HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

久しぶりの更新&大ニュース!フジミからブタ目セダン発売!

皆様、大変ご無沙汰しております!

本当に久しぶりの記事ですね・・・・・・
色々とご心配をおかけしましたが、放置中にもかかわらず
多くの方々に訪問して頂いたようで本当に嬉しく思います。
コメントを頂いた皆様、コメント返信も遅れてしまって大変申し訳有りませんでした。

そして、多くの拍手を頂きまして本当にありがとうございました!
また、リンクしてくださってる皆様の所への訪問もしていない状況で本当にすみません。
ご覧のすべての皆様、何分頼りない管理人ですがこれからも何卒宜しく願い致します♪


さて、実は再開に合わせて記事を何個か書き途中だったのですが
すごいタイミングで大ニュースが飛び込んでまいりました!

私が今の今までキット化を待ち望んでいたのにもう出ないだろうと思っていて
尚且つ私も非常に思い入れのあるあの車がフジミから出るようです。

トヨタ コロナ マークII グランデ 4ドアセダン (X30型)
http://www.1999.co.jp/10153537
※リンク先ホビーサーチ様 予約ページ

予約しましょうね

ブタ目の前期4ドアキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

うおおおおおおおお!!!!!!!
うぎゃあああああああああああああああああ!!!!!!!!
これは夢なのか!夢なのか!

とうとう4ドアが・・・・待ち望んでいた4ドアが・・・・・・・・(´;ω;`)
フジミさん!ありがとうありがとう!
VFR800Pを店頭で見かけて中身を見てそっと棚に戻した事は謝ります。ごめんなさい!

この三代目マークⅡセダンは我が家では昭和54年にやってきて平成8年まで現役でした。
主に爺ちゃんの愛車でしたが、母親も運転してましたので私も乗る機会が多かったです。
父親のコロナより圧倒的に乗る時間も多かったですね。
プールの送り迎えに親戚回りに遠出のドライブにホームセンターへの買出しに・・・・・
私にとってはある意味今の愛車よりも思い出深い一台です。
外車のような・・・と一部では評されますが私の中ではマークⅡはマークⅡなのです。
M-EUの独特の唸るようなエンジン音。ウインカーの音。青く光るACランプ。
車庫の裏扉を開けるとまず見える[LG]のエンブレム・・・・全てが懐かしいです。

マークⅡ

廃車にするときにもぎ取ったエンブレムとか小物は今でも残してありますが
これは製作記の時に役立つでしょうか(笑)

ただ、我が家のマークⅡは後期型で今度キット化されるのは前期型ですから
我が家仕様にするのはちょっと加工が必要そうですね。
さらにご多分にもれず街道レーサー仕様のようですから・・・・・
(本音はやはりノーマル有りきの改造車だと私は思ってます。)
まぁ後期HTの決定版のアオシマ製がありますから
比較的簡単に後期化に出来るのではないかと思っています。

前期と後期の違いとしては機関類を除いて大まかに分けると
グリル・ポジションランプ・エアカットフラップ・エアアウトレット・テールランプ・バックランプ
ナンバー上モールのTOYOPET文字・ステアリング・メーター・等々・・・・・
おまけに街道レーサー仕様ですから
サイドモールやフェンダーアーチモールにサイドシルモール等が無さそうなのでそこら辺も作らないとですね。
ああ・・・・あのタービン型キャップはどうやって作ろう・・・・

発売は8月かぁ・・・・盛り上がって参りました!
フジミさん!期待してますからいろんな意味でがっかりさせないでくださいよ!(爆)
スポンサーサイト

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 22:18 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミ CR-Z製作記。内装一気組み&最終回。

あっという間に大晦日になりましたね・・・・・
実はここ数日は朝から晩までプラモ三昧で、もう5台完成させました!

・・・・という夢を見ました。

実際のところ大掃除や正月の準備・親戚宅訪問などでほとんどプラモを触っていません。
CR-Zは来年製作しようと思ってましたが、開いた時間を使って一気に作業してしまいました。
正直もっと塗り分けなど出来たと思うのですが
ある程度の勢いも大事かなと思って一気に組み上げてしまいました。
せめて完成させないと正月を迎えられないように感じて・・・・(笑)

大きく手は入れておりませんが、例によって500番サフで全体を荒らして
ベースとなる明るいグレーを吹いてマスキングします。
ダッシュボード
マスキングが難しいところはゾルなどを使います( ^ω^)

マスキング後、艶消し黒にグレーを混ぜた色を吹きつけます。
マスキング
大雑把ですみませんが、実車の画像を見ながらマスキングしました。
バスタブタイプに座面一体ですからかなり大変でした(笑)
開きなおって実車のようにマスキングせず
艶消し黒一発で吹いて、特徴的な部分だけ塗り分けた方がすっきりするかもですね。


例のラゲッジトレイのモールドは半光沢の黒でゴムっぽく塗ってみました。
塗装
500番サフでかなり荒らしてしまったので結構ザラザラです(´・ω・`)
まぁちょっとアクセントが出れば良いなということで・・・・


シフトノブは形状が気に入らなかったので作り直しました!・・・・・嘘です。又無くしました(笑)
シフトノブ
仕方ないのでランナーを炙って成形して、ペーパーで形を整えて
とりあえずそれっぽく出来たのでOKです。
なんか、やっぱり間が開いてしまうとこのようなミスが増えますね・・・・・
部品はきちんと管理しましょう(;^ω^)


ダッシュボードは例によってスイッチ類塗装などを行いましたが
どうもスパッと決まらず・・・・・
ダッシュボード
ちょっと点がいびつになってしまいました。
うーん・・・・最近内装作ってなかったからなぁ・・・(言い訳)
メーターフードのスピードメーターのリングはエナメルの筆塗りです。
センター部などのクロームのフィニッシャーはメタルックで再現しました。


それをサクサク組み立てていくと・・・・・
内装
こんな感じになりました♪
シートは本革仕様で脳内変換して、ファブリックシート独特のパターン再現を諦めましたが(笑)
シートバック裏の塗り分けを無視するという手抜き仕様です(´・ω・`)
一応ドアの取っ手部分などにもメタルックを貼りましたがあんまりそれっぽくありません。
もうちょっと手を入れたほうが良かったかな。


スイッチの塗装が決まって無いですねぇ・・・・・
CR-Z
今はちょっと完成を急いでいるのであれですが、いずれやり直すかも知れません。
(そう言った場合って高確率でやらないんですけどね・・・笑)
でも、キットは雰囲気は再現されていて造形等は問題ないと思います♪
個人的にはやはり塗装のしやすさや造形的にシートは別パーツで
ドア内張りは別パーツにしていただきたいのが本音ですね( ^ω^)

かなり慌ただしくなりましたが、これで内装は終了です。


後は残りのデカールを貼って・・・・・
デカール
フジミのナンバーデカールにキットの白い部分のデカールを合体させました。
ナンバーの数字は何かを意識しているわけではありません。
適当にインレタを動かして決定しました(;^ω^)
なんかドラマの小道具みたいなオーラが出ています(笑)
車検のステッカー類は裏から貼って、排ガス絡みのステッカーは表から貼ってあります。

そして、最後にガラスの内側を磨いてから上下合体です♪
フジミCR-Z
これで一応完成です。
年内完成を意識するあまり、製作記も急いだり失敗が多く
課題はかなり多く残りましたが、完成してみると「良いキットだなぁ」と思えるのは
やはりフジミキットの不思議な魅力がそう思わせるのかも知れませんね♪
完成品写真は年明けにでも記事にさせていただきます!


次回は年内最後のまとめ記事を載せたいと思いますね( ^ω^)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:58 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Z製作記。ウインドウパーツやボディ外装等。

なんだかもうすっかり年末ですねぇ。
クリスマスの楽しい予定なんてすっかり都市伝説のレベルですが
たぶん相変わらずプラモを弄っていそうです(´・ω・`)
25日の朝、枕元に置いてあるのは寝る前に脱いだ靴下だけでしょう(笑)

さてさて、クリスマスどころじゃなくて年内までにCR-Zを完成させなくては!

まず、ウインドウのクリアパーツです。
私の場合は特に手を入れて・・・という感じではないので
軽く仕上げコンパウンドで磨いて洗剤で綺麗に洗浄してマスキングに備えます。
フジミ CR-Z 製作
工程的にはセラミック塗装の黒→天井のライニングのグレー→プライバシーガラスのスモークで
行こうと思っています。スモークを最後にしたのは
最後に吹くことで塗装中のスモーク塗装の剥がれを避けたいと思います。
(これが後でめんどくさいことになるのです・・・・笑)


フジミ CR-Z 製作
(※元が綺麗なので微妙な小傷を取ったくらいです。)

マスキングはキットの物を使用します。
カットされていないですが、ハサミで綺麗にカットすれば良い感じです。
あえて、フロントドアウインドウはちょっと大きめに切ってあります。
個人的にはみ出してしまうとちょっとアレかと思いましたので・・・・・
マスキング後、押出しピン跡をペーパーで処理しておきます。
フジミ CR-Z 製作
800番程度で処理して跡は細かい番手1500番くらいで撫でておけばOKです。
その辺にあったペーパーを使いました(笑)
めんどくさければそのまま無視して行きましょう(;^ω^)


マスキングをしたら艶消し黒をまんべんなく吹きつけます。
フジミ CR-Z 製作
画像ではまだ乾いていないのでムラがありますが結構ザラザラしてますよね?
私はこのようにガラスの黒部分を吹くときは濃い目の塗料を吹き付けます。
最近のフジミキットのようにガラスが厚く、エッジなどがあるガラス部品だと
エッジ透けなどが目立ったり微妙なムラなどが逆に目立つことがあるので
濃い目に吹いて、透けなどを少しでも目立たないようにという感じです。
あと、シャビシャビの塗料だとマスキングの隙間などに入り込みやすいような気がします。

その後、天井のグレーを吹きます。

フジミ CR-Z 製作

グレーはもうちょっと明るいほうが実車のようで良いですね・・・・
こだわる方はフロントウインドウの凸部は黒のままにしておきましょう。
まぁ偉そうに言いましたが塗ってから気づきました(笑)

そこで天井部分をマスキングしてスモークを吹きます!・・・が

見事に垂れました(笑)

惜しいですがシンナーで拭き取りましょう!
フジミ CR-Z 製作
垂れた画像がない辺りがかなり必死でやっていたことを物語っております(;^ω^)

気を取り直して当初の予定通り、スモークを先に吹いてやってみることにします。
フジミ CR-Z 製作
ちょっと厚くなり過ぎたような気がしますが、無事に終了。

その後、完全乾燥後マスキングをして黒枠、天井グレーのリタッチと行きます。
よしよし、ちょっと汚くなったけどリペア完了!
近くでじっくり見なければええじゃないか!

「あっ!」

フジミ CR-Z 製作

拭き残しの上からスモーク吹いてるじゃん・・・・・・
表にマスキングをしていたので気づきませんでした(´・ω・`)

もう俺の馬鹿馬鹿!!!そんなだから洗車するたびに猫が車に用を足していくんだ!
ホイールの塗装がションベンが掛かったところだけ
曇っちゃって磨いても落ちないんですけど・・・・・あ、全然模型に関係ないですね(笑)

窓は無視しちゃおうかな・・・・でも気になるなぁ・・・・
ということでもう一度だけリアウインドウのみ凹んでいる所だけシンナーで拭いてやり直しました。

フジミ CR-Z 製作

なんとか元よりは良い状態になりました( ^ω^)
それでも何度かやり直したのでパキっとしたノーミスの時のような雰囲気にはならなかったような・・・
でも、これもまた修行ですね。次回はもっとスモーク塗装も上手くやらねば。
工程的にはスモーク→黒→天井色のほうが確実かもですね。

最後にボディにはめこんでクリアパーツは終了です。
今回は下準備でよくすりあわせておいたのでパコッと合体できました。


さて、勢いに乗ってボディ周りも進めましょう!と言ってみますが
実はお恥ずかしながらミラー根元を無くしてしまうという
大ミスを犯したので部品請求致しました(;^ω^)
「さ~てミラーの根元は・・・・ゲッ!シャーシ周りもじゃないか!」

フジミ CR-Z 製作

Aパーツ、送料込みで占めて618円でございます(笑)
まぁ残りの部品は今後の改造用や補修用に大事に取っておくことにします。
フジミさんのパーツ請求はキット箱の過剰品?なので梱包されてきますが
今回はGTウイングシリーズのランエボⅧでした。
フジミ パーツ請求
あんまりこのキット店頭で見た記憶がないなぁ(´・ω・`)

えーっとミラー本体はちょっと面倒です。
ミラーウインカーのモールドがあまりはっきりしていないので塗装で頑張りました。

フジミ CR-Z 製作

マスキングして、白と銀を混ぜあわせて
なんというか裏がメッキじゃないようなレンズ風の色で塗ってみました。
白だと明るすぎ、銀だとメッキモールに見えそうだったので丁度良い感じです。
クリアパーツは無理でもデカールを入れてくれると助かりますね。
微妙に中の灯体が見えてる雰囲気などはデカールのほうがそれっぽいかもです。

あとは周辺を艶消し黒で塗って無くした台座を接着して
ミラー鏡面と合体させてミラーの出来上がりです。


ちょこちょこ写ってるワイパーは特に苦労もなく良い感じになりました。
最近のフジミはこういう所がとても良く出来ていて好きです。
フジミ CR-Z 製作
なんかすっげぇ埃っぽいですね・・・・・肉眼ではそうでもないのですが・・・・
フルHDの液晶などではなくても気になる方もいらっしゃるかもです・・・


シャークフィンアンテナをつけてとりあえずボディ周りは一段落です。
フジミ CR-Z 製作
ボディ穴とアンテナのダボがきつかったので削り落として接着しました。
最近はこのアンテナも社外品も結構多いんですよね。
なんか車種別でボディ同色の物なんかもあって驚きでした。

デカールなどは貼り始めていますが、まだ終わってないので最終回にでも載せますね♪
エッチング付きも今度出るらしいですが、もっと早く出s・・・・
いやいや、私はデカールって結構好きですよ(`・ω・´)



さて、そろそろ内装も始めないとなぁ・・・・・・
RX-7のエアロ接着や足回り調整をしてる場合ではありません(汗)
フジミ CR-Z 製作
いっそこのまま白内装でも・・・・・嘘です。



おまけ。
WORKING!!のFD3Sはこんな雰囲気で行こうかと思っちょります。
WORKING!! RX-7
エアロ合わない・一部ボディカットエアロ加工など早くもモチベーションが・・・・
実はパテやら瞬着やら入りまくりです(´・ω・`)

ホイールはタミヤの別売り品です。
手頃なピン式はこれしかありませんで・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:47 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Z製作記。窓枠塗装に外装部品。※追記あり

※最下部にハイマウントストップランプの塗装について追記アリです。

昨晩の230ローレルショックが大きくて、まだなんとなくモヤモヤしています(笑)

大げさではなく模型人生である意味一番驚いた新製品発表かも知れません。
これがアオシマからのアナウンスだったら
「ふんふんなるほど。グラチャンとかも出るのかな?楽しみだ!」となるでしょうが
フジミ、しかもインチアップシリーズでの発表ですからね(;^ω^)
「へ?230ローレル??なんで?フジミから?へ?フル新規すか?」と戸惑いましたし
街道レーサー系モデラーさんや国産旧車好きにもの需要はあるでしょうが
隙間産業にもほどがあるような気がします(笑)
箱絵が出来てるということは企画が通ってゴーサインが出たという事でもあるでしょうし・・・・

うーん・・・・フジミ恐るべし(´・ω・`)

箱絵もやや今風シャコタン風味ですし、ノーマルで組みたいですが
これはこれでカッコイイかもなんて思ってます。
この路線、期待しちゃって良いですか?


さて、現物を見るまではちょっと安心出来ないのでCR-Zを進めます♪
実はある程度進んでいたのですがきりが悪いので伸びておりました。

磨き終わったボディは良く洗浄してから、窓枠マスキングです。

フジミ CR-Z

今回はマスキングをするのですがリアウインドウ後端とAピラーは光沢で仕上げます。
なのでマスキング後、該当部分に1500番のペーパーを当ててから
光沢ブラックを吹付けます。(余り物のGXカラーウィノーブラック)

窓枠

出来るだけ光沢が出るように塗りました( ^ω^)
レベリングシンナー推奨ですが在庫が切れましたので
ガイアのメタリックマスターで希釈しました。特に問題ないと思います。多分。
自己責任てやつですねー(棒読み)

その後、完全乾燥させてからこの部分のみマスキングし直して
残りの部分にクレオス33番にちょっとグレーを入れた艶消し黒吹きつけます。

窓枠
※画像は光沢部のマスキングを剥がし後です。

今回はあえてザラッと吹きつけて今時ホンダ車に多い
ちょっとザラッとした樹脂部分風になるように吹きつけてみました。
ですがあんまりグレー効果はないですね(;^ω^)綺麗に艶消し黒になりました(笑)


ここでマスキングを剥がして・・・・とペリペリ剥がしていたら塗り忘れ発見!
あわてて再マスキング→塗装です。
せっかくなので艶消し黒にちょっとセミグロスブラックを入れて質感を変えてみました。

窓枠

あぶないあぶない・・・・(笑)
気を取り直して今度こそマスキングを剥がします。

窓枠

画像だとちょっと荒っぽく見えますが、現物はピシッとしています。
今回は大きい漏れも修正箇所もありませんでした。
窓枠部分が決まると一気に雰囲気が出ますよね。
めんどくさいですが、上手く行くと胸が高鳴ります( ^ω^)
この時、スミ入れも行って、ついでに窓枠部分などにも入れておくとピシっとしますよ♪

これでボディ周辺の塗装は終了です。


ちょっと長くなるので続きはこちらからどうぞ↓

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:31 | comments:9 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Z製作記。まだボディ磨いてたのかよ編。 他

アカツキ 海老蔵 斎藤佑樹 大連立 グランツーリスモ5 ミニカー 俺の妹 当時物 レア

検索用単語入力終了・・・っと・・・・冗談です(笑)
はぁ~気づいたらもう12月ですねぇ・・・・・
なんか今年はあっという間に1年過ぎてしまったような(´・ω・`)
最近、皆様のところへの訪問もなかなか出来ず申し訳ありません。
近いうちに訪問させて頂きますね♪

さてさて、私もやっと苦手な歯医者の治療も終わりまして
少し心の余裕も出来ましたのでCR-Zをサクサク進めます。

「歯医者?そんなにビビる?」とか「プラモ関係有るの?」と言われると
何も反論出来ませんが、私は歯医者が苦手です。行く前は冷や汗が出ます。
待合室が混んでいると緊張します。行く歯医者の先生のリアクションが
ややオーバーなのもさらに不安を増長させます。
次回の予約を取るときは苦手な人に飲み会に誘われる時くらいテンションが下がります。
なので、会計の時に「HITEQさんは今日で終わりです。」と言われた時
心で「よっしゃああああああ!!うひょ~!!」と叫んだくらい苦手です(笑)

もちろん一番嫌なのはお金もそれなりにかかるということ。
今回の治療で何個プラモ買えたんだと考えると切なくなります。
皆さんも歯は大切にしましょう(;^ω^)



私の世間話はこれくらいにしましてプラモの話題に戻りましょうね。
久しぶりのフジミのCR-Zです。
前回の製作記でコンパウンドがけ時のクリア剥離のリカバリを行った所まで
終わっていましたのですが、修正したリアフェンダーの磨きが終わったと思ったら
今度は天井に謎の傷跡が・・・・・・・・・(´・ω・`)

fujimi cr-z

磨く→傷消えない→磨く→クリア剥離・・・あ・・・あれ?2週間くらい前とデジャヴしてるぞ・・・・・

カーボンフィニッシュでも貼ってカスタム仕様を気取ったり
偏光フィニッシュを貼って「ソーラーパネルです(`・ω・´)キリッ」と言いたかったのですが
今回はあくまでカタログモデルで仕上げたいので、もう一度だけ部分クリア塗装を行います(笑)

話は変わりますが、実車のミラーガラス風のフィニッシュが欲しいです。
そうすればエルグランドやシーマなどのミラーガラスや熱反射ガラスが再現出来ますので
積みプラが少し減るんですがねぇ・・・・って関係ないか(;^ω^)

フジミ CR-Z

マスキングして、足付して・・・・・コンパウンドでウォッシャーノズルが少し削れています。
少し前に違う箇所をマスキングした感じがしますが、無視してじゃんじゃん進めます。
その後クレオスのスーパークリア缶を吹きつけました。
今回は気持ちたっぷり気味に吹きつけています。
そしてまた4~5日程度乾燥させてからタミヤコンパウンド細目で磨きます。
今回は少し厚ぼったくなってしまったので
フロントウインドウ前端部のみペーパーをかけて平に馴らしています。

コンパウンドがけ中、一箇所攻めすぎて角を出してしまいました。
ササッとリタッチして終了。目立たなくて良かったです(笑)

カド出し

乾燥後、軽くコンパウンドで磨いてから
リタッチ時に付いたマスキングのノリなどを處理するために
もう一度、全体に軽く仕上げ目のコンパウンドを掛けて磨き終了です。

リカバリ

最後の仕上げにボディを洗浄します。
コンパウンドをかけるとあちこちにコンパウンドが詰まりますよね。
私はこのようにシャワーに当てて洗い流しています。

フジミ CR-Z製作

ちなみに各部をかけ終わるたびに洗い流しますので
詰まってコンパウンドが取れないということもありません。
極力ブラシなどは当てないようにしています。
その後、中性洗剤で綺麗に洗ってコンパウンドがけ終了です。

ボディ磨き

失敗でかなり伸びてしまいましたが、何とか無事に磨き終わってほっと一安心です( ^ω^)
しかし・・・・本来だったらもう完成していないといけないのですが(笑)

磨き

しかしこの色・・・・撮影するたびに色合いが違って見えるのは何故?




おまけ。実は先週買っておいたのですが
色々と忙しくてレビューしておりませんでした。

マツダスピード AZ-1


アオシマのAZ-1のマツダスピードバージョンです。
最近はキットを買わないようにしているのですが、たまたま量販店で見つけたので
ポイントを使って格安購入してみました。


↓簡単なレビューはこちらからどうぞ!

≫ Read More

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:00 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょこっとフジミCR-Zと新プロジェクト。お手軽にランエボⅩ

最近は皆様のところにもご無沙汰気味ですみませんです・・・・(´・ω・`)
それなのに自分の記事を書くのはアレなのですがどうかご勘弁を・・・・


まずは、余談から・・・・・

家の車がお世話になってる三菱のディーラーのご好意でi-MiEVに試乗できたのですが
これがまた良く出来ていること出来ていること!
価格に航続距離やインフラ整備等はまだ課題がありますが
それを抜きにしても、力強い走り、静かさなどとても印象に残りました。
一気に欲しい車の上位にランクインしてしまいました。
街中への買い物や、ちょっと近場まで用事を・・・・と言うにはぴったりですね。


さてさて、語るのはこの辺にしましてまずはフジミのCR-Zです。
前回の製作記で書いたミスったクリアのリカバリをしていきます。
今回は嬉しいことにリアのクォーターパネルが
運良く分割ラインに囲まれていましたので部分補修をしていきたいと思います。

まず、マスキングして、2000番のペーパーで足付しておきます。

cr-z

まさに実車の補修みたいですね(笑)
その後さらにミストが巻き込まないように紙で覆います。

その後、スーパークリアの缶をシューッと吹きつけます。

cr-z

画像だとかなり明るいブルーに見えますが。現物は緑がかった落ち着いた色です。
かなり厚めに色を吹きましたが垂れずにすみました。
これでもうちょっと乾燥させれば磨きの続きが行えます(´・ω・`)

余談の余談なんですが、クリアを吹いたら色が落ち着くかなと思ったら
思った以上にメタリックの感じが強くなってちょっと明るく感じることがあります。
気に入っているのですが本当に色合わせって難しいです。



さて、その調色の際に大量に出来上がったブルーメタリックを消費していかなくては・・・・

ここで「一人ブルメタ消費祭り」を開催したいと思います!
消費企画の第一弾の予定はMR2のはずでしたが予定変更してしまったので
別の素材を急遽仕立てることに・・・・・
かと言って今回余ってるブルーメタリックでは使える色が限られます。
私の好きなちょい古国産車というよりは現行車向きな気も。

そこで前から作ろうと思っていた
ライトニングブルーマイカのランエボⅩを作ることにしました。
製作するのはフェイトランエボだったものです。
デカールは他で使用したいので、余る予定だった物をノーマル仕様を製作します。

今回は気楽に完成させて特に修正やパテ処理などを行わず
素に近い状態で完成させたいと思っています。
なので今回はサフレスでいきなり塗装します。

アオシマ ランエボ お手軽製作

パンパー&サイドステップ接着・ヒケ処理パーティングラインを行います。
バンパー類は軽く合わせを調整して瞬間接着剤で接着してから
サイドステップの大きいヒケをカッターでこすって削りとってから
400番→800番→1000番で処理しておきます。
サフレス塗装の時は極力荒い番手は使いませんが、今回は気になったのでヒケ処理しました。

その後、ヒケやうねりを1000番のペーパーで仕上げて、全体を1500番でじっくりと研ぎだします。
ここでのコツは極力細かいキズまで除去することです。
でも、多少の傷はコートしていくうちに消えますのでそこまで目くじらを立てなくても良いかもです。

分割してあるフロントバンパーやボンネットなども塗装後接着の予定ですので
この段階でよく摺りあわせておきます。

エボ お手軽製作

ちなみに写真はセルフタイマー撮影のやらせ画像です(笑)


その後、中性洗剤と歯ブラシででよく削りカスを洗って・・・・・

ランエボ お手軽

きちんと水分を除去してエアブローして塗装準備OK!
ちなみに塗装前のエアブローは長年エアダスターでやっています。
最近はホームセンターで安い物があるので重宝しているのですが
品数が多いときはちょっと効率が悪いかもですね・・・

ランエボ お手軽

さて、下地準備ができたら早速ボディカラーを吹きます。
今回調色したライトニングブルーマイカはレシピ一切不明のいきあたりばったり色です(笑)
このエボはあくまでCR-Zの為に余った塗料を消費する企画ですので
余り神経質に調色しておりません。あー気が楽だこと楽だこと(;^ω^)

ランエボ お手軽

早速吹きつけました。レベリングシンナーで薄めて吹きつけます。

・・・・が、色が乗らないこと乗らないこと(笑)
ここで気づきました。今回のブルメタの基本色はクリアブルーをたっぷり入れて作った色。
とまりが悪くてボツにした色だったのです(´・ω・`)
画像ではとてもきれいに見えますが、エッジはスケスケ、ムラも凄い。
「おい!こら!話にならねぇよ!」と言う怖い先輩レベルの文句も出るというものです。

そこで・・・・・

もう一瓶Mrカラーのブルーメタリックを買ってきて混ぜて吹きつけました!・・って
また量が増えたような・・・・・

ブルーメタリック消費企画?記憶にございま・・・

ゲフンゲフン!

おかげさまですっかり綺麗なブルーメタリックに塗れました♪
実車に比べるとかなりギラギラしていますが
イメージはカタログのちょっと補正がかかったライトニングブルーマイカっぽいような気も。

ブルーメタリック消費企画?

ちなみに画像はクリアー後です。
今回使用したのはいつものクレオススーパークリア缶ですが
すべてちょこっと残った使い残しの物だったりするのがミソです(笑)
今回はいきなりドバ吹きするというムチャぶりですが意外と綺麗になってくれました。

シャーシとホイールは製作中の宮沢けいおんランエボの物ですが
それでもここまでで塗装の乾燥時間を抜いても3~4時間くらいでしょうか・・・・・
大きなミスもなくサクサク進めています。

えっ?CR-Zはって?
内装部品のペーパーがけ中に気づいたのですが、何故か部品が足りなくなっ・・・・

ご覧の皆様、おやすみなさいませ(笑)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:35 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TLVNのいすゞジェミニZZハンドリングバイロータス

さてさて、最近すっかり製作記がブレているこのブログですが
サクサクと進めていきたいですね!

あ、というか今年もあと一月・・・・う~ん・・・・タミヤエクシヴのノーマル戻しとか
LSのGX71クレスタのレストアとかニチモの初代マークⅡとか
けいおん仕様の痛車とか自作デカールの痛車とか
超電磁砲ハイエースとかハセガワのシビックフェリオとかフジミの4代目プレリュードとか
フジミのセレガとかヘアオシマの200系後期クラウンとか童友社のホンダ1300とか・・・

長くなるでこのへんで辞めときます(笑)
いや、どれも本気で製作したいんですけどねぇ・・・・・(´・ω・`)
本当ですよ・・本当・・・・・


さてさて、プラモの製作記はちょっとはお休みして今日はミニカーにご登場願いましょう。
トミーテックのトミカリミテッドヴィンテージネオの
いすゞジェミニZZハンドリングバイロータスです。

TLVN ジェミニハンドリングバイロータス

どちらかというとイルムシャー派なのですが、ヘッドライトなどが後期型C/Cより雰囲気があったので
店頭で飾ってあるものを見て、購入を決めました( ^ω^)
前回のC/Cのヘッドライトはピンが見えていて顔の表情が、ややおもちゃっぽく感じましたが
今回のものはピンがないので顔立ちも少しキリッとしましたね。

TLVN ジェミニハンドリングバイロータス

今回はあえてブルーを選んでみました。
緑はどちらかというと明るく感じまして、ブルーのほうが私的にツボに入りました。
実車も色合いが明るい方のブリティッシュグリーンがありますが
それでもミニカーはちょっと明るく感じましたので・・・・
ブルーといえばセイシェルブルーの前期HBは出ないんでしょうかね?
出たら一人でPCデスクという名のちゃぶ台で遊ぶのですが・・・

ブルーのほうが私的にツボに入ったからでして・・・・

スポイラーが追加されたり、BBSホイールが装着されているだけではなく
きとんとレカロシートになっているのが素晴らしいですね。
私のデジカメではきれいに撮れませんでしたがちゃんとロゴも入っています。
はいわゆる中期型が再現されていまして、リアのナンバープレートがランプの間に入っています。
個人的にはこちらのほうがデザインとしては好きかもですね。

ジェミニ ハンドリングバイロータス

すんません画像が傾いていますね(笑)
ちゃんとマフラーもデュアルマフラーになっています。
今回、ややタンポ印刷のエンブレムが潰れ気味なのが惜しいです。個体差?

TLVN ジェミニハンドリングバイロータス

なんだかんだ言いましたが、個人的には好きな車のミニカーですから
発売されるとやはり嬉しく思いますね。
でも、やはり前期のHBは欲しい所なのですが・・・・・・

もし発売されたら、このCMのマネをしたいです(笑)



これのロングバージョンが歴代のジェミニCMシリーズで一番好きなんですよね。
ロングバージョンはこちらのジェミニCM動画などで見ることが出来ます。
(リンク先youtube動画)

ハンドリングバイロータスやイルムシャーは一連のCM本編には登場しませんが
当時は比較的見かける機会も多く、小型車ながら洒落たスタイリングに
スポーティ感があるこのハンドリングバイロータスは特別なジェミニに見えましたね。
最近まで、ご近所に止まっていたのですが見かけなくなって寂しい今日この頃です。

うん。ここまで来たら前期HBとかイルムシャーも欲しいなぁ(笑)
イルムシャー繋がりでアスカとかアスカとかアスカとかアスカとか・・・・・

さすがに厳しいか・・・(´・ω・`)

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:50 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Zボディ磨きスタート!するも・・・・

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは「筆圧は強め?弱め?」です。突然ですがあなたの筆圧は強いですか?弱いですか?ほうじょうはどちらかというと強い方です。ペンを握る力も強いようで、長時間使っていると指が疲れてきます。先が細いものを使うと、ボールペンなどだと潰れそうで怖くてなかなか使えません。なので大体0.5mmのものなどを使用するんですがそれだと次は文字が大...
FC2 トラックバックテーマ:「筆圧は強め?弱め?」




FC2のトラックバックテーマが「あなたの筆圧は強いですか?弱いですか?」と言う
趣旨が私のブログ以上に解りづらいネタだったので
リアクションに困りますが、結論から言うと私の筆圧はかなり強いです。
下敷きを敷かないと2ページくらい跡が残ります。
カーボン紙の転写の時は楽なんですけどね( ^ω^)

まぁ正直、このタイミングでこのトラックバックテーマかよと思った理由はこちら。

失敗

コンパウンドをかけすぎてクリア層を一皮剥いてしまいました・・・・・(´・ω・`)
ちょっと柚子肌が残ったのでゴシゴシやってしまったのが失敗の原因です。

幸いなことに、クリアを一層吹けばリカバリできそうなので
タイミングを見計らって、リアのクォーターパネルだけ塗れば大丈夫だと思うので
そんなに凹んではいないのですが、これでまた完成が伸びますね(笑)


最近、どうも完成品が遠いような気がします。
年間12台完成が目標ですが今年は不作かなぁ・・・・・

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:19 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実はかなり好きな車。

たくさんあるブルーメタリックを消費したい。
         ↓
色々混ぜていたらパープリッシュブルーマイカ調の色ができる。
         ↓
完璧3型への改造途中のMR2があったはず。4型に変更してみたい。
         ↓
ひっそり完成させてニヤニヤしたくなる。
         ↓
        発掘。
(多分、峠シリーズ。サイド窓枠修正・フロントリップ修正・足回り調整・ホイール変更済み)

・・・・
         ↓
リップを2型以降の形状に再修正するためパテ除去&バンパー形状に合わせて切り離し。
フジミMR2
         ↓
ふと、リアのエンジンフードのルーバーを開口したくなる。
         ↓
一応成功するも攻めすぎて破損。修正出来ず、あきらめることに。
         ↓
フジミMR2
         ↓
フード部のみ移植も考えたが、最終的になぜかMRスパイダーになる。 
MRスパイダー?
         ↓
完成させられるか全く不明なのでとりあえずCR-Zを作る。 ←いまここ
 
       
追伸。今日最終型ピアッツアを見た。やっぱりカッコ良かった。

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 00:06 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

フジミCR-Z製作記。シャーシ塗装&組み立て編。※写真ちょっと追加

どうも最近模型の時間が取れずに、ちょっとやきもきしておりまして
一気に進める予定だったCR-Zも結局はスローペースなのが切ないです(笑)
まとまって作業できる時間が限られていたので
ちょこちょこ進めていたシャーシがようやく完成です。

まず、今回は資料集めの段階でシャーシ裏の画像を見つけてしまったのが運の尽きでして
最近のフジミキットのことですからモールドが素晴らしいわけです。
艶消し黒orボディ色一発でも良かったのですが
せっかくなので実車の裏側のように塗り分けてみる事にしました。

実車のシャーシ裏は全体が電着塗装のグレーで塗られていて
ホイールハウス内や、シャーシ後端のバッテリーが収まってる膨らみまでは
ボディ色が回り込んでいるようです。
なのでまず、サーフェイサーを塗ってから・・・・・ボディ色の余りを吹きつけてみました。

フジミCR-Z

ノズルを比較的細くしても結局色が入ってしまうことなどがあるので
最終的には大きめにボディ色を塗ってから
ある程度紙などでマスキングなどをしてミストの飛び散りを調整してみました。
ちなみに画像は途中の物なので最終的なバージョンとちょっと違います(;^ω^)
サイドシルの部分はボディ側のカバーが回りこんでると思いますので
ここだけキチンとマスキングしています。

さて、続いては燃料タンクやインナーフェンダー部を塗るためにマスキングです。

フジミCR-Z

もう地道に地道に・・・・(笑)時間はかかりますが、ボディよりは楽かもしれません。
今回、インナーフェンダー部などの資料も見つかってしまったので
若干形状を似せてみましたが、あくまで自己満足です・・・・
(いかんせん模型と実車の違いがあるので完璧ではないんですけどね)

フジミCR-Z

タイヤが入れば全く見えなくなるのはご愛嬌(笑)
フロントはちょっと実際と違うかもしれません。

フジミCR-Z

実車はもうちょっと塗色が荒れているようですが、ここは色が薄いと傷などがつきそうなので
厚めにボディ色を塗っておきました。
ここまで一時間くらいでしょうか・・・・地道に地道に・・・・(´・ω・`)


そしたら半光沢のブラックを吹き付けます。ここでこだわって、色合いを変えてみることに。
フロントフェンダーライナーやアンダーガードなどの樹脂部分は
ほんのちょっと白を入れたセミグロスブラック。
燃料タンクはやや光沢がセミグロスブラック。
リアのフェンダーライナーは独特の素材なので、艶消し黒を荒めに吹いてみました。

・・・が、違いがほとんど解らない状態に(笑)

フジミCR-Z

一番初めに艶消し黒をたっぷり塗ってしまったので表面が荒れてしまったかも知れません。
じっくり見れば現物は違いが解ります。あれ・・・・光の加減かしら・・・・


えー気を取り直しまして、細部にも色を入れていきましょう(笑)

フジミCR-Z

マフラーの遮熱板は、タミヤエナメルのクロームシルバーを筆塗りして
ブレーキ配管等は同じくエナメルのフラットブラックで塗りました。
そしてCR-Zのシャーシ裏一番の特徴であるバッテリーから出てくるケーブルは
エナメルのオレンジで塗っておきました。
このオレンジ、一番星のマーカーを塗ったときに調色したオレンジです(笑)
まだ、大量に余っていたので復活してもらいました(;^ω^)

これで、シャーシの基本部分は終了です。


足回りのパーツも塗装します。
これはかなり前に塗ったので、シャーシ裏の色と雰囲気が変わったので
狙ったとおりの色の違いが出てくれています。

フジミCR-Z

基本的にアームやナックルなどはセミグロスブラックで塗ってあります。
いつも組んでいて思うのですが、実車のサスアームの新品の状態の色って出せないんですよね。
光沢のブラックだと光りすぎ、セミグロスだと艶がないような気もするし・・・
かと言ってその間でもないような気がするんですよね。
メーカーや車種。使用状態でもかなり変わると思いますがあの新品アームの色は難しいです。

ブレーキローターは、ガイアのスターブライトジュラルミンにちょっと黒を足してみました。
先にセミグロスブラックを塗って、くるっとマスキングテープを貼って塗り分けました。
ロアアームと、タイロッドエンドの部分もエナメルのクロームシルバーで筆塗りです。
エンジン下のアンダーガードは色を合わせるためにシャーシ周りを塗ったときにやり直しました。

あと、一本物のマフラーはメッキを剥がして下処理してから
スターブライトジュラルミンをメタリックマスターで希釈して塗りました。

フジミCR-Z

例によって、エアブラシで焼き色を入れています。
今回の焼入れはちょっと大げさに感じますが、どちらかと言うと
製造工程での溶接などの焼きを意識しました。

ついでにホイールを塗っておきます。
ホイールは、ややバリっぽかったので、処理をしてからメッキシルバーで塗ってみました。
純正ホイールは明るめのシルバーで、メッキシルバーではギラつくかなと思ったのですが
今回はこれで行こうかと思ってます。

フジミCR-Z

実はこのメッキシルバーですが、瓶入りではなくガンダムマーカーの中身を出したものです(笑)
以前、普通に流通していた時に無くしたと思っていたのですが
ひょっこり出てきて、ペン先が死んでいたので中身を瓶に出してみたものです。
エアブラシを使うようになってから瓶入りメッキシルバーが欲しくなりましたね。
今度その他のメッキ調塗料も試してみようかな・・・
ちなみにまだ触る可能性があるので、ホンダエンブレムのデカールは貼っていません。



さてさて、これでシャーシ周りは準備完了!塗り上がったそれらを組み立てていくと・・・・・

フジミCR-Z

このような感じになりました。
モールドがしっかりしているので塗り分けて良かったです(笑)

フジミCR-Z

今回、珍しくタイヤのバリ取りをやってみました。結構それっぽくなるんですね(今さら・・・笑)

フジミ CR-Z

実際のシャーシ裏が全く同じようになってるとは限らないと思いますが
塗装の回りこんでいないという感じを再現するのって意外と難しいですね・・・
合わせ目に塗ってあるシール材なども再現してみたかったのですが、それはまたの機会ということで(笑)

フジミ CR-Z

これでシャーシは完成ですので、ボディ磨きや内装を進めたいと思います。

フジミ CR-Z

| 車プラモ製作記(~2010まで) | 23:34 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT