HITEQ JASMINEの偏った日常。

このブログに接着剤はついていません。 アミ部は使用しません。 記事とキットは中身が異なることがあります。

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

完成品車庫・アオシマプリペイントモデル・モモタロウなクラウンアスリート。

こちらもお待たせ致しました!
アオシマのプリペイントモデルのリボーンピンクのクラウンアスリートです♪
ずっと熱望していたピンク!組もうと思うも中々作れなかったモモタロウ!そしてやっと出たリボーンピンク!
2年ほど前に作っておいたピンクがタッチアップに役立ちました(笑)

アオシマ プリペイント 210 クラウン モモタロウ ピンク アスリート

キットそのものはすでに皆さんご存知のとおりですのでアレですが
ロイヤルに比べるとバンパーの合いは良い感じかな?という所です。
基本的にはキットそのままですが、サンルーフは開口しましたがヒケが目立たなかったので
そのままでも良かったですが前回上手く抜けたので調子に乗って開口してしまいました(笑)

≫ Read More

スポンサーサイト

| 車プラモ完成品車庫 | 19:00 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・フジミS30フェアレディ240Z。

さてさて、長らく引っ張ってしまいましたがフジミの240Zがやっと完成です!
(実際は8月末に完成→マフラー紛失→放置だったのは内緒w)

フジミ 240Z S30 ツヤ消し US系? JDM? 

ずばりこれは海外サイトで見たあっち系カスタムの240Zがモデルです。
ストリート系ファッションに身を包んだ女性と映ってる姿がカッコ良くてこれは作りたいと一念発起!
しかし、実際はかなりアレンジが加わり元ネタの面影は全くありません・・・・・
色もホイールもバンパーも違うし通常ノーズでしたしアイローネでもないし、フェンダーミラーだったので(笑)

≫ Read More

| 車プラモ完成品車庫 | 18:59 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・アオシマプリペイントモデルAE86トレノ頭文字DプロジェクトD仕様改

プリペイントモデルの頭文字DプロジェクトD仕様+カーブティッククラブエアロ仕様の完成です!
名付けて・・・・・

大威震八六制覇(だいいしんぱーろーせいは)

プリペイントモデル AE86トレノ 頭文字D プロジェクトD仕様 ハイテックツートン

以前発売されていたアオシマのプリペイントモデルでも名作と名高い仕上がりであったAE86のツートンですが
発売から大分経ってからのイニシャルD仕様でのリニューアル!
これはもう予約するしか無い!そして、手持ちのカーブティッククラブエアロと合体させるしか無い!と準備を進めていたら
まさかのネット限定の第一巻仕様の発売に赤黒含めたノーマルのリニューアル発売・・・・・・
あまりのショックに一時は手が止まりそうになりましたが見事な塗り分けに感動して進めました(笑)

プリペイントモデル AE86トレノ 頭文字D プロジェクトD仕様 ハイテックツートン

≫ Read More

| 車プラモ完成品車庫 | 00:22 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・アオシマプリペイントモデル・ランエボⅩファイナルエディション

さてさて、前回のプリペイントクラウンの完成に気を良くして着手したのはこちら・・・・・

アオシマのプリペイントモデルのランエボⅩのファイナルエディション(レッドメタリック&ブラックルーフ)です!

アオシマ ランエボⅩ ファイナルエディション プリペイント

実は元ネタが有りまして、実は私がちょっと前まで使っていたラジコンのボディだったりします(笑)
(実車のファイナルエディションが出る前からルーフブラックにしてたのが自慢!)
今回は積みパーツの消化も兼ねてちょっと弄ってみました。

≫ Read More

| 車プラモ完成品車庫 | 20:41 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫・アオシマ・プリペイントモデル・クラウンロイヤルサルーン

久しぶりの完成品となりました・・・・・
アオシマのプリペイントモデルのAWS210クラウンハイブリッドロイヤルサルーンG(シルバーメタリック)です!

アオシマ プリペイント クラウン

≫ Read More

| 車プラモ完成品車庫 | 23:08 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫。フジミくまモンミニ。

タイミング的には旬を逃しまくりな気もしますがやっと完成したフジミのくまモンミニです(笑)
アラ出まくり・手抜きまくり・部品の取り付けかた間違いまくり・・・・

フジミ くまモンミニ

今回は説明書をアレンジし、ボディをつや消し黒で塗装。シール部を一部塗装。
ローダウン状態で足回り組立、ホイールは白へ塗装。
パーツを一部アレンジし仮想クーパー仕様へ。(マフラー等加工が必要なので注意!)
内装はつや消しクリア塗布後、スミ入れ。という感じです。

完成まで間が空いてしまったのはズバリ窓枠マスキングの紛失・・・・
しかし冷製に探したらアオシマのノアの箱から出てきました(;^ω^)
慌てて部屋の片付けしたからなぁ・・・・・

フジミ くまモンミニ

再開後の実質作業時間は15分なのは内緒です(笑)
ボディはつや消しに、白い部分はマスキングしましたが正直ガタってます・・・・・
このあたりをちゃんとしてたらもうちょっと印象が変わっていたかもしれません。

フジミ くまモンミニ

私的にはビギナー向けとしてはとっつきやすくて内容もくまモンファンにも受け入れられる内容だと思います。
ただ、私の買ったものの個体差かもしれませんが、ボディが割れていたり
クリアパーツにバリが多かったりしたのは率直にマイナスですね。初心者にアピールするのであればの話ですが・・・

フジミ くまモンミニ

しかし、普通のカーモデルとは違う楽しさがあるのも事実です。
率直にリアリティを求めるカーモデルではないかもしれませんが
キャラ物とリアリティの適度に同居する良い感じのバランスだと思います。
このキット模型店で定期的に売れている印象がありますがどうでしょうか。

フジミ くまモンミニ

発売から時間がたってしまいましたが、個人的にはオススメです♪
息抜きに、シャレに、家族や恋人とモデリングされてみては如何でしょうか?

※ちなみにワイパー取り付けの穴思いっ切り間違えて開けてるのは内緒な!

※写真は入れ替えるかもしれません。

| 車プラモ完成品車庫 | 22:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫。タミヤ・カワサキニンジャZX-12R(ばくおん!来夢先輩Ver.)

今年一作目がやっと出来上がりました。
タミヤのカワサキニンジャZX-12Rでございます!

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

リハビリを兼ねて何か制作しなければ・・・って思っていましたが空気を変えてバイクも面白いかも・・・・と思っていた時に
たまたま女子高生×バイクという組み合わせの「ばくおん!」の事を思い出し
春からアニメにもなるし、ちょっとネタになるものはないかなと考えて
あれこれ消去法で考えてこのタミヤのZX-12Rを思い付きました・・・・と言いながら
作中のキャラで来夢先輩が一番好きなキャラなのでZX-12Rを選んだということもありますが(笑)
ただ、今回はすでに来夢先輩仕様で製作されてる方もいらっしゃったので
ネタとしては後追いになってしまいますがどうかご勘弁いただきたいと思いますm(__)m

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

ちなみに来夢先輩がZX-12Rに載ってるのは作者さんのインタビューで
「タミヤからプラモデルが出てるから」っていうのにも驚きましたね(笑)
そういえばタイヤパターンとかマフラーのヒートガードがなかったりするのもタミヤのキットと共通してるので
多少作画などにも影響があるのかもしれません(;^ω^)
でもおかげで基本的に大きく違いがあるところがないので楽といえば楽でした。
他のキャラクターのバイクであればほぼ大改造かスクラッチになってしまうので・・・・

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

今回は本当にストレート組というか大きく手を入れておりません。
しいて言うなら作中でのタンデムしてるコマが多いので、リアのタンデムカバー無しの状態で組みたいということもあり
タンデムカバー用の穴をプラバンと瞬間で埋めました。後はタンクやカウル類の合わせ目消しくらいでしょうか(´・ω・`)
バイクモデル製作の基本であるようなブレーキローターへの穴あけやパイピングの追加などすらやっていないので
怒られてしまうような気がしますが、あくまで来夢先輩のバイクを
形に残しておきたかったという事なんでどうかご勘弁いただけると幸いでございます。

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

ですが、時間がかかってしまったのはやはりバイクモデルという感じですね!
と言うのもほぼすべての箇所が見えるので、制作の大変さはある意味カーモデル以上でした。
わりかしヘビーフレイト系のトラックを組んだ時のような大変さがありましたね(笑)

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

私自身は原チャリ止まりなのと原チャリ好きということで
あまりリッターバイクなどは縁がないですが、こうやって完成させてみると非常に面白いですね!
最近はリターンライダーも多いようですからばくおん!のアニメ化でライダーが増え・・・・るかはわかりませんが
けいおん!の時みたいに流行ると良いなぁなんて思っちゃいます。

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

ばくおん!自体はネットなどを含めて話題になってますのでご存じの方も多いと思いますが
女子高生がバイク部に・・・という夢の様な展開は「三ない運動」という
どっかのおりこうさんが排除することで良しとし、本質も考えず建前上は素晴らしい制度のせいで
(三ない運動に対して言いたいことはたくさんありますが今回は割愛。)
高校生のバイク部は実際は難しいかもしれませんが、登場人物を男に置き換えたらわりかし高校時代を彷彿とさせます。
私は原付免許と従兄弟からもらった不動車のジョグZ止まりでしたが、原付含めバイクに乗っている生徒は
中免との原付免許の超えられないヒエラルキーのなかでも連帯感がありましたし
同じ趣味の人間同士、お互いの趣味をバカにしあったりもしながら世間話の中で
贔屓のメーカーや車種の話や改造の話に最高速自慢にコケた話など話は尽きないものでした。
そういった意味でもばくおん!の登場人物たちにはどこか似たキャラが回りにいたような気がしてしまいますね。
重度の鈴菌信者の鈴乃木凛みたいなメーカーびいきも居たりしましたね(笑)
流石に来夢先輩みたいな人は居ませんでしたけど・・・・・(;^ω^)

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

その中でも頼れる存在の来夢先輩はいつでもシンプソンのヘルメットを被り基本的にしゃべらないですが
作中随一のライディングテクニックにどんな整備もこなしてしまうキャラですが
二十年前から来夢先輩としてバイク部に在籍しており妖精のような存在ですが
バイク部メンバー皆に謎の存在と思われながらも面倒見が良いので
不思議なキャラでも慕われつつ溶けこんでる様子はなんとも言えないアクセントになってると思います。

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

主人公の羽根が初めてバイク部に行った時に後ろに乗せて走るシーンは
始めて公道に出た時の興奮を思い出しますし、原付きをくれた従兄弟の後ろに載せられて商店にジュースを買いに行った
必死に後ろにしがみついた子供の頃を思い出しました。ただしその時はZX-12Rじゃなくてスズキの蘭でしたが(笑)

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

個人的に好きなシーンはバイク部OBでありかつては「峠の姫」と崇められていて
来夢先輩に缶コーヒーを40秒以内に買ってこさせていた元88年式のNSR250乗りの校長のたづ子が
モテようと来夢先輩と峠に出向いたら黒づくめの格好にライダー達がドン引きし
やっと声を掛けられたと思ったら「このバイク、キーついたままですよ~」と相手にされず
その後参加したバイク乗りの合コンで88年式のNSRを「88cc?」と言われ激昂し撃沈して酔っ払って
泣きながら来夢先輩に電話して「場所は新宿!制限時間は40秒で迎えに・・・・」と言い切る前に
来夢先輩が到着し、手を差し伸べる所はなんとも言えず来夢先輩らしくてカッコいいのです。

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

ばくおん!も好き嫌いはわかれると思いますが、バイク乗りの方ならニヤッとしてしまうようなネタも多く
個人的にはオススメの一冊となっておりますので興味がある方は手にとっても見てはいかがでしょうか?
バイクが好きじゃない方でも楽しめるのではないかなと思います。

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

さて、久しぶりのバイクはもうお腹いっぱいです(笑)
次回作は普通に車で行こうと思います・・・・・(^ω^)

タミヤ ZX-12R ばくおん! 来夢先輩 

あ、最後になりましたが疑問点はありながらも、「流石タミヤ!」・・・・なキットでした(笑)

| 車プラモ完成品車庫 | 17:13 | comments:8 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫。アオシマLBワークスケンメリ2Dr 2014Ver 

長らくおまたせ致しました!アオシマのLBワークスのケンメリがやっと完成です!

LBワークスケンメリ2Dr 2014Ver アオシマ

いや~!今回は本当に時間がかかってしまいました(;^ω^)
内装の作りなおしを行き当たりばったりで始めるという毎度おなじみノープラン製作の賜物です(笑)


すみません。ちょっと今回も画像多めですm(__)m
それと今回はなんせ車高が低くていつもの撮影場所だと地面に歪みがあるので
四点接地ができなくて車高が現物と違う箇所がありますのでご了承ください麗心愚&言い訳麗心愚

≫ Read More

| 車プラモ完成品車庫 | 21:32 | comments:13 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫。フジミカーモデルEASYのフィアット500。

すっかり遅くなってしまいましたが話題のカーモデルEASYシリーズのフィアット500です♪

そういえばワンフェスの会場発表でなんとカーモデルNEXTとして現行ヴェルファイア&アルファードが出るそうですね!
最近ミニバン系新車のキットが皆無だったので嬉しいですね(`・ω・´)
(塗装派にも大丈夫なようにデカールも付けてくれると嬉しい・・・・ボソッ)
他社さんではミニバンは売れないって言うのが定説になってしまってるようですが
やはり現行車っていうのは国産車系のモデラーさんには需要はあると思うのですよね。
バリバリの新車ですし、カスタムベースにも持ってこいなんでこちらも楽しみですね!

さて、フィアット500です♪無塗装でそれっぽくというフジミ渾身の新シリーズだけあって
ボディの光沢や各部のシール表現など新しい試みが行われており良い雰囲気です。

キットレビューの記事はこちらからどうぞ!
http://hiteqjasmine.blog94.fc2.com/blog-entry-1136.html

フジミ カーモデル EASY フィアット500

実は完全無塗装の状態から窓枠塗装・テールランプ塗装・スミ入れを行いました(`・ω・´)
実際は元キットの独特のエラーやバンパーの接着などの組み立てのハードさがあるので
完全にEASYというわけでないのですが逆に言うとパイロットモデル的な製品でもあると思うので
そこら辺はしょうがないと思いますので今後の新製品に期待しましょう!
でも、じっくり組めば大丈夫ですからチャレンジされてみるのも良いと思います。
しかし、欠点を解消すると言う意味では成型色のを二種類としたことや塗装が必要な箇所を
メタリック調のホイルシールでの表現など欠点をカバーしたような構成は必見です!

フジミ カーモデル EASY フィアット500

今回は無塗装で仕上げるキットをあえて少しだけ手を入れることで
さらに見栄えを良くしてみようという裏テーマがあります。
今回はまず、標準状態でも艶があるボディの光沢を活かして軽くコンパウンドがけを行いました。
そしたら更に光沢感が出たような気がしますね。ただ、色的に光沢ヌメヌメ感が伝わりにくのがアレですかね。
窓枠は当初シールでも良かったのですが、貼り直そうとしたらビリ!と敗れてしまい仕方なく塗装へ切り替えました。
ただ、これは狙ったわけではなくアクシデントでしたので決してキットのシールがダメというわけではありません。
やはり一番めんどくさい作業と言っても過言ではない窓枠塗装が簡単に再現できるのは良いですね!

フジミ カーモデル EASY フィアット500

スミ入れもやってみたんですが、基本的に樹脂を犯さないので大丈夫だと思います。
フロントバンパーとボンネットの部分が太くなったのはご愛嬌で(笑)
見ていただくとわかると思うんですがエンブレムやシールはそれなりに良く見えるので
これはホイルシールの質感の勝利という感じでしょうか(笑)
今回ボディの黒い樹脂部分は黒成形無塗装ですのである意味では実車通りと言う雰囲気も感じます♪

フジミ カーモデル EASY フィアット500

テールレンズは実車は二重構造で赤レンズが透明レンズの内側にあるので
少し派手になってしまいましたがまぁNEXTシリーズなので・・・・(逃げてみる)
(フレクター側を塗るというテクもあったようですが知ったのは完成後でしたw)
ハイマウントストップランプはシールなどがなかったのが残念!

フジミ カーモデル EASY フィアット500

こう見ると車高は直せばよかった・・・・・(´・ω・`)
足回りパーツは説明書ではオミットの支持がありますが
そこはカーモデラーの意地!せっかくパーツがあるのに!と思うも、今回は素直に支持に従いました(笑)
元々フロントのディスクブレーキのローターを取り付けるとハミタイになるようですが
リア側をオミットすると内側に引っ込みまくり野郎Aチームになるのでリアのみスペーサー代わりに取り付けました。
タイヤは通常版のフィアット500発売時に話題になった旧ニットーのタイヤですが
ホイール側を大きくしてあるせいか私はそんなに気にならなかったですね~!
でも、EASYのキットが想定してるユーザーさんなら気にしないかなぁとも・・・・

フジミ カーモデル EASY フィアット500

フロントのスミ入れがきつい・・・・(しつこい)

さて、このキットですがいかがでしたでしょうか?
正直に言うとバンパー接着の難しさがある分、接着剤不要のスナップキットである
№1のR34スカイラインGT-Rの方がEASY感がありますがこのフィアットも中々それっぽくなったような気がします♪

色々とこのキットに対してはみなさんそれぞれ意見はあると思うのですが、
まず、無塗装で組めるという点で新規ユーザーや出戻りの人への敷居を広げたという点では
私個人としては凄い歓迎出来る事だと思います(`・ω・´)
少しでも敷居が広がってカーモデルの楽しさが多くの人に伝わってほしいと思いました。
このキットは勿論、ベテランモデラーさんも御家族や恋人とリビングや和室で映画でも見ながら
まったりと休日の余暇で組まれるというのも楽しいと思います♪

フジミ カーモデル EASY フィアット500

上でも書きましたが今度出るヴェルファイアとアルファードのキットがどういう構成になる方楽しみですが
これからのフジミのカーモデルの展開がどのようになるか気になりますね!

初心者向けという立ち位置のこのキットを見て思ったのは本来こういうキットを出すべきなのは
タ○ヤなのではないのかなと思ってしまったのは内緒なのですが
最近は高級路線&マテリアルの充実に力を入れていらっしゃるようなので
なかなか初心者向けの安価なキットっていうのは難しいのかもしれませんねぇ・・・・
おっと、レパードブラックスペシャルやトゥディが再販されるまでは大人しくしていようと思います(;^ω^)

カーモデルEASYシリーズ、気になった方は模型店へGO!

| 車プラモ完成品車庫 | 16:45 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

完成品車庫。アオシマのラブワゴン改「LOVE VAGON~70%OFF~」

お手軽製作の予定でしたが妙に時間がかかってしまいましたがアオシマのラブワゴン完成です!
SHOW NAMEは「LOVE VAGON~70%OFF~」ということで(笑)

アオシマのラブワゴン改 「LOVE VAGON~70%OFF~」

時に出会いというのは唐突でありますが、出会った二人が惹かれ合うようにこのキットに出会いました。
そしてお持ち帰りしてまさに「あいのり」状態(笑)
このアオシマのラブワゴンのキットはあるお店で70%オフで投げ売られていたキットです(笑)
発売当時、重度のアオシマ教信者の私でも「ないわー」の連続のキットで
パッケージ変え等で三回ほど生産されたキットはピンク成形のハイエースワゴンスーパーカスタムリミテッドというだけで
実際番組に出ていたスーパーロングのコミューターとは違うので相違も多く
初版はホイールがWALDのドゥシャトレでそれ以降は鉄チンというのがせめてものアピールポイントでしょうか。
番組の人気があっても番組の視聴者層とプラモデルの相性は疑問であまり当時でも売れていなかった気がします(;^ω^)

しかし、そんな私でも叩き売られているのを見ると俄然欲しくなってしまいまして・・・・(笑)
そんなキットをピンク迷彩で塗ったらカッコいいかも。と言う単純な理由で製作スタートしました。

アオシマのラブワゴン改「LOVE VAGON~70%OFF~」

テーマはズバリ「お手軽製作&極力手を抜く」だったのですが、まずボディ塗装の段階でエナジーの7割を使ってしまって
細かいところなどは思い切ってオミットしたり、筆塗りなどを多用して極力時間をかけないで作ってみました。
ボディカラーのピンク迷彩はハイキューパーツのクラウド迷彩のMサイズマスキングを使ってピンク三重奏を奏でてみました。
マスキングは当初手持ちの一枚を使ったのですが足りなかったのでもう一枚購入したのですが
気合の割に実際ははみ出しまくり、リタッチしまくり四拾萬でイッツミーのうそつき四択状態です。
段差消し→クリアー→段差消し→の手間はデカールの段差消し以上の手間でした(笑)
車高は全下げ。トレッドのみ今風ツライチになるように出し気味にセッティング。
ホイールはアオシマのZ33用をアクシデントブラック(混ぜが甘くてセミグロスが光沢にw)で塗装。
タイヤのみ極ひっぱりを流用するもちょっと薄すぎたかなーと思う今日此の頃でございます(´・ω・`)

そして、今回私の中で一番こだわったことが多少のミスはスルー。考えない。とにかく進める。でした(笑)

アオシマのラブワゴン改「LOVE VAGON~70%OFF~」

ボディ塗装以外で一番時間がかかったのがFバンパーの左右のモール部分のモールドをはっきりさせた所でしょうか。
これはアオシマのハイエースのノーマルバンパーの最大のウイークポイントでもあると思うので直しました。
今回「LOVE VAGON」という名前を付けましたがワゴンGL風ルックに黒バンパーにしたのは
塗装の手間を省くという事が一番でしたが裏テーマがピンク&ブラックでしたのでそういう意味でも
黒バンパー仕様というのは少し前の仮想USDMっぽい感じがしてしまうので少し開き直って給油口に
日章とFナンバーずらしとUSサイズのフレーム等でそれっぽい雰囲気を出しました。
ここらへんはこの手のカスタムが上手い方たちからはちょっとアレに見えてしまうと思いつつの確信犯です(笑)

アオシマのラブワゴン改「LOVE VAGON~70%OFF~」

反省点も多く、まずコンセプトそのものがブレていること(笑)
内装やシャーシがとにかく手抜きなこと。
ヘッドライトのメッキ塗装があまりうまくいかなかったこと。(ガイアのプレミアムメッキシルバー)
テールレンズは頑張って塗り分けたけどクリアブラック吹きすぎて黒を塗ったほうが早かったこと。
カッコいいデカールが用意出来ずにちょっと中途半端なこと。
気づいた人もいるかもですがFウインドウのBOXBOX GAMEのバナーは移動販売車のゲーセンより流用ですw
これはなんかのイベントっぽいかもですがあくまでデカールが無かったので(;^ω^)

アオシマのラブワゴン改「LOVE VAGON~70%OFF~」

ただ、今回最大の誤算がこのキットはやや塗装の塗り分けの箇所が多かったので
思った以上にそういう所の処理が時間がかかってしまいましたね・・・・
やはりそういう点では最新キットの方が組みやすさいうアドバンテージはありますが
成型色状態ではややアピールが弱いキットでもアレンジして楽しむというのはいいかもしれませんね(`・ω・´)

アオシマのラブワゴン改「LOVE VAGON~70%OFF~」


あれこれツッコミどころが多いですが、とりあえ形になったので良しとします♪
しつこいようですがさくっと組んだヤツのほうが気に入ってしまうという私の法則で地味に気に入ってます(笑)
ホビーショー系新製品の前にもう1台なんか組めるといいなぁと思っておりますが果たして!?

アオシマのラブワゴン改「LOVE VAGON~70%OFF~」

ドアノブのキーホール塗り忘れてるのは内緒です・・・・(´・ω・`)

| 車プラモ完成品車庫 | 22:43 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT