり人も多い。
飲みすぎて・・・・という方も多い時期だとは思うが皆様はいかがお過ごしだろうか?

まぁいきなりだが私は職場の忘年会や飲み会はあまり好きではない・・・
正直めんどくさいし、通勤は車だから車を置いていくのも不便である。
会費だって今時ならちょっと高額なキットが買えるくらいの値段だってあっという間に出てしまう。
最近SNSなどを見ると確かに行かないという人も多いし、行きたくないという人の気持は良く分かる。
実際の所酒の席が決して好きではないし、飲みニケーションは必ずしも良いことだけでは無いとも思っている。
そういうこともあり普段の飲み会は参加しないが、忘年会と送迎会と他事業所との集まりには参加するようにしている。
はっきり言ってうわべだけでも仕事の話をするのはつまらないし、お説教モードになれば面白くもないことがある。
でも、1割でも役に立つ話が出たり、上役の本音がポロッと出たりするしまれに仕事に繋がる事もある。
私は人の意外な一面を見たり、聞いたりするのがとても好きなのだが
そういう場として見ると飲み会や忘年会はつまらないことばかりではない時もあるのだ。
私の会社の偉い人(ピラミッドの頂点)が重度のいすゞファンだと知った時は驚いたし
お硬い席の飲み会とは思えぬ「イルムシャー」や「ビッグホーン」「FRとFFのジェミニ」という単語が出てきて
車の話をしていると会社の駐車場に止まってるあの車HITEQ君のだろ?今の話で一発で解った!」というようなこともあったし
廃墟趣味がある方とある物件の変遷について熱く語ってしまったこともあったし
地元の友人の元同僚がいたり、はたまたハードオフ系のおすすめスポットの情報交換をしたこともあった。
どちらも参加しなければ仕事中の世間話では知らなかったことだし
上記のようにそれがきっかけで「~の人」存在を認識される事もあった。
これは親戚の付き合いなどにも言えることであるが、つまらないかもしれないイベントは
何処かで「楽しいポイント」を見つけてみるのも良い事だと思う。
また私は酔ったふりをして確信犯的に余ってる料理を片っ端から食べたり注文してしまうし
皆と別れた最後に一人で〆のラーメンを食べるのちょっとした楽しみにもなっているし
行きたくない人には強制したくないが、行くか迷ってる人は一度行ってみてもいいと思うのが忘年会である。

しかし、そんな私も気になっているキットやミニカーの発売日に飲み会が重なると
本気でキレそ・・・ストレスを要すのが悩みである。


おっと、話が長くなってしまった。
こういう話の考え方は人それぞれなので異論反論あると思うがどうかご勘弁いただきたい。
皆さまも気になっていると思うがアオシマのレンジローバーも到着の連絡が来るかと思って
風呂にも入り髭も剃って無駄毛の処理までしておめかししていつでも出れるようにしているのだが
まだ連絡が来ないので今日はちょっとまずこちらを少しだけご紹介させていただきたい。

ハセガワのニッサンスカイラインGTS-Xツインカム24Vターボ(R31)前期である。

ハセガワ R31 前期 GTS

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 14:27 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ちょいレアキットだった2種類がリニューアル!(再編集しました)

いつまでもあると思うなプラモと金。悲しい事にどうして手元から無くなってしまう物がある・・・・・
正直言うまいと思って黙っていた事だがノーマルのカタログモデルより改造車のキットの方が市場に残りにくいと思う。
そしてこの手のキットは悩ましい事に欲しいときには手に入らないものでもある。
理由は様々だと思う。流行り廃りもあるし実在のエアロメーカーの版権の問題等もあるだろう。
そしてこの手のキットは速攻で組まれてしまったり、部品取りになったりすることも多く
また、当時を知る人が懐かしがって買うためにどうしても高騰してしまうのだと思う。
80年代のマルイやアオシマの族車系キットの高騰の理由もそういう事情から分かるものである。
今回ご紹介するキットの一つはそんな時代の間に生きていた一台のリニューアル版である・・・・

・・・・なんて固くるしい冒頭から始まりましたがマニアの皆様いかがお過ごしでしょうか(´・ω・`)
今回ご紹介するキットは「クイズカーモデラー100人に聞きました」があれば
おそらく8番目のパネルの回答者数位の割合の方しかグッと来ないような気もしますがいかがでしょうか?

まずはCEアコードのウイングスウエスト仕様!
(ごめんなさい・・・・当初CFと記述してしまいました)

ウイングスウエスト アコードワゴン 

率直にアオシマさんありがとう(´;ω;`)ブワッ

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

丘を越えてハセガワのかっとびスターレットSiリミテッド登場。

マニア~を越えて行こうよ~
ハセガワの空は朗らかに晴れて~たのしいプラモ~♪
鳴るは胸の血潮よ讃え~よ~わが青春を~
いざ行け遥か希望の~積みプラを越えて~♪


ハセガワ EP71 スターレット Siリミテッド

ハセガワのEP71スターレットの待望のバリエーションが藤山一郎の歌声のように爽やかに登場である。
発売当初のトップグレードかつNA最上級グレードであるカタログやCMでおなじみの
ライトニングツートンのSiリミテッドがバスター・キートンのように軽やかに丘を越えてやってきた。

≫ Read More

| 車プラモレビュー | 21:04 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT